« 9月16日/松茸牛丼と「パレードにようこそ」 | トップページ | 9月18日/今度こそ、「見えた」! »

2016年9月17日 (土曜日)

9月17日/はじめてチキンソテーを作ってみた

 7時ごろ起床。

 晴れ。天気予報を見ると、この晴れを逃がすとしばらくは雨模様と言うことなので、急遽、洗濯。タオルケットや枕カバー、シーツにバスタオルなどを洗濯機を2回回して。

 その間、朝のモロモロを済ませる。

 洗濯物を干して……ネットを見る。

 最近、気になって仕方がないのは「キュレーター」という言葉。美術館や博物館で作品収集や展覧会企画という中枢的な仕事に従事するディレクターとプロデューサーを兼ねた学識を備えた専門家、と思っていたら、最近のネットには「キュレーター」が溢れている。だいたいが食い物やお店を紹介するヒト。そういうのは「ラーメン・ハンター」「「チャーハン・ハンター」「イタメシ・ハンター」「立ち食いハンター」でいいと思うのに、キュレーター?

 涙ぐんだら「号泣」になるし、言葉のインフレというか、「カッコよく表示したがる」イヤらしい風潮が度を過ぎていると思う。

 ラーメン・ハンターがキュレーターと言われてしまったら、本来のキュレーターはどうするの?立つ瀬が無いんじゃないのか?

 この分だと、新作映画の紹介をする「映画リポーター」も「映画キュレーター」と名乗り始めるのは時間の問題だろうな。

 本来のキュレーターでもないのにキュレーターと称する・称される本人は、どう思ってるんだろう?悦に入ってるのかな?

 買い物がてら外出して、ブランチ。

 「導かれるように」して、北千住駅前の富士そばへ。もりそばとミニヒレカツ丼のセットを食う。カツ丼に関しては「かつや」の方が美味いけど、あの店は「ミニ」がないもんなあ。

 

 食後、夕食の材料を買いにスーパーへ。今夜はチキンソテーに挑戦してみよう。

 帰宅して、「真田丸」の再放送に間に合った。

 いやあ、面白いねえ。真田昌幸と本多正信の知恵比べ。生き生きとしている昌幸に、老獪でヒトを食っている正信。近藤正臣の芝居が含蓄があって融通無碍で、極めて素晴らしい。鶏もも肉を毟り食う元気さもあるし。こういう意地の悪い元気な爺さんになりたいなあ。

 「真田丸」は各回に巧妙な仕掛けと伏線が施されていて、それが後々、効いてくるという緊密な構成が凄い。大河史上、屈指の名作だと思う。まあ、ぼんやり見ている爺さんはついてこられないかもしれないけど、毎回テレビに釘づけで録画して何度も観てしまうファンにとっては嬉しい限り。なんせ情報量が「シン・ゴジラ」並に詰め込まれていて、絶対に見逃せない。「ながら視聴」なんか無理。テレビの前に正座してみる必要がある。

 そんなテレビドラマ、久々じゃないの?

 小さなおはぎ4つを食いながら、観る。お彼岸だねえ。

 その流れで「録画したタモリ倶楽部」を観る。イタリアの茄子を食す回。どれもなかなか美味そうだが、タモリ作の「茄子のカツ丼」、食ってみたい!
 その後、「サラメシ」も。食べることは人生だねえ、としみじみ。

 ウチの洗濯機(ハイアールの安物)には「自動洗濯曹洗浄機能」がある。前々から洗濯機周辺に漂う「汗臭い匂い」に閉口しているので、洗濯曹洗浄剤を投入して、この機能を使ってみる。が、終了まで12時間もかかる。

 この際、洗濯機に任せてみる。

 仕事開始。しかし、まだ肩に力が入っている。これじゃギチギチした文章しか書けないぞ。とは言え、作品ごとに文体なりスタイルなりに新しいチャレンジがしたい。その上で「いつもの感じ」になってしまったら、それが我々の個性というモノだろう。

 18時30分、「青空レストラン」を観る。宇和島で養殖され始めた、ブリ科の魚「スマ」。マグロのようでもありカツオのようでもあり、それを超越しているようでもあって、美味そう!

 19時になって、夕食の支度。

 美味しい鶏肉の焼き方について、NHK「ためしてガッテン」が画期的な新事実を突き止めている。

 フライパンには余熱を与えず、弱火でじっくり焼いていく。

 しかし「クックパッド」には「予熱したフライパンで強火で」とか書いてあるぞ。強火だと皮はぱりぱりに焼けるが、肉の中まで火が通らない。

 ここは「ためしてガッテン」を信じて調理する。

 1時間前に塩胡椒におろしニンニクを塗って置いた鶏もも肉をオリーブオイルを敷いたフライパンに入れて着火。弱火のまま自然に温度が上がっていくのを待つ。

 その間に付け合わせのミックスベジタブルを温め、フライドポテトをオーブントースターで焼く。

 ジュウジュウ言い始めた鶏肉を裏返す。焼き上げるまで10分以上かかった。フライパンの油を捨てて、バターを入れて醤油で延ばして、バター醤油のソースを作ってかける。

Img_2744

 インスタントのオニオンコンソメ、昨日相方が買ってきたレタス・サラダにゴマドレッシングをかけて、ご飯と。

 美味い!

 もっと塩胡椒を利かせてもよかったかも。

 美味しくてもっと食べたかった。

 チキンは安いしカロリーも低いから、また作ろう。今度はバター醤油ソースではなくて柚胡椒で食うのもいいな。

 しかし、こういう炒め物を作ると、部屋中に油が飛び散ってしまう。クイックル・ワイパーで拭き掃除するんだけど、飛び散ったのは床だけじゃないよね。

 炒め物をやり放題出来るキッチンが欲しいなあ。マメに掃除すればいいことなんだけど。

 食べながら「ブラタモリ」を観る。

 高尾山の自然はどうして守られたのか。北条氏が「薬王院に高尾山をやるが、絶対に手をつけるな。木を切るな草を抜くな」と厳命したのが北条氏滅亡の後も続いたらしい。

 それと明治の廃仏毀釈が徹底せず、高尾山は神仏混合が続いている。「明治の役人が山の上まで来なかったんでしょうね」

 「京王御陵線」跡も出てきて、至れり尽くせり。

 今度高尾山に行ったら、上まで登ろう。

 そのままテレ東「家、ついて行ってイイですか?」も観る。ああ、今回も他人様の人生に触れてしまったなあ。亭主が転職しまくって時計道楽で激しい夫婦喧嘩をするけど深く愛し合ってる(らしい)一家がいいなあ。京大卒を前面に出す塾講師のおじさんもいい味出していたし。取材したけどボツになるものも多いんだろうけど……この番組はいいよねえ。

 「アド街ック天国」は元住吉。ちょっと縁がない街なので、観ないで、風呂。なんせ身体中、オリーブオイルとチキンの匂いが付着してしまった。

 あがってから、TBS「新情報7デイズ」を観るが、たけしの滑舌の悪さは悪化する一方。三雲さんも聞き取れずに戸惑っているぞ。

 仕事を少しして、NHK「ケータイ大喜利」の蛭子さんのコーナーを見る。

 広島の大雨は深刻な事態になっているらしい。降れば大雨、と言うのはもう、熱帯の気候みたいだ。

 1時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2099kcal

本日の消費カロリー:41kcal/1042歩+39kcal(自転車)

« 9月16日/松茸牛丼と「パレードにようこそ」 | トップページ | 9月18日/今度こそ、「見えた」! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64219448

この記事へのトラックバック一覧です: 9月17日/はじめてチキンソテーを作ってみた:

« 9月16日/松茸牛丼と「パレードにようこそ」 | トップページ | 9月18日/今度こそ、「見えた」! »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト