« 3月15日/仕事&美味いハンバーガー | トップページ | 3月17日/原稿を1つ上げたけれど…… »

2016年3月16日 (水曜日)

3月16日/ショーン・マクアードル川上=ベンジャミン伊東説

 まず、ご案内を。

 ただいま発売中の週刊新潮3月24日号に安達が書いた「黒い報告書」が載っております。題して「路地奥の『楽園』にしがみついた”家庭的ホスト”が破滅するまで」。

324

 お読み戴ければ幸いです。今回はかなり文章が直されまして、まだまだ精進が足りないことを痛感しました。

 で。

 7時起床。

 朝のモロモロをやって「あさが来た」を見て、昨日分の日記を書く。これが朝のルーティーン。

 アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、カフェオレ。

 いやしかし、今日はもう、何と言っても、ダントツでショーン・マクアードル川上。この人、早い話が「ショーンK」という芸能人(DJとかナレーター)だったと。この時点で、ケーシー高峯やラサール石井やベンジャミン伊東(これは伊東四朗の役名だが)と同じ事だったのね、と。

11404459

 整形してハーフを装ってもハーフっぽい名前を名乗っても別にいいけど、ハーバード大でMBAとか超高学歴なプロフィールを自作して報道番組でコメンテーターをやったのがマズかった。特別に神経を使う、と古舘もぼやくほどの報道番組なんだから。ワイドショーなら芸人もコメンテーターをやるんだから別に問題なかったろうに。
 英文の経歴はダミーだったのがそのまま残っていたという言い訳は苦しい。だって番組では実績ある経営コンサルタントで経済の専門家として紹介されていたんだから。それが誤解なら自分で訂正しなきゃ(でも本人は経営コンサルタントはやっていたと言ってる)。

 「報道ステーション」での彼は、落ち着いた語り口で、なんとも「信頼感」ある雰囲気で、その内容も穏当なもので特に問題はなかった。要するに彼は「重要な報道番組でのコメンテーターという役を粗相なく立派にこなしていた役者」だったのだ。レーガンだって「大統領を立派に演じていた」と言われるんだから、それもまあ……。

 ただ、あの鼻には違和感があったんだけど。パーティグッズの「メガネ鼻」みたいな感じだったし……。

 「ショーン・マクアードル川上」という名前は芸名だったわけだから、おれも「カールハインツ安達」とか「ジャン=ポール安達」とか「ジュゼッペ・ディ安達」とか「カークパトリック安達」と名乗ってもいいはずだ。高須先生のところに行けば50万でハーフっぽい顔に整形できるそうだし……。まるで意味ねえか。

 で。

 仕事開始。「悪徳探偵」シーズン2の第4回。今日こそ書き上げたいが……。

 昼はソーセージと目玉焼きに山ほどのキャベツの千切りにご飯、インスタント味噌汁、漬け物。

 食後すぐ、仕事再開。

 夕方までやって、睡魔に襲われて、バッテリーが切れた。

 ちょっと休んで再開すれば、なんだか終わりそうでもあったのだが……内容を推敲してちょっとカットしないと濡れ場を入れる枚数がない。それを擦るのはかなり厄介なので、今日は終了。

 テニスに行く。

 レッスンはまあまあ。試合もまあまあ。

 曳舟駅前の「上海菜館」で、週替わりスペシャルの、「豚肉と野菜のスタミナ炒め定食」を食べる。美味い!

 北千住のファミマで「黒い報告書」が掲載された週刊新潮を買う。いつもは「掲載誌を送ってください」とお願いするのだが、今回はなんだか気が引けてしまったので。

 帰宅して、くーたんにご飯を出す。

 22時から「フラジャイル」の最終回を見ようと思ったが、こっちは録画して、「報道ステーション」を見ることにした。番組として「ショーン・マクアードル川上」の件をどう説明するのは、興味津々だったので。

 「相棒14」最終回の終わり部分を観る。高岡早紀が物凄く魅力的!この最終回、なんだか面白そうだな。再放送を狙おう。

 で、「報道ステーション」。古舘は「とにかく残念です!」と。しかし、単なるタレントを経営コンサルタントとしてレギュラー・コメンテーターに起用した経緯が知りたいなあ。この番組に出ていたから、フジの新番組に起用されたわけでしょ?(*「報道ステーション」に先だってフジの朝の番組にレギュラーで出演していた)
 しかしフジも、ついてないときはトコトンついてないなあ。

 「もっともらしいハーフ風タレント」としてじゃ、ダメなんだろうか?

 トランプがリードしても過半数が取れなかったら、共和党は予備選には出ていなかった「全くの別人」を共和党の候補にしてしまう可能性がある、と。しかしそれをやったら、予備選ってなんだったんだ!ということになる。数百億のカネと時間を使ったのは完全な茶番になるぞ。

 「六代目山口組」vs.「神戸山口組」の抗争のニュース、頭の中では「仁義なき戦い」のあの曲が高らかに鳴っていた。モロあれじゃんねえ。東映が元気なら、映画にしたろうけど……最近、ああいう血で血を洗う実録ヤクザ映画やVシネがなくなってしまったのは寂しい。って、新作が作られていた頃、見てなかったんだけど。「仁義なき戦い1〜4」と「県警対組織暴力」は永遠の傑作だと思っているが。
 「悪漢刑事」のネタは尽きないなあ……。

 話題がプロ野球の「カネのやり取り」というどうでもいい話になったので、「フラジャイル」を途中から見る。主人公は本当はマツジュンが演る予定だったのに、いろいろあって長瀬になったらしいが……この役は長瀬でしょ。マツジュンじゃ、この強引な押しは出せなかっただろう。「お前が医者である限り、僕の言うことは絶対だ」とまで言い切れるのは、長瀬じゃなきゃ。

 また「報道ステーション」に戻る。イチローのロング・インタビュー。これはとても示唆に富んだ話だった。自分で試行錯誤してみないとダメだ、遠回りは結局、近道だ、という話。無駄になっても、自分で試してみないと判らない。失敗してみないと身につかない。これはスポーツだけのことではないはずだ。

 イチローには是非、引退したら指導者になって欲しい。彼の言葉を通訳できる有能な助手が必要だろうけど。

 他局のニュースが「ショーン・マクアードル川上」のことをどう伝えるか興味があったが、逃がしてしまったようで、判らない。

 しかし、ここんとこの週刊文春の怒濤のスクープは、凄い。週刊文春は日本最大にして最高の諜報機関のようだ。週刊文春を敵に回すと、確実に社会的に抹殺される。それはそれでモーレツに怖いぞ。

 0時過ぎに就寝。

今朝の体重:87.70キロ

本日の摂取カロリー:1715kcal

本日の消費カロリー:165kcal/4048歩+23kcal(自転車)+702kcal(テニス)

« 3月15日/仕事&美味いハンバーガー | トップページ | 3月17日/原稿を1つ上げたけれど…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63356975

この記事へのトラックバック一覧です: 3月16日/ショーン・マクアードル川上=ベンジャミン伊東説:

« 3月15日/仕事&美味いハンバーガー | トップページ | 3月17日/原稿を1つ上げたけれど…… »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト