« 角川文庫「妖女の誘惑」本日発売!! | トップページ | 9月25日/新刊挨拶書店巡り1日目と真田昌幸の終焉 »

2016年9月24日 (土曜日)

9月24日/誕生日は雨でピザ

 7時起床。

 曇り。

 暑いのか寒いのかよく判らない。

 気温は25度。しかしなんか蒸し暑い。湿度が高いのだろうと、エアコンをドライ運転にする。

 朝のモロモロを済ませる。

 今日は16時からコートを借りてテニスの予定だが、どの予報サイトを見ても雨になると。

 こういう時はなんだか落ち着かない。

 通常なら、新刊発売日は手製のPOPを持って書店廻りをするのだが、この約束があるので行けない。たぶん……雨で中止になるはずだ。

 明日からの書店廻りに備えて、準備をしておくことにする。
 その前に、ブログに新刊告知を書き、たぶん誰も見ていない「安達瑶公式サイト」も久々に更新してアップロード。これに結構時間がかかってしまった。

 そしてPOPをプリントして、地方の書店さんには郵送するのでその挨拶状も作って……。

 こういう事は、夜やって、せっかくの昼間は本来の仕事をすべきだ、と一度は中止したが、やっぱりこういう「やっておくべきこと」が済んでいないと、いろいろ気になって不安になる。

 

 スッキリした方がいいと、作業を再開。地方書店の郵送分は用意してしまって一気に発送した方がいい。

 雨が降ってきて、かなりの雨足。予定メンバーのK氏から「どうなんでしょうね」と電話が入った。その直後、幹事のM氏から「本日は中止」とのメールが来て、おれは一応K氏に電話して中止をお知らせする。

 まだメシを食っていない。

 どうせなら何か出前を……と思ったら、ドミノピザが「50%引きキャンペーン」をやっている。50%引きって凄いじゃん!

 ピザを食うのは久々だし、この際、注文しよう。Lサイズ限定だけど、夜も食って、今日1日掛ければ食えるだろう。

 しばらくして、ピザ到着。Lサイズは巨大だ。

 熱々を半分食べる。

 作業を続けるが、思った以上に時間がかかった。

 プリンターが動いている横で仕事は出来ないので、録音した「きらクラ!」を聞きながら、郵送する地方書店のリストアップをチェックしたり、いろいろやることがある。

 出版社によって微妙に売れ行き良好店は違うようだけど、一貫して安達の本が売れている書店の顔ぶれはほぼ決まっている感じ。それをどうプラスマイナスするか。

 プリンターが引っかかったりインクヘッドが詰まってしまったりと、小さなトラブルを突破しつつ、なんとか夕方には終了。

 地方発送分の封筒が足りなかった。

 雨は止まないので買いにいけない。仕方がないのでアマゾンで注文したが届くのは明日。地方書店様への発送は明日やるか。

 しかし、ほとんど1日仕事になってしまった。こんなに時間がかかるなら、夜やって済むことではなかった。というか、今日、予定通りにテニスがあったら、全然間に合わなかったぞ。

 我ながら、おれの見通しの甘さを反省。

 日テレ「青空レストラン」を見る。ウラではテレ東の「ローカル路線バスの旅」をやっている。こちらは録画。太刀魚を使った料理。太刀魚は美味い!塩焼きもいいけど、味噌汁に入れると凄く美味い。冷めても全然生臭くならないので温め直しても美味い希有な魚。ああ、太刀魚の味噌汁、飲みたいなあ〜。

 NHK「ブラタモリ」も録画して、コーラを近くの自販機で買ってきて、残ったピザを食う。

 しかし、ハンドトスの分厚いピザを1日掛けて一人で食うのは、なかなか大変。一気に体重も増えるだろうし。

 「ブラタモリ」の録画が終わらないので、録画した「タモリ倶楽部」を見る。日本の彫刻における男性股間についての考察。リアルに造形してあるものと思っていたら、かなり曖昧に処理してあったり、ぶった切ってあったり、いろいろなんですねえ。特に戦前の作品は。

 「タモリ倶楽部」の後、「ブラタモリ」を見る。広島。三角州を江戸時代から営々と拡張し続けて今の姿があると。埋め立て地なので地下鉄が作れず、路面電車が今も活躍していると。

 被爆した電車が今も走っているのには、感動というか、何か崇高なものを感じた。

 気分はもう完全にダラダラしてしまって、録画が終わったばかりの「ローカル路線バスの旅」を見始める。山口の錦帯橋から天橋立までの旅。蛭子さんはもう69歳!まだまだ元気に見えるけど、炎天下に長距離歩かせるのはもう、ヤバいんじゃないか?

 しかしその蛭子さんはゲストの熊切麻美を「男性関係で問題を抱えてる人」とバスに乗り合わせた人に紹介したり、弄りまくり。

 ずっと見ているとキリがないので、今日は岡山に入ったところでストップ。この労作は一気に見てしまうのはもったいない。

 これで本日終了、というのはバチが当たる。

 もう眠いし、仕事する元気もないし……と思いつつファイルを開けて書き始めると、突如、新しい登場人物が出現して、その人物を書き加えたらまるで救世主のように話が転がり始めたじゃないの!

 我ながら、なんじゃこりゃ!だ。

 ほんの少し、小説の神様が降りてきて、助けてくれた感じ。

 そうなんだよな。潤滑油的な人物が登場しないとギチギチになってしまって話が進行しない場合もあるんだよな……。

 

 誕生日に免じて、神様が少し手を差し伸べてくれたのか。

 そう思って、宗教を越えた全知全能の「小説の神様」に感謝する58歳の夜。

 このまま仕事をすると徹夜になって、明日の営業に差し支えるので、泣く泣く中断。しかし明日に続く武器を得て、とても救われた思い。

 23時40分頃、就寝。

今朝の体重:88.85キロ

本日の摂取カロリー:2420kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 角川文庫「妖女の誘惑」本日発売!! | トップページ | 9月25日/新刊挨拶書店巡り1日目と真田昌幸の終焉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64252821

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日/誕生日は雨でピザ:

« 角川文庫「妖女の誘惑」本日発売!! | トップページ | 9月25日/新刊挨拶書店巡り1日目と真田昌幸の終焉 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト