« 9月26日/仕事して病院行って新刊挨拶廻り2日目 | トップページ | 9月28日/ウナ子より断然ピコ太郎・ファイターズ優勝おめでとう! »

2016年9月27日 (火曜日)

9月27日/新刊挨拶書店廻り最終日は、真夏の太陽ギーラギラ!

 6時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、シャワー。

 本日は新刊挨拶廻りの書店巡りの最終日。角川の担当N氏が同行してくれる。

 少し早めに出て、JR北千住駅構内の立ち食いそば屋でちくわ天そばとカレーを食う。メシのタイミングが判らないのと、腹が減っていたので。しかし結果論として、ここではカレーを食うべきではなかった。美味くない。

 予定では上野東京ライン直通の常磐線に乗るつもりだったが、待ち合わせ時間ギリギリになりそうだったので、日暮里乗り換えで行く。

 N氏との待ち合わせは東京駅丸の内サイドのオアゾ1F。そこに向かおうとして間違えて総武横須賀線方面の地下に下りてしまったが、偶然、本屋さんを発見。こんなところにも書店があったのか!今までかなり東京駅構内は歩き回ってるけど、全然気がつかなかった。
 飛び込みでPOPを渡す。

 10分前に待ち合わせ場所に到着。N氏は先に来ていて書店の売り場を見ていたらしく、無事合流して、丸善丸の内店へ。

 それからしごく順調に書店さんを廻り、川崎でランチ。ちょうど12時で、絶対どの店も混んでる!と思ったらそうでもなかった。

 地下街・アゼリアを歩いて、焼き魚定食やお茶漬けを出す「さち福や」に入って、おれは「ちりめん山椒の姫丼」(ちりめん山椒が載ったご飯にとろろをかける)が実に美味かった!

 ここはチェーンであちこちに店がある。わざわざ川崎まで行くのは大変だけど……調べてみるとおれの立ち回り先には店がないなあ。

 初日に横浜は回ったので、関内へ。こんなに順調に進むのなら、横浜は今日回ればよかった。予定は1時間以上も食っている。

 移動中、N氏といろいろ喋る。銀座の文壇バーについてとか。重鎮クラスより年齢的に下の作家達は「近場の便利なところで飲む」ので銀座には足を向けないらしい。

 今は知らないが、かつて、映画屋は新宿のゴールデン街で飲むものだったらしい。おれは東宝での仕事が多かったので、飲むのは成城か、撮影所のそばの赤提灯(そのまんまの店名だったけど、正門が裏に移動して、あの店はどうなってしまったんだろう?)だった。いや、スタッフルームでえんえん飲んでいて、飲まない(バイク通勤だったから)おれは、苦痛だったねえ。上が帰らないと下っ端はいつまでも帰ることが出来ないから。で、東宝の社員助監督さんはみんな「程がいい」から仕事が終わればすぐ帰るのだが、マチバの助監督が上に来ると、もうダメ。毎晩遅くまで飲み会が続いてお説教大会。アレは拷問だった。

 一方、ゴールデン街ではケンカがつきものという噂で、それが怖くてゴールデン街には1度も行かなかった。

 そもそも学生時代から「飲み屋でクダを巻く」習慣がまったくなかったので、今もはしご酒はしない。だから、朝まで飲むなんて、数年に1度あるかないか。

 そんなおれなので、「銀座の文壇バー」の意味とか価値とか位置づけがどうにも理解出来ないので、N氏にいろいろ尋ねてしまった。

 関内まで来ると、暑い!青空!今日は曇りじゃなかったのか?真夏の日差しに真夏の空気。そういや今日は波がある。今年最後のBB日和だったかも。いや、仕事仕事。営業営業。

 

 関内を終わって14時前。社に戻るN氏と別れて、せっかくここまで来たんだから、大船と藤沢も回って帰ることにする。

 藤沢は、夏気分!時間の流れが完全に真夏でんがな!天気もいいし、このまま江ノ島に行きたい気分。しかしボードを持ってないし。

 藤沢からグリーン車に乗ってビールでも飲みながらウトウトして帰ろうかと思ったが、プラットフォームの方向を間違えてグリーン車からどんどん遠ざかってしまったので、もういいやと思って一番前の車両に行って、日向夏レモンのジュースを買って、乗る。

 上野で乗り換えて、北千住。

 スーパーに寄って夕食のおかずを買って、16時過ぎに帰宅。「5時に夢中!」に間に合った。

 今週はふかわりょうがお休みなので日替りMC。今日はミッツ・マングローブ。金曜のサブだけどメインは初めてなのか、入れ込みすぎて岩下さんの話に被ったり遮ってしまったり、MCが喋りすぎたりと、出来はさんざん。うわずったりしてたもんなあ。日頃人を食ったような目差しと発言が売り物のミッツが緊張して舞い上がっていた。聡明なミッツのことだから、あとから猛反省したんじゃないのか?

 岩下さんは隣に弘田三枝子がいるので大興奮。弘田三枝子の歌を突然歌い出したりして、凄かった。だから今、岩下尚史は見逃せない。

 18時にご飯を仕掛けて、炊きあがるまで溜まった新聞に目を通す。

 26日に角川の新刊広告が出ていたが、新刊の点数が多いので、安達の「妖女の誘惑」は載ってなかった。それについてはN氏からそれとなく話があったけれど……残念。

 鹿児島・志布志の「養殖ウナギ」の宣伝映像が、ウナギを女子高生に擬人化した悪趣味なもので、批判を受けて公開を中止してネットから削除したと。

 こんなセンスが悪くて悪趣味なものを「ウナ子が可愛い」とか褒める人もいるけど、ハナから批判されて叩かれて話題になるのを計算した「炎上狙い」なのはミエミエ。そういうの、賤しいだろ?何でもかんでも話題になれば成功なのか?

 食っちゃうものを擬人化するのは、この映像だけではなく、「アグラ牧場」のCM(牛さんがネットで牛肉を注文する)とか、どこかのヤキトリチェーンかブランド養鶏のCM(ニワトリがネギを背負って焼き鳥屋にやってくる)とか、悪趣味極まりないものしかない。関係者が「考えが及ばなかった」と思うのは真っ赤なウソ。仮に本当に「炎上は想定外」だったとしたら、これを担当した広告代理店の担当者は無能だし、志布志市役所の担当者も広報を仕事にするのに世情に疎すぎる。全部、想定内の茶番。ばっかばかしい。

 こんなものを話題にするなら、国会の反吐が出るような茶番をぶっ叩くべきだ。アベはまたやってくれたね。

 自衛官や警官、海上保安官の日夜の働きには感謝するし敬意も持っているが、それを国会で首相が煽ってスタンディング・オベーションするなんて!ナチスが支配したドイツ国会か?

 自民党内からも「あれはマズかった」という声が上がったのが不幸中の幸いで、「今後はやらない」と与野党が申し合わせたと。

 当然である。

 どうもアベの側近で悪名高い萩生田光一官房副長官の指示・根回しがあったらしい。(←リンク)

 ナチスも、側近が気を回して狂気の沙汰を加速させた側面がある。戦前の日本だって似たようなものだった。

 アホな首相を諫めたりブレーキをかけるのが側近の務めだろうに。故後藤田正晴のような睨みが利いてブレーキ役になる有能な政治家はどこに行った?本多正信みたいな名参謀は望めないにしても。

 夕食は、買ってきたコロッケや肉じゃがを温め直して、キャベツの千切りやほうれん草の胡麻あえ、漬け物などと。

 なんだかんだで21時になり、風呂に入り、録画した「月曜から夜ふかし」(この番組はつくづく、作り方が巧いねえ!)「サラメシ」、そして「72時間」を見る。長崎のお盆は、墓前で花火を揚げ、通りで爆竹を盛大に鳴らす。これは中国の風習の影響なんでしょうなあ。花火をあげたり爆竹を鳴らしながら涙ぐむ人たちを見ながら、おれも涙。こういう地方の仏様を送る風習というのは、心に染みる。ああ、田舎はいいなあとしみじみ思う。

 人の心が息づいている、と書くと、じゃあ都会はそうじゃないのかと思うし。都会にだって人の心はあるし、人間の暮らしもある。いや、それを描き続けているのがこの「72時間」という素晴らしい番組なんだけど。

 テレビを観ながら薄切り食パン1枚と牛乳を食ってしまった。これがいかんのだ。

 0時就寝。

 明日からは、日常に復帰して、仕事を進めなければ。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:2675kcal

本日の消費カロリー:385kcal/9985歩+34kcal(自転車)

« 9月26日/仕事して病院行って新刊挨拶廻り2日目 | トップページ | 9月28日/ウナ子より断然ピコ太郎・ファイターズ優勝おめでとう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64268664

この記事へのトラックバック一覧です: 9月27日/新刊挨拶書店廻り最終日は、真夏の太陽ギーラギラ!:

« 9月26日/仕事して病院行って新刊挨拶廻り2日目 | トップページ | 9月28日/ウナ子より断然ピコ太郎・ファイターズ優勝おめでとう! »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト