« 2月24日/旅路の果て、について考える | トップページ | 2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと »

2016年2月25日 (木曜日)

2月25日/安房勝浦、深夜の危機

 7時起床。

 曇り。

 「あさが来た」を見てから朝のモロモロを済ます。

 今日は2月最後の大吉方で、今後しばらく大吉方はないので、頑張って出かける。方位は東南。ここのところずっと東南を取っているが、今回は安房勝浦の遠見岬神社。以前から行ってみたいと思っていた、「お水取りの名所」。

 交通手段は、考えた末に、確実に座れることを最優先にした結果、京葉線東京駅発の特急「わかしお」で行くことにして、手早く支度をして、10時前に外出。

 北千住から電車に乗るが、常磐線に遅れが出ているらしいので、来た電車に飛び乗って、東京。

 特急に乗るならば、「食べ鉄」としては駅弁は必須。

 駅弁のメッカ(この言い方は今は避けられるのね)「祭」で買うが、ここは全国の駅弁を売っているので、えらく混むので、後悔。おれは特に変わった駅弁が食いたいわけではなくて。普通の幕内で充分というか、幕の内が好きなのだ。

 ならば小さな駅弁売り場で買えばよかったと思いつつ、遠く離れた京葉線プラットフォームへ。

 ここには、今や東京駅では希少価値の駅そばがあるので、弁当はあるが、ついかき揚げそばを食ってしまった。

 11時発の特急「わかしお」の車内で駅弁を食う。これが特急に乗る醍醐味。せっかく特急に乗ったのに駅弁を食わないなんて。

 12時24分、勝浦着。

 宿は駅前の「三日月イン」を予約してある。大規模な温泉アミューズメントがあるホテル三日月は一人では泊まれないが、素泊まりビジネス客用のここなら泊まれる。そして、ホテル三日月の風呂にも入れる。

 荷物を預けて、チェックイン。

 宿泊カードをよく見ると、 温泉プールなどがある「アクアパレス」にも入れるじゃないの! ネットのサイトには「展望風呂だけ」と書いてあったのに。「アクアパレス」に入るには水着がいるんだけど(レンタルはある)。

 一人でプールで遊んでも面白くないので、今回は風呂にする。(*今確認したら、公式サイトにはきちんと「両方利用できる」と明記してあるが、予約したときは「アクアパレス」の記載は無かった)

 で。

 iPhoneのマップを見ながら、一路、神社へ。同じ目的らしい人がたくさん歩いている。これはもしかして、凄い行列になっている?

 神社の「お水取り処」にはすでに行列が出来ていたので、並ぶ。しかし、どんなに待っても30分で順番は回ってくるだろう。

Img_2425

 勝浦名物の「ひな祭り」(これは徳島の勝浦が本家で、向こうからひな人形を分けて貰って、こちらでも始まったらしい。徳島って、宣伝が下手くそでいろいろ損をしている)は明日から。

 しかし遠見岬神社は有名なところだから今日も観光客はいて、お水取りを待つ行列を不思議そうに見て、自分も並んでいた。物は試し、ということね。

 13時になって行列が動き始め、おれは13時10分頃には無事、いただけた。行列最後尾でも時間内の15時には余裕で間に合うだろう。

 と言うことは……やっぱり、数年前の上総一ノ宮の玉前神社は異例だったのだな。2時間待って順番が来なくなりかけたのは、あの時だけだし。

Img_2427

 お水をいただいた後、神社にお参りする。本来は先にお参りすべきなのだが……。

 石段をかなり登って、本殿。

 途中、勝浦の海が見渡せる絶景ポイントがあったので、写真でも撮ろうとiPhoneを取り出したら、あ~ら不思議。さっきまでバッテリーは残っていたのに、突如残量がほとんどなくなってしまった!

 神社によっては、電子機器に奇妙な現象を生ずるところがある。数年前に、横浜のある神社(たしか「神明社」)に行った時、携帯電話の電波が全く受信できなくなった。境内から一歩出ると正常に戻ったのだが。

 その一方で、まったく影響が出ない神社も多い。とすると、遠見岬神社は電子機器に対して強力なのだろう。

 せっかくの絶景で残念だが、そのままお参り。

 ミッションを達成して帰ろうとしたところ、予備バッテリーを持っているとことを思い出したので、接続してみると、無事に充電が始まって、無事、復活。絶景を撮る。

Img_2428

 下に降りておみくじを(「金運みくじ」)を引き、「中金運」。定期預金の見直しをせよ、とのこと。妙に具体的だなあ。

 神社のそばのプレハブにはひな人形がスタンバイしていた。

Img_2435

 14時には全てのミッションを達成したが、15時になるまで部屋に入れないし、風呂にも行けない。

 全国B級グルメを競う「B-1グランプリ」で、グランプリになったらしい「勝浦タンタン麺」を食べることにする。駅そばを食べ、駅弁も食べたのだが、腹が減った。

 遠見岬神社すぐそばの「いしい」はすでに閉店していた。店の前には猫がいた。

Img_2433

 駅に向かって放浪。

 「乃りたけ」という店(以前は料理屋だったらしい)に入り、しょうゆ味の担々麺にする。

一般的な担々麺と少し違う。ゴマ味噌を使わないラー油のラーメンという感じ。でも、それなりに美味しい。(このお店の写真ではないが、こんな感じだった)

1209token1

 それでもまだ時間がある。

 駅のそばの、観光案内所の裏に公園があって、そこに桜が咲いていたので、見に行く。

Img_2438

 と、野良猫が餌を求めてやってきた。ここには野良猫一家がいるのは以前来たときに知っていた。あの子猫が大きくなった姿なのだろうか?

 一匹は警戒して逃げたが、もう一匹はおれに狙いを定めて、かなり強力におねだり。

Img_2441

 禁止されている「野良猫(公園の鳩とか、住宅地に出て来る猪とか)への餌やり」を続ける頑固爺さん婆さんの心境が判った。腹を空かせた動物を、見捨てられないものなあ。向こうは食い物を求めて必死だし。目が合ってしまった以上、無視は出来ない。

 近所の土産物屋にいって、小分けできて食べやすそうで、猫の害にならなそうなものを探して、「金目鯛の笹かまぼこ」ならいいだろうと、買って公園に引き返して、ちぎって、やる。

 白い猫の方は唸りながら食う。もう一匹のサバトラは警戒しつつ、食う。白い猫が自分以外の猫を唸って追い払おうとするので、遠くに投げてやる。

Img_2442

 結局おれは全然口にはいらず、猫が全部食った。

 通行人に怒られそうなので、そそくさと引き上げて、駅に戻ったりして時間を潰して、15時。

 部屋に入る。ツインのシングルユース。部屋はキレイで機能的。奥にちょっとした畳のスペースがあって、ここにも布団が敷ける(凄く狭いけど)。

 ベッドに寝て少し休憩して、着替えを持って、「ホテル三日月」へ。歩いて10分もかからない。

 大浴場の脱衣場で貴重品用のロッカーが見つからず(大浴場のロビーにあったのが後から判った)、まあ大丈夫だろうと脱衣カゴに入れたまま、お風呂へ。

 勝浦の海が見渡せる、絶景。(ロビーからの眺めと同じ)

Img_2443
Img_2444

 お湯は少しヌルヌルする。アルカリ性?

 目玉の「開運の湯」にも入る。純金の浴槽、というだけだけど。

 温泉に浸かるだけで、洗ったりせず。

 長風呂していると荷物が心配だし……。

 それでも20分ほど浸かって、上がる。

 当然だろうとはいえ、貴重品は無事だった。

 ホテルの売店で土産物を買い、勝浦の街をブラブラしながら部屋に戻る。

 夕食は、1階にあるお食事処「魚祭」(独立店舗)で。宿泊客は5%引きの特典アリ。

 あじのなめろう定食に、単品でカキフライ。小ジョッキの生ビールも。

 勤め帰りなのか、おれのような旅行客なのか、そういう感じの若いお客もいる。この辺で気軽の定食が食える店は案外ないのかもしれない。

 なめろうは、おとなしい味。というか、醤油やワサビで味付けする感じ。

 ご飯をお代わりする。カキフライじゃなくてアジフライにした方がよかったかな?

 ほろ酔い気分で部屋に戻って、ニュースを見る。

 大阪梅田の自動車事故。最近、中高齢者が発作を起こして歩道を爆走して大勢を死傷させる事故が多くないか?今回も、心臓発作系の事になって、その痛みでアクセルを踏んでしまったのかもしれない。

 現場は、おれも知っている場所。歩行者が青なんだから、みんな安心して横断してるところにかなりの速度で車が突っ込んできたら……恐ろしいことだ。

 北海道の「哲学の木」が、観光客の不作法に困り果てた所有者によって切り倒されたが、NHK21時のニュースは「外国人の傍若無人さをどうするか」というテーマで特集を組んでいた。一番困るのは「そういうことをするなと言われているのは知っていても、せっかく来たんだから」と無視するケース。中国人観光客に多そう、と思うのは偏見かもしれないけどさ。

 たしかに、日本人だって欧米に行ってさんざん不作法なことをしまくってきた過去がある。それは今も続いていると思う。

 異国の異なった文化によるマナーや風習の違いをどう理解し、浸透させるか。相手はお客さんだからと日本側が我慢ばかりしていると、いつか爆発して「鎖国だ!」ということになりかねない。

 まあ、正直言えば、生活の場に外国人(人種の違いなく)がどかどか入ってこられるのは、嫌だが。それは北千住に「下町探訪」にくる日本人観光客も同じ。北千住は正確にいえば下町ではないんだけどね。

 そのあと、風呂に入る。ゆっくり浸かって、頭も洗う。

 23時に就寝。

 爆睡していると……遠くから非常ベルのようなものが鳴っているので、目が覚めた。

 2時30分。

 非常ベルだった!

 ここは、夜間、人がいない。フロントは22時で閉まって、朝の7時までホテルの人間は常駐していないのだ。

 さあ、どうなる?

 明日に続く。

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2437kcal

本日の消費カロリー:401kcal/10593歩+15kcal(自転車)

« 2月24日/旅路の果て、について考える | トップページ | 2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63265569

この記事へのトラックバック一覧です: 2月25日/安房勝浦、深夜の危機:

« 2月24日/旅路の果て、について考える | トップページ | 2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト