« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »

2015年9月6日 - 2015年9月12日

2015年9月12日 (土曜日)

9月12日/選挙権のこと、村上春樹のこと、テレビのこと

 6時前の地震で完全に目が覚めたまま、二度寝が出来ず。6時過ぎまでベッドでゴロゴロしていたが、起きる。

 完全に寝不足。

 朝のモロモロを済ませる。

 

 選挙権を18歳以上にする場合、酒・タバコは何歳から解禁するか?という問題で、自民党の部会で意見が割れた件をミクシィに書いた。

 おれは、「選挙権・酒・タバコは大人の特権で、大人の三種の神器」だと思っているので、選挙権の年齢を引き下げるなら、酒・タバコも18歳から許すのが筋なんじゃないの?というのが持論だ。酒・タバコは20歳からじゃないとダメだったら選挙権だって20歳から、成人式を経てからにすべきじゃないか。

 すると、複数の反論があった。

 ひとつは親として酒タバコが許される年齢が引き下げられるのは心配だ、というもっともな理由のあるご意見なので納得したが、もう一方は、おれを完全な無知扱いして上から目線で「選挙権と酒タバコは別の法律です。それ、知ってる?」みたいな小馬鹿にした不愉快な意見だった。そんなこと、百も承知だよ。

 「大人の特権」には、「結婚出来ること」「運転免許を取れること」も含まれると思うが、結婚に関しては日本では昔から若年婚がかなり一般的だったこともあって「親の承諾があれば女は16、男は18」から出来る。運転免許だって、社会に出て仕事をするのに必要だから、20歳を待たずに取得できる。

 その論法で行けば、選挙権も20歳未満に与えてもいいのかもしれないなあとは思ったが……ちょっと調べてみると、世界の趨勢として、選挙権が18歳で与えられる国は、酒もタバコも18歳で解禁している国が凄く多いのだ。

 と言うことは、世界的に、「選挙権・酒・タバコ」はおれの感覚と同様に、「大人の三種の神器」として扱われているといういい証拠なんじゃないか?

 その一方で、おれは18歳に選挙権を与えるのは如何なものか、とも思っている。もちろん政治意識とか政治への関心・知識は極めて個人差の大きな問題だ。40、50になっても政治に無関心で選挙にも行かない人も多いし、中学生でも熱心に新聞の政治面を読む子供もいる。おれなんか小学生の頃から組閣人事に異常な興味があったし、総選挙の開票速報を見るのが大好きだった。……ってこれは選挙や政治をイベントとして捉えているのであって純粋に政治に関心があったとは言えないが……まあその後は朝刊の政治面を熟読するガキにはなったが。

 とは言え、56のオッサンになった今、自分が18の頃を思い返すに、「自分ではオトナになっているつもりだけど、実際は極めてコドモだった」と思わざるを得ないのだ。偉そうなことを言っても親がかりの身だったし……。

 なので、積極的に反対とは言わないまでも、積極的に選挙権付与を18歳に引き下げるのには抵抗感がある。選挙権を与えるなら酒もタバコも許しなさいよ、それがダメだというなら選挙権だってダメなんじゃないの?と思う。

 それに、今回、選挙権付与の年齢を引き下げたのは、アベ政権の戦略という色彩が非常に濃いことも反対の一因だ。若年層にはネトウヨが多い。だったらその層を支持者に引き込んで投票させよう!という意図がミエミエ。

 それもあって、「選挙権・酒・タバコ」を同列に論じれば、阻止できるかなという気持ちもあった。

 現実には、選挙権の付与は18歳に引き下げられたが、酒とタバコはハタチから、ということになりそうだけど。

 この問題は、その国の文化的価値感の問題だから、世界の趨勢に従う必要はないと考えるし、日本人は体質的にアルコール分解酵素を余りもっていない、つまり、酒に弱い人が多いから、酒が飲める年齢を引き下げることを危険視する人たちの考えもよく判る。

 なので、おれとしては、選挙権は、結婚や運転免許と同じようなものだ、と考えることにする。

 若年層がみんな右派思想の持ち主だとは思わないし。

 ま、今回の件は、ミクシィの150文字しか書けない「つぶやき」で論じるべきではなかったのね。

 アサメシは、トースト2枚、ゆで卵、ハム&マヨネーズ、牛乳、コーヒー。

 「悪漢刑事14」の章割りをしつつ、村上春樹「職業としての小説家」を読む。

 おれは、村上さんの小説は苦手なのだが、エッセイの大ファンで、ほぼすべてを読んでいる。洒脱なエッセイには「作家としての苦悩」はほとんど描かれないが、作家の姿勢とか文学に関するエッセイになると、かなり言及されている。特にこの「職業としての小説家」には、デビュー以来、評論家や編集者から批判され続けたことを繰り返し書いているし、そういう日本の「文壇」への絶望感が、海外での出版に積極的になった理由だ、とも述べている。

 村上さんの本は読者には好意的に迎えられて売れ行きも良く、多少の批判はあるにしろ、順風満帆だと思っていた。「例の事件」で日本に居るのが辛くなってヨーロッパを点々とした時までは。その時に書かれたエッセイ「遠い太鼓」は、村上さんの数あるエッセイの中でも心に染みいる素晴らしいものだと思うが……。

 「例の事件」については何も語られていないが、村上さんの中で、今でもとても大きな事であるのはよく判る。

 「遠い太鼓」は、「順調にキャリアを重ねている作家が気分を変えるためにヨーロッパを点々としながら仕事をする日々」を描くテイで書かれているので、とても楽しく読めて、「おれもこんな風に海外で生活しながら仕事をしたいなあ」と強く思ったものだ。しかし、この本を読んで、その裏には、かなり激しい焦燥感(日本で忘れられてしまうんじゃないか、仕事が出来なくなるんじゃないか)があったのだと知った。村上さんなら、強い意志で、そんな気持ちを吹き飛ばしていたんだろうと思っていたのだが……。

 世評は全然気にしないと松井もイチローも言っているが、その実、かなり気にしているから「気にしても仕方がない」という気分になるのだ(と、現役引退してから松井が告白していた)。

 やっぱりねえ……。

 しかし、その後、村上さんにはメガヒットが生まれ、それ以降、出す本は大ヒットして、そのへんの文芸評論家が何を書いても、まるで影響がないほどの存在になった。そうなれば「冷たく扱う編集者」も淘汰される。

 村上さんは、作品の力で、自分と自分の作品の居場所を確固として確保したのだ。いや、それ以上の存在になった。旧弊な「日本的純文学」だけが文学ではないことを否応なく文壇に認めさせてしまった。

 筒井さんみたいにバトルをすることなく、深く静かに日々、努力して。

 相方は、村上春樹のコアなファンで全作品を読み、村上春樹論も書いているが、残念ながらそれは未完なので、是非、続きを読みたい。

 夕方、ちょっと遅いランチと買い物のために外に出たが、暑い。急に夏が戻った感じ。カラッと暑いのではなく、蒸し暑い。

 だから、睡眠不足なこともあって、急激に体調が悪くなった。妙な汗が一杯出るようになったので、これはヤバいと思って、「富士そば」でカレーを食べてマルイの中の東急ハンズでiPhoneの新しいケースを買い、スーパーで買い物をして急いで帰宅。

 iPhoneのケースは、カードが1枚収納できるフタ付のタイプ。しかし2年使っていると、いろいろ緩んできて、挿したカードが落ちそうになってきたのだ。

 

 帰宅して、村上さんのエッセイを読み続ける。

 長編小説を書き始めたら、絶対に1日10枚(400字詰め原稿用紙換算)書く。それ以上は書かないし、書きあぐねているときでも頑張って10枚は書く、と。

 そうすれば、1ヵ月で310枚は書けるんだよねえ。おれの場合は、まったく1行も書けない日もあれば20枚以上書く日もある。つまり、波が大きい。

 村上さんは、ツジツマとかそういうことは考えないで、とにかく最後まで書いてしまって、少し寝かせて徹底的に書き直す。それも2回。そして奥さんに読んで貰って直しを入れて、編集者に見せて、また直す。ゲラでも直す。そのゲラも何度も出して貰って徹底的に直す。

 おれとしては、作品に対するこの姿勢は、是非とも見習いたい。

 夕食は、成城石井で買ったハンバーグを温めて、キャベツの千切りにポテトサラダ、インスタントのオニオン・スープとともに。

 セブンイレブンのハンバーグより、成城石井のハンバーグの方が同じお湯で温めるものでも、美味い。

 ふと気になってテレ東を見てみると、やってるじゃないか!「ローカル路線バスの旅」を!

 前回はかなり派手な番宣をしていたのに、今回は通常通りにやってしまった感じ。しかし、今回の旅はもっとも過酷で厳しいものだった。

 大阪・堺から三重の鳥羽まで。潮岬を経由することが条件。

 太川陽介痛恨のミスで、今回は失敗。いや~油断大敵。ふと魔が差して、観光案内所とかバス営業所で確認するのを怠ってしまった。好事魔多し。いや、怖ろしい。人生みたいだねえ。

 しかし、こういう残酷な幕切れがあるから、この番組は面白いし、また見たくなるし、マンネリにならないのだ。

 しかし、今回の失策は、スタッフが仕掛けた罠にハマってしまった感じが濃厚。スタッフも残酷だなあ。

 この後、NHK「小林一三」後編を見る。

 前作の「高橋是清」が人生を駆け足で紹介する「ダイジェスト・ドラマ」だったのに対して、今作はきちっとまとまっていて、とても面白かった。ダイジェストではあるが、あまりそれを感じさせない。阿部サダヲが上手いこともある。宝塚歌劇を上手く入れてアクセントになったことも大きい。

 ここで、岸信介を想起させる「革新官僚」を登場させて、統制経済に頑として抵抗する小林一三と敵対させるのは、「やったな!」と思った。NHKはニュースは政権ベッタリだけど、ドキュメンタリーとかドラマやコントでは、かなり勝負に出ているなあ。

 TBS「ニュースキャスター」を半分見て、風呂。

 カレンダーを睨んで、大阪出張の予定を再度考える。角川新刊の発売からあんまり遅くしたくないし……。

 なんだかんだで0時就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2497kcal

本日の消費カロリー:日常生活+50kcal/1380歩+43kcal(自転車)

2015年9月11日 (金曜日)

9月11日/ATM、カイロ、ゲラ

 6時過ぎに目が覚めて、しばらくベッドでゴロゴロ。

 洗濯機を回し、アサイチで干す。久々の晴れだもんね。

 朝のモロモロを済ませて、ヘソクリの500円玉貯金と記帳のために北千住駅前のATMに行く。マクドナルドで朝のセットのナニかを買って帰ろう、と思ったが……。

 ATMに投入した500円玉が詰まってしまった。インターフォンで連絡したら、係員が急行するので連絡するまで待ってくれと言われたので、仕方なくすぐそばのマクドナルドに入ってメガマフィンとハッシュポテトを食べて、待機。

 50分ほどかかると言われたので覚悟したが、20分ほどでiPhoneが鳴った。

 500円玉30枚と通帳を返却して貰い、再度入金。

 そのまま帰宅。

 宅配ボックスに、角川の新刊の見本が届いていた。

 いや~、これ、発刊にこぎ着けるまで時間がかかったんですよねえ。

 ニュースを見る。

 鬼怒川の水害、本当に怖ろしい。ポンプ車の排水が始まったが、当初はたった2本のホースだったので、おいおいと思ったが、ほどなく全国からポンプ車が集められて、凄い数のホースが並んで排水を始めた。

 こういう光景は、本当に有り難い。

 荒川が決壊したら……と言うサイト(←リンク)は怖ろしいが、ちょっと誤解をしていた。最初に足立区の荒川堤防が決壊して北千住が浸水して千代田線のトンネルを伝って大量の水が都心に流れ込む、と思っていたのだが、北区で決壊して、町屋で千代田線のトンネルに流れ込み、その水が北千住にも来るらしい(いやこれは国交省の想定だが)。その一方で京成の鉄橋付近も堤防が低くて危ないらしい。ここが決壊したら北千住から浸水が始まる。

 相方から、ゲラ拝が完了した、という知らせを受ける。

 今回は変則かつ時間との闘いなので、少しでも早く担当I氏に渡す方がいいだろうと、I氏に連絡を取ったが、電話が繋がらない。編集部にも電話したが「休みを取っている」と言われてしまった。ならば仕方がない。約束通り、明日のお昼前に渡すとするか。

 と、思ったら、I氏から電話が入り、今日の夕方に渡すことになった。

 仕事開始。

 「悪漢刑事14」のプロット。いろいろ考えていたら、名案が浮かんだ。これは読売の「発言小町」がヒントになった。

 モノカキの生活は、すべて、創作のヒントだ。

 で、プロットを書き直していたが、いっそもう章割りにしてしまおうと、変更。具体的な構成とエピソードを書き込む。

 昼を過ぎて、簡単なヒルメシ。ご飯に目玉焼きを載せて「ナシゴレンもどき」。ヤキメシでもないから全然ナシゴレンじゃないけど。

 章割りをやっていると、かなり時間がかかりそうなので、この週末を使ってやってしまうことにしよう。

 15時なったので外出。まず、予約してあったカイロへ。

 施術して貰いながら先生といろいろ話すと、京成のてっきょうは、新しく作り直す計画があって7年前くらいに説明会もあったのだが、京成にお金がなくて立ち消え状態らしい。押上線高架工事を優先させたのね。でも、今回、水害の恐ろしさを目の当たりにしたから、計画は進むかも。

 16時にカイロは終了し、その足で北千住東口の「サンローゼ」へ。

 ゲラ持参の相方を見つけたので座って、I氏を待つが……。

 前回と同じく、I氏は他の場所に座っていた。かなり以前に名刺交換しただけだったし、相方は完全に初対面だったので判らなかったのね。

 さっそくゲラ2組を渡して、いろいろ打ち合わせをする。その後、雑談。

 I氏を見送り、我々はこれまた前回と同じく「はなまるうどん」で内部打ち合わせ。新刊挨拶のダンドリと、「ブラック探偵」第1回の内容について、などなど。

 すうどんにちくわの磯辺揚げとイモ天、おにぎりを食べる。

 帰路、スーパーでパンや漬け物を買う。

 帰宅して、昨日届いていた村上春樹「職業としての小説家」を読み始める。

 第5回(第5章)に、書きたいもの(書くべきもの)がないのに何を書くか、という命題のようなことが出て来るのだけど……。

 書きたいものや書くべきものがないのなら、無理して書かなくてもいいんじゃないの?と思うのだが。この部分は小説家志望者に向けた内容だと思うのだが、純文学の場合、「これが書きたい」というものがふつふつと湧いてくるから書くんじゃないの?

 まあ、小説をナリワイにしたら、無理矢理「書きたいこと」を探してカタチにするしかないのだが……まあここが純文学とエンターテインメントの大きな違いだと思う。

 エンターテインメント作家は、多作であることが求められる。だから、我々安達ズのように遅筆で量産が効かないと、肩身が狭い。しかし、純文学の小説家で量産型の人って、いる?いないと思う。だから、純文学の小説家は専業で食っていくのはもの凄く大変だと思う。そのへんの「作家経済学」はあんまりおおっぴらにされることはないけれど、この記事はかなり具体的だ。(←リンク)純文学を志すと、大変だなあ……。

 村上さんは純文学だが、エンターテインメント作家が書く「小説の書き方」には必ず「ネタの見つけ方」「発想法」という項目がある。それだけ「書きたいもの」を心に掻き立ててフィクションを練り上げなければ、おまんまの食い上げになるのだ。

 風呂に入ってゴミ出し。明日は資源ゴミの日なのだが、生ゴミを出そうとしている青年がいた。おれは管理人じゃないしトラブルのはイヤなのだが、ここの住人はルーズなヤツが多いので、つい、「明日は生ゴミの日じゃないんだけどね」と注意した。

「うっせえ、オッサン!」とか言われるかと思ったら、「すみません……」と謝られた。いやいや、謝るより捨てないでほしいんだけど。

 テレ朝「民王」の途中から見る。来週が最終回か……。かなりぶっ飛んだ演出と芝居だが、言ってることはマジメで真摯なんだよねえ。

 その流れで「タモリ倶楽部」もオンエアで見る。神奈川県立川崎図書館は、「社史の宝庫」。で、面白い社史を漁る企画だが……「すごろく社史」に時間の大半を取ってしまった。この企画、是非、続篇を!

 1時前に就寝。

 5時過ぎに目が覚めてトイレへ。

 二度寝しようと思ったが、なかなか寝付けないままベッドに寝ていると、地震が!

 震度4。S波の時間はほとんどなかったから震源は近いぞ。

 揺れが収まってからiPhoneが鳴って地震警報。直下型地震だと地震警報は間に合わない。

 そのまま二度寝出来ず、6時過ぎに起床。(明日へ続く)

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2019kcal

本日の消費カロリー:日常生活+74kcal/1851歩+154kcal(自転車)

2015年9月10日 (木曜日)

9月10日/大水害……そして乱歩賞パーティ

 6時過ぎ起床。

 起きてすぐ、ニュースを見る。

 大雨はまだ止まない。栃木に「特別警報」。

 NHKを付けっ放しにして、朝のモロモロを済まし、アサメシも。

 ご飯に目玉焼き、磯海苔、インスタントの野菜の味噌汁など。

 夜が明けて中継が増えると、鬼怒川水系がヤバい。

 こういう大災害のニュースに挟まれると、朝ドラ「まれ」のノーテンキさが気の毒になる。ここしばらく、朝ドラは見てないなあ。きっちり見たのは「あまちゃん」まで。次の「ごちそうさん」は、東京部分のロケーションが無茶苦茶デタラメだったのに腹を立てて、見なかった。ほとんどを明治村で済ませるようなあんな手抜きロケ、やっちゃイカンだろ。

 テレビをつけたまま、仕事開始。校正済みゲラを見る。指摘された部分のみ見ていく。指摘はすでに「白ゲラ」上で直しているものも多いがノーチェックのものもある。

 近くを流れる荒川・隅田川・中川・綾瀬川の状態が心配。荒川の土手が決壊して北千住が浸水すると、千代田線のトンネルを伝わった水が都心に流れ込んで大変なことになる。だから、北千住は死守されるはず……。

 茨城に特別警報が出た。今回の豪雨は大変なことになってきた。

 お昼を過ぎると、鬼怒川が決壊して、常総市が大変なことになってしまった。もの凄い勢いの濁流が街を飲み込んでしまった。これはもう大惨事だ。

 ネットでは「救助ヘリは僅か5機しか飛んでいない」という書き込みもあったが、狭い空域にヘリが殺到すると、それはそれで危険だ。報道ヘリも飛んでいるし。

 お昼過ぎにゲラは終了。相方に渡すために三重に梱包。

 15時を過ぎてモーレツに腹が減ったし、雨も上がったので、外出。立ち食いそばでも食べようと思ったが、急にチャーハンが食いたくなって、「鶴亀飯店」へ。で、ついつい、半担々麺も付けてしまった。今夜は乱歩賞のパーティがあると言うのに……。

 帰宅して、ニュースを見る。

 なんとも大変なことになった。

 屋根の上で助けを待つ人や、濁流の中、電柱に捕まっている人をテレビは映し出すが……こういう時、報道は傍観者でいいのか、と思ってしまう。報道機関は、今、何が起こっているのかを伝えるのが使命だとはよく判っているのだが……目の前で助けを求めている人がいるのに、それを映し出すだけでいいのか?と、やっぱり思ってしまう。報道が疎かにならないなら、助けるべきでは……と思うが、ヘリでの吊り上げは特別な訓練と装備が必要だから……。

 でも、救出活動の邪魔にならないように、報道ヘリは共同で飛ばして数を減らすとかの配慮は……しているのなら余計なことを書いてしまったが。

 そろそろ外出の時間。

 風呂に入って髭を剃る。

 出来れば自転車で駅まで行きたいが……また雨が降ってきた。気象レーダーを見ると、ギリギリの時間で止むと。

 しかし、止まない。

 小雨の中、自転車を漕いで、駅へ。

 相方と待ち合わせて、日比谷・帝国ホテルへ。

Img_2273

 少数の知り合いと編集者諸氏と話すが、もっぱらテーブルに陣取って、食事。時々会場を巡回したが、知ってる人はいない。いや、こちらが一方的に存じている有名人はいるけど。

 チャーハンと半担々麺を食べてしまったので、空腹ではない。それでもローストビーフの最初の客になり、天ぷら、寿司、グラタンを食べた。いつもは最後まで残っているカレーとスパゲティ・ミートソースが、ご飯とパスタは残っているのに、カレー本体とミートソースが品切れ。他のモノも瞬くうちに品切れ状態に。まあ、例年「こんなに残って、勿体ないなあ」と思っていたので、品切れになるのはいいことではある。

 料理の合間にケーキを食うという妙な食い方をしたが、これもケーキはすぐに品切れになるから。

 20時のお開きまでいて、そのまま帰宅。

 車中で相方にゲラ2つ分を渡す。

 帰宅して、もう一度風呂に入る。

 ネットに「鬼怒川の自然堤防を削って作った太陽光発電施設のせいで洪水が起きた」という「証拠写真」付きの書き込みがあったが、実際に堤防が決壊した場所とは離れているという反証もあって、デマだと言われた。しかしどうも、自然堤防を削ったところから「越水」したのは事実らしい。自然堤防は私有地で、太陽光発電施設を所有する会社とは別なのでウチは知らない、とその会社は言っているが……5キロ下流では堤防が決壊しているので、責任問題は物凄くややこしい事になるだろう。

 太陽光発電所を作るのはまったく問題はない。問題なのは用地を無理に確保した会社なのだ。

 23時40分頃、就寝。

今朝の体重:88.05キロ

本日の摂取カロリー:3065kcal

本日の消費カロリー:日常生活+202kcal/5033歩+69kcal(自転車)

2015年9月 9日 (水曜日)

9月9日/台風の大雨!

 6時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 そういや昨日の千代田線は、綾瀬駅で人身事故があって、復旧したと思ったら今度は根津で人身事故。飛び込み自殺をしようとするヒトに、他人の迷惑を考えるなんて気持ちはないのだろうが、鉄道自殺は最低な自殺方法だと思う。ビルからの飛び降りも巻き添えになる人が出る危険性があるから、これも最低だけど。

 台風情報を見る。

 アサメシを食べる。トーストにゆで卵、コーヒー。

 ネットを見ると、食料品への軽減税率適用で、財務省が捻り出したクソ面倒なバカでナンセンスなマイナンバーを使って「お買い物データベース」を構築して還付するというの、この「お買い物データベース」を構築するのに3000億円かかるんですと!バカバカしい!実にナンセンス!その上、還付金を技巧振り込みする、その手数料もかかるじゃないか!全部税金で払うんだぞ。

 どうしてレジの段階で処理出来ないのか、どう考えても納得出来ない。今のレジって高機能だろ?

 マイナンバー利権よりレジ利権のほうが納得出来るよ。

 この件、財務省の案があまりにも馬鹿バカしいので、財務省を取り囲むデモがあるなら、参加するぞ!

 こんな案が実行されるのを、なんとか阻止したいっ!

 「悪漢刑事14」のプロットを考える。答えは出ているのだが……まとめるのにもうちょっと時間を掛けよう。

 大阪出張をどうするか、まだ迷っている。どうせ行くなら、慌ただしく日帰りするんじゃなくて、一泊して美味しいものを食べてもバチは当たらないだろうし……。吉本新喜劇も見たいし、可能ならば繁昌亭で落語を聞きたいし……。う~ん。

 ヒルメシは、ベーコンとピーマンのスパゲティ。粉チーズをたっぷり振りかける。これにコールスロー。

 相方からゲラが出来たという連絡が。外を見ると、ちょうど雨は止んでいるので、出撃。

 自転車を漕いで相方と待ち合わせ、ゲラを受けとってそのまま帰宅。

 と、部屋に戻った途端に、真っ白になるほどの豪雨が。

 なんという絶好のタイミング!

 あとは、校正のアカが入ったゲラを待つ。

 

 台風情報を見ていると、ウトウト。

 ゲラは20時頃到着という連絡が入ったので、晩メシ。

 豚肉とキャベツのタジン鍋。大根おろしにポン酢、それと胡麻ダレで。

 やっぱり美味い!

 後片付けをしていると、ドアチャイムが鳴ったので、出てみると読売の勧誘だった。「ごめんね」と言ってドアを閉める。学生時代にヤクザの拡張員に脅されて以来、読売は絶対に取らない。キョジンは嫌いだし。

 またチャイムが鳴ったが、今度はバイク便だった。怖ろしく腰が低いライダーさん。「雨の中ご苦労様。気をつけてください」と礼を言う。ちょうどすごい雨が降っているタイミングだった。

 さっそくゲラを見る。

 白ゲラと校正済みのゲラを見比べていく。

 かなり根を詰めて、1/3まで見る。

 あ、そういや今夜は「笑ってコラえて!」のスペシャルだった。いやしかしテレビを観ている場合ではないぞ。

 と、言いつつ、休憩して「笑ってコラえて!」の後半を見る。ラブリの京都飲み歩きを見逃してしまった……。

 しかしこの番組も長寿ですな。いつまでも続いて欲しい。

 雨はいっこうに上がる気配がない。

 明日の乱歩賞パーティ、どうしようかねえ……。

 ニュースを見る。

 モーレツに眠くなって、風呂は省略して、23時30分、就寝。

 

今朝の体重:88,50キロ

本日の摂取カロリー:1815kcal

本日の消費カロリー:日常生活+5kcal/176歩+32kcal(自転車)

2015年9月 8日 (火曜日)

9月8日/所用で木更津へ

 6時過ぎ起床。

 雨。

 今日は午前中に千葉の木更津に行くミッションがあるのだが……けっこう雨が降っている。

 最近は、雨の日には外出したくない。雨が嫌いな猫の習性が乗り移ってしまった。濡れるのがイヤなのよね。

 しかしまあ、早起きもしたことだし、出かけることにする。

 

 くーたんのトイレを掃除してご飯を用意する。日記を書くのは後回し。

 7時過ぎに外出。駅まで歩く。

 半蔵門線で錦糸町。ここで館山行きの特別快速に乗る。これだと乗り換えなしで行けるし、速い。

 9時8分、木更津着。

 雨は結構強く降っている。

 まず駅前でモーニングを食う。「食べログ」で評判のいい「ラパン」に行こうと思ったが、今日のモーニングは「チーズトーストにゆで卵」だったので、近くの「Beck’s」にする。

 ここでスクランブル・エッグ(ごく少量)にベーコン、トーストにコーヒーのモーニング。

 iPadを取り出して、担当編集者から来たメールを再三再四、熟読。対応を考える。

 その後、駅の反対側に行って、所用を済ませる。

 駅前の旧そごう、今はカラオケやライブハウスが入っているが大半は空き家のビルに、市役所が移転するらしい。どうせならビル全部を市役所にすればいいのに、2箇所に分散だって。ま、いろいろ事情があるんだろうけど。

 とにかく、駅前は本当に寂しい。シャッター通り。以前は目抜き通りだったはずなのに。

 その通りから更に外れたところに、「ラケル」があり、ここもモーニングをやっているので、また入る。さっきのモーニングだけでは腹が満ちない。

 モーニング・メニューの「オムライス」にするが……店内が暑い!蒸し暑い。エアコンは廻っているが、たぶん送風状態。先客のおばあさんが「寒い」と言ったのかもしれない。ここでおれが「暑い」と言ってエアコンを回させると、今度は先客のおばあさんが「寒い」というかもしれない。

 すべて想像だけど……たぶんアタリではないか?

 オムライスは、ご飯がチキンライスではなく、ドライカレーという珍しいモノだった。

 食べ終わって、早々に退散。

 千葉行きの電車に乗り、千葉で総武線快速に乗り換えて、錦糸町。

 錦糸町のヨドバシカメラを覗こうかと思ったが、特に欲しいものもないので、そのまま半蔵門線に乗り換えて、北千住。

 今日明日は雨。食料をマルイの地下で買い込んで、マルイの横から出るコミュニティ・バスに乗る。すでに車内は満員。そこに大きな荷物を背負ったオバハンが乗ってきて、無理矢理通路の置くに行った。老人はもう、傍若無人ですな。

 で、帰宅。

 グッタリ。

 しばしソファで休憩。

 仕事関係のメールを幾つか出す。

 相方から来た「悪徳(ブラック)探偵第2シリーズ」第1話のメモを読んで、返事を書く。

 

 台風のせいか、異様に眠い。

 夕方のテレビを眺めながら、ウトウト。

 夕食は、買ってきた「アジのたたき」に肉ジャガ、青ネギのぬた、インスタントの野菜味噌汁、漬け物。

 ニュースを見る。

 食料品の「軽減税率」2%分の処理について、どうして買ったときのレジ打ち段階で「お酒を除く食料品は8%」と処理できないの?今のスーパーのレジは高機能だから、品目によって税率を変えることは出来るだろ?八百屋とか肉屋とか魚屋とかは食料品しか扱わないんだから8%単独の設定でいけるし。

 ほとんどヤクザのアソウは、「税金を安くしたけりゃないナンバーのカードを持っていけばいい。嫌なら結構。安くならないだけだから」と、なんとまあエラソーで傍若無人な態度であることか。

 財務省が考えたやり方だと、上限が4000円の「還付金」を銀行振込するんだって。その振り込み手数料は税金から払うんだろ?

 そして、スマホやパソコンで還付申請をしなければいけない。スマホやパソコンを操作できないジジババとか、持っていない貧乏人はどうするの?彼らこそ還付してもらいたい人たちじゃないの?国民全員がスマホやパソコンを持ってると思ってるのか?

 しかも、この「お買い物情報」が漏洩するとか、データが消えてしまうとか、システムがおかしくてきちんと作動しないとか、考えていないのは明らか。

 これもおかしい。年金で嫌というほど不手際を繰り返しているのに。あれはバカな年金機構だからであって優秀な国税庁はそんなミスはしないってか?

 小さな店がマイナンバーカードの読み取り機(これはレジと連動しなければならない)を導入しなければならない。これって新たな利権を生むだろ?利権のためにこういうクソ面倒なバカな案をひねり出したのか?

 軽減税率先行国のヨーロッパでは、いろいろ問題が起きているらしい。しかし日本は後発として、ヨーロッパ各国に学べるではないか。

 財務省がわざわざ、クソみたいに面倒で、複雑で、無駄な労力が必要で、こぼれ落ちてしまう人の数が多いのが容易に想像がつくこういう「唾棄すべきシステム」をひねり出したのは……そのものズバリ、「税金を返したくないから」だ!いろんなトラップを設けて、納税者がめげてしまって還付金の申請を諦めるのを狙っているのだ。そうだ、そうに違いない!

 まことにあほらしい。

 そんなアベは、自民党総裁を無投票再選。

 まったくばかばかしい。ナンセンスの極み。

 ここまで試しに仮名漢字変換を「かわせみ2」でやってみたが、ATOKに比べて変換が遅い。引っかかるなあ。グーグルの仮名漢字変換はかなり優秀だけど……。

 夜、電話で相方と打ち合わせ。

 風呂に入って、ゴミ出しして、23時30分、就寝。

今朝の体重:89.40キロ

本日の摂取カロリー:1846kcal

本日の消費カロリー:日常生活+242kcal/6550歩 

2015年9月 7日 (月曜日)

9月7日/仕事して打ち合わせ

 7時30分起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、なんだかんだやって、アサメシ。

 ご飯、目玉焼き、一昨日の味噌汁、切り干し大根。

 本日は打ち合わせがあるので、風呂に入る。

 湯船に浸かっていると、突如、考えがまとまった。「悪漢刑事14」のプロット。

 忘れないうちに、と急いで風呂から上がって、文章にまとめてプリントアウト。

 新刊のPOPを作るのに、用紙やプリンターのインクをアマゾンに注文していると、時間が経ってしまって、お昼を食べるタイミングを逸してしまった。

 14時に北千住東口の昔ながらの喫茶店で打ち合わせ。

 いつか書ければいいなあと思っていた某文庫。亡くなったNの葬儀の時に某文庫の編集者・N氏と名刺交換して以来、自著を送っていたら……先週末にバタバタッと打ち合わせが決まった。話が決まるときって、こういうものか。

 同じ編集部のA氏が、以前から我々の作品を読んでくださっていて、N氏に「安達が気になっている」と話をしたら、「安達なら知っている」ということで、トントン拍子に。本当に有り難いことだ。

 だいたいテーマも決まり、大まかなスケジュール調整もやり、具体的なプロットをまとめます、と約束する。

 N氏とA氏を見送ってから、我々は「はなまるうどん」でうどん(すうどんにちくわの磯辺揚げとイモ天、そしておにぎり1個)を食べつつ、もろもろ打ち合わせ。徳間の変則ゲラの進行のダンドリとか、今月から書いていかねばならない「ジェイノベル」連載の「悪徳(ブラック)探偵第2シリーズ」についてとか、祥伝社の「悪漢刑事」について、プリントアウトを相方に見せて、話し合う。

 その後、クリスピー・クリーム・ドーナツに場所を移して、シナモンシュガーを食べながら打ち合わせを続行。

 帰宅して、プリントアウトと同じモノを相方と祥伝社の担当M氏にメールする。

 う~む忙しくなってきた……しかし遅筆の上に、仕事ばかりしているとすぐにバッテリーが上がってしまうタチなので、仕事量はそうそう増やすことは出来ない。以前、何度か試してみて、ことごとく失敗しているのだ。体調不良になったり仕事の出来が悪くなったり……。その上、もうトシだでな。

 疲れた。

 「入魂の打ち合わせ」をすると、いつも疲れが出て、グッタリする。

 ソファでウトウト。

 カロリー的には晩飯を食うとオーバーしてしまうのだが、食わないと……。

 コンビニで買った木須肉を温め、ご飯と残った味噌汁で。

 祥伝社M氏より、送ったプロットについて厳しいご指摘が。

 どうするか、考えねば。

 その後、徳間I氏からも、「ゲラについて気づいたアレコレ」がメールで来た。

 ううう。いっぺんにいろんな事が押し寄せてきたぞ。月末には角川新刊の挨拶廻りに行かねばならないし……今回は久々に大阪の書店さんも廻ろうと思っているし……。

 もう一度風呂に入り、「報道ステーション」を見る。

 シリア難民の一家に密着取材したレポートを見る。

 難民として出国できるのは、ある程度お金があるヒトのみ。この一家は夫はエンジニア、妻は弁護士のエリート。しかし内戦で子供3人を殺され、家を失い、ISに入れと強要されたので、これは残った子供2人のためにも出国するしかないと決断したと。

 こういう人たちが密出国ブローカーに騙されて大金を騙し取られたり、コンテナの中で死んでしまったり、ボートが転覆して死んでしまったり……。

 これを見るまで、正直、難民は迷惑な存在だと思ってしまっていた。そんな自分を恥じた。

 思えば……旧作「日本沈没」の幕切れは、国土を失った日本人たちが難民として貨車に詰め込まれてどこかに運ばれていく絶望的なカットだった。

 幸い、今、我々は難民ではないが、また原発が爆発したり、天変地異が日本を襲ったりすれば、誰もが難民になる可能性は大いにあるのだ。それを思うと……。

 ただ、ドイツに行けばなんとかなる、というのは正しくないだろう。ドイツだって「難民受け入れ反対」の動きも強くなり始めている。

 こうなってしまうと、「アラブの春」は良かったのか悪かったのか、判らなくなってくる。性急な体制変革は、代わりになる政体がしっかりしていないと、大変なことになる。現実は、大変なことになってしまったのだ。

 台風が2つも接近してきた。明日明後日は雨。水曜はバイク便で届くゲラを待たなければならない。

 今週をきっちり乗り越えなければ、ヤバいぞ!

 「サラメシ」をオンエアで見て、23時30分就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2130kcal

本日の消費カロリー:日常生活+157kcal/4399歩

2015年9月 6日 (日曜日)

9月6日/焼き魚に失敗してトホホの巻

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、ゲラ。

 途中、腹が減ったので、アサメシ。トーストとコーヒーのみ。

 ゲラに戻る。

 アタマから読み直して、終了したのは12時過ぎ。あとは相方の目で直して貰おう。

 相方に「今から出る」とメッセージを送って、外出。

 相方にゲラを渡して申し送りを2点。

 今回は変則ゲラなので、この後、校正のアカが入ったゲラをもう一度チェックしなければならないのだが。

 北千住駅前に回って、「富士そば」で盛りそば&ミニカツ丼を食べ、スーパーに寄って晩ご飯のおかずを買って帰宅。

 録音してある先週放送の「きらクラ!」を40分ほど聞き、オンエアの「きらクラ!」に切り替える。

 16時に放送が終わると、また先週分の録音に戻って、2週分を聞いた。

 その間、徳間I氏にゲラのダンドリについて確認のメールを書いたり、恩師の退官記念パーティの準備について旧友Sにメールを書いたり。

 その後は読売の「発言小町」を読みあさったり。

 息子を溺愛して娘に冷たかった母親が年老いて老後が心配になったとき、近くに住む息子はダメ男で甲斐性がまったくない。そんな息子に頼るのは申し訳ないと、この母親は「飛行機で行く距離」に住む娘に助けを求めたが、冷たくあしらわれている、と繰り返しトピを立てて同情を買おうとしているが、「これまでのあらすじ」を知っている大半の読者から批判を受けるばかり。そりゃそうだ。この母親は娘夫婦の家庭を破壊してまでも自分の介護をさせようとしているんだから。世の中にはこんな鬼親は本当にいるんだなあ……まあ、ネタかもしれないのだが。

 角川と徳間の新刊発売日が近接しているので、セールスで大阪に行くことを考える。一人で行くなら日帰りだよなあ。新幹線で往復すると一泊したほうが料金が安くなると言うパラドックス。LCCで大阪に入って夜行バスで帰ってくるのが一番安いけど、オッサンには堪える。夜の10時まで時間が持たないし……。美味いモノを食べ歩いたって限度があるしねえ。どうしようかねえ。

 予報通り、夕方から雨。昼間に相方にゲラを渡しておいてよかった。

 18時を過ぎて、ご飯を炊き、味噌汁を作り、夕食の支度。

 今夜は久々に、焼き魚。サバの塩焼きをやろうと、買ってきたサバの切り身を冷蔵庫から出した途端に、くーたんがにゃあにゃあとうるさい。人間の食いものにはあんまり興味を示さないし、刺身にも反応を見せないのに……。

 しかし、魚を美味く焼くのは難しい。コツが掴めない。焼きすぎるとパサパサになるし、生焼けだと食えたもんじゃないし……。

 ネットで調べて、グリルで焼く場合、「余熱5分・身の側7分・皮の側5分」弱火で焼くのがいい、とあったので、実行してみる。

 焼き上がる間に、大根おろしを大量におろす。

 結果は……。

 生焼けではないけれど、もう少し焼くべきだった。脂がきちんと落ちずに、モーレツに脂っこい。すだちと大量の大根おろしで中和させようとしたが、脂っこすぎて、半分食べた時点でもうダメ。しかし残すのは勿体ないので、頑張って食べきる。

 もう少し焼けば脂も落ちてさっぱりしたはずだし、骨だって食べられたはず。

 ウチのグリルは「弱火」が弱すぎるのか?次は「中火」で試してみるか。いやしかし、しばらくは焼き魚は食べたくない気分。

 その分、ご飯は軽く一膳だけで、ダイエットになったかも。

 食事中、「鉄腕ダッシュ」を見て、食後は「世界の果てまでイッテQ」を見る。

 プロ野球は中継しないがU-18高校野球の決勝は中継するのね。9回表まで見て、風呂に入る。

 雨の中、ゴミ出し。

 「情熱大陸」とか「ミスター・サンデー」(宮根の顔も見たくなかったが、防災がテーマだったので)とかを見て、1時前就寝。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:1713kcal

本日の消費カロリー:日常生活+48kcal/1180歩+74kcal(自転車)

« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト