« 10月7日/朝一番の大事件&夏が逝く | トップページ | 10月9日/自分を褒めたり叱ったり »

2016年10月 8日 (土曜日)

10月8日/前に進むしか他にござらん

 7時前起床。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 ご飯を炊いて、アサメシは玉子かけご飯&磯海苔ご飯、インスタント味噌汁、キュウリの漬け物、ちりめんじゃこ。

 仕事を開始する前に、細々した事を済ませてしまおうと、12日発売の光文社文庫「サマワの悪魔」の新刊挨拶に行く書店さんのリストを作成。出版社によって微妙に売れる書店さんが違うのが面白いところ。

 合わせて、POPを発送する地方書店さんのリストも整備。かなり膨らんできたが、本は大都市だけで売れるのではない。地方で売れてこそ、なので、郵送分を増やす。

 午前中いっぱいかかってしまった。

 2日放送のNHK-FM「きらクラ!」を聞きながら。ピアニスト・作曲家で俳優もやる清塚信也さんの喋りが抜群に面白い。ふかわ、頑張らないと清塚さんにレギュラーを取られるぞ!相手はプロの音楽家で喋りも達者でジョークも飛ばせるんだから!

 そのまま仕事開始。講談社の「第2章」。間が開いてしまったので、章割りを再読してイメージを広げるのに徹する。

 夕方、トーストと牛乳で、昼食みたいな感じ。

 老人の「成年後見人」になった弁護士が、財産を横領して全部使ってしまった事件(←リンク)、懲役6年の実刑判決が出たが、この弁護士、キャバクラで一晩に100万円も使うような大浪費をして使い果たしたというのに、マイクを突き付けられても不貞不貞しい態度を取り続ける。開き直るしかないのだろうが、こんな事件が30件以上も起きている。しかも、こんなカス弁護士を家庭裁判所が紹介したんだから、家裁の責任も問われて当然。

 しかしこの事件、新聞紙上では小さい扱い。どうして?由々しき事件なのに。

 電通の新人社員が過労で自殺の事件も痛々しい。新人だから頑張ってしまったんだろう。きっとマジメな性格だったんだろうし。オッサンは新人の美人に仕事を押しつけたがる傾向があるそうだ。おれは「上司」になった経験がないのでそのへんの心理がよく判らないのだが……支配欲の発露なんだろうから、これも立派なパワハラだ。真面目な努力家だから休職するとかという選択はなかったんだろうな……。

 阿蘇山大噴火。日本列島は活動期に入ったのだろう……これから何が起きるか、予測がつかないのが恐ろしい。

 伊豆急が横浜から食事を提供する特別列車を運行する計画があるらしい。JRの「伊豆クレイル」に対抗してか。下田までの旅の選択肢が増えるのは大歓迎。

 練馬で起きた「大家さん刺殺事件」。家賃が払えなかったのが犯行理由らしいが、こんなことしたらすべてがオシマイになってしまうのが判らなかったのだろうか?大家さんを殺すなら夜逃げする方が……。

 などなどと、ネットでニュースを見ながら、いろいろ考える。ひどい事件ばかりだし、東京都庁の職員は責任逃れに終始して書類を改竄したりしている。モノゴトが「なんとなく」決まるわけはない。誰かが決済したんだから!

 日本には「空気で決まってしまう」悪しき傾向があると、山本七平が「空気の研究」で鋭く指摘して、もう何十年経っただろう?戦争の作戦も「なんとなく」決まって、失敗しても立案者の責任が問われることはなかった。それと同じ愚を犯してはならない!

 今後のこととは別に、決定プロセスを明らかにして責任者に決定の是非やその責任を問うのは当然のことだ。曖昧にしてはならない。

 今や「ピース」の又吉じゃない方、と言われるようになってしまった綾部、単身渡米して俳優になるらしい。相方が芥川賞作家になって以降、「又吉の腰巾着」キャラをウリにしたが、彼の芸人としてのプライドが許さなかったのだろうか。コンビの片方が別の世界で大成功したら、残された方はいろいろ考えるよな……綾部の成功を祈る!

 と……。

 18時を過ぎてしまった。

 「青空レストラン」を見る。青森で新しいお米が栽培されていて、その収穫。そして「ご飯に合うおかず」のあれこれ。ご飯が美味そうだし、紹介された「おかず」が、どれも美味そう!

 テレ東の「家、ついて行ってイイですか?」の2時間スペシャルを見る。凄く重いものを抱えたヒトだと、見るのが辛い。

 泥酔した美人シンガーは、抱えているものが凄く大きくて重そうで……しかし彼女、この放送をよくOKしたな。かなり曝け出してしまったのに。

 番組の途中だが、夕食は外に出て、「吉野家」で、牛丼並とお新香、味噌汁。

 帰路、コンビニでおにぎりと麻婆丼を買い、帰宅してオニギリを食う。

 21時からは、NHK「夏目漱石の妻」。

 尾野真千子のいろんな顔が見えて、素晴らしい。あどけなさの残るノーブルな顔から鬼の形相まで。凄い女優だなあ。

 漱石は、貰われた先で幸福な幼年時代を過ごしたのに、養父が没落して実家に戻されてしまった。しかし学生時代は養父を訪ねていろいろ無心をしていた。そして……漱石が小説家として有名になったときに、養父が無心に来るが……。

 これはねえ、一概にどっちが悪いとは言えないハナシだよねえ。漱石一家は、今の生活が大切だし、漱石にとって養父は冷たい実父とは比較にならないほど温かな人物であったのだし……。養父だって、没落さえしなければ、縁を切った息子に無心をするような真似はしなかっただろうし……。

 そんな養父を竹中直人が名演。

 で、次回がもう最終回だって!もっと見たい!

 夜遅くなって、担当編集F氏から「原稿戴きました!面白かったです!」というメールを貰って、安堵。かなりチャレンジした内容だったので、最悪の事も考えたりしていたのだ。エンターテインメントとして「トゲ」を緩和する仕掛けが上手くいったのかもしれないし、我々の杞憂だったのかもしれないし。

 とにかく、ホッとした。

 風呂に入って、「ケータイ大喜利」を見て寝ようと思ったら、今夜は「さだまさし」だったのね。しかも、大阪のあべのハルカスから。しかもしかも、笑福亭鶴瓶が飛び入りゲスト。

 面白いのでずっと見ていたかったが、そうもいかず、1時で切り上げて、就寝。

 今夜も、寝るときは暑いが朝になると寒いだろう。蒸し暑いと眠れないのでエアコンを3時間つけて、寝る。

 消灯したら、くーたんがやって来て、しばし一緒に寝る。

今朝の体重:88.75キロ

本日の摂取カロリー:1937kcal

本日の消費カロリー:14kcal/453歩+39kcal(自転車)

« 10月7日/朝一番の大事件&夏が逝く | トップページ | 10月9日/自分を褒めたり叱ったり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64319644

この記事へのトラックバック一覧です: 10月8日/前に進むしか他にござらん:

« 10月7日/朝一番の大事件&夏が逝く | トップページ | 10月9日/自分を褒めたり叱ったり »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト