« 2016年4月10日 - 2016年4月16日 | トップページ | 2016年4月24日 - 2016年4月30日 »

2016年4月17日 - 2016年4月23日

2016年4月23日 (土曜日)

4月23日/一本あげたご褒美は、越谷青木亭のラーメン!

 7時過ぎに目が覚めて、しばらくベッドの中でゴロゴロ。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳とコーヒーのアサメシ。

 朝日の「土曜be」に岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」に関する記事が載っていて、YouTubeでこの曲を聴いた。この曲の最高音は岩崎宏美の音域ギリギリだったので、録音以外では半音下げて歌ったりファルセットで歌っているらしいが、そうすると楽曲的な価値が下がるという「論議」があると知ったし、この曲は映画「ファイナル・カウントダウン」のエンディング曲の盗作だったとバレたり、と言うことも知ったり、「火曜サスペンス劇場」のエンディングとして一番だけ作ったら大反響が巻き起こったので、急遽二番も作ってきちんとレコーディングしたとか。番組のエンディングに流れるだけだからいいやと思って盗作しちゃったら、物凄く大ヒットしてしてしまってアメリカにも評判が届いて、現作曲者のジョン・スコットが自ら日本に乗り込んで盗作を告発したんだろうなあ。

 この曲、メロディもいいけど、歌詞がまたいい。だけど、聞いてると恥ずかしい。ここまで「男ってみんなマザコンでダメなんだよね~許してね~」と開き直っている曲はない。というか「男って弱いんだよな~だから、慰めてぇな〜ええやろ〜?」とお水やフーゾクの女性に甘えて迫っているダメ男が見えるようで、その意味では聞いていて恥ずかしい。

 逆に、この歌の視点は「聖母」なんだから、その視点的人物の気持ちというのは、どう考えても、半村良が描いていた水商売の女たちの矜持というか、そんな感じだもんなあ。夜のナイチンゲール、みたいな。

 文字通り、戦場のような場所で働いている男たちも多いと思うけど、そういう場所には女もいて、彼女たちも男と同じように戦ってるんだからね。男だけ女に甘える言い訳にはならない。

 岩崎宏美のもの凄く巧い歌唱に乗せられて感動してしまうけど……やっぱりこの歌は恥ずかしいぜ。

 仕事開始。今日こそ「悪徳探偵」シーズン2の最終話を書き上げるぞ!

 残るは、ラストのドタバタと、最後のオチ。

 かなり書き足して、各話72枚程度のところを86枚書いた。雑誌掲載だとこのオーバーはアウトだが、最終話は文庫書き下ろしで枚数の制限はないので……。

 昼過ぎに相方に送る。

 テレビをつけると、「真田丸」の再放送をやっていたので、見る。「第15回」は面白かったからな~。

 と思ってみていると、これは「第14回」。信繁が大坂に行く回。それでも面白いので、見る。案外、三成が嫌な奴に描かれてないじゃん。そもそも信繁はまだ「何者でもない」段階で上杉の人質なんだから、三成だってそんなに丁重に扱う必要もないだろ。

 続いて「第15回」の再放送だったが、腹が減った。録画しておく。

 原稿を上げたご褒美に、青木亭のラーメンを食いたい。本当は大盛軒の「鉄板麺」を食いたいが、東中野は遠いので、光文社の長編を脱稿したときのご褒美に取っておこう。

 ということで、越谷の青木亭へ。

 東武線が10分遅れ。10分だと運行情報では「正常」とされるのね。まあ、10分遅れ程度でガタガタ言うな、とは思うけど……遅れの理由が構内アナウンスでも車内アナウンスでもよく聞こえない。わざとよく聞こえないようにアナウンスしてるとしか思えない。特急の遅れが原因にされることが多いが、どうして特急が遅れるんだろう?ドジな客の乗降に時間がかかるから?

 14時40分、越谷着。青木亭へ。

 前回来たのはまだ寒い頃で、日曜の夜だった。あの時の青木亭のラーメンは美味しくなかったが……体調のせいだと思う。それを確かめるためでもある。言わばリベンジ。

 ネギをたくさん食いたかったので、今回は「ネギラーメンの中」にハーフ餃子。

Negi

 出てきたラーメンを頬張ると……。

 う、美味い!美味しいじゃないか!これぞ青木亭だ!

 前回は体調が悪かったんだろう。もしくは下手な店員に当たってしまったか。いやたぶん、おれの体調のせいだ。

 美味いラーメンを食うと、本当に幸せな気分になる。800円で幸福になれるんだから、安上がりな男だ。

 今夜はしゃぶしゃぶを作ろうと、帰路、スーパーで白菜やネギや牛肉を買うが……。

 15時頃にラーメンを食ってしまうと、夜になってもさほど腹が減らない。だったらもったいないので日曜の夜に順延しよう。

 ネットで東国原とホリエモンがツイッターでバトルをしているらしい(←リンク)。

 「橋下&羽鳥」でハシモトがバラエティへの情熱が低いと東国原が噛みついたが、ホリエモンは「大阪都構想を成就させるには高齢者へのアピールが必要だった。それには本を出版しておくべきだった」と言ったのに対して東国原は「『本の出版』て(笑)。仮に、自費出版で1000円の本を110万冊、約1億円掛けて出版するなら、あの短期間の中では、その費用をメディア媒体に使った方が明らかに効果は大きい」と噛みついて、お互いに「テメー」と言い合うくだらないバトルに発展していると。

 この件は、東国原の完全な負け。だいたいハシモトの本なら出したい出版社は多い。なので自費出版する必要はなったくない。
 またこの計算がバカ。定価1000円の本を作るのに、一億かかるって?1000円の本を一冊作るのに1000円かかるって思ってるの?本の原価を知らないの?東国原って、ここまでバカなの?
 それにそれに、ハシモトはゴーストに喋りまくれば、後はゴーストと編集者が整理してまとめてくれる。しかも超特急で。ハシモトはそのゲラをチェックすればいいだけだ。

 東国原はたけし軍団出身だから、テレビのバラエティの味方と自任してるんだろうけど、この「議論」はあまりに恥劣。つーか、これ、お互い、ヤラセというか出来レースなんじゃないの?オッサン同士がじゃれ合ってる感じで気持ちが悪いこと夥しい。

 ホリエモンはテレビをバカにしてるところがあるけど、あの人は自分以外の事を全てバカにしてるんだから、テレビ人間の東国原がカッカしても勝負にならない。ホリエモンはたしかに頭脳明晰だから、言ってることが悪か正義かはまったく別にして、こういうバトルでは絶対に負けないから……。しかし、くだらないねえ。

 帰宅して、光文社の「第4章」に戻るが、読み返して記憶を回復させて数日のブランクを取り戻してモチベーションを戻すのが精一杯。

 録音してあったNHK-FM「きらクラ!」の先週分を聞く。「アメリカ縦断ウルトラクイズ!」で流れた曲の全曲を聴いて……あたしゃ、全身の血が逆流したぞ!

 グローフェの「組曲“ミシシッピ”から 第2曲“ハックルベリ・フィン” 」と「第4曲“マルディ・グラ”」だったんだねえ!

 番組で使われた演奏(もっと俗っぽい)とは違うけど、聞いてて、思わず落涙。

 懐かしいのと、あの頃はよかったなあと言う単純な回顧の気持ちで……。

 この番組は好きだった。こんなバカバカしいほど巨大なクイズ番組を数年間やったのは日テレだけ。巨費を掛けて、こんなことをやってしまう日テレが好きだ。この精神は、井原さんがテレビ・バラエティを切り開いた創世記から変わることなく日テレに脈々と流れ、受け継がれている。

 今のテレビ芸人はフジテレビ全盛期に郷愁を覚えているらしいが、日本のテレビ・バラエティは、日テレよ。日テレが始めて作り、切り開き、可能性を広げてきたのよ。

 その集大成みたいなバカバカしい極みの超大作が、「アメリカ縦断ウルトラクイズ!」。この精神、本当に好きだなあ。もちろん今でも好きだ。

 バカバカしい事に巨額のカネをかけて、一流のスタッフが本気で、マジに作り、ネットワークの看板として大々的に放送する。

 これ以上崇高なことはないんじゃないか?

 だけど……これを知らないヒトも多いんだなあ。遠藤真理さんの反応の冷たいこと冷たいこと。世代が違うし音楽家だと、興味の方向も違うし、仕方がないよねえ……。

 BSで「カシオペア乗車記」みたいなのをやっていたので、見る。鳴呼、カシオペアには乗りたかったなあ。だけどチケットが高かったからなあ。どうせなら一番いい部屋で、とか思ってしまったし。

 これに乗るなら、部屋でお弁当を食べるんじゃなくて、食堂車でコースを食べるべきだろう。

 まあ、ツアー列車として復活はするけど……通常運行の時よりチケットは高くなっているようで……それは当然だろうなあ。ツアーなんだからそれを企画する旅行社の判断で値段が決まるんだからなあ。赤字じゃやらないし。

 しかし、函館から札幌まで、山廻りも海廻りも、どっちも大幹線だから当然、電化されてると思ったら、一部電化だったのね。

 この路線は、石炭全盛時代は、山手線を上回る超黒字路線だったこともあるのか……。

 19時のニュースを見て……少々腹が減ってきた。

 しゃぶしゃぶはもちろん、冷凍ハンバーグもなあ……。

 ということで、千住大橋近くの「吉野家」で、鰻重を食うことにして、再度外出。

 京成の千住大橋駅前にあったラーメン「波(シー)」が店が閉まってるという聞いて、少し前に行ってみたら閉まっていた。ただその時は臨時休業みたいな感じではあったのだが……。

 再度行ってみたら……「暫くの間お休みさせて戴きます」という貼り紙が。店を一人で切り盛りしていたおばさんが体調でも崩したのかな?

Img_2586

 吉野家に行くと、酒を飲みながら盛大に愚痴っている二人組に遭遇。なにやらケチ臭いヤツがいて、その人物を貶している。

 その人物側の反論を聞きたくなってくるけど、どうせろくでもない話なんだよねえ。メシを奢った奢らない感謝の念があるないといったような。

 吉野家のうなぎは、これはこれで美味い。安いし。ゼイタクを言い出したらウナギなんか食えない。

 帰宅して……BSで「あさが来たスピンオフ」のドラマを見る。おれが見たかったのは、大番頭・雁助と中番頭・亀助の漫才みたいな掛け合い。

 顔は凄く強面な山内圭哉がとにかく絶妙で、吉本新喜劇にいれば間違いなくトップスターになる絶妙な間と語り口で、とにかく山内圭哉の大阪弁を聞いていると、本当に楽しくなる。ただ普通に喋っているだけでオモロイというのは、東京の伊集院光級の凄いことであって、とにかくこの人の大阪弁でのお喋りを聞いていたい。(↓この写真はネットで拾いました。問題があれば即刻削除いたします)

Untitled

 山内圭哉のしゃべくりのCDがあれば買うし、この人の大阪弁でのラジオがあれば関西ローカルでも、ラジコに金を払ってでも、聞くぞ。

 ドラマのハナシ自体は、「あさが来た」の同窓会みたいなもので、たいしたものではないけれど……これ、いつ収録したんだろう?「あさが来た」が終わってからしばらくしての収録だったら、みんな気持ちを入れ直すのが結構大変だったんじゃないのか?いや、セットが残ってるウチに録ってしまったんだろうなあ。これだけのセットをまた建てるのは大変だし。

 TBS「新情報7デイズ」で、たけしが「ラジオ・デイズ」的な爆笑エピソードを紹介していたけど、滑舌が物凄く悪いので、言ってることの半分くらいが聞き取れない。本人は気づいてないのかな?笑いが取れないと気づいていないのかな?トシを取ってくると滑舌が悪くなるのは仕方がないと思うけど、なんとかしないと、放送に耐えられなくなるぞ。

 「新チューボーですよ!」は好物の天津飯。しかし、見ていて寝てしまった。自分で作る気にはならないし。

 NHK「今夜も生でさだまさし」は、佐賀県有田町から。

 どうしても地震の話ばかりになるが、さだは、なんとか明るい話をして気分をほぐそうと奮闘している。

 テレビの「自粛」の件は、これもホリエモンが正しい。配慮するのは当然だけど、自粛する必要があるのか?と思う。「配慮」のセンスは問われるし、スタッフや出演者の技量も問われるから、自粛しちゃった方がラクではあると思う。フジテレビなんか、今は完全にセンスが狂ってるので、配慮の意味を取り違えるというか理解出来なくて、バカなことをやって集中砲火を浴びそうだし。

 その意味で、さだのセンスは抜群というか、これ以上のものはなかった。言うべきことは言い、開き直るところは開き直り、出来る事をやる。

 「神対応」という言葉は薄っぺらで大嫌いだが、このさだまさしは、とても神々しかった。

 ずっと見ていたかったが、1時就寝。

 くーたんが寄り添ってきたので、しばらく一緒に寝る。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:1976kcal

本日の消費カロリー:81kcal/2144歩+82kcal(自転車)

2016年4月22日 (金曜日)

4月22日/あと少しで脱稿なのにwowowで「市民ケーン」を見て「民王スピンオフ」も見て……

 7時30分過ぎ起床。

 5時間睡眠だが、目が覚めてしまった。

 洗っておいた洗濯物を干し、朝のモロモロを済ませる。

 アサメシはダブルソフトのトーストにイングリッシュマフィン、ゆで卵、カフェオレ。

 仕事開始。今日中には「悪徳探偵」最終話を脱稿しよう!

 途中、書くのを飛ばしていた部分を含めて、頭から読み直して手を入れつつ進んでいき、飛ばしていた部分を埋めるように書き足す。

 

 昼は、スパゲティ・ボロネーゼ。ミートソースとどう違うのかよく判らない。

 仕事を続ける。

 なんとか濡れ場を書き終わり、他の部分も書いて、後大きなところは最後のオチ、まで来たところで、バッテリーがあがった。

 疲労困憊。

 どうしてこんなに体力が無くなってしまったんだろう、と自分でも不思議なほど。

 大事なラストだから、きちんと書きたいのに……。

 神戸で高速道路の高架橋を架ける工事で、高架が落下。施工していた横河ブリッジは、以前にも同じ事故を起こしている。

 「5時に夢中!」を見る。おすぎとピーコがゲストで、中尾ミエと一緒になってコワイものなし状態で言いまくり。後半の「最高のイケメンは誰だ」のコーナーはグダグダになって、よく判らないまま市川海老蔵が選ばれてしまった。歌舞伎の舞台に立つ海老蔵は、もちろん美しい。それに異論はまったくない。こんなに美しいヒトなら殺人以外の何をやっても許す!とノンケのおれでも思ったもん。

 

 夜は相方とメシ。

 念願の「餃子太郎」でアラカルトをいろいろ取る。豆苗炒め、トリとカシューナッツ炒め、トマト玉子炒めに玉子スープにご飯。もう一品欲しかった。もしくはご飯をチャーハンにするとか。

 食べながら相方の下書きについて、疑問点の確認。この部分は再度加筆しよう。

 帰宅すると、wowowで「市民ケーン」をやっていた。録画しているが、ついつい見てしまった。
00724
00623
00823

 画質が悪いのにガックリ。以前の記憶では、グレッグ・トーランドの手になる黒光りする白黒撮影の極致だったはずだが……。

 しかし、思えばこの映画は、まずテレビで観て、高校の文化祭で16ミリを借りて自分で映写機を回して上映して、その後も新宿のミニシアターで16ミリ版を見ただけで、きちんとした映画館で35ミリのプリントを見た事がないのだ。wowow放送版の画質が悪いのなら、ブルーレイのディスクを買おうか、と思ってアマゾンの口コミを見ると……画質は悪いらしい。「オリジナルネガがない」からだと。まあそれは、この時代の映画なら、この作品に限ったことではない。当時のフィルムは可燃性で非常に危険なので、不燃性のフィルムが出来たときにマスターポジを作成してオリジナルネガは廃棄したのだ。なんせ、可燃性のフィルムはすぐ燃えて、燃えると爆発的に燃えるので危険だし、化学的に不安定なので劣化も早い。「七人の侍」のオリジナルネガが存在しないと東宝を責めるようなことを言うヒトがいるが、コレは大いなる勘違い。

 しかしそれでも……「市民ケーン」の画質は悪い。同じ時代の他のアメリカ映画は水も滴る高画質で保存されているものもあるのに……。

 デジタル修復はされていないのだろうか?まさか、されててこの程度なんじゃないだろうね?

(*調べてみるとデジタル修復版は出ていて、その画質は「水も滴る素晴らしいもの」らしい。さっそく注文した)

 画質は画質として、久々に見ると、やっぱりこの映画はスゴイね!オーソン・ウェルズの老けメイクは下手くそでフランケンシュタインの怪物みたいに見えるし、老け芝居だって巧いとは思えないが……やっぱり時間を行き来して視点を変えて描写する、その現代でも大胆に見える構成と編集(ロバート・ワイズ)!

 下手くそなオペラ歌手の妻のためにオペラハウスを建てて悪評渦巻く中、主演を強要するシークェンスはやっぱりスゴイ。下手くそな歌声が哀れで哀れで……(なんのアリアだったんだろう?)。

 人の愛し方が判らないチャールズ・フォスター・ケーンの悲劇。絶望的な孤独。これを描き込んだ、極めて心情的な作品なのに、映画として巨大。映画史上ベストワンを独走するのも判る。だったら、もっといい画質で見たい!

 そのあとに放送された「ディス・イズ・オーソン・ウェルズ」というフランス製のドキュメンタリーも極めて面白いのだが、仕事もしなければならないので、泣く泣く中断。録画していなかったのを悔やむ。次の放送は5月か。それは録画して保存しよう。

 オーソン・ウェルズも、この「市民ケーン」が大ヒットしていたらハリウッドで独自の地位を築いて、キューブリックみたいな存在になれたと思う。しかし現実は満足な条件で映画を製作することがママならず(それはケーンみたいな彼の性格が災いしていると思うが……天才というものはそういうものだろう。そんな彼をコントロール出来る存在がいれば……)「怪優」として生きざるを得なかった……。

 で、脱稿するのは諦めたが、6/8まではもう書き終わっている。食事の時に打ち合わせた内容を書き足して、相方に送る。

 連載時の枚数は73枚がギリだったが、最終回は文庫書き下ろしだから、多少膨らんでも大丈夫だろう。80枚くらいになるはずだ。

 風呂に入って、「民王スピンオフ~恋する総裁選」を見る。

 おお、面白い!裏切りに次ぐ裏切り。「アタマの切れる秘書で将来政治家になるつもり」の野心家に扮する相武紗季が、いい!この人はキレイ可愛いの「いいコちゃん」から脱皮して悪女もやるようになってから、物凄く良くなったと思う。芝居も巧くなったし、奥の深いキャラクターを作れるようになったというか(いいコちゃん役って、だいたいが薄っぺらい)……そして美しさにも磨きがかかったように思える。相武紗季、いいぞ!

Cgon614u8aitpgt

 もちろん主役の高橋一生もクールでとてもいい。

 このスピンオフ、話が詰まっていて、極めていい出来だと思う。

 そう言えば、昨夜の弁護士ドラマ「グッドパートナー」も、竹野内豊のコミカルな芝居が絶妙で、「カッコつけてるだけのダメ男」かと思ったら土壇場で勝利を勝ち取る展開が巧い。脚本の福田靖、冴えてるなあ!

 

 「タモリ倶楽部」は録画して、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2185kcal

本日の消費カロリー:4kcal/213歩+56kcal(自転車)

2016年4月21日 (木曜日)

4月21日/仕事に専念してんねん

 7時20分ごろ起床。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 雨が降ってくる前にゲラを発送してしまいたい。

 相方から差し替えの原稿データが来るのを待つ間に、アサメシ。イングリッシュマフィンにゆで卵、カフェオレ。

 待つ間に「悪徳探偵」最終回をやろうとするが、なかなかスイッチが入らない。やることは決まっているのに、もっとアイディアやギャグを盛り込みたいと思うのに、思い付かない。

 そうこうしていると、相方からデータが届いたのでプリントアウト。しかしゲラの書式に合わせてのプリントアウトがなかなか出来なくて、イライラ。書くのに愛用しているエディタはエディタで、軽快に作動する分、プリントアウトの機能は弱い。Mac標準のワープロ「Pages」は縦書き印字が出来ないし字数行数の指定も出来ない。以前愛用していたLightWayもきちんと動かなくなってきたし……Jeditは画面上ではいろいろ指定が出来たのに、それがプリントアウトではまるで反映されない。

 ということで、試行錯誤した結果、現在愛用している「Hagoromo」を駆使して、なんとか実現。プリントアウトしてゲラに貼る。

 外出して、クロネコヤマトの営業所でゲラを発送し、昨日から食いたかった焼き魚を食うために、北千住東口の「定食かあちゃん」へ。

 東京電機大の学生だろう、女子大生二人が食事をしながら話しているが、その声が凄くデカい。どうしてそんなに大きな声で話すの?ヘッドフォンで音楽を聴きすぎて難聴になってるんじゃないの?と言いたくなるほど、聞きたくない話の内容が全部聞こえてしまって、困惑。しかしおれを挟んで反対側にいた男子学生は耳をデカくして彼女たちの話を聞いていたなあ。わしゃオッサンだからもう、若いコの話には……いやいや、小説家としてこれではいかんな。何事に対しても興味を失ってはイカン。

 食後、マルイに寄って、テニス用の短パンを買う。今使っているのはもう5年以上使っていて、股の辺りが擦り切れて穴も開いている。そもそもこれは格安ショップで買った安物だし。

 マルイのスポーツウェア売り場で、プーマの短パンを買い、近所の店でトイレットペーパーを買って、帰宅。

 雨が降ってきた。天気予報より早く降り始めたぞ。今日は洗濯をしないで良かった。

 芸能人のブログやツイートに「熊本のことを考えろ!不謹慎だ!」という批判が来たり、大阪から来たテレビの取材班がコンビニで普通に売っている弁当を買ったら「被災者の食糧を横取りするのか」と非難されたり、避難所指定されていないが避難者を受け入れていた熊本県民大学が授業再開に向けて避難所を閉鎖しようとしたら「避難民を追い出すのか!」と非難を浴びたり……。

 この風潮はおかしい。というか、こういう批判・非難をしているのは熊本県外の人たちだろう。多くは現地のことを心配するがゆえの「(狭量な)正義感」の発露でこういう批判を書き込むのだろうが、これって現地の人の感覚とは大きくズレているらしい。らしい、と書くのは、おれは現地の人間ではないし、後から現地の人がこういう批判・非難に対して「そんなことないよ」と反論しているのを読むからだが。

 県民大学の職員や学生は、自分も被災しているのにボランティアとして避難者のケアをして走り回っていたらしい。そこではいろんな事があって、それを読むと、考え込んでしまった。


 いずれ東京にも大地震が来て、生きていれば自分も避難者として避難所の世話になるだろう。

 しかし避難者はお客様ではないし、避難所の方は旅館の従業員ではない。自分のできることはやって、共同生活をなんとか快適にするために力を合わせなければならないはずだ。掃除もするしトイレの詰まりもなんとかする。ワガママは言わない。ボランティアの人や係の人には出来る限り協力したい。もちろん、改善の提案はするにしても、相手を非難する権利はない。もちろん係の人に罵声を浴びせるなんて論外だ。

 自分が避難者になった時には、是非、実践したい。

 ……と、考えると、避難所に行くのは気が重くなる。何も起きていないのに、今から先のことを考えて気が重くなるのも実にアレだけど。

 それに、空き巣が横行したり、女性を車に誘い込んで暴行しようとしたり、ということも起きているようだ。

 日本は、「日本を褒めちぎりたい人たち」が賞賛するほど高潔な人ばかりが住んでいるわけではない。

 睡魔にも襲われて、Macの前で何度もオチる。

 17時になって「5時に夢中!」を見る。安定の月曜と木曜。特に木曜の岩井志麻子と中瀬ゆかりは鉄壁だ。

 快楽亭から電話。何事かと思ったら、29日に「大木もんじゃ」でのお食事会のお誘い。しかし29日には先約がある……。

 残念!久しぶりに美味しい美味しい大木もんじゃの「カツオのタタキ」に「ステーキ」が食えたのに……。

 18時になって……このまま仕事が進まないと本当にヤバいぞと思い始めたら……やっとスイッチが入った。

 スイッチが入ったと判るのは、食欲が失せるから。食い気が消えて仕事のことしか頭になくなる。

 夢中で仕事をして、気がつくと21時。さすがに腹が減ってきた。しかし今から何かを作るのは、冷凍ハンバーグでさえ面倒だし、重い。

 で、カップヌードルと卵かけご飯にしらす干しをぱらりとかけて、キュウリの漬け物やふき味噌で、食う。

 

 こんなものでも食べたら眠くなるかと言えば、眠くならない。

 仕事を続ける。

 小腹が空いたので、センベイを各種食べる。

 0時を過ぎて、ほぼ、出来た。劇的巻き返し!いやこれが、もっと早い段階から始めていれば、スケジュールはラクになって仕事量も増えるのに……。

 オチの部分や濡れ場は後回しにしたので、これは明日やって、全体の直しも明日。今日の午後まで残りの分量を考えると絶望的になりかけていたのが嘘のようだ。

 ここんとこ便秘気味だったくーたんも快調にナニをアレしたし。

 くーたんには、ゆっくりと話しかけると、かなり言葉が通じる。「愛してるよ」と言うと目を細めるし。

 風呂に入り、ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、ゴミ出しをして、寝ようと思うが、明日のwowowで「カプリコン・ワン」と「市民ケーン」があるので、内臓HDDの容量を確保するために、「サラメシ」を見る。

 いや~この番組はいいなあ。人間、自分の仕事をシッカリやって、美味しいランチを食べて、地道に暮らすのが一番。

 見た分を消して、2時30分、就寝。

今朝の体重:87.90キロ

本日の摂取カロリー:2108kcal

本日の消費カロリー:53kcal/1486歩+60kcal(自転車)

2016年4月20日 (水曜日)

4月20日/テニスは絶不調

 目が覚めたら8時20分!

 久々の爆睡。おかげで体調はいい。

 気持ちのいい晴れなので、急遽洗濯して干す。思ったより洗濯物は多くて、やっぱり週1回の洗濯じゃダメだと改めて確認。

 その他の朝のモロモロも済ます。

 マスゾエ東京都知事って、VIPコンプレックスがあるのだろうか?「都知事は大臣クラスのポスト」らしいので、それ相応の待遇が必須とばかりに大名旅行をしている。あのイシハラもゼイタクだと批判されたがその上を行っているのはどう考えても問題だろう。飛行機はファーストクラスでホテルは超高級クラスのスイートで随行員も20人前後。批判を受けて減らしても3人。本当なら特別機でも飛ばして相手国の迎賓館に泊まりたいんじゃないの?
 検証委員会を立ち上げるとか言ってるけど、そんな無駄なことをしないで、ロンドン市長を見習って、東京都が決めた規定(パリなどの大都市では一泊40200円)通りの事をすればイイだけのこと。

 マスゾエは、突然の訪問客に対応する必要があることを理由に「きちんとしたところに泊まっているかどうかは非常に大事。何もかも削減すればいいということではない」とか言ってるが、これまでホテルまで訪ねてきた客はいなかったそうじゃないの。まあ、今後はあるかもしれないとは言え、都知事ほどの要人なら、しかるべき場所を確保して会うべきじゃないの?プライベートな宿泊してる部屋で「緊急会談」するって、あんたは密命を帯びた特使か秘密諜報員かなんかか?

 この人には、若い頃に外国で冷遇されたコンプレックスがあったりするんじゃないの?マスゾエ外遊の実態は、この記事が詳しい(←リンク)。

 マスゾエは東京にもブロードウェイのような劇場街を作らないとニューヨークには勝てないとか言ってるが……なにこのハコモノ行政の典型みたいな発想は!

 すでに日比谷やシモキタには劇場街があるし、東銀座まで広げればほぼカバー出来るんじゃないの?

 そして、箱より中身の方が断然、必須だろ!ブロードウェイでヒットしたミュージカルを日本語で上演しても、外国人観光客は、どうせなら「本場」で見るよ。日本発の演劇を作り出すには、立派なハコより安く使える練習場を用意したり小さな演劇グループの活動を助成する方が有効だろ?歌舞伎や文楽などの日本固有の芸能を助成したらどうだ?

 どっちにしても、次の選挙に出るのならマスゾエには投票しない事に決めた。

 熊本の現状は、食糧があり余るほど豊富なところと、全然足りていないところの差が大きいようだ。行政は小回りがきかないから、ギャップを埋める機関(NPOとか?)が、物資の融通を計って調整して欲しい……。

 ネットを見れば、かなりの情報が流れているけれど、スマホもパソコンも使えない人たちがいるのもたしかで、情報格差がいっそう待遇の差を大きくしているようで……。時間が経てば埋まっていくのだと思うけど、待ってられないし。

 自衛手段をいろいろ考えておかないと……。

 アサメシは、昨日の「おにぎり弁当」の残りを。冷蔵庫に入れてあったので、おにぎりがカチカチ。

 仕事を続ける。「悪徳探偵シーズン2」の最終話。

 

 昼は、レトルトカレー。思った以上に腹に溜まる。あれ?以前はさほど満腹感には至らなかったのになあ。おれの体調の問題か?

 仕事を続ける。

 テニスを休んで仕事をしようかと思ったが、どう頑張っても今日中には終わりそうもないし、身体を動かしたいので、行くことにする。

 支度をして、外出。

 で……。テニスは駄目。絶不調。レッスンはまあまあだったが、試合になると、ボレーがまるでダメ。決め球が全てアサッテの方に飛んで行ってしまった。自分でも嫌になる。

 連休中、テニススクールはお休みだが代わりにいろいろなイベントがある。レッスン以外で4人単位でコーチを頼む「プライベート・レッスン」というのに誘われたので、4人目を探すのにいろいろ調整。

 風呂に入って、晩メシをどうするか考える。急にサバの塩焼き定食かサンマの塩焼き定食を食べたくなったが、曳舟だと……入ったことのない居酒屋じゃないとダメ。入ったことのない居酒屋って、敷居が高いのよね。

 次に食べたいのが、何故かオムライス。じゃあオムライスにしようと、イトーヨーカドーを通過しようとしたら、「丸亀製麺所」で「季節限定あさりうどん」の看板を見つけた。これ、Facebookである人が「美味い!是非食べて!」と書いていたのだ。

Title_h2

 この写真の通り、あさりは山盛り!そして、美味い。

 これは絶品!

 丸亀製麺所のうどんは、お汁が妙に甘くて好きではないのだが、このあさりうどんは、本当に美味しい!

 これに、ちくわの磯辺揚げとシャケのおにぎりを食べる。

 食べ終わったちょうどその時、相方から電話。ゲラを渡したいと。

 それじゃあということで、駅に向かい、東武線に乗って、駅で待ち合わせ、近くのマクドナルドに入って、ゲラを受けとり、差し替え部分について打ち合わせる。

 フライドポテトを摘まみ、コーヒーを飲みながら、「悪徳探偵2」の装丁案がメールで送られてきたので、それを検討したり、他の件も打ち合わせて、解散。

 帰宅して、くーたんにご飯を出す。

 ニュースを見ると、また三菱自動車が不祥事。この会社は全然態度を改めないのね。今回の不正は、供給先の日産自動車が性能テストをしてごまかしというか燃費のデータの改竄が発覚したって。日産も騙したんだから、これは罪が大きいぞ。

 日本の報道の自由は世界72位に後退した件を、国辱(日本の報道の自由が失われている現状を恥じて「国辱」という表現を使ったのではなくて)みたいに報じたり、輸送ヘリがあるのにわざわざオスプレイを投入したことを積極的に支持する報道があったり、右側の報道は水を得たように元気だなあ。

 0時20分、就寝。

今朝の体重:88.60キロ

本日の摂取カロリー:1830kcal

本日の消費カロリー:172kcal/4531歩+29kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2016年4月19日 (火曜日)

4月19日/仕事のみ&禁断の「重版出来」第2話を見てしまった

 8時前起床。

 風邪薬のおかげか、ぐっすり寝た。それでなんだか快調で風邪も治った気配。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませる。

 本日は、仕事のみ。「悪徳探偵」の文庫書き下ろしの最終話に手をつける。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、イングリッシュマフィン、ゆで卵、牛乳、コーヒー。ダブルソフトよりクロワッサンの方がいい感じ。

 仕事再開。

 午後になって腹が減ったので、北千住西口の「富士そば」でコロッケそば。実はコロッケそばは初めて食う。お汁の中でコロッケが溶けてしまうんじゃないかと思って、敬遠していたのだ。しかし、食ってみたら美味い。とは言え、おれはちくわの磯辺揚げとかかき揚げのトッピングの方がイイかな。

 帰路、スーパーで買い物。午後のおやつに夕食用の弁当など。

 で、粉チーズを買おうのを忘れたのは、帰宅して気づいた。

 仕事再開。今日中に全体の半分は行きたい。

 買ってきたクロワッサン・サンドを食べつつ、仕事を進める。

 それと、「おにぎり弁当」のおにぎりも1つ。

 本当は今日のお昼に千葉に行こうかと思っていたのだが、完全に忘れていた。まあ、仕方がない。

 17時になって、MX「5時に夢中!」を見る。今期から火曜日は岩下尚史氏がレギュラーになったので、絶対見ることに決めた。この人は実に面白い。NHKでは完全に古典芸能に関する文化人なのに、民放では「文化人オネエ」なキャラで毒舌吐きまくりなのが面白い。横に並んだ角松敏生より1歳若いというのも驚異的。というか角松敏生が若く見えすぎ。

 昼間はテレビを観るのを避けていたのだが、この流れで夕方のニュースを見る。

 余震と言うには強すぎる地震が続いて、いっこうに衰える気配がない、と言うのが恐ろしい。

 東日本大震災の時、東京というか首都圏があんなに混乱した時の震度は「5弱」。千住方面は地盤が弱いから「5強」に感じたし、おれの部屋は本棚が倒れたり幸福の木が倒れたりして、かなりの惨状を呈したが……それクラスの「余震」が毎日のように起きているというのは……今までのパターンでは語れない、という気象庁の見解の通りなんだろうなあ……。

 こんなに強い揺れが何度も来たら、持ち堪えていた家屋も倒壊するし、崖崩れや土砂崩れも起きるだろうし、復旧も遅れるし……。

 現場では人手が足りなくてボランティアが欲しいのに、余震が続くので受け入れ態勢が整えられず、ボランティアを呼べない。いや、既に集まっているボランティアがいるのに、ずっと待機させられているというのは、なんとも勿体ない。支援物資の振り分けや避難所への輸送が満足に出来ていないのは人手が足りないからと言われているのにボランティアは待機が続いているなんて……。

 こういう事態は、誰もが未経験だろうから、きちんとした指揮系統やシステムが早急には作れないのだろうけど……。

 明日は我が身だと、強く感じる。東京が強い地震に襲われたら、東北や熊本とはまた違うパターンの混乱が起きて、満足な支援は受けられないと考えておくべき。

 1週間分の備蓄じゃ足りないのか?しかしそれ以上となると、負担になるし、諦めて「や~めた」ということにもなりかねないし……この場合、住居が倒壊して備蓄が役に立たなくなるということは考えないようにしよう。

 夕食は、「ハンバーグとクリームコロッケの弁当」。レンジで少し温めて食べる。

 これだけでは足りないと思って「おにぎり弁当」も買っておいたのだが、足りなくはならず。

 仕事に戻る。

 割れセンベイを少々食べる。

 21時のNHKの「ニュースウォッチ9」を見て、「報道ステーション」に乗り換えるが、同じ事を伝えているので、TBSのドラマ「重版出来」を見てみる。

 このドラマが放送されるまで、いや、正確にはFacebookで杉江松恋さんに「じゅうはんしゅったい」と言う読み方を教わるまで「じゅうはんでき」と読んでいた。おれは、個人的には「重版」より「増刷」という言葉を使うけど、現状としては事実上、同じ意味。

 このドラマはコミックスというワンクッションがあるけど、出版業界の内側をかなりリアルに描いているので、怖くて見たくなかった。コミックスもエンタ小説も変わらないだろうし。「狂気の純文学作家」(浮き世離れしたステレオタイプ)は登場しないだろうから、その分リアルだろうし。

 今回は、心ならずも営業に配属された若手が、ヒロインに刺激されてやる気を出し、自分の担当するコミックスを積極的に売り込んで重版を勝ち取る。

 部数の決定会議とか、増刷の決定過程とかの動きが生々しくて、恐ろしくて、正視出来ない。う~。

 しかし……営業の書店廻りの辺りは、おれたちが新刊が出るたびにやっていることとほとんど同じ。いちいち売り場の担当さんを呼び出すのは迷惑になるから、居合わせたときには少し話をするけど、ほとんどの場合は手製のPOPを置いてくるだけだが……。

 旅行マンガを旅行雑誌とタイアップして売ったり、テレビの読書番組に取り上げられたりと、数ヵ月の活動を一気に見せたのかと思ったら、なんだか1ヵ月の間の出来事のように描いている。まあ、ドラマだからこういう時間の歪め方は仕方がないとは思うけど……1ヵ月単位で新刊が出るので、いつまでも前月前々月に出た本を売り込めないし、タイアップがまとまるには数ヵ月かかるだろうから、新刊が出ることを見越して事前に仕掛けておかないといけないのに……。

 しかし、実際の書店さんがたくさん登場したし、自分の本が店頭でデコレーションされているのに対面するのはモーレツに嬉しいことだし、自分の新刊だけとは言え、営業の真似事をしている身としては、書店廻りの部分は凄くリアル。100店くらい平気で回るし……。

 イヤ、このドラマ、やっぱり見るのが怖いな。

 これからはマンガ家さんの生態を描く方向に行くのだろうけど……営業とか販売の現場を見るのは、本当に怖い。

 風呂に入る。ぬるめのお湯にゆっくり浸かる。

 その後、少し仕事。半分まで行かず1/3というところか。明日は進み具合によってはテニスを休んで仕事するか。

 ネットでは、有名人というかタレントが何か書くと「不謹慎」と叩かれるという不健康な状態になっているらしい(←リンク)。幸い、Facebookでは僕の見る範囲ではないようだが、こういう「不謹慎狩り」って、意味不明だし、お話にならない。これってただの苛立ちの発露であり、第三者への憂さ晴らしでしょ。叩こうと思えば、どんな屁理屈でも付けて叩けるんだし……これってヤクザの因縁付けと全く同じ。であるならば、叩かれた方もこういうのはスルーすればいいと思うけど、拗れて炎上してしまうのもねえ……。

 「物言えば唇寒し」でみんなが黙ってしまうのはもっと気持ち悪いし……ネットはどんどん不気味で不健康な世界になっていくな。凄くイヤだ。

 1時30分頃、就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2413kcal

本日の消費カロリー:37kcal/1014歩+36kcal(自転車)

2016年4月18日 (月曜日)

4月18日/体調が悪いと思ったら、風邪を引いた

 7時過ぎ起床。

 晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 今日は極力テレビを観ないでいよう。

 熊本・大分の地震災害について、NHK、NNN、JNN、ANN、FNNそしてテレ東系列の6つのネットワークが「総力取材」しているが、どの局もほとんど同じ内容を流している。地震のメカニズム解説も同じ。かと言ってテレ東みたいに思い切って地震報道をあんまりやらない、と言うわけにもいかない。

 そういう横並び意識のしわ寄せが来るのが、現場。

 というか、災害現場というか、現地の方々の感情としては、救助とか復旧の人たちは来てほしいけど、報道スタッフがうじゃうじゃウロウロするのは野次馬同然で邪魔でしかないだろう。救援物資の不足を訴えたり被害を知らせる役割は果たすとは言え、限度を超えて取材班がウジャウジャ入り乱れたら、これはもう邪魔でしかない。

 現場に入る報道スタッフの質が年々低下している、モラル教育が全然出来ていない、ということはもうかなり以前から言われている。局員ではなく下請けスタッフが駆り出されるからで、彼らは専門学校を出て下働き要員として契約雇用されているかたちがほとんどだから、報道人としてのモラルやメディア・リテラシー教育は受けていない。技術者として映像を撮り、編集し、中継衛星に飛ばす。

 だからガソリンが不足している中、ガソリンスタンドに長蛇の列が出来ているのに、割り込みをして(車内から窓越しに頭を下げるだけで、苦情を言われても車から降りて事情説明もしない)給油してしまう。

 前夜遅くまで中継していて給油する暇もなく、次の現場に移動して取材した映像素材を送信しなければいけなかったとは言え、それは彼らの言い分でしかない。

 彼らだけが現地に入っていて彼らの報道がすべてなのなら、彼らは優先して給油されてもいい、と考える。それだけの値打ちがあると考える。しかし、現地には6系統のネットワークの取材班が入り乱れているのだ。報道だからといって優先させたり尊重する価値は、それだけ低い。彼らがダメでも他の局の他のスタッフが補えるんだから。

 自分の仕事にしか目がイカない極めて視野の狭い愚行。こんな連中が「報道です」という資格はない。

 なのに、一般人と同じように給油しろというのは「悪平等」とか言うヒトがいる。欧米なら優先されるだろうとか言う。

 繰り返すが、現地にいる報道スタッフが彼らだけなら、当然彼らが優先されるべきだけど、そうじゃないんだからね。

 地域を分担して取材するとか、機材のやり繰りを協力するとか(取材した素材を東京や大阪に送るのに他局の中継車が送ってやってもいいじゃないか)、そういう協力をして、災害現場の負担を減らすべきだ。

 無理な取材競争の結果、雲仙の火砕流でどれだけの取材関係者と彼らを救出しようとした警察・消防関係者が亡くなったか。

 取材には節度とモラルが絶対に必要だろう。これについては、欧米の方が徹底してるんじゃないの?

 その一方で、取材中に食べた「コンビニののり弁」の写真をツイートした大阪のアナウンサーが批判されている。彼は「こんな粗末な弁当を食べて頑張ってます」と言いたかったんだろうけど……それすら手に入らないヒトからすれば、腹も立つだろうが……ここまで批判されるのは、アナウンサーが気の毒に思う。その弁当が、1日で食べられた唯一の食事だったらしいし。そこまで批判するのか?たぶん、批判しているのは被災者ではなくて他所のヒマ人なんだろうけど。

 で。

 土曜日からゲラを待っているのだが、来ない。

 朝9時過ぎになっても来ないので、足立郵便局に電話。そもそも事故があってゲラが足立区に到達していない場合も考えられるし。

 と、速達担当者は、ゲラの現物を目視で確認したらしい。現物があったことにホッとすると同時に、まだ郵便局にあるのかよ!とイライラ。

 金曜に投函するつもりが土曜になり、いろいろとタイミングが悪くて、局での受付が日曜になっていたらしい。だったら、今日の午前中の配達というのは、まあ、通常通りだ。

 日記を書きながら、アサメシを食いながら、待つ。来るべきものが来ないのは、イライラするのよ。

 アサメシは、ご飯に玉子焼、インスタントのしじみ汁、漬け物、しらす干し、海苔。

 メシを食い終わって皿を洗い終わってしばらくした正午前に、やっと届いた。一刻一秒を争う急ぎのゲラではなくて、時間に余裕のあるものだったから、こんなにキリキリすることもなかったんだけど……配達があると思うと、落ち着かないじゃないですか。トイレに入るのも考えてしまうし。

 さっそく開封して、ざっと見る。相方に確認すべきヵ所が1ヵ所。それ以外は相方にお願いしよう。

 というか……なかなかノレなくて執筆が進まない「第4章」は後回しにして、ケツカッチンの「悪徳探偵・最終話」を先に書いてしまうべきか。相方からは詳細な下書きが届いているし、おれが書いて相方が手を入れる時間を考えると、こっちを先にすべきだろう。

 ということで、届いている下書きを読む。

 しかし、なかなか頭に入ってこない。

 腹が減った。

 災害時の備蓄、とりあえず3日分あれば、そのうちに援助の体制が整って避難所に物資は届く……と思っていたのは、どうも甘いようだ。

 これは、熊本固有の問題ではない。東北でも起きたことだ。

 東京は首都でもあるし、直下型地震の可能性が以前から叫ばれ、東日本大震災の時の「帰宅難民」の経験もあるので、それなりの備えは進んでいるとは思うけど……。

 非常時は、常に想定外のことが起きる。想定外だから、それに対応するシステムがない。お役所はシステムに沿って動くところだから、臨機応変の対応が出来ない。役所というのはそういうところだし、その都度対策は後手後手になってしまうのはマーフィの法則。

 ならば……自衛措置として、1週間は自力でなんとか食いつなげるよう用意しておくべきなんだろう。備蓄はしても、部屋が潰れて意味がなくなる可能性もあるとは言え……。

 外出して、スーパーでペットボトルが欲しいので、2リットルのお茶を買い、レトルトカレーを買い、「混ぜるだけ」のスパゲティ・ソースや、インスタントラーメンをまとめ買い。これらは。順次使って補充していこう。

 猫もいるし、飲み水の備蓄はもっと増やすべきか……。

 帰路、昨日の「建築現場足場崩落の現場」を見に行く。かなり片付けは進んでいるが、まだ残っている。
Img_2579
Img_2580
Img_2581
Img_2582
Img_2583
Img_2584
Img_2585

 雨がぱらついていたが、帰宅した頃、降ってきた。

 今夜、相方にゲラを渡す約束をしているのだが……なんか、風邪を引いたような感じ。ソファで昼寝したのがいけなかったのかも。おれは昼寝すると風邪を引くからなあ……。

 だからだるくて眠いのか。ちょっと微熱がある感じ。

 19時にファミレスで相方と待ち合わせ。

 ハンバーグと彩り野菜のセットを食べる。

 ゲラを渡して、書き足しと「悪徳探偵・最終話」の打ち合わせをして、近場を歩いたりする計画を練る。

 以前、川崎~紀伊勝浦~宮崎を結ぶフェリーがあって、これに乗ると、海を眺めながら風呂に入れたりしてちょっとしたクルーズ気分が味わえたのだが、原油価格の高騰でこの航路は廃止されてしまった。

 しかし船旅はまたしてみたい。豪華クルーズというと地中海とか、飛鳥とかの豪華船での豪華旅になって、旅費も軽く30万とかかかる。小笠原の父島へ行くという手もあるけど、これだってハワイに行く方が安上がりな旅になってしまう。

 今ある長距離フェリーに乗ればいいんだけど……。東京から出る長距離フェリーって少ない。徳島~北九州のフェリーがあるが、これはトラック輸送にターゲットを絞っているので、設備は簡素で、全然クルーズの気分にはならない。食堂がショボイのはダメだ。

 と、大阪と釜山を結ぶ国際フェリーの存在を知った。

 船はなかなか豪華で、そこそこ時間もかかるので船旅が満喫できるし、瀬戸内海を通るので景色は美しいし、なにより運賃が手頃。釜山なら日本人が行ってもいじめられないだろう(韓国に日本人が行くといじめられて不快な目に遭うという、偏見というか被害妄想を抱いているので)……。

 そういや大阪~別府を結ぶ伝統の別府航路もあるなあ。今は超大型の「さんふらわあ」が就航してるんだなあ。子供の頃、高松から別府まで乗ったなあ。豪華だったなあ。

 しかしまあ、別府に行くのは、この地震が落ち着いてからの方がいいなあ。九州の観光地はキャンセルが続出して大変らしいけど……。

 という、船旅を相方に提案。しかしまあ、そういう時間が現状ではなかなか取れない。仕事があるのは本当に有り難いのだけど……。

 風邪薬を買って、帰宅。

 ニュースを見る。

 ある避難所に自衛隊が炊き出しを運んで来てくれたが、コンビニから弁当の差し入れがあって、食糧がWってしまった。「食糧が足りていない他所に運んでくれれば……」とその批判所の責任者が言うと、自衛隊としてはここに運ぶよう命じられているので困ると。軍隊らしい融通の利かなさ。結局、批判所の責任者が受けとって、それをそのまま他所の避難所に運ぶということになった。……これって、なんとかならないの?こういうWりって頻発してると思うんだけど……。

 連絡不足というか連携不足でしょう?それはやっぱり人手が決定的に足りないから。

 午後のニュースでは「ボランティアの受け入れ態勢が整っていないので、まだ来ないで欲しい」と熊本県は言っていると報じていたが、避難所にいる現場職員は「とにかく手が足りない。ボランティアの人たちには助けて欲しい」と言ってるけど。この辺も、意志の疎通が上手くいっていないのだろうか。まあ、ボランティアを受け入れるにはそれなりの準備も必要で、自治体としてはそこまで手が回っていないからなのだろうけど……だからこそそういう援軍はすぐにでも必要なのではないのだろうか?

 

 23時過ぎ早々に寝る。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2211kcal

本日の消費カロリー:71kcal/1836歩+109kcal(自転車)

2016年4月17日 (日曜日)

4月17日/今日は「真田丸」以外、全部ダメ!

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 

 今日は朝、千葉に行く用事があったのだが……今日こそゲラが届くので、行くのを断念。

 朝のモロモロを済ませて、ダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳のアサメシを食べたら……雨が降ってきて、風も強くなり、急激に嵐の様相を呈してきた。

 これは……部屋に籠っていて正解だった。千葉に行ったらさんざんだったはず。風が強いと電車も止まってしまうし。

 で、仕事。

 今日は夜までテレビを一切観ないことにする。見たら地震の報道で、どうしても心が千々に乱れてしまう。

 熊本や大分の方々は本当に気の毒だし、同じ事、おや、もっとひどいことが東京で起きても全く不思議ではない。明日は我が身だと思うと、もう、怖い悲しいヤバい焦る逃げ出したいが逃げるところはない、というマイナスな感情ばかりが噴き出してどうしようもなくなる。

 思えば5年前、東日本大震災の時もそうだった。いや、あの時は度重なる余震で東京も揺れたし、コンビニの棚はガラガラ、スーパーも欠品が目立って物資も欠乏したし、なにより原発事故で放射能の恐怖もあった……。

 テレビでは、またACのCMが流れ始めて、ネットには「気が滅入る」「やめてくれ」という声が広がりはじめているらしい。またあの「ぽぽぽぽ~ん」とか「乳がん」とかのが流れたらショックだけど、今流れてるのはもっと「普通のCM」チックなものばかりだし……いちいち過敏になるんじゃねえ、と思う。

 今書いている部分はスプラッターな惨殺シーンで、とにかく、書きづらい。この方面が好きではないので、そういう小説は読まないし映画だって観るのを避けているので……ぽんと飛ばす手もあるが、それをやるとエンタメ小説としては失格だろう。

 頑張って書けば、新しいテイストも出て来る……と思うが、なかなか進まない。

 一時は台風並みの風雨になっていたが、雨は止んで晴れてきた。

 しかし!ゲラはまだ来ないぞ!

 担当F氏に「ゲラがまだ届かない」とメールを出す。金曜の夕方に速達で銀座から出せば、土曜の朝か昼には届いているべきなのに、日曜の午後になっても来ないというのは明らかに異常だ。

 と、返事が来て、実は東京西部にある自宅から土曜の夕方に発送したのだと。

 それにしても今日の午後には届かないとおかしい。

 だけど、来ない。

 来るべきものが来ないと、いろいろ調子が狂うのだ。

 このゲラは先に相方に渡す予定にしているので、その受け渡しのダンドリもあるし、外出ついでに済ます用事もある。

 

 今日もNHK-FM「きらクラ!」は録音。先週分もまだ聞いていない。

 ヒルメシはスパゲティ・ボンゴレ。インスタントのボンゴレ・ソースを混ぜるだけだが、これに磯海苔を足すと、もっと美味い。同じ海の物だから相性もいい。

Img_2565

 食べて、仕事に戻る。

 依然として、ゲラは来ない。

 Facebookを見ると、近所でお店をやっている知人が「(近くの)通りが封鎖!信用金庫本店新築工事の足場が崩れた!」と書き込んでいた。旧足立区役所は「東京芸術センター」という高層ビルになり、その隣にある信用金庫本店が、これまたカッコイイ高層ビルに建て替えていたのだが、その工事現場の覆いというか足場が強風で崩れたらしい。

 そう遠くない場所なのに、こんな大事故が起きたら音が聞こえるはずなのに……全然判らなかった。

 さっそく、出動!

 自転車を飛ばして、現場周辺をぐるぐる回って写真を撮る。しかし、かなり手前に非常線が張られていて、現場には全然近づけないので、臨場感ある写真は撮れない。
Img_2567
Img_2568
Img_2571
Img_2572
Img_2576
Img_2578
 いいアングルは逆光になるし、順光側にはテレ朝やNHKの取材カメラがあって、駐車場にはテレ朝の報道中継車もあった。

 テレ朝は力を入れてるな、と思ったら、崩落の瞬間を捉えた映像(←リンク)を入手していたのね。

 帰宅して、仕事に戻る。

 不在の間にゲラは来たか?と思ったら、やっぱり来ていない。

 誤配されたかも、と郵便受けを幾つか覗いてみたけど、入っていない。

 九州の地震の影響で郵便配達が遅延している?まさかね。

 仕事を再開するが、なんだか調子が狂って、ダメ。

 18時になったので、BSで「真田丸」を見る。もう、1週間の唯一の希望になりつつある。

 秀吉の光と影。その序章。

15

 小日向文世が名優であることはここに書くまでもないが、冷酷な役から温かい役まですべてリアルに演じきってしまう。この人は「目が笑っていない」「目も笑っている」芝居が出来るのが凄い。堺雅人は微笑みで全ての感情を表現する、と言われるが、彼の微笑みは微笑みであって、その上に他の感情を乗せる。しかし小日向文世は「全然笑っていないのに心から笑っているように見せる」という凄い芝居をする。その持ち味が、秀吉にうってつけ。こんな男だもん、あの家康だって振り回されて死ぬまで我慢しようと思うだろう。頭のいい家康だけに、尚更。

 その策士ぶりに同じ策士の真田昌幸は対処を誤る。もう、次回に引っ張るラインが山ほどあって、目が離せない!

 「豊臣一家の最後の団欒かもしれない」温かで平和な光景が、余計に運命の残酷さを感じさせて、ゾクゾクするし……。

 三谷幸喜は、作家としてよりいっそう高いステージに立ったことも示した。この冴え具合、「清洲会議」の物足りなさや「ギャラクシー街道」のまったく見たくならないダメさを完全に払拭して、今までのキャリアを一気に凌駕した、と言っても過言ではない。凄いよ、マジで。

 夕食の支度。今夜はオージービーフのモモステーキ。付け合わせのポテトをオーブントースターで焼き、温野菜をレンジで加熱し、頃合いを見計らって、肉を焼く。分厚い赤身にじっくり火を入れる。

 肉汁が滲んで滴りだしたら、OK。

 その肉汁に中濃ソースを絡めて、付け合わせ野菜に掛ける。

 インスタントのポタージュと昨日買ったサラダ、炊きたてご飯も用意して、戴きます。

 「鉄腕ダッシュ」を見ながら調理して、「世界の果てまでイッテQ」を見ながら食べる。

 くーたんは、おれが食べていると気になるのね。刺身の時は欲しがったが、肉の時は「気になる」だけ。臭いを嗅いでウロウロするだけ。家によっては猫を食卓の上から排除するようだが、おれは原則として排除しない。くーたんはウロウロするだけだし。

 食事が終わり、手早く片付けて、くーたんのご飯を出し、「世界の果てまでイッテQ」の続きを見る。

 雲の上に見えるホーエンツォレルン城を捉えた映像は、本当に偶然の幸運だったらしい。かなり過酷なロケの成果。

 皿を洗う。

 NHKスペシャルは、「老人漂流社会団塊世代 しのび寄る“老後破産”」。これは……正視したくないので、ちょっとだけ見て、消す。いやもう、判ってるんですよ。老後のための貯蓄がないとヤバいのは。国民年金で生活は出来ないし、生活保護だって厳しいし……。今は自転車操業でなんとかなっているけれど、ひとたび病気になったらもうアウト。この病気だって、直るものならいいけど、脳関係で仕事も出来なくなって寝たきりとかなったら最悪だ。判っているなら今からなんとかすべきだけど……生活を切り詰めて貯金に励むか?「ぼてじゃこ物語」(花登筺がお得意の「商売ど根性もの」ドラマ)に出てきたケチのババア(ミヤコ蝶々)みたいに、「銭を貯めるのは、チョロチョロでもコップに水を溜めるんや。溜まったのを飲んだらアカン。コップから溢れる僅かな水を舐める。こうせな、銭は溜まらんで!」(大意)というセリフ、小学生の時に見ただけだけど、覚えてるもんなあ!

 しかしこのケチババア、カネは貯め込んでるけど、その暮らしぶりはしみったれて、物凄くイヤなんだよねえ……。

 テレビの取材班が我が物顔でガソリンスタンドの行列に割り込んで順番無視でガソリンを入れていったとか、被災地に来るのに食糧の一つも運んでこない、とか、取材ヘリがうるさくて生き埋め救助の邪魔になる、とか、東日本大震災のときにも批判されたことをマスコミは繰り返している。たった5年前のことなのに、あの時の教訓をもう忘れてしまったのか!

 大きな5系統にテレ東系の合計6系統のネットワークがそれぞれ取材するんだから、被災地は邪魔で仕方がないだろう。同じような内容なんだし、現場にうじゃうじゃ押し寄せるより、「代表取材」とか「分担取材」とかを考えるべきじゃないのか?

 テレビを中心としたマスコミって、まったく自助努力をしないし成長も改善もしないんだな!

 と、フジの「Mr.サンデー」を見ながら思う。

 「奨学金」問題だって、マスコミが「返済不要な奨学金基金」を創設して、もっと大々的に与えればいいではないか。細々とやっているのは知っているが、どうせなら、もっと大々的にやってくれ。問題を指摘するだけならバカでも出来るんだから。

 夜はテレビを観てしまって、気分は完全にマイナスになって、1時就寝。

 夜になってもゲラは来ず。明日は来るんだろうな?

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:1901kcal

本日の消費カロリー:17kcal/462歩+44kcal(自転車)

« 2016年4月10日 - 2016年4月16日 | トップページ | 2016年4月24日 - 2016年4月30日 »

安達瑶の本

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト