« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »

2015年11月15日 - 2015年11月21日

2015年11月21日 (土曜日)

11月21日/師匠・市川崑を偲びつつ……

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 しかし……Facebookに映画のこと、それも市川さんの事が書かれていると、つい、書き込んでしまう。

 お昼前に、ブランチ。野菜ゴロゴロのレトルトカレー。

 食い終わって、録画した「孤独のグルメ」を見ていると、市川組のチーフ助監督で大変お世話になった吉田さんから電話。今は旅番組の老舗中の老舗「遠くに行きたい」のプロデューサー。今度朗読劇の脚本・演出をやったから見に来てよ、という電話だったが……その案内を出したとおっしゃるけど、届いていない。

 そして、「市川崑記念館、どうする?行く?」と聞かれたが、そういう施設が出来た事自体、知らなかった。これも案内を戴いていない。う~む。忘れられてしまったか。まあおれは途中で離れてしまったし、その離れ方も、あんまり褒められた形(フェードアウトした)ではなかったし……ただ、あの時は、映画も完成したし、特に何も言われていなかったし、どうすればいいのか判らなかったこともあるし……。

 調べてみると、渋谷・南平台の住宅街のど真ん中にあった、極めて可愛らしい、センス抜群の、芝生の眩しい広々とした庭のあるアメリカンなお宅(成城に引っ越した後、長嶋茂雄や中曽根康弘に貸していたらしい)がマンションに建て代わり、その一室に「市川崑記念室」(←リンク)がオープンしたと。

 ……全然知らなかった。まあ、おれの片思いだしなあ。

 もう一つ、ショッキングな話を聞いたのだが、それはあくまで未確認情報。しかし事実だとしたら、ショック。

 11月20日が、市川さんの誕生日で、今年が生誕百年。それで、昨日BSで「細雪」をやったのか。だったらもっと過去の名作を放送すればいいのに(CSではやっているらしい)。

 ちなみに、おれの「市川崑ベスト10」は……。

1)「細雪」

2)「炎上」

3)「野火」

4)「おとうと」

5)「雪之丞変化」

6)「幸福」

7)「ど根性物語・銭の踊り」

8)「黒い十人の女」

9)「破戒」

10)「鍵」

 順番は、その時の気分で入れ替わるし、どれかの作品が「股旅」や「天晴れ一番手柄 青春銭形平次」「大平洋ひとりぼっち」に代わる。どうしても、大映時代の「作れば傑作」な第1期黄金時代の作品が多くなる。

 特に偏愛しているのは「ど根性物語・銭の踊り」。これは名作ではないし勝新太郎のシリーズ物としても数作しか作られなかった傍流の作品だが……これはもう、めちゃめちゃ面白い。当時流行ったスパイアクションの日本的貧乏臭くてみみっちいパロディで、もしかすると笑わせるつもりはなかったのかもしれないが、今見ると抱腹絶倒の大コメディだ。陰謀を計画する「悪の一味」がヒルメシに近所の食堂から出前をとったりするか?その食堂のお姉ちゃん(江利チエミ)が実は警察の秘密調査官だったりとか……。

 とにかく機会があれば、是非、見てください。

 というか、「東京オリンピック」までの時代、市川さんにとって、「映画に出来ないものはない」状態だった。フィルモグラフィを見ると、本当に溜息が出る。「青春銭形平次」も、銭形平次の下積み時代を描いて、これがまた実に楽しいのだ。「大平洋ひとりぼっち」だって、ワイルダーの「翼よ!あれがパリの灯だ」より成功してるんじゃないかと思えるほどの完成度だし。

 てなことを考えていると、またしても仕事の手が止まってしまった。いかんいかん。

 「孤独のグルメ」は、代々木上原のブータン料理。辛そうだけど美味そう。

 続いて、「タモリ倶楽部」も見る。今や絶滅しかかっているアマチュア無線をやり続けている大学のサークル紹介。しかしまあ、考えてみれば、アマチュア無線って、相手と交信できただけで満足してしまう(それだけ遠くまで電波が飛んだのが嬉しい)という、極めて平和な趣味なんだなあ。おれは高校時代に、ソニーのスカイセンサーという大きなラジオを買ってもらって、短波の遠くの国の局の受信に挑戦したことはあった。BCLと言ったっけ。軒下にリード線をループにして張って、自己流のアンテナを作ったこともあったねえ。

 仕事に戻る。

 また壁にぶつかる。設定に矛盾があるのを発見。しかし、異なる設定のそれぞれに「オイシイ部分」があるので、それを如何に組み合わせて、矛盾なくオイシく作るか。ここが思案のしどころじゃのう。

 今夜は北越谷に行く用がある。

 iPadに書いたところまで移すと……。

 あれ?意外に書き進んでるじゃん。全然進んでなくて気持ちばかり焦っていたのだが、60ページの予定分のうち40ページ超を書いてある。あと20ページの中には、書きかけの「口論」場面に濡れ場があるので、調子に乗ればスッと書けてしまう。それを考えれば、まあなんとかなるか……。

 北千住から日比谷線北越谷行きに乗る。何故か超満員。

 19時1分、北越谷着。

 用を済ませて、駅のそばにある香取神社にお参りして、既刊本の増刷と〆切クリアをお願いする。

 その後、駅前の「さくら水産」で晩メシを食おうと思ったが、満席。近くの「はなの舞」に入る。

 カキフライ、ヤキトリ、ポテトサラダ、ネギトロ巻きにグラスビール。これでもうお腹いっぱい。あれ?小食になったなあ。まあ、一人だとそんなに食えないか。

 飲み食いしながらiPadで仕事。詰まっていた部分を解決。iPadでは長文を書けないので、構成表の順番を変えたり、メモを書き入れたりする程度だが、夕方の詰まりは解消。

 北越谷の駅前は、東武沿線の他の駅とほとんどクリソツ。特に東口のレイアウトは草加とか他の駅とどう違うのと聞いてみたい。西口には大きな広場と公園があるが。

Img_2336

 21時過ぎ、北千住着。

 ほろ酔い気分で帰宅。グラスビール1杯で酔えるんだから安上がりだなあ。いや、肝機能が弱っているとも言えるぞ。

 

 くーたんにご飯を出し、「アド街ック天国・取手」の後半を見て、「新情報7デイズ」の前半を見て、風呂。

 上がってから、iPadの成果を本文に移し、メモを書き加えて後から読んでも判るようにしておく。

 

 0時過ぎ、就寝。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:1770kcal

本日の消費カロリー:日常生活+104kcal/3137歩+37kcal(自転車)

2015年11月20日 (金曜日)

11月20日/なんとか突破口が見つかったぞ

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませていると……ゆーらゆらと地震を感じた。

 テレビをつけると、なかなか地震速報が出ない。「あさいち」のゲストは吹越満で、芝居に凝る凝り性ぶりと、子煩悩なパパぶりを見る。

 その後、業務メールを幾つか送ってから、仕事開始。

 

 と、電気の安全点検。異常なしだが、点検の方に「ここは古い建物なのでコンセントが足りないのでひどいタコ足配線をしているが大丈夫だろうか?」と相談する。すると、テレビでやってる「タコ足配線は危険です」という映像は、発火しやすい条件にしてやっているので、通常は大丈夫だと。しかしテーブルタップの許容電流を越えると危険だし、著しく綿埃がプラグ部分に付いているのも危険だけど、それはキチンと掃除していれば大丈夫だと。

 ちょっとホッとする。

 仕事に戻るが、アサメシを挟む。ダブルソフトのトースト、ゆで玉子、ロースハム薄切り&マヨネーズ、牛乳、コーヒー。

 食後、即、仕事再開。

 昼は冷凍炒飯。今回はレンジで解凍・加熱。フライパンで炒めても、味はあんまり変わらないなあ。

 Facebook断ちを宣言して、今日は、というか、当分はFacebookに逃げないつもり。ニフティ時代からのネット友人には「そう言う宣言をしたということは、締め切りが…(^^;)。そして煮詰まってる (^^;)。そう言う時はなぜじゃネットに逃避したくなるのが Nifty-Serve 以来のお約束 (^_-)-☆」(原文のママ)と見透かされてしまったが、そういうご当人も同じ境遇であったというオチ。

 しかし、ここんとこ、昔やって「効果は無い」事ばかりやっている。

・ペースが乱れるという理由で部屋に籠る→いっそう気分が落ち込む

・同じく、眠くなるという理由で風呂に入らない→スッキリしないだけ

・面倒なのでメシは適当に済ます→ますます活力が減少する

・寝てられない→眠気との戦いという非生産的な戦いに巻き込まれる

 全部、当てはまっている。

 NHK-BSで「細雪」を久々に見る。終わりの方だけ。

 なんか、画質が悪い。どうせなら、もっと鮮明な画面で見たい。劇場で見たときは、目の覚めるような美しい画面だったのに。カラーフィルムの限界に挑戦するような、鮮烈な美しさだったのに。是非、鮮明なブルーレイ・ディスク版を出して欲しい。

 もちろんこの作品は、美しいだけではない。市川崑の細かな演出が随所に光って、もうね、なんとも素晴らしいのだ。

 見れば見るほど感嘆する映画って、そうはないが、この「細雪」は見ればみるほどに発見があって、感動する。

 そして……本当に撮影所のセット以外の部分をロケセットにしていて、市川さんの「節約精神」もよく判る。衣裳部の部屋が多用されていて「ボロアパート」として登場する。窓の向こうに見えるのは、旧本館だぜ!大阪駅も旧本館。(あれ?本館じゃなく新館と呼んでたっけ?東宝映画の事務機能と監督室、スター控え室、試写室、東宝サロンが入っていたビル)

 大阪の下町というか工場地帯というかベイエリアも出てきて……この夏に取材に行った辺りだから、その意味でも、なんだか、胸が締めつけられた。

 京都も芦屋も出て来るけど、メイン舞台は大阪。

 谷崎と市川崑の大阪への想いと、「失われていく美しいものへの万感の思い」が交錯して、なんとも……。

 市川さんに弟子入りしたときには、まだクソガキだったせいだろう、そういう「惜別の想い」は持てなくて、ひたすら豪華絢爛な画面に感動するばかりだったのだ。

 しかし今は、「惜別の想い」が胸に迫って……号泣した。

 今、世界は音を立てて変わろうとしている。悪い方に。「細雪」のこの世界も、このあと日本は戦争に突進していくのだ。今この時間は、残された僅かな平和な日々なのかもしれない。

 もう、ヨーロッパは、以前のヨーロッパではない気がする。日本だってそうだ。それを思うと……心は千々に乱れてしまう。

 なんだか、苦しいねえ。

 夕方、風呂に入る。やっぱりねえ、おじさんになると毎日風呂に入らないとダメですよ。髭は見苦しいし髪はザンバラになるし。
 入浴中にドアチャイムが鳴った。ああそういや足立区では今日からマイナンバーの配達が始まったそうだから、それか?しかし、不在通知は残ってなかったから、新聞か何かの勧誘だったのかも。

 さっぱりして、外に出る。

 ちょっと非行に走ってやろうと、「かつや」でメンチカツ定食を食べる。一食1500kcalの暴挙だけど、たまには悪いこともしたい。

 帰りにスーパーに寄って買い物。バタピーとか饅頭とかも買う。

 帰宅して、即、仕事再開。

 どうにも書き難い部分は飛ばすことにする。出来れば順を追って書いていきたいが、そこで停滞したまま、というのも困るので。

 詳細な構成を立てている利点は、「飛ばして次のブロックを先に書く」事が出来ること。こういう「プレハブ作法」はあんまりすべきではないかもしれないが、後から直せば済むことだし。

 次のブロックは、ウソのようにスイスイ書けるじゃないの!この数日の停滞はなんだったんだ!

 今後は、プレハブ作法を多用するぞ!

 現金なもので、と言うかなんというか、仕事が進み出すと気分も晴れる。でも、予定は遅れていて、予備日で取ってある分をがんがん浸食している。ヤバい事には変わりが無い。

 ああ、これじゃあ長生きできないなあ。

 ネットのニュース速報で、北の湖が亡くなったことを知る。今朝、貧血で入院と報じられたばかりなのに……。多臓器不全って……。相当悪かったのに無理していたのか……。合掌。

 休憩してニュースを見て、TBS「金スマ」の、南房総の某所に「ツリーハウス」を作るのを見る。これってミニ版「鉄腕ダッシュ」のダッシュ村とかダッシュ島だよね。しかし、いい場所を見つけたなあと思う。

 南房総って、東京から近いのに開発されてなくて昔のまんま、もしくは寂れてしまって廃業した旅館の廃墟があったりするんだよね……。いいところなのになあ。伊豆も素晴らしいけど、遠いので、もっと南房総に親しみたいのだけど。

 バタピーと桜餅を食う。もう甚だしくカロリーはオーバーしているけれど。

 「報道ステーション」を見て、仕事に戻ろうかと思ったが、今日は早寝して「ダメな悪循環」を断ち切ることにする。焦る余りに机にしがみついていると安心するんだが。

 23時30分、就寝。

今朝の体重:87.90キロ

本日の摂取カロリー:2763kcal

本日の消費カロリー:日常生活+34kcal/796歩+50kcal(自転車)

2015年11月19日 (木曜日)

11月19日/♪この道はいつか来た道〜ああ〜そうだよ〜

 タイトルは政治的な意味ではありません。自戒を込めて。

 8時前起床。

 曇り~晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませながら、洗濯をして干す。

 今日も午前中ダラダラしてしまって、スタートダッシュのタイミングを逸してしまった。

 ほんと、マジに、午前中はウダウダしてしまってまるで生産的ではなかった。この期に及んで、ナニしてるんだ!

 ブランチは、ご飯に玉子焼、赤だしのインスタント味噌汁、下田で買ってきた「漁師メシ」とかいう(名称不正確)磯海苔や鰹節が混ざったもの。これをご飯にかけて醤油を垂らして混ぜて食うと、美味い!

 食後、ようやく仕事開始。「第3章」の続き。書くことは決まっているのに、何故かなかなか進まない。セリフの応酬の部分なので、どうすれば面白くなるかパワーが出るか考え込んでしまう。難しい。でも、書いていると調子が出てきて、テンションが高くなったら後戻りして調子を揃えればいいんだけど。

 おやつに、魚肉ソーセージと牛乳。

 午後から夜にかけて、ついついFacebookに書き込んでしまった。映画の話になると、なんか、どうしても「一言」言いたくなってしまう。これは老人性のアレかもしれないなあ。昔の自分の手柄を自慢したいパターン。おれには手柄はないから、経験を自慢したいのかもしれない。これって、傍から観ると、たぶん、イヤらしい。20世紀末の日本映画の現場について伝説を排除した正しい姿を書き残しておきたいという気持ちもあるんだけど……結局は「老人の自慢話」とあんまり変わらないんだろうねえ。自戒自戒。

 それと、ニフティサーブ時代からの御馴染の人物ともいろいろやり取り。

 以前はよく読んでいたベンジャミン・フルフォードだが、最近はほとんどパラノイアじゃないかと思えるようなものしか書かなくなってしまった。今は「マーク・ザッカーバーグはデヴィッド・ロックフェラーの孫だから陰謀を企んでいる」というデマを書いていて(正確には座談会での発言)、これを信じて広めてしまうバカもいるんだよねえ。
 ザッカーバーグは陰謀を企んでいるのは事実かもしれないけれど、ロックフェラーの孫って言うのはどう考えたって、そんなことあり得ない(D.ロックフェラーの孫娘と結婚でもしてるのか?と思ったがそんな事実もないし)のに。
 フルフォードは今は帰化して日本人になったらしい。「古歩道ベンジャミン」というのが日本名だと、ニフティサーブ時代から御馴染の人物に教わったが。

 彼に言わせると、商売で陰謀論を書いていたのだが、フォーブスから独立して個人営業になると途端に仕事が減ってしまったので、唯一受ける「陰謀論」ばかり書いていたら当の本人がそれを信じ込んでしまって、どんどん症状が悪化しているらしい。

 怖ろしいことだと思う。

 で……。

 怖ろしいと言えば、ついついFacebookに書き込んで、それで時間が経ってしまうこと。エネルギーも使うので、仕事で使うべきパワーをFacebookで使ってしまう。

 ずっとMacの前に座ってキーボードを打っているから、なんだか仕事をした気分になっているが、実は仕事は進んでいない。Facebookの書き込みばかり増えていく。

 これって……身に覚えがある。

 かつてパソコン通信の「ニフティサーブ」が始まって、おれはたしか、1200bpsのモデムを買って(ADSLになるまで毎年のように速いモデムに買い換えていた)参戦したのだが、その時はもう、夢中になりましたね。朝から寝るまで仕事もせずにニフティにばかり書き込んでいた覚えがある。深夜は「テレホーダイ」タイムになると、NIFTYが終了する3時までチャットしてたし。
 あの時は、思うようにシナリオが書けなくて、その苦しみから逃れるための、完全な現実逃避だった。一番カネがない時代だったのに、電話代とニフティ代だけはなんとか払ってたんだよなあ。

 まったく何をやってたんだろう、と呆れることをまた、今、繰り返し掛けている。

 これはいかん。いかんぞう。

 ついついFacebookを見てしまうからいけないのだ。

 これからはFacebookは見ないようにしよう。

「この道はいつか来た道~」というのは、バカボンのパパが道に迷って、つい歌うギャグが印象的。だが、そういうことなんだよねえ。政治的な意図抜きで、同じ間違いを繰り返してはいけない。

 昨日まで、Facebookを見るとパリのテロとシリアやイラクの空爆問題がガンガン書き込まれて表示されていたのだが……急激にその量は減って、いつもの「身辺雑記」的な書き込みに戻ってきたし。しかしこの急激な変化というのも気味が悪いけど。日本人は忘れっぽいけど、この件は3日経てば過去の話、にしてはいけないことだ。

 夕食は、外に出るのも面倒になったし、かと言って作るのも面倒。なので、冷凍のスパゲティ・ミートソースを食う。

 それだけでは足りないので、ダブルソフトのトーストも食べる。炭水化物ばかりだな。

 食後、仕事が進まないので、取材申し込みのメールを書く。次の作品のための、取材をしなければならない。その方面に詳しい方に話を伺わねばならないのだが、先輩作家のO氏に紹介して戴いた方にお願いのメールを書かねばならない。

 こういうメールは、礼を失してはいけないと思うから、凄く緊張して、なかなか書けない。というか、本来ならばメールではなく手紙を出すべきところだろうけど……。

 なんとか書いて、何度も読み返して、送る。

 仕事もしなければ。

 懸案だったメールが書けたので、多少気がラクになったのか、仕事も少し進む。

 

 メールに早速お返事を戴けた。

 快諾して戴けて、ホッとする。

 あとは日程の調整だ。

 仕事に戻るが、時計を見ると、もう23時。

 ちょっとニュースを見ると、あら~野球の侍ジャパン、韓国に逆転敗戦したのね。

 ネットでは小久保監督フルボッコ。

Tjszgc2

 まあ、継投ミスとかって、結果を見れば誰だって言えるし……。

 しかし真剣に考えるべきは、シーズンが終わった後、もう12月なのにまだ野球してる事の是非。ダルビッシュが心配するように、カラダを休ませないと、無理が来るんじゃないの?こういうイベントで身体を酷使して成績が落ちたら球団は非情に首を切ってくるのに。もっとワガママになって招集されても参加しないとか、こっちも非情になって自分を守らないと……。

 千葉の、足の悪い姉を置き去りにして死なせてしまった弟の事件、悲惨で、悲しくて、言葉にならない。なんということだろう。この犯人は、東日本大震災の津波で家を流されてしまった被害者でもあるのだ。

 女性とにわいせつ行為を繰り返して自殺に追い込んだ教員、定年まで「停職扱い」にすると香川県教育委員会が決定。どうして懲戒免職にしないの?民事では賠償することが決まったが、刑事ではどうなの?罪に問えないの?停職ってことは、定年になったらきちんと退職金も出るし年金も出るって事でしょ?こんな男に?他の県だと、問題を起こした教員は懲戒免職になるのに、この男だけ、どうして「停職」で定年まで逃げ切らせようとするの?

 茨城県では、障害者と判るのにどうして産むのだ?とナチスの優生政策そのものな事を言った県の教育委員が、結局は発言を撤回。この人物も即刻辞任ものだと思う。

 これはテレビでは報じていないと思うのだが、原子力規制委員会が、テロ対策の施設の建設を「先送り指示」したと。これ、逆でしょ?どうして「前倒し」で早急に建設させないの?

 風呂はカットして、0時過ぎまで仕事をして、ゴミ出しをして、1時過ぎに就寝。

 明日はもっと生産性を上げねば。それにはFacebookには書き込まないでおこう。この日記だけでも結構時間がかかってるんだし。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:1818kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年11月18日 (水曜日)

11月18日/ノルマ果たして、テニス

 7時過ぎ起床。

 これでも睡眠不足。睡眠時間が6時間を切る日々が続くと風邪を引く。気をつけないと。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 白鵬の「猫騙し」については、やっぱり力士の最高峰たる横綱は使っちゃいけないんじゃないかと思う。野球だって一方的試合になっているときにやっちゃいけないことは「不文律」「たしなみ」としていろいろあるんだから、「やっちゃダメと書いてないんだから、勝つためにはなにをしてもいいのだ」というのはガキじゃあるまいし、間違っていると思う。とは言え……これは、白鵬の反抗じゃないのか?相撲界・相撲協会への意思表明というか。

「おれは好きにさせて貰うぜ」

 という宣言みたいなもんじゃないか?最近急にアレコレ言われ出して、白鵬としては腹立たしい思いが強いんじゃないかと思うのだが。

 昨夜、相方が食べなかったKFCの「ツイスター」をレンジで軽く温めて食べる。美味い。ケンチキのファンになりそうだ。

 ツイスターだけでは足りないので、コーンフレークと魚肉ソーセージも。

 仕事開始。「第3章」の続き。

 昨日書いた分を直しつつ、先に進む。プロットを追って話を進めるのに急ぐと、書いててまるで面白くない。だから止まってしまう。しかし読み返して無駄に思える贅肉を付けていくと、俄然面白くなる。キャラクターを描くからだ。

 昔、助監督だった頃、シナリオを書いていて、それをプロデューサーに読んで貰ったときに、「人間が描けていない」「大仕掛けな話ばかり追っている」と言われて、反撥したものだ。当時のおれは、日本映画の本流である「人生を正面からマジメに描く」のに反撥して、パニック映画みたいなものを指向していたのだ。だから、お手本は、ハリウッド映画のパニック映画になる。その名作では、大きな状況がまずあって、登場人物を描き込むのは本筋に邪魔にならないように適度に抑えている。多くの登場人物の人生が交錯する「大空港」を見よ!

 パニック映画のブームの時に日本映画も似たような作品を幾つか作ったが、東映の「新幹線大爆破」なんか、日本映画的な悪弊が出たその典型だと思った。健さんの犯人を、タダの悪役にしないために、いろいろ描き込んでいたのだが、おれには凄く邪魔に思えたのだ。だから、この映画の海外版ではそういう部分をかなりカットして、健さんを「タダの悪役」にしたらスッキリして海外での評価が上がったらしい。同時期に作られた東宝の「動脈列島」では、田宮二郎をかなりフラットなキャラにして交通整理に成功して、パニック映画としては成功していた。

 ただ……。

 「人間を描く」ということは、そういうことではないんだよねえ。おれの理解が浅はかだった。最近、その事がやっと判るようになってきた。判るようになるまでに30年以上かかってしまったのだが……。

 まあ、今でも「新幹線大爆破」オリジナル版の健さんのくだりは、やっぱり、くどいと思うんだけど……。

 15時を過ぎて、「マルちゃん正麺」のカップ麺と、ご飯半膳分を食べる。

 外は雨。テニスに行くのは億劫。しかし、先週休んだし、今日はやりたい。カラダを動かして汗をかきたい。

 いろいろ気分的にモヤモヤしているのを、テニスをやって発散したい。

 今日は何とかノルマの10ページはクリアしたし。もっと書ける感じではあるが、テニスをしたい。

 ということで、雨の中、曳舟へ。

 一時期、レッスン生が減っていたのだが、最近は増えている。コーチはメニューを工夫して、なるべくレッスン生を動かそうとするから、かなりヘロヘロになる。ボレーの打ち合いは、本気でやると本当に消耗する。

 コーチ相手のラリーでは、本気で打ち込まれて手も足も出ず、思わず「こっちは素人なんだから!」と文句を言ってしまったほど。

 試合の出来は宜しくなかった。

 しかし、いつもより汗をかいた。

 風呂に入る。けっこう雨が降っていて、露天風呂に入ると頭が冷たい。

 帰路、「上海菜館」で、日替わり定食の「ニラ玉トマト炒め」を食べる。

 凄く美人な3人とサラリーマンの合コンみたいな感じのテーブルがあったが、聞こえてくる話の中身によれば、学校の先生のグループだった。生徒の面白エピソードを喋っていた。

 北千住に戻ってきたら、雨は上がっていた。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、チーズとクラッカーを食べつつネットを見て、23時からのニュースを見る。

 パリの銃撃戦のニュースで、「人気の無い夜の住宅街に銃声が響く」という住人が撮ったらしい映像が意味不明。なんかのミニチュアに書き割りにしか見えない「住宅街」がえんえん映し出されていて、音はたしかに銃撃戦なのだが、なんか妙な映像だった。

 あまり見る気はなかった「マツコ&有吉の怒り新党」は、妙に面白くて、最後まで見てしまった。「新三大○○」は、名物選手の引退試合。これが泣かせるもので、泣いた。

 広島・前田にライトフライを捕って貰ってきっちり試合を終えて貰おうという御膳立で、バッターはライトフライを狙うのに、思ったように打てない。ピッチャーもライトフライを打たせる投球しかしない。しかしその結果、足が悪い前田はファウルを追って走らされるという皮肉な結果になってしまって……。

 キョジンの堀内の引退試合も面白かった。バッティングが好きな堀内に回そうと、みんなが奮起。しかしまさか回ってこねえだろうと堀内は素振りもしない。しかし、打順は回ってきた!

 で、堀内はまさかのホームランを打ってしまった!

 ナレーションが上手いので、もう、泣き笑い。

 ラストは、ヤクルトの苦労人・鈴木健。これも、ヒットを打たせようと相手(ベイスターズ)も一丸となって、ヘボいファウルは取らない。これが泣かせる。だけど鈴木健はファウルしか打てない状態だったのだ。それでも最後はきれいなヒットを打って有終の美を飾った……。

 相手チームも引退選手に花を持たせようと懸命に協力するって、泣けるじゃないの!おれは泣いた。

 野球にはこういうナニワブシがあるから、日本人は好きなんだろうな。いや、メジャーだって引退試合だったら、こういう「粋な演出」はあるんじゃないの?

 床に寝そべって見ていると、くーたんは同類と思うようで、ソファに座っているときより親近感を振り撒いて近寄ってきて、一緒に寝転がる。ああ、至福の時間。

 テニスでヘロヘロになっているし寝不足だから、泥のように眠いはずなのに……何故か今日は目が冴えている。

 せっかくなので、少し仕事をして、キリがいいところまで書き足す。

 1時就寝。

今朝の体重:88.00キロ

本日の摂取カロリー:1894kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+188kcal/5260歩

2015年11月17日 (火曜日)

11月17日/いろいろわしも考えた&「デビルズ・ノット」を見た

 7時過ぎ起床。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 Facebookのプロフィール写真、哀悼の意を込めてトリコロールにしていたが、素朴な意図が伝わらないのでは、まったく意味がない。それどころか、まったく違った解釈をされてしまっっては、困った事になる。そして、「トリコロールにしない」意見も理解出来るし、そもそもおれはそのボーダー上にいて、紙一重だった。で、考えた末にテロの犠牲になった人たちを悼むという素朴な気持ちを優先させたのだが、トリコロールに違う意味を感じる人が多いなら、仕方がない。もっとニュートラルな汎用な、シンプルでストレートなシンボルにした方がいいだろう。理論武装して説明に努めるのは、そもそも「悼む」という気持ちからどんどん逸脱してしまう。

 ということで、熟慮のすえ、1958年に英国人のデザイナーが考案したとされる「ピースマーク」に換えた。これでもなにか別の意味が出てしまうなら、どうしよう?

 この件では、おれなりにいろいろ考えた。

 イラクやシリア、アフガニスタンへの空爆・無人機攻撃で誤爆されたり巻き添えになって亡くなった一般市民のことを忘れてはいけない。学校や病院、結婚式を誤爆しても有志連合軍は通り一遍の謝罪しかしていないし、責任者が死刑になったという話も聞かない。素朴に悼む、と言うなら、すべての犠牲者を悼むのが筋だろう。いや、悼まなければいけない。

 おれは、どこか逃げていたし、中東問題は複雑だからという理由で現実を直視するのを避けていた。しかし、もっときちんと勉強して自分で知るべきだ、と改めて考える機会になった。イヤしかし、この表現は浅い。極めて浅い。机の上で考えただけのことだ。

 もっとキチンと行動するにはどうすればいいだろう?現地に飛んで支援活動に従事するのが一番なんだろうけど……それは無理だし。

 なんだかんだでアサメシが遅くなって、ブランチ状態。ベーコンとほうれん草のスパゲティを作り、キャベツの千切りにマヨネーズを掛けたものと共に。

 

 食後、仕事開始。「第3章」。

 昨日は5ページしか進まなかったので、今日は15ページは書きたい……。

 スパゲティだけでは足りなかったので、ダブルソフトのトーストと牛乳。新聞を読みながら食べる。

 

 仕事再開。

 しかし、スタートが遅く、話のダンドリに工夫が要ったりするところだったので、思うように進まない。

 昨日すっぽかして予約を取り直した歯医者の時間が迫ってきたので、髭を剃り歯を磨いて、外出。

 17時に終了。

 帰路、スーパーに寄ってくーたんのご飯におれのご飯も買う。

 買ってきたおにぎりをツナギにして、少し仕事。なんとか5ページと少し書いた。もっとスピードアップしなければ。

 なんだか疲れてしまったので、フジの「ペケポンプラス」を見る。この番組、前のスタイルの方が絶対面白かったのに、どうしてこんなクイズ番組にしてしまったんだろう?川柳の穴埋めとか料理の値段当てのほうがずっと手が込んでいて面白かったのに。難関小学校の入試問題を解くって、他局が既にやってることじゃないか。

 相方来訪。

 ケンタッキー・フライド・チキンを買ってきてくれた。久々、食いたかったんだよな~。でも、食う機会がなかった。北千住だとマルイの1階フードコートに行かなきゃならないし、曳舟だと帰り道にあるのだが、テニスの後、21時近くに食べるものじゃない感じで。

 久々のKFCは、実に美味かった。

 食べ終わった後、wowowで録画した「デビルズ・ノット」を見る。

10599625_526851164127814_6481366173

 アメリカ南部・ウエスト・メンフィスで起きた冤罪事件。少年3人が猟奇的に殺されていた。犯人にされたのはデスメタルにハマっていた少年を含む3人。しかし捜査は極めて杜撰で、最初から彼らの犯行だと決めつけて、ウソの証人を立てたり自白を強要したり……。こういう事って、日本だけじゃないんだね。しかし、アメリカ南部というのは、「イージーライダー」の昔から、排他的で異物の存在を認めない怖いところだ。身内や友達には極めて優しいところらしい(本多勝一の「アメリカ合州国」による)が。これって、日本と同じ、田舎の構造だよなあ……。

 無償で動く「調査員」(コリン・ファース)が妙にカッコイイが、これは実話で登場人物は全員実名。犯人なんじゃないの?と映画の中で暗に疑われている人物も実名。

 よくまあ作れたなあ、と思う。作るにしても時代を変えたりしてフィクション化してしまうか、名前を変えるとか「加工」するだろうに……。

 見終わって、相方帰り、ニュースを見ていたりすると、またもや遅くなってしまった。

 ゴミ出しをして、風呂は省略して、少し仕事。

 2時前、就寝。

 妙に暑い。しかし朝方は冷えるらしいので、エアコンのタイマーをセット。おれじゃなくて、くーたん対策。

 電気を消したら、くーたんはベッドに来て、しばらく添い寝してくれて、手を舐めてくれていたのだが、さんざん舐めた末に噛んできた。これは、舐めるのは遊んで欲しいサインだったのに遊んでやらなかったので焦れてきて噛んだのだと解釈。

 人間は、電気を消したら寝るんだからさ~。

今朝の体重:87.80キロ

本日の摂取カロリー:2248kcal

本日の消費カロリー:日常生活+30kcal/686歩+89kcal(自転車)

2015年11月16日 (月曜日)

11月16日/「第3章」、始動!

 まずお知らせを。

05103120015



 実業之日本社の月刊ジェイ・ノベル12月号に、「悪徳(ブラック)探偵2」の第1回が掲載されております。隔月連載です。第1回ということで、少々問題作です。まあ、騒ぎも落ち着いたのでいいかな……と。
 お読み戴ければ幸いです。

 で。

 くーたんが起こしに来て、8時前起床。

 くーたんもいつもの時間に起きてこないんだから心配だよね。

 阿藤快さんが睡眠中に亡くなったし……。合掌。

 曇りだが、寝ている間に洗濯した洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませて……仕事開始!と行きたかったが、先にアサメシ。ダブルソフトのトースト、ゆで卵、コーンフレーク。

 Facebookに「パリのテロは仕組まれていた」と陰謀論が書き込まれている。こういうものは大惨事が起きるといつも出て来るので、いちいち反応する方がバカだとは思うが……「一人も死んでいない」とまで書かれていると、「確かな証拠があって書いてるんですか」と反応してしまった。その人物があげた「証拠」は、実に怪しげなサイトで、まるで証拠にもならない。

 陰謀論は結構だが、亡くなった人を冒涜するような、人の死を弄ぶような真似をすること自体、おれの感覚では信じられないし、理解出来ない。

 こういう書き込みがあると、Facebookを見ることも嫌になってくる。しかし、いくつかの信頼すべき方々の優れた、勉強になる書き込みもあるわけで……。

 そういうことに気持ちを乱されず、仕事をせねば。

 まず、光文社T氏に、次の作品のメモを送る。プロット以前の「こんな感じの話を考えてます」的なメモ。

 そして、仕事開始。ようやく材料も揃ってイメージも広がったので、「第3章」をはじめる。この章は1日10ページをノルマとして、頑張ってノルマを達成するぞ!

 昨夜風呂に入らず、髭も伸びて外に出るのは恥ずかしい状態なので、昼は、味の素の冷凍炒飯をフライパンで炒める。レンジで温めるより直接炒めた方が香ばしいのだ。

 仕事を続ける。「第3章」初日は余り調子が上がらない。

 そのうちに、睡魔に襲われる。5時間くらいしか寝てないもんな……。くしゃみも出て、風邪の引き始めみたいな感じ。これはいかん。

 相方と夕食でも、と思ったが、今日は部屋に籠って仕事をする事にする。

 ……と、17時を過ぎて、歯医者から電話が入った。

 あ!

 歯医者に予約を入れていたことを忘れていた!

 というか、曜日の感覚がおかしくなっていて、今日が月曜なのか火曜なのか、よく判らなくなっていたのだ。だから「今日は部屋に籠って仕事」と決めてしまったのだが。

 謝って、明日に予約を入れ直す。

 光文社T氏と話す。年末に向けてスケジュールの話など。

 日芸時代の旧友Sから、市川さんの「おとうと」の銀残しレストア版についてメールで質問を受けて、しばしやり取りをしていると、話は日芸映画学科時代に必修だった「映画鑑賞批評」の想い出に。中講堂で映画を観て、その感想をその場でリポートに書く授業だった。

 映画学科はかなり充実したフィルムライブラリーを持っている。教育目的のみの使用ということで、卒業生や教授のコネで、契約切れで廃棄すべき洋画のプリントや公開が終わって廃棄すべき邦画のプリントを貰ってきて保存し、この授業で使っていた。だけど、ナニを見たのかほとんど覚えていない。覚えているのはベルイマンの「処女の泉」(これは代返と代リポートを頼まれた友人分にメチャクチャなリポートを書いたので覚えている。「ベルイマンという新人監督についてはよく知らないが、アクション描写が冴えている。将来ペキンパーと並ぶ存在になるだろう」と)や、寺山修司の「書を捨てよ町へ出よう」とか。

 しかしSの記憶力は抜群で、これも見たあれも見たと、観た作品を列挙してきた。え~全然覚えてないよ。サボったのかな?

 たしかに、見たくない映画の時は代返を頼むかきっちりサボって、その時間、大塚名画座とか池袋文芸坐で映画を観ていたのだ。たしか、授業をサボって大塚で「ビッグ・ウェンズデー」を見たんだよなあ。

 腹が減った。

 しかし夕食を食ってしまうと営業終了になってしまうんだよなあ。でもまだ今日は5ページしか書けていない。下書きしてある分を加えれば10ページは行くけど、下書き分を加算するのは意味がない。

 しかし……腹が減った。

 ご飯を炊いて、ソーセージ炒め&キャベツの千切りの大盛り。インスタントのしじみ汁に白菜の漬け物と海苔。

 ソーセージは油を使わずに温めたが、やっぱり油で炒めた方が皮が香ばしくなって美味しいよなあ。

 でも、柚胡椒を付けて食べてみたら、すこぶる美味かった。

 食後、ニュースを見て、テレ東の「主治医が見つかる診療所」を見る。番宣で「あなたは既に脳梗塞を起こしています」というショッキングな宣告が流れていたので、見たかったのだ。

 食生活に気をつけているけど、仕事の後の夕食では思いっきり飲んで食うという人ばかり。凄く飲む人は、軒並み「発作が起きていないのは奇跡」「既に発病している」「すぐに治療を受けなければ危険なレベル」とガンガン責め立てられている。

 しかし、ほんこんが鵠沼海岸で早朝サーフィンをしているとは知らなかったなあ。ロングボードを自転車に積んでやって来たけど、あの辺に住んでるのかな?それでも、夜、暴飲暴力をすると意味がないと。

 おれは酒が弱いので、ほとんど飲まないのが功を奏してるんだよなあ。これで酒が好きだったら、たぶんもう死んでるんじゃないかと思う。

 昨夜のBS日テレの報道番組で、解説者が「今の中東は、『新しい中世』が始まったと考えるべき」と話していて、ナルホドと思った。独裁者が倒されるか弱体化した状態で、国家が崩壊している。そうなると、支配するのはその地域の部族であり、宗教だ。これはかつての中世と同じような状況である、と。その部族にはISとかアルカイダも入っている。

 「報道ステーション」では、外国に攻めていくのはアルカイダの手法であってISのパターンではない、弱体化したアルカイダに属していたグループが、ISに乗り換えたのではないか、その可能性があると言っていたが……。

 風呂に入り、涼みに外に出ると、雨が降っている。小雨。

 しかし、この平和、砂上の楼閣で、いつどうなってしまうか、判ったものではない。

 不安が募る。しかし、毎日、生きていかねばならない。

 0時前に就寝。

 

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:1842kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ 

2015年11月15日 (日曜日)

11月15日/下町ロケットの如く、そろそろ発射するぞ!

 7時前に目が覚めて、1時間ほどベッドでiPhoneを使ってネットを見る。

 雨~曇り~晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシは、ハムエッグにごはんにインスタントのしじみ汁にレンコンのサラダに白菜の漬け物に海苔。

 先週分のNHK-FM「きらクラ!」を聞いていると、相方から電話。

 しばし打ち合わせなど。

 Facebookのプロフィール写真をトリコロールにする。

 これについてはかなり熟慮のすえに、やった。

 反対意見は承知しているし、よく理解できる。おれも、そう思って躊躇したのだが……「悼む気持ち」を何かの形で表したかった。ネットでは、一見して判るシンボルを掲げるのに意味があると思ったから。

 理屈で考えると、反対意見の側に利があるように思える。しかし、今のおれの気持ちは、理屈では割り切れない。悼む気持ちというものは極めて感情的なものだし、今の状態は、どう考えても、理屈に合うことよりも、やっぱり感情的に合う事の方がしっくりくる。

 自分の感情を大事にして寄り添うことも大切。理屈で割り切っても、その「無理」はストレスとなって、いつか何かの形で出て来る。

 なので、「感じるまま」に生きることにした。

 テロの被害はフランスだけじゃないけど、今は、フランスに哀悼の意を表し、ちょっとだけ躊躇していたけど、以前から考えてた、自然環境保護団体に献金することにした。

 雨も上がったので、ちょっと外出。

 お稲荷さんに寄ってから、立ち食いそば&おにぎり。これがヒルメシ。

 NHK-FM「きらクラ!」は録音して後から聞く。

 「悪漢刑事14」の「第3章」、ようやく、全体像が見えてイメージも固まった。頭の中で映画のように登場人物が動いて喋りだすようにならないと、書けない。そこまで煮詰めないと、途中で止まってしまう。これで書き出せるぞ……。

 しかし今は、次の文庫書き下ろしも準備しなければならないし、「ジェイノベル」の連載もある。3つの仕事をほぼ並行させる状態は、これまでなかったこと。あ、文庫書き下ろしをしながら週刊誌とスポーツ新聞の連載も同時にやるという超売れっ子作家みたいな状態になったことはあった。短期間だったけど。あれは短期間だったから出来たことで、長期間続いていたら、参っていただろう。実際、短期間でも急激に肝機能が悪くなってしまったし。

 村上春樹の「〆切なし。長編を書くときはそれに集中。1日10枚書いて余力を残す。何度も書き直し、寝かせ、書き直す。長編を書いていないときにエッセイや翻訳をやる」という仕事のやり方が究極の理想の形だけど、これは村上春樹だから出来る事。ハードカバーで常に数百万部売れて日本だけではなく海外でも売れているからこそ、寡作でも生きていけるんだよね~。

 「笑点」の前半だけ見て、「バンキシャ」を見ながら、夕食の支度をする。

 この前買った分厚いオージービーフのランプ肉をステーキにする。付け合わせのフライドポテトをオーブントースターで焼き、温野菜をレンジで解凍し、その間に肉をじっくり焼く。

 ごはんとレンコンのサラダとインスタントのポタージュ・スープで。

 「鉄腕ダッシュ」、究極のラーメンは、「チャーシューをどうするか」。おれとしては煮豚というか角煮が一番美味そうだったけど……。

 「世界の果てまでイッテQ」、ロッチ中岡のは、あれ、危険だろ。下手したら死んじゃうぞ。

 で……21時からは「下町ロケット」。と、思ったら……野球がえんえん終わらないじゃん!と書くと、野球ファンが烈火の如く怒るだろうが。

 国際大会なんてたまにやればいいのに、なんか最近は毎年何かやってないか?カネやんが言うように、主力選手をきちんと休ませないと、選手生命が短くなるんじゃないのか?

 他局をいろいろ見て時間を潰す。

 フジの「Mr.サンデー」は、パリのテロの様子をネットに上がったいろんな映像を編集して放送していた。

 どう考えても、テロは絶対に許せない。おれなんか被害者にしかならないんだし。戦争もテロも、常に殺されるのは一般人だ。だから、現場の映像を見ると、他人事には思えない。あの場所に自分が横たわっていたってまったくおかしくないんだから。

 22時過ぎに、日本がサヨナラで勝って、試合終了。まあ、日本も勝ってよかったね。

 22時35分、ようやく、「下町ロケット」開始。

 木下ほうかを起用したんだから、ラスボス的にイジメに虐めるだろうと思ったのに……上司としての責任を逃げただけ。これじゃあせっかく木下ほうかを使った意味がなくないか?もっとネチネチ虐めなきゃあ!

 新井浩文と近藤公園(だったと思う)がイヤミに演じてもさあ、しょせんは下っ端でしょ。そのイヤミのネタも「零細な町工場の下請けの分際で」という決まり文句しかない。もっと無限のイヤミを繰り出さないと、盛りあがらないじゃん!

 最後の関門の杉良太郎も、けっこうあっさりと自説を引っ込めて吉川晃司の進言を認めるし。

 この回は放送時間を少し拡大してでも、「最後の闘争」をネチネチ見せるべきだったんじゃないの?

 ラストはあれ、種子島という設定でしょ?打ち上げを、佃製作所は総出で見に来てるの?作業服で?打ち上げって順延されるのが常なのに……。って、こういうところを突っ込んではいけないんだよね。

 しかしまあ、見事に予定調和で、水戸黄門で任侠映画で、時代劇だったなあ。会議室での杉良太郎の顔は完全に時代劇だもんね。

 次回からは人工心臓だっけ?「神の手」を持つ外科医に今田耕司がキャストされているが、今回は「ミスキャストだ!」とか「イメージが違う」とかいう批難はないようだ。敏腕弁護士をホンジャマカの恵がやると決まったときは、アサ芸のMというライター(日本を代表する劇作家の三谷幸喜に敬意もなくディスった唾棄すべき記事を書いたのもこの人物だ!)がものすごく悪く書いていたが、結果を見ると、見事な弁護士ぶりで、大成功だった。このMというライターは書きっぱなしで弁解もなにもしないのかな?ツイッターとかでなにか言い訳をしてるのかな?

 23時を回って、今から風呂に入ると寝るのが遅くなるし……と思いつつ、ちょっと仕事。明日光文社T氏に送る企画メールに手を入れる。

 ネットを見ると、あれこれ反論したくなる書き込みがあるが、ヒトはそれぞれ、意見もそれぞれだと思って、なんとかスルーする。

 顔を洗ってベッドに入り、いろいろ気分を落ち着けるために、村上春樹のエッセイ「走ることについて語るときに僕の語ること」を再読。寝る前に小説は読まない。読むのはエッセイだけ。

 それに、なんかね、村上さんのエッセイが今のおれには鎮静剤だ。

 2時過ぎに就寝。

 しかし、何故か何度もトイレに起きる。寝る前に水分を摂ったわけでもないのに、特に緊張しているわけでもないのに、おかしいなあ。

 その後は爆睡。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2070kcal

本日の消費カロリー:日常生活+6kcal/206歩+53kcal(自転車) 

« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト