« 8月13日/亀有から直通バスで東京ディズニーランドへ! | トップページ | 8月15日/ゲラと「日本のいちばん長い日」と「日本沈没」と「シン・ゴジラ」 »

2016年8月14日 (日曜日)

8月14日/ゲラ&夏野菜カレー&真田丸&日本のいちばん長い日

 7時起床。

 曇り。

 SMAP解散は本当だったのね。

 特にファンではなかったし、メンバー間の亀裂は深いとずっと報じられていたので、仕方がないんだろう。司会では絶好調の中居くん、脇役で存在感を増している稲垣君は仮にジャニーズを辞めても大丈夫だと思うけど、最近影が薄い感じがする香取慎吾と草彅は大丈夫なんだろうか?キムタクは心配する事はないだろうけどさ。

 今朝はキッチンの隅にくーたんのナニを発見。猫トイレに移動。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシはトースト2枚にゆで卵、牛乳。

 仕事開始。光文社のゲラ。昨日パラパラと見て、校閲の指摘が多いのでビビってしまったが……これは毎度のこと。校閲のして気がなければないで不安になるし、あればあったで途方に暮れそうになる。いつも同じ事を感じるんだよなあ。

 ただまあ、完全なフィクション(架空の街、架空の人物、架空の事件)ならこっちも強気でいける(語句の間違い・誤変換・妙な日本語・時系列の辻褄が合わないなどのケアレスミスの修正だから)のだが、いろいろリアルな事象を利用してお話を組み立てていると、「これはあり得ない」というような指摘がないかとビクビクしてしまう。かなり調べて書いたので、それゆえに……。

 しかし、そういう指摘があって修正するから、間違いが正されて完成度が高くなる。

 有能な校閲の方には本当に感謝しているのであります。

 先日の「家売るオンナ」で、大手出版社の社員校閲者をフリージャーナリストが「表現の自由の敵」とか言って完全に敵視していたけど……ヒロイン三軒家万智は「校閲者がいるから正しい日本語が守られているのです。校閲者は日本出版文化を支えているのです!」と大演説をぶったけど、まったく同感。

 今度の日テレのドラマは、その校閲者が主人公らしい。ワクワク。

 お昼を過ぎて、ちょっと外出。

 昨日買ったCrocsのデッキシューズを履く。クッションの入った中敷きがあるので、足に優しい。なんかこれ、いいぞ。

 久々に、「柏屋」に行って、夏の恒例の「冷やしゴマダレそば」を食べる。要するに、ざるそばを胡麻ダレで戴くのだが、これが美味いのよ!同じくらい美味い「おろし炙り豚そば」は肉が盛大に乗っている分、重い。

 食後、スーパーで買い物。この前から作ろうと思っていた「夏野菜カレー」を作る。

 ズッキーニ・茄子・タマネギ・ジャガイモ・カボチャ・ニンジン・ピーマン・トマトに挽肉。エリンギも入れるらしいが、エリンギって夏野菜か?

 レンコンのサラダも買って帰路につくが……。

 肝心のカレールーを買い忘れた。スーパーに戻るのは面倒なので、コンビニで「ハウス・バーモントカレー」の中辛を買う。

 すでにNHK-FM「きらクラ!」は始まっているが、タイマーで録音している。

 ブレーカーが飛ばないようにエアコンを切って、調理開始。

 ニンニクと生姜のみじん切りを炒め、挽肉を足して炒め、タマネギのみじん切りを足して炒める。

 それに順次、ジャガイモ、ニンジンを入れて炒めて、水を足して、残りの野菜を入れて、煮立たせる。トマトから水分が盛大に出るので、水が多すぎた感じ。

 10分ほど煮てからカレールーを投入。少し煮て、保温容器に入れる。あとは余熱調理。

 ご飯を仕掛ける。

 エアコンをつける。もう、汗だく。

 仕事再開。

 校閲の指摘を調べ直して、自分を納得させつつ、進む。
 16時頃、週刊新潮K氏から電話。「黒い報告書」について打ち合わせる。

 18時。BSで「真田丸」を見る時間。

32

 徳川に翻弄されて取り込まれていく豊臣恩顧の大名たち。三成にもっと社交性があって如才なければ、事態は大きく変わったのになあ、としみじみ。秀吉が言った「あれは寂しい男でな」というのがその通りで、秀吉は人を見る天才だったと本当に判る。

 まあ、今で言えば内閣官房長官のような三成と、家康では格が違いすぎるよねえ……。大谷吉継が元気であれば事態もまた変わったろうに……って、この時、黒田官兵衛はどうしてたんだっけ?九州の自分の領地で悪戦苦闘してたんだっけ?

 家康暗殺に失敗したのは出浦だと言うことを誰も判らないというのは、どんなもんなの?と思うけど……。家康家臣も伏見城普請の現場で出浦を見ているだろうに……。というか、直接対峙した「舅殿」こと本田忠勝が判らないはずがないと思うのだが……これも後からタネが判るのかな?

 そのあと、カレーを一煮立ちさせ、カレー粉と塩胡椒、醤油を少し足して少し煮て、食べる。

 ちょっと薄くてスープカレーみたいだけど、味が薄いわけではない。野菜の味がきちんと出て、美味い。

Img_2714

 風呂に入り、ゴミ出しをして冷えた缶コーヒーを買い、仕事の夜の部を始めようとしたが……。

 テレ朝「日曜洋画劇場」で、原田版「日本のいちばん長い日」をやっていたので、見る。これ、wowowで放送したのをディスクに焼いてあるので、そっちを見ればいいのだが……また今度と言っていると、いつ観るか判らないので。

Facebook_ico

 原作が、新たに発見された資料などを追加した「完全版」になったので、それを加味した脚色。しかし、当然ながら、本筋は変わらない。

 追加されたのは、昭和天皇の私的な部分に、阿南惟幾の私的な部分(家族や個人的なエピソード)程度。

 これは、「シン・ゴジラ」への批判(一般人が描けていない)への反論にも共通することだが、国家の一大事で、この難局を何とか打開しようと激しい闘争をしているのは、政府首脳であり現場の担当者だ。その家族はほとんど事態の推移に影響力は持たないのだから、映画のテンションを保つためにも、描写は不要。邪魔だ。一般人は「クローバー・フィールド」や「肉弾」で描かれたように、ただただ異常事態に翻弄されて逃げ惑うしかないのだ。悲しいけど、それが現実。日本映画の特に戦争映画がヘボいのは、「人間を描く」と称して、一兵隊とか一般人のエピソードを織り込みたがって、映画全体のテンションを下げて情に訴えてしまうこと。それを見事に払拭して、「巨大な状況を冷徹に描く」ことに徹底したのが、岡本版の「日本のいちばん長い日」だったのだ。そして「シン・ゴジラ」であったのだ。

 追加された場面以外は岡本版をなぞるようなもので、公開前の宣伝であれほど豪語していた原田眞人の発言は何だったの?と思う。まあ、宣伝だから、思い切ったキャッチーなことを言わないとマスコミに取り上げられないと判った上での「大胆発言」だったんだろうけど……。

 「岡本版はつまらなかった」と言ったのは、正気を疑う。原田眞人に正常な判断能力があれば、岡本版は、どうあがいても越えられない「聳え立つ巨峰」であることが、しみじみと判ったはずなのに。

Img_0_m

 東宝マークが消えてから、「終」の文字まで、岡本版は異様なテンションの高さを保って、あくまで自滅の道を歩もうとしている軍部と、それと真っ向から対峙する文民たちとの闘争を描き出した(日本の加害責任への言及はなかったのが極めて残念だが)。

 それが……原田版にはない。岡本版では狂人のように描かれた実在の人物の関係者からの抗議・異議もあって、原田版では人間味を加味した表現になっているが、それが逆にテンションを下げて、「あの狂気の1日」の異常さを描けなかった。

 これでは、「玉音放送が流れるまでの群像劇」でしかない。そういう群像劇なら、「よくある映画の1本」にしかならないが、岡本版は、「発狂寸前の日本人」をギリギリまで描いた、異様な作品なのだ。これはもう、実際に、戦争でひどい目に遭った人たちの実感が迸っている。

 あの作品は、絶対に、ナンピトも、越えられないよ。それが判らない原田眞人ではないはずだから、このリメイクを引き受けた以上は、何とかしなきゃと思って、「常識を疑う発言」をしてしまったのだろう。

 阿南惟幾たちのプライベートな部分は、違う形で描けばいいのであって。岡本喜八が「日本のいちばん長い日」のあと、「肉弾」を作ったように。

 とは言え、若手の「陸軍官僚」を演じた役者たちは、なかなかいい。そのキチガイぶりが表現されていて、黒沢年男のストレートな狂気とはまた違うキチガイぶりを表現していた。

 ま、軍人たちは、「戦争に負けるわけにはいかなかった」のだし、「こういう形で戦争が終わってはいけなかった」のだ。日本が勝つ以外に選択の余地はなかったのだ。負けたら、自分たちの存在価値がゼロになり、逆に糾弾の対象になるから。

 本土決戦を叫び、一億玉砕を叫んだ連中は、そういうことだったのだ。

 聖戦遂行という言葉は美しいが、しょせんは、自己保身でしかなかった、と思う。むしろ本気でそんなことを言っていたとすれば、正真正銘の狂人でしかない。

 仕事に戻り、ゲラの第1章まで終わらせて、0時45分、就寝。

今朝の体重:89.70キロ

本日の摂取カロリー:1709kcal

本日の消費カロリー:43kcal/1305歩+28kcal(自転車)

« 8月13日/亀有から直通バスで東京ディズニーランドへ! | トップページ | 8月15日/ゲラと「日本のいちばん長い日」と「日本沈没」と「シン・ゴジラ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64062402

この記事へのトラックバック一覧です: 8月14日/ゲラ&夏野菜カレー&真田丸&日本のいちばん長い日:

« 8月13日/亀有から直通バスで東京ディズニーランドへ! | トップページ | 8月15日/ゲラと「日本のいちばん長い日」と「日本沈没」と「シン・ゴジラ」 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト