« 6月2日/頑張った翌日はガス欠 | トップページ | 6月4日/仕事&新刊挨拶廻り2日目 »

2016年6月 3日 (金曜日)

6月3日/新刊挨拶廻り1日目

 6時30分起床。

 気配を感じて見てみると、キッチンの隅に、くーたんのナニが。

 即、処理。

 晴れ。涼しすぎてちょっと寒いほど。

 朝のモロモロを済ませて、7時過ぎにアサメシ。ゆで卵、トースト、イングリッシュ・マフィンに昨日の残りのコーヒーをアイスで飲んで、仕事開始。

 朝は集中力が出る。自分でも驚くほど集中して、仕事を進める。

 毎朝8時がくーたんのご飯の時間だが、気がつくと9時を回っていた。

 

 くーたんにご飯を出して、仕事再開。

 3時間で15ページ書いたぞ!

 ちょっと自分でも驚く。

 11時頃に宅急便が来て、新刊のフリーペーパー第2弾が届く。

 これで新刊挨拶廻りが出来る。

 シャワーを浴びて、支度完了。12時前に外出。

 何時もと大幅に段取りを変えて、まず、東京駅周辺を周る。

 東京駅周辺と言っても結構広いので、地下鉄を上手く使わないと全部歩くとシンドイ。

 東京駅の中でメシは食えないので、ランチは改札の外の「キッチン・ストリート」や「黒塀横丁」で店を探すが、どこも高い!昼飯に1600円も出せないぞ!

 改札そばの店で880円のカツカレーを食ったが、ラッキョも福神漬けもついていなかった。

 が、改札のナカに安そうな店があった!大失敗。京葉線のほうにも食事の出来る店はあった。もっと足を伸ばして京葉線プラットフォーム方面まで行けば立ち食いとかもあったのに。

 おれとしたことが、大失敗。

 まあ、東京駅周辺出やすいランチを食うのは、八重洲地下街が一番いいのかなあ。

 日本橋をあえて残して、羽田空港へ。

 川崎、横浜、関内と進む。

 芳林堂書店は、一時はどうなることかと思ったが、今は平常営業に戻っていて、いろんな意味でホッとした。

 関内の有隣堂本店そばの「ゆで太郎」に初めて入り、「夏野菜のそば」を食べてみたが、これは美味い!茄子を素揚げしたのやネギ・茗荷の山盛りの冷やしたぬきソバで、また食べよう。

 今回は戸塚にも寄る。

 出版社によって、売れ行きのいい書店さんに違いが出るのが興味深い。実日文庫は他の文庫に比べてちょっと違う感じがある。

 相方と横浜で落ち合って、横浜駅前にある讃岐鶏の美味い店に行きたかったが、相方の予定と上手く合わず、今回は諦める。

 戸塚から東海道線のグリーン車に乗って、しばし休憩。崎陽軒の「チャーハン弁当」を食べる。

 新橋から銀座線に乗り換えて、日本橋、三越前、と回って、本日は終了。

 ほぼすべての書店さんは新刊の台に平積みで、お店に寄っては第1作と並べてくれている。

 平積みの山も減っていて、文庫売り場の人と話せたお店は、いい感じで売れているとのこと。有り難い限り。

 お店によってはさっそくこんなディスプレイをしてくれた。感謝あるのみ。

Img_2665


 帰宅して、担当F氏に報告のメールを書いて、風呂に入る。

 意外にもまだ余力があるので、少し仕事しようかと思ったが……その分は明日の朝やる事にして、今夜も早く寝ることにする。

 風呂に入り、明日は資源ゴミの回収日なので、溜まっていた新聞を一気読みしてゴミ出し。

 その後、NHK「72時間」を見る。マニアの間では有名な「酷道439号線」。徳島市から高知・四万十市まで山間部を走っている。

 こんな国道あったっけ?と思ったら、昭和57年に国道に指定されたらしい。まあ「タモリ倶楽部」で知ったのだが、ここに限らず物凄い「酷道」は全国にある。途中が階段だったり商店街のアーケードだったり。

 しかしこの「国道439号」は限界集落を結ぶ感じで走っていて……やっぱりね、人が住んでいた集落から人が減っていって「廃村」というか集落が消滅していく、というのは、悲しい。もの凄く悲しい。この悲しみは、なんだろう?

 人が住んでいた痕跡が残っていると、本当に、なにか大切なものを失ってしまったような悲しさに襲われる。

 これもマニアの間では有名らしい、「集落で亡くなった人を人形にして飾っている人」の存在。やたらと人形がいるので……それだけ多くの人が亡くなって、その分、集落から人が消えた、ということで……。

 先日、千葉の勝浦からバスで帰ってきたとき、大多喜街道のや奥でも廃屋をたくさん見た。房総でもそうなのだ。

 昔は、今より遙かな不便な時代に、人は山奥まで進出して、驚くような場所で暮らしていて、集落もあった。それが、今となっては不思議というか……それだけ「自分で耕作出来る土地」を求めていたと言うことか。それがなければ生きていけない時代だったのか。

 この番組は、本当に、深い。泣けた。

 その後の「ニュースチェック11」で、意外な場所で発見された北海道の行方不明男児について詳しく報じていたが……よく判らないことが多すぎて、現時点では不自然。この男児は、山の中に自衛隊の演習場があるのを知っていたのか?車から降ろされて、即、山中に入っていったのは何故?

 無事でよかったし、この男児の生きる力には感心するが、どうしてこうなったのか、とても知りたい。

 熊に食われた可能性が指摘されていた(ネットでは父親が……とさんざん書いていたヤツも多数いた)けど、悲鳴は聞こえなかったし、襲われたら血痕とかが残っているはずなのに、それもなかったので、まるで神隠し状態だったのだ。

 ベッドに入って明日のルートを考えて、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2635kcal

本日の消費カロリー:688kcal/18563歩+27kcal(自転車)

« 6月2日/頑張った翌日はガス欠 | トップページ | 6月4日/仕事&新刊挨拶廻り2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63728116

この記事へのトラックバック一覧です: 6月3日/新刊挨拶廻り1日目:

« 6月2日/頑張った翌日はガス欠 | トップページ | 6月4日/仕事&新刊挨拶廻り2日目 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト