« 5月15日/仕事と愛猫 | トップページ | 5月17日/安心と不安 2題 »

2016年5月16日 (月曜日)

5月16日/頑張った翌日は小休止……

 目が覚めたら、8時17分。

 うわ~寝坊した!と思ったけど、寝たのが2時前だから。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませ、アサメシはトーストにライ麦のイングリッシュ・マフィンにゆで卵、カフェオレ。

 さあ、仕事!と思ったが、快楽亭の2枚目のCDをまだ作っていなかった。頭が疲れた夕方か夜にやろうと思っていたが、眠いと何もする気にならず、夜はテレビを観てしまったりモーレツに仕事したりと、機会を逸していた。快楽亭は「急ぎません」と言ってたけど。頼まれてもう1週間以上過ぎてしまった。

 なので、CDのマスタリングをやる。

 中入り前の2席目の「質屋庫」と5月5日締めの一席「辰巳の辻占」。

 この日はどれも面白くて、1席目の「看板のピン」も面白いのだが、師匠に言わせると、丁半バクチについてひと語りするのを忘れたので完全ではないという理由で外された。中入り前の3席目「後生鰻」も厚切りジェイソンみたいなのが出てきて面白いんだけど……。

 で、切り出して音量などを調整してCD-Rに焼き、試聴してみたら……なぜかトラック1の「質屋庫」の音量が、トラック2の「辰巳の辻占」より低い。マスタリングしている時は普通の音量だったし。もとの音声データを再生してもそうなんだが……。

 トラック1のマスタリングをやり直す。音声出力を上げて、CDを焼き直して試聴してみると……1回目とまったく同じ。

 もう1回やってみても、結果は同じ。

 たぶん……「質屋庫」は質屋の蔵に幽霊が出る、という噺の内容から絶叫する場面が多くて、何度も音量的にピークに達してピークリミッターが作動していたはず。クラシック音楽ではないので、かなりコンプレッサーを掛けて小さな声は持ち上げて大きな声は抑えて、一定のレベルにハメているのだが……。

 Macのソフトを使ってやっているのだが、CDに焼く時にノーマライゼーションが自動で働くので、その段階でトラック1の音量が全体的に下がってしまったのだろう……。

 コンポで再生してみると、多少再生音量を上げて貰えれば、鑑賞に支障はまったくない。

 CDのラベルに、その旨の注意書きを付記して、CD製作会社に送ることにする。

 差ほど時間がかからずにやってしまえると思ったのに、マスタリングを何度もやり直したので、終了したのは午後。

 郵便局で郵送して、ついでにスーパーに行って食料品の調達。ビビンバ弁当があったので、買って帰って、食う。

 なんだか、マスゾエは辞任して都知事選挙になりそうな気配だけど……。たしかにマスゾエはセコいしショボクレてるしみっともないが……。だからと言って東国原やハシモトが都知事になるのは絶対にイヤ!ましてや政治家として未知数な人もイヤ。ヨーロッパの小国くらいの規模の東京都を動かすには、 主張は立派でも素人には無理だと思うなあ。行政経験は必須だと思う、というと、つまらない官僚出身者になってしまいそうだけど……都市博を中止にした以外に何も出来なかった青島さんの例があるから……。

 ネットでは「美濃部さん再評価」的書き込みもされているけど……。

 たしかに美濃部さんは福祉を手厚くしたけど、その分、財政が悪化して暫くの間、大変な状態が続いたことを忘れてはならない。

 で、仕事開始。

 満を持して、クライマックスの大アクションに突入!

 と言うはずだったが……。

 こってりたっぷりアクションを書き込もうという意欲が勝ちすぎて、なんか、いろいろ、足りないものが見えてきて、どうしようか考えるうちに、疲れてしまって、睡魔に襲われてしまった。

 もう5月も16日。早く脱稿して次の角川にかからないと、ヤバい!

 気は焦るが、ここまでじっくりやってきて、クライマックスで拙攻に終わってしまうのは腰砕けだし、台無しだ。今までの苦労が水の泡になる。

 ここは、辛抱が肝心。

 参考資料を読み返して、どうしようか、考える。

 「5時に夢中!」を見る。以前のマツコはふかわりょうに敵意剥き出しで、ふかわが何か言うと容赦ないツッコミを入れてふかわを全否定していた。ふかわも「きらクラ!」で、「月曜が辛い」とこぼしていたが……それがマツコの耳に達したのか、視聴者から「あんまりふかわを追い込まないで!」という声が多かったのか、最近は至ってマイルドで、ふかわの言うことに素直に乗ってきたりする。まあこれが他の番組でのマツコなんだけど。

 夜は、木綿豆腐と油揚げの味噌汁を作り、豆苗炒めを作り、お総菜の肉じゃがを温め、冷や奴とほうれん草の胡麻あえなどで。

 豆苗炒めは、創味シャンタンを使うようになって、中華料理屋の味が自分でも再現出来るようになって、嬉しいやらなんだかガッカリするやら。しかし、美味いよ本当に。

 食後、ニュースを見て、「鶴瓶の家族に乾杯」を見る。草刈正雄が佐野を歩く。

 佐野厄除け大師の住職は話し好きの愉快なひとで、その新妻が物凄く美人で若いのに、正直、仰天。うわ~こんな若い美人を嫁さんにしたのか!と、友人知人でも親戚でもないのに、テレビに向かって吠えてしまった。

 で……。

 wowowで「白い巨塔」をやったので、録画してみたが、画質は悪い。うちにある市販DVDより悪い。全然ハイビジョンの画質じゃない。

 なので、消すが……やっぱりこの映画はスゴイや。のっけのメインタイトルが、開腹手術のま俯瞰で、腹をメスですーっと切って内臓が見える。

 山本薩夫、凄いねえ!

 教授の総回診(大名行列)の場面も、池野成の重厚で荘厳でホラーな音楽がこれまたドンピシャで、もう背筋に電気が走りまくり!

 「赤いセシル・B・デミル」((C)白井佳夫)とはよく言ったものだ。山本薩夫はクロサワと並ぶ活動大写真の名手だ。中身が社会派でも大ハッタリをかまして、血湧き肉躍る講談話に仕立ててしまう。しんねりむっつりの熊井啓とは大違いだ。

 まあ、山本薩夫のデビュー作は戦時中の戦意高揚のドンパチ戦争映画だもんね。

 ドラマ版の生ぬるいのなんかクソ食らえ!「白い巨塔」と言えば、悪が勝つ結末の、この映画版を置いて他にない!

 石山健二郎の「五郎くん。教授の話はどないなっとるのや」という部分になった時に……。

 下から突き上げるような揺れが来たと持ったら、iPhoneから、あの「伊福部警報」が不気味に、何度も何度も鳴り、上下の揺れがしばらく続いて、大きな横揺れが来た。

 初期微動が強くて、しかも長かったので、巨大地震が遠くで発生した!と思った。横揺れも、どんどん強くなって、ああ、ついに来た!と思ったが……。

 横揺れは程なく収まったので、NHKを観る。

 震源は茨城北部で最大震度は5弱。

 アレ?

 震源が近いなあ。あの感じだと、東北か中部方面かと思ったんだけど。直下なら初期微動なんか感じる間もなくグラグル来るし。

 

 地震のニュースをしばらく見る。G7教育相会合の夕食会が開かれていたつくば市のホテルからの中継、もう本番が始まってるのに、現場にキューが伝わらず、現場の記者はしばらく漫然としていた。緊急の場合ってこんなものかね?

 とにかく、大きな地震ではなくて、よかった……。

 しかしG7の大臣たちは驚いたろうなあ。

 今月下旬のサミット、大丈夫なんだろうね?

 突然、サミットが中止されたりしたら、東南海地震がくるぞっていうことなんだろう……。

 これを理由にするわけじゃないけど……なんだか完全に戦意喪失してしまって……。

 日テレ「しゃべくり007」(指原が涙ぐんだけど、これを「指原、号泣」とかバカが書くんだろうな)を見て、23時からのニュースを見ていると……そのまま寝てしまった。

 0時を過ぎて、なんとか起き上がり、ベッドに入って、0時20分、就寝。

 今日は1ページくらいしか進まなかった。明日、頑張らないと!

今朝の体重:89.40キロ

本日の摂取カロリー:1961kcal

本日の消費カロリー:42kcal/1137歩+39kcal(自転車)

« 5月15日/仕事と愛猫 | トップページ | 5月17日/安心と不安 2題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63643842

この記事へのトラックバック一覧です: 5月16日/頑張った翌日は小休止……:

« 5月15日/仕事と愛猫 | トップページ | 5月17日/安心と不安 2題 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト