« 12月25日/ぼんやり&お勉強 | トップページ | 12月27日/前半の章割りを固める »

2016年12月26日 (月曜日)

12月26日/仕事。温泉。シン・ゴジラ

 7時過ぎ起床。

 雨~曇り~晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシ。海苔がなくなっているのを忘れていたので、ごはんに目玉焼きを混ぜる「ナシゴレンもどき」に昨日の味噌汁、漬け物、ヒジキと油揚。

 仕事開始。「新・悪漢刑事」の章割り。

 取材だけでは足りず、参考資料をアマゾンで注文。

 いろいろ考えをまとめるが、メインの事件が固まっていない。

 昼飯はダブルソフトのトーストと牛乳。

 仕事を続ける。

 キリのいいところまでやって、相方に送り、外出の支度。

 講談社の新作が脱稿したら、「シン・ゴジラ」の4回目を見に行こうと決めていた。

 いろいろ調べたら、もう上映館が減ってしまった。新宿とかは夜遅くの上映しかなくて見終わったら電車で帰れそうもない。しかし池袋なら終映が22時30分頃。

 それに引っかけて、板橋にある日帰り温泉に行くことにする。

 都営地下鉄の志村坂上から歩くこと10分の「前野原温泉」。

 ここはイオンの向かい側にあるので、混んでいる。露天風呂も屋内も、お風呂が狭いこともあるけど、混んでるなあ。

 お湯は、いい感じ。

 30分ほど浸かって、お食事処へ。ここはそばが美味いという口コミを読んだので、天ぷらや刺身がついた「そば御膳」にミニかき揚げ丼にしたが、値段をよく見ないで頼んだので、偉く高いモノについてしまった。美味しかったけれど。

 食後、持っていったiPadで章割りを確認するが、新たなアイディアは出ず。

 もう一度風呂に入って温まり、着替える。

 帰りは、バスで東武東上線の常盤台に行く。

 19時に温泉を出て、バス停へ。

 「前野原温泉」の真ん前にバス停があるのに、アップルのMapもGoogleのMapも、何故か1つ離れたバス停を案内する。何故だ?

 

 常盤台から電車に乗ると、中年のアフリカ系男性と日本人が物凄く親しそうに喋っている。昔からの親友のように。なんか、いい光景。

 「シン・ゴジラ」は20時38分から。しかしその1時間前に着いてしまった。メシはもう食ったしなあ。

 北池袋の飲み屋街をぶらぶらする。

 今日はもう帰ろうかと思ったり。なんだか眠くなってきたし。

 しかし、初志貫徹したいし、せっかく映画館の前まで来たんだし……また池袋まで来るのは面倒だなあ。

 映画館のロビーで待つことにして、シネマ・ロサに入ることにする。ここって昔は洋ピンを上映してなかったっけ?

 池袋といえば東口の映画館は文芸坐以外にもよく行ったけど、ここには来たことがない。基本的に飲み屋街って敬遠したいので。だから池袋北口のこの界隈とか新宿の歌舞伎町とかはとても苦手なのだ。ハッキリ言って、怖い。

 

 シネマロサの1階に美味そうな洋食屋があった。ここは要チェック。

 で、チケット(全席指定)を買って2階へ。今は「君の名は。」をやっている。爆発音がしたけど、そういう映画だったのか。この大ヒット映画は、おじさんが見に行くと完全アウェーらしいので、敬遠することに決めた。

 トイレ側のドアからなら入れそうだけど、そういう不正はしない。

 45分なんて、けっこうあっという間に経ってしまう。

 ポップコーンを買って場内へ。

 予告編の「家族はつらいよ2」、これ、映画でやる必然があるんだろうか。と思ったんだが。前作はテレビで観て、以前の山田洋次作品と少し違うなあと思ったし……。

 

 で、お待ちかね、「シン・ゴジラ」。

 映画館で封切りで4回も見るのは初めてかも。映画館で何度も見た映画はいろいろあるけど……。

 やっぱり、血湧き肉躍りますなあ!

 そして、カヨコ・アン・パターソンをどうして石原さとみにキャスティングしたのか、やっぱり謎。ネットでは「往年の東宝怪獣映画では怪しい外国人(ニックなんとかという外国人がいつも出てきた)へのオマージュなのだ」という説があったけど、石原さとみじゃあ純日本人で、ハーフでもなんでもなんでもないんだけどなあ。かと言ってベッキーが出てきてもなあ。

 やっぱりね、これまでの「ゴジラ」映画は、ゴジラが怪獣で、日本で暴れるのが当たり前という造りだったのがダメだった。

 まあ、毎回「あの巨大生物はなんだ?」「ゴジラと命名しよう」というシーンが繰り返されるのもアレだけど……。

 しかし、「若大将」シリーズではそれをやってたんだよなあ。連続ものではなくてハナシの継続性はまったくない。毎回スポーツが違うし、澄子さんの設定も違うし。あれはパラレルワールドを描いていたのだろうか?

 で、やっぱり、圧倒的にゴジラは怖い。そして、無理矢理深海から呼び寄せられてしまって攻撃されて血を吐くゴジラは、可哀想。この場面に流れる鷺巢さんの音楽が素晴らしいから、尚更、見ればみるほど、複雑な心境になるなあ。攻撃されたゴジラが背中からも光線を発して「敵」を壊滅させてしまうのは、追い詰められて必死になった猫が「敵」を引っ掻き噛みついて凶暴になるのと同じだもんなあ。

 里見内閣総理大臣が好きになってきたし(これは儲け役だし)、津田寛治をはじめとする「例のメンバー」たちが個性豊かで毎回楽しいし。

 伊福部さんの音楽が鳴ると無条件で涙ぐんでしまうし……いやもう、自分でも、こんなにハマるとは思わなかった。ハマりにハマって、もう中毒だ。

 しかし……さすがに4度目だと、多少は憑き物も落ちてきた感じはある。あとは3月発売のディスクを見て、凹んだ時にはヤシオリ作戦の場面を見て元気になろう。

 終映後、小腹が空いたので、近くの「桂花ラーメン」でターローメンを食べる。桂花といえばターローメン!このターローメンで「豚の角煮」という美味しいものがこの世にあるのだと知った。だけど……ちょっと味が変わった?2年ぶりに食べたせいか、おれの記憶が変質してしまったのかもしれないけど。

 久々のターローメンを食べて、お腹の具合が心配だったが、無事帰宅。

 くーたんにご飯を出して、0時40分、就寝。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:3101kcal

本日の消費カロリー:260kcal/7348歩+28kcal(自転車) 

« 12月25日/ぼんやり&お勉強 | トップページ | 12月27日/前半の章割りを固める »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64681874

この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日/仕事。温泉。シン・ゴジラ:

« 12月25日/ぼんやり&お勉強 | トップページ | 12月27日/前半の章割りを固める »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト