« 11月24日/午前中、愛機iMacが不調に陥っておおいに焦る | トップページ | 11月26日/快楽亭の毒演会録音 »

2016年11月25日 (金曜日)

11月25日/なんとか「第5章」をあげたっ!

 7時起床。

 晴れ。どこかに行きたくなる好天。

 朝のモロモロを済ませる。iMacは電源入れっぱなしでスリープから復帰させたが、トラブルなし。以前はこういう使い方が推奨されたことがあったなあ。電気製品で一番トラブルのは電源を入れたときだ、と。

 仕事にかかる前に、講談社担当T氏に、今後のスケジュールについて、もう少々時間の猶予を戴けないか、打診。というか、お願い。その代わりに相方から戻ってきている「第3章」までを先に送稿するので、と。今月末から12月アタマにかけては「ジェイノベル」の連載第2回と〆切が完全に重なるので……。

 アサメシは、スクランブル・エッグにハム&マヨネーズ、ダブルソフトと6枚切り食パンのトースト、牛乳。

 仕事開始。

 と、北山先生からピーナッツの詰め合わせを頂戴したので、パターピーナッツから有り難く。

 T氏より返信。快諾して戴けたので、ひとまず安堵。

 講談社新作の「第5章」。昨日、あと少しまで迫ったのだが力尽きていた。今日の午前中になんとか書き終えたいのだが……。

 なかなか集中力が出ず、読売の「発言小町」とかを読んだりしつつ、徐々に……。

 スイッチは突然入る。我ながら不思議で仕方がない。

 一気に書き進む。

 気がついたら、昼飯を食うのを忘れていた。こういう時も、おれだって、あるのだ。メシを忘れて仕事に没頭するときが。

 まあ、バターピーナッツを囓りながら、だったけど。

 16時を過ぎて、「第5章」あげる。かなり書いて予定量をかなり超えたと思ったが、そうでもなかった。本来は今週の半ばにあげておきたかったのだが……いや、もっと本来は、すでに脱稿しているはずだったのだが。

 ざっと読み返して、相方に送る。

 今夜は、相方のお祝いがあるので、食事して……と思ったが、相方の仕事が遅れているので、食事は無理だと。その代わり、遅い時間にカラオケでも、ということで。

 ネットを見ると、今回の横浜での「福島から自主避難してきた子供から大金を奢らせ続けていたガキたちの事件」について、江川紹子さんが書いた文章(←リンク)が、あまりに鋭くて、「その通りだ!」と思った。

『大人の世界でも、福島の人たちに対するさまざまな差別的言動があったことを忘れてはならない。原発事故が発生した後、さまざまな地域で福島から避難した人々を受け入れる支援が行われた一方で、放射能への無知や不安から「福島」を忌避する現象も多々見られた』

『人々の不安や恐怖をあおり、差別や偏見を助長する発言をした科学者もいた。例えば、中部大教授の武田邦彦氏は、テレビ番組で「東北の野菜や牛肉は健康を害しますから、できるだけ捨ててもらいたい」と発言するなど、放射能の危険性をことさらに強調した』

『モノだけではない。福島の人も忌避すべき対象と喧伝する者もいた。群馬大教授の早川由紀夫氏はツイッターで、福島の米農家について「オウム信者と同じ」「貧乏人は福島のコメを食って死ね」などの暴言を連発。さらに、「福島県で育って放射能を浴びた娘は我が家の嫁には迎えないが、これは合理的な理由があるから差別ではない」とも言った』

『かつて、広島・長崎の被爆地の人たちも、結婚差別を受けたり、放射能の影響が遺伝するかのような誤った情報に苦しめられた。現在では、さまざまな研究や調査によって、被ばくの遺伝的影響は出ていないことがわかっているにもかかわらず、同じような差別が起きた。しかも教育者であり科学者でもある大学教授が、このような差別を広げる言説を平然と垂れ流していた。それが、この時期だ』

『学者がこうなのだから、一般の人たちはなおさらで、放射能があたかも細菌のように人から人へうつるように誤解している人は少なくなかった。こうした大人たちにとって、「福島」は放射能という“穢れ”を運ぶものに感じられたのだろう。無自覚な“福島いじめ”がじわじわ広がる社会の空気が、子どもに影響しないわけがない。本件以外にも、避難した先で子どもが「放射能がうつる」などといじめられた例が報告されている』


 早川教授はまったく反省していない(どころかもっと悪化している)ようだし、武田教授は今やバラエティ番組で面白おかしいことを言うヒトに変身してしまったが……。ネット上では今でも福島や東北を危険視する発言を続ける人が多数いる。

 マスコミに登場して無責任な発言をした「識者」以外にも、素人か素人同然のヒトが、生半可な知識で、生半可なことを垂れ流し続けている。

 彼らの指摘が正しかったのか、正しいのか、全くのデマで風評被害を助長させただけだったのか、それは素人のおれには判らない。しかし、避難してきた人たちにはまったく問題が無いのに、差別を助長するような言動をしているヒトタチ(東北の復興に協力しようと東北産の農産物を買うのは馬鹿!」とか書いているヒトタチのことも含む)には激しい怒りを覚える。この件、おれ自身はまったく無関係か、と自分に問うてみるが……東北の農産物は以前からずっと普通に買っているし……。 

 風呂に入ってから、「5時に夢中!」を見る。

 疲れが出て、モーレツに眠い。

 18時になって、さすがに腹が減ったので、外出。「第5章」をあげたお祝いをしたいが、一人だし、あんまり重いものを食べるとお腹を壊しそうだったので、「吉野家」で牛丼の並とお新香セットを食べる。

 帰路、花屋に寄って、ちょっとした花束を買い、帰宅。

 テレビを観つつ相方からの連絡を待つ。

 日テレ「沸騰ワード10」を途中まで見る。日テレはこの手の「取材して素人をいじる」番組(「月曜から夜ふかし」とか「世界の果てまでイッテQ」とか)がもの凄く巧い。あ、テレ東はもっと巧いか。しかし日テレとテレ東では観点が違う。実際は製作会社が作っているとは言え、ステーション・カラーというものは微妙に出るものだねえ。意味なく全力疾走する取材ディレクターとか、アクセントになる演出が巧いのか。

 種子島でロケット打ち上げを見たいねえ。一生で一度は見たい。だけど、予定は変更されるから、行けば見られるものではないし……。

 22時に、仕事が一段落ついた、と相方から連絡が入り、北千住駅前のカラオケへ。

 なぜか物凄く広いパーティ・ルームをあてがわれて、なんだか申し訳ない感じで90分歌う。サザンやユーミンに挑戦し、鈴木常吉の「思ひで」も歌ってみたが、やっぱりこの歌、歌っていると泣いてしまうなあ。

 0時前に解散。

 帰宅して、ウダウダしていると、もう1時。

 慌てて就寝。

 明日はちょっと電車に乗りたいねえ。密かに自分へのご褒美と考えていた、東中野の「大盛軒」に行って「鉄板麺」を食うかなあ。しかし「第3章」まで最終チェックをして、夕方には上野に行って、快楽亭の高座を録音しなければならないし……。

 しかし、なにかささやかなお楽しみを……。

今朝の体重:87.80キロ

本日の摂取カロリー:2463kcal

本日の消費カロリー:30kcal/903歩+78kcal(自転車)

« 11月24日/午前中、愛機iMacが不調に陥っておおいに焦る | トップページ | 11月26日/快楽亭の毒演会録音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64544694

この記事へのトラックバック一覧です: 11月25日/なんとか「第5章」をあげたっ!:

« 11月24日/午前中、愛機iMacが不調に陥っておおいに焦る | トップページ | 11月26日/快楽亭の毒演会録音 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト