« 10月31日/仕事・病院・叱責・書類整理・iPhone7にSuica | トップページ | 11月2日/テニスやって「校閲ガール」 »

2016年11月 1日 (火曜日)

11月1日/iPhoneのSuicaの実証実験と「イタリアは呼んでいる」

 7時ごろに目は覚めていたが、8時前までベッドでゴロゴロ。

 朝が寒くなってきた。

 曇り~晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 くーたんはソファの毛布やベッドの布団に潜り込む前におれを見て、鳴く。めくって入れてやると,それ以後は勝手に潜り込む。毎朝必ず、一回目にそれをやる。これは許可を求めるのかな?

 アサメシは、クノールのCMで川内春奈が美味しそうに食べている(CMの主眼は「モーニング・スープ」だけど)「ぶっかけマヨ目玉焼きトースト」(←リンク)を作ってみる。このネーミング、美味しそうじゃないけど。

 生卵を載せてトースターに入れるのが難しい。マヨネーズの土手を越えてしまいそう。

 パンに焼き目がついたらアルミホイルを被せて玉子に火を通せとレシピにはあるが、そのままで焼き続ける。普通のトーストなら5分のところを8分くらい焼く。

 ん~。これならトーストに目玉焼きを乗せる方がいいんじゃないかと思うけど……。

 この変形で玉子の下にハムを敷くのは以前にやったことがある。これもハムエッグをトーストに載せる方が簡便だし美味い気がするけど。

 

 仕事開始。

 講談社の新作第3章、相方からチェックリストが来たので、それに従って、直す。

 Jeditの書類比較機能はとても便利で、どこにどうチェックが入ったのか一目瞭然。ミスタッチが多いなあ。

 お昼には出来て、同じモノを講談社担当T氏と相方に送る。

 で。

 昨日、iPhoneにセットした「ビューカード」とSuicaだが、きちんと使えるのか、実証実験がしたくなった。

 「マヨ玉トースト」だけで腹も減ったし。

 というわけで、数年前に行って、えらく美味かった松戸の炒飯の店に行くことにする。

 その前に、風呂に入って髭を剃り、先月分の税金関係の書類をすべて揃えて梱包し、コスミック出版から「マイナンバーカードのコピーを送れ」と言ってきたのでコピーをとって、郵便局へ。

 そのあと、お稲荷さんに寄って、北千住駅から松戸へ。

 当然とはいえ……iPhoneのSuicaは、使えたし、画面に「JRで移動中」という表示も出るし、改札を出たら所要料金も出た。これは……カードのSuicaより便利かも。

 iPhone版モバイルSuicaは、普通のモバイルSuicaより機能が制限されているそうだが……在来線グリーン車のグリーン券を買うのがとても便利らしい。今回、その実証はしないけど。

 松戸駅から目的のチャーハン屋までは、松戸市役所のある丘を越えなければいけないのね。 

 数年ぶりなので、チャーハンだけでなく、ラーメンも食べる。ラーメンの小にチャーハンの中。

 しかしラーメンの小は,普通の店の普通盛りと同じ感じ。チャーハンの中は普通の店の大盛りだ。

 う~。オーダーを間違えた……。

 しかし、食う。

 かなり限界に近い量を食ったせいか、イマイチ美味しくなかった……。チャーハンだけを食べれば、数年前の感動を再び味わえたのかもしれない……。

 次回来るときは、どっちも小か、チャーハン単独で食べよう。

 帰路は、暑くて、汗をふきふき、ブルゾンを脱いでTシャツ姿で駅まで。

 無事、目的を達成して、帰宅。

 なんだかグッタリ疲れてしまった。

 仕事をするつもりが、ソファに横になり、録画した「月曜から夜ふかし」を見ていたら、寝てしまった。

 モーレツに眠い。どうして?満腹だし適度な運動をしたから?

 なんとか起きて、「第4章」の準備をしようとしたが……眠い。

 「5時に夢中」も半分以上寝てしまった。岩下さん、相方が佐々木健介じゃあんまり弾けないねえ。だけど、病気療養中でお休みと言うことになっている北斗の名代なので、佐々木健介は使わないといけないんだろうし。岩下さんは岡本夏生の後任という形だし。

 2020東京オリンピックは、本来の「コンパクト大会」というお題目は、経費削減と言うことで、事実上ナシという形になりそうだ。まあ、無理にコンパクトに固執すると、カネがかかって仕方がないもんね。でもそれだとIOCとしては「コンパクトってところを買ったのに、それをあとから変えちゃうのはどうなのよ。前例にされちゃ困るぜオイ」というところだろう。IOCから見れば、骨抜きだもんね。

 っていうか、「コンパクトにすれば経費もかからない」といういい加減な計画を立てた招致委員会が一番の重罪じゃないの?その後の建設資材高騰とかあるにしても……。

 所用で外出中の相方から連絡があって、弁当の手配。今夜はウチで映画を観る。

 

 19時過ぎにまず弁当が到着。ついで相方も到着。

 おれは腹が減っていないので「ねぎとろ丼」にした。

 

 食いながら、wowowで録画した「イタリアは呼んでいる」を見る。 

 この映画は、英国では有名で人気者のコメディアン・俳優のスティーブ・クーガンとロブ・ブライドン本人が、「オブザーバー」紙に旅行エッセイを書く取材、というテイでイタリアに行く。その道中記を、虚実取り混ぜてというか、ドキュメンタリーでもないしドラマでもないし、よくある「ゆるいぶらぶらもの」でもない、微妙な感じで描く。

Atriptoitalymovie

 ↑これは完全に、「マジメに取材しているフリ」で、こんなマジメな場面はまるでない。

 もともとはBBCで人気を呼んだ「The Trip」という番組を再編集して映画にしたモノが人気を博したので、その第2弾はオリジナルで作りました、という感じ。

 本人がそのまま登場するが、この本人は「世間に広まった当人たちのイメージ」に沿って、自分で自分を演じるというメタというかややこしい構造になっているが……たぶん英国の人たちが見れば、もっと単純に面白いんだろう。

 日本で言えば「ローカルバスの旅」「孤独のグルメ」「モヤモヤさまぁ~ず」を合体したような感じ?全部テレ東じゃん!

 こういう形で登場する「本人」がメディア用のキャラなのはみなさん先刻ご承知なことだし。これが「本当の地」だと思うヒトはほとんどいないだろう。

 しかし、だからと言って作品の中で太川陽介や蛭子さんやさまぁ~ずが浮気をしたり文学を語ったり人生を考えたりって事はない。井ノ頭五郎なら多少は考えるが。でもあれは「井ノ頭五郎」という役だし。

 とにかく美味いモノをたらふく食って(ロブ・ブライドンのスパゲティの食い方がヘタクソ!フォークに上手く巻けない。スティーブ・クーガンみたいにフォークを立てればいいのに!……これも「世間一般のロブ・ブライドンのイメージ」の反映なんだろうか?)

 とにかく、食ってるか喋ってるかのどっちか。

Maxresdefault1

 この映画自体が「2」なので、

「だいたい2って小粒になるよな」

「ゴッドファーザー2というのもあるぞ」

「2の成功例としていつも出て来るけどさ」

という会話があって、デニーロやアル・パチーノの物真似、そしてヒュー・グラントやイーストウッドの物真似も飛び出す。ラスト近くではホントに「ゴッドファーザーpart2」の1シーンの再現までやるぞ!

 この二人は揃って出演することが多くてイキもぴったり。

 最初は物凄く戸惑ったけど、この映画の構造が理解出来ると、ハマりましたな。実に面白い!

 英国ではオックスフォードやケンブリッジを出た超高学歴コメディアンはザラで、超インテリが馬鹿な事をやるのが面白い。この二人のそういうセンかと思ったら,そうでもない。しかし二人とも自分で脚本も書く才人だ。バイロンやシェリーを語るのもウソっぽくない。

 日本でこれをやれるとしたら……舞台で組んだ野田秀樹と故中村勘三郎?現役だと……インテリなのをウリにする芸人じゃあシラケるのよね。高田純次と、彼に釣り合う誰かがいれば、成立しそうだけど……まあすでに誰かが日本版の企画を考えてるんじゃないかな?

 それとはまったく別に、ヨーロッパって、実に面白い!

 ちょっと遠出をするだけで、言葉は違うし料理も違う。文化が違う。でも、共通の基盤がある。キリスト教に音楽。今やそんなに敵対関係にはないし。おれなんか、韓国や中国に行くのは虐められそうで抵抗があるけど……。

 英国人や北ヨーロッパの人たちがイタリアに憧れるのは大昔から。その気持ちはとても伝わってくる。だから、ことさらに観光ガイドみたいな場面はなくていい。

 こういう、頭で考えればモーレツに複雑なメタ構造だけど、ただ見れば、中年のオッサンが二人、ふざけまくって面白くて、ちょっとペーソスも感じる佳作になっている。

 たぶん英国人が見れば抱腹絶倒なんだろうなあ。それをおもうとかなり悔しいけど……彼らには「ローカルバスの旅」の蛭子さんのおかしさは100%伝わらないだろうから、オアイコだ(って、なにを競ってるんだ?)。

 それにしても、ヨーロッパを特に計画も立てずにぶらぶらしてみたいなあ。29歳の時にやった60日間バックパッカーの旅は,今はもう出来ない(宿代を浮かすための車中泊はキツい)し、イタリアを車で旅するのは恐ろしい(英国やドイツならドライブしたい)。

 元気なうちに、もう一度ヨーロッパを旅しておきたいなあ。

 相方が買ってきたスフレを食べる。美味い。

 相方帰り、汗をかいたのでシャワーを浴びてゴミ出しをして、0時前に就寝。

 

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2662kcal

本日の消費カロリー:162kcal/4354歩+107kcal(自転車)

« 10月31日/仕事・病院・叱責・書類整理・iPhone7にSuica | トップページ | 11月2日/テニスやって「校閲ガール」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64433384

この記事へのトラックバック一覧です: 11月1日/iPhoneのSuicaの実証実験と「イタリアは呼んでいる」:

« 10月31日/仕事・病院・叱責・書類整理・iPhone7にSuica | トップページ | 11月2日/テニスやって「校閲ガール」 »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト