« 11月25日/なんとか「第5章」をあげたっ! | トップページ | 11月27日/快楽亭の高座録音の編集とマスタリング、そして「真田丸」 »

2016年11月26日 (土曜日)

11月26日/快楽亭の毒演会録音

 7時30分ごろ起床。

 快晴。しかし数時間後には曇ってきた。

 朝のモロモロを済ませて、朝メシは、マヨ玉ハムトーストに、残ったハムもマヨネーズで。それと牛乳。

 仕事開始。まずは、講談社新作の第3章までを決定稿として送るために、最終確認。相方が残した改稿マークを確認して削除。

 午前中に出来たので、送稿。

 今日は、夜、快楽亭の高座を久々に録音する。それまで時間がある。最終章の準備をするのはもちろんだが、ちょっと気分転換もしたい。

 夜に予定がなければ、ちょっと遠出をして、例えば日光で日帰り温泉に浸かるとか、ただ意味もなく電車に乗るとか、そういうことをしたいのだが、まあ気分的にも時間的にも、そこまでの余裕はないか。

 せめて浅草の「弁慶」か越谷の「青木亭」で、いやいや東中野の「大盛軒」でラーメンでも、とも思うが、夜の高座録音の最中に腹の具合が悪くなると困るのでそれも止め。

 結局は、北千住東口の「汐屋そう壱」でチャーハンとランチサービスの「餃子3つ」を食べる。ここのチャーハンは美味いけど、これで750円はちょっと高いかも。以前の方がもっと美味かった気もするし。

 14時頃に帰宅して、先週分の「きらクラ!」を聞く。こういう感じでゆっくり聞くのは久しぶり。

 バディ・グリーンのハーモニカによる「クラシカル・メドレー」 が見事。

 それと、カラヤンが振った「“おもちゃの交響曲”から 第1楽章」(これは昔はハイドンのものだと言われていたが、正しくは アンゲラー作曲)。カラヤンがこんな曲を、と驚いたが、フィルハーモニア管弦楽団との録音だから、かなり初期のものなのだろう。だけどステレオ録音だった。

 しかし、終わりの辺りは寝てしまった。なんかワーグナーみたいな曲でホルンが高らかに鳴っていた気がしたんだけど。夢を見たのかな?

 そうこうしていると、時間。

 録音機と化しているPowerBookG4。もうこんな古い機種、誰も使ってないんじゃないか?録音にしか使っていないが、元気に動いている。動作確認してから、荷造り。

 大きなキャリーケースにまとめれば楽なのだが、そうなると自転車に積めなかったりするので、重いショルダーバッグと重いリュックを持って、出発。

 京成線で上野へ。

 予定していた電車を惜しいタイミングで逃して、17時5分、京成上野着。

 「上野広小路亭」へ急ぐ。

 楽屋で美女のインタビューを受けていたブラック師匠に挨拶して、上の階の舞台袖へ。開場時間ギリギリにマイクセット完了。

会場用のマイク、本当は上から吊るしたいんだけど、固定する器具がない。ちょっと工夫してみるかなあ。

 本日は、

「三十石」

「看板のピン」

~仲入り~

「梅若礼三郎」

 そして、トリは二つ目昇進して久しい、快楽亭ブラ坊さん。舞台からプロポーズをしてフィアンセに快諾してもらったのに、その後の報告がないので、むりやり報告させようという趣向。

 本日は、仲入り後の「梅若礼三郎」の収録が最大の目的。

 本日は前座がないので録音レベルの調整が困ったなあと思って、ブラ坊さんに「ひとこと」をお願いして、レベル調整。

 そのあと師匠が高座に上がって、まずはいろいろ開口一番的なお喋りを少々。師匠も録音のことを考えてくれているのだ。

 「三十石」は初めて聞くネタだが、これが実に面白い!完全に噺の興味をアサッテの方に持って行って落とすという技アリの一席。これは笑った。

 続いての「看板のピン」は以前も聞いたが、やっぱり面白い。

 しかし、狭い袖(お囃子の場所)で足を折り曲げて小さくなって座っているので、足が痛い。

 仲入りで、トイレに行ったら、おれが最後だったので、「オレマチ」になってしまった。

 「梅若礼三郎」は1時間ほどの長講。三遊亭圓朝のものらしいが、こんないい噺を、今やる人がいないというのはもったいないこと。快楽亭が復活させたわけだが。

 なんだか今夜は遅れてでも打ち上げに参加したかった気分だったが、とにかく腹が立つほど荷物が多くて重い。

 撤収して、上野で何か食って帰ろうと思っていたが、とにかく荷物が邪魔。重い!

 面倒くさくなったので、どこにも寄らずに、帰宅。

 

 荷解きして、PowerBookから録音データを取り出してメインマシンのiMacに移して、無事録れているかどうか確認して、ホッとする。

 腹は減っているのに食欲がない。今から食いに出るのが途方もなく面倒くさい。しかし……このまま寝るのもヒモジイし。

 再び外出。

 そういや今日は天丼を食いたいと思っていたのだと、思い出して、北千住駅前の「てんや」で、野菜天丼と小そばのセットを食う。久々の天ぷらは美味い!

 弁当を待っているオタク風の青年が低い声で歌を歌ってるのが物凄く気になる。どうせなら、もっとハッキリ歌ってくれたらまだいいんだが……呟くように低い声で唸っていると、凄く不気味なの。

 帰宅して、録画した「ローカル路線バスの旅特別編」を見る。羽田さん、無理してこんな番組に出なくてもいいんじゃない?「拘束時間が長い割にギャラが安いので」と新刊の宣伝をしまくる。この根性はいいけどなあ。

 で、太川さんと蛭子さんの名コンビは、年明けの放送分で「引退」らしい。まあ、太川さんはまだ元気だけど、蛭子さんに真夏の炎天下、何十キロも峠道を歩かせるのは酷だもんなあ。虐待に近い。かと言って蛭子さんだけロケバスに乗せるのもねえ。

 田中要次が温泉に執着するのに、モニターで見ている太川さんと蛭子さんがブーイング。新コンビが誕生するなら、この形式で「大御所」の二人があれこれ言うスタイルもいいかも。

 途中まで見て、面倒くさいけど、風呂に入る。

 風呂から上がって、汗が引くまで「生さだ」を見ようかと思ったが、寝る。

 その際に、うっかり、Macの電源を落としてしまった。あ~明日の朝、きちんと起動してくれるだろうか?

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:2427kcal

本日の消費カロリー:114kcal/2995歩+147kcal(自転車)

« 11月25日/なんとか「第5章」をあげたっ! | トップページ | 11月27日/快楽亭の高座録音の編集とマスタリング、そして「真田丸」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64549651

この記事へのトラックバック一覧です: 11月26日/快楽亭の毒演会録音:

« 11月25日/なんとか「第5章」をあげたっ! | トップページ | 11月27日/快楽亭の高座録音の編集とマスタリング、そして「真田丸」 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト