« 2月10日/仕事して、テニスして、ふと振り返る | トップページ | 2月12日/新刊「新・悪漢刑事」書店廻り1日目 »

2016年2月11日 (木曜日)

2月11日/仕事というかFacebookというか

 7時起床。

 快晴。

 寝ている間に洗った洗濯物を干し、もう1度洗濯機を回してもう1度干す。だったら昨日も洗濯すれば良かった。やっぱり週1回の洗濯じゃあ洗いきれないのね。

 「あさが来た」を見て、朝のモロモロを済ませたりFacebookに書き込んだりしていると、あっという間にお昼。

 ブランチは、スクランブル・エッグにベーコン、ダブルソフトのバタートースト2枚に牛乳。

 仕事を始めるが、ちょっと書いてはFacebookに逃げる感じ。コメントが付くとすぐに書き込んだりしていると、仕事よりFacebookに熱心になってしまう。いかんなあ。いかんいかん。

 相方と電話で話して、「第1章」を書き直す。

 それと並行して、明日からの新刊挨拶書店廻りに使うPOPを大量にプリントアウト。今日はプリントアウトだけだからプリンター任せ。

 「第1章」は時間がかかっているが、これでペースが掴めれば、「第2章」以降はテンポアップしていくだろう……とこれは期待。

 読売の発言小町に「小説家になりたい。仕事を辞めて自分を崖っぷちに追い込めば書けるはず」という素人ならではの無謀なことを書いている人に付いたコメントを読んだり。みんな「1作も書いたことがないのに、そんな無謀なことは辞めなはれ」という意見ばかり。そりゃそうだよねえ。まあ、そういう書き込みもあったので、昨日分の日記に、自分のこれまでの浮き沈みを回顧することを書いてしまったのだが。

 デビューすれば小説で食えるようになると思い込んでる人が多いんだなあ。デビューはあくまでスタートでしかないのに。

 しかしこの「相談」に聞きかじりの人が印税とかについてテキトーな事(要するに、間違った情報)を書いていて、腹が立つ。実際のことを知らないなら書き込むなっての。

 Facebookには、「疲れて帰ってきた奥さんが夕食に焼きすぎたパンを出したが、夫は『これが好みの焼き加減』と言って食べた」という話が美談のように載っていた。個人ではなく「イミシン」という話題を集めたページ。

 10秒くらい「妻思いのいい亭主だな」と思ったけど、すぐに「そんなに妻が疲れてるんだったら、亭主が夕食を作ればいいじゃないか。こんな美談に仕立ててるけど、結局は『夕食は妻が作るもの』という亭主関白の話じゃないか」と思い直して、そう書き込んだら、結構反響があった。「素直に感動できないアナタが可哀想」みたいな反論もあったけど……。

 しかし、よく考えてみると、この話、いろいろ辻褄が合わない。要するに「一杯のかけそば」の焼き直しで、アタマで考えた「感動創作話」、しかも、あんまり出来が良くないオハナシでしかないのだ。まあどこにも「これは実話です』という断りも無かったんだけど。

 こういう安直な噺に感動する人がいるから、振り込め詐欺に引っかかる人が絶えないんだろうな、と意地が悪くて根性の曲がっているおれは思うのだけど。

 「第1章」は懸命に書いているが、遅々とした進み。

 あっという間に夜になる。

 今夜は豚バラ肉とキャベツの「タジン鍋」。

 NHK「ちかえもん」を見ながら、食う。

 しかしこのドラマ、面白い。先週はまるで刑事ドラマみたいな切れ味と迫力で、謎の登場人物の正体を暴こうとするが、肝心なところでズッコケる。この呼吸が素晴らしい。近松門左衛門は作家であって刑事じゃない、というところがミソ。

 今週も、豪商「平野屋」の悪事を知ってしまって近松門左衛門は右往左往するが、突然、「フランシーヌの場合」の替え歌を近松門左衛門が朗々と歌い出すのには爆笑した。

「四十七士の場合は~あまりに~もおバカさん」と赤穂浪士の討ち入りをネタにするんだもん。

 いや~このドラマ、第1回からきちんと見るべきだったなあ。オンデマンドで追いかけられるけど。

 引き続いて、NHKの21時のニュースも見る。

 北朝鮮は、人工衛星を打ち上げたのは確定したのに、あくまで「ミサイル」扱いなのはヘンだろ。北朝鮮が打ち上げるのはミサイルにしなきゃいけないのか?

 

 今日は東日本大震災の「月命日」。このニュースでは震災直前に町役場を退職して、結果的に津波の難を逃れた人が、語り部として訪れた人に「あの日何が起こったのか」説明する日々を追い、「報道ステーション」では、応答しない電話ボックスに置かれたノートに書かれた言葉を伝える。

 もしも、自分の身に同じ事が起きて、自分だけ助かったとしたら、ということを考えると、胸が詰まる。

 本当に、あの大震災が起こした未曾有の大災害は、まさか日本で、自分が生きている間に起こるとは思えない事が起きてしまった。

 岩手の宮古に行ったが、津波が来たところはきれいさっぱり何もなくなっていて、津波の恐ろしさに震えた。

 復興は、まだまだ進んでいない。なのに、オリンピックをやるの?と、どうしても思う。

 仕事に戻るが、枚数的に進まないのは苦しい。

 明日の支度をして、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:87.35キロ

本日の摂取カロリー:1639kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2月10日/仕事して、テニスして、ふと振り返る | トップページ | 2月12日/新刊「新・悪漢刑事」書店廻り1日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63198481

この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日/仕事というかFacebookというか:

« 2月10日/仕事して、テニスして、ふと振り返る | トップページ | 2月12日/新刊「新・悪漢刑事」書店廻り1日目 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト