« 7月15日/砂漠を越えたらオアシスが…… | トップページ | 7月17日/全編書き上げて、「真田丸」に涙 »

2016年7月16日 (土曜日)

7月16日/最終章、あげたどーっ!

 7時前起床。

 晴れ。

 思いがけず、いい天気になったので、予定外の洗濯をして干す。

 それと平行して、朝のモロモロを済ます。

 なんか、部屋の中が、くーたんのナニの匂いが残っている感じが気になって、しばらく窓を開けて、換気。

 しかしトルコはどうなってるんだ?どうしてこのタイミングでクーデター?

 しかし……どの国でも軍がある限り、クーデターが起きる可能性はある。しかし、いわゆる先進国でクーデターが起きた例は……ないよね?戦前の日本は先進国と言えるのかどうか判らないが。アメリカでクーデターが起きる「五月の七日間」という映画があって、昔から見たいと思っているけど、まだ見ることが出来ていない。バート・ランカスターとカーク・ダグラス主演でジョン・フランケンハイマー監督だから骨太のすこぶる面白い政治ドラマになっているはずだが……。

 先進国ではない某国を舞台にしたクーデター映画「パワープレイ」も無茶苦茶面白かったなあ。ピーター・オトゥールが物凄くクセのある嫌な軍人をやっていて、これが素晴らしかった。

 アサメシは、ご飯に玉子焼、インスタント味噌汁にピリ辛キュウリ。

 仕事開始。

 最終章の最終部分。

 書き進むが、どんどん膨らんできて、予定ではあと10ページ弱なのに、書いても書いても終わらない……。内容を考えれば、ある程度の分量がないと「走ってる」「最後の最後で腰砕け」ということになるから、踏ん張る。

 昼はトーストと牛乳のみ。

 朝ドラ「とと姉ちゃん」はほとんど見ていなかった。なんかヒロインがご都合主義的に上手くいっている感じで前作と比べると「ふわふわしてる感じ」があって。主役の高畑充希が童顔で若く見えすぎるからでもあるんだけど。

 しかし、戦時中の唐沢寿明が出て来るようになってから時々見るようになった。

 戦後になって、ヒロインが出した雑誌のダメ出しをする場面は最高に面白くて、巧い役者が出て来るとドラマは一気に弾むのを目の当たりにした気分。

 アリナミンのCMでは若すぎて、この人はトシを取らないのか?と思ったが、このドラマでは年相応に老けているので、なんだか安心した。アリナミンの「永遠の若手」って、収まりが悪いんだよねえ。

 仕事を再開。

 ガリガリ進める。

 ラストのアクション、という寸前で、休憩。

 スパゲティ・ナポリタンを作って食う。

 チューブのニンニクを使ったら、フライパンの中で撥ねてキッチンがニンニク臭くなってしまった。ソーセージにピーマンにタマネギ。

 前回はケチャップを使いすぎたので控えめにしたら、まあまあ美味しく出来た。粉チーズをふんだんにかけて食う。

 その後、「青空レストラン」を見る。広島・宮島沖で養殖されたムール貝。焼いても白ワインで蒸してもガーリック漬けにしてもクリームパスタに入れても炊き込みご飯にしても、そりゃ美味いだろ!

 ああ、美味しい貝を食いたいなあ。しかし、貝ってどうしてあんなに美味しいんだろう?

 NHKのニュースで、トルコのクーデターが失敗した経過を詳しく知る。それと、ニースの「個人テロ」についても。

 トルコの場合、軍は「開明派」で、宗教の束縛を脱する「世俗化」を推し進めてきたらしい。今回も、エルドアン大統領の強権化に警戒・憂慮した一派が起こしたらしいが……。

 クーデターやデモで政権が倒れるのはやっぱり先進国じゃないよね。トルコはEUには……今となってはEUに入る魅力は薄くなってきた?

 夕方のスパゲティだけじゃやっぱり足りないので、ご飯に目玉焼きをトッピングして、食べる。ご飯が余ったので、のりたまをかけて食う。貧乏学生の晩メシだねえこれ。しかし外に出るとこの後、仕事が出来なくなるのが怖いし、出前を取るほど腹も減ってないし。

 テレ東の番組を見続けてしまった。「土曜スペシャル ナイトウ旅行社日光・那須 栃木ブランド食材めぐり」では、栃木の野菜を使った「野菜料理のバイキング」が実に美味そうだった。

 日光も那須も極めたいなあ。


 「家、ついて行ってイイですか?」はNHKの「72時間」に通じるものがあるが、そこはテレ東なのでかなりユルく作ってある。それが救いになるんだが。人生の断片を見せつけられるけど、微妙にいい感じに仕上げてある。


 「アド街ック天国」は、竹の塚!ラーメンの激戦区だと思っていたけど、居酒屋激戦区でもある焼肉激戦区でもあり、回転寿司の激戦区でもあるのね。

 北千住の食い物屋はどんどんチェーン化が進んで、独立系個人系の店が激減しているのがイヤ。しかし竹の塚はまだまだまだ個人営業の店が元気なのね。

 北千住は、店の家賃がバカ高いから個人が店を出せなくなってきてるのだろうか?

 チェーン店ばかりの町って、つまらないよ。


 で……。くーたんがにわかにそわそわし始めて、妙な声で鳴いてウロウロ。これはナニの時間だな、どこにするのかな?と見ていたら(下手に誘導とかして便秘になるのが怖い)、定番と化した「スピーカーの横」に。しかもかなり大量に。

 即、実弾処理。もう、全然叱らない。叱っても別の場所でするだけだし。どうしてトイレを使ってくれないのか判らないし(小用では使ってくれる)。

 22時になって、テレビを切って、仕事に戻る。

 と、くーたんがモーレツに「遊べ」攻撃。

 それを無視して、仕事をする。

 なんとか23時30分頃に、書き終えた。最終章はかなり膨らんだが、仕方がない。

 相方に送る。

 浜村淳が昔、深夜放送の中でリスナーの受験生に言っていた言葉「明けない夜はない」というフレーズを思い出した。

 今夜の「ケータイ大喜利」は土居善晴先生がゲスト。これは見なきゃ!

 「料理番組でスタッフと揉めた土居先生、番組中に何と言った?」というお題で「アシスタントさんゴメンね。君が泣かなくていいんだよ」というのが無茶苦茶おかしかったし素晴らしかった。その情景が浮かんでくるもんなあ。土居先生も、あの飄々とした口調で普段から結構キツい事を言ってるので、こういう番組に妙にハマるのだ。シャレになるし。

 ゲストが土居先生と蛭子さんの時は絶対に見逃せない。

 その後、温めの風呂にゆっくり入り、汗が引くまで「ローカル路線バスの旅」をまた見る。この回はなんだか味わい深くて、何度も見てしまう。

 で、2時前に就寝。

 明日はナニを食べようかと、それを楽しみに、寝る。

 ゴーゴーカレーを食うか、越谷に遠征して「青木亭」のラーメンを食うか、浅草に行って「弁慶」のラーメンを食うか、北千住のどこかで水餃子を食うか……。

 それも、エピローグを書いて、全部あげてからのハナシ。

今朝の体重:88.90キロ

本日の摂取カロリー:2004kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ 

« 7月15日/砂漠を越えたらオアシスが…… | トップページ | 7月17日/全編書き上げて、「真田丸」に涙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63926709

この記事へのトラックバック一覧です: 7月16日/最終章、あげたどーっ!:

« 7月15日/砂漠を越えたらオアシスが…… | トップページ | 7月17日/全編書き上げて、「真田丸」に涙 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト