« 12月19日/脱稿! | トップページ | 12月21日/プロット立ててテニス »

2016年12月20日 (火曜日)

12月20日/人間ドックと「マジック・イン・ムーンライト」

 7時起床。

 薄曇り~晴れ。

 朝のモロモロを手早く済ませる。

 本日は人間ドックの日。先週の予約だったがナニが採れなかったので日延べして貰った。昨夜から、食事をしてから水も飲んでいない。

 10時開始だが、早めに病院に行って手続きすると、9時30分に検査が始まった。

 聴覚検査で、左耳の高域の聞く力が衰えていることが判明。音楽を聴く分には支障はないんだけど、最近、騒音の中で人の話を聞き取るのがシンドイ時はあるからなあ。

「検査結果で厳しいことを言われるかもしれませんので覚悟しておいて」

と看護師さんに言われた。

 視力も、一番度の強い眼鏡をかけていったのに、矯正視力が0.5と0.6だった。最近、乱視がキツくなってきた感じがあるからなあ。

 眼底写真を撮り、心電図に腹部エコーに問診。「お腹の傷はなんですか?」と聞かれて、「ああ、これは猫です」と。

 血液検査のための血を抜いて、胸部レントゲン。そしてバリウムを飲む胃のレントゲン。これが一番キツい。かなりアクロバティックな姿勢を何度も強要される。我慢していてもゲップが出てガスが抜けてしまうし。

 レントゲンの待ち時間にiPhoneをチェックしたら、今朝、「この世界の片隅に」の監督、片渕氏に「素晴らしかった!」とメールを出しておいたら、その返事が来ていた。原作者と観客への感謝の言葉があった。いつの間にか、ものすごく男前になっているなあ、片渕!(と、学生気分で呼び捨てさせて貰いました)

 バリウムを早く排出する下剤を飲んで、終了。

 所要時間は90分。前回はこれに頭部MRIもやったけど、人間ドックのオマケの検査よりきちんと脳ドックを受けた方がイイみたいなので、それは来年度にやろう。

 ということで、11時30分頃に支払いも終わって、すべて終了。

 くーたんのご飯を買って、帰宅。

 ちょうどランチタイムで、店はどこも混んでいるだろうから、13時になるまで待機。ネットをしたり。

 お腹の具合が悪いのは下剤のせいだろう。

 で、13時過ぎに再び外出して、越谷の「青木亭」へ。東中野の「大盛軒」も考えたが、お腹の具合を考えて、近場にした。浅草の「弁慶」は絶対に下痢Pになるだろうし。

 ということで、14時前に越谷の「青木亭」。黒塩ラーメン小(これが普通盛り)に半ライスに餃子3つにゆで卵。ちょうど1000円。

 美味い!

 食べてすぐ、帰宅。

 北千住駅コンコースで「ずんだ餅」を売っていたので、「真田丸」の伊達政宗公(第49回の伊達政宗はカッコよかった!)に敬意を表して、買う。

 帰宅して、NHK-FM「きらクラ!」の12月11日放送分を聞きながら、溜りに溜った新聞を一気読み。落合恵子の連載インタビューに感銘を受ける。「売れてきたら生意気になって『運動家』になってしまったレモンちゃん」というイメージが植え付けられていたのを大いに反省。

 

 「5時に夢中!」を見る。近藤サトの知名度が若年層で極度に低下しているらしい。それはまあ、仕方がないんじゃない?

 近藤サトは「バブル期に女子大生だったけど、日芸ですから。江古田だから六本木なんか行ったことなかった」と言っていたけど……。まあ、普通の日芸生は江古田か池袋ですべてを済ませてしまうから(当時の話)ねえ。

 今夜は相方と本当に久々にウチで映画を観るので、弁当を注文。

 

 弁当が届き、そのあとすぐに相方来訪。

 講談社文庫がやっと脱稿したので、こういう時間が取れるようになった。ここ1ヵ月は本当に苦しかった。

 いろいろ打ち合わせをしつつ食事してから、録画してある映画を観る。

 

 ウディ・アレンの「マジック・イン・ムーンライト」。

 アレンの映画って、「アニー・ホール」「マンハッタン」「インテリア」の時代のイメージが強くて、ニューヨーカーのユダヤ系インテリの屈折をシニカルに描く、という刷り込みがあったけど、考えてみればそれはほんの一時で、今の姿が本来のアレンなのかもしれない。

 とは言え、最近はヨーロッパの名所シリーズというか1920年代回顧みたいになっていて、今回も舞台は1928年。第一次世界大戦が完全に終結(講和条約が結ばれて)して4年、大恐慌前夜の優雅で豊かでデカダンなヨーロッパ。

 英国のゼンジー北京みたいなマジシャン、スタンリーは、旧友の同業者から、大富豪に取り入っている霊能者母子を本物かどうか確かめてくれ(ウソを暴いてくれ)との依頼を受ける。

 会って話をしてみると、霊能者というアメリカ人の娘は、どうも本物じゃないかと思えてきて……。

 辛辣な皮肉屋のスタンリーを演じるコリン・ファースが見事。息を吐くように毒舌を垂れ流すスタンリーを好演している。世の中のものすべてに猜疑的な彼が、だんだん霊能者の娘の事を信じていく表情が見事。

 しかし、当然ながら、お話はそんなストレートなものではなくて……。

 たしかにアレンとしては甘々な映画かもしれないが、最近の作品はみんなこの程度に甘々だと思う。相方は「『高慢と偏見』をやりたいんじゃないの?コリン・ファースだし」と。

 とは言え、ここんとこのアレンは、大金持ちの世界が好きだなあ。

 この後、相方が欠かさず観ている「相棒」、見られない回を録画しておいたので、見る。

 「ヒマか?」の角田課長の中学時代の同級生が殺された。同じ写真部で、顧問の教師「あとピン」を慕っていた。なんとかこの事件の真の姿を、殺された男の空白の20年を知りたい、と……。

 ラストで大事な事を右京産が一気に喋って事件の幕を引くのは、なんだかもったいないなあと思ったけど、時間の関係で仕方がないのか。

 相方帰り、ゴミの整理をしていると、キッチンに置いた「幸福の木」に花が咲いた。以前は、木全体に花が咲いて、その甘い匂いと蜜が大変だったのだが、今回の花は一本のつる(というのか?)だけ。

 「幸福の木」という名前は、日本の業者が勝手に付けたものらしいし、花も咲いたので、切り落とさせて貰う。その前に記念に写真を撮る。

Img_2850

 トルコの警官がロシア大使を公の場で射殺。この事件、戦争のキッカケにならないよう祈っている。第一次世界大戦の「サラエボ事件」をどうしても連想してしまうから。しかしまあ、当時は一触即発な世界情勢だったけど、今はそこまで煮詰まっていないが……。

 難民に対して一番手厚い政策を実行しているドイツなのに、テロが頻発するのは……。だから「難民排除」を謳う極右政党が支持されて、難民の立場はいっそう厳しくなるのに……。

 1時20分ごろ就寝。

今朝の体重:87.05キロ

本日の摂取カロリー:2022kcal

本日の消費カロリー:128kcal/3604歩+166kcal(自転車)

« 12月19日/脱稿! | トップページ | 12月21日/プロット立ててテニス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64653421

この記事へのトラックバック一覧です: 12月20日/人間ドックと「マジック・イン・ムーンライト」:

« 12月19日/脱稿! | トップページ | 12月21日/プロット立ててテニス »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト