« 3月18日/南千住でプチ花見……思いっきり寿司を食った | トップページ | 3月20日/これは……「室賀ロス」かっ! »

2016年3月19日 (土曜日)

3月19日/「第3章」に突入したが……

 7時30分起床。

 曇り~雨。

 「あさが来た」を見る。「日の出女子大学校」って、百恵ちゃんの母校「日出女子学園」(現在は「女子」が抜けている)と紛らわしい。まあ、「日本女子大学校」をマンマ使うわけには行かなかったのだろうけど。しかし大河「八重の桜」では堂々と同志社開学まで描いてたよね?あっちは実名で描いたからいいのか。

 来週から「平塚らいてう」が登場してかなり引っ掻き回すらしい。

 朝のモロモロを済ます。このところ、くーたんは快食快便。しかしほとんどトイレを使ってくれないけど、便秘に苦しむよりいいか。猫の便秘は見ていても苦しそうだからなあ。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、6枚切り食パンのトーストにブルーベリー・ジャム、ゆで卵、カフェオレ。

 仕事開始。昨日は1日中眠くて全然仕事が出来なかったが、今日こそ光文社の第3章を書き始めるぞ!

 ……しかし、書き始めに苦慮。どう書き始めるか。演出とかインパクトとか、いろんな事を考えてしまうのは毎度のこと。踏ん切りがつくまでアレコレ考えてしまうのは必要な時間だと割り切る。

 昼は、スパゲティ・ナポリタンを作って食う。タマネギ・ピーマン・ソーセージ。これにマッシュルームが入ってれば完璧だったろう。

Img_2526

 ここのところ、1960年代前半のスポーツカーが気になっている。VWカルマンギア、ルノー・アルピーノ、アルファロメオ・ジュリエッタとスパイダー。このあたりのデザインの車だったら、愛車にしたい!しかしヴィンテージ・カーは維持が大変。きちんとした車庫が必要だし。

 そういや、マツダの「ユーノス・ロードスター」はこういうデザインだったな、と思って調べたら、今のデザインはヘッドライトが「ハリウッド映画に登場する悪役の東洋人」みたいで、キライ。なんか、イジメッ子がイヤらしい笑みを浮かべてるみたいな顔じゃないか。

056_o

 当代アルファロメオ・ジュリエッタは多少はマシか。しかしどうして昔みたいな丸いヘッドライトを使ってくれないんだろう?まあ、ジュリエッタは新車で買うと350万だし、おれには無理なのだが。

 って、車を持っててもほとんど乗る機会はないんだよねえ。だったらレンタカーで充分。

Img_2


 録画した「タモリ倶楽部」を見る。「楽器を買うときの試し弾き曲」ベスト5。いいところに目を付けたなあ!

 クラシック・ギターの1位は今だに「禁じられた遊び」だとは!

 この流れで、録画したまま見ていない今年のアカデミー賞を早送りで見る。「黒人俳優のノミネートがなかった」ことを逆手にとって全面的にイジリ倒す。このイジリ方は、かなりシンドイ。正直、面倒くさいねえ。そういうトシもあるんじゃないの?ということで済ませられないのか?

 オープニングの、今年のノミネート作品をフィーチャーした映像構成や物故者トリビュートはきちんと見るが、他は飛ばし見。ヴィルモス・ジグモンドやハスケル・ウェクスラーと言った撮影の名手が亡くなったんだねえ……。

 この番組のMCは、ビリー・クリスタルじゃないと落ち着かないよ。他のヒトだと何を言い出すかハラハラしてしまうし。

 しかし「音響効果賞」と「録音賞」の違いが判らない。いや、その違いはおれはよーく判ってるけど、アカデミー賞の選考基準というか、賞の紹介の仕方がヒドすぎる。「視覚効果賞」と「撮影賞」の違いなら判るのに。

 今年の受賞作・ノミニーだと、「スポットライト」「ヘイトフル・エイト」「オデッセイ」「マネー・ショート」「トランボ/ハリウッドにもっとも嫌われた男」「ブリッジ・オブ・スパイ」(コーエン兄弟が脚本を書いたのに監督はスピルバーグ!)を見ておきたい。

 「青空レストラン」(牡蠣とオイスターソースを使った料理。美味そう!)を見てから、夕食の準備。
 昨日食べなかった「カツオのタタキ」に野菜を増量。玉葱スライスにニンニク、青ネギ。キュウリを忘れたし、「薬味セット」の生姜は全然効かないのでダメだった。やっぱり生姜は自分でスライスしないと。

 木綿豆腐と油揚げの味噌汁も作る。

 美味い!しかし、玉葱がなんか、エグいのはどうしてだろう?

 NHKのニュースを見ながら食う。

 札幌行き豪華寝台特急「カシオペア」のラストランだが、「有り難う」と泣きながら叫ぶバカには辟易。そこまで感情移入するか?それに、撮り鉄のガキにインタビューするのも止めたら?コイツらもう、珍しくないし逆に邪魔な存在なんだから。

 鉄道ファンとか鉄道オタクなんて、差別されるくらいでちょうどいいの。マスコミが持ち上げるから、立ち入り禁止の場所に入って撮ったりとか、傍若無人な愚行を繰り返して顰蹙を買うのだ。連中には正常な社会生活を営む訓練が出来ていないバカが混じってるからねえ。というか、コミュ障害の傾向にあるヤツが鉄オタになる、と言うこともあると思うが。

 「ブラタモリ」は熊本城の秘密というか、加藤清正の「やりすぎ」を解き明かす。清正って、そんなに薩摩を恐れていたのか……。

 しかしこの番組は、毎回、知的好奇心を掻き乱す優れた構成をやってるなあ。

 テレ東の「軽トラックで旅」を見る。瀬戸内を海沿いに走るのは、いいなあ。別に軽トラックである意味が乏しいけど。

 「アド街ック天国」も見てしまった。西葛西って、つい最近埋め立てられたばかりの土地じゃないの。311で液状化しなかったんだろうか?……けっこう液状化して大変だったようだ。この番組ではまったく触れていなかったけど。

 1980年代初頭に、友人がこの界隈に引っ越して遊びにいった時、駅前は空き地だらけで店はほとんどなくて、黒澤の「用心棒」みたいに砂埃が舞っていて、開拓時代の西部みたいだなあと思ったものだが……。

 TBS「新情報7デイズ」で、たけしは「ホラッチョ北野です」と名乗ったが、「ホラッチョ宮崎」の名前は出て来なかったのは残念。

 冒頭でショーン・マクアードル川上の「涙の降板挨拶」を流し、番組中盤で彼のクラスメイトにアレコレ取材していた。

 ほとぼりが冷めたら、美声を生かして、ナレーターやナビゲーターとして復活すればいいと思う。専門家でもないのに専門家ぶって文化人コメンテーターを演じたのが行けなかったんだから。ワイドショーでなら芸能人としてコメンテーターもありだと思うけど。彼の英語はほとんどネイティブ級らしい(フィリピンの語学学校の先生の評価)から、小林克也とかジョン・カビラとかのラインで……。こうなってしまった以上、自虐出来るくらいのユーモア感覚は欲しいけど。もう「二枚目文化人」じゃ……。

 こんな美声の持ち主が、このまま消えてしまうのは惜しいと思う。

 風呂に入って、いろいろ考える。

 入浴すると、ホント、不思議と考えがまとまる。

 「第3章」の書き出し、書きあぐねていたのだが、すとんと腑に落ちた。

 すこし仕事をして、1時44分、就寝。

 暖房を切ったら、明け方寒いけど、起きるのが面倒。

今朝の体重:87.70キロ

本日の摂取カロリー:2090kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 3月18日/南千住でプチ花見……思いっきり寿司を食った | トップページ | 3月20日/これは……「室賀ロス」かっ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63370365

この記事へのトラックバック一覧です: 3月19日/「第3章」に突入したが……:

« 3月18日/南千住でプチ花見……思いっきり寿司を食った | トップページ | 3月20日/これは……「室賀ロス」かっ! »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト