« 1月9日/やっと始動 | トップページ | 1月11日/仕事して、気功 »

2016年1月10日 (日曜日)

1月10日/「黒い報告書」を書いて、「真田丸」第1回!

 7時30分起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 かな漢字変換、アップル純正の「ライブ変換」とATOKを併用しているが、やっぱり微妙にATOKに一日の長を感じる。とは言え、「ライブ変換」は初登場でここまで仕上げてきたんだから、これからが楽しみだ。かなり正確に変換するし、最新の単語も知っているし。グーグル変換はインストールしているがほとんど使わない氏、「かわせみ2」も同様。以前はとてもお世話になったんだけど。

 昨日、日芸の校友会の総会というか新年会があったのだが、見事にすっぽかしてしまった。と言うか、去年の12月に案内が来ていたのに、封も切っていなかったし、その封筒は書類の下になって紛失状態だったのだ。

 だから、参加表明して置いてすっぽかしたのではなく、参加表明すらしていなかった。次はキチンと出よう。

 アサメシは、ダブルソフトのトーストにコーンフレーク、ゆで卵にハム&マヨネーズ。

 食後、仕事開始。

 今日は、週刊新潮の「黒い報告書」を書く。

 書きつつ、1月2度目の大吉方の宿の予約をする。時間があるのでテニスが出来る宿を予約。

 14時からのNHK-FM「きらクラ!」は録音。

 腹が減らないまま、仕事を続ける。

 オレも、小食になってきたなあ。健康を考えるといいことだけど、少し寂しい。

 17時前に、書き上がる。行数調整をしたが、1行出た。現状だと、濡れ場が少ないと指摘されるだろうなあ。何度も読み返したが、直す箇所が判らない。取りあえず、このまま相方に送る。

 夕食を食いに、外出。

 「伝説のすた丼」に行って、生姜焼き定食を食べる。丼に比べて定食だとキャベツの大盛りが食える。

 帰路、コンビニに寄ってコーヒーのペーパーフィルターと揚げモチを買う。

 さあ、今夜は大河ドラマ「真田丸」の第1回だ!

 前回の大河は、井上真央には申し訳なかったが、長洲バンザイが気にくわなかったし、歴史上、全く無名な女性を主人公にするのは無理がある。朝ドラでやるならいいけど、大河でやることではない。だったら「あさが来た」のほうがずーっと大河っぽい。
 だいたい、「江」だって歴史上有名な人物なのに、主人公にするにはおおいに無理があったんだし。「八重の桜」も後半は同志社のPRみたいになってしまったしなあ。「篤姫」や「功名が辻」「利家とまつ」は面白かったのになあ。この3作は、女性を主人公にしながら、不自然に出しゃばらなかった(江みたいに清洲会議を立ち聞きするコントみたいな場面がなかった)し、かと言って、「八重の桜」みたいに主人公が誰だか判らなくなるような展開でもなかったし。コンセプトがしっかりした脚本だったからよかったんだろう。

 それまで、テレ朝「相葉マナブ 初のSP!荒川下り完結編!川沿いの町の魅力学んで東京湾到達SP」を見る。川口で鋳物工場に行って、葛飾で小松菜を貰って、足立区は素通り。しかし荒川ってカニもいるし海老もいるしスズキもいるし、スゴイのね!

 その後、「大改造!!劇的ビフォーアフター 新春SP“築56年元アパートを温泉旅館風の家に"」も途中まで見る。

 元々アパートだった建物だから、いろいろ無理がある住み方をしていた。でもそれでよくまあこんなに我慢したなあ。温泉旅館風に、と言うのなら、お風呂をもっと大きなモノにすればよかったのに……予算の都合があったのか?

 で、20時。

 満を持して「真田丸」の開始を待つ。
Sanadamaru

 堺雅人はコミカルで親しみやすい面を強調した芝居をしているが、特筆すべきは朝日のテレビ評に書いてあったように、草刈正雄の「真田父」!飄々としてコロコロ言うことが変わる。このコミカルな味わいが、ドラマに幅を持たせてくれる。真面目で悲劇的なテイストだけじゃあ、見ていて疲れるし、楽しくない。

 コミカルな部分がありつつ、武田勝頼については悲劇的に描く。このメリハリが素晴らしい。

 武田勝頼って、クロサワの「影武者」ではショーケンが駄目な二世みたいに演じていて、そのイメージが強かったのだが、実際は違うようだ。今回は、かなり立派な、悲劇の武将になっていた。しかし平岳大はお父さんクリソツで、大きな芝居をする人だなあ。「下町ロケット」では悪役だったけど。

 とにかく、第1回は無条件で面白かった!久々におおきく期待出来る、大河らしい大河だ。三谷さんは「不調説」があったけど、この「真田丸」に関して言えば、最上の滑り出しだ。

 そして……今後の展開が期待出来る。予定されるキャストが、また、曲者を出してくる。特に目を惹くのが、

・武田信玄:林邦史朗(高名な殺陣師)

・本多正信:近藤正臣(近年、NHKになくてはならないヒト)

・服部半蔵:浜谷健司(ハマカーンだ!)

・織田信長:吉田鋼太郎(楽しみ!)

・滝川一益:段田安則(前にも大河で演じて素晴らしかった)

・明智光秀:岩下尚史(「タモリ倶楽部」で御馴染の江戸研究家)

・豊臣秀吉:小日向文世(楽しみ!)

・片桐且元:小林隆(三谷組には欠かせない!)

 三谷さんの強い意向が反映されたユニークなキャストだと思う。

 ああ、毎週の楽しみが出来たなあ!久々に大河らしい大河が始まったぞ!

 その後、TBSの藤山直美の人情ドラマを見たりザッピングして、日テレ「ガキの使い……」の「遠藤章造のかしこブリッコ失敗の巻」を見るが……これは可哀想だろ。ここまでやるか?ま、芸人として思いっきりボケればよかったんだろうけど。

 今夜から、血圧の降圧剤を飲むのを止めて、お試しパックを買った、ライオンの「トマト酢生活」を飲んでみる。血圧降下剤は認知症を誘発する可能性が指摘されているので……。認知症にはなりたくないから。

 モーレツに眠くなって、0時就寝。

今朝の体重:87.60キロ

本日の摂取カロリー:1794kcal

本日の消費カロリー:日常生活+36kcal/963歩+43kcal(自転車) 

« 1月9日/やっと始動 | トップページ | 1月11日/仕事して、気功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63045320

この記事へのトラックバック一覧です: 1月10日/「黒い報告書」を書いて、「真田丸」第1回!:

« 1月9日/やっと始動 | トップページ | 1月11日/仕事して、気功 »

安達瑶の本

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト