« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »

2015年11月29日 - 2015年12月5日

2015年12月 5日 (土曜日)

12月5日/いろいろわしも考えた

 7時起床。

 快晴。

 ベッドの脇、足の方に……くーたんの大を発見。スノコを消毒除臭したから場所を変えたのか?

 落ち着かない様子もでもあるし、これは診て貰った方がいい。

 朝のモロモロを済ませて、9時30分になったので行きつけの動物病院に電話。夕方の時間に空きがあるということなので、予約。

 くーたんは、どうしちゃったかねえ?

 仕事開始。

 展開に工夫が要るところなので、何度も書いては消しを繰り返す。

 ブランチはトースト1枚、ゆで卵、牛乳。

 仕事を続けるが、量は進まない。しかしこれを乗り越えるとアクション場面になって一気に書き進められるだろう。ここは「忍」の一文字。

 14時過ぎに冷凍チャーハンを温めて食う。まあまあ。

 眠い。Macの前で落ちていると、くーたんに起こされる。

 そうこうしていると、動物病院の時間。

 夏だと気配を察して逃げ回るのだが、今は布団の中に入っているので簡単に捕獲してキャリー・バッグに。

 先生に診て貰い、いろいろ説明したが、首を捻るばかり。考えられることは、

・ストレス

・なにかの原因で排便の踏ん張りが弱くなっていて、足元が猫砂なのが嫌いになった

 の2点。猫砂が嫌いになったという可能性には気づかなかった。トイレの状態が気に入らなくなったかも、とは考えたが。

 猫によっては砂ではなく犬用のペットシーツを敷いたトイレを好む場合もあるらしい。ただ、ウチのくーたんはずっと猫砂で粗相をしなかったんだよねえ。

 念のため、血液検査をして貰う。採血する時に暴れたが、3人がかりで抑え込む。

 分析器があるので、15分待つ。その間に他の患者さん(高齢のウサギさん)が来て、すぐに終わって帰った。

 血液検査の結果は、ほぼ正常。腎機能に関する2項目だけ上限に近いので、定期検査をしてチェックしていきましょう、と言うことになる。

 故ウズラも故ビワも、7歳と10歳で腎臓を悪くして逝ってしまったからなあ。気をつけないと。

 腸の働きを活発にする薬を処方して貰って、帰宅。

 帰ってきたら、くーたんは、なんだかリセットされたようになって、おとなしい。

 おれは、腹が減ったので、今夜こそ「翔竜」のラーメンを食いたいので、外出。

 「翔竜」は、おれが入った時は客はいなかったのに、おれが席に着いた途端にバタバタと入ってきて、満席に。なかなか出て来ないから客が溜まっちゃうんだよなあ。

 玉子ラーメンの大盛り。

 美味い。

 帰路、スーパーに寄ってくーたん用のカニカマなどを買う。

 帰宅して、しばし休憩。

 録画した「孤独のグルメ」を見る。3日も入院した五郎さん、退院して餃子と「純レバ丼」を食う。亀戸のこのお店、よく見つけたなあ。スタッフは相当食い歩いてるんだろうなあ。で、採用される店の10倍以上の店にロケハンに行ってるに違いない。

 来週は、東武線のせんげん台だって。恐るべき取材力!

 続けて「タモリ倶楽部」も見る。先週は荒川を勉強したが、今週は行田にある古墳群を探索、というか自撮り。「ブラタモリ」と違って、自撮り担当のアンガールズが番組をグダグダにしたが、これが「タモリ倶楽部」なのだ。

 なんか、くーたんは健康で病気ではないとハッキリして、凄く安堵して、気持ちが弛緩した。

 それで、なんだかグダグダに。

 ずっとテレビを観たが、ナニを観たかほとんど覚えていない。半分寝ていたのかも。

 テレ東「アド街ック天国」は入間の「ジョンソン・タウン」。米軍基地に隣接した米軍ハウスが廃墟となっていたのを、取り壊して再開発せず、米軍ハウスを建て直したりして、その一角を「さいたまのアメリカ」にしてしまった。

 以前から福生の米軍ハウスに憧れていて住みたいなあと思っていたが、福生の米軍ハウスは老朽化して減る一方で入居希望多数で順番待ちが凄いらしい。入間にこういうところがあるとは全く知らなかった。

 が……。

 今、素朴単純に、こういうアメリカンな生活に憧れるかというと、あんまり憧れないんだよねえ。というか、こういうディズニーランド的というか東京ドイツ村というかハウステンボスというか志摩スペイン村というか、マガイモノなものを喜ぶのってどうなのよ、と思ってしまうし、アメリカン・ライフってそんなに憧れの対象か?と思ってしまうし。銃の乱射でいつ殺されるか判らないんだぞ。まあ、入間の「アメリカ村」は日本だから、日本の安全とアメリカン・ライフのいいとこ取りが出来るんだろうけど。

 そういうことを抜きにすれば、広い間取りの米軍ハウス仕様の家に住んで、近所に美味いダイナーがあって、公園もあるというのはとても素晴らしいねえ。3LDKで家賃が12万くらいというのは安いかもしれないし。

 まあしかし、観光客にウロウロされるのは嫌かも。

 こってりラーメンを食べたせいで、また少しお腹がユルくなってしまった。まあこれは正常時でもこうなる時もあるのだが。

 TBS「新情報7デイズ」を見る。

 中央高速笹子トンネル事故の慰霊式のニュースで、犠牲になった方の妹さんの言葉が物凄く激しくて、だからこそ、遺族の悲しみが伝わった。ここまで言わないと関係者は判らないだろうと思ったのだろう。遺族が、遺体の損傷具合を克明に言うということは、それだけ激しい怒りに打ち震えているからだ。

 日テレ「有吉反省会」を見て、風呂に入ろうかと思ったら、テレ東の「家、ついて行ってイイですか?」も見てしまった。

 スウェーデン人の美男ドラァグクイーンと元マンガ家の遠距離恋愛。「離れているのが辛い」と泣き出しちゃったスウェーデンの美男の純情。

 これだけでもかなり来るものがあったのだが、三河島(この場所の選定が絶妙!)の銭湯で捕まえたおじいさんが、もう号泣もので……。

 6年前に膵臓癌で奥さんを亡くしてずっと一人住まい。奥さんのものが今も部屋(風呂無しの安アパートで、正直、こんなところで二人で暮らしていたのか、と驚く。まあ奥さんが元気な頃は部屋はもっと片付いて広く使っていたんだろうけど)にあって、「離婚と違って死別は駄目だよ。どうしたって思い出すから。良い時のことをね」と。

 取材ディレクターは無遠慮な質問をぶしつけに放ち続けるが……妙に同情したりしないで土足で踏み込んでいくこの感じが、逆にいいのかもしれない。

 おじいさんの話を聞いていると、豊かじゃないけど幸せだった日々が想像されて(亡き奥さんの幸せそうなスナップが数枚インサートされるのが、凄く効く)、これは、感動。取材ビデオを観たおぎやはぎの矢作や有野やビビる大木はさほど感動してないようだが、この素っ気なさが逆に、なんだか妙に効く。

 最近、こういう事を考えることが多くなっているせいか、番組が終わってから、風呂に入りながら、しみじみしちゃって、妙に涙が止まらなくなって、困った。どういうんだろうね、これ。自分なりの答えはあるが、恥ずかしいから書かない。

 

 ちょっと仕事をして、1時30分、就寝。

今朝の体重:87.65キロ

本日の摂取カロリー:2205kcal

本日の消費カロリー:日常生活+83kcal/2081歩+100kcal(自転車)

2015年12月 4日 (金曜日)

12月4日/本日は撃沈

 7時30分起床。

 しかし5時間しか寝ていない。

 晴れ。

 風がキツいが、寝ている間に洗っておいた洗濯物を干す。

 仕事開始。

 しかし、朝ご飯を食べたら爆睡するはずのくーたんが、遊べとうるさい。

 これを無視するとウ○コ攻撃があるかもしれないので、手を休めて抱っこしたり猫じゃらしで遊んでやったり。

 しかしこれ、「猫の恐怖政治」なんじゃないの?

 午前中は調子が出ず。しかしまあ、昨日のようなこともあるから、そんなに焦らない。

 昨日戴いたハガキのお礼メールを書く。ハガキにはハガキか封書が礼儀なのだろうが、それだといつまでも返信できない。構えちゃうので……。なので失礼だと思いつつ、メールを使う。

 ブランチは、ご飯を炊いて、玉子かけご飯。お代わりして、海苔としらす、漬け物各種にインスタントの赤だし。

 次の作品のための取材をしなければならない。次の作品のことを考える余裕がないが、取材日程は決めないと取材先にも迷惑が掛かる。

 こちら側の予定を先にすり合わせるために、光文社担当T氏に予定の打診メールを出す。

 午後も、調子が出ず。寝不足。昼寝すると逆に調子が狂いそうで、寝られない。

 トースト1枚をおやつに食べる。

 くーたんは午後になってやっと大人しくなって寝ている。

 いつもとは違うから、病気かもしれない。行きつけの動物病院、今日はお休みなので、明日予約を取って診て貰うか。

 17時に、夕食。レトルトハンバーグを温め、温野菜を解凍し、残ったキャベツの千切りにマヨネーズ。ご飯にインスタントのポタージュ。ちょっと足りない。

 ニュースを見て、日テレ「沸騰ワード10 師走の旅行&回転寿司業界スペシャル」の旅行部分を観る。ディレクターが熊野古道を歩いて熊野三山を詣でる過酷な旅。いやこれは歩こうとは思わない。

 で、途中。湯ノ峰温泉の壺湯に入ったが、スタジオの唐沢寿明が「小せえ!」とガッカリした声を出したが……この湯の伝説とか歴史を全く知らないんだろうなあ。小栗判官が病を治すのに入った、凄い温泉で、実際、このお湯はなんとも優しい、不思議な包容力を持った「有り難さ」を感じるお湯なのだ。

 名物の温泉と言えば、巨大な露天風呂しか想像できないんだろうなあ。

 仕事に戻るが、今日は5ページを書くのがやっと。

 まあ、仕方がないと思う。

 風呂に入る。

 涼みに出て郵便受けを見たら、「ミステリーベスト10」が載った週刊文春が届いていた。
B

 書評関係は相方が単独で書いているが、「鳩の撃退法」についてのコメントが掲載されております。

 以前はもっと多くのコメントが載って、ミステリー作家諸氏のコメントを読むのがとても楽しかったんだけど……某W氏の「自作票集めベスト10入り事件」以降、「ミステリー作家が選ぶ」という看板が外れたような感じで、ページには「全国のミステリー通、書店員が選ぶ」となっている。でも一般読書家の投票はないんだよね。

 同じ号に原節子追悼の「小津作品6本鑑賞ガイド」が載っているが……改めて、おれは、小津安二郎の映画が徹頭徹尾、合わないと感じた。どーしても、どう頑張っても、小津安二郎の映画は、全てが駄目なのだ。どうしてこんなに駄目なんだろうと不思議に思えるほど、駄目。

 小林信彦のコラムで、市川さんの「野火」が取り上げられているが……アタマで谷崎潤一郎の「卍」 に触れたのに「鍵」が出て来ない。で、お話変わって、という感じで「野火」の話題になった。市川版の「野火」については、気に入っていないのが判るけど、なんだかハッキリ書かない。以前の小林さんならハッキリ書いただろうになあ。

 おれは、市川版の「野火」は傑作だと思う。ラストカットなんか、震えが来た。

 TBS「A-Studio」を観る。ゲストは吉田鋼太郎。とにかく酒と女が好きで、舞台袖で吐くことしばしの武勇伝というかトホホな話が満載で実に面白かった。ここまでトホホな話が暴露されても「舞台に立ったら凄い人」「芝居が判らなくなったら教えを請いに行く存在」なのだ。だからモテるのね。

 もう、今日は駄目だと割り切って、0時就寝。

 猫トイレは、カバーを外してみる。これで駄目だったら、対策を考えなければ。しかし、朝が怖いって、なんかヘンだぞ。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:1608kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年12月 3日 (木曜日)

12月3日/「味園ユニバース」のメイキングに感無量&深夜に怒濤の進撃

 7時前起床。

 曇り~雨。

 くーたんがまたトイレの外でウ○コを……。でもオシッコはキチンとするんだよねえ……オシッコは我慢してしてやるけどウ○コは嫌だ、このトイレが気にくわなくなった、というサインなのかなあ……う~ん。

 粛々と朝のモロモロを済ませる。

 上記の事をミクシィに書いたら、スノコ部分に匂いが残っているからでは?と指摘されたので、それもそうかも、と猫用消臭剤を噴射してきれいにしてみる。これで駄目だったら、違う原因だろう。考えられるのは、「欲求不満」「トイレが嫌いになった」「何かの病気」。

 近々、年1回の予防注射にいくので,その時に獣医さんに聞いてみよう。

 トイレが嫌いになったかどうかについては、カバーが気に入らなくなった可能性があるので、カバーを外してみる手がある。

 で、仕事開始。

 しかし今日はなかなかスイッチが入らないので、先月分の税金関係の書類をまとめてしまう。

 ブランチを食う。6枚切り食パンのトーストを2枚にゆで卵、ハム&マヨネーズ、牛乳、コーヒー。

 ビオフェルミンを飲んだら、お腹の具合は直ったようだ。って、昨日も書いたっけ。

 そうこうしていると、宅急便が来て、昨日注文した「味園ユニバース」初回限定ブルーレイ・ボックスが届いた。以前から欲しかったがブルーレイだと高いので躊躇していたら、一気に2000円も値下がりしたので、ポチったのだ。本編だけなら安い「通常版」があるし、wowowでも放送するらしいが、おれはメイキングを見たかったので。
20150211_misono
Misono_universe
81j3r1hyz9l_sl1500_

 この愛すべき不思議な映画の魅力は、どう表現すればいいのだろう?大阪に住んだこともないのに、ミョーに激しい郷愁を誘うのは何故?

 

 リッチじゃないし、どっちかと言えばビンボーなのにみんな幸せそうに毎日楽しく暮らしている。向上心とかまるでない、そのお気楽加減が、なんだか凄くユートピアみたいに感じるのだろうか?

 肩肘張らずにゆるゆる行こうや!というラテン的な感じが懐かしいのかなあ?おれは四国・徳島育ちだが、あの辺も、そういう感じだったしなあ。

 で、ちょっとだけのつもりで見始めたメイキングが……もう号泣もので、おれはずっと泣きながら見ていた。

 いやこれは、映画の現場がモーレツに懐かしかったせいもある。巨匠の超デラックスな現場と新人の超貧乏な現場の両方を経験しているので、カネがない分現場の工夫と熱意で乗り切る、あの現場の空気を思い出すのだ。

 コジキと映画は3日やったら辞められない、というのは本当だ。しかし、見事にオッサンになった今は、現場は無理だけど。お金が無い現場を楽しめるのは35までだと勝手に思っているが。

 舞台挨拶の模様も収録されていて、大阪難波での挨拶では、音楽集団「赤犬」も登場して、「14人全員がボケで突っ込みが誰もいないって信じられます?」と渋谷すばるが言っていた、そのまんまのホンワカした楽しさに満ちていた。そうか、この映画の不思議なラテン的ホンワカさは、「赤犬」が作り出していたのか!

 音楽活動だけじゃあ食えないだろう、14人もいるんだし……と思って調べたら、けっこうライブとかやってるのね。奥さんとか愛人に店をやらせて、それでシノギを得て、当人たちオッサンは好き勝手な事ばかりやっている……という勝手なイメージを抱いているのだが、大きな間違いだったら心から謝罪して発言を撤回します。でもこのゆる~い感じは、普通に考えたらありえへんよなあ。

 大阪にしばらく住みたいなあ。梅田とかアッチの方は東京と変わらないから興味がないが、ミナミとか大正区とかアベノとか、この夏に取材に行った場所とおおいにWるが、あの辺の雰囲気が凄く好き。まあ、東京の上野~浅草~北千住界隈に凄く似てるので、わざわざ移住することもないかもしれないし、北千住にも大阪串揚げ屋も大阪ホルモン屋も出来たので、この店に入り浸れば、大阪ミナミの気分に浸れるか……。

 すっかり「味園ユニバース」な気分になってしまって、仕事のスイッチが入らないまま、夕方になってしまった。これはヤバいぞ。

 仕事が進まなくても腹は減る。

 「翔竜」のラーメン大盛りが食いたくなったので、雨も上がったし、外出。

 しかし、「本日は終了」だって。まだ17時なのに。夜の部の仕込みの最中って事?

 仕方がないので、博多ラーメンの「濱田屋」に行って、博多ラーメンに煮卵、餃子3つ、小ライス。

 いつもならこれが普通なのに、なんだか多すぎた。ここんとこお腹の具合が思わしくなかったので食べる量も減らしていたら、胃が縮んだか?

 凄く満腹。そして、ちょっとヤバい気配も。

 スーパーで買い物をして帰宅。

 尊敬して信頼しているマイミクKさんからハガキを戴いた。拙著「アンダーワールド」の読後感と近況。献本すると必ず感想を送って戴ける有り難い存在だ。おれも本を戴くが、なかなか読めないので、毎回必ず読んで感想を送って戴けるのは本当に有り難い。

 ニュースを見ていたら、寝てしまった。

 起きたら「プレバト」をやっていた。俳句のコーナーは本当に面白い。

 その後、NHK-BSで「昭和の選択 第1回「開かれた戦争への扉~日独伊三国同盟の誤算~」を偶然見る。

 これは極めて面白かった。たしかに、あの当時は、「世界の覇権は英米からドイツに移った!」と思っても不思議ではなかった。まだアメリカが参戦していなかったし、日本もドイツもアメリカを巻き込まないように腐心していたんだし。日独伊にソ連を加えた四カ国同盟が成立していたらどうなったか……。

 学者たちの当時の分析も興味深い。再放送を録画して、第2回も見なければ!

 「秘密のケンミンSHOW」の、「大阪人は『この前奢たったやん』を最終兵器にする」という部分を観る。どうも東京人はストレートに取りすぎるなあ。だからギスギスするのんと違いますのん?大阪だってギスギスしてる部分はかなりギスギスしてると思うけど……。

 その後、NHK「総合診療医 ドクターG腹がひどく痛む」を見る。亡くなった阿藤快が出ていた。「次週は、足が痙るのは重病の前触れ」みたいな予告を見て、足が痙るのに困っている早見さんに知らせる。

 で……今日はもうダメだ、と早々に寝てしまおうかと思ったが、今日は2ページくらいしか書いていない。この土壇場で、このサボりは言語道断!

 Macの前に座って書き出すと……不思議とスイッチが入った。

 しかし、好事魔多し、というべきか。

 くーたんが、遊べとうるさい。無視してもえんえんアピールし続ける。

 最近、実力行使を覚えたもんだから、またどこかにウ○コされるのも困る……。

 仕事を中断して、猫じゃらしで遊んでやる。

 しかしこれって、恐怖政治そのものじゃないのか?

 くーたんの恐怖政治も、しばらく構っていると収まって、大人しくなったので、仕事再開。

 2時までやって、ノルマの10ページを書いた。しかし、深夜にスイッチが入るとは、自分でも不思議。

 

 深夜にゴミ出しして、2時25分、就寝。

 

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:1709kcal

本日の消費カロリー:日常生活+36kcal/716歩+42kcal(自転車)

2015年12月 2日 (水曜日)

12月2日/仕事してテニス

 7時前に目が覚めて、30分ほどベッドでゴロゴロ。

 薄曇り~雨。

 お腹の具合が不安なので、ホットミルクをゆっくり飲む。

 レンジで温めたら熱すぎたので冷えた牛乳を足して調節。これ、故花紀京のギャグみたいだなあ。

「燗つけてくれ……おおきに。あつ!熱いがな。ちょっとうめて。うめすぎやがな。ヌルなってもた。熱いの足して。あつ!熱いがな」

「ええ加減にせえ!」

 しかし、マイナンバー……。住基ネットって、マイナンバーが出来たら無用の長物になるんじゃないの?と思ったら、案の定そうだった。400億かけた住基ネットは、静かに、というか、誰にも知られないようにコソコソと幕が引かれるらしい。

 住基ネットを発展させたのがマイナンバーで,400億は無駄にはなってないんだよね?無駄になってないから誰も騒がないんだよね?誰か教えて!

 それと、マイナンバーの不安として、番号が漏れたら他人が「成り済まし悪用」をする危険があると。成り済ますにはパスワードも入手しなければならないらしいが……。

 まだ番号を貰っただけで、カードも作っていないし、印税などの支払いに絡んでくるのはまだ先のことらしいが……。

 朝のモロモロを済ませて、仕事開始。

 「悪徳探偵2」の第2回について、担当F氏に褒められた。素直に嬉しい。

 仕事を続け、11時前にダブルソフトのトーストと牛乳。

 ビオフェルミンの下痢止めを飲む。

 昼を過ぎて、メシにする。

 この前のハムカツ(伊藤ハムの保存が利くハムカツ)を多めの油で「炒め揚げ」して大量のキャベツの千切りと目玉焼き。ご飯とインスタント赤だし。

 揚げ物をすると油が飛び散って、床がぬるぬるになる。やっぱり自宅で揚げ物はしたくない。

 で、ハムカツは、オーブントースターで温めるよりも「炒め揚げ」するのが一番美味い。

 食後、ビオフェルミンを飲んで、床掃除。

 仕事再開。

 

 ビオフェルミンのおかげで、どうやら、お腹は復調したようだ。ストレス性のものは薬じゃ直らないと思っていたんだけど……。

 相方から、大腸検査をして方がいいと言われているが、大腸の内視鏡検査って、人間ドック並みにお金がかかる。健保じゃ補填してくれないし、専門医のいるところじゃないと痛かったり腸を傷つけてしまったりするらしい。近所の病院でやってくれるのかな?いやいや、近所の病院は胃カメラでさえあんまり上手くなかったんだし……。

 だったら人間ドックを受けようかと思うが、人間ドックの大腸関係の項目は検便だけ。オプションにもない。

 大腸より脳の方が心配なんだけど……。

 時間が来たので、テニスに行く支度。今日はまだ7ページしか書けていないが、この先の展開、ちょっと工夫が必要で考えなきゃいけないし、来週は休まなきゃいけなくなる可能性があるので、今日は行く!

 霧雨の中、自転車を飛ばす。

 少し早かったので、京成線廻りで行ってみる。新しく高架になった京成曳舟駅をまだ知らないし。

 青砥経由で京成曳舟。

 まだ工事が残っていて、構内はガランとしている。

 で、テニスは、レッスンは不調で、試合になってもまあまあな状態だったが……最後の試合でボレーが見事に決まって、気持ちよし。

 風呂に入って、晩メシをどうしようか考える。

 お腹の調子は直ったが、かと言って揚げ物の定食とかラーメンに餃子とか重いものを食べるとまた駄目になりそうだ。うどんか喜多方ラーメンにするか……。

 結局、リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽんを久々に食べる。

 美味い。

 コンビニでパンを買うついでに「おにぎらず」状の「サンドおにぎり」というのを買ってきて、帰宅後に食う。それだけでは足りなかったので食パン1枚も。

 くーたんのご飯、レトルトのものの封を切ってみたら、たぶん気にくわないだろうと思える、汁気の少ないものだったので、汁気の多い別のものも封を切って、並べて出してみる。

 抗議のウ○コをされたくないので。

 「報道ステーション」の後、「マツコ&有吉の怒り新党」を見てしまった。「新・三大○○」は……このへん半分寝ていたので覚えていない。あ、文豪の「恥ずかしい手紙」だったか。川端康成は、自分に来た恋人からの手紙をそのまま作品にコピペしてたのね。ということは、恋人にも相当の文才があったということになるよなあ。

 0時過ぎ就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2054kcal

本日の消費カロリー:日常生活+702kcal(テニス)+123kcal/3431歩+55kcal(自転車)

2015年12月 1日 (火曜日)

12月1日/仕事して、「ケープタウン」を見た

 7時起床。

 快晴。

 こんなにいい天気の日は……仕事だ!

 朝のモロモロを済ませる。

 お腹の調子は依然として悪い。ハムカツとカキフライを食べた日から、というのはハッキリしているが、この2つが原因ではない気がする。偶然この日が飽和点というか臨界点というか、限界だったのだろう。ストレス性の下痢は薬を飲んでも直らないのは今までで経験済み。ストレスの原因がなくなると、下痢もピタリと治まる。って事は……「ストッパ」が効くってコトか?

 仕事開始。「悪漢刑事14」の最終章。

 相方から戻ってきたメモを読んでいると……あ!

 「第3章」までの直しで、直し漏れがあった。特に「第3章」。

 これは、今のうちに直しておくべき。

 ということで、「第3章」をもう一度直す。ついでに、昨夜、押せ押せの勢いでやってしまった部分も見直して、再度手を入れる。

 それを済ませてから、「最終章」。その前に、ブランチ。

 ご飯に目玉焼きを乗せて混ぜる。それに甘ラッキョウ、インスタントの赤だし。

 外出中の相方から電話が入ったので、再改訂したファイルを送ったことを伝えて、今夜、ウチで映画を観る約束をする。

 で、仕事開始。

 章の書き始めは、どういう場面から始めようか、いつも迷う。

 しばし迷って、書き出したのは昼をかなり過ぎてから。

 出足が遅かったので、今日は10ページは無理かも。「第3章」の直しもやったし、章の始めだし、今日のノルマは5ページでいい事にする。

 仕事中、ときどき、Facebookを覗く。

 体力が衰えている関係か、ストレートな社会批判を読むと、なんだか胸焼けというか胃もたれというか、嫌な感じがするようになってきた。書かれていることは全くもってごもっともなんだが……。

 山手線の新型車両のトラブル、叩くのもいいけどさあ、最新鋭の新型の量産型1号車なんだからさあ、予期せぬトラブルだって起きるでしょ。ロケットだって失敗しながら技術を磨いていくんだし(かつて、打ち上げ失敗を激しく糾弾して打ち上げ費用数十億を無駄だと断罪した記者がいたが……数十億掛けたロケットが失敗したのは間違いなく損失ではあるが、最初から完璧な最新鋭技術なんてこの世には存在しない)。パソコンだってスマホだって「第1ロットは買うな」というのは定説でしょ。

 これはまあ小さいことだけど、その他のストレートすぎる政治批判を読んでいると、辟易してしまった。朝日夕刊の「素粒子」を読んでる感じ。「天声人語」は教科書にも載ることを意識して格調があるが、「素粒子」はもう、下手くそすぎる政治漫談を読んでる感じ。一刀両断過ぎて、「お前はそんなに偉いんかいワレ」と言いたくなる。まあそれで過去には訴訟になったりしたが。

 ま、そういう書き込みはスルーすべきだし、自分だってストレートなことを書き連ねているんだろうし。自戒せねば。

 午後、スパゲティ・ナポリタンを作って食う。
Img_2342

 美味く出来たが……オリーブオイルを使いすぎたか、ケチャップが古かったか、やっぱりお腹に来る……。

 仕事再開。

 あんまり調子が出なかったが……。やっていると、ゆっくりエンジンが温まってきて、進み始めた。

 夜19時過ぎに相方が到着した頃には、10ページ書いていた。やるじゃん、おれ。

 相方が買ってきてくれたケンタッキー・フライド・チキンを食べながら、wowowで録画した「ケープタウン」を見る。予備知識ゼロ。まあたぶん、殺伐とした犯罪映画なんだろう。こういう時はコメディを見たいんだけど、相方が好きなのはホラーとかこういう殺伐系なのだ。でもまあ、秀作が多いし仕事の参考にもなる。(この写真は、撮影中のスナップ)

Br7hwjsceaaaqrm

 この作品は、フランス人作家が書いた「ZULU」が原作。白人政権崩壊後の、今の南アフリカを舞台にした、凄い社会派。

 アパルトヘイト時代に黒人を弾圧していた側は、自己批判する代わりにその罪を許されるという寛大な「融和」政策で、南アフリカ社会に残った。その図式は、戦後のドイツでナチ党員だったものがシレッとして社会の要職についていたのと同じだし、日本だって軍国主義の手先だった教師やその他大勢の者たちが、そんな過去を「なかったこと」にして今も暮らしている(いや最近の右傾化でカミングアウトして薄汚い過去を正当化する下衆も出てきたが)のと同じ。旧支配層で金も教育も社会的地位もある白人達は、人口の9.6%に減ったとは言え、今も南アフリカ社会で確固たる地位を占めている(プアホワイトもかなり増えているらしいが)。

 悪党たちがマシンガンを持ってしまったら、その国は終わりだと思う。

 ひどすぎる現実。その中で懸命に仕事に励む黒人警部をフォレスト・ウィティカーが静かに熱演。この人はアミン大統領も演じたし、凄い人だと思う。

 映画の構造はかなり判りやすくて、共演のオーランド・ブルームは、かなり危険な目に遭っても殺されないだろうと思った通りだし、「いい人ガス」を盛んに放っていたマジメな刑事は惨たらしく殺されるし……。

 英語と、聞き慣れないアフリカーンスが飛び交う中、事件の核心は、アパルトヘイト時代に開発されていた「黒人鎮圧・絶滅用の薬」をスイスに転売しようとしている大きな陰謀に結びつくが……。

 結局、正しいことを言って行っているようなヨーロッパの連中も腐ってるんだぞ!という強烈なメッセージを放つ。

 もうね、こういう映画を観ると、人間って本当に呪われた存在だなあとしみじみ感じてしまう。

 嫌だねえ……。

 しかし、おれは如何に南アフリカについて無知だったか,それもよく判った。黒人支配の国になったけど、白人の支配はいびつな形で続いている,その現実。

経済が崩壊している隣のジンバブエはさぞや地獄のようなことになっている……と思ったら、そうでもないらしい(←リンク)。旅行記と住んだ場合はまた違うだろうが……でも、実際の経験談は貴重だ)

 フライドチキンを食ったら絶対腹が下る……と思ったら、映画を観ている最中はなんともなかったが、終わった途端に駄目。やっぱりしばらくは、食事に気をつけないと。

 相方帰り、風呂にゆっくりと入り、薬を探して、ビオフェルミンの下痢止めを飲んでみる。たぶん、あんまり効かないと思うが。

 くーたんと少し遊ぶ。猫じゃらしに飛びついている姿は本当に子猫のまま。愛くるしい。猫っていろんな顔があって、本当に不思議な生き物だなあ。

 1時前に就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:1819kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2015年11月30日 (月曜日)

11月30日/マイナンバーが来た&懸命に書き直し

 6時30分起床。

 曇り~晴れ。

 今朝の窓ガラスは結露していない。結露していると「うわ。寒い」と視覚的に実感するもんな~。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵に牛乳にコーヒーという、いつもの定番。

 仕事開始。

 まず、昨夜のうちに相方から届いていた「悪徳探偵2」第2回の原稿を最終チェックして、担当F氏に送る。同時に副題も相方と相談して送る。

 で。

 今日は11月の最終日。今日中に「悪漢刑事14」のアタマから書いてあるところまでの再改訂をして構成の変更をフィックスして、明日から先に進むぞ!そのためには、今日中に再改訂を終わらせなければ!

 その前に、昨日入らなかった風呂に入る。

 スッキリしてから、仕事開始。

 改訂メモに沿っての書き直しは、ほとんど「作業」と言ってもいい。

 昨日は、かなり大掛かりな直しになりそうでビビってしまって戦意を失った面も大きかったが、実際にアタマから見直していくと、手直ししなければいけないところは,そう多くないし小直しで対応できる。これまでの改訂でかなり直っていたのだ。もう、何度も書き直しをしているからなあ。

 昼過ぎに、ヒルメシ(当たり前か)。簡単に済ませたいので、スパゲティに絡めるだけの「インスタント・ペペロンチーノ」にするか、お茶漬けにするか、ご飯に目玉焼きを載っけるだけの「簡易ナシゴレン」にするか迷ったが、火を使いたくないので、ペペロンチーノにする。
 スパゲティを茹でるのは最近はずっと電子レンジ。アルデンテには茹で上がらないけど、おれ、あんまりアルデンテが美味いとは思わないのよね。芯が残ってる感じで。パスタではないけど、特にパエーリアのお米がアルデンテなのは,駄目。初めて食った時、「炊き不足だぞ!」とスペイン語でクレームを付けそうになった(そんなスペイン語知らないけど)。パスタのアルデンテとかイタリアで言い始めたのはつい最近らしい。と、イタリア料理のシェフが言ってたぞ。日本においてはバブル期でしょ?それまで日本人は山田うどんみたいなスパゲティを食ってたんだぞ。

 で、粉チーズをたっぷりかけて,食う。美味い美味い。

 それだけでは足りず、魚肉ソーセージにマヨネーズを付けて食う。

 仕事再開。

 14時過ぎにプロローグから第1章までを終え、15時過ぎに第2章を終える。

 改訂済みのファイルを相方に送る。

 しばし休憩。

 溜まった新聞を読む。

 朝日の土曜版「be」に、「犬と猫、どっちが好き?」という記事(←リンク)があったが、おれが犬に対して物凄く申し訳ない気持ちを抱いている、その心理を的確に書いてくれた、という感じ。

『犬は、親密な人との関係で、愛情の「等価交換」に執着してはいないらしい。

 愛情を降り注がれれば飽くことなくつき従い、過剰なほど上乗せして返そうとする。その際限のない応酬にうっとうしさを感じない人は、正統な犬派を名乗る資格がある』

 たぶん、これだ。おれの場合、「うっとうしさ」ではなく、「そんなに献身的に愛情を返してくれるけど、おれにその資格があるのか?」とどうしても考えてしまって、犬に対して後ろめたくなってしまうのだ。子供の頃のトラウマがあるのかもしれないし、犬を幸せにしてやる自信もない。

 その点、本当に猫は気楽だ。というか、猫の方が動物本来の、「自分の意志で生きる」姿を残している。犬は、どう考えても、人間が人間の都合に合わせて改造してしまった気の毒な存在のような気がする。だから、犬は粗末にしてはいけないし、一度飼ったら大切にして、絶対に保健所で処分なんかしてはいけない。いやそれは、猫だってそうだし,全ての動物に言えることだけど。

 先日、偶然に知ったBSのDlifeチャンネルでやっている「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」を録画しておいたので、見てみる。ただ単に、主人公がどんな環境で仕事をしているのか、その場面が見たいだけ。

 映画に出てくる小説家って、けっこういいところに住んでリッチに暮らしてるんだよなあ。「恋愛小説家」の主人公とか「ロマンシング・ストーン」のヒロインとか。例外はジャン=ポール・ベルモンドの「おかしなおかしな大冒険」。主人公はパッとしないペーパーバック・ライターで、パリの片隅の安アパルトマン(水道工事が円滑に進まない)で俗悪アクション小説を書いている。愛用のタイプライターが壊れたのでなけなしのカネをはたいてオリベッティの電動タイプを買ったりする。この映画が素晴らしいのは、髭面でしょぼくれたベルモンドと、小説の中で颯爽とスーパーヒーローに変身しているベルモンド(これがもう漫画的にスーパーなのだ!)の両方が楽しめるところ。窓越しに向かいの部屋に住んでいる女子大生がジャクリーン・ビセットだったりするし。
20120813_7c889c

 この作品、大好きなのだが、日本版DVDが出ないんだよね~。北米版やフランス版(PALだから普通では再生出来ない)はあるんだけど……。まあ、前に放送したものを録画してあるけど……。映画館で3回くらい見たもんな。

 で、このドラマは、お調子者のバツイチ・イケメン人気ミステリー作家がニューヨーク市警の捜査顧問になってキュートな女性刑事とともに事件を解決していくという、この世でもっともアリエネー設定のドラマ。

 で、主人公はニューヨークの広い広いアパートメントに小さな娘と住んで、摩天楼が窓から見える書斎でノートパソコンを足においてデスクに足を載せて自分が関った事件をネタに小説を書く……って、守秘義務はないんかい!

 早送りで見たが……。しかしこのチャンネルでは、あの傑作シリーズ「バーン・ノーティス」もやってるのね。これはチェックしなきゃ。

 ドアチャイムが鳴って、郵便配達。

 マイナンバーの通知が来た。

 世の中のインテリというか、「意識高い系」たる者は、マイナンバーは拒否すべき風潮があるようだけど、おれはそれが理解出来ない。今後はギャラの振り込みにはマイナンバーが必要になるらしいし,それ以外にもいろいろ便利な機能がある。どうして頭から拒否するのか、おれには理解出来ない。

 管理されるとかなんとかマイナス面があるのは承知しているが、これがあったら年金の支払いミスはもっと簡単に判ったりしたんだし、利点の方が多くないか?

 おれは悪事に荷担してないし、反政府的言動だって、当局が問題視しているならば、マイナンバー以前に既におれの個人情報は把握されているだろうし、連中は管理しようと思ったらとっくに管理してるだろう。

 ということで、きちんと受けとりました。ま、おれはインテリじゃないんだろうし、意識も高くないのかもしれないけど、別に構わない。

 おれは、マイナンバーには反対しないよ。

 今夜、相方がウチで録画してある映画を観るのはどう?と提案しているが……ここは頑張って「第3章」も改訂してしまうべきだろう。分量的に無理かもしれないが……いや、ここは踏ん張るべき。

 相方には「今夜は仕事をする」と連絡をして、予約してある歯医者へ。

 やっと治療は終わって、再来週に歯茎の状態を確認して終了。

 帰路、ペット用品店に寄って、くーたんのご飯を買い、スーパーに寄っておれのご飯を買って,帰宅。

 きっちり夕食を食べると眠くなるので、ツナギ程度に「ミニメンチカツ弁当」を食ってから、仕事再開。

 「第3章」は、かなりの分量を書き直さなければならない。

 なんだか、これを今晩中に完遂させられるかどうかで,今回の「執筆作戦」の勝敗が決する感じがする。いやもう、感覚的には戦闘状態なのだ。

 思えば、この「悪漢刑事14」は書き始めからずっと「戦闘状態」で、ことにこの1ヵ月はずっと「非常事態」宣言発令が続いている感じ。そりゃ、へたばるし、お腹の調子も悪くなるわ。非常事態なんて、〆切間際の1週間が限度でしょ。それが1ヵ月だもん。まだ今は腸がおかしいだけで済んでいるが、これが胃に来たらヤバい。胃が痛くなって食欲がなくなって血を吐いたりしたら神経性胃炎とか、ストレスで胃に穴が開いたことになるし。

 助監督時代、エキストラ300人を毎日朝7時とかに集合させて明治の上流階級に変身させて舞踏会の場面を撮った「鹿鳴館」で、毎日なにかミスをしでかして、胃に穴が開いたもんね。

 あの時は先輩諸氏がカバーしてくれて、撮影がストップすることはなかったが、今はそうはいかない。

 もう、原稿を落として刊行スケジュールに穴を開ける事態を起こしてはいけない。いけないのだ。

 ということで、懸命に仕事を進める。

 しかし、どうにも腹が減ったので、ご飯を温めて、マグロのブツというかネギトロみたいに叩いてあるものをスダチたっぷりのワサビ醤油に絡めてご飯に載せ、混ぜてかっ込む。

 これが、美味いのよ!いわゆる漁師料理だが、簡単で豪快で、美味い。

 即、仕事再開。

 が、21時30分にくーたんが横にやって来て「遊べ!」と命じる。

 しかしここは、くーたんの目を見て「あと1時間待ってくれ。そうしたら必ず遊ぶから!」とお願いしたら、くーたんは判ってくれて、キャットツリーで大人しく寝始めた。

 猫は天才である。

 で、なんとか22時40分には書き足しを完了。

 改稿チェックリストに照らしてみても、直す項目はクリアしているので、終了。相方に送る。

 猫との約束はキチンと守らないと、ウ○コ攻撃が待っているので、10分遅れだが約束を守る。

 猫じゃらしを相手に飛び跳ねるくーたんは、ここんところ便通の調子もいい。いっときの便秘は、運動不足もあったんだろう。

 しかし……遊んでいる時の猫はすこぶる無邪気で、子猫みたいに愛くるしい。真剣な目が,これまた可愛い。

 だけど、猫って、時にはひどく崇高なオーラを発する時もある。なんだか神様みたいな雰囲気を漂わせて、神々しかったりする。まあ、だいたいがむっつりして不満そうな時なんだけど。とは言え、時には本当に、神の化身じゃないのと思う時がある。

 猫は,本当に不思議だ。

 ヘトヘトに疲れたし、妙にさっぱりした感覚が残っているので、風呂は省略。

 夜のニュースは、山手線に登場した新型車両の話題を流しているが、この車両、2度もトラブルを起こして運行中止になったんだよね。その事をテレビは報じなかったけど。 

 0時頃、就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:1774kcal

本日の消費カロリー:日常生活+22kcal/585歩+92kcal(自転車)

2015年11月29日 (日曜日)

11月29日/鼓舞といえば林家こぶ平を思い出す

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 夜中に処理したくーたんの「ウ○コ」について考える。

 トイレが気に入らなくなってのレジスタンスというかプロテストなのかと思ったが……どうも、前回は「遊んでくれない不満」、今回は「不味いメシを出すな」という主張だろう。

 それが何より証拠には、あれから猫じゃらしを使って遊んでやると、表情が穏やかになって静かになった。

 今朝、ごはんのお皿を見ると、ドライフードはかなり食べてあるのに、ウェットの方は完全に手付かず。見ただけで相手にしていない感じ。

 元が野良猫でも、長く飼っていると、猫はグルメになる。安いメシは絶対に食べなくなる。1缶とか1パック60円以下のモノは口にしないし、好みじゃないものも食べない。

 猫の抗議行動は極めて天才的で、「打撃を与えるが致命的ではない」モノにオシッコをする。オシッコ攻撃は主にオスの習性で、故ウズラは、おれの顔を睨み付けながらカバンや布団に「シャーッ」とオシッコしたもんな。図書館で借りたCDをコピーしたCDR(ショルティの「リング」全巻)とかにも。この選別はどうやってるんだろうと,本当に舌を巻く。

 故ビワは穏やかな性格だったので、シモ攻撃はなかった。当代のくーたんも、これまでシモ攻撃はなくて、やっぱりメスは気持ちが安定してるんだなあと思っていたのだが……。

 まあ、不平不満を溜め込んで病気になってしまうより(故ビワはそうだったんじゃないかと思ったりする)、ハッキリ行動に示してくれた方が対処できる。

 くーたんには前回、「シモ攻撃して欲しくないけど、するならもっと場所を考えてくれよ」とお願いしたら、今回は猫トイレ前の「砂落としのスノコ」上だった。

 雲が天才なら、猫はもっと天才だ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。ダブルソフトのトースト、スクランブル・エッグにベーコン、牛乳にコーヒー。

 食後、仕事開始。

 「悪漢刑事14」の最終章の構成を、昨夜の打ち合わせに基づいて変更する。全5章を予定していて、3章まで書いた状態だったが、後の話を考えると、1章で済むだろうと。〆切の兼合いも大きかったが、すでに話は佳境というか終盤に向かっていたので、この変更はアリだと思う。

 メモと記憶に基づいて構成を立て直すので、ちゃちゃっと出来るはずだったが……やっぱり文字にしていくと、いろいろ穴が出て来るので、それを考えて埋めつつ進める。

 お昼前に出来たので、相方に送る。

 時間を無駄にしたくないので、終盤の変更に伴って、遡って頭から修正していこうと思ったが……。

 

 相方からの確認を得てから作業を開始した方が無駄がない。

 じゃあ、ということで、ネットをチェックしたりして,しばし過ごす。その間に、先週放送分の「きらクラ!」を聞く。

 バッハはいいなあ!管弦楽組曲とか、本格的に聞くか。

 先週分を聞き終わると、腹が減った。

 ちょうど14時。今週分の「きらクラ!」は録音して、ちょっと外出。

 「北海道ラーメンひむろ」で、塩ラーメンを食う。

 美味い。

 北千住の商店街に、ついに「コメダ珈琲店」が登場!12月1日開店!しかし本屋の2階。ちょっと目立たないね……。

 スーパーで買い物をして、帰宅。

 多少無駄になっても、頭から直していこうと方針変更。打ち合わせをした上でのことだから、相方とそんなに食い違いは出ないはずだし。

 と思ったら、相方からファイルが戻ってきた。

 大至急それをチェック。頭から第3章までは、おれの認識とさほどの違いは無かったので、安堵。

 では、作業を始めるが……。

 ここで、パワー不足。本日は、午前中に集中してやったので、本日分のパワーを使いきってしまった感じ。体力の低下に伴って、パワーの容量も減ってきたなあ。
 ここを乗り切ればラクになる、働けば自由になる、というアウシュヴィッツのアレみたいだが、とにかくここで頑張る必要がある。と、ここ数日自らを鼓舞しているのだが……鼓舞にも限界があるなあ。ま、鼓舞は精神主義じゃないんだけど。

 村上春樹の「長編を書くには体力が必要」という言葉が響くなあ。村上春樹の小説作法は、自身の経験に基づくものだから、説得力があるなあ。体力を付けて、1日10枚コンスタントに書き続けられれば、これはかなり強力だ。

 というか、どこをどう直せばいいのかメドが付いたので安心してしまったと言うこともある。

 ソファでぐったり。くーたんが寝ていたのでちょっと退いて貰ったら、くーたんはおれの股ぐらに入ってきたので、蜜月状態でしばし寝る。

 しかし、これがいかんのだよなあ。下手すると風邪を引いてしまう。だからおれは昼寝を避けるのだが……。

 夕方の再放送・再編集番組をタラタラ見ながら回復に努める。

 が、腹が減った。

 すでにご飯は炊いてあるので、お総菜のハムカツとカキフライをオーブントースターで温め、千切りキャベツとともに。

 「笑点」を見ながら食う。円楽の「政治批判」が止まったら,本格的にヤバい世の中だということだろうなあ。徳川時代だって体制批判は笑いや芝居の世界ではそこそこ黙認してガス抜きを図っていたんだからなあ。これで円楽が黙ってしまったら、いよいよヤバいってことになるぞ。

 食後、先週も見たフジテレビ「イチから住」を見る。西伊豆・戸田に移り住んだシャ乱Qのまこと夫妻。あ~~~~いいな~~~。いや、田舎暮らしがいい事ばかりなんて絶対にないのは判ってるんだけど、いいなあ。いいなあ。住めば2週間目で飽きてくるかもしれないけど……、いいなあ。

 これはもう、疲れてるんだな。

 日テレ「鉄腕ダッシュ」も見る。美味いネギって、何をしても美味いよねえ。焼いてよし煮てよし揚げてよし。

 「世界の果てまでイッテQ」も見る。

 もうこのへんでそろそろ体力も回復してきて、頭からの再チェック&修正を始められる……と思ったら、腹が痛くなってきて、何度もトイレへ。

 なにが悪かった?直近に食べたハムカツとカキフライか?塩ラーメンとの累積で限度を超えてしまったか?

 「下町ロケット」は、展開と悪役が複雑になった分、見る側にも体力が要求されるので、見ない。テレ朝の「必殺SP」をちょっと見たり。

 しかし……今日中に頭から第3章までを直してしまう、と言うのはかなり無謀か。機械的に直せば直るというものではないし……最終的な修正だと思って、丁寧に仕事をすべきだ。

 と言うこともあるし、なんか、体調も思わしくない(微熱がある感じ)のもあるので、早々に寝て体力回復を図ることにする。

 風呂を略して、22時30分ごろ、就寝。

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:1789kcal

本日の消費カロリー:日常生活+71kcal/1695歩+37kcal(自転車)

« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト