« 7月18日/仕事して、高尾山温泉再び | トップページ | 7月20日/仕事して、テニス »

2016年7月19日 (火曜日)

7月19日/カイロプラクティック&散髪

 8時前起床。

 晴れ。関東の梅雨、明けてないの?

 朝のモロモロを済ませる。

 右足の調子が悪い。風呂でマッサージしてもよくならないので、あさイチでカイロに電話。10時が開いているというので、予約。

 施術して貰うと、右足のあちこちが痛い痛い。やっぱりこの前、金町のコートでテニスをしたのが尾を引いているようだ。加齢による筋肉の劣化なんだろうなあ。

 施術の後、テーピングして貰うと、痛みが消えた。

 帰路、北千住東口の中華「豊華」で、水餃子とかに玉の小とご飯。美味い。だったらランチの天津丼と水餃子にすればよかったか。

 帰宅して、相方から戻った角川新作第三章までのゲラと、これも相方から戻っている角川第五章の2/3を見ようと思ったが……。

 眠い!

 今日は7時間きっちり寝て、寝起きもスッキリだったのに……。

 地震が来た。日曜の地震で足立区は震度3と出たが、あれは4だろうと思える揺れだった。それに比べると少し小さいか。

 テレビをつけてNHK。すぐに13時のニュースになって地震情報。その後「スタジオパークからこんにちわ」。ゲストは唐沢寿明。

 その後、業務メールのやり取りをして……。

 ソファに寝転がって、大嫌いな「ミヤネ屋」を見ているうちにウトウト。

 今日はなんだか、ダメ。気持ち的になんだか安心してしまった感じで緩んでいる。もしくは、右足の緊張が解かれたので身体的緊張が緩和されたのかも。

 こういう時は……散髪に行こう!

 作品を脱稿するごとに散髪する(逆に言えば脱稿するまで散髪しない)ことにしているのだが……現状では脱稿とは言えないけど、まあおれ的には最後まで書いたので……。

 行きつけのクイック床屋に行く。ここは1000円散髪と普通の床屋さんの中間で値段も所要時間も腕も中間。おれにはこれで充分なんですよ。

 16時頃に入って少し待ち、17時前に終了。かなり短くして貰って、サッパリ。

 帰路、スーパーで買い物。こんな日はご飯を炊いて魚を食うべきなんだけど……外食が続くと、自炊が物凄く面倒くさい。毎日自炊していると、全然面倒でもなんでもないんだけど。

 オムライス弁当と牛のミルフィーユカツにイタリアンサラダ(どのへんがイタリアンなのか担当者を問い詰めたい)を買う。

 ちょうど「5時に夢中!」が終わる時間に帰ったが、こういうこともあろうかと、録画しておいた。

 夜のニュースを見て、オムライスなどを温めて食う。ま~マズくはないんだけど……。

 食後、録画した「5時に夢中!」を見る。岩下さんの弾けぶりを見るだけで楽しい。

 その後、アマゾンで買った「パワープレイ」のDVDを見るが……画質が悪い!DVDにしても、甘々。調べてみると、この盤とは別にデジタルリマスターしたのが出ていた。しかし既に廃盤でプレミアがついている。なんでも、この作品はネガがなくなったので現存する最良のポジから……と書いてある。おれが買ったDVDは、16ミリからテレシネしたような画質だが……。

 大メジャーな作品ではないかもしれないが、英ランクが配給したものだ。ネガがなくなるなんて、あり得るだろうか?

 まあ、鑑賞には支障はないとはいえ……シャープな画質で見たかった。

Hqdefault

 これ、テレビ放送したときのビデオを繰り返し見ているので、脇役の役名を全部覚えていたのには我ながらビックリ。

 二転三転して、最初の「政治を浄化する」目的のクーデターが変質して、以前よりいっそう強権的な軍事政権が誕生するという皮肉な結末は、最高に面白い。政治サスペンス映画の傑作。

 監督・脚本のマーティン・バークはこの後、ザッカー兄弟のドタバタコメディ「トップ・シークレット」の脚本も書いたが、スパイ・アクションの骨格作りに協力したのだろうか?

 向こうの映画人は硬派一筋じゃないところが面白い。

 途中で止めて、「五月の七日間」を見る。こちらはジョン・フランケンハイマー監督の硬派政治映画。

37836c79

 この頃意欲的な映画を連発していたカーク・ダグラスとバート・ランカスターは何度も組んでいるが、トビキリの政治サスペンス。ずっと気になったまま未見だった。恐らくはカーク・ダグラスの企画で、親友のランカスターに出て貰った感じ。だから最終的に美味しいところはカーク・ダグラスが持っていくが、ランカスターをとても立てている。ランカスターとジョン・フランケンハイマーは「終身犯」撮影中に激突したらしいが、作品の評価は高くランカスターも主演男優賞を得たりしたので、その後の関係は良好になったらしく、この作品の監督もランカスターの推薦だったのではないか?

 脚本は、マーティン・バークと並んで気になる脚本家、ロッド・サーリングの手になるもの。サーリングはSFの印象が強いけど、本来はこの映画のような線の社会派エンターテインメントをやりたかったのだろう。今でいえば、アーロン・ソーキンのような感じで。

 カーク・ダグラスの統合参謀本部事務局長が、統合参謀本部議長(バート・ランカスター)のクーデター計画を察知して、大統領に進言したところまで見る。

 風呂に入り、ゴミ出しをして、1時前に就寝。

 あんまり遊ばなかった(すべての猫じゃらしに飽きてしまって、おれも対応に困る)くーたんが不満たらたらだったが、寝る。

今朝の体重:89.70キロ

本日の摂取カロリー:1981kcal

本日の消費カロリー:25kcal/908歩+123kcal(自転車)

« 7月18日/仕事して、高尾山温泉再び | トップページ | 7月20日/仕事して、テニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/63940762

この記事へのトラックバック一覧です: 7月19日/カイロプラクティック&散髪:

« 7月18日/仕事して、高尾山温泉再び | トップページ | 7月20日/仕事して、テニス »

安達瑶の本

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト