« 10月13日/新刊挨拶書店廻り第2日 | トップページ | 10月15日/新刊挨拶書店廻り最終日と「夏目漱石の妻」最終回 »

2016年10月14日 (金曜日)

10月14日/新刊挨拶書店廻り第3日

 7時40分頃起床。

 曇りだが、睡眠中に洗濯した洗い物を干す。

 昨日あんなに歩いて気功までしたのに、体重が1キロ近く増えてる!たぶん、お通じがなかったせいだろう。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは玉子かけご飯にインスタントのシジミ汁に京菜の漬け物。

 今日は早めに出て早めに帰ってこようと思いつつ、なんだかんだで家を出たのは12時過ぎ。

 本日は東武北千住駅構内にある3軒の「東武ブックス」からスタートして、日本橋や東京駅周辺のあと、羽田空港を経由して川崎・横浜方面へ。

Img_2761

 今日も、喜んだり凹んだり。写真のように安達の近刊を集めておいてくれている書店さんもあれば、置いてくれていない店もある。

 顔馴染みの店員さんが居る書店さんはともかく、大規模書店さんや店員さんの入れ替わりが多い店だと、飛び込みセールスだと思われてほとんど追い返されたり、光文社の営業に間違われたり。まあそれは仕方がない。「あの、僕は光文社のものではなくて、これを書いた者です」というと驚かれるもんなあ。ごく少数のウルトラスーパー超有名作家以外、顔なんか知られていないもんね。名刺を出しても「本人から名刺を預かった代理人」だと思われるし。名刺に顔写真を刷り込んで免許証と一緒に見せるか?しかしそれでも本名とペンネームは違うから証明にはならないし。最近はカバー折り返しに「著者近影」が載ることも減ったし、そういう「顔見せ」はしたくないし……。いちいち「書いた本人ですけど」というのもイヤらしいしなあ。

 しかし、こっちが恐縮してしまうほどよくして戴ける書店さんもあるし。そういうお店に行くと、凹んだ気持ちが一気に回復して、有り難くて、とても嬉しくなる。

 羽田空港以南の川崎・横浜方面のウケが良い。これは以前から一貫してのこと。何故?

 ランチは、羽田空港第2ターミナルの「新宿アカシア」でロールキャベツとメンチカツのセットを。書店廻りで新宿に行っても、なかなかタイミングが合わなくてアカシアに行けないので。

 この店の今はなき「ペパソテー」(ソーセージ炒め)が懐かしいなあ。

 京急川崎駅構内の立ち食いそば屋で「期間限定・海苔あさりそば」を出しているのを見て、凄く美味そうだったので、食べる。
Mainvisual4

 おお、これは美味い!しばらく京急川崎に通いたい……京急品川駅構内にもあるのね。

 今月いっぱいかあ!

 この後回った書店さんでは、とても有り難いお話を戴いた。この件は成就した暁に、きちんと書きます。

 本日の予定はすべて回って、19000歩。足が痛いし、もう、ヘロヘロ。疲れ切った。外の風は冷たいけど暖房が入っているのか屋内は汗ばむほどで、けっこう汗をかいたし。

 横浜から上野までグリーン車に乗り、崎陽軒のシウマイ弁当を食べる。しかし横浜からだと、あっという間に着いてしまうので、焦って早食い。

 20時過ぎに帰宅してもう、疲労困憊。

 あと2軒、ボウリングのスプリットみたいな感じで残ってしまった。しかしまあ、初志貫徹して明日廻るか。

 干しっぱなしの洗濯物を取り込む。洗濯は明日やって干せばよかった。

 少し長風呂。

 あがってから汗が引くまでテレビを観る。

 六本木の事件、ひどい!上からモノが降ってきたら判らないもんな。絶対に許されない過失。

 明日、MacのOSを最新の「Sierra」にバージョンアップする。バックアップは取っているが、万が一のために、文書ファイルや写真データなどを違うHDDにコピーし始めたら、終了まで8時間とか表示されてしまった。まあコピーが進めば所要時間はどんどん短縮されていくのだが。

 TBS「A-Studio」に織田裕二が出ていて、「作品のことを真剣に考えたら、どうしても結末を変更したくなった」と、「振り返れば奴がいる」の最終回の収録現場での大胆な結末の変更について勲章のように語ったが、この件は、脚本を担当した三谷幸喜にとっては屈辱的な事(このドラマ自体、脚本が現場で大幅に変更されて静かな怒りを溜めたらしい。その結果、舞台「ラヂオの時間」(新人が書いたラジオドラマの脚本が現場でどんどん際限なく書き換えられていく)となり、ドラマ自体はヒットして、プロデューサーも三谷さんに申し訳ない気持ちがあったので、次は三谷さんの希望が通って「古畑任三郎」が誕生した……。

 織田裕二に関しては金子修介監督も「卒業旅行 ニホンから来ました」撮影中の怒りを「月刊シナリオ」にかなりダイレクトな表現で書いていた。

 こういう役者は、ヒットを生んでいるときはいい(周囲がひたすら我慢する)けど、下り坂になると強い反動がくる(干される)もんなあ。当人は「いい作品にしたい一心で」と言うけど、脚本が織田裕二に渡るまでにスタッフが磨いたものだし……役にのめり込んだ役者のインスピレーションを一概に否定するつもりはない(否定するとアドリブまで否定することになるし)が、スタッフサイドの人間としては、「この役者とは仕事したくない」気持ちになる。

 そのあと「タモリ倶楽部」をオンエアで見始めたが、あまりにも眠くなったので、録画はしているので途中で寝る。しかし、真野恵里菜は美しいなあ!

 

 コピー作業中のiMacはそのまま動かして、0時40分ごろ就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2643kcal

本日の消費カロリー:786kcal/19717歩+44kcal(自転車)

« 10月13日/新刊挨拶書店廻り第2日 | トップページ | 10月15日/新刊挨拶書店廻り最終日と「夏目漱石の妻」最終回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64350666

この記事へのトラックバック一覧です: 10月14日/新刊挨拶書店廻り第3日:

« 10月13日/新刊挨拶書店廻り第2日 | トップページ | 10月15日/新刊挨拶書店廻り最終日と「夏目漱石の妻」最終回 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト