« 10月16日/ネットラジオで試行錯誤&「真田丸」と大谷に感動! | トップページ | 10月18日/少々気が緩み候 »

2016年10月17日 (月曜日)

10月17日/やっと日常回帰して、仕事のスイッチが入った!

 7時20分、iMacが起動する音で目が覚めた。

 昨日インストールした、インターネットラジオの録音ソフトが作動してiMacを起動させ、録音スタンバイ状態になったのだ。

 エラいじゃねえか!

 が……。

 Macを起動させたまではいいのだが、肝心の、7時25分からの「きらクラ!」再放送を録音しない。

 何故?

 アタマの部分は昨日の放送で聞いていたので、まあいいかと思いつつ、ナンとかそのあとの部分は録音したいので、あれこれやるが……。

 ふと、AdobeのFLASHのせいではないかと思い立って最新のドライバーをダウンロードしてインストールすると……録音できるようになった。しかし昨日何度もテストしたときはタイマー録音できるようなったことを確認したのに……今朝だってこのソフトは時間に合わせて電源が落ちているiMacを起動させる事には成功したのに……。

 やっぱり、多少のカネを出しても市販の「録音ソフト」を使う方が安心だ。昨日購入申し込みをしたソフト、もったいなかったかな?と思ったが、こっちに切り替えよう。

 外は雨。それもけっこう強く降っている。

 「きらクラ!」はそのまま録音して、朝のモロモロを済ませる。

 なんだかんだで9時30分を過ぎて、9時20分までの放送が録音できているかどうか確認すると……出来ていた!

 どうにも動作が不安定で、これは使えないなあ、やっぱり。

 この番組の後半で、ショスタコ-ヴィッチの「ジャズ組曲第2番のワルツ」をやっていて、その暗い情念の籠ったワルツに聴き惚れた。

 この曲想は、同じロシア(いや、正確にはグルジア生まれのアルメニア人だが)のハチャトゥーリアンの「仮面舞踏会」のワルツに共通している。暗くて、怨念がこもったような、恐ろしさすら垣間見える感じ。シュトラウスやラヴェルのワルツとはまったく違う。しかし、それがいいんだよねえ。

 とは言え、録音できた分を聞きながら、アサメシを作る。ベーコンエッグにトースト、牛乳にコーヒー。聞きながら食べる。

 朝日朝刊の連載「小さないのち」、今日の分は、胸が張り裂ける。育児に悩んで橋の欄干から3歳の娘を落としてしまった母親。落とすときに娘が笑って「ばいばい」と言った、と。

 たぶんそれは、母親がそう思い込んでいるんだろうけど……このケースも、なんとか救えなかったのか、と思う。

 夫のDVで離婚してシングルマザーになって子育てしながらの生活が大変な母親は、昔より増えているのだろうか?昔だってそういうシンママは多かったけどみんな隠していて顕在化しなかっただけなんだろうか?

 昔は「母子寮」というのがあったけど、今だって名前は違うかもしれないけど、あるよね?

 妻子に手を上げる最低な男って、増えているのだろうか?

 まともな結婚生活が続いていれば、この3歳の女の子は死ぬ事はなかっただろうに……。

 前半を聞いたところで、中断。あとは後ほど聞くことにして、仕事開始。

 もう、今日からはキッパリと、毅然として、日常に回帰して、仕事をしなければイカン。イカンのだ!

 しかし……すぐに昼になってしまい、ウダウダしていると13時になり14時になる。

 そのウダウダしているときに、昨日iTunesStoreで買った「In a Black Out」という曲(iPhone7のCM……眠れない夜中に外に出てみるとまるで別世界が広がっていた、という幻想的で素敵なCMで使われている)の歌詞を知りたくて調べるが和訳がない。英語の歌詞を読んでも隔靴掻痒。

 で、もっと調べていると……見つかった。が、読んでみると、出ていった女への恨み節みたいな内容で……え?あの映像とまるで違うじゃん!と首を捻った。

 よく見ると、これは「Blackout」という別の曲の歌詞だった。

 で、改めて「In a Black Out」の英文歌詞を自動翻訳してみると……。

[詩1:ハミルトンLeithauser]

私は無名の町に住んで

さまようする必要はありません

私は無名の町に住んで

黒アウトで

[詩2:ハミルトンLeithauser]

多くの友人が言ったさよなら

1誇り行の中でパレード

私は、彼らすべてがちょうど彼らの心を失ったと言います

[詩3:ハミルトンLeithauser]

私たちは踊るために使用ミッドナイト

醜いハロゲンランプの下

ああ、それはすべて離れて非常に速く行ってきました

黒アウトで

[ブリッジ:ハミルトンLeithauser]

私たちは年を待ちます

とき潮が来ます

レール上をローリング

ここから最後ゴマ」

島の

洗い流し

[詩4:ハミルトンLeithauser]

私はすべての私達のもので部屋を借ります

あなたが家に来るとき、私はあなたを持ち上げたいです

そして、私たちの2つだけがあります

黒アウトで

[詩5:ハミルトンLeithauser]

今、あなたは、バックの中で眠っています

スピード違反の黄色いタクシーの

そのすべてにキス別れを投げます

 自動翻訳に詩を訳させるのは無理な話だが、まあ、なんとなく描く世界は判った。いや、判らないか。

 iCloudを増量して、その分の使用料の請求が毎月Appleからくるのだが、これって経費だよなあ、経費ならきちんと請求書を添付すれば必要経費になるはず。

 しかし過去のものは消してしまった。その過去分を参照出来ないか?と思って調べると、Appleの係に電話するしかないようだ。急がないからメールでいいんだけど……。

 昼間なのに、電話の待ち時間は「2分以内」と表示されるので、電話を申し込んだら、すぐにかかってきた。

 過去の請求履歴はiTunesから調べることが出来たのね!

 カスタマーサービスはとても親切に教えてくれた。電話代向こう持ちで!

 過去分を調べられて、ラッキーだった。

 

 で……。

 ウダウダしていても腹は減る。

 スパゲティ・ペペロンチーノ(インスタント)を作って食う。セブンイレブンで売っている「ペペロンチーノ・ソース」は茹でたスパゲティに混ぜるだけで、なかなか美味いペペロンチーノになる。ま、自分でも作れるんだけど。

 さすがに、仕事のスイッチが入った。

 長らく中断していた「第2章」、中断前はするすると書けていたし、そのあとの部分も下書きがしっかりあるので、始めればするする行くだろうとは思っていた。

 たしかに、するすると進み始める。巧い演出を考えながら肉付けしていけばいいだけ。

 どんどん書く。

 書き進むのは快感。止まってしまって苦しいときは、なんだか「人間失格」という言葉が去来してしまうが、進み出すと元気百倍。矢でも鉄砲でも持ってこいという気分になる。まったくもって現金なものだ。

 17時になったので「5時に夢中!」を見る。

 総武線・津田沼の終電後の様子をルポしていたが、この感じはテレ東の「家、ついてっていいですか?」な気分。朝まで時間を潰せる店が充実した津田沼って、住みやすそうな街だねえ。しかしここはJR、京成、新京成の「津田沼」駅が分散しているので素人は使いこなせない難しさがある。

 しかし新京成って、旧日本軍の鉄道敷設部隊の練習でわざとウネウネカーブしまくりのルートに敷設されたという経緯は知っているけど……無駄にウネウネしすぎ!まるで暴れ川だ。

 18時になってご飯を炊く。

 炊きあがるまで、仕事。

 で、19時を過ぎて、スパムを炒めて大量のキャベツの千切りとともに。美味い美味い。

 同じ時間に、外出中の相方は所用を終えた後、書店廻りをしていて、メッセージでその結果を知らせてくれた。北海道に一大勢力を誇る「コーチャンフォー」という書店とは思えない社名のチェーン店が東京に進出して最近できた店舗では、安達の既刊がすべて揃っているらしい。これは有り難い!

 食後、「真田丸」第40回と昨日の41回をもう一度見て、改めて感動する。

 三谷幸喜と同じ時代を生きる幸せをしみじみと感じる。

 同時に、「奇跡の野球選手」「野球マンガから抜け出てきたスーパーヒーロー」大谷翔平とともに生きることが出来る幸せも。

 ジジイになって「おれはな、あの大谷がデビューしてから絶頂期の神懸かった大活躍を知ってるんだぞ!」と長嶋・王の現役時代を知っているオヤジみたいに自慢したいものだ。

 2016年は、三谷・大谷の年だった。まだ10月だけど。

 片桐且元について調べると……「第40回」で描かれたのは、ほぼ定説なのね。それを小林稔侍が演じると「徳川の罠に塡められてしまった悲劇の一本気な武将」になり、小林隆が演じると「察しが悪く押しも弱い、とにかく間の悪い男」になってしまう。というかこれはもう、ほんのちょっとした違いだもんなあ。なんせ相手は家康と本多親子という稀代の「腹黒」なんだから。

 今朝wowowで放送の「みんな!エスパーだよ!」をディスクに焼く。その時にチラッと見たら……うわ~~~エロい!園子温のエロさの趣味って「判ってらっしゃる!」感が強いので……Tシャツとかタンクトップとかキャミソール・フェチの仲間的感じがあるのだ。これはじっくり鑑賞せねば。テレビ版では夏帆のパンチラが話題になったんだよね。映画版では同じ役を池田エライザが。真野恵里菜もパンチラを披露してるぞ!いや、パンチラで興奮するトシではないけれど……真野恵里菜とくれば話は別だ。

 仕事再開。

 がしがしやって、キリのいいところまで進める。

 今日だけで10ページを越えた。このペースが続けば来月アタマ、いや今月中には書き上がるではないか!

 仕事が進むのは、多大な充足感というか、

 風呂に入ったあと、涼みに外に出ると……雨が降っていて、近所のモーレツに可愛い飼い猫がなぜかポーチにいた。夜の散歩に出たら雨が降ってきて雨宿りしてるんだろうか?

 早く帰らないと誘拐されちゃうぞ。人に慣れていて逃げないから、余計に心配。ロシアンブルーが入った美猫だから、余計に心配。首輪をしているから飼い猫だと判るとはいえ。

 「月曜から夜ふかし」は録画して、寝ようと思ってメールをチェックしたら……「きらクラ!」完全版とおれが完全に聞き逃していた「NHK音楽祭」(ふかわが司会して楽器演奏もしたんだっけ?)を聞ける方法をご教示戴けた。これは有り難い。

 この公開日記は、ほとんど反応がなくて、読んでくれている人はいるのだろうか、まあ日記なんだから自分のために書くものなんだから誰も読まなくてもそれは本来の姿なんだし、と思っていたら、意外なところで意外なかたが読んでくれているのが判って嬉しくなる。

 ということで、0時45分就寝。

 が、くーたんがにゃあにゃあと鳴いて布団の上に飛び乗ったり、ベッドから飛び出したりと動きまくっている。おれもなんだか暑くて寝付けなくて何度も目を覚ましつつ、2時過ぎには爆睡。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:1924kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 10月16日/ネットラジオで試行錯誤&「真田丸」と大谷に感動! | トップページ | 10月18日/少々気が緩み候 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64365168

この記事へのトラックバック一覧です: 10月17日/やっと日常回帰して、仕事のスイッチが入った!:

« 10月16日/ネットラジオで試行錯誤&「真田丸」と大谷に感動! | トップページ | 10月18日/少々気が緩み候 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト