« 2月15日/書き直しは完了したが…… | トップページ | 2月17日/帰京して、テニス »

2016年2月16日 (火曜日)

2月16日/白子への旅

 7時前起床。

 快晴。

 本日は2月2度目の大吉方。相方とウチから東南の千葉・白子方面へ行く。

 朝のモロモロを済ませ、昨日まで書いた原稿をiPadに入れて、10時過ぎに出発。

 いつも寄っている稲荷神社に行ったら、今年の「初午」は終わってしまったらしい。寄進した人の名前と金額が貼り出されている。先週の日曜はやった形跡はなかったから、今週の日曜、あの暴雨風の中、挙行したのか?最近、案内が来なくなったんだけどなあ。もう案内状は出さなくなったのかなあ?

 駅で相方と合流して、京成線で千葉へ。外房線に乗り換えるが、首尾よく座れた。

 予定通り、12時49分、茂原着。

 白子神社に向かうバスに乗り、13時22分頃、白子神社。このバスは1日数本しかない。
Img_2413

 バス道から続く長い参道をしばし歩いて、白子神社。
Img_2416

 まず神社にお参りして、お水を戴き、おみくじを引く。

 ここのおみくじは「水みくじ」。水につけると文字が出て来る。久々の「大吉」だった。

Img_2415_2

 白子神社は、広々とした境内で、なかなかいい感じ。しかし、交通の便はよくない。車がないと来るのは大変だなあ。 

 

 で。

 ここから歩いて10分の、白子町役場近くの川を挟んだかたちの場所にある食堂「海風館」で、ちょっと遅いランチ。

 おれは「アジフライ定食」を食べる。相方と餃子をシェア。

 凄く美味しいアジフライなので、店のご主人(まだ若い)に「近くで穫れたものですか?」と聞いたら「イヤ別に」と。相方はカツ丼を食べて、それも美味しかったので「千葉ポークですか?」と聞いたら「さあ?」と。産地には拘っていないようだが、アジフライはとても美味かった。

 タクシーを呼んで貰って、今夜の宿・白子温泉へ。

 この時期、白子は学生のスポーツ合宿がまっさかり。なにかの大会でも開かれてるのかと思って、次の大吉方にずらした方がよかったかなと思ったのだが、合宿シーズンで混んでいるのなら、4月アタマまで続く。

 学生の団体に混じるのは、悪い予感がするんだよなあ……。

 学生が泊まらないような旅館もあるのだが、我々もテニスをしたい。それも、まだ寒いからインドアコートがある宿がいい。

 と言う条件だと、学生が合宿で使うような宿になってしまうのだ。

Newotsuka
 で、15時に「ホテル・ニューオーツカ」に到着。ここは上総一ノ宮の「シーサイド・オーツカ」( ダジャレのCMで御馴染の大塚商会の経営) とは無関係。

 16時からインドアコートを予約していたのだが、夕食が18時からなので、風呂で汗を流す時間がない。なので、15時30分からにして貰う。幸い、インドアコートは誰も使っていない。

 風呂なし十畳の部屋に入って、着替えを済ませてフロントへ。

 親切にもコートまで送ってくれることになって、車で少し離れたコートへ。ここにはインドア3面、アウトドア9面のコートがある。

Img_2418

 15時30分から、2時間テニス。照明は別料金なので、ケチってしまったら、17時になるとボールが見え難くなってしまった。

 それと、寒かったせいか、全身が痛い。筋肉痛。

 それでも2時間、前回よりも休憩を挟まず(挟むと身体が冷えて寒い)やったせいか、脇腹とかが痛くなってきた。

 帰りは歩いて戻る。

 18時には少し遅れる感じで、風呂に入るが……。

07
 学生の集団が10人ほど入っていた。

 これは……おれがオッサンのせいだと思うのだが、学生の集団って、イヤなんだよねえ。粗野で幼稚で傍若無人で……。

 浴槽にギッシリ入っていて、おれが入る余地がなかったので、先に身体を洗ってシャワーを浴びていると、一人減り二人減りして、みんな上がった。あとはゆっくり一人で浴槽を独り占め。

 白子温泉のお湯は、いい。温度も絶妙で、大変結構。なんともいい案配。

 お湯から上がると、脱衣場に連中が溜まっていた。

 我ながら、ここまで嫌うこともないだろうと思いつつ、そそくさと服を着て、風呂を出る。ものの15分。

 食堂はもう、喧噪の極み。とにかく、喧しい。

 一応、いい大学が揃っているのだが、みんな一様に、バカ。

 端っこの席で、相方が出て来るのをビールを飲みながら、待つ。ビールだけじゃあナニなので、おかずの天ぷらや刺身を摘まみながら、学生のバカさ加減を観察。

 そこで判ったのは、別に学生が嫌いなのではない。

 「団体」がキライなのだ。オッサンも、団体になると横暴になって傍若無人になる。自分たちグループにだけ目が向いて、グループ外には無神経になる。それはオッサンも学生も同じだし、自分だって、団体の時はそうなることは自覚している。

 まあそれに、大学生って、中身は中学生とほとんど変わらない。男は特にそう。多少知恵が付いた分だけ生意気度が増しているから中学生よりもっと駄目。

 それを「可愛い」と見られるかどうか。いや、彼らも一人一人はたぶん、イイ奴なのだろうけど。

 18時35分に、やっと相方が来たので、乾杯。

 我々には、おばさんが給仕をしてくれた。学生はセルフサービスでご飯をよそい、お汁を貰いに来る。

 

 そういうクソ喧しい中で食った夕食だが……味は、美味しかった。特に、豆乳鍋。なかなかいける、天ぷらも刺身も美味かったし、他のものもよかった。

 

 学生の他には大人の団体(工事関係者?)もいたが、彼らはお酒も飲まず、黙々と食べて部屋に戻っていった。

 おれたちが最後まで食べていたが……カニや金目鯛の煮付けもあって、食べきれない。

 大満腹。

 料理と温泉だけで評価すれば、素晴らしい宿。

 しかしまあ、全体に、合宿仕様の宿だから、余計なものがまったくないのが、我々も合宿の一員みたいな錯覚に陥るなあ。

 寝る前にもう一度風呂に……と思ったけど、また学生の集団に混じるのがイヤなので、パス。

 部屋で相方とNHKのニュースを見て「報道ステーション」を見るうちに眠りに落ちた。

 川崎の有料老人ホームの「殺人事件」。状況証拠と自供のみで、直接証拠がない。これを「冤罪の典型的パターン」と言う人もいて、それはそれでそうかもしれないなあ、とは思う。

 だけど……今井容疑者が間違いなく真犯人だ、とどの局も同じような報道ぶり。

 かなりのカネを取る有料老人ホームなんだろうし、金を払って虐待されたり殺されるのは、堪らない。

 健康で足腰立ってボケずに、自力で生活してポックリ死ぬのが理想だよねえ……。

 23時頃、就寝。

 学生の団体が詰まっているから、夜もクソ喧しいのかと思ったら……隣は女子の部屋だからか、とても静か。

 何故か、加山雄三が夢に出てきて、「若大将」の名場面集みたいな夢を見た。何故?

 おれが夢に見たり雑談で話題にすると亡くなってしまうパターンが過去にあった(キューブリックにクロサワに市川崑さんに……)ので心配なのだが……加山雄三はまだまだお元気だから、そんなことはないだろうけど。

今朝の体重:87.50キロ

本日の摂取カロリー:2728kcal

本日の消費カロリー:249kcal/6850歩+31kcal(自転車)+702kcal(テニス)

« 2月15日/書き直しは完了したが…… | トップページ | 2月17日/帰京して、テニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63226299

この記事へのトラックバック一覧です: 2月16日/白子への旅:

« 2月15日/書き直しは完了したが…… | トップページ | 2月17日/帰京して、テニス »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト