« 3月23日/心が麻痺しかけているようで、怖い | トップページ | 3月25日/人工知能少女はイケメンの夢を見るか? »

2016年3月24日 (木曜日)

3月24日/本日、物情騒然

 7時起床。

 雨。

 洗濯物を干そうと思ったのに……。

 雨はしばらく降り続く。

 「あさが来た」を見て、朝のワイドショーをちょっと見ると……昨夜の「報道ステーション」の扱いに立腹した、シマウマ事件について、似たような扱いなのに、更に立腹。

 その後、朝のモロモロを済ませるが……。

 本日はいろんな事件が多くて、もう大変。って、別に取材に呆回るわけでもなくコメントを求められるわけでもないのだが。

 自分から自分宛に「document」と称するファイルが来た。zipで圧縮してある。しかしこれは絶対に罠だと思ったので解凍もせず、そのまま削除したが、それが正解だった。

 このファイルは「身代金ファイル」で、金を払ってパスワードを入力しないと画像ファイルや文書ファイルがすべて白紙になってしまうらしい(←リンク)。

 似たようなpdfファイルもきていたが、これもそのまま削除した。バックアップを取っているとはいえ、仕事のファイルが消えてしまうのは致命的だ。

 

 そして……乙武さんの不倫。これはもう週刊文春の独走許すまじと頑張った週刊新潮の成果だろうが……。

 身体障害者で、懸命に発信を続けているということで、世間一般の乙武氏のイメージは「清廉潔白」「聖人君子」と勝手に思い込んでいるのではなかろうか。しかし、ご本人は「障害者だって普通の人間」ということを常に言い続けている。

 それがハッキリ判るのは、吉田豪が出演したラジオ番組の聞き書き「吉田豪 素顔の乙武洋匡を語る」(←リンク)。

 この吉田豪さんのラジオの聞き取りを読んで、初めて、乙武さんの「人生のテーマ」が判った気がする。あくまでおれの勝手な理解だが、彼は「普通の男として生きる」トライアルをしているのだ。肉体的ハンデをモノともせず。

 障害者だって普通の人間だしスケベな男だし、下半身がだらしない男だっているんだ!と言うことを身を持って実践しているというか……それが自然な姿だから晒していると言うことで……。

 彼は「弱者」を装ってないし、それを武器にした「強者」でもないし……そういうことを言う奴をひっくり返そうとしているかのようでもある。というか、こっちの勝手な思い込みのくだらない「常識」「良識」もひっくり返してる。NHK教育テレビで「障害者バラエティ」が始まったときも、すごく戸惑ったけど、そういう戸惑いがない社会が普通だし健全なんだと思う……。おれはまだまだそういう境地にはなれないけれど。

 ヨーロッパでは障害者が積極的に街に出ているから、共存するのがまったく普通のことになっている。まだまだ障害者と触れ合うのが特別な事という意識がある日本とは違う。

 乙武氏は、そのへんの日本人の感覚を変えたいのだろうと思う。

 あのカラダで大変だろう、と思うが、それが日常であれば、ちょっと不便なだけ、と言うことなのだろう。

 ただ……この件で、奥さんも謝罪したことがどうしても引っかかる。奥さんは怒っても謝罪する必要なんか、ないでしょ。

 乙武さんを選挙に担ぎ出そうとしていた自民党のじじいたちの下手な入れ知恵だったのかどうか判らないが、これは完全な失策。ダウンタウン浜田の浮気がバレたときの小川菜摘の「ウチでがっつり叱り飛ばしたので、よろしく」的な態度が自然だし好感も持てた。

 不自然に行儀良くして世間の好感度を上げたいという行為が完全に裏目に出ましたな。

 しかし、乙武氏は、自分から議員になりたいと思ったのかな?議員になるなら与党で、と思ったのかな?まあ、自分でそう思ってとしても、不思議ではないけど。

 自民党のアホ議員の典型・大西の「反自民の巫女を口説いたが振られた。巫女の分際で!」という、即刻馘にしろ!的バカ発言もヒドいが、『今月18日に開かれた自民党の「農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム」で、山田俊男参院議員(69)がJA関係者にブチ切れ、暴力を振るった』一件(←リンク)もヒドい。身内みたいなもんだから、という意識もあったのかもしれないが、公人という意識が欠落している。こういうアホ議員、馘にしてしまえ!

 宮城・野蒜小の津波訴訟で市に賠償命令、という件(←リンク)。この裁判の「女児」の部分。短い記事ではよく判らないのだが……女児は自宅近くまで送り届けられて津波にのまれて亡くなったのだが、この時、女児の親はどこにいたのだろう?家の中?女児は自宅に入ったのか?その前に津波にのみ込まれてしまったのか?送り届けた同級生の親は助かったの?いろいろ判らない事が多すぎる……。

 今夜の気功はお休みして、仕事に集中することにする。昨夜のテニスでちょっと足が痛いし……火水木と3連発で夜のイベントがあるのは辛いし。

 ブランチは、ダブルソフトのトースト、8枚切り食パンのトーストにブルーベリージャム(このジャムのせいか、目のサプリを飲まなくても目のショボツキがなくなった)、ゆで卵、カフェオレ。

 仕事のスイッチがなかなか入らず、なかなか進まない。これはたぶん、大きなテーマを扱っているので肩に力が入っているせいだろう。基本的にエンターテインメントを書いているんだから、いつものように楽しんで書くべきなのだが……。

 午後、ソーセージを焼いてパンに挟んで食う。それと板チョコ。

 仕事が停滞すると、ついつい、止めたはずのFacebookを見てしまい、気になることについて書き込んでしまったり。

 夕方になってしまった。

 晩メシは、外出して「翔竜」で味玉ラーメンの大盛り。

 

 帰宅して仕事を再開しようと思ったら……モーレツな睡魔に襲われて、ニュースを見ながら寝てしまった。

 それでもなんとか、仕事を進める。

 IS戦闘員を志願したとしてトルコで拘束された日本人が強制送還されてきた、と(←リンク)。シリア人に「戦闘員になりたい」とメールしたのはふざけてやった、と。こんな時にバカかコイツは!強制送還されずに、トルコ政府に厳しい尋問を受けて死ぬほど怖い目に遭うべきだった。ま、トルコも今、無知でバカな日本人の相手をする暇はないか。

 「報道ステーション」の特集「緊急事態条項」で、現行憲法を国会で審議したとき、当時の憲法改正担当大臣が「緊急事態条項は不要」と発言した件を、アベ首相はかなり小馬鹿にしたような口調(おれにはそう聞こえたんだから仕方がない)で「占領下の国会発言だから」と切り捨てた。アベって、こういう時の物言いが本当に腹が立つ。ケンがあるというか、シャクに障るというか。同じ事を違う言い方で言っていれば、今頃憲法だって改正されているかもしれないぞ。

 ようするに、アベの短気さと自制心のなさが、一周回って功を奏して、救われているのかもしれない。もっと頭のいい総理大臣だったら、してやられているかもしれないなあ……。

 コーヒーを飲んで、今夜は深夜まで仕事だ!と思ったが、眠いときは何をしてもダメ。

 1時まで頑張ったが、沈没。

 洗濯したけど干せないまま洗濯機の中にあった洗濯物、もう一度洗う。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:2335kcal

本日の消費カロリー:6kcal/293歩+48kcal(自転車)

« 3月23日/心が麻痺しかけているようで、怖い | トップページ | 3月25日/人工知能少女はイケメンの夢を見るか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63392954

この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日/本日、物情騒然:

« 3月23日/心が麻痺しかけているようで、怖い | トップページ | 3月25日/人工知能少女はイケメンの夢を見るか? »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト