« 2月20日/歯車の狂い | トップページ | 2月22日/今日は猫の日 »

2016年2月21日 (日曜日)

2月21日/あと少しだったが……オチる

 8時過ぎ起床。正確にはもっと早く目が覚めて、ベッドの中でiPhoneを見ていた。

 曇り。晴れるとか言っていたけど、晴れたのは夕方。

 朝のモロモロを済ませ、日記も書くが、例によって時間がかかる。時間を掛けるくせにいろいろ書き落としがある。

 昨夜放送していたフジテレビの番組で「刑事が事件現場に入れるのは1週間後。現場は『証拠の宝庫』だから鑑識がじっくりと調べる。それが終わるまでは刑事は入れない。入れるのは刑事部長とかのエライ人だけ」「刑事ドラマは全部ウソ」と言い切っていた。参考にしよう。

 それと、深夜のブラマヨのトーク番組に亀田興毅が出ていて、「荒くれパフォーマンスは全て計算の上、盛り上げようとしてやったこと」と、冷静に話し、弟・亀田大毅の犯則については「勝たなアカンというプレッシャーで劣勢になって頭真っ白になったんやろな」「あのあと、僕らも頭真っ白やった」と、これまた冷静に答えていた。彼がカフェで眼鏡をかけて静かに洋書を読んでいたのを見た事があるという「都市伝説」もあながちウソではないのかも。今は、ユーモアのあるかなり知的な男に見えた。

 しかしあの一連の「パフォーマンス」は彼らにとっては完全に逆効果だったとしか思えない。最初に指南したのはTBSのスタッフだったんだろうけど、間違えたよねえ。そして、この三兄弟を有名にはしたが幸せにはしなかったよねえ。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。今日の「きらクラ!」は録音して、昼間はずっと仕事をする。

 しばらくFacebookは謹慎して、書き込まないことにしようと思ったが、映画のことなら平和的なやり取りが出来るだろうと、「ピアノ・レッスン」について書き込んだり。

 そうしていると、「文系理系で会話がこんなに違う」という記事(←リンク)を読んで、いろいろ氷解した思い。まあ、この手の「プロトコルが違うことによる行き違い・摩擦」は、つまるところ、「異文化コミュニケーションの難しさ」。

 「文系・理系」「男・女」「サラリーマン・フリーランサー」「創作系・学問系」「日本・欧米」「日本・中韓」「欧米・中東」などなど、プロトコルが違うと、どこかで話が食い違う。それがハナから違っていると判れば違うのを前提にするから怪我は少ないけれど、「同じ日本人だし」「同じ漢字を使ってるんだし」とか油断した場合、意外な落とし穴が待っている。

 というか、自分以外はみんなプロトコルが違うのだと思うべきなんだなあ。って、57にもなってナニ言ってるんだって事だけど。

 昼は、永谷園の鮭茶漬で、お茶漬け。

 仕事を続ける。

 夜は、「笑点」を見て(以前はまったく見なかったのに……トシを取ってきた証拠か?)、「バンキシャ」を見ながら、夕食の支度。今夜は日本ハムの「酢豚」を使って、酢豚。タマネギとピーマンを切って一緒に炒めるだけ。

 しかし、ウチは換気扇が弱いので、炒め物をすると換気がキッチリできなくて、部屋に煙が残り、匂いも残る。調理の後、しばらくは換気扇を回しておくのだが、駄目。これがこの部屋の大きな欠点だなあ。

 「バンキシャ」では、「有料老人ホームの選び方」をやっていた。しかし、カネがないと「有料老人ホーム」にすら入れないぞ。

 あと、東京の水上交通。羽田から秋葉原まで水上バスを使った場合の利便性を検証。時間で比べたら、船は圧倒的に不利でしょ。だけど大量輸送できる。選択枝として水上バスがもっと使えるようになればいいなあと思う。大災害の場合の輸送手段にもなるし。

 日本ハムの「酢豚」は、肉の味がハムみたい。こういう製品は、肉の味がどうしても違うので、美味しくないんだよなあ。

 「鉄腕ダッシュ」を見る。

 ダッシュ島がどこにあるか、特定されてしまったらしいが、バカが勝手に上陸して好き勝手して荒らさないよう、切に願う。番組としては防護策は講じていると思うけど。

 それと、美味い白菜を食う企画。美味そう!

 そして、「真田丸」。

 真田父が騙しまくる滝川一益が気の毒になってきた。滝川一益は温厚な、いい武将じゃないの。次回は上杉も騙すんだし。
 やっぱりねえ、大河は「義理堅いサムライの律儀さ」を見て安心する、という側面がある感じがする。

 真田父の「生き残りをかけた騙し作戦」も、いい加減にしてくれ、と言いたくなってきたぞ。

 真田父がもっと飄々としていたり(第1回とかに比べると落ち着いてしまってないか?)真田兄弟がもっと驚いたり慌てて父を諫めたりすれば、精神的バランスが取れるんじゃないか?

 そのまま「新・映像の世紀」を見る。この哀しいテーマ音楽を聴くだけで泣けてくるのだが……。

 激動の60年代。BBCを中心に製作した「our wolrd」、これ、生放送を見たぞ。たしかカラー放送だったよね?ビートルズの録音風景も覚えている。

 おれは、ベルリンの壁崩壊の1年前にヨーロッパ一人旅をして、ハンガリー、チェコスロヴァキア、ポーランドを回って東ベルリンから西ベルリンに抜けたんだよなあ。ZOO駅の東側の検問は怖かった(デンマークで買った無修正エロ本を持っていた)し、東ベルリンのデパートにはモノがまるでなかったので、「終焉は近い」と思ったけど、まさか1年後に「東側」が本当に終焉してしまうとは思わなかった。終わるときはあっけない。本当にそう思った。

 ベトナム、東ヨーロッパときて、今は中東。中東の混乱も、いつかは収束して平和が訪れるのだろうか?いや、訪れて貰わなくては困るんだけど。

 相方と電話で打ち合わせ。なんとか明日中に「第1章」を終えて、「第2章」に入らなければ。

 仕事を再開するが、酢豚の匂いは部屋に籠っているものよりも、おれの顔や頭髪に付いた匂いの方が強いんじゃないかと思い、風呂に入る。

 やっぱり、調理中に飛び散った油をモロに受けて、おれの全身が「酢豚」になっていた。

 ゴミ出しをしたりしてから、仕事に戻る。

 今夜も2時までやる。

 皮算用では、一応書き上げて、明日は相方が作成したチェックリストに基づいて加筆修正をするというつもりだったが、書き上げることは出来なかった。

 徹夜は嫌だし……。

 寝ることにする。

今朝の体重:87.85キロ

本日の摂取カロリー:1702kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2月20日/歯車の狂い | トップページ | 2月22日/今日は猫の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63247449

この記事へのトラックバック一覧です: 2月21日/あと少しだったが……オチる:

« 2月20日/歯車の狂い | トップページ | 2月22日/今日は猫の日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト