« 2月25日/安房勝浦、深夜の危機 | トップページ | 2月27日/疲れが取れない週末 »

2016年2月26日 (金曜日)

2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと

……昨日の続き。

 午前2時30分。

 廊下から非常ベルのけたたましい音。ドアを開けてみたが、煙はないし異臭もない。誤動作?しかし部屋の中が燃えている可能性もあるぞ。ホテルニュージャパンの火災はそれだった。火元の部屋のドアを開けたら炎が爆発的に噴き出して大火災に発展してしまったのだ。

 5分以上鳴り響いているのに、ホテルの関係者が動いている気配がない。

 フロントに電話すると、「今行きます」って。

 このホテル、夜間は人がいなくて、ホテル三日月から担当者がくることになっているらしい。

 まさかおれのこの電話で気がついたわけじゃないよな?

 数分後、非常ベルが止んだ。

 階段で1階ロビーまで降りてみる。各階、廊下には異常はない。って、おれは宿直警備員か?

 ロビーに降りると、ホテル三日月から来たらしい男がエレベーターを待っていた。悠長に待ってないで、階段を駆け上がれよ!

 その男と一緒にエレベーターに乗る。「4階が火元とという表示が出た」らしい。

 結局、誤動作だったようだが、誤動作だと思ったらやっぱり火事だった、ということもありえる。エレベーターの中が少しきな臭かったし。

 なので、30分ほど様子を見る。

 様子を見ていると……目が冴えてしまった。

 頑張って二度寝しようと思ったが、ダメだった。

 せっかくだから、朝9時からはじまる遠見岬神社の石段の雛飾りを見てから帰京しようと思ってたが、こうなったら早く帰ろう。眠れないのに長居する事もない。

 それに……月刊「ジェイノベル」のゲラ、相方に渡したまま完全に忘れていて、本日がゲラ戻しの必着日だった。昨夜中に速達で投函できなかったと言うことなので、今日、相方に会ってゲラを受けとって、そのまま届けなければならないし。

 電車の時刻表を見ると、始発は4時25分。その時間は過ぎてしまった。しかし……駅は真っ暗なんですけど。駅員が寝坊した?

 6時過ぎの東京まで直通の京葉線経由の始発電車に乗ることにして、それまで、iPadで日記を書く。

 前回、木更津で泊まったときにiPadにBluetoothの外付けキーボードを接続させたら、なにやら怪しげな動作をして、結局使えなかった。

 iPadは外付けキーボードがあればまあ、そこそこ仕事に使えるかな?と思うが、使えないと、「高機能のビュワー」同然だ。

 が、接続してみると、今回は、全く何の支障もなく使えた。前回挙動不審だったのは、電池がなかったのかもしれない。

 それにしても、iPadの、と言うかiOSの日本語変換機能は、変換候補がいちいち表示されてそれを選ばなければならないのが煩わしいし、長文を書いていると凄く邪魔。これ、普通のパソコンみたいにインライン変換というか、変換候補が入力中のその場所に表示されるように設定を変更できないのかな?

 昨日分と、ここまで起きたことを日記に書いたら、5時40分。

 もう一度フロント(と言ってもホテル三日月に、だが)に電話して、「6時に帰りたいんだけど、どうすればいい?」と聞く。料金は前払いしてあるので、キーをフロントに置いておけばいいと言うことになる。

 服を着て、近所の「デイリーヤマザキ」でおにぎりを買う。これがアサメシ。

 部屋に戻って荷物を取り、鍵をフロントに置いて、6時前に駅へ。

 せっかく、勝浦が好きになり、風光明媚で温暖でいいところだなあと思ったのに、こういう事になると、後味悪いね!

 しかし……泊まっていた他の客は無反応だったなあ。爆睡して非常ベルが鳴ったのに気づかなかったんだろうか?

 そうやって逃げ遅れて死ぬんだろうな。

 すぐ目が覚めたおれは、本当の火事が起きたとしても、たぶん、助かっただろう。部屋の目の前が非常避難場所の屋上だったし。

 プラットフォームに停車中の電車に乗り、おにぎりを食べる。

 京葉線の車両なので、ロングシート。これで2時間30分乗るのはなあ。

 やがて電車は発車。

 上総一ノ宮で20分も停車。みんな総武線快速に乗り換える。おれもそうする。

 すでに70%席が埋まった状態。

 駅に着くたびに次々に載ってきて、茂原ではかなり混んできた。

 こうなると決まって、トイレに行きたくなる。通路にはギッシリ立っているし、隣の車両にあるトイレに行くのはかなり大変。それに……荷物には貴重品が入っているし、これを持っていくと他のヒトに席を取られてしまいそうだし……。

 しかし、もう我慢が出来ない。

 走っている間なら泥棒しても降りられないし、他の客の目もある。たぶん大丈夫だろう。

 荷物を置いて、盛大に謝りながら通路を掻き分けトイレへ。

 用を足してまた盛大に謝りながら席に戻る。

 貴重品は無事だった。

 しかし……しばらくして、またも尿意が。

 今度は降りるしかない。さっきよりもっと混んできたし。

 千葉を過ぎれば本数も増えるし。

 ということで、稲毛で降りて、トイレへ。

 快速は混むので、各停でゆっくり行こうと、黄色い電車に乗る。

 が、小岩で荷物の挟み込みがあったらしく、前がつかえてノロノロ運転。

 結局それでも10分遅れ程度で錦糸町着。

 半蔵門線に乗り換えて、北千住には9時前の到着。

 帰宅して、くーたんを抱っこして留守番の礼を言い、朝ご飯を出し、洗濯機を回す。今日、洗濯できたのはラッキーだった。

 昨日分の日記を書き、洗濯物を干し、荷解。

 千葉県勝浦市について、調べる。ここは移住促進をしている。風光明媚。夏涼しく冬温暖。魚が美味い。本当にいいところだけど、本当に田舎。済むにはいろいろと不便そうだけど……徳島の南の方の漁村にそっくりな雰囲気。

 さもありなん。千葉の旧安房国は、名前の通り、四国の阿波からやってきた人によって作られたという説があって、地名にそれは現れている。神様だって阿波からやって来た。

 そのせいか、旧安房国辺りは、物凄く馴染むし、なんだか懐かしい。でも……住むとなると、いろいろ大変だろうなあ。いや、静かで穏やかで、いいところなんだけど。

 

 13時を過ぎて、相方から電話があって、ファミレスに急ぐ。

 相方にお土産(枇杷のゼリーとか枇杷のシフォンケーキとか)を渡し、ランチを食べて打ち合わせをしてゲラを受けとって確認して、その足で銀座の実業之日本社に向かうつもり。

 ランチのハンバーグを食べると、眠気が襲ってきた。

 それでもゲラを確認して、次の「悪徳探偵」のあらすじを相方から聞いて、さあ出かけよう、と思ってiPhoneでメールを確認したら……担当F氏は風邪でお休みと。ならば郵送しても同じ。

 ということで、郵便局でゲラを投函して、買い物をして、帰宅。

 睡魔に負けて、くーたんをお腹の上に載せて、1時間ほど昼寝。

 17時過ぎに起き上がってネットでニュースを見ると……。

 芳林堂書店、自己破産。

 大ショック!

 我々・安達を応援してくれているお店のひとつが芳林堂さんで……。

 つい先日、新刊挨拶に回ったときに、「取り次ぎを変更したらシステムのミスで新刊が入荷しない状態なんです」と店員のNさんが言っていたが……。

 取り次ぎの太洋社が廃業するので、取り次ぎを変更しようとしたけど、太洋社に未払い金があるのがネックとなって変更が出来ず、新刊が入荷できなくて、ということなのだろう。

 店舗の営業は継続して、書泉に事業を譲渡するらしいけど……。

 朝日のこんな記事(←リンク)とかハフィントンのこんな記事(←リンク)とか……。

 太洋社への支払いを待って貰っていた書店さんが多くて、太洋社も立ちゆかなくなって……という流れなのだろうか……。

 気持ちがズドーンと落ち込んだ。

 書店さんがあるから、本が売れるんだから。その書店さんが減っているという事は、本が売れなくなっていくと言うこと。本が売れないから書店が減ると言ってもいいけど……。

 アマゾンや大手書店のネット販売がそれを埋めているかと言えば、なかなかそうはいかない。店頭で買いにくい本とか部数が少ない本はネットで買うのは便利だけど、エンタ文庫みたいな、「気軽に買う」本は、店頭が強いのだ。

 

 大阪梅田の大事故は、運転していた男性が大動脈解離を起こして、意識不明のままアクセルを踏んでしまったことが原因であろうと。

 この事故も恐ろしい。事故を起こす側も、事故に遭う側も、明日は我が身だ。

 一方で、睡眠障害で運転中に突如寝てしまって事故を起こして相手を死亡させた女性に無罪判決。この判決、事故で亡くなった側にしてみたら、「無罪かよ!」と気持ちはまったく収まらないだろう。おれが遺族なら、そうだ。

 民主党と維新の党が正式に合流決定。これに関して、自民党の谷垣幹事長が言った「別れた同志がまた一緒になるについては説明が必要」(と言うようなことを言った)との弁は当を得ている。社民党幹事長は「落ち目の三度笠が一緒になっても意味がない」と言ったけど、産経新聞には「落ち目の社民党には言われたくないだろうが」と書かれてしまったけど、まあ、そんな感じなのが極めて残念。新党「まつのおかだ」は心情的には応援したいんだけど……民主党に「政権時の失敗」についてきちんとした検証が全然足りないのが大きなネックだなあ。「反アベ」というだけで支持するというのは……「反アベ」で支持せざるを得ないんだけど。

 今日もいろんなニュースがあったが、寝不足だし、帰りの電車で着かれたこともあって、もうヘロヘロ。

 勝浦で買ってきた「揚げもち」が美味しくてかなり食べてしまって夕食を食うチャンスを逃し、さほど腹も減っていないので、カット。

 風呂に入って、22時に早々と寝る。

今朝の体重:計らず

本日の摂取カロリー:2043kcal

本日の消費カロリー:100kcal/2965歩+78kcal(自転車)

« 2月25日/安房勝浦、深夜の危機 | トップページ | 2月27日/疲れが取れない週末 »

コメント

「反安倍というだけ」というのは、安倍の恐ろしさがまだ身にしみていないような感じがします。

何が何でも安倍政権を倒す。これができなければ、日本も野党も終わりです。
共産党は嫌いだけど、私は今回の共産党の英断を無駄にしてはいけないと思います。
民維新党を「応援」なんかしなくていいから、鼻をつまんで一票、これしかありません。

だいたい谷垣幹事長は「評論家」ではなく、ジミンの大幹部なんですから、戦略的に野党の悪口を言うのは当たり前。要するに、野党にバラバラのままでいて欲しいだけです。
それをさも「客観的評価」のように報道するメディアもメディアです。やつらもジミンの応援団にほかなりません。

私が以前「シニシズムからの脱却」と言ったのは、「与党もダメだけど、野党もね」というような、自分が高みにいて「客観」を気取る立場は結局のところ、現政権を後押しするだけの効果しか持たないことがわかったので、そういう立場には立たないと決めた、ということ。現時点で民維新党が信じられないのは私も同じですが、「積極的に叩く」ことは、しばらく我慢しようと思います。

僕は、なんだかんだ言っても、民主党にずーっと投票し続けています。
現在、自民党に対抗出来るのは民主党しかないと思っているからです。
しかし、政権時の失敗を、きっちりと分析してそれを改める事は出来ていないと思います。反省はしてそういう文書が出たことは知っていますが、ではどうするかという「改革改善」は出来ていないと思います。それは、党を割ることを恐れているからです。
自民党の政治家は政権党の旨味を知っているから、多少意見が違ってもまとまっていることを最優先にしますが、秀才が揃った民主党は、それが出来ない。だから党を割りたくないから党首は曖昧な態度しか取れない。有権者はその態度にシラケる、と言う悪循環です。「政権交代」を最高の目標に掲げた民主党政権が、成功したとは言えない結果に終わった以上、次に政権を取るときはその失敗を繰り返さないという確証がまったくないのですから。
なので……「反アベ」なのは当然ですが、今後、具体的な政権構想と、マニュフェスト(とそれを実現する裏付け)をきちんと呈示しないと、多数の支持は得られないと思います。前回の失敗のダメージが大きすぎます。
積極的に新党を叩きたいとは思わないのですが、やってることがヌルすぎて、揶揄はしたくなります。せっかく共産党が革命的な歩み寄りを見せているのに、党内右派勢力の「共産党は大嫌い!」という声に配慮しすぎて及び腰になってる。嫌らしいところもあるけど魅力的な才媛が「付き合ってもいいよ」と言ってくれてるのにビビッてるダメ男に見えるんです。前原とかあの辺を切っても、共産党と組んでアベを追い落とすという気迫があれば、世間の空気も大きく変わってくると思うのですけど。
こういう認識、間違ってるんでしょうか?

間違ってないと思います。俺もそう思うもん。まあ、この件に関しては別に対立軸はないので、あえてこれ以上の反論はしません。願わくば、野党批判以上の情熱を持って、自公政権や安倍晋三を、こちらの方は「もう嫌というほどしつこく、積極的かつ徹底的に」ぶっ叩いてほしい、ということだけです。

mixiやこの日記ではあんまり書いていないかもしれないけど、Facebookでは積極的に「反アベ」の記事にはリンクしていろいろ書き込んでいるのですが……。
まあ、だから、なんだ?ということになるとは思いますけど、黙っていては流されるだけだとも思うので。
Facebookを見ていると、「アベ支持派」の書き込みも時々舞い込むのですけど、みんな物凄く素直で従順で、驚きます。基本的に歴史を学んでいない・ものを知らない・知っていても曲解している、という感じで……。
ただ、ネットでやり合うのは疲れるし、つい最近、失敗したばかりなので、「ああ、こういう人もいるんだねえ」と眺めているだけですが(他の人が反論をつけているので……)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63269564

この記事へのトラックバック一覧です: 2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと:

« 2月25日/安房勝浦、深夜の危機 | トップページ | 2月27日/疲れが取れない週末 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト