« 4月10日/やっとこさ「第3章」終了! | トップページ | 4月12日/スケジュール調整して……「マエストロ!」を観た »

2016年4月11日 (月曜日)

4月11日/連載上げて散髪して結果的にドカ食い

 7時前起床。

 いやあ、すっかり日の出が早くなりましたなあ。

 今日は快晴。気持ちのいい晴れっぷり。しかし風はキツイ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはクロワッサン2にダブルソフトのトースト、ゆで卵、カフェオレ。

 10時、仕事開始。昨日、相方から来ていた「悪徳探偵シーズン2」の第4話の改訂稿を確認。昨日は分量確認をしてざっとしか読めなかったが、今日はじっくり頭から読んでいく。

 句読点やちょっとしたところを変更しつつ、読む。

 「あぶねえあぶねえ」というセリフを書いていて、あれ?これはなんの映画の記憶だったろう?としばらく考える。日活アクションの宍戸錠のセリフ?ネットで検索すると「あぶない刑事」しか出て来ない。

 しばらく考えて、やっと、クロサワの「椿三十郎」の三十郎の口癖だったと思い出した。

 で、この作品を心から愛する人のサイト(←リンク)を見つけて、じっくり読んで、感動が蘇って、泣いた。

 「用心棒」もそうだが、この作品は頭の部分が秀逸すぎて恐ろしいほどで、本当に勉強になる。説明部分を巧みに面白く見せて、主要な登場人物のキャラクター紹介までやってしまう。しかも、コンパクトに。この名人芸には本当に舌を巻く。

 やっぱりね、クロサワは小林信彦が言うように、「活劇の帝王」(小林信彦は「帝王」とは書いていませんが)なんですよ。ヒューマニズムにかぶれたけど、その基本はやっぱり、血湧き肉躍る活劇の人なんですよ。だから、「椿三十郎」があんなに無類に面白いのだ!晩年の作品にはなかった無骨なユーモアがなんとも笑えるし、クロサワが開発した「盛大な血飛沫」(「用心棒」では人を斬るときの擬音を発明したした)の威力!ラストに用意された映画史に残るこの「最後の決闘」の、予想を遙かに上回る凄さ!
 脚本には書かれていないから、撮影しながらどうしようかとずっと考えていたんだろう。殺陣は三船の意見で決まったそうだし。
 聞くところによると、撮影最終日で衣裳の替えがなかった(ほんとかね?)のでぶっつけ本番の一発勝負、当時助監督だった出目昌伸氏によれば、特殊効果を担当する装飾部も「威力」が判らないままの本番だったとか。

 で、誰もが腰を抜かした、映画史上空前で前代未聞のあの「名場面」!

 アートな市川崑と本当に好対照で豪快な黒澤明。

 これぞ、映画だ!

 ただ……こういう活劇は、トシを取るとどうしても撮れなくなってしまう……。

 そういうことを考えてしまった。

 13時過ぎに完了。実業之日本社の担当F氏に送稿。

 引き続き文庫書き下ろしとなる「最終話」をやらなければならないが、おれは光文社の「第4章」。

 その前に、ヒルメシ。そして、髪の毛が伸びてまとまらなくなって、なんとも気持ちが悪いので、まず、散髪へ。

 昨今は男も髪を切るのに美容院に行くようだが、昭和のオッサンとしては、男子は散髪屋!だと固く信じている。というか、こんなオッサンが美容院に入るの、小っ恥ずかしくて無理なのよね。それに高いし時間もかかるし。おれが行きつけの店はインスタント床屋の部類だが、よくある「テキトーにカットするだけの安い店」ではなくて、髭剃りまでやってくれる。それで安くて早い。

 待たされるだろうと思って行ったら、ちょうど空いていて、待たずにやってくれた。

 店内に流れるTBSラジオを聞きながら、約30分。

 あ~~~~~、スッキリ!

 これからは、「1作書き終わったら」という縛りは止めて、髪が伸びて気持ち悪くなったら、散髪することにしよう。

 その後、近くのマクドナルドに行って、今評判の「グランド・ビッグマック」を食べる。ポテトはSにしたが。

Grandbigmac_sub_01

 おれは、ビッグマックが好きだ。マクドナルドのパティは、不味い。それをピクルスやチーズやマヨネーズなどがカバーしている。だからパティがデカい「メガマック」は不味い。しかしビッグマックは美味い。そしていつも「もう少し食べたい」と思うので、このビッグマックのサイズがデカいだけの「グランド・ビッグマック」はおれにとっては夢のビッグマックだ。だけど、驚くほど高カロリーなんだよなあ~。

 美味しく戴きました。期間限定らしいが、あるウチにもう一度……イヤ今度はバーガーキングの類似商品を試してみようか。しかしバーガーキングは店によって味に差があるからなあ。美味いワッパーを食べようと思ったら秋葉原まで行かなきゃダメだし……。

 スーパーに寄って漬け物などを買って帰る。

 近くの公園の桜は、すっかり葉桜になったが、葉桜は葉桜で緑が爽やかで美しい。青空に映えて、実に美しい。

Img_2564



 帰宅して、仕事を再開して光文社の「第4章」を考える。相方から来ている詳細なメモを頭に入れて、具体的な構成を考えなければならない。

 が……。

 眠い!

 どうも最近は、「1日1仕事」しか出来ないようだ。昨日もそうだったが……しかしそれではいかんぞう!

 しばらく睡魔と格闘して、敗北。ソファで寝る。

 窓をすこし開けていると、とても気持ちのいい風が入ってくる。爽やかな、春の風。これがなんとも気持ちがいい。暑からず寒からず、絶妙な風。

 この幸福感をしばし味わう。

 17時を過ぎて、久々に「5時に夢中」を見てみると、ちょうどのタイミングで日経が報じた「アマゾンに開示命令 中傷書評の投稿者情報巡り東京地裁」(←リンク)のニュースを取り上げていた。

『通販大手アマゾンジャパン(東京・目黒)のサイトに投稿された書評によって社会的評価が低下したとして、本の著者側が同社に投稿者情報の開示を求めた訴訟の判決があり、東京地裁が投稿者の氏名や住所、メールアドレスの開示を命じていたことが11日までに分かった。裁判所がプロバイダー(接続業者)以外に利用者情報の開示を命じるのは異例。

 判決は3月25日付で、同社が控訴しなかったため11日までに確定した。

 アマゾン側は訴訟で日本法人のアマゾンジャパンがサイトを運営していることを認めた。海外に本拠を置くネットサービス企業が本国法人以外がサイトを運営していると認めるのは珍しく、国内で訴訟を起こしやすくなる。

 判決によると、投稿者は2013年に複数回、アマゾンのサイトの書評に著者らについて「人を欺くかのような活動をしている」などと投稿したが、同地裁は「真実ではない」と認定。そのうえで社会的信用を低下させたとし、運営するアマゾンジャパンに対し投稿者情報の開示を命じた。

 アマゾンは氏名やメールアドレスなどを登録してアカウントを作成しなければ書評を投稿できない仕組み。著者側がアマゾン側に投稿者情報の開示を求めていた。

 これまで投稿者情報を知るためには、サイトの管理者に投稿者のIPアドレス(ネット上の住所)の開示を求め、そのIPアドレスの契約者についてプロバイダーに氏名などの開示を求めるという2段階が必要だった。

 著者側代理人の山岡裕明弁護士は「ネット上で誹謗(ひぼう)中傷された被害者にとっては訴訟期間や費用が大幅に軽減される。非常に意義のある判決」と話している。投稿はすでに削除されている。今後、開示された投稿者情報に基づき、対応を検討するという。

 アマゾンジャパンは「個別の事件についてコメントできない」としている』

 待望の判決。これまでアマゾンの口コミは、好き勝手に書かれて迷惑している作家も多い。しかし正面切って反論するシステムはないし、また、反論するのも大人げない、みたいな感じもあるし、しかし誹謗中傷は書籍の販売に悪影響が出るだろうし……と歯痒い思いをしているのだ。絶賛の言葉が並ぶとは思えないけど、せめて実際に読んだ上での感想なら、とは思うが、読まずに作家を批判非難するだけの誹謗中傷や、最初からクサしてやろうと虎視眈々としている口コミはもう、「言葉の暴力」以外の何者でもないと思う。

 それに対抗出来る手段を裁判所は認めてくれたわけで、実に有り難いことだ。

 今後、アマゾンがどういう対応をするか、慎重に見守りたい。

 で。

 今夜は相方と食事をする。

 久々に町屋に出る。町屋と言えば「ときわ食堂」。なめろう定食に野菜の天ぷらとか食いたいなあと思いつつ、町屋へ。

 が、相方は「トンカツがいい」というので、和泉へ。

 おれはエビフライ・カニクリームコロッケ・一口ヒレカツの盛り合わせセットにする。

 美味い。美味いけど、今日は3000kcalを越えてしまったぞ!

 

 今後のスケジュールを話す。

 ツイッターでまたキチガイがドタバタやっているらしい。ネットに棲息するキチガイには本当に困ったものだ。

 昼間は晴れて風がなければ暖かかったが、夜は風が冷たい。

 帰宅して、風呂に入り、録音したNHK-FM「きらクラ!」の先週分(4月3日放送分)を聞く。空耳の「木村、プリン!」が妙におかしかった。

 千葉の市川で、保育園を新設しようとしたら地元の反対にあって、計画を断念した、と(←リンク)。

 この件は「総論賛成各論反対」の典型だと思う。今、誰もが「保育園を作ろう!」と思っているはずだ。一部の「母親は家で育児に専念すべし」というアナクロは別にして。しかし、保育園が出来ると子供の声が凄い。賃貸なら引っ越せるが、持ち家ならそうそう簡単には引っ越せない。一日中家にいる老人とか家で仕事をするモノにとって、甲高い子供の声は頭に響く。それも判る。

 だからこの件は「住民エゴ」と切って捨てられない。とは言え……市川は保育園の待機児童の数では全国トップクラスらしいし、都市部の保育園は本当に切望されている。

 保育園は作るべきだけど近くに出来るのは困る。

 これをエゴとして糾弾する是非……。

 建物を防音にしても外で遊ぶのは禁止する訳にはいかないし……。

 公園で遊ぶ子供の声がうるさいと、公園を管理する自治体を訴えた人がいた、という件もあった(たしか立川の方で)が……。

 アタシには、答えは出せない。

 おれ自身、ずっと部屋にいて仕事をしているから、喧しいのは困る。だけど、反対運動をするには激しく躊躇するし、なんとか妥協案が作れないかと頭を捻るだろう。

 こういう問題で「強硬な反対派」が生まれる場合は、なにか感情的なしこりが出来てしまったからだと思うし……。

 

 23時40分、就寝。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:3632kcal

本日の消費カロリー:110kcal/3239歩+115kcal(自転車)

« 4月10日/やっとこさ「第3章」終了! | トップページ | 4月12日/スケジュール調整して……「マエストロ!」を観た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63474982

この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日/連載上げて散髪して結果的にドカ食い:

« 4月10日/やっとこさ「第3章」終了! | トップページ | 4月12日/スケジュール調整して……「マエストロ!」を観た »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト