« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月5日 - 2015年7月11日 »

2015年6月28日 - 2015年7月4日

2015年7月 4日 (土曜日)

7月4日/「ハンナ・アーレント」を観て、知性の重さとその力を、知る

 7時過ぎ起床。

 雨。

 数日間の籠城の備えは出来ている……はず。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。例によってトースト、コーンフレーク、ゆで卵、ハム&マヨネーズ。アサメシだけは、どうして毎日同じモノを食べても飽きないのだろう?飽きないとはいっても和食にしたり、ゆで卵をベーコンエッグやスクランブル・エッグにしたりするけどさ。

 仕事開始。

 というか、昨夜届いた週刊新潮「黒い報告書」のゲラをやる。PDFで来ているので、PDFに直接書き込めれば一番いいんだけど。iPadを使えば出来るが、きちんとやるにはそれなりの出費をする必要がある。縮小されたゲラに書き込むのはなかなかシンドイので、この出費を検討するかな?

 プリントアウトにアカを入れる作業を根を詰めてやり、それをスキャンしてPDFにし直して、約束通りにお昼前に返送。

 昼は、本当に久しぶりに、袋麺の「日清焼そば」を作る。カップ焼きそばの方が圧倒的に簡単なのだが、「日清焼そば」ならキャベツをふんだんに投入できる。いや……だったら中華麺を買ってきて普通にヤキソバを作ればいいんだけど……。このインスタントのヤキソバの麺が好きなのよね。

 その後、徳間新作の「第4章」、読み返して書き足して、ブロック的にまとまったぶんを相方に送る。

 しかし送ってから、書き漏らしたことが出てきたので、それを再度書き足して、送り直す。

 そして、「第4章」のその後の構成を立て直す。そろそろ散らばった伏線を回収する手立てを講じなければならないし、まだまだ伏線も張らなければ。

 夕方、少し休憩。ソファに寝転がると、そのまま寝てしまった。

 18時30分からのテレビ東京「土曜スペシャル知られざる国道(酷道)の旅4」を観る。整備されていない分断区間は、林道以下の険しい山道、もしくは道なき道を進まなければならない。

 「タモリ倶楽部」で国道と言いながら車では走れない階段があったり狭い商店街だったりという笑えるモノは紹介されたが、この番組は、「分断区間」の走破という、もっと厳しい課題をクリアさせる。

 これは取材する方も大変だ。

 観ていると、20時前に相方到着。

 角川のゲラを受けとって、弁当を注文。おれは焼肉弁当、相方はサーモンとアジの丼。

 ほどなく弁当が到着したので、食う。美味い。

 食後、少しだけ「酷道の旅」を観るが、途中で止めて、wowowの「W座」で録画した映画「アンナ・アーレント」を観る。

Pic02

 アイヒマンに「悪の凡庸さ」を見た彼女は、激しい攻撃に晒される。アイヒマンを自らユダヤ人殲滅を企てて能動的に動いた極悪で悪魔のような男、と理解するのは簡単だ。

 しかし、優れた知性の持ち主で強靱な精神の持ち主でもある彼女は、アイヒマンの「すべて命令に従った」「法に基づいて処理しただけ」という証言を言い逃れとは見なかった。

 今現在、アンナ・アーレントの見方は受け入れられて定着している。今も昔もドイツ人の気質として、法を遵守する精神が極めて高い。だから……アウシュヴィッツに行けば判るが、ここに運ばれて「処理」された人たちの克明な記録が残っている。これは役人たちがなんの感情も挟まずに、職務に忠実に、法に則り定められた手順に従って「案件を処理」したからだ。

 だからそれを逆手にとったシンドラーや杉原千畝は、しかるべき書類を作って、合法的にユダヤ人の幾分かを救うことが出来た。

 当時のドイツの法律で人間と認められなかったユダヤ人たちは、石鹸の原料にまでされてしまったのだ。あまりにドイツ的な正確で確実でシステマティックで効率的な手段によって。

 これは、極悪人が出来ることではない。正確に事務処理をするがそこに良心に基づく判断を一切挿まない大勢の役人がいたからこそ出来たことだ。

 その役人の頂点にいたのが、アイヒマンだった。そのアイヒマンも、ヒトラーから命令を受けて、着実に処理をした。

 この行為は、当然、断罪されるべきモノだ。一片の良心もなかった、という意味で。ある意味、今の言葉で言えば、『究極のマニュアル人間』だったと言えるのかもしれない。

 今となっては、まったくその通りなことを指摘したアンナ・アーレントは激しいバッシングを受ける。古くからの友人を多数失う。

 一番激烈だったのが、彼女が書いた文章のごく一部に、ナチスに協力したユダヤ人指導者がいたことを指摘した箇所があったこと。この事実は既に知られていたが、ユダヤ人にとっては、もっとも触れて欲しくない・触れてはいけないタブーだった。それを高名な学者で教授である彼女が、「ニューヨーカー」という超一流の雑誌に書いたことで、大変なことになってしまった。

 この問題は、今の日本にも当てはまる。当てはまりすぎて怖くなるくらいだ。あ、こう書くと、右翼系の暴論を吐き続ける某人物を擁護すると誤解されてしまうかもしれないが、まったくそうではない。その真逆だ。

 知性の光は、混沌として未整理な過去を照射して、ポイントを鮮やかに浮かび上がらせる事が出来る。それには大きな苦しみを伴い、抵抗が生まれても、時間がその正当性を証明してくれる。

 この作品を観て、小山薫堂は「哲学というモノがある意味が初めて判りました」と語ったが、まさにそう!「まったくその通りだ!」とおれは絶叫したくなった。

 哲学って、なに?

 一般人にとって、もっとも縁遠い学問。

 インテリの暇つぶし。屁理屈をこね回して重箱の隅を突つき、実生活になんの役に立たないもの。

 そう思っていた。そんな屁理屈なんか知らなくても、朝日は美しいし海は美しいしご飯は美味い。哲学になんの意味がある?

 しかし……。

 世の中には、理解を絶する物凄いことが起きる。人間としては、多少の知性がある人間としては、それがどうして起きてしまったのか、なんとか理解したいと思う。人間なら出来ない事をやってしまった人間の、その心を覗きたい。そういう欲求がある。

だから、「元少年A」の手記が売れ、話題になるのだろう。

 で、国歌がある民族を殲滅しようとしたユダヤ人のホロコーストは、人間が立案して実行したものとは信じたくないほどの戦慄すべき悪逆非道な、人類に対する犯罪だ。それを遂行した一人である人物を知りたい、理解したい、自分なりに分析したい。

 その時に、哲学という学問が必要なのだ。

 おれは、生まれて初めて、哲学の必要性が理解出来て、なんだか、電気に撃たれたようなショックを感じた。

 だから、人類が文明を持って以来ずっと、営々と「哲学」を論じてきたんだなあ。

 この作品は、映画としても、誠に優れている。ドイツ系ユダヤ人がとにかくシリアスに問題に突進していく中、アメリカ人の友人や「ニューヨーカー」編集部の人たちは、アメリカ人流に、それに対する。そのゆとりのあるユーモア感覚にホッとする。映画としても、ギリギリとテーマに迫るなから、彼らがコメディ・リリーフとなって息を抜かせてくれるのでホッとする。この呼吸が絶妙なのだ。ただただくそ真面目だと熊井啓になってしまうが、脚本・監督のマルガレーテ・フォン・トロッタは手練れである。上手い。

 公式サイトにある、「ディレクターズ・ノート」(←リンク)は、読むべき優れた文章だと思う。

 相方帰り、ハンナ・アーレントその人について、そしてハイデッガー(つい最近まで生きていた!大昔の人だとばかり思っていた)についても調べ、ハンナが教えていたニューヨークにある「ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ」(亡命者のための大学という別名があって、アメリカでは珍しく「大陸系哲学」を教える大学らしい)についても調べて、風呂に入って、1時就寝。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:2142kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年7月 3日 (金曜日)

7月3日/雨降りだから仕事に集中しよう

 なんだか、くーたんがベッドに来るなあと思って時計を見たら、8時20分。

 久々の爆睡。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 「第4章」、今日は進む。毎日コンスタントに書き進めばいいんだけどなあ。どうしても書く気にならない日があるんだよなあ。困ったもんだなあ。

 ブランチは、トースト、コーンフレーク、ゆで卵。

 それだけでは足りず。2時間後にペペロンチーノ。

 なんか、大阪の大ベストセラー作家を批判するのは「表現の自由を妨害する行為」になって憲法違反だというバカな意見が出始めているが、正気か?

 ある発言が公になって、それに反撥・反論をするのも「表現の自由」「言論の自由」。反論することがあのヒトの発言を封じることにはならない。だって、あのヒトのツイッターやFacebookは誰にも止められないんだから。それが止まる世の中になったら、それは危険だ。

「おれはアンタと意見は違うが、あんたが意見を言う自由は全力で守る」とフランスの思想家が言ったと思うが、まさに、この思想は守らなければならないし、今は守られているだろ?

 そのへんのことが判ってない「エライ人」が多くないか?

 で、日本のマスコミは平気で時の首相とか大物政治家と会食するが、これって、正しい姿なのか?日頃から関係を持っておかないと取材活動が出来ないとか言うが、定期的な会合を持つことで、日本のマスコミは懐柔されてるんじゃないのか?

 マスコミと権力は、もっと緊張関係を保っていなくてはいけないんじゃないの?会食して談笑したりして、政府の審議会とかのポストに就いたりするから、権力に取り込まれて、真剣に権力と対峙できないんじゃないの?

 まあ、ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズの社長も大統領と会食するかもしれないし、タイムズやガーディアンの社長も首相と、ル・モンドの社長も大統領と会食するかもしれないけどさ……。

 この「会食」って、官邸の奢りなの?割り勘なの?

 ご馳走になっちゃったら、悪くは書けないよね。

 昔から「総理番」の記者は総理の私邸に上がり込んで酒を酌み交わすナアナアな関係にならないと政治部の記者としてダメとか言われているようだけど……これって飼い慣らされてることにならないのか?

 で、Facebook。

 この精密なSNSは、書き込んだ内容とかリンクした内容を分析して、表示するモノを選んでいる気がする。

 先日、この日記で、ある人物が書き込んだ内容をチクッと批判したら、その人物の書き込みがまったくリンクされなくなった。名前を挙げていないし、引用した文章もわざと不正確にしたのに……。

 それに、政治的・社会的なことをよくリンクするので、そういう内容のモノばかり表示される。リア充な「こんなオイシイもの食べた」「こんな素晴らしい場所に旅行した」「こんな楽しい飲み会をした」という内容のモノはほとんど表示されないから、すっきりしていいとは言え……政治的なことばかり表示されると、読んでいて疲れてしまう。だからと言って他人がナニを食おうがナニを飲もうが誰と会ってはしゃごうが、ほとんど興味ないんだけど。

 こう書いたら、そういう表示も消えるかな?

 少し前に、セゾンカードの使用履歴に不可解なものがあって、支払い手続きを停止する連絡をしたら……それはアメリカから直輸入したミノキシジル配合の毛生え薬だった。韓国の会社を経由して輸入したモノらしい。これ、臭いがキツいので、使わなくなってしまった。

 リアップは割高だけど、匂いを抑えてある。高いけど、リアップを使う方がいいかなあ。

 で、この支払いに関して、セゾンカードに連絡して支払い手続きをとった。

 夕方になって、疲れてしまったので、仕事を中断。

 大量には書けなくて、遅々とした進み具合だけど、書き進んではいる。あと少しで1エピソードが終わるのだが、その終わりまで書く元気と根気が無い。

 休憩して、夕食の支度。

 と言っても、挽肉ピーマンの焼きめしを作るんだが。

 今回はニンニクと生姜を投入して塩胡椒に味の素も入れて味付け。仕上げに醤油も。

 それでも、味が薄い。挽肉の代わりのベーコンでやれば間違いなく美味いはず。という事は、塩が足りなかったのか?バターを使えばコクが出たかな?オリーブオイルを使ったんだけど。

 食後、テレビ休憩。

 テレ朝の「ビートたけしのいかがなもの会」を観る。要するにタレントが多方面の不平不満を述べるだけだが……今こういう事を喋らせたら、小籔と竹山がダントツだなあ。小籔の屁理屈と絶妙なユーモアは凄い。竹山はタイプは違うが、情景描写が上手い。短い言葉で的確にその場を再現する表現力は凄い。この二人が強烈なので、他のタレントが霞んでしまった。マツコも霞むんだから(あれ?後半で顔ぶれが入れ替わった?)。

 夜遅くになって、週刊新潮「黒い報告書」のゲラが来た。事前にかなり直したので今回はチェックは少ないだろうと思ったら……やっぱり山ほどチェックが入っている。このゲラがほぼノーチェック状態にするのが当面の目標だったりするのだが。縮小されてくるので、物凄く見辛いんです……。

 国会で、アベが陳謝。ここまで拗れるとは思わなかったんだろう。本当に後ろから撃たれた感じなんだろうな。大西議員は強弁すれば自分の発言が正当化されて批判も消えると思ったのだろうが、言えば言うほど状況はヒドくなっているのが判っていない。いや、今日になって姿が見えないのは、派閥のエライ人が隔離でもしたのか?

 風呂に入って、ゲラをやってしまってから寝ようと思ったけど、なんだか脳味噌が営業終了してしまったので、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:1744kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ(外に出ず) 

2015年7月 2日 (木曜日)

7月2日/世間のことが気になって

 なんか、小林信彦が年1回出す週刊文春のコラムをまとめた本のタイトルみたいだが……。

 7時ごろ起床。

 曇りだが、予報ではこのまま雨は降らないというので、洗濯物を干す。

 が、朝のモロモロをやっていると、雲行きが怪しくなってきた。気象レーダーを観ると雨雲がウチの上空を通過するらしい。

 慌てて洗濯物を取り込んで、コイン乾燥機に直行。

 その直後に雨が降ってきた。間一髪セーフ。

 仕事をしなければ!

 しかし、なでしこJAPANがイングランドに勝った!

 日本もPKを貰ったが、イングランドのPKはあれ、勝手に転んだだけじゃん。それで同点で、オウンゴール。

 因果応報という言葉が浮かびますな。

 というか、日本は男女共にもっとずる賢くならなければ、という声もある。シミュレーションをもっとやれ、ということらしい。まあそれもフットボールというスポーツの一部なんだろうけど……。でも、神様は見てるよね、という感じ。

 

 それに、新幹線焼身自殺の犯人についての続報も。

 いい人だったし友達もいたのに、どうして?

 あるキャスターは正直に「こういう事をする人は、社会で孤立して自分の考えに凝り固まったタイプだと思っていましたが……違いました」と言っていた。

 年金を月18万貰えるはずが、仕事をして収入があった分減らされて月12万になり、仕事を辞めたのに減らされたままで、「月12万でどうやって暮らせというんだ」とかなり怒っていたらしい。

 おれなんか、今後貰える国民年金+国民年金基金は月6~8万。これじゃ暮らせないのは明白。貧困ジジイはみんな自決するしかないのか?老後の資金は幾ら必要かという試算が出来るサイトがあったが、1億近い金が必要とか出たぞ。

 そんなの、無理じゃん!

 先進国の中で、日本の老人の貧困率は飛び抜けて高い。貧富の差が激しいアメリカより状態が悪いという調査がある。

 いやあ、仕事が出来なくなって収入が途絶えたジジババは、早めに死んでね、と言われているのも同然だなあ。

 長生きしたくないねえ。

 てなことを考えてしまうと、労働意欲が著しく阻害されるというか、なんというか、どうにも集中力が……。

 ブランチは、目玉焼きご飯。

 その後、おやつみたいな感じでコーンフレーク。

 wowowで放送した「市川崑と164人のカメラマン」(正式題名ではない)のドキュメンタリーを見るが、これ、前にやった奴だよね。

 記録映画なのに記録映画の常識を無視して、選手の超クロースアップを狙えと。そのために1200ミリとか1500ミリの超望遠レンズを特注して用意したと。

「勝ち負けなんかどうでもいい。選手を描きたい」

 というのは、革命的な製作方針だ。

 超クロースアップやスローモーションというのは、映画だけ(テレビもだけど)の技だ。

 そういうテクニックを駆使して迫っていく市川崑は、やっぱり凄いと思う。

 おれが、小津や溝口がダメで、市川崑命になるのは、こういうところにある。ヒチコック命になるのも同じ理由。

 だから……演劇論や文学論の延長で、小津や溝口や黒澤は語れるが、映画のテクニックに精通していなければ市川崑は語れない。だからクロウト(映画の現場人)は語れるがそのへんの映画評論家(技術のことをまるで知らなくて印象批評しか出来ない)には歯が立たない。だから、市川崑の研究書があまり出ないのだ。書けないから。

 おれは、書けるんだけど……機会がないもんなあ。映画の本は売れないし。

 

 夕方、予約したカイロへ。最近は3週に1度に減った。

 右足の痛みはここんところ軽減している。夏になったからか?

 施術して貰いながら先生と、ノーチェックな列車より。飛行機が一番安全かもしれないねという話をする。

 ピーク時は3分に1本走る東海道新幹線で、手荷物検査は不可能。ランダムな検査もどれほど有効か、と物が判ってはずの人も、手荷物検査には否定的だが、このままでいいとはどうしても思えない。テロを含むアクシデントで死にたくない。絶対にそんな死に方は嫌だ。

 現状だと、車掌や鉄道警察隊の車内巡回を増やすくらいしか手はないらしいが……。

 乗客の手荷物検査をキッチリやる特定の「のぞみ」を走らせたら、乗車を希望する人も多いんじゃないか?「セーフティのぞみ」とか命名して、それに乗る人にはキッチリした(旅客機並みの)手荷物検査を実施する。発車30分前にはゲートを通過しなければならないし特急料金も幾分高くなっても、乗る人は絶対にいると思う。

 ただ……先を走る車両に事故があったら全線が止まってしまうんだよねえ。

 安全を確保できる、いい案はないかねえ?

 帰路、スーパーに寄って買い物をしたが、漬け物を買ってくるのを忘れた。いつもなにか買ってくるものを忘れるんだよなあ。

 大阪の大ベストセラー作家批判の反動が出始めている、という記事が。って、大阪府知事とか元文春編集長の花田氏とかあと数名が言ってるだけだし、あの大作家にも表現の自由があるのは当然だし、これについては誰も異議は唱えていない。しかし、発言に対して批判する自由だって、当然ある。

 大ベストセラー作家への批判があるのは、言ったことが余りに品性下劣で賤しい内容だったからだ。それは一民間人が居酒屋で酔っ払って声高に放言して、「あんた言い過ぎだよ!」と他人に怒られるのと同じ。

 だから、あの作家を批判することになんに問題もないし、このことをあれこれ言う方がおかしい。元フジテレビの長谷川サン、あんたおかしいよ。これも批判の自由。

 夜は、ご飯を炊いて、牛肉とキャベツのオイル焼き。大根おろしを大量に作って、ポン酢で食う。

 美味い。

 「第4章」、相方のメモと今まで書いた分に矛盾が発生しているので、既に書いた分を基本にするために、ツジツマの必要箇所を洗い出す。

 風呂に入ったりゴミ出しをしたりしつつ、チェック項目の洗い出しだけは、やる。このポイントを通過すれば、また進み出すだろう。

 なんだかんだで、1時就寝。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:1716kcal

本日の消費カロリー:日常生活+29kcal/785歩+78kcal(自転車)

2015年7月 1日 (水曜日)

7月1日/迷ったけど、テニス

 もう7月。光陰矢の如し、でんなあ。

 7時過ぎ起床。睡眠不足が溜まってきた。いかんぞ。早寝しなければ。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 ATOKを最新のものにしたら、再変換が出来なくなった。で、いろいろやってもやっぱり再変換出来ないので、これはサポートに訊くしかないかなあと思ったのが昨日。

 しかし、今日になったら使えるようになった。以前は再変換したい文字列を選択して「option+R」を押していたが、キーをカスタマイズして「option+return」にしたら、使いやすくなった。

 昨日はあまり進まなかった仕事、今日は頑張らねば。

 と、思いつつ、アサメシ。ご飯、目玉焼き、しらすおろし、インスタントのしじみ汁、レンコンのきんぴらにキュウリの漬け物。

 

 仕事開始。

 7月にやる快楽亭の高座録音、前回は失敗して1演目しか使えなかったのを猛反省して、バックアップ機材を新調することにした。MDレコーダーはあるのだが、電源アダプターが壊れてしまった。電池を使えばまだ動くはずだが、このMDシステム自体、なんか信用出来ないので、メモリーカードに録音できるタイプのモノを捜して、「ZOOM」のものを買うことにした。アマゾンで1万円弱。しかし、サウンドハウスで買えば、7000円ちょい。

 そりゃ安い方がいいので、サウンドハウスに注文を入れた。

 で……。昨日の「新幹線焼身自殺」事件の続報を知りたくて、TBS「ひるおび」を観たり、ネットニュースを漁ったり。

 自殺した男は、かなり理屈っぽい性格で、年金を貰っても税金とかいろいろ支払いを済ませたらお金が残らない、こんなカネでは生活出来ないと不満を口にしていたらしく、自殺をほのめかしていたらしい。

 だったら、どうして新幹線で?

 理屈っぽい性格だから、世間にアピールしたかったのか?だったらハッキリした遺書なり意見書を残しておくべきだったはずだし、自殺する場所が違うだろうと、どうしても思う。

 どっちにしても、公共の場所で自殺するな!とどう考えても思う。

 巻き添えになった女性と、その遺族が気の毒でならない。この女性の死は自殺した男には想定外だったかもしれないが、密室で火を放ったらどういうことになるか、考えもしなかったのだろうか。自殺しようとする人間は既に正常ではないから……とは言え、「危ないから逃げなさい」と言った分別も残っていたのだ。

 この事件に関して、JR東海の人たちが本当に頑張ったという記事(←リンク)を読んで、感動。こういう時、鉄道会社の人たちには感謝しなければいけないなあ。特に今回はJR東海は悪くないんだし。

 乗客全員の手荷物検査は不可能にしても、何らかの抑止効果があることをしなければ、不安だ。

 ランダムな検査、というのが有力だと思うが、これ、ランダムと言いつつ、特定のパターンに当てはまる人物がいつも手荷物検査を受ける羽目になって激怒、という事になると思うなあ。

 東日本大震災の日まで、北千住駅では「任意の手荷物検査」(ほとんど新人警官の実習)をやっていて、おれは何度もやられた。スーツを着たビジネスマンはスルーなのに、ラフな格好をした男はチェックの対象になっていたのだ。

 疚しいところはないから最初は言われるままにバッグを開けて中を見せていたが……だんだん嫌になって拒否するようになった。徹底的に拒否して警官に取り囲まれた映像がYouTubeに上がっていたが。

 東日本大震災当日も、やられたが、この時は断固拒否して警官を無視してタクシー乗り場に急いで、乗り込んですぐにあの地震が来たのだ。

 あの日以来、北千住駅での「任意の手荷物検査」はなくなったが……。

 これが復活するのかと思うとユーウツではあるが、安全のためだから協力するしかないか。

 しかし、だったら、スーツを着た男のブリーフケースも改めろよな。敵はそういう格好をして爆弾を運ぶかもしれないんだから。

 で……今日もあんまり進まなかったが、「第4章」全体の姿は見えた。明日からはどんどん進むだろう。

 午後、スパゲティ・ペペロンチーノを作って食う。

 16時を過ぎて、ソファに寝転んだら、イビキをかいて寝てしまった。17時過ぎに慌てて起きて、支度。

 テニスは、今日雨だったら休んで仕事しようと思ったのだが……雨は降らず。だったらカラダを動かして汗をかいた方がいい。

 出発。で、スポーツクラブに着いてバッグを開けたら……着替えのシャツとパンツを入れてくるのを忘れたことに気づいた。テニス用のシャツを着てきたので、テニスの後、汗みどろになってしまう。

 フリチンで帰るか?シャツはなくてもウィンドブレーカーを着てきたので、これで誤魔化せる……。

 風呂に入らないで、汗みどろのまま帰る、という手もあるが……気持ち悪い。風呂に入ってサッパリして帰りたいじゃないの。

 この時、クラブでレンタルしているシャツを借りて、これでテニスをやって、着てきたシャツに着替えて帰ればよかったのに、その考えが浮かばなかった。バカだねえ、おれ。

 とにかく、テニス。レッスンはなんか不調だったが、試合ではまあまあ。

 で、常連のIさんが肉離れを起こした。自分も経験者なので、「大丈夫ですか」と駆け寄った。肉離れは痛いのよ。衝撃が走るし。

 コーチが付きっきりになって面倒を見て、もう一人のコーチで試合再開。

 終わったあと、クラブのシャツを着て帰れないか、とフロントで交渉するが、「そういう使い方は想定していないので」と断られるが、以前クラスのコーチを担当してくれた支配人が「どうしました?」と訊いてくれたので説明していると、着て帰っていい、と言うことになった。有り難い。助かった。

 パンツは、水泳用の海パンを持っていたので、これを穿く。

 帰路、「上海菜館」で、夕食。ニラ玉定食(麻婆豆腐つき)に蒸し餃子を追加。ここはご飯が少ないのがいい。「定食あずま」だとどんぶり飯だから、21時に食うには量が多すぎる。残せばいいんだけど、おれ、残せないのよねえ。だったら注文するときに「ご飯少なめで」と言えばいいのか。

 ニラ玉は美味かった。

 帰宅して、洗濯をしつつ、ニュースを見る。

 新幹線のあの事件も大事だが、国会では参考人がいろいろ意見を述べた。軍事アナリストの小川さんはハッキリと集団的自衛権行使に賛成をした。

 ギリシャ問題もどうなるんだろう。「デフォルトになる初めての先進国」と言うけど、ギリシャって先進国だったの?かつては世界に冠たる大帝国だったとは言え。だったらイラクだってイランだってトルコだってエチオピアだって大帝国だったぞ。

 またしてもソファで寝てしまったので、ベッドに移って、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2000kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+153kcal/3899歩+30kcal(自転車)

2015年6月30日 (火曜日)

6月30日/「新幹線焼身自殺」(?)に激怒

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 そろそろ、お中元の季節。

 春にキウイをたくさん送ってくれた親戚にお返しをしていなかったので、小田原の「菜の花」に詰め合わせを注文しようとしたが、その親戚の住所も電話番号も判らない。控えてあったはずなのに……。

 仕方がないので徳島の親戚に電話して、住所などを聞き、手配する。

 その代金を郵便局に払いに行き、ブランチの弁当を買ってくる。日替りの「トリカラ弁当」。

 帰宅してすぐ食べる。美味い。

 そんなこんなで午前が終わり、午後。

 昨日おおいに捗った「第4章」だが、今日はなんだかエンジンのかかりが悪い。好不調の波が1日置きに来る感じ。コンスタントにばりばり書けないのはどうしてだ?

 ということを思っていると、2ちゃんねるに奇妙な画像が貼られた。新幹線が止まってドアから人が降ろされているもの。

 なんじゃこれは、と思っていると、「東海道新幹線の車内で男が油をかぶった」「火をつけた」という速報が入った。

 テレビをつけてみると……小田原駅の手前で「のぞみ」が止まっていて、「男が油をかぶって火をつけた」「トイレで爆発があった」「油まみれの女性が倒れている」と、後から思えば誤報だらけな情報を伝えている。偶然乗り合わせたMBSの記者は「1両目のデッキで男が自分の身体に火をつけたのをみた」という証言を紹介していたが……この証言は嘘。

 混乱していたから、情報も錯綜したんだろうし、情報の断片を勝手な解釈でつなぎ合わせて喋る人もいたんだろう。

 こういう場合はNHKを観るが、今回は同じのぞみに乗り合わせていた記者が車両から携帯電話で生々しい情報を送ってくるTBSを観た。

 混乱していた情報は、だんだんと整理されて……男が客席で焼身自殺、トイレでの爆発はなかった(しかし非常ベルは押された)、そのトイレ付近で倒れていた女性も死亡、しかし完全に巻き添えを食った形で、男とは無関係。

 こういう形で自殺する奴は、ハッキリ言って、地獄に墜ちればいい。

 自殺するのは勝手だが、無関係な他人を巻き込むのは言語道断。ビルから飛び降りて他人を巻き添えにするとか、電車に飛び込むとか、自宅アパートに火をつけるとか……。

 自殺する奴は、その時、正気ではないキチガイ状態なんだろうから、他人のことを考える余裕はないのだろうが……。

 しかし今回のこの男は、近くにいた人に「逃げなさい」と配慮を見せていたらしい。事前にかなり躊躇した様子も見せていたとか……。

 まさか、誰かの司令?とか余計なことを考えてしまうが、それでも、新幹線の車内で焼身自殺なんて、まったくもってとんでもない!こんなこと、絶対に許せない。

 無関係なのに巻き添えを食って、亡くなった女性が気の毒で気の毒で……本当に気の毒だ。

 自殺するなら、誰にも迷惑にならないように、ひっそりとやって欲しい。

 まあ、今のところは、一番簡単に推測できる「焼身自殺」とされているが、今後の捜査で意外な真相が浮かぶかもしれない。衝撃的事実なら、それは報道されない可能性もあるが……。

 ということで、今日の昼間は、このニュースばかり観てしまった。15時頃に事故車両が小田原駅に滑り込んだところまで観た。

 それから、仕事開始。

 なんか、完全にリズムが乱れて、まるで進まない。

 昨日書きかけだった部分を完全に終わらせて、遡っていくつか修正したのみ。

 トーストとコーンフレークを食う。

 しかし、頭の中は今日のこの事件のことばかり。

 自分の身に起きたら、きちんと逃げられたろうか?相方をしっかり助けられたろうか?

 搭乗者をきっちり検査する飛行機の方が安全かもしれないなあ。1日42万人が利用する新幹線で、乗客の手荷物検査は無理と言うが、改札にX線装置とか置いてチェックできないのか?

 普通の電車だったら駅の間隔が短いし、ドアも多いし窓も開くから、こんな事が起きてもなんとかなる気がするが、新幹線はほとんど飛行機みたいなものだから……。

 2時間も止めたままで警察の現場検証っていうのも……小田原駅に車両を移動させて出来るだろう、と思ったりするし、別の車両を横づけして乗り移らせるとか、いろんな手が打てたんじゃないのか、とか思うんだが、きっと「警察の現場検証」ということで時間を稼いで、JR東海はその間にいろんなことを処理していたんだろう。小田原駅での客の受け入れとか、事故車両が動かせるかどうか、動かない場合は別の車両を手配して牽引しなきゃいけないし……。

 いろんな意味で、衝撃的な事件。

 巻き添えでなくなった女性には、謹んで心からの哀悼の意を捧げます。

 夜は、相方と打ち合わせ兼夕食。

 千住大橋の「ポンテポルタ」(この名称、「ポルタポンテ」とか「ポンタポルテ」とか順列組み合わせで無限に間違える。ここがイマイチ流行らなくてヤマダ電機が撤退するのも、名称が紛らわしいこともあるんじゃないのか?……しかしヤマダ電機のあとはナニになるんだろう?シネコンにして欲しいけどなあ)にある「はま寿司」へ。

 20分ほど順番待ちして(ここで唯一流行っている)、やっと席に案内される。まあ、「はま寿司」は安いのに美味しいからなあ。「海鮮三崎港」や「すしざんまい」のほうが格段に美味いけど、その分高い。「くら寿司」は安いけど不味い。「はま寿司」は安いのにそこそこ美味い。

 で、いろいろ食べる。いくら、うに、あなご、いか、まぐろ……。

 打ち合わせもして、擦り合わせをする。

 大阪取材についても。まあ、新幹線で今までああいう「悪意ある乗客が引き起こす事故」が皆無だったのが奇跡だったのかもしれない。

 食事のあと、「ライフ」で買い物をしていると、週刊新潮U氏から「金曜にゲラを送るが大丈夫か?」という確認の電話が来た。原稿を送って1ヵ月以上過ぎたので、「どうなってますか?」と訊いてみようかなと思っていたところだった。大阪のベストセラー作家の言動に関連して文春・新潮をちょっと揶揄したのが引っかかって……とか思ったりしたけどそれは杞憂だった。大新潮は、そんな肝っ玉は小さくない!

 帰宅。

 夜のニュースを見て、風呂に入り、「ニュース23」を観て、ウィンブルドンの奈良の試合を途中まで観て、ブルーレイ・デッキのHDDの容量が足りなくなったので、「映画・中村勘三郎」などを焼き、「ビッグ・リボウスキ」を少し観る。大富豪の慇懃な秘書(フィリップ・シーモア・ホフマン……おれの中ではベスト)とベトナム帰りの短気なオヤジ(ジョン・グッドマン……いつもは不気味なほど温厚な役が多いのに)のキャラがいいなあ。みんな楽しんで芝居してるもんなあ。

 2時になったので、慌てて就寝。

今朝の体重:88.60キロ(どうして増える?)

本日の摂取カロリー:1852kcal

本日の消費カロリー:日常生活+60kcal/1363歩+64kcal(自転車) 

2015年6月29日 (月曜日)

6月29日/OSXやiOSに「熱意」が通じたとしか思えない

 7時過ぎ起床。

 曇り~晴れ~曇り。

 

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト一枚、コーンフレーク、ゆで卵。

 食後、昨夜から懸案の、メールの送信が出来ない件をなんとかしようと奮闘努力……の甲斐もなく、送信できない。受信は出来るのになあ。

 POPサーバーとは正常にやり取りできるのに、SMTPサーバーと繋がらない。

 設定はマニュアルの通りにやってるのに……どこが間違っているのか、全然判らない。これはMacもiPhoneもiPadも同じ。

 しかし、ニフティのメールはダメでも、iCloudのメールは使える。

 以前はこっちをメインに使っていたのだが、OSが不調になるとメールも不調になるので、あくまでサブとして使うように格下げしたのだが……また復活させようか?

 

 ネットを検索して、同じように困っている人はいないか、その解決策はないのか、と調べてみたが、判らず。

 もしかしてニフティ側にトラブルが発生していたのかと思って調べたが、それはナシ。

 これは、もしかすると、OSを再インストールした方がいいのかも、と思いかけたとき……。

 送信が出来た!

 え?どこをどう直したのか判らないが、突然、以前のように送信できるようになった。なんでやねん!はまやねん!

 これはもう、OSXとiOSにおれの熱意が通じたとしか考えられない。

 MacOS時代、Macはヒドく人間臭いシステムで、なにかの拍子(新機種に買い換えようかなと思ったりしたとき)に機嫌を損ねたりストライキをしたりすることがあったが、OSXになってからは、下敷きにしたUNIXがオトナだったせいか、そういうことはなくなっていたのだが……。

 どこがどうミスっていたのか、未だに判らない。だからやっぱり、「熱意が通じた」としか言いようがないのだ。

 その勢いで、ここ数日、MacからログインできなかったFacebook、パスワードを変えたら正常に戻った。これもなんか、合点がいかないのだが……まあ、正常になったのは目出度いし、気分がスッキリする。

 10時頃までメール対策や、なんだかんだに時間を費やしてしまった。

 この際、ツキイチの病院に今日、行ってしまうか。行こう!

 ということで、11時過ぎに病院へ。

 30分ほど待つ間に、iPhoneのメールの設定をやり直した分、サーバーに残っているメールを何度も何度も繰り返し読み出して、それを何度も消す作業に没頭。250通くらいある既読メールを3回くらい消し直した。これはもう、面倒!

 

 型どおりの診察が終わり、支払いをして、薬を出して貰い、12時過ぎに終了。

 北千住東口商店街に回る。途中、柳原商店街を通ったが、ここのシャッター商店街化は凄まじい。ほとんどがシャッターを下ろしたまま。寂しいが、仕方がないのだろう。この辺に住んでいるのはみんな老人だし。

 久々に「定食かあちゃん」に行って、さんまの塩焼き定食を食べる。美味い!

 その後、くーたんのキャットフードを買い、おれ用の食料やクレラップなどを買い、帰宅。

 午後、仕事開始。

 昨日はほとんど進まなかった「第4章」、今日は進む。

 仕事が進むと安心する。

 午後は目一杯、頑張る。

 眠くなってきたが、コーヒーを飲んだらなんとかなった。

 しかしまあ、その……大阪の大ベストセラー作家は自分のことを「三流作家」と呼んでいる。「こんな三流作家の言うことなんか、放っとけや」とツイッターかFacebookに書いているらしいが……本を出せば大ベストセラーになる、日本の注目作家の一人であることは間違いないんだから、それなりのステイタスに見合った発言をすればいいのにね。おそらく、注目されている今だからこそ言いたいことを言っておこう、世間に影響力を行使しておこうと思っているのに違いないはず。

 みんなが放置したら、本も売れなくなるし、そうなると出版社も庇ってくれなくなって文春や新潮の餌食になると思うんだけどなあ。

 まあ、「炎上商法作家」で「右翼ピエロ」で「深刻な構ってちゃん」であることが判ったので、もうこの人物がナニを言ってもハイハイとスルーすることにしよう。どうせ、言ってることは「居酒屋トーク」で「冗談」なんでしょ?

 今回は、極めてデリケートな時期に、こういう「取扱注意」な人物を不用意に呼んで好きなことを喋られた自民党の連中の方が悪いし、それに乗っかってしまったお調子者の議員(東京16区の大西とか)はもっと悪い。

 18時を過ぎて、夕食。今夜はご飯を炊いて、マグロの切り落とし、ほうれん草の胡麻あえ、レンコンのきんぴら、インスタントのしじみ汁。

 食後、仕事再開。

 本日は10ページ進んだ。これからペースを上げていこう!しばらくはイベントもないし、仕事に集中出来る。

 夜になって、ふと、iTunesに入れてある鈴木常吉の「思ひで」を久しぶりに聴いてしまったが……。

 最初のギターのイントロを聴いただけで、もうダメ。号泣。

 絶対、この曲は反則だなあ。

 死の床に就いた病人(結核とか、古典的な病気がいい……正直に生きてきたのにあんまり幸せではなかった)が、唯一幸せで輝いていた短い時を回想して、息切れ切れに歌ってるとしか聞こえないもんなあ。

 原曲はアイルランド民謡。アイルランド民謡って、こういう悲しい曲が多いよなあ。

 しかし落ち込むなあ……。高度で言えば、突然、3000フィートくらい急降下した感じ。

 しばらく号泣。

 この曲は危険ですね。

 しかし……今ある小さな幸せを大事にしなきゃいかんよ、おれを見てみろ、と今際の際の「しくじり先生」に諭されている感じがして、背筋が伸びる。

 そうなんだよなあ。あれこれ考えても仕方のないことに引っかかっていてもいいことはないんだよなあ。今を大切にして生きなきゃあねえ。

 で……映画「深夜食堂」が急に見たくなったけど、今劇場で公開しているのは北海道と九州のみ。しかし、来月にディスクが出るのですね。年末にはwowowで放送してくれるかも。

 この映画版は、見に行くのがかなり恥ずかしくて、見なかった。このシリーズは、深夜、一人で膝を抱えて観て、静かに泣くのが正しい鑑賞法だと固く信じているので。大勢と一緒に観るのは、なんだかねえ……。

 風呂に入り、ついつい「月曜から夜ふかし」を観てしまった。この番組は面白いよ、やっぱり。ビデオ取材の姿勢が、完全に取材対象をおちょくっているし、面白い一般人をピックアップしているし、それをスタジオの二人がもっと面白くする。取材に手を掛けているから面白いのだ。

 埼玉の「さいたま市とその周辺のプライド競争」は面白いけど、取り扱いに注意を要する。下手をすれば抗議が殺到してしまうヤバい住民意識をいじるから。でも、極めて上手くいじって煽って面白がっているので、最高な状態で笑いに転化できている。この番組の放送作家の腕は凄いと思う。

 箱根新道の橋からトレーラーが落下して、積み荷の化学物質が川に流れ出して、解禁して間もない鮎が大量に死んだ、と。報道によって数字は違うが、1万匹死んだという報道もある。運転手は死亡しているが、なんてことしてくれたんだ、と思う。追い越しをしてハンドル操作に失敗してガードレールを突き抜けたらしいが。

 ギリシャの首相は「金は返せん!」と大川興業の大川総裁みたいなことを宣言。じゃあ緊縮策をとるしかないじゃん、と思うけど、ギリシャ国民は緊縮するのは嫌なんだよね。

 で、1時就寝。

今朝の体重:88.20キロ

本日の摂取カロリー:1707kcal

本日の消費カロリー:日常生活+25kcal/684歩+98kcal(自転車)

2015年6月28日 (日曜日)

6月28日/集中出来ず睡魔に負けてメール機能がおかしくなって……

 7時過ぎ起床。

 起きて早々、部屋の中がくーたんのゲロ臭いので、くまなく捜索。ドライフードを戻したとき特有の臭いが漂っている。

 しかし……ゲロの痕跡は発見できず。ドライフードの臭いが漂っていただけか。

 疑ってスマン、くーたん。ゲロをしてもまったく叱らないんだけど。

 洗濯物を干す。

 晴れ。風は完全に夏。待ちわびた、夏の匂いがする。しかも蒸し暑い夏ではなくて、爽やかな夏。

 しかし!

 一連のイベントが終わったので、仕事に集中するぞ!

 ということで、朝のモロモロを済ませて、アサメシ。例によってトーストにコーンフレーク、ゆで卵にハム&マヨネーズ。

 NHK-FM「きらクラ!」は先週分をまだ聞いていない。今日も仕事するつもりだから2週分堪ってしまうなあ。

 で……。

 このところヒジョーにムカつく言動をまき散らしている大阪の大ベストセラー作家。

 この御仁は、「炎上商法」をして自分に注目させてマスコミの露出を増やして本を売ろうという魂胆ではないのか?そう思えばいろいろと納得がいく。あのテキトー発言とか。

 だったらもう、このヒトを触らない方がいい。無視されるのが一番応えるだろう……って、学校のイジメみたいだけど、今のあのヒトは、構ってちゃんぶりが余りにヒドすぎる。

 ああいう「右翼ピエロ」って、発言がバカにされるだけで、けっしていいことではないと思うんだけどなあ。

 一方で、アベ政権としては、問題発言をした自民党若手に対して「公式の場ではないし」と謝罪もせず処分を曖昧にしておくメリットはあった。官邸の意向というか意図を読んだスポンサーが「問題番組」の提供を「自粛」する形で降りる(あくまでスポンサーの自主的判断……経営の都合などもあったのだろうし政府として申し上げることは何もない、と菅官房長官が言いそう)流れが出来たかもしれない。

 しかし、関係者が処分されて幹事長が謝罪という事態になると、政権の意向を敏感に察して降りたスポンサーは実名を挙げられて、「政権にビビるダメ企業」「腰抜け企業」「矜持も何もないダメ会社」とか揶揄される可能性も出てきた。

 よって、アベ政権の裏戦略は失敗した。

 風向きは変わった。

 となると、一人で吠えているあのヒトは、ハシゴを外された滑稽な存在でしかない。「潰せというのは人気がなくなってほしいということ」と言うけれど、新聞社の人気が落ちるより、個人の人気が落ちる方が早いし簡単に落ちるんだけど……。個人営業のモノカキにとって、こんな怖ろしいことはないと思うんだけど……。

 今の状態だと、炎上芸人のキンコン西野と同じポジションになってしまうと思うんだけどなあ。芸人のステイタスはともかく、キンコン西野は「嫌われ芸人」として活躍しているが。

 なんかおれ、しなくてもいい心配をしているようだけど。

 ATOKの最新版をインストール。今回のバージョンから「なんとか変換」という機能が使えるようになった。曖昧な記憶で「なんとかリバー」なんだけど名前が出て来ないというとき、「なんとかリバー」と入力すると、ATOKが候補をいくつか挙げてくれる。これは便利。最初は上手く使えなくてマニュアルとかを見たが、ネットで検索して候補を出してくれるので、ちょっと時間がかかる。

 しかしこれは便利だなあ。

 次のMacOSXの日本語変換は凄く賢くなるらしいが、さすが日本語変換の雄・ATOK。ツボを押さえている。

 そんなこんなで、12時を過ぎて、ランチがてら外出。

 久々に、千住大橋の「波」で塩ラーメンを食べる。味玉と海苔をトッピング、そしてごはんを頼んだら、量が多すぎた。そして、お気に入りだった太麺がなんだかシンドイ。ちょっと太すぎる感じがしてきた。となると、「翔竜」の中太麺が一番いいのかなあ。

 隣に座った男女ペア(夫婦?)の客の会話が、大助花子の漫才みたいで面白かった。女の方がガンガン喋って男の方が同じ事を繰り返す。例えば……。

「今日は暑いでしょう」

「暑いねえ」

「隣のオバサンが窓を開けっ放しにしてテレビの音ガンガンあげて」

「テレビの音ガンガンあげて」

 と、もう合いの手みたいに。その呼吸がキマッていたので、かなり感心して聞いていた。中身より会話のリズムを。

 超満腹。これはもう晩飯抜きだな。

 ライフで買い物して、帰宅。

 そんなに暑くないのに、汗をかいた。

 雨雲が接近中という警報が鳴ったので、洗濯物を取り込む。しかしこれは誤報だった。

 さあ、仕事!

 と思ったが……。

 満腹のせいか、微妙に睡眠不足のせいか、イベント続きで疲れが出たのか、眠くて仕方がない。

 Macに向かっていても、何度もオチるので、ソファに寝転がって「タモリ倶楽部」を見る。レトロ文房具のあれこれ。途中で何度も寝てしまって、何度も後戻りして見直す。

 その後、また「ローカル路線バスの旅」を見るが、これはもう完全に寝てしまった。

 こうなったらもう、きちんと寝た方がよかったのかも。

 アイスコーヒーを作ってがぶ飲みしたら、やっと目が覚めてきた。

 

 仕事は少しだけ進む。ほんの少し。ヤバいなあ……後がつかえてるし……しかし、1つ1つの仕事をきちんとやっていかないといけない。

 19時を回って、「鉄腕ダッシュ」を見ながら、夕食のサラダを食べる。普通の野菜サラダにスパゲティ・サラダ。足りないけど、ここは我慢。

 我慢すると、それなりに食欲は収まる。

 で……。

 昨日気づいた、iPhoneからメールが送れない状態をなんとかしようと、マニュアルを見ながら何度も設定をやり直したのだが、ダメ。

 同じ現象はiPadでも起きていて、両方を設定し直すが、どちらもダメ。

 それがiMacにも伝染して、今日の午後までなんともなかったのに、メールが送信できなくなってしまった。

 受信は出来るし、どうしても送らなければならないメールはWEBメールで送ればいいので、仕事が麻痺するとかパニックになる事はないのだが……メーラーで出したメールを管理できないのは極めて不便。

 3時間くらいかけて復旧に努めたのだが、ダメ。

 Macまでダメになった原因が判らない。考えられるのは、iPhoneの設定をいじってマックと同期させたから、としか思えない。

 「ヨルタモリ」を見る。性欲がなくなって初めて見えてくるものがある、という話にはナルホドと思う。この番組恒例のアドリブ・セッションはご愛敬だが、まあ、時には素晴らしい名演奏になるときもあるからなあ……。

 

 風呂に入り、ゴミ出しをして、また少しいじったが、やっぱりダメ。

 諦めて1時過ぎ就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:1899kcal

本日の消費カロリー:日常生活+89kcal/2102歩+50kcal(自転車)

« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月5日 - 2015年7月11日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト