« 6月10日/原稿直し……今だに疲れ取れず | トップページ | 6月12日/墓参りとプチ同窓会 »

2016年6月11日 (土曜日)

6月11日/今日はいろいろ&テレビ

 6時45分起床。

 朝の習慣、部屋の見回りをすると……今朝はスピーカーの横に、カチンカチンのナニを発見。即、処理。

 7時間以上、たっぷり寝たら、かなりラクになった感じ。

 

 洗っておいた洗濯物を干す。今日はベッドパッドとボックス・シーツ。

 この後すぐに枕も洗うが、空気が入ってぱんぱんに膨らんでしまい、洗濯機では上手く洗えない。最初はバスタブに放り込んで洗剤を掛けて足で踏んでいたのだが、踏んでも全然潰れないのでひっくり返りそうになった。懐かしの「底抜け脱線ゲーム」だ。今の若いヤツは知らねえだろうな。「週に一度の脱線タイム。さあ底抜けに楽しみましょう。ロート製薬提供『底抜け脱線ゲーム』!」という金原二郎の定番の挨拶で始まったのだ。

 それはともかく、枕を1つずつ洗濯機に押し込んで洗い、1つずつ干しに行く。

 その間、朝のモロモロを済ませる。

 古新聞を一気に目を通し、資源ゴミに出す。

 というわけで、午前中は家事を済ませる。

 アサメシは、コーンフレーク、バタートースト(マーガリンが切れてしまった)、ゆで卵にコーヒー。

 仕事開始。角川の第3章。

 しかし、書き出しをどうしようか考えるうちに時間が経ってしまい、お昼を回る。

 ヒルメシは、エースコックのワンタンメンに、市販のチャーシュー、キャベツ、卵を入れて食う。

 食後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。みうらじゅんのあまりにマニアックなコレクションの数々を見せるが……2週またぎでやるほどのモノか?

 ネットで調べ物をしつつ、録音した「きらクラ!」、5日放送分、半分以上聞いていたので、残りを聞く。ノキアの携帯電話の着信音って、知らないからな~。

 遅くなる前に買い物。くーたんのご飯を買い、少し早いが自分もご飯を食べる。

 「定食かあちゃん」でサンマの開き定食。ねぎぬたも。美味い。

 帰宅。

 先日、挨拶にお邪魔した書店様から丁寧なメールを戴いて、恐縮。売り場の写真を添えて戴いた。

Photo_2
 有り難い限り。感謝のお返事を出す。

 それ以後、ずっとテレビを観る。

 「青空レストラン」はひげニンニク。これ、自宅でも作れるんじゃないの?と素人だから思ってしまった。普通のニンニクを植え直して芽を出すんだよね?と。しかし美味そうだったなあ。

 19時のニュースの終盤で相方から電話。進行について打ち合わせ。「ブラタモリ」は録画してあるから大丈夫。

 電話が終わり、「伊勢の後編」を途中から見る。

 疑問は増えるばかり。お伊勢参りという当時の大旅行のコーディネーターであり旅行代理店であった「御師」がどうして廃止されてしまったのか、はっきり説明されなかった。たぶん神道が「国家神道」として統制されて天皇制と強く結びつくことを強制された事と関係してるんだろうけど。

 そして、「トットてれび」。

 先週は向田邦子のレクイエムだったが……今週は渥美清。

 これはねえ……なんというか、泣けて泣けて仕方がなかった。そういう作りではないのに、中村獅童の芝居にペーソスが溢れていて、なんか、モーレツに悲しかった。

 プライベートを徹底して隠した渥美清。小林信彦は若い頃、渥美清のアパートに行った事があると書いた記憶があるのだが……岡田眞澄と混同しているかもしれないが……。

 なんか、凄く悲しかったのはなんなんだろう?

 渥美清が病気を押して撮影した「男はつらいよ」の密着ドキュメンタリーを見た。最初の放送では、撮影を見物しているヒトから声をかけられた渥美清がまったく反応しないで無視していたので「アイソないネ!」と言われていた。その後で「……疲れてるんだよ、本当に」と言っていた。このくだりは渥美清が亡くなったあとの再放送ではカットされていた。病気のことを隠していたもんねえ。たしかに、ドキュメンタリーの中での渥美清も辛そうだったし、完成作品の中での渥美清の表情は硬くて乏しくて活躍の場も少なくて、かなり異様な雰囲気はあった。本当はもう、撮影は無理だったけど、「男はつらいよ」の新作がないと松竹の映画部門が立ちゆかなくなることは痛いほど判っていたから、できないと言えなかったのだろう……。

 そういうことも知った上で見たせいか、もう、アタマから悲しくて……。

 ところで、撮影所のシーンは、東映東撮で撮ったのかなあ?

 その後、ずるずると「NHKスペシャル」を見る、「不寛容社会」がテーマ。というか、ネットの炎上、がメインだが。

 この炎上自体、大半の場合は、少数のキチガイ状態に陥った奴がやっていることが判ってしまったので、な~んだという感じで、あんまり切迫感というか切実感はなくなった。だいたい、ツイッターをやってなければ無縁に近いんだし。こっちが無視してても躍起になって攻撃してくるのはキチガイそのものなんだし。

 ネット社会以前はどうだったのか(「ネットがない時代がパラダイスみたいな言い方をしますけど」という反論)、と宇野常寛が言っていたが、少なくとも「炎上」という現象はなかったよね。そういう場がなかったんだから。

 ま、おれも含めて、今のネット社会は「同じ意見の者が固まる」傾向はある。違う意見を持つヒトとやり取りするのは時間の浪費だと思うのはたしか。ならば、炎上は起きないように思えるが……「異物」を見つけるとリンパ球みたいに排除したくなるんだろうね。で、トコトンやろうとする。

 考えてみたら、争いを避けたいから同じ傾向の中まで固まるのに、異物排除の論理も作動してしまう。

 いや、異物を排除しようとするのはごく少数で、そういう奴は「構ってちゃん」の傾向もあるのだろう。

 実社会だと、かなりやり合っても、どこかで折り合いをつけようとするけれど、ネットだと言葉で相手を殺したって実害はない(こともない。相手が警察沙汰にしたら最悪の場合、逮捕されて有罪判決が下る)。

 だけどまあ、ネット社会全体が特定の人物に攻撃を仕掛けているわけではなく、そんなことをしてるのはごく一部のキチガイだと判ってしまったので……。

 今後はそういうヒートアップしてる奴を小馬鹿にしてヘラヘラしてれば、いずれ相手のほうが自爆するんじゃないのか?と思うのは甘いか……?

 風呂に入ってさっさと寝ようと思ったが、相方から角川第1章の決定稿が届いたので、最終チェックして、担当N氏に送稿。今回は順次決定稿を送ってゲラにして貰う。

 くーたんが遊べとうるさいので、しばし遊んで、0時、就寝。

今朝の体重:89.10キロ

本日の摂取カロリー:1934kcal

本日の消費カロリー:26kcal/629歩+64kcal(自転車)

« 6月10日/原稿直し……今だに疲れ取れず | トップページ | 6月12日/墓参りとプチ同窓会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63765790

この記事へのトラックバック一覧です: 6月11日/今日はいろいろ&テレビ:

« 6月10日/原稿直し……今だに疲れ取れず | トップページ | 6月12日/墓参りとプチ同窓会 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト