« 2015年12月20日 - 2015年12月26日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

2015年12月27日 - 2016年1月2日

2016年1月 2日 (土曜日)

1月2日/ゲラ&とんねるず

 7時30分頃起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 餅2つ入れたお雑煮を食べる。

 大根、ニンジン、水菜がたっぷりのお雑煮を毎日食べているせいか、お通じがいい。しかし、くーたんは便秘気味。

 戴いた年賀状の中で、気になる近況を書いてあった相手にメールを出す。

 去年、噂で聞いたことは本当だった……。

 市川さんの愛娘・舞子さんが亡くなっていた。彼女とは「鹿鳴館」で一緒に仕事をして、市川家の中の事を失礼がない範囲でいろいろと聞いた。彼女にはデザインとか絵の才能があったのだが、たしか芝居(裏方)をやっていたと思う。

 それと、市川組の大番頭とでも言うべき、録音の大橋さんも亡くなっていた。おれは、大橋さんに見いだされて市川さんに会わせて貰って弟子にして貰ったようなもので……日芸の先輩後輩という関係もあって、厳しいながらも面倒を見て戴けた。あんまり厳しいので敬遠してしまったのだが……。

 市川崑記念館のオープン案内も貰えなかったし、どんどん忘れられていくんだなあと思うと、哀しい。

 おれはこんなに愛しているのに!(「赤いハンカチ」で二谷英明が浅丘ルリ子に叫ぶ血を吐くようなセリフ)。

 ま、映画から足を洗って20年が過ぎて、市川さんには年賀状を送るだけだったから……晩年の助手を務めていた方に認知されていないのは、仕方がないのか。

 仕事開始。

 昨日は動かなくなっておおいに慌てたプリンターも、今日は普通に動く。

 出来たところまでを相方に渡すことにする。

 

 午後に相方に会うことにしたので、そのついでに足を延ばして越谷まで行き、駅前にある「青木亭」でラーメンを食ってこようと計画したが、相方と会うのが遅くなった場合、ひもじくてイライラしてしまう。ここは予定が狂ってもいいように、ランチは済ませておこう。

 ということで、まだ残っているビーフシチューに、バゲットの残りで。

 シチューはますます味が染みて美味しくなった。しかし次に作る時はレストランで出て来るような「肉料理としてのシチュー」に挑戦してみよう。スープと言うよりソースだもんな、あれは。ああするにはレシピ通りに作ってはいけないということだろう。

 ゲラは、3/4までやった。

 毎回のことだが、かなり沢山のチェックと直しの提案が入ったゲラを受けとると、期日内に出来るんだろうかと途方に暮れて、自信をなくして逃亡したくなる。しかしそうもいかない。エライ先生の中には、そのまんま返送して「あとはヨロシク」で済ましていた大センセイもいたらしいが。

 ゲラ打ち合わせの時は、ああやろうこうしようとやる気満々だったのに、手をつけると、その多さに戦意喪失という……。

 でも、1つ1つやっていく(潰していく)と、まあなんとかなるもので。ドラマ「赤めだか」の中で談志が言った(とされる)「人間が作ったもので人間がなんとか出来ねえものはねえんだ」という言葉が身に染みる。

 ……ちょっと考えればなんとかなることばかりで……。

 世の中のほとんどすべてのアレコレも、もうちょっと考えればナントカ突破口が見つかるんじゃないのか、と思ってみたりするなあ。

 フジの「新春ドラマスペシャル大使閣下の料理人」を見ていると、予定の時間通りに相方から電話が来て、外出。

 マクドナルドで会って、ゲラを渡して打ち合わせ。残りは明日の「NHKニューイヤーオペラコンサート」の時に渡す。逆に言えば、それまでに最後までやってしまわないといけないのだ。

 マックでは「グラコロ」を食べるが、これ、あんまり美味しくない。揚げ物なら「フィレオフィッシュ」の方が断然美味い。

 近くのスーパーで夕食を買う。北海道の「かき飯弁当」があったので、買う。容器がでかいので、これ1個で充分だろう。

 帰路、氏子になっているお稲荷さんにお参り。

 帰宅して、しばし休憩。

 今夜のテレビ、NHK教育でやる歌舞伎中継「こいつぁ春から」とテレ東「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の録画を予約。オンエアではテレ朝の「夢対決2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!5時間スペシャル」を見る。この番組のテニス対決は必見!

 で、それが始まる18時30分まで、何をしていたのか、記憶がない。多分、ソファで股座にくーたんを入れて、うたた寝していたんだろう。

 で、とんねるず&マリン・チリッチとゴラン・イワニセビッチの師弟&全日本ジュニア女子で優勝したり上位だった小学生女子vs.錦織圭&マイケル・チャンの師弟の対決。

 アップで球を追うという愚策をするので、見ていると酔ってしまう。テニスは引き画が基本なんだよ!錦織とチリッチのラリーは超高速だからカメラぶん回しで見にくい!ディレクターは編集の時にこれでいいと思ったのか?引き画も撮ってるんだから、そっちを使えよ!

 しかし、小学生女子の、凄いことに驚嘆!球に威力があるし、速い。そして錦織&チャンvs.チリッチ&イワセニビッチの対決は見応えがあった。現場で見たら、その球の速さとコントロールの正確さに腰が抜けただろう。

 こういう見せ場を作ってくれるから、この番組は見逃せないのだ。

 リアル野球盤とかを見ながら、「かき飯弁当」を食う。紐を引いたら蒸気が出て温まる式。
Img_2372

 なので……ご飯がたっぷり入っていると思ったら、ほとんどが「蒸気発生温め装置」だった。これじゃ足りない……。

 しかし、カキは美味しくて、まあまあ満足。最近は食べる量も減っているので、我慢できる。

 食後も、タラタラととんねるずの番組を見るが、ゴルフ対決になると興味がないので、風呂に入ったり、他の番組を見たり。

 チャンネルを変えていて、偶然NHKの「新春テレビ放談2016」に行き着いたが、これ、毎年見てるんだ、と思い出した。

 NHKならではというか、NHKなのにというか、他局の番組や他局の事情を平気で俎上にあげて、言いたい放題。

 しかしねえ、どうしてみんな、フジテレビのことを心配するの?今の芸人はみんなフジの番組で売れたからだろうけど……。ヒロミが言っていた「オレたちなんかさあ、月曜から土曜までずっとフジテレビにいて、時々よそに行くみたいな生活だったからさあ」という思い出もあるんだろう。

 しかし、おれなんかは、完全に日テレ世代だから。

 子供の頃から高校生になる迄、「キューちゃん!」(坂本九の公開バラエティ・ショー)「シャボン玉ホリデー」「巨人の星」「ゲバゲバ90分」「二丁目三番地」「裏番組をぶっとばせ!」「ウィークエンダー」「俺たちの旅」「太陽にほえろ!」とか、地元の四国放送が日テレ系列だったこともあって、日テレの番組ばかり見てたなあ。大阪ローカルのものも見ていたけど。

 だから、フジが「テレビ界の帝王」になった頃は大学生で、あんまりテレビを見ないお年頃になっていたし、「ひょうきん族」のユルさがなんか好きではなかったし、「軽チャー路線」も、テレビをバカにしているようで好きじゃなかったんだよなあ。ドラマだってTBSの方が山田太一ものでいいものを作っていたし。

 だから、中堅芸人たちが思い入れるほど、フジテレビに対して「頑張ってくれよ」「フジテレビはテレビそのもの」みたいな肥大した感情移入はないのだ。まあこれは、敬愛する小林信彦が日テレ贔屓だから(だったから)、それに影響を受けているのだが。

 とにかく今は、日テレはバラエティに強いという開局以来の本来の姿に立ち戻って、冴えに冴えている。この調子は、まだまだ続くだろう。

 で。

 録画したはずの「こいつぁ春から」と「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が失敗していた!

 うわあ。

 歌舞伎の方はまあ我慢できるが、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、ゲラが終わったらゆっくり見ようと思っていたのに!

 

 新春初ガッカリ。

 しかし、見逃したと思っていた「孤独のグルメ新春スペシャル」は自動で録画されていた。これは嬉しい。

 0時過ぎ、就寝。

今朝の体重:87.60キロ

本日の摂取カロリー:1904kcal

本日の消費カロリー:日常生活+42kcal/1083歩+61kcal(自転車)

2016年1月 1日 (金曜日)

1月1日/お雑煮&ゲラ

 8時過ぎ起床。

 咳は、本当にゆっくりと、よくなってきた。ひどい時のような、息が出来ないほど咳き込むことはなくなったし、熟睡も出来るようになった。

 快晴。

 肉眼で見ると富士山はきれいに見えるが、写真だとこうなってしまう。
Dscf1252

 PLフィルターが欲しいところ。

 朝のモロモロを済ませて、朝風呂に入って新年の気合い(?)を入れる。

 で、仕事開始!と思ったが、腹が減ったので、お雑煮を作る。

 シチューとバゲットを温める方が早いのだが、やっぱり元旦最初に口に入れるのはお雑煮でしょ。

 完全に、おれの自己流。うちは京都風の白味噌のお雑煮だったが、アレは甘すぎて全然美味しいとは思えなかった。かと言ってすまし汁もちょっとアッサリしすぎという感じ。お餅は焼いて入れる方が美味しいと思うのだが。

 という事で、普通の味噌汁の具を野菜(大根・ニンジン・長ネギ・そして今年は水菜)たっぷりにして、焼いた餅を入れる。

 餅3個。

 それに、昨日買ったローゼンハイムの洋風オードブル。

Img_2371

 日テレのお正月番組を見ながら食べる。

 それから、仕事開始。

 ゲラの続き。

 差し替え・差し込みの部分を書いて、その部分をプリントアウトしてゲラに貼り付けようとしたら……。

 プリンターが動かない!

 げーっ!

 お正月早々、機材トラブルかよ!

 修理しようにもメーカーはお休みだから、新しいのを買ってこなきゃいけないのか?え~そりゃ困ったなあ。すぐ使いたいから自分で運んでこなきゃいけないし。

 イヤしかし、昨日まで正常に動いていたんだから…….

 USBの接続は正常。ならば電源か。

 ダメモトでコンセントを挿し直したら……動いたじゃないの。どういうことだ?

 まあ、結果オーライで、プリントして、切り抜いて、貼り付ける。

 仕事を続ける。

 お雑煮を食った以外、通常営業。まあ考えてみれば、お正月も仕事がある人は多いんだから。交通機関の人とかお店の人とか。

 

 昼は、洋風オードブルの残りと、バゲットを温めて、牛乳と。

 バゲットが美味い!

 仕事を続ける。

 お正月がいいのは、静かなこと。交通量がないから、本当に静か。仕事が捗る。

 夕方になるが、腹が減らない。

 仕事を続ける。

 2/3まで来たところで、大きな書き足し指定があるところに来た。え~、この書き足し、思い付かないなあ。

 iPadで「笑点」を見ながら仕事するが、ここまででもう本日の力を出し切った感じで、終了という感じ。

 年賀状を取りに行く。

 あら。また2通、宛先不明で帰ってきてしまった。

 元日は日テレ三昧かと思ったが、テレ朝の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2016お正月SP!ガクト不敗神話が…」を見る。見ながらお雑煮を温めて、餅2つ。

 石坂浩二は完全にコケにされているが、濱田もさすがに怖いのか、梅宮辰夫は弄っても松方弘樹はあまり弄らない。

 松方弘樹の芝居を観たいねえ。この人の時代劇は、見ていて気持ちがいいんだけどねえ。現場で扱いにくいのかなあ。

 楽器の聞き比べ、吹奏楽の聞き比べは、マイクを通してしまうと全然判らない。放送に載った音と源波で聞く音には雲泥の違いがある。

 餅を1個、磯辺焼きにして食う。

 復活して、もっとゲラを進めなければ、と思うのだが、なんだか力が尽きてしまって、そのまま「相棒」を見る賀、新年そうそう辛気くさい話になってしまったねえ。テロリスト・本田篤人なんて、ずいぶん前のネタを引っ張り出してきて……。

 日テレの嵐の特番(桜井がミランダ・カーを接待するのが面白かった)やTBSのネタ番組(やっぱりサンドウィッチマンは美味い!)なども見る。

 「しくじり先生 2016しくじり初め元日スペシャル」の、森永さんが自分の「ガラクタコレクション」を展示する博物館を作ったら目算が外れて3億円の大損、というのを途中まで見て、寝る。

 「孤独のグルメ」新春スペシャルがあったのを、完全に忘れていた!wowowで、三谷さんの舞台と映画「マエストロ!」があるので、そっちを録画したら、「孤独のグルメ」を完全に忘れてしまった。まあ、ネットのどこかにあるだろう。

 0時18分、就寝。

今朝の体重:87.70キロ

本日の摂取カロリー:1797kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

新年のご挨拶を申し上げます

Img_2

旧年中はいろいろとお世話になりました。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2015年12月31日 (木曜日)

12月31日/ゲラに専念するはずが……

 7時起床。

 咳はだいぶ良くなってきたが、まだ残っている。早く治ってくれないと困るんだけど……。

 朝のモロモロを済ませる。

 ついでにジーンズも2本洗濯して干す。新年は洗いたてのジーンズを履きたい。

 今日は、年末年始の買い物以外は、ゲラに集中専念するつもり。……なのだが。

 午前中は、なんだかんだと気が散って、ゲラに手がつかない。困ったね。これは気持ちが逃げてるな。なぜ逃げてるかといえば、相当いろいろと直しが必要で、それがものすごく面倒に感じてしまうから。ゲラ直しは作品を良くするためのものなのに。

 ビーフシチューを温めて、ダブルソフトのトーストと、一昨日買ってあった「サラダ盛り合わせ」(ポテト、卵マカロニ、スパゲティ)と共に食べる。シチューの肉、もっとほろほろになっていて欲しかったが……脂身のないもも肉だから、こんなものか?

 レストランで食べるシチューは、ほとんど「赤ワイン煮」で肉を食べるものだけど、家庭で食べるシチューは、ご飯にかけたらハヤシライスになるような感じの、カレーと具が同じ感じ。もうちょっとつくり方を工夫して、レストランのシチューみたいに仕上げたい。それには野菜の具を減らして、肉のカットを大きくして、「汁」をもっと煮詰めるべきなんだな。

 で。

 午後になって、やっとゲラに手をつける。

 と、何のことはない、するすると進む。プロットを考えるのに中断する前の部分も見直して、進む。

 ちょっと厄介な部分も簡単に乗り越えられた。

 いけるじゃないの。

 しかし、キリのいいところで中断。

 お雑煮の材料と、おせち代わりのオードブル、そしてシチューに合うバゲットを買わねば。

 ということで、マルイ地下の食料品売り場へ。

 しかしここは激混み。品定めしながら歩くから、全然進まない。こっちはどこにどんな店があるか判っているので、どんどん先に進んでぱっぱと買い物をしてさっさと帰りたいのだ。

 しかし、こういう買い物を楽しんでいる人たちもいるんだよね。そういう人たちの楽しみを奪ったり邪魔したりするのはよくないよね。年末なのに。

 おれはつい、イライラしてきて立ち止まってる人を追い越したり、後ろから押したりしてしまった。

 反省しております。

 和風の古典的おせち系折り詰めにはやっぱり触手は動かず、ローゼンハイムの洋風オードブル(1000円だ!)にする。ローストビーフやハムとかの盛り合わせで、一人なんだし、これで充分。元旦も仕事するんだし。

 ポールでバゲットを買い、いつものスーパー、トポスに移動して、野菜や餅、ウルトラミニサイズの鏡餅を買い、帰宅。

 通気性がほとんどゼロのインナーを着て行ったら、モーレツに暑くて汗をかいた。思えば、これを着て12月17日に春日部に行って神社にお参りしてラーメンを食って、結構歩いたら風邪を引いたのだ。それはこのインナーのせいだ。この忌むべきインナーを捨ててしまおうかと思ったが、それだけ暖かいということだから……取っておくことにする。薄くて暖かいというのは貴重だし。

 Tシャツを着替えて、洗濯物を取り込んで、昼飯代わりのハムチーズ・サンドを食べて薬を飲む。

 仕事再開。

 しかし、眠い!

 あまりに眠いので、ソファでしばし寝る。股座にはくーたんがはまり込んで、一緒にうとうと。これが実に至福の時間ですなあ。

 17時ごろ起きだして、仕事再開。

 テレビをつけると、日テレで、過去の「おもしろ荘」(「笑ってはいけない……」が終わった後に始まる新人芸人紹介番組。ここで注目されて売れた芸人は多い)をやっていて、オードリーやハライチの漫才はやっぱり腕があって面白いと、ついつい見てしまったら、「笑ってはいけない名探偵24時」が始まってしまった。

 今年はなんと、レギュラーメンバーに中居くんが加わる?

「紅白とか大丈夫なの?バッティングしないの?」

 と、しきりに心配しながらメンバーに加わってバスに乗ると、堀北真希(綺麗だね!)とかが乗り込んできて、散々中居くんのお尻を叩いてズボンを破った末に、バスから連行してしまった。

 ここで中居くん終了。

 ここまでがすごく面白くて、ここからは「いつもの」パターンになってしまったので、つまらなくなった。

 バゲットを1/3食いながら、見る。

 仕事をしながらチャンネルを変える。

 BS日テレで三船/稲垣浩の「宮本武蔵」三部作を放送していた。1954~1955年の、東宝初のイーストマンカラー。

 この、色彩が極めて美しい。テレビ放送するのにかなりの補正をしたのかもしれないが、色彩に退色は全く感じられず(古いカラーフィルムだからコントラスト的に「?」と思えるカットもあったが)、しかもネガ傷もないので、水も滴る新鮮で美しい状態。

 この保存状態は極めて素晴らしい。

 しかも、今よりも色彩設計に凝っていて、夜の場面のバックにスモークを焚いて青い照明をしているから、画面に奥行きがあってとても美しいのだ。(撮影:安本淳)

 八千草薫が極めて可憐で美しく、これまた魅力的。いや~八千草薫は美しいなあ。

 イカンイカンと仕事に戻る。

 しばらくやって、半分まできたところで、結構大きな直しポイントが来たので、挫折。

 仕事を中断して、NHKの教育テレビ(別にイーテレとか呼ばなくてもいいんでしょ?)の第九演奏会を見る。第4楽章後半。

 おれは、終わり近くの、合唱もオケも急にスローになって崩れかけるところがスリリングでとても好き。今回のパーヴォ・ヤルビィはそこをなかなか魅力的にやったし、ラストの「一気にスピードアップして走りこむように終わる」ところもいい感じ。この部分をもっちゃりゆっくりやる指揮者もいるが、それは好きじゃないのよね。

 これが終わった後、引き続き、2015年クラシック界の回顧、も見る。

 食べようと思っていたシチューだが、お腹いっぱいなので、持ち越し。その代わりに、年越し蕎麦を食べる。レンジで温めればOKの、海老天そば。なかなか美味い。

 テレ東のジルヴェスタ・コンサートに切り替える。今年は、引退をひかえたシリヴィー・ギエムの「ボレロ」でカウントダウン。大友直人指揮の東フィル。

 0時ちょうどに曲が終わって、あけおめことよろ。

 近所の神社では初詣が始まった。去年は列の長さに恐れをなして部屋に帰ってきたのだが……。

 今年は、0時40分頃まで「おもしろ荘」を見て、外に出て、列に並ぶ。
Img_2370

 そう待たず、15分ほどで参拝できた。

 先着800人にもらえる「御福銭」をいただく。財布には数年前の「御福銭」があったので、それはお返しする。

 おみくじは、「末吉」。

 2015年は、気学的には最悪の年で、実にヤバかったのだが、吉方取りをしていたせいか、そう悪くもなく、新たな版元からお話をいただいたり、久々に増刷されたり、初版が大台に戻ったりと、仕事的には、いいことの方が多かった気がする。2016年は良い年らしいので……期待しちゃうなあ。しかしこればかりは、当人の頑張りが如実に現れるので……精進せねば。

 境内で甘酒をいただき、帰ってくる。

 まだ「おもしろ荘」はやっていて、優勝者が決まった。彼らは売れるのか?

 NHKにすると、「生さだ」をやっていた。

 2時過ぎまで見て、ベッドに入ってネットニュースを見て、2時30分、就寝。

 元旦は文字どおり、ゲラに専念せねば。去年も同じようなことをしてたんだよね。

今朝の体重:87.40キロ

本日の摂取カロリー:2025kcal

本日の消費カロリー:日常生活+111kcal/2720歩+46kcal(自転車)

2015年12月30日 (水曜日)

12月30日/急遽、東京近郊区間プチ遠回りの旅

 7時頃起床。

 晴れ。

 キッチンに置いているパナソニック製の空気清浄機。メインはダイキン製にしたので、忘れられた存在になってしまったけど、毎日健気に動いている。しかし、もう何年もフィルターを交換しないで放ったらかし状態。だけどセンサーが働いて健気に律儀に動いてくれている。

 なんだかそれが気の毒になってかわいそうになったので、久々にフィルターを注文して、昨日届いた。

 で、今日がゴミ収集の最終日なので、急遽、フィルター交換。掃除機で綿ぼこりを吸い込んで、交換。これで日々の働きに多少報いることはできたかな?

 慌ててゴミを出しに行ったら、ちょうど収集車が到着したところ。

 そのあと、朝のモロモロを済ませる。

 すっかりアップル純正のかな漢字変換に慣れてしまって、ATOKを使うとまだるっこしい感じになってしまった。漢字変換の精度も高くて、賢いのだ。

 いろいろあって、急遽相方と『東京近郊区間遠回り電車の旅』に行くことに。

 ホットミルクを大きなコップに1杯飲んで、薬を飲んで外出。

 12時前に駅で相方と待ち合わせて、京成線で上野に出る。

 上野で初乗り区間のキップを買って、高崎線に乗って、高崎。ここで八高線に乗り換えて八王子。取りあえずそこまで考える。去年は大宮から川越線で高麗川、そこから八高線に乗り換えて高崎、そして両毛線というコースだったので、その逆。というか今回は八高線を高崎~八王子間、全て乗ることにする。

 上野で、駅弁(幕の内。おれは幕の内弁当が大好き)を買う。

 先に来た宇都宮線・古河行きが空いていたのでとりあえず乗って、大宮で後から来る高崎線・高崎行きに乗り換えることにする。

 が、高崎線は結構混んでいて、ボックス席がない。買った駅弁を食い損ないそうな感じになってきたので、ロングシートで食う。まあ、迷惑になる程混んでいなかったし。

 が、乗り込んだ先頭車両は、途中の籠原で切り離される。

 熊谷で5両分歩いて後ろの車両に。

 車中で調べたら、高崎まで行って八高線に乗り換えると、1時間の待ち合わせになってしまう。1本前の八高線が、4分先に出てしまうのだ。

 高崎で1時間、というのは辛いなあ。というか、せっかくの八高線の車窓が夕景になってしまう。

 ならば。高崎まで行かずに1つ手前の「倉賀野」で乗り換えたら間に合うはず。高崎~倉賀野間は高崎線と八高線が並走しているのだ。

 そうしようそうしようということで、倉賀野で下車。

 数分待って、八高線が来た。

 しかし、結構混んでいる。我々のような「用もないのに八高線に乗る」鉄ちゃんが多いみたい。だけど、せっかくの八高線なのに、みんな寝てるぞ。ディーゼルカーの振動が心地いいのかも。

 去年乗って旅情を感じさせた車窓の風景は進行方向向かって右側なのだが、太陽光がまぶしいのでカーテンが引かれてしまった。

 しかし、反対側の車窓もなかなかいい。

 こういうところの古い家に住んだら、のんびりしていいだろうなあ。いや、この辺の地域のしきたりとか行事とかいろいろあって、それに駆り出されたり、近所付き合いとかいろいろ大変で、山間の田舎でのんびりという暮らしは無理か。「悪漢刑事14」でそういう話を書いたばかりだし。

 池の水が凍っていた。車内は暖房でぬくぬくだが、外は寒いだろうなあ。山間だもんなあ。

 高麗川でディーゼル区間は終了。向かい側の電車に乗り換えて、八王子へ。

 途中にある米軍横田基地が見所か。その近くに、色鮮やかなかっこいい建物があった。iPhoneのマップを見ても判らなかったけど、調べたら判った。ドンキホーテの裏にある「ラ・フィエスタ横田」というラブホだったのね。

C0000484_pic

 ここはラブホなのに食事が充実しているし、最上階の部屋からは横田基地が一望できるらしいぞ。福生に遊びに行って泊まるのも面白いかも。ずっと以前に福生に取材に行った時は、福生駅の裏にある古いけどアメリカンなホテルに泊まったのだが……それはあくまでこっちが勝手に抱いたイメージで、中は古色蒼然としたものだった。今はもうないみたい。

 16時44分、八王子着。

 駅構内の「いろり庵きらく」で夕食。おれはかけ蕎麦にミニカツ丼のセットにちくわ天をつけてもらう。

 なかなか美味い。そういや以前、八王子からバスに乗って相模湖に行った時も、ここで蕎麦を食ったんだよな。

 八王子から横浜線に乗ってもっと遠くに行く選択もあったが、相方が眠くなってきたというので、中央線で東京へ。

 

 17時を回るともう、夜。

 東京から山手線で御徒町。有人改札で140円の切符を出して、無事にルールを満たして、「東京近郊区間遠回りの旅」、終了。前回より今回はコンパクトだった。その気になれば茅ヶ崎経由か東神奈川経由の大回りもできたのだが。

 大晦日イブの御徒町~上野を歩いて、京成線で帰宅。

 くーたんにご飯を出し、風呂に入る。

 ゆっくり入ったので、出たら眠くなった。

 日テレ「ザ!世界仰天ニュース今年もあと27時間!2015年仰天事件総まとめ大忘年会SP」の、あんまり深刻ではないネタを見たり、テレ朝「アメトーーク! 年末5時間SP」を見たり。

 年末特別企画みたいにやってるけど、いつもより編集がゆるい感じ。なんだか、普段なら4時間録って1時間に編集するところを3時間程度にまとめた感じ。水増しというかなんというか。

 ここんとこ、また、くーたんが欲求不満がたまってきて、こじれた声で鳴くようになってきたので、今晩は思いっきり相手をする。遊んで、抱っこして、ナデナデしていると、くーたんは満足そうな顔になった。猫は無表情と言われるが、よく見ていると、感情豊かな動物だし、それをかなり表現する。特にうちのくーたんは、しゃべるように鳴くから、よく判る。

 しかし、眠いので23時すぎに就寝。

今朝の体重:87.20キロ

本日の摂取カロリー:1879kcal

本日の消費カロリー:125kcal/3581歩+48kcal(自転車)

2015年12月29日 (火曜日)

12月29日/猫の墓参り&圧力鍋破壊&旧友の愚痴聞き&深夜の警官隊

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 洗濯をして、干す。

 朝のモロモロも済ませる。

 アサメシは、ご飯をレンジで温めて、卵かけ御飯にインスタントの赤だし、青菜の漬物。

 アベ首相の「大英断」。これはコイズミの「北朝鮮電撃訪問と拉致された人の一部の奪還」に匹敵する英断かもしれない。ま、日韓関係を強硬姿勢でこじらせたのもコイズミとアベだけど。

 ネットではライトな人たちがすごく批判をしている。要するに、日本政府や旧軍に責任がないことなのになぜ謝った、すでに1965年に話がついてることに何故また金を出すんだ、と。

 しかしねえ、日本の従軍慰安婦は、他の国(他国の軍隊だって似たようなものはあった)と違って、前線にまで連れて行って、最後は慰安婦も一緒に戦ったり敗走したりしたんだから。そんなの「軍営」じゃなくても業者と軍の間には阿吽の合意・阿吽の約束はあっただろう。文書には残っていなくても。じゃなければ、前線で営業なんかできるはずがない。

 その事実は、昭和30~40年代に作られた日本の戦争映画(「独立愚連隊」シリーズや「兵隊やくざ」シリーズなど)に普通に出てくる。戦争に行った人たちが、自分の記憶や経験で戦場を再現しているのだから、映画では、軍隊と慰安婦の関係は事実に基づいて自然に描かれていたはずだ。それに水木しげる先生の生々しい証言もある。

 1965年の日韓条約で、日本と韓国の間の話はついたのだろうが、日本が支払った金は、韓国の国策に使われて、戦争で被害を受けた個々人にまで回っていない現実がある。それを、豊かになった日本が後から追加で補償するのは当然だと思うが。

 日本に比べてはるかにきちんと戦後処理をしていたはずのドイツだって、未だにポーランドなどから訴訟を起こされて、新たに賠償金を支払っている。日本においておや、だと思う。

 今回の件は、強硬なアベだからこそできた、という面はあると思う。共産党の志位さんがその点は評価しているのは正直だと思う。アメリカの強い意向があったであろうことは簡単に想像がつくが。

 しかしこの件、記者発表はしたが、文書が作成できなかったのが、今後の問題にならなければいいと思う。

 普通の日本人が韓国に対して悪感情を持つのは、「話がついたはずなのに、何かあるとすぐに話をぶり返してきた」積み重ねがあるからだ。これが最終決着になればいいなあと願う。

 数年経って、また同じことが繰り返されるのは、うんざりだ。そういう気持ちも強くある。

 残った超VIPの年賀状9枚を書く。

 あとはゲラをやるだけ……だが、猫の墓参りに行かねば。

 夜食べるシチューを仕込んで行こうと、ブロック肉を切り、野菜を切り、仕込みをしたところで、バターもケチャップもないことを発見。肉や野菜はバターで炒める方がコクが出て美味いので、作業を中断。

 ちょっとゲラを見て、13時過ぎに外出。

 郵便局で年賀状を投函し、書き損じ1枚を5円で交換してもらう。

 北千住から東武線で「とうきょうスカイツリー駅」。ここから動物慰霊堂まで歩く。

 スカイツリー周辺には観光客がたくさん。外国人観光客は駅のエスカレーターのところで立ち止まるから、歩きにくくて仕方がない。まあ仕方がないんだけど。「May I help you?」とかいっていきたいところを教えてあげれば……と思ったが、知らないところだったら困るしなあ。東京スカイツリーで「日光に行きたい」というなら「東武線に乗りなさい」と言えばいいんだけど、「雷門に歩いていきたい」と言われたら困る。歩いて行ける距離だけに。

Img_2369


 で、動物慰霊堂は、とうきょうスカイツリー駅と錦糸町駅のちょうど中間にある。

 お供えのキャットフードを買って、慰霊堂へ。

 今日でおしまいだと思ったら、大晦日は開けるのね。でも、年内の行事は今日済ませてしまいたい。

 元気だったら、浅草の「ラーメン弁慶」に行くところだが、そこまでの元気も時間もない。少しでもゲラをやらないと。

 錦糸町まで歩いて、駅前のバーガーキングで、久々のワッパーを食べる。

 マクドナルドはどこで食べても同じ味だが、バーガーキングは店によって味が違う。南千住はマズイが、秋葉原と錦糸町は美味い。

 帰路、スーパーで買い物。

 帰宅して、シチューの仕込みを再開。

 いつもは保温鍋を使って長時間調理をするのだが、できれば夜食べたいので、久々に圧力鍋を使うことにする。

 フライパンで肉を焼き、野菜にも火を通して、圧力鍋に赤ワインと水を入れて蓋を閉めようとしたら……。

 何かに引っかかったのか、蓋がうまく閉まらない。と、戻そうとしても動かなくなってしまった。

 しばらく手で開けようと試みたが、動かない。

 困った。

 鍋の中にある肉と野菜は食えるのに、鍋ごと捨てるしかないのか?

 いやもう鍋は諦めても、中身はもったいないから何とかレスキューしたい。

 しかし、鍋の蓋は開かない。

 ドライバーの柄でガンガン叩いても、ほとんど動かない。

 こうなったらナグリだ。

 イケアの家具を組み立てるときに使った硬質ゴムのトンカチがあった。

 それでガンガン叩いていると、ようやく蓋が外れた。

 中身を救出して、保温鍋に移す。

 圧力鍋も、きちんとセットし直したらきちんとはまるのだが……絶対に歪みが生じただろうから、この圧力鍋はもう捨てる。

 もったいないけど仕方がない。しかしまあ、ディノスで「3点1万円」で買ったやつだから。もっと高い圧力鍋なら、こんな馬鹿なトラブルにもならなかっただろう。

 アマゾンでみたら、同型の物が3700円だった。しかし買わないぞ。どうせならティファールかなんかのいいやつにしよう。

 保温鍋に火を入れて、しばらく煮込んで、保温容器に移す。

 しかしこのシチュー、今夜は我慢して、明日食うほうがいいな。

 と思っていたら、電話。

 映画時代から関係が続いている数少ない友人Kから。今夜、年1回の飯を食う約束をしていたことを完全に忘れていた!

 いや、昨日までは覚えていたのだ。しかし今日になったら記憶から消えていた。

 万事ちょうどよかった。晩飯はシチュー以外の何かを食べなきゃいけなかったんだし。

 しかしKと会うと話が長くなって、今夜は仕事にならないな。

 19時前にKが迎えに来た車に乗り込む。

 Kは愛車の古いボルボを追突されて、愛車は修理中。新しいボルボが代車だが、車と畳は新しい方がいいと思うなあ。しかしKはヴィンテージが好き。

 その古ボルボ、シャーシが歪んでしまって修理するのに200万近くかかってしまうと。しかしもう古い車なので、保険でカバーされるのは「時価」。今その車を買うとしたら70万くらいしか寝がつかないから、保険は70万くらいしか出ないんだと。追突されて弁償されるより高い金を自腹で払わないといけないという不条理。

 しかし、Kがそのボルボを諦めたら話は違う。保証される70万に少し足せば、国産のもっと新しい車が買える。

 しかしKは古ボルボに執着。

 この男は才能と能力に恵まれた優秀な人物なのに、妙に偏屈なので人生を大いに損している。世が世なら金と名声に満たされて何不自由ない暮らしをしているだろうに……。

 竹ノ塚のロイヤルホストに入って、彼はジャンバラヤ、俺はステーキ丼を食いながら、ひたすらKの愚痴を聞く。 これが年1回の恒例。
04

 ロイホに来たら絶対にステーキを食べなきゃ!と思っているが、昼に食ったワッパーがまだ腹に残っているので、240グラムのステーキは多すぎるので、ステーキ丼。美味い。

 Kは愚痴るけど他人の意見を全く聞かない。金がないならもっと家賃の安い部屋に引っ越すとか、ヴィンテージの車や大型バイクを売るとかして生活を縮小すればいいのに、いろいろ理由をつけて全て現状維持。腰痛とか関節痛だというからいいカイロの先生を紹介したのに1回も行かないし。なのに愚痴だけは言う。田舎の偏屈ばあさん(爺さんにもいるけど)の典型みたいな性格。

 要するに彼は「相談」してるのではないのだ。ただ「愚痴ってるだけ」なのだ。愚痴だから吐けば満足して相手の言うことなんか聞く気はない。

 漢文とか日本の古典に凝っているとか、アメリカのミステリーを原書で読んでいてわからない単語が増えてきたからボキャブラリーを増やすノート付けを習慣にしているとか、尊敬すべき教養人なのに、生活力がない。自分で「高等遊民」を自称している。まあそれで暮らしが立つのなら大変結構なことだけど。

 おれなんか、仕事の資料本を読むので精一杯で、楽しみの読書なんかほとんどできないのに。

 食後、竹ノ塚から越谷まで、意味もなくドライブして、日光街道バイパスから旧日光街道に入ってタラタラ走って帰ってくる。

 23時過ぎに帰宅。

 エレベーターに乗ろうとしたら、制服警官がドヤドヤと走ってきてエレベーターに乗り込んできた。

 思わず「何か起きたんですか?」と聞いたら、「不審者がいるかもしれない、という情報がありまして」と。

 警官3人は4階で降りた。おれもちょっと降りて4階の廊下を覗き込んだら、奥の方から何やら呻き声というか喧嘩している声というか、そんな声が聞こえてきたので、慌ててアレベーターに戻って、自室に入る。

 ゴミ出ししようかと思ったが、怖いので、もう外に出ず。ドアチャイムが鳴っても絶対に開けないぞ。

 

 部屋の中はシチューの匂いで充満していた。保温調理器に4時間入れてあったから、もう「食べ頃でっせ」とシチューが教えてくれているのだろう。

 ちょっとゲラを見るが、全然頭に入ってこないので、諦める。

 テレ東の、たけしと鶴瓶の大放談(よくまあ放送したな、という内容。TBSなら全部カットするだろう)を途中までみる。たけしはネタで「足立区のひどさ」をこれでもかと言い立てたが、知らない人が聞いたら本気にするぞ。

「かっぱらい日本一は足立区」

「東京で停電が起きたら真っ先に電気が消えるのは足立区」

「東京で一番税金を払っていない奴が多い足立区」

「そのくせ生活保護をもらってる奴が一番多いのも足立区」

 半分は当たってるけど。

 しかしま、荒川のこっちと向こうじゃ世界は違うんだけど。北千住は足立区のビバリーヒルズだぜ。足立区の田園調布だぜ。足立区のマンハッタン(隅田川と荒川に囲まれてるし)だぜ。

 ずっと見たかったが、眠くなってきたし、明日は仕事しなきゃいけないので、0時40分ごろ、就寝。

 夜中にくーたんが妙な声で鳴いていたが、多分、便秘で苦しいんだろう。そういう鳴き方。まあこれは、こっちが神経質になると余計に悪いので、見守るしかない。整腸作用のあるサプリは増量してるんだけど。

今朝の体重:87.20キロ

本日の摂取カロリー:2737kcal

本日の消費カロリー:220kcal/5667歩+49kcal(自転車)

2015年12月28日 (月曜日)

12月28日/忘年会&「赤めだか」

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 咳は出る。なかなか治りません。

 朝のもろもろを済ませて、病院へ。土日とクスリが切れて市販薬を飲んだが、全然ダメ。

 病院の待合室で待っていると、相方からメッセージが。今日の午後に会って、税金関係の書類を渡す予定だったのだが、それが早まった。病院が終わってすぐに会うことに。

 さほど待たず順番が来た。やっぱり風邪が治っていないと。

「今の風邪は長引くよ」と先生。

「咳喘息とかじゃないんですか?」とおれ。

 先生は笑って、息がヒューヒュー言ってないから違うと。

「それに咳の種類が違う。咳喘息だともっと乾いた咳になるし、2カ月以上続くし。まだ2週間でしょ?」

 会計して、近くの薬局で薬を出してもらい、一度帰宅して、必要な書類をカバンに入れて、足立税務署へ。要するに今日で税務署は御用納めで、今日中に提出しないと期限切れになる古い確定申告がある。その滑り込み提出。

 2年分の書類を最終的に整えるので時間がかかったが、なんとか終了。

 

 ランチをゴチになる。

 近くの「定食かあちゃん」で秋刀魚の塩焼き定食を食べ、プロットの打ち合わせ。もう少々手直し。

 帰宅して、プロットを直して、担当T氏に送る。

 そのあと、年賀状作成。これを早く済ませてゲラに専念したい。ゲラの直しも結構あるし、場所によっては差し替えをする必要もあるし、年内に済ませなければ相方が見る時間もないし……。でも、年賀状の方が〆切が迫っている。

 遠方のVIPを優先。

 なんとか50枚ほど済ませる。残ったのは、東京近郊の超VIP。これは丁寧に書かねばならないので、明日やろう。

 というところで、時間。

 今夜は気功と気学の合同忘年会。本当は今日の昼間に気学教室もあったのだが、風邪が抜けないこともあってお休みした。

 少し早めに、会場の浜町の「日本橋逢鳥」に向かったが、早く電車に乗りすぎたので、17時30分には着いてしまう。いくらなんでもこれでは早すぎるので、水天宮前駅から歩くことにしたが……道を間違えてしまって、すごく遠回りをしてしまった。

 というか、大きな意味では間違えていなかったのだが、水天宮前から浜町までは思ったより遠かったということ。

 18時開始の10分前に到着したら、誰もいない。あれ?ホントにここで間違いないんだよね?と不安に思いつつ10分経過。

 18時ジャストに本隊が到着。

 風邪なのはおれだけかと思ったら、聖さんにhana師匠も風邪気味の鼻声。というかhana師匠は熱を出していたと。

 相方がスパリゾートハワイアンズで買ったお土産のお菓子をみんなに配る。

 鳥の水炊きに、焼き鳥に、サラダに鳥刺しなどなど食べきれないほどの料理が続々と出てきた。
Original

 どれも美味い!

 鳥の水炊きは、鍋の下に鳥のもも肉が潜んでいて、これがホクホクになっていて、美味い!

 鍋の野菜って、とても美味いし。Fumikaさんが取り分けてくれて、ありがたい。男が取り分けると不細工になってしまうので……。

 おれはお酒は飲まず、ウーロン茶で。

 出し巻き卵もずいぶん食べた。もうお腹いっぱいな状態で、シメの雑炊。雑炊奉行は芦川さん。

 ゲストのデンカこと元男爵家の軍曹マニア氏は、ウクライナ海軍から名誉大佐の称号を贈られたと。大佐といえば将校。

 祥伝社S編集長に、2月新刊の「悪漢刑事14」初版部数が増えたお礼を述べる。久々の大台(あくまで当社比)復帰なので。

 20時になって、宴会終了。みんなは二次会のカラオケに向かうが、今のおれの状態では歌えないので、残念ではあるけれど、お別れする。

 新宿線~半蔵門線で帰宅。

 帰宅して、くーたんにご飯を出してテレビをつけたら、「赤めだか」をやっていた。

 談春さんの原作は、快楽亭がボロクソに言っていた(これは身内のシャレでもあったろうが)ので……いや、ボロクソに言っていたのはキウイの「万年前座」だったか。でもやっぱり、弟弟子が立川流の内幕を書いた本が売れて話題になるのは、そりゃネタにする。マクラでボロクソに言っていた記憶が……。

 それに、たけしが談志をやるというので、似ても似つかぬ談志になるし、妙に豪華な出演者で、ドタバタ・バラエティ風になるのかな、それだったら見る価値ないなと思って見る気は無かったのだが……。

 途中から見始めたら、止まらなくなった。すでに入門を許されたところから見たのだが、面白い。

 たけしの談志は、談春が言った「たけしさんでもないし談志でもない異様なもの」という、そういう存在。芸人として、たけしと談志は似ているところがあるし、多くの弟子を抱えて弟子に無理難題を押し付けて喜ぶというところ(と外野からは見える)も似ているので、姿形や口跡や口調もまるで似ていないが、談志の真髄は掴んでるんじゃないか(と書くと、快楽亭に叱られそうだが)と思わせる出来だった。

 弟子は同時に二つ目になる4人と、その兄貴分として志の輔しか出てこなかったが、その上の兄弟子も出すと収拾がつかなくなるから、ドラマ的には仕方がないのだろう。

 しかし、前座4人の描き方は気持ちがよくてエピソードも十二分に盛り込まれて、面白い。立川談々が北村有起哉、立川関西が宮川大輔、そして主人公・立川談春が二宮和也、立川志らくが濱田岳。兄貴分の立川志の輔が香川照之。志の輔が一番弟子みたいに出てくるから、これに文句をつける人は多いだろうなあ。でも、ドラマとしては仕方がないと思うし、この弟子達のチームワークは最高で、なんとも気持ちがいい。

 脇役に、喬太郎やダンカン、当代円楽、庄司歌江にラサール石井にさだまさしも出てくるし、談志を敵視する「演芸評論家」としてリリー・フランキーが出てきて、実にいやらしい(けど、うまい!リリー・フランキーの独壇場!)。

 この評論家「林修一」のモデルは小林信彦だと書いているネット記事があったが、それは完全に違うだろう。談志に対して批判的なこともさほど書いていない(つまり、無視していた)んだから。

 特筆すべきは、立川談々を追う借金取りが異様に美男子で、その顔はとても美しい。誰かと思ったら、山内圭哉。朝ドラ「あさがきた」の番頭役で大注目の人だが、こんなに美しい顔立ちだとは!

 それと、立川関西の大学の同級生でTBSのアシスタントPの役をやった高橋洋もいやらしくてよかった。

 しかし、松尾貴史がやった「ナマス亭パンニャ」って、誰のこと???

 勘九郎が父・勘三郎(当時はまだ勘九郎だった)を演じたところでは、泣いた。なんせ声がそっくりだから、なんだか勘三郎が生き返ったようでねえ……。

 ラスト、二つ目昇進披露の舞台での「談志の言葉」には、感動して、泣いたよ。

 このドラマは、よかった。事前の予想は全て外れて、とてもよかった!

 おれも……師匠があって、弟子だった時がある。落語と映画は違うから、「シャレ」だと言われたら笑わなきゃならない落語の世界よりもずいぶんラクだったし、おれの師匠は、談志みたいな理不尽なことは言わなかったし、むしろ弟子として師匠に粉骨砕身尽くさなかったことが、今になると悔やまれてならない。大学出たてのバカとしては、どこまで無私な滅私奉公をすべきなのか、判らなかったんだよねえ。弟子というより助手というか付き人というか、そんな感じでもあったし……。

 そういう時代のことを思い出して、泣いてしまった。

 親子の関係は、人間にとって永遠の課題というか、枷みたいなものだと思うが、師弟関係も親子関係に似たところがあって、愛憎相乱れる複雑なものだ。

 でも、師弟関係って、ある方がいい。ないよりずっといい。なんだか、心の支えになる部分がある。

 そういう意味で、おれは、師匠・市川崑に、もっと滅私奉公すべきだったと、今にして悔やむのだ。

 風呂にお湯を入れてあったのだが、「赤めだか」を見てしまったので、冷えてしまった。お湯を足して、入る。

 出てくると、くーたんがトイレの前に大をしていた。しかし、お通じがある方が大事。大いにくーたんを褒める。

 0時30分、就寝。

 

今朝の体重:87.05キロ

本日の摂取カロリー:1746kcal

本日の消費カロリー:日常生活+222kcal/5720歩+118kcal(自転車)

2015年12月27日 (日曜日)

12月27日/年賀状泥縄の作成とプロット修正

 7時20分起床。

 朝晩、咳はまだまだひどい。

 晴れ。

 朝のもろもろを済ませ、昨夜ご馳走になったI氏に礼状(と言ってもメールだけど)を書き、拙著を送ろうと、押入れに仕舞い込んだ備蓄を調べて、5冊選ぶ。最新刊と、目下続編を書いている、その1作目と、「悪漢刑事」第1作の最新刷を。

 ゆうパックで送れば、多少は早く着くだろう。

 午後に本局に出しに行くことにして、仕事。

 昨夜の打ち合わせに沿って、プロットの手直し。すぐできると思うと、気が散ってしまった。

 そろそろ年賀状をなんとかしなければ、と決心して、年賀状作成を並行して開始。

 まずは送る相手を選定して住所だけプリントアウト。相手に応じて裏側のデザインを決めて、遠くの方を優先して完成させる……つもりだったが、営業用の年賀状の方が簡単にできてしまうし、大量に刷るので、こっちを先に片付けてしまうことにする。近況を書き込む相手は、大晦日ギリギリまでかかってしまうだろうなあ。

 それと、壊れてしまった足温器。同じものを買っても1年保つかどうかだから、違うメーカーの違う製品にする。

 座布団にヒーターの入ったものにしようかと思ったが、もっと安いので、昔ながらの「電気あんか」があった。しかも1000円ちょっと。これなら外しても、壊れても、「1000円だから仕方がないなあ」で済ませられる。コイズミ製の電気あんかをアマゾンで注文したら、今日届くって。宅配便を酷使してるなあ。

 年賀状のデザインをやりつつ、プロット。

 

 ブランチはレトルトのカレーを食う。

 13時を回って、プロットの手直しができたので、相方に送り、外出。

 本局の時間外受付でゆうパックを出すが、時間外受付は長蛇の列。小包の受け取りが多いみたい。

 無事に発送して、近くの立ち食い蕎麦を食い、夕食の材料を買って、帰宅。

 ゲラをやりながら年賀状作成を続行しようと思ったら、相方から電話が入って、プロットの修正。

 これも、そう大きな修正ではないので、やっぱり気が散るというか、年賀状に意識が向いてしまった。

 宛名はHPの複合機で刷り、裏面はエプソンのハガキ専用機で刷る。このハガキ専用機はPOP用に買ったので、しばらく使っていなかったら、インクヘッドのノズルが詰まっていて、ヘッド・クリーニングを繰り返して、なんとか正常になった。

 営業用の方は、もう、「出すことに意味がある」という感じで。受け取る側も、差出人の名前をちらっと見る程度だろうし……。

 なんだか、どっと疲れてしまい、夕方、ソファでウトウト。ちょうどテレ朝の田舎暮らしの番組「イチから住 まこと・富永夫妻 静岡移住完結編 最後に…ある発表スペシャル」をやっていた。西伊豆・戸田に住んで3ヶ月。番組としては終了だが、この町が気に入った二人は、個人的に今の借家を借り続けて別荘のようにするのだとか。そりゃ、いいところだもんね。別荘にするというのは最高のチョイスかも。

 メシにする。買ってきた「一人用すき焼きうどん」に長ネギを増量して。それと、焼き鳥3本。

 TBS「世界衝撃映像100連発★2015最強映像大放出SP!航空機炎上…巨大雪崩」の、巨大雪崩の部分を見ながら食う。うどんを食べたら、ご飯は要らなかった。だんだん少食になってきた感じ。少食になると体重は減るし家計も助かるけど、なんか、寂しいのよね。衰えてきたという感じもあるし。

 しばらくテレビ休憩……だけど特に見たい番組もないので、プロット修正と年賀状作成に専念。

 夜になって、アマゾンに注文した「電気あんか」が到着。なんか、宅配便の配達の人が気の毒な感じ。

 プロット再修正は21時過ぎにできて、相方に送る。

 年賀状は、200枚くらい、できた。明日早速発送してしまおう。

 明日は、病院に行って風邪薬を出してもらわないと。まだまだ治りきらない。

 去年の今頃の日記を見る、というのがFacebookでは簡単にできるので、つい見てしまうが、去年も同じようなことをしてたのね。去年は年賀状を作成しながら、角川の直しをやっていた。

 年賀状は格安チケットショップで買うと安い、という知恵をつけたのに、今年は郵便局で買ってしまったなあ。1枚につき2円安く買えたのに。

 でも去年より出す枚数を絞ったんだけど。本当は、もっと絞ってもいいのかも。お付き合いがなくなって久しい編集者さんとか、多いもんなあ。

 で、去年は、歳も押し迫っているのに、東京近郊遠回り電車の旅に出てるのね。東北線~川越線~八高線~両毛線~常磐線の旅。ゲラが早く終われば、またちょっと行きたい気分。

 風呂に入ってゴミ出しをしたら、もう1時。

 慌てて寝る。結局、就寝は1時20分。

今朝の体重:87.00キロ

本日の摂取カロリー:2406kcal

本日の消費カロリー:日常生活+60kcal/1617歩+55kcal(自転車)

« 2015年12月20日 - 2015年12月26日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト