« 4月1日/桜が満開の中、言説の責任というものを考える……エイプリル・フールではありません | トップページ | 4月3日/頑張った1日のご褒美は……「真田丸」! »

2016年4月 2日 (土曜日)

4月2日/目の前にオアシスは見えているのに……

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 「あさが来た」の最終回。途中(あさが九州の炭鉱で苦労する辺り)から見始めたのだが、本当に名残惜しい。

 ピクニックの場面、風がきつそうで、気の毒。本当は、もっともっと穏やかでうららかな天候がベストだったろうに。

 で……ラストに新次郎はんが不意に登場したところで涙腺崩壊。

 この終わり方は最近の「勝利の方程式」に沿っているそうだけど、こういうカタチで新次郎はんが出て来るとは思っていなかったので、もう号泣。

 やっぱりね、朝ドラは「夫婦愛」でっせ、ほんまのところ。新次郎の役柄は、少女マンガみたいだけど、男が見ても「こういう男になりたいもんやねえ」(実際は大金持ちのボンボンにはなれないから無理)と思ってしまうもんなあ。

 本当に美しい大阪弁を聞かせて貰て、おおきに。ありがとさん。これからも時々、船場を舞台にした上品な大阪弁が聞けるドラマをやってほしいなあ。

 で、波瑠や玉木宏も素晴らしかったが、おれとしては山内圭哉に惚れ惚れした。何を今更、だけど。この人の大阪弁はネイティブだけあって素晴らしい。24時間ずっと聞いていたい。雁助の大阪弁で、だけど。

 朝から号泣してしまって、なんだか、ずっとしんみり。

 トシを取ってくると、今まで親しんでいたモノが終わってしまうのは身を切られるように切ない。

 なんか、ヤバいな。心が弱ってるな。

 弱ってる原因はただひとつ。

 仕事が予定通りに進行していないからだ。他の事がいろいろあって、ではない。時間は充分あるのに、ただただ「手をこまねいている」のだ。

 他のことに責任転嫁してみても、結局は自分が悪い。

 なんとかせねば。

 「悪徳探偵」第4回にも直しの注文が出たし……。

 アサメシは、ダブルソフトのトーストにベーコンエッグ。パック入りではなくブロックのベーコンを肉屋がスライスした奴なので厚めで、美味い。

 それと、カフェオレ。

 朝のモロモロを済ませてから、仕事開始。なんとか進めないと。

 アクションシーンで、ここは以前から書くのを楽しみにしていたところなのだ。

 推進力が足りないのには何か原因がある。

 じっくり考えるに、たぶん、肩に力が入りすぎているのだ。今回のこの作品は、新分野に挑戦しているので、ハナっから肩に力が入っている。こうしてやろうああしてやろうという思いが強くて、おれなら書けるとハードルを上げてしまった分、実力が追いついていない感じがあって……。

 これを突破するには、いろんな仕掛けを施すしかない。

 それを考えつつ……。

 昨夜落札したGショックの代金支払いをし、その勢いでアスキーのネットストアで、小さめの安いショルダーバッグを買う。

 突然懐メロの「哀しき鉄道員」が聞きたくなって、YouTubeで、聞く(←リンク)。この曲はEPを持ってるんだけど。

 日本でだけ大ヒットしたらしいけど、回転数を上げてピッチを高めて甲高い声にしたからヒットしたんだと、初めて知った。YouTubeには日本盤シングルカット版とオリジナル版の両方があって、聞き比べるとたしかにそうだ。いや~、全然知りませんでした。

 で、改めて聞いたら、「鉄道員に惚れちゃダメだよ。彼は新ダイヤにしか興味がない」ってテツヲタを揶揄うような歌詞だったのね!まるで内容に意味がないよう!鉄道員はメタファーであって、人生を深く歌ったものだと信じていたのに!ヨーロッパのロックってそういうのが多いじゃない?もしくは、もっと悲しい曲かと思ってたのに……。これを聴いたのは小学生だったからねえ。英語の歌詞なんか判らないもん。

 まあしかし、ワーグナーの楽劇だって音楽だけ聴いてたら荘厳で巨大なものだけど、内容を知ったらヘナヘナになるのと似たようなものか。と、書いたら世界数億のワグネリアンの怒りを買ったかもしれないけど。

 なんとかまあまあ進み出したので、すこし安堵。

 14時を過ぎて、外出。

 くーたん用のサプリとご飯を買い、ランチ。

 北千住東口商店街に新しく出来た「餃子太郎」という店に入ってみる。

 ここは餃子専門店なのかと思ったら、中国の人がやってる本格中華の店。というか、お手頃で親しみやすい中華のおかずがたくさんあって、お酒も飲めるしご飯も食べられる。ラーメンもあるしチャーハンもある。

 チャーハン・餃子セットを食べてみた。美味い。また行こう。

 スーパーで買い物。ヤマザキパンを3点分買う。これで春のパン祭のお皿、2枚目をゲット!

 帰宅して、休憩。録画した「タモリ倶楽部」を見る。お茶の水女子大の地理研究会女子とのお酒抜き合コン。なかなかマニアックな会話で健全に盛りあがる。

 今、テッチャンが市民権を得て大きな顔をしているのはタモリの力が大きい。そして今、地理・地学の分野のマニアックな面白さが注目されている……と言うか、おれ自身が面白く感じるようになったのは、やっぱりタモリの影響が強烈に強い。この番組と「ブラタモリ」のパワーは絶大だ。

 仕事に戻る。

 多少でも進むと、安心。多少では困るんだけど。

 18時30分からは日テレ「青空レストラン」。銚子の春キャベツを味わう。丸ごとロールキャベツが美味そう!これ、自分でも出来そうだな。コンソメで煮て、その煮汁にクリームを加えてソースを作るのね。あと、キャベツたっぷりのメンチカツも美味そうだったなあ!

 19時のNHKニュースを見ながら、買ってきた「九条ネギと取りの照り焼き弁当」を食べるが、これは美味い!予想以上に美味かったので、なんだか嬉しくなった。また買おう。

 それと、ヤマザキのレーズンパンも食う。

 で、「ブラタモリ」。熊本は「水の国」であることを解明する。これは実に面白い。面白くてタメになる。まさにNHKの王道を行く番組!

 東京近郊しか行けなかった時代はネタが少なくて、登場するゲストの専門家がしょーもないことでタモリを褒めそやすので、「タモリ天皇の巡幸」「偉大なるタモリ将軍様の民情視察」にしか見えなかった。しかし地方に行けるようになると、タモリの専門知識の開陳ぶりが炸烈!地理・地学の半端ない知識を発散しまくりで、これは素直に凄いと思う。まあそういうふうに番組を巧妙に作ってあるとはいえ。

 しかし、熊本がどうしてこんなに水が豊富なのか、しかも澄み切って美しい水が溢れているのか、その理由が判り、加藤清正の昔から、その水を有効に活用してきた先人の物凄い知恵に感動した。すべて加藤清正が考えたわけではないとは思うが、加藤清正、エラい!

 そのまま「LIFE!」特番を見たが、このコント番組、内輪だけで受けてる雰囲気もあって、イマイチ諸手を挙げて面白がれないのよね。

 「アド街ック天国」は館山。南房総ファンとしては見逃せない。

 う~ん南房総はいいなあ。館山は何度も行ってるので物凄く親近感があるし、鴨川も勝浦もいい。おれがいいと思うんだから、多くの人もいいと思うのは当然。移住者も多いらしい。と言うことは安くて出物の物件はもうない、と言うことだろうなあ。

 年を食ってから住むなら、やっぱり都会の方が便利だと思うけど、海と山と温泉がある南房総は魅力だよなあ。湘南は開発されちゃったし山がないけど、南房総には自然が溢れているし。

 伊豆は遠いけど、南房総はそう遠くないし。

 

 なけなしのカネをはたいて南房総の海のそばに小さな家を買って喜んでいたら地震が起きて津波で流されてしまうというのがおれの人生ではないか、と思ったり。ま、別荘を維持するのは大変というか不可能だから、買うなら移住だな。

 いつもならTBS「新情報7デイズ」を見るところだが、今日は観ないで、仕事に戻る。

 いろいろ調べながら、揚げモチを食いながら、書き進める。

 途中からはト書き風に書いて、明日肉付けするように、とにかく思いついた事をどんどん書いておく。

 2時前までやるが、これ以上やると明日に差し支えるので、中断。

 

 1時45分、就寝。

 消灯してすぐに、くーたんが布団に入ってきて一緒に寝て、明け方にも入ってきたので、一緒に寝る。至福の一時。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:2063kcal

本日の消費カロリー:59kcal/1099歩+98kcal(自転車)

« 4月1日/桜が満開の中、言説の責任というものを考える……エイプリル・フールではありません | トップページ | 4月3日/頑張った1日のご褒美は……「真田丸」! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63433113

この記事へのトラックバック一覧です: 4月2日/目の前にオアシスは見えているのに……:

« 4月1日/桜が満開の中、言説の責任というものを考える……エイプリル・フールではありません | トップページ | 4月3日/頑張った1日のご褒美は……「真田丸」! »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト