« 7月10日/参議院議員選挙とハンバーグ中毒 | トップページ | 7月12日/仕事して「薄氷の殺人」を見た »

2016年7月11日 (月曜日)

7月11日/仕事して、高尾山温泉へ

 7時過ぎ起床。

 結局、「改憲勢力」は2/3を確保したのね。まあ、これも民意。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 このところ便通が実に快調で、そのせいか体重がどんと下がった。

 アサメシはご飯に目玉焼きに残り物の味噌汁にしらす干し、漬け物、大葉のニンニク醤油漬。この「大葉のニンニク醤油漬」、そろそろ飽きてきた。結構味がキツいし。内臓が弱ってるときに食べると負けてしまいそうだし。

 仕事開始。相方から戻っている「第四章」推敲済み原稿を最終チェックして、担当N氏に送る。

 そうして、書けたところまで相方に送ってあった「第5章2/3」のチェックファイルも届いたので、まず、「第5章」を直す。

 これが結構あるし難しい直しだったりするので、時間がかかる。今日はこれだけで終わってしまうだろう。

 いろいろ支払いもあるので、昼過ぎに外出。

 松屋で「ブラウンソースハンバーグ定食」を食べる。こっちの方がガストやサイゼリアより美味いかも。

 食後、郵便局に寄って支払いを済ませる。

 帰宅して、仕事再開。

 15時前に、直し終了。

 今日は、時間が合えば、京王高尾山口に出来た温泉に行きたいと思っていたのだが、仕事のキリもいいので、出かける。

 出かけるとき、くーたんに「なんだよどこかに行くのかよ」という目で見られてしまった。

 新宿から京王線の特急に乗って、北野で乗り換えて、90分。

 高尾山口の駅に降りたら、結構暑いぞ。

 駅のとなりに新しく出来た温泉施設。駅と直結している。

Img_2679_2

 値段が安いので館内着を着てウロウロするようなタイプではなく、風呂に入ってビールを飲んで帰るシンプルなタイプ。

 お風呂も、露天はあるけど広くはない。

 アルカリ性のお湯で、無色透明無味だが、適度にヌルヌル。

 あと、人工炭酸泉に超音波の「ミルク風呂」に「変わり風呂」。サウナもあった。

 天然温泉より人工炭酸泉のほうがなんだかいい感じ。40度弱なので長風呂できる。とは言っても10分入ってるのはシンドイ。

 いろんな風呂に入り、髭を剃り身体を洗って、それでも30分。

 服を着て、「お食事処」へ。メニューは豊富なので目移り。高尾山に来たんだからそばを食いたいと思いつつ、夏のメニューに目が行ってしまって、「うな重」にしてしまった。こんなところでウナギを食うのは愚の骨頂だよねえ。レトルトを温めるだけなんだし……。

 中生を飲んで出来るのを待つ。うな重に「ミニそば」をつけた。

 うな重の味は、想定通り。頼んだおれが悪かった。これならそばにミニ丼をつけるか、普通の生姜焼きとか天ぷらの定食にしておくべきだった。

 湯冷めして風邪を引かせないためか、冷房はゆるめ。おかげで汗が引かない。

 18時40分くらいまで居て、駅へ。

 外に出ると、温泉施設の隣にある森から、ヒグラシの涼しげな声が。

 これは素晴らしい。街中では絶対に聞けなくなったヒグラシの声。いいなあ。夏の夕方にこれが聞けるのは幸せだ。でも、これなら、石神井公園の隣にある三宝寺池に行くと、もううるさいほどのセミの競演が聞けて、ヒグラシやカナカナもふんだんに聞ける。あの場所は、本当に貴重だ。久々にまた行くか。

 19時59分の「新宿線本八幡行き」に乗る。多少所要時間はかかるが、これなら暑い駅での乗り換えをしなくて済む。

 が、ロングシートで2時間。結構キツかった。ほとんど寝ていたけど、電車は快速と言いつつほとんど各停。

 住吉で乗り換えて、帰宅したのは21時過ぎ。

 くーたんにご飯を出し、ニュースを見る。

 日本最高のデュオだと信じているザ・ピーナッツの伊藤ユミさんが亡くなっていた。沢田研二の妻だった姉のエミさんは2012年に亡くなっていたのね……。

 いろんな編曲があって、それぞれに素晴らしい(だけどおれは東海林修版が最高だと思っている)名曲「ウナセラディ東京」や「恋のフーガ」とかとか、おれはザ・ピーナッツを聞いて育ったようなもんだもんなあ。

 心から、合掌。

 そして、この人は永久に死なないんじゃないかと思っていた永六輔も死去。TBSのラジオ「だれかとどこかで」は昼間の放送だったのに、けっこう聞いていた記憶があるなあ。

 青島幸男とはまた違った、放送作家出身の偉人だったよなあ。

 戦中派の人たちがどんどん逝ってしまうのは、仕方がないとは言え、不安でしかたがない。思想信条は違えども、戦争経験者は共通して「あんな戦争は二度と御免だ!」という強い気持ちがあった。これはもう理屈ではない激しい信念だったように思う。

 そういう人たちが亡くなり、引退し、戦中派の薫陶を得た人すらも引退していく今、激しく不安だ。

 おれは親から戦中戦後の無茶苦茶大変だったあれこれを聞いて育ったけれど……。

 憲法は絶対に変えてはいけないとは思わないし、1947年に出来てから世の中も大きく変わって、書き足さなければならない「国民の権利」も増えている。その意味では公明党が言う「加憲」という考え方はいいと思う。しかし、今のアベ政権下での憲法改正には絶対に反対だし、自民党は、今あるクソみたいな草案を廃棄しない限り、言うことがまったく信じられない。

 現行憲法の前文、これはアベが「変えたい」と言ってるものだけど、読み返すと、崇高な、素晴らしいものだと思うけどなあ。人類の理想のような、青臭いかもしれないけれど、青臭い分、新鮮で謙虚で、とても瑞々しいけどなあ。

 くーたんの表情が妙に切なそうなので、抱っこして甘い囁きを浴びせてやる。

 録画した「真田丸」の第27回を途中まで見る。信繁が急遽、能を謡ったら秀吉に「下手くそ!」と言われた場面をもう一度見たかったのだ。

 そのへんまで見て。0時過ぎに就寝。

 しかし……妙に寝苦しくて何度も起きる。エアコンの温度を下げ直したり、扇風機を回したり。

 おれが秀次になって苦悩する夢まで見てしまった。

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2512kcal

本日の消費カロリー:151kcal/3781歩+62kcal(自転車)

« 7月10日/参議院議員選挙とハンバーグ中毒 | トップページ | 7月12日/仕事して「薄氷の殺人」を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63904226

この記事へのトラックバック一覧です: 7月11日/仕事して、高尾山温泉へ:

« 7月10日/参議院議員選挙とハンバーグ中毒 | トップページ | 7月12日/仕事して「薄氷の殺人」を見た »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト