« 3月12日/ゲラやってインスタレーションを見に行って…… | トップページ | 3月14日/「悪徳探偵」シーズン2の第4回を書く »

2016年3月13日 (日曜日)

3月13日/結果的にブラブラしてしまった日曜日

 まず戴き物のご紹介を。
H

「踊る千両桜/夜逃げ若殿捕物噺16」(二見時代文庫)

下総稲月藩三万五千石の若殿・千太郎君は将軍家御三卿田安家ゆかりの由布姫との祝言を前に藩邸を夜逃げ。やがて若殿と姫は山之宿の弥市親分を助けて江戸の難事件解決に努力していた。そんな折、ふたりにイヌワシという刺客が放たれ、国許の稲月城下では若殿廃嫡の陰謀が……。久しぶりに城下に戻った若殿と姫は……。(裏表紙の惹句より)

大人気シリーズ第16弾にして、堂々の完結。感動の最終話です。是非お買い求めの上、お読みください!

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 なんだかんだしていると、すぐにお昼前。

 外でブランチすることにして、外出。

 久しぶりにマルイのレストラン街でラーメンでも……と思って上がったら、レストラン街は大幅に大改装中。半分の店舗が入れ替え。ラーメン店2軒に他の店も。定期的に入れ替えて鮮度を保つ作戦なんだろうけど、馴染みの店が消えるのは寂しいね。

 下の東急ハンズで、バッグを見る。財布とか小物を入れるバッグが欲しい。iPadも入るヤツ。

 いい感じのヤツは高いなあ。もっと安いのでいいんだけど、安いのはいろいろダメ。

 その下の階の「紳士カバン売り場」も覗くが、やっぱり、いいものは高い。

 じゃあ、アリモノを使おう。今使ってるものは洗おう。

 ということでマルイを出たら、ちょうどランチタイムになってしまった。

 東口の「汐屋そう壱」でチャーハンと餃子3つ。食べ終わる頃に凄く混んできた。

 ブラックペッパーが切れたので、ルミネ1階の「富沢商店」で買う。ついでに「柚胡椒」に「ふき味噌」も。えらく混んでいた。

 13時30分頃、帰宅。

 先週放送分のNHK-FM「きらクラ!」をiPhoneにヘッドフォンを挿して、ネットで調べ物をしながら、聞く。

 「ハッピーバースデー変奏曲」をえんえんと流していたけど、誰かの誕生日だったんだっけ?

 今回の放送では、レスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲からシチリア舞曲」が一番心に残った。この組曲はいいなあ。

 先週(放送は先々週)のゲストが指揮者の山田和樹で、チェリストの遠藤真理さんは物凄く緊張していたらしい。指揮者とソリストって、そういうことになるのだろうか?遠藤さんも国際的に活躍している人なのに。

 で、ながらをしてしまうと、仕事が捗らない。というか、半分聞きながら寝ていた気がする。

 ゼンハイザーの安いヘッドフォンは、安いけど、とてもいい音で聞き惚れる。イヤフォンより音が広がる。スピーカーだともっと広がるけど。

 なんだかんだで18時。BSで「真田丸」を見る。

 あれだけ裏切った上杉に力を借りようと言い出す真田昌幸。どこまで史実なのか判らないが、「面白い」とそれに乗る上杉。

10

 戦国ものをいろいろ見ても、上杉って、一番真っ当で真っ直ぐで相手を裏切らず(戦国武将にのし上がるまではいろいろあったろうけど)、手まで差し伸べる凄い一族(謙信だけではなく景勝も、という意味)だなあと思う。そんな上杉が何度も改易を強要されて、山形で苦労するのは本当に気の毒。

 それに対して一番してやったりな戦国武将は真田一族だろうなあ。日本人が一番嫌いなタイプかも。でも、面白い。面白すぎる。

 そんな真田に手を焼くのは北条と徳川。北条も裏切られているし、徳川にいたっては真田に言い包められて真田の城まで作ってやる始末。

 もう、破天荒とはこの事。来週は室賀に不穏な動きが……。

 目が離せませんなあ!

 夕食の支度をしながら「鉄腕ダッシュ」を見る。ダッシュ島2時間SP。

 おれの夕食は、「豚バラとキャベツのタジン鍋」。ポン酢と胡麻ダレの両方で食べる。

 美味い。買ってきた上等な柚胡椒が美味い。好みだけど、おれはフンドーキン製じゃないもののほうが好き。

 食後も「鉄腕ダッシュ」を見るが、飽きてきて、また「真田丸」を見る。2度見ても面白い。展開が緊密だし、みんな細かい芝居をしているから、何度も見る価値がある。

 その後……。

 「NHKスペシャル 原発メルトダウン 危機の88時間」を見る。慌てて録画もする。

 ドラマ仕立てにしたことについては論議はあるだろうが、時系列的に、何が起きてどんな対処をしたのか、何が判らなくてどんなふうに混乱したのか、現場と東電本店、首相官邸との間にどんな意思疎通の欠落があったのか、とても判りやすく再構成されていた。

 ただ……。「東日本が壊滅するかもしれない」と関係者が恐れた「2号機」について、番組を見ただけではよく判らなかった。が、いろいろ調べて補足すると、番組の中で触れられた事の意味がよく判った。

「2号機のSR弁が開かず、全く水が注げないままメルトダウン、そして格納容器破壊のシナリオになってしまった場合、1号機と3号機に水が注げなくなってしまい、さらに使用済燃料プールへの対策が滞ってしまうことだった。まさに福島第一原発の最悪のシナリオだ。そしてそこから放出された放射性物質の影響で南におよそ10キロの所にある福島第二原発もオペレーション不能になれば、それこそ東日本全体が放射能に覆われてしまう」(国会事故調の吉田調書)

 つまり、2号機の格納容器が損傷したら総員待避せざるを得ず、そうなったら福島第一、第二両方の全てのコントロールが出来なくなって、制御不能に陥る……。

 あの時、首相官邸も、同様の危機感を持っていたので、菅首相が東電に怒鳴り込んだ。それを非難する声が今もあるが、あの時の菅首相の行動は間違ってはいなかった。その意味で、菅直人の名誉回復はなされるべきだ。ヒステリックであったかもしれないが、間違った事はしていない。今のアベより遙かにマシだし真っ当だと思う。

 なんせ、当時の東電は記者会見で、メルトダウンを起こしているとは全く言わなかったのだ。しばらく経って、吉本の藤原マネージャーに似た太った広報担当者は「メルトダウンと言う言葉を使いたいのなら使っても結構」的な不貞腐れた感じで間接的に認めたのだ。

 万策尽きて、あとは神頼みするしかない状況だった、と。

 もし2号機の格納容器が壊れたら、青森以南~千葉・茨城まで3000万人以上の避難をさせるという未曾有の大混乱が起きていたのだ。

Img832_up0738

 幸い、そうならなかったが、官邸は、平田オリザの手になる「首相談話の草案」を作っていた。これを読むと、本当に恐ろしくて背筋が凍って……そうならなかった幸運を思って、涙が出る。いや、こう書くと、今も避難生活を続けている福島の方々には本当に申し訳ないのだが……。

 ネットにその全文があったので、この事実を忘れないためにも、再録する。

---------------------------------------

 この度(たび)の福島第一原子力発電所の大規模事故にあたり、多くの国民のみなさまに大きな不安をお与えしていることを、改めてお詫(わ)び申し上げます。

 特に、これまで四十年間、首都圏の電力を支えてきてくださった大熊町、双葉町の皆様(みなさま)、近隣市町村、福島県民の皆様、隣接する茨城県、宮城県の皆様には、本当に多大なご迷惑をおかけし、お詫びの言葉もございません。申し訳ありませんでした。

 この度の事故は、政府、経済産業省はじめ関係諸機関、東京電力のいずれにも、多大な責任があり、今後、事態が収拾したのち、きちんとした反省、検証のみならず、責任の追及を行っていく所存です。

 しかしながら、いまは、政府、東京電力、自衛隊、消防庁など関係諸機関、そして全国民の総力を挙げて、被害を最小限に食い止めなければなりません。どうか、その点をご理解いただければと存じます。

 福島第一原子力発電所は、廃炉を前提として、とにかく、被害を最小限に抑えるように、今後も全力を挙げて対策を講じてまいります。

 しかしながら、いまの時点において、国民のみなさまの健康に影響を及ぼす被害の可能性が出てまいりましたので、その点をご報告させていただきます。

 まず、お願いしたいのは、現在の放射線量から考えて、いま、すぐに健康被害が起こるわけではありませんので、どうか落ち着いて、各自、冷静に対処、行動をしていただきたいということです。

 繰り返します。今すぐに健康被害が起こるような事態は起こっておりません。これからの説明をよく聞いていただき、国民各位が、冷静な行動をとっていただきますようにお願いいたします。

 まさに、いま、日本国民の叡智(えいち)、理性、自制心が問われています。

 なにとぞ、よろしく、ご協力ください。

 まず、立ち入り禁止区域を、現在の20キロ圏内から、○○キロ圏内に拡大いたします。これは、念のため、最悪の事態を想定しての避難です。

 ○○圏内というのは、放射性物質の拡散による直接の健康被害が起こりえる、最大限の距離をとっています。この圏内の皆様には、たいへんなご心配とご不便をおかけいたしますが、どうかご協力いただきたい。

 すでに関係する自治体には連絡を取っており、現在、避難経路などを策定、指示をしていただいております。各自治体の指示に従って、ゆっくりと、焦らずに避難を行ってください。繰り返しますが、すぐに危険が迫っているわけではありません。念のため、最悪の事態を想定しての避難ですので、ゆっくりと避難をしてください。

 なお、この区域の皆様には、今回の事故の安全確認が完了するまで、○か月以上の長期間の避難をお願いせざるをえません。まことに申し訳ありませんが、ご不便に耐え、安全確保にご協力いただきたいと思います。

 政府としても、最大限の支援を行ってまいります。避難の長期化が避けられない地域に関しましては、政府が責任を持って、全面的に持続的な支援を行い、ご不便を最小限に抑えます。

 また、放射線量の推移を見ながら、定期的に、車両などを出して、各家庭からの必要な生活用品の移動なども支援いたします。

 なお、大熊町、双葉町の住民の皆さまには、最悪の場合、数年の単位で将来的にも居住が難しくなることが予想されます。完全移住も含めて、政府と自治体で対応を協議してまいります。地元住民の皆様の、政府、東京電力への信頼を裏切るような結果となってしまったことを、重ねてお詫び申し上げます。

 さらに屋内待避区域を、現在の30キロ圏内から○○キロ圏内に拡大いたします。繰り返しになりますが、立ち入り禁止を指示した○○圏内は、放射性物質の拡散による直接の影響が起こりえる、最大限の距離をとっています。ですから、屋内待機区域は、けっして、24時間外出禁止という区域ではありません。あくまでも念のための措置です。

 外出時の注意は別途申し上げますので、極力外出を避けていただければ、健康被害は防げます。

 この地域の皆様にも、食料など生活必需品の配給を責任を持って行いますので、ご協力ください。

 また圏外避難をご希望される皆様にも、西日本の自治体にも協力を仰ぎ、受け入れ体制を整えます。

 今日、明日、健康被害が出るわけではありません。どうか慌てずに行動してください。

 それ以外の周辺地域の皆様に、健康被害の可能性について申し上げます。

 お手元の資料をご覧ください。

 妊娠中の方、乳幼児、○○歳以下の子ども、40歳未満の成人、40歳以上の成人について、距離別の想定される健康被害の可能性をお示ししました。

 またこの数値は、風向きによって大きく変化しますが、強風の風下に立った場合の、最悪の状況を想定しての数字となっております。

 たとえば、50キロから100キロの地域では、○○歳以下の子どもの、十年以内の甲状腺癌(がん)発症の可能性が、○○%から○○%となっています。屋内待避を続けていただければ、この数値は、大幅に下がります。

 他の地域でも同様に、屋内待避を続けていただければ、長期にわたる健康被害の可能性が、大幅に低下します。

 ただ、比較的安全な○○キロ圏外の皆様でも、妊娠中の方、乳幼児をお持ちの方が、それでも不安を感じられるということは否定できません。こうした方々の不安に応えるためにも、ぜひ全国民にご了解いただきたいのですが、西日本に向かう列車などに、妊娠中の方、乳幼児を連れた方を優先して乗車させていただきたい。

 くりかえしますが、成人に、すぐに健康被害が出るわけではありません。100キロ圏内に、一週間以上とどまっていても、屋内待避を続けていれば、健康被害は起こりません。

 どうか、理性と、強い自制心を持って、この最大の国難に、国民一丸となって対処していただきたいと存じます。

 放射線の量は、風向きなどで刻一刻と変化します。ふさわしくない喩(たと)えかもしれませんが、花粉の飛散に似ています。政府は、各地の放射線量の情報を逐次、国民のみなさまに提供し、待避、外出の指針としていただくよう努めてまいります。

 なお、念のため申し上げておきますが、この度の原発事故では、チェルノブイリ原発事故で起こったような放射性物質の大量拡散、いわゆる「死の灰」の飛翔(ひしょう)、大気に乗っての拡散の可能性はありません。放射線の拡散だけならば、政府の指示に従って充分な距離を置けば被害は防げますし、また時間をおけば、安全性の回復が望めます。この点をご信頼いただき、冷静な行動をとっていただくことをお願いいたします。

 政府は、全力を挙げて、事故対策、避難支援、生活支援に取り組みます。しかしながら、ことここに至っては、政府の力だけ、自治体の力だけでは、皆様の生活をすべてお守りすることができません。どうか、国民一人ひとりが、冷静に行動し、いたわり合い、支え合う精神で、どうかこの難局を共に乗り切っていただきたいと願います。

 重ねて、政府、東京電力の不手際をお詫びし、国民全般の最大限のご協力をお願いいたします。

----------------------------

 あの時、枝野官房長官が繰り返し言っていた「ただちに健康に影響があるわけではない」という言葉を思い出す。

 本当に、恐ろしい……。

 巨大地震に巨大津波、そして原発事故と、2011年3月11日は、まったく大げさな表現ではなく、日本は未曾有の危機の真っ直中にあったのだ。

 他のことはまったく考えられなくなって……。

 風呂に入り、ゴミ出しをして、1時就寝。

今朝の体重:88.65キロ

本日の摂取カロリー:1346kcal

本日の消費カロリー:129kcal/3592歩+41kcal(自転車)

« 3月12日/ゲラやってインスタレーションを見に行って…… | トップページ | 3月14日/「悪徳探偵」シーズン2の第4回を書く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63343558

この記事へのトラックバック一覧です: 3月13日/結果的にブラブラしてしまった日曜日:

« 3月12日/ゲラやってインスタレーションを見に行って…… | トップページ | 3月14日/「悪徳探偵」シーズン2の第4回を書く »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト