« 10月18日/少々気が緩み候 | トップページ | 10月20日/木曜日はモーレツに眠い »

2016年10月19日 (水曜日)

10月19日/仕事もテニスもまあまあ

 7時過ぎ起床。

 7時間前後寝ると、さすがに調子がいい。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚にゆで玉子、牛乳、コーヒー。

 大量に作ったコーヒーをこの前の「日芸オールタイム同窓会」で貰った「ぐび飲み保温容器」(おれが勝手に命名)に入れて保温してみる。以前ヤフオクで買った「保温ポット」は金属の味が染み出して凄く不味くなったし保温性能もよくなかったので、捨てたが、これはどうだろう?

 仕事開始。講談社の第二章、昨日の続き。

 

 ところで、今仕事で使っているiMacは「late2012」。もう4年前の機種だが、まったく不自由はない。この前に使っていたのはMacBookPro17だったが、いろいろ不便を感じて買い換えたのだが……。スペック的には現行機種とまったく遜色ないし、実際、使用感もいい。画面表示が劣っているらしいが、GraphicはPOPを作る程度だしスナップ写真を補正して保存する程度だから、高精度なディスプレイは不要だし。

 今度出るらしいiMacは、よほど画期的な新機能がつかない限り、買い換えたくはならないだろうなあ。

 いずれ、OSのアップデートから外れて強制的に買い換えさせられるのだろうけど。タッチパネルになる?

 ところで、長谷川豊は嫌いだが、だからと言って家族宛に妙なものを送りつける卑劣なマネはもっと嫌いだ!

 長谷川豊も、文章はイヤらしいし鼻持ちならない態度なのが許せないけれど、よく読めば、内容が完全に間違ってはいないときだってある。今回も、刺激的な見出しをつけたから失敗したのだ。

 で、家族にはまったく関係の無いことなんだから、家族宛にいろいろ送りつけるようなクソな真似は絶対にダメだ!

 アマゾンの書評に悪い点がついているので恐る恐る見たら……その主は、安達に粘着して悪口しか書かないバカなアンチだった。な~んだ。

 こいつは、読まずに悪口だけを書いているのが丸出しで、自分のバカを曝け出してる。匿名だと思ってるんだろうが、お前の素性は既にバレてるんだ。

 しかし、買ってもない、つまり客でもないバカのただの悪口を載せるアマゾンの方針も悪い。以前は実際に買わないと感想を書き込めなかったのに、今ではなんでも書き放題。

 アマゾンは電子書籍で大手出版社と対立してるし、なんか「裸の王様」になってる。便利に使ってるけど、今の調子でやってると、いずれ大きなしっぺ返しがくると思うぞ、アマゾン。

 昼は、卵を切らしてしまったので、ハムと長ネギだけでヤキメシを作ってみる。味付けは「香味シャンタン」に胡椒をプラス。

 これが、美味かった。あっさりしつつしっかし中華。醤油を足せば完璧に中華だったかも。

 仕事を続ける。

 

 ノーベル文学賞に決まったボブ・ディランが、この1週間、まったくノーベル賞側が連絡を取れない状態であると。

 これに快哉を叫んで面白がるヒトがいるが、おれは助監督だったからか、どうしてもノーベル賞の運営側に感情移入するのか、ボブ・ディランの態度にイライラする。この「逃げてる」としか思えない態度はガキだろ。ダイナマイトの発明者の賞なんか要らないというなら、きっちり拒否するとか辞退すればいいじゃないか。もしくは賞金を全額寄付するとか。その方がカッコイイのに、連絡もしないでズルズルやってるのは、どう考えても、クソガキの態度。

 おれは嫌いだね。天才だからだとかロッカーだから許されることではない。イヤなら要らないと言えばいいの。それがどうして言えないの?

 どういう態度を取ろうか迷ってるのかもしれないが。

 まあこの件はほとんど、どうでもいい。

 ただ、この件で、Facebook上で旧知の人物とやり合って、少々後味が悪い。

 この件で思い出すのは、おれが助監督時代、高名な映画人のお子さんでUCLAで映画を学んだ人物が市川さんに弟子入りしてきた件。

 悪い男ではないのだが……唯一にして最大の欠点が、「絶対に謝らないこと」。コーヒーを零したり足を踏んだりといった些細な事なら謝るが、それ以外の「意見の食い違い」「責任を伴うアレコレ」については、まったく謝らない。

 こういうの、撮影現場では困るのよ。特に下っ端だから「すみませ~ん」というのは潤滑油。助監督なんて謝るのが商売みたいなところがあるし。

 スタッフルームで喋っていても、絶対に自説を曲げない。

 まあ、おれが知る限りでは、それがさほど問題になることはなかったが……おれが市川組から抜けて、その次の作品で、大激突が発生したらしい。現場でスタッフと揉めて絶対に折れなかったので撮影がストップしてしまったと。

 助監督が撮影を止めるなんて、あってはならないこと。

 そうなるまでに彼も揉め続けていて精神的にかなり追い詰められていたようだが……その一件で彼は市川組を去った。その時別件をやっていたおれに代打の声がかかったのだが、こっちを抜けるわけにはいかなくてお断りしたのだが……。

 文化庁の海外派遣で数年間、アメリカの映画界に「留学」した東宝の社員助監督氏によれば「アメリカ人だって謝るときは謝るし、その場の空気は読みますよ。(問題を起こした)彼は、いわば、過剰適応してしまったんじゃないのかな。アメリカ人は絶対に謝らない、謝ってはいけない、それがグローバルスタンダード(当時この言葉はなかったが)だと思い込んでる」と言われて、なんか、合点がいった。

 これは、極めて個人的なことであって、自説を絶対に曲げなくて自分の非も認めない頑なな態度というのは、日本人以外のスタンダードな態度ではなく、彼の特異なパーソナリティだったのだと。

 そんなことを思い出す海外経験の長い某人物がいて、かねてから何度かぶつかっていて、そのたびに、こっちが折れていたのだが、いい加減、こっちばかり折れるのが嫌になったので、相手とまったく同じ態度を取った。

 まあ、傍から見ればコドモの意地の張り合いみたいに見えただろうが……。いつもいつも相手が折れるのを待っている某人物の態度というのも相当コドモだと思う。

 ま、某人物は今も「自分は間違っていないのに彼が勝手にヒートアップして頑なになっただけのこと」だと思っているだろう。

 こういう「過剰適応」した人物とやり取りするのは疲れる。意見件が完全にあうときはいいのだが、少しズレ始めると、もうダメ。

 しかしまあ、彼が悪い人物ではないこともよく判っているので、その意味で後味が悪い。

 17時を過ぎたので、仕事を中断。

 第二章は、ほぼ出来た。ざっと書いただけなので、まだ未整理だが。

 テニスの支度をして、出発。

 以前なら、少し腹が減って、おにぎりかコロッケを食べるところだが、今日はそのまま。トシとともに、だんだん小食になってきたのかな。

 テニスは、快調。試合ではコートぎりぎりにボレーを決めたりして勝利に貢献したし、球もよく追えた。

 ラケットを両手で構えて体を捻って打つ、ストロークもボレーも。これは、きちんと体が横向きになって重心移動も計れるので、とてもいい。毎回励行して体に覚えさせよう。

 プールで少し泳いでストレッチ。これをするようになって、足の痛みがなくなった。

 風呂に入り、腕のマッサージをするところ、忘れたので、腕は痛いけど。

 帰路、迷った末に、「とんかつあづま」で、ハンバーグ定食を食べる。21時近くに食べるのは重いんだけど……美味いのだ。

 帰宅して、くーたんにご飯を出して、22時からの「地味にスゴイ」を見る。

 このドラマ、なかなかいいと思うけどなあ。校閲という地味な仕事をドラマにするんだから、これくらいのデフォルメは必要でしょ。刑事や医者はドラマになりまくっているから多少のウソやデフォルメは許されるけど、校閲者がドラマの主人公になるのは史上初だから、「あり得ない」とかアレコレ言われるのだ。それを言い出せば「科捜研の女」なんか、もっとあり得ないぞ!あれこそ校閲者と双璧をなす地味な裏方(しかし有能さが求められる)なんだから。

 今回は、校閲部のリーダー的存在の超カタブツの藤岩さんが学生の頃から大ファンだった女流作家との話。これ、極めて巧く作ってあって、泣けた。まあ、定石通りと言えばそうなんだけど、作り方が巧いよ。

3

 主人公・河野悦子は一心太助みたいに「曲がったことが大嫌い」で敢然と相手を言い負かしてしまう痛快さもあるし、ヒロインのおちゃけさが嫌いで敵対していた藤岩さんとも心の交流が出来はじめたし……。

 おれは、いいドラマだと思うけどなあ。編集者・貝塚もいい味出してるし、シュールすぎる作品を描く小説家でモデルの大学生も面白いキャラだし……。

 ヒロインの恋の行方も気になるじゃないの。

 河野悦子(石原さとみ)のファッションをいちいち強調する「シーン替わり」は少々うるさいけど、しかしまあ、POPにやろうとする演出なんだろうから。

 大阪で起きた一家殺傷事件。犯人はどうもキチガイのようだ。今は実名報道されているがいずれ仮名に切り替わるんだろう……。

 犯人がキチガイという事になると、罰せられることがない。これは極めて不条理で、被害者は本当に怒りをぶつける相手がいなくなってしまう。犯人の親は、犯人がここまで狂ってしまったのを放置した責任が問われるのだろうが……。

 2020東京オリンピックはもう、完全に興味を失った。出場に希望を持っているアスリートには申し訳ないけど、勝手にやって勝手に終わって欲しい。その間、東京は交通規制がかかりまくって日常生活に支障を来すのだろうけど……。

 23時40分、就寝。

 しかし……暑い!

 室温を見ると26度で、暑くはない。しかし、暑い!

 エアコンを回し扇風機も回すが、暑い。

 なかなか寝付けない。

 テニスをやってカッカしているからか?

 5時ごろ目が覚めて水分補給。エアコンをつけたら、今度は寒いので止める。

 しかし、爆睡。

今朝の体重:87.55キロ

本日の摂取カロリー:2007kcal

本日の消費カロリー:145kcal/4156歩+26kcal(自転車)+702kcal(テニス)

« 10月18日/少々気が緩み候 | トップページ | 10月20日/木曜日はモーレツに眠い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64374006

この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日/仕事もテニスもまあまあ:

« 10月18日/少々気が緩み候 | トップページ | 10月20日/木曜日はモーレツに眠い »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト