« 3月4日/世の中、春ボケか? | トップページ | 3月6日/やっと「第2章」あげて、ご褒美食べて、「真田丸」 »

2016年3月 5日 (土曜日)

3月5日/ジャンクフードな1日

 7時起床。

 曇り。

 朝のモロモロをやり、「あさが来た」を見る。波瑠もいいけど、玉木宏がいいんだよねえ。役がいいってこともあるけど、こんなに「引いた芝居」が出来る人だとは思わなかった。いつもニコニコのほほんとして控えているけど出るときは出る、という理想の「旦那様」だよねえ。

 あ、昨日の「アサイチ」は橋爪功がゲストで、かなりイチビリなトークを展開していた。若い頃はかなりトゲがあったんだろうなあと言う感じ。今は凄く渋くてトゲもユーモアになってる感じだけど。

 腹が減ったので日記を中断してアサメシ。ダブルソフトのトーストと8枚切り食パンのトーストにゆで卵。

 メシを挟んだとは言え、日記を書き終わると10時。マジで毎日日記にこんなに時間を掛けかけてちゃイカンだろ。

 即仕事開始とは行かず、なんだかんだとウダウダしてしまい、正午を期して仕事開始。

 小さな関門が次々に襲ってきて解決したらまた次が。という場面だが、書いていると同じように次々と問題が襲ってくる。ツジツマとか「これはあり得ないだろう」とか。まあ、考えれば解決するのだが。

 レーズンバターロールと牛乳を追加で食べる。アタマを使うと腹が減るのだ。

 「真田丸」第8回は日曜の放送を見てあまりに素晴らしかったので、再放送を録画しておく。

 ヒルメシは、「焼きそばUFO」の大盛りとカレーパン。これでもう本日の摂取カロリー量は使いきった。

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。恒例・空耳アワードの前篇。

 その流れで、録画したばかりの「真田丸」第8回を見る。初めて見たときには衝撃が走ったが、見直すと、時間軸を行き来する周到な構成が光っている。それで緊密さと緊張感が持続しているのだ。

 真田昌幸が、またも「策士策に溺れた」のか?と思わせて、今回は改心の大成功!という展開も憎いし、そういう昌幸の策略を見抜いていた切れ者・家康の描写も巧い。今回の家康はかなりユーモラスに描かれていて、内野聖陽もワルノリして小芝居を駆使しているが、それが切れ者ぶりを強調しているという極めて高等なテクニックを駆使していることがよく判る。

 いやあ、「ちかえもん」といい、NHKのドラマは凄いぞ!

 あ、そろそろ昨年のウルトラスーパー大傑作の「64」もディスクが発売になるんだよな。買うかなあ、どうしようかなあ。NHKのドラマのディスク版って、メイキングとかの特典映像がついてないんだよなあ……。

 仕事に戻る。

 と、週刊新潮K氏より電話。しばらく前に書き直した「黒い報告書」、細かいところを直したいのだがこちらでやっていいか、と。

 それは申し訳ないのでこちらでやりますが、とおれが答えると、K氏は自分で直してしまった方が話が早いので、と。その結果を見て確認して欲しいと。

 以前は、内容やテーマが「黒い報告書」に合っていないと指摘されることが多かったが、最近は文章について言われることの方が多くなった。400字詰め換算で20枚弱しかないスペースで事件と濡れ場と登場人物の心の動きを書き込まないといけないので、表現はコンパクトに、タイトにスリムに書かなければいけないところが、まだまだユルい。ゲラでチェックが入らないように毎回頑張っているのだが……。


 気を取り直して、仕事再開。

 17時を過ぎて、腹が減った。

 カップ焼きそばはカロリーは高いくせにすぐに腹が減る。

 買い物もしなきゃいけないので、ちょっと外出。

 皮算用では夕方に「第2章」を書き終えて、夕食にビールでも飲んで、とか思っていたのだが、まだまだ終わらない。

 簡単に済まそうと、吉野家で牛丼。並のお新香味噌汁セット。

 スーパーで卵と漬け物を買って、帰宅。

 テレ東の「土曜スペシャル」、今回は春の南房総ドライブ旅、ということで、見る。

 いやあ、ここんとこ、南房総に行くことが多いせいか、千葉っていいなあ、南房総っていいなあ、としみじみと思うようになった。

 伊豆も素晴らしいが、千葉も素晴らしい。近いのが嬉しい。海はきれいだし魚は美味いし温泉もあるし……。伊豆に似てる。まあ、伊豆の方がいっそう穏やかで気品を感じるのだが。

 まだマザー牧場や鋸山に行ってない。館山の海に面したいいホテルはたくさんあるけど、まだ泊まったことがない。

 千倉もいいし、鴨川は愛してるし、勝浦も好きになった。

 いかん。久留里沿線といすみ鉄道沿線を混同しているぞ。なんとなく街並みが似てるのだが、それを言ったらお互いの住民に「一緒にするな」と怒られるんだろうな。久留里藩と大多喜藩で国も違ってたんだし。こういうところも千葉は面白い。

 成田山にお参りしてウナギを食べて、終了。

 いや、千葉は広い。地域によって顔が違うし。

 いつもより30分以上短いので「?」と思ったら、卓球の選手権が始まった。

 レーズンロールと「ミニ助六」を食べる。もう、タガが外れてしまった感じ。

 録画しておいた裏番組の「ブラタモリ」を見る。那覇。

 戦前の那覇は港町で琉球王国の首都であった首里とは離れていた。しかし戦後、那覇港は米軍のものとなって旧那覇は立ち入り禁止になってしまった。それで元の住民は首里寄りの湿地帯だった地域に移住した……。

 日本とアメリカに翻弄され続ける沖縄と那覇の姿を垣間見た。

 前回、沖縄に行ったときは那覇市内を全然観光していない。次に行くときは、那覇市内も歩き回りたい。

 週刊新潮K氏より、書き直された原稿ファイルが届いたので、先に相方に読んで貰おうと、回送する。

 TBS「新情報7デイズ」を見る。

 新国立競技場に聖火台が用意されていない、という件で、設計者である日本を代表する建築家の隈研吾氏にインタビューしようとしたら、隈研吾氏は無言で走り去った。

 たぶん、あちこちから「余計なことは言うな」「黙ってろ」という指示があったんだろうけど……日本を代表する建築家だったら、きちんとした考えがあって聖火台をカットしたんだろうから、その事をきちんと記者会見で話すべきだ。

 まさか、「設計仕様書に聖火台のことは書いてなかったので、聖火台については何ら考慮しなかった」とか言い切るんじゃないだろうな?

 もし、そう言い切るとしたら、建築家生命は終わるんじゃないの?新国立競技場は、オリンピックを開催するために建て替える、という大前提があったんだから。

 というか、こんなにケチがつきまくりのオリンピック、もう返上してナシにした方がいいんじゃないの?競技場跡地は森にして、都民の憩いの場にすればいい。三ツ沢の競技場を使えば競技大会とかはなんとかなるんでしょ?

 仕事に戻る。

 今夜は深夜営業して、なんとかやってしまおうと思ったが……。

 例によって、あと一息のところで、頑張りがきかなくなった。じゃあテレビなんか見てるなよ、というところだが、アタマがボンヤリしてしまって、その回復を待っていた面もあったのだ……ってこれ、言い訳だよなあ。

 明日は絶対残りをやってしまい、「黒い報告書」を確認して、角川新作のプロットをまとめよう!

 2時就寝。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:3367kcal

本日の消費カロリー:30kcal/1023歩+36kcal(自転車)

« 3月4日/世の中、春ボケか? | トップページ | 3月6日/やっと「第2章」あげて、ご褒美食べて、「真田丸」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63305869

この記事へのトラックバック一覧です: 3月5日/ジャンクフードな1日:

« 3月4日/世の中、春ボケか? | トップページ | 3月6日/やっと「第2章」あげて、ご褒美食べて、「真田丸」 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト