« 2016年8月21日 - 2016年8月27日 | トップページ | 2016年9月4日 - 2016年9月10日 »

2016年8月28日 - 2016年9月3日

2016年9月 3日 (土曜日)

9月3日/「悪徳探偵」4刷!

Aktkt
 旅行中に、実業之日本社F氏から「悪徳探偵」が、10月の「実業之日本社創業120周年フェア」銘柄に入って、さらに増刷、という知らせを受けていた。

 これで4刷。本当に有り難いことです。

 6時過ぎ起床。

 目が覚める時間は旅行中でも家にいても変わらない。

 曇り~晴れ~曇り~雨。

 寝ている間に洗った洗濯物を干し、タオルケットも洗う。

 並行して、朝のモロモロを済ませる。

 3日分の日記を書くのは時間がかかる。

 日記を書きつつ、iPhoneの外部バッテリーの件で下田大和館に電話するが、落とし物・忘れ物にはない、とのこと。おかしいなあ。もう一度探して貰うようお願いする。

 が。

 出発前に荷物を詰め替えたことを思い出した。その時に……。

 そう思って、ボストンバッグを探したら……出てきました。

 10時から11時過ぎはチェックアウトの時間でフロントは混んでいるだろうから、少し時間をすらして電話して、忘れ物はありましたので、と伝える。

 

 岩手・岩泉の台風被害は、本当に痛ましい。その報道には「準備を怠った行政や施設の怠慢」を指摘する論調があるが……結果論で言えば、たしかに状況判断の失敗になるけれど、それを第三者が責められるだろうか?

 日本には「今まで経験したことのない」災害が続いている。雨や台風の様相は、過去の経験値が有効ではない、新たな段階に達してしまった。それは以前から言われていることだとは言え、「まさかウチの地方に」という気持ちは拭えないだろう。それに、小さな町にすべてを委ねるのは酷ではないか?少ない人員で現状に対応するのに、てんてこ舞いかもしれないんだし。そこに電話で「気をつけてください」と県から言われても、「はいはい」と忘れてしまうかもしれない。今回はそれだった。

 大規模な災害が予想される場合、県がまず対策に乗り出して町や村を飛び越えて直接指示を出したり動くべきではないのか?

 IP電話を普及させたけど停電の備えがまったくなかったとか、ちぐはぐな事も起きていて……。

 これからいっそう、「前例のない」災害が日本を襲うのではないか?日本は既に熱帯の気候だという説もあるし。

 同じ事を繰り返さないように、なんとかして戴きたいと思う。

 と、そう思うと、都会で暮らしている方が、安全なんだよねえ。もともと安全な場所に人が集まって都会になったんだろうし、人口が多いから街を守るあれこれも(完全ではないにしても)整備されているし……。

 田舎暮らしに憧れて、その土地の知識も充分ではないのに移住して災害に遭ってしまうことだって大いにありそうだ。

 洗濯物、Tシャツなどは乾いたので、その代わりにベッドパッドやシーツを洗って干す。

 お昼を過ぎて、旅のお礼をしに、御稲荷様へ。ついでに立ち食いそばを食べる。言葉の不自由な女性が来てそばを注文したが、前払いというシステムが理解出来ない様子。そば屋のオバチャンは上手に対応しないので、見ていてハラハラ。助太刀しようかと思ったときに、意志が通じてなんとかなった。

 最近、こういう「助太刀しようか迷う」場面に遭遇することが増えてきた気がする。以前は無視していただけかもしれないけど。

 凄く汗をかいた。

 今日は16時にカイロの予約をしたので、それまで先月分の税金関係の書類整理。8月はなんだかんだ言って、けっこう動いていたんだなあ。ゲラに追われていたのに。

 シーツなど、もう乾いたので、取り込む。今日は大洗濯大会だった。

 IKEAで買った新しいベッドシーツと枕カバーをセット。

 で、16時が迫ってきたので、外出。

 行きつけのカイロプラクティックは、この夏、北千住で一番の高層ビル「東京芸術センター」に移転した。ここは、「黒澤明映画塾」が入る予定だったのに実現しないまま。しかし看板だけは残っている。名作映画を上映する映画館があるのだが、全然宣伝しないので、今どんなモノを上映しているのか誰も知らないも同然。上の階には劇場もあって、若手芸人のネタ見せ会もやっているのだが、これまたロクに宣伝しないから客の入りも悪くて芸人も出たがらないらしい。

 最上階には高級フレンチのレストランもある。1度だけ相方に誕生日を祝うのにご馳走になったことがある。ここは美味しい。

 で、このビルは上記のようなパブリック・スペースの他に賃貸マンション部分もある。しかしほとんどがオフィスに使われている。広さと場所を考えると家賃は高くないのだが、ペットが飼えないし入居審査がモーレツに厳しいらしいので敬遠した。モノカキみたいな水商売は相手にされないのだろう。

 で、そういうところだから、居住部分に入るドアはロックされている。結構迷った末に防災センターで訊いたら、ドア脇のインターフォンに部屋番号を入力してロックを解除して貰えと。

 17階にあるカイロにやっと到着。さんざん迷ったと言ったら笑われたが。

 ここからは足立の花火が一望できる。絶景!眼下にはお墓も見えるけど。

 右足と膝と両腕が痛いが、「筋肉痛でしょう。数日で直る」と言われてしまった。まあそれなら安心だけど。

 施術の後、スーパーで刺身などを買って、帰宅。

 「青空レストラン」は横須賀・走水で穫れたアジの料理。どれも美味そう!

 で、おれも夕食にしようと思ったら……なんと、醤油がない!

 今から買いに出るのは物凄く面倒くさいので、刺身は明日にして、インスタント味噌汁と漬け物とふりかけで済ます。

 テレ東「家、ついて行ってイイですか?」を見る。この番組、ずいぶんボツった分もあるんだろうなあ。せっかく取材に付き合ったのにボツられるのはイヤだろうなあ。知り合いに「おれ、テレビに出るから」とか言いまくってるかもしれないし。

 この番組は、いろんなヒトの人生を垣間見ることが出来て、なかなか感動的だ。無理に感動を盛り上げようとしていないし、インタビュアーもそんなに掘り下げなくて淡々と聞いているし。編集が巧いのかな。

 引き続いて「アド街ック天国」。今夜は「茨城の奥久慈」。ここはいいところだねえ!温泉も良さそうだし、行きたいぞ!

 TBS「ものづくり日本の奇跡日の丸テクノロジーがオリンピックを変えた元気が出る60年物語」の、バドミントンのラケットを作る話を見て、その後は猛烈な睡魔に襲われて、ウトウト。

 さっさと風呂に入って寝ればいいのに、テレビの前でウトウト。

 「有吉反省会」をちょっと見て、風呂。

 汗が引くまでNHK「ケータイ大喜利」を見る。ゲストが言いそうな事を言わせるコーナーが楽しみなのだ。

 

 最後まで見て、1時過ぎ就寝。

 明け方にくーたんがやって来て、添い寝。可愛いヤツ。

今朝の体重:90.30キロ

本日の摂取カロリー:1941kcal

本日の消費カロリー:63kcal/1779歩+91kcal(自転車) 

2016年9月 2日 (金曜日)

9月2日/伊豆多々戸浜3日目

 6時起床。

 今日も天気は最高!

 予報では波は小さくなっていくらしい。

Img_2733

Img_2734

 部屋の風呂に入り、お茶を飲み、ウダウダ。

 iPadとキーボードを持ってきて、資料本も持ってきたので、多少は仕事をしようと思っていたのだが、無理。

 例年、二泊三日の時は最終日は海に入らないで、持参したゲラを海の家でやったり、宿の部屋でやったりしていたけど、こんなに好天で波もよかったら、海に入らないでどうする?去年はコンディションが最悪でまったく波に乗れなかったし。

 8時30分の朝食へ。

 今朝も美味しい。連泊だとメニューに工夫がしてあって、それも嬉しいところ。

 チェックアウトと海に出る支度をして、10時過ぎにチェックアウトして精算。荷物をコインロッカーに入れて、海へ!

 昨日より波は穏やかだが、その分、海の美しさが冴える。

 ソーダ水というかソーダ色の透き通ったゼリーが押し寄せてくる。この、何と美しいこと!もう本当に、天国とはこの事を言うのだろう。

 小さく見える波だけど、確実に場所とタイミングを捉えれば、スイスイ乗れる。力が弱そうだとジャンプを足せば、これまた乗れる。

 なんだか人生みたいだねえ。

「おれは人生を波乗りで教わった」

 というエッセイが書けそうだけど……このテイストは、往年の片岡義男だなあ。

 でも、「人生の波に乗る」のは、波乗りに完全に当てはまるなあ。波が来るのをじっと待つ。波がないのにジタバタしても仕方がない。で、波が来たら確実に捉える。数回見送っても、その次に絶好の波が来るかもしれない。

 てなことを考えつつ、波に乗る。

 しかし、近くに、見るからに初心者のサーファーがいて、サーフボードをど派手に宙に舞わしていた。

 これは、極めて危険な行為だ。サーフボードは尖っているので、当たり方が悪いと大きな怪我をする。

 しくじった事は本人が一番判っているはずだけど……その初心者のお姉ちゃん(まだ若くて可愛い)はニコニコして屈託がなかったから、事故を起こすまで判らないかもしれない。

 こういう危険な初心者は、何とかして欲しいなあ。

 で、初心者だからボディボーダーや水遊びの客が多いゾーンで波に乗ろうとする。サーファーならもっと波のデカいあっちに行けよ!と思ったりするけど……そういう規制や指示を出すヒトはもういない。すべて自己責任でやらねば。

 とは言っても、多々戸の海は本当に美しくて、浮いているだけでも天国。

 弱めの波でも巧く乗れるようになり、12時45分、上がる。

 多々戸の海に向かって一礼。この3日間、素晴らしい波を有り難う。そして来年またお世話になります。

 プールサイドでシャワーを浴び、ボードを洗い、個室シャワーで海パンを脱いで全身を洗って着替える。

 相方が個室シャワーに入ると、その順番を待っていた女性が凄く短気なのかまつことに苦痛を感じるのか、物凄い形相でまっていた。

 で、この女性、相方以上に時間を使ってシャワーを浴びていたぞ。他人は待てないけど自分はいいのか。なんたるダブルスタンダード!

 14時30分に伊豆急下田駅で客を運んで来るバスの「行き」に乗せて貰いたいと持っていたのだが、今日は14時30分に来る客がいないらしく、バスが出ないと。

 仕方がない。タクシーを呼んで貰って、駅へ。

 

 駅のコインロッカーに荷物を入れて、観光ガイドに載っていた「カツカレーの美味い中華屋」まで歩いたが、まで営業時間のはずなのに「昼の部終了」の看板が。

 15分くらい歩いたので、ガッカリ。

 しかし、歩いてきた道に別の店があったので、そこへ。

 「中華 新小林」で、カツカレーを食べる。

 ひと心地つき、駅までのんびり歩きつつ、店を見て回る。

 16時34分の伊東行きに乗って、伊東でJRの「宇都宮行き」のグリーン車に乗る。伊東からでも熱海からでもグリーン料金は同額なので。

 東急ストアを見て回り、弁当やパンなどを買う。ビールは冷えたのが飲みたいので、車内販売を利用することに。

 伊豆急下田駅の待合室は冷房が効いている。そこでしばし待ち、発車10分前に改札が始まるので、並ぶ。ま、焦ることもなかったんだけど。

 相方が来たので入れ違いに駅降り口にあるSuicaのチャージ機で3000円分チャージ。伊豆急ではオートチャージが出来ない。

 発車が迫ってきたのでもう1000円チャージしたかったけど、断念。

 伊東では乗り換え時間はわずか1分。これじゃあプラットフォームでグリーン券が買えない。まあ仕方がない。

 伊東で、プラットフォームを走って、首尾よく、2階の最後列をゲット。

 で、ビールでも飲んでしばしウトウトして、小田原あたりで弁当を広げるか、と思っていたのに、車内販売兼改札のお姉さんがなかなか来ない。熱海を過ぎてやっときたが、その時には弁当を食ってしまったので、ビールはカット。

 外は暗くなって景色が見えなくなったので、相方にiPadを渡して、光文社の「あとがき」に手を入れて貰う。

 仕事らしい仕事は、これだけ。ま、遅い夏休みだったので。

 iPhoneのバッテリー残量が練ってきたので、外部バッテリーを繋ごうとしたら……持ってきたはずのバッテリーが、ない。これは泊まった部屋に置き忘れたに違いない。それしか考えられない。いや、持って出るのを忘れたかもしれない。帰宅して確認し絵tから宿に連絡しよう。

 小田原を過ぎると、もう、完全に、「帰ってきてしまった」モードに。

 伊豆は本当に天国だったので、名残惜しい。でも、たまに行くから有り難みを感じるのであって、住んでしまったら、天国が日常になってしまう。

 住んでみれば、天国の裏側も判ってしまうわけで……やっぱり天国はたまに行くから有り難いのに違いない。

 上野に着いてしまった。

 空気は案外暑くない。

 京成上野まで歩き、京成線に乗ると、タイかベトナムのヒトに「この電車はミモミに行きますか?」と聞かれて戸惑った。ミモミなんて駅、知らないぞ。しかし実籾は京成大久保の1つ先にあった。かなり遠い。それなら、この次の快速に乗った方が速いのだが、それを上手く説明する自信がない。誤解が生じるなら、このまま各駅停車に乗っていった方が間違いはない。

 で、無事、帰宅。

 くーたんを抱っこして留守の礼をしたが……床にはナニが。手早く処理してご飯も出して、おれは風呂。

 くーたんは、なんとなくよそよそしい。

 iPhoneの外部バッテリー、やっぱり部屋にはない。宿に忘れてきたのだろう。明日電話しよう。

 ニュースなどを見て、23時43分、就寝。

今朝の体重:計れず

本日の摂取カロリー:2500kcalくらいか

本日の消費カロリー:660kcal(ボディボード)+255kcal/7181歩+25kcal(自転車)

2016年9月 1日 (木曜日)

9月1日/伊豆多々戸浜2日目

 6時ごろ起床。

 今日もいい天気。

 朝も早よからサーファーたちは海に入っている。

 昨日、90分ほどしか乗らなかったのに、足腰がガタガタ。回復するのか心配になるほど。

Img_2732

 午前と午後で大浴場の男湯と女湯が変わる。昨日は「洋風風呂」だったので、「和風風呂」に行く。和風の方は階段を上って「山頂風呂」に入れるのだ。

 山のてっぺんから多々戸浜を見渡すのは気持ちがいいし、美しさに感動する。

 風呂で体を温めると、足腰の状態は良くなった気がする。

 部屋に戻って、相方とお茶を飲み、朝食へ。

 アジの干物が美味い。その他モロモロもすべて美味い。

 山ほど食べた分、便通もいい。野菜をたくさん摂れるようなメニューだから。健康的だねえ。

 10時30分から、多々戸浜を散歩。iPhoneを持って出ればよかったのだが、このまま海に入るつもりだったので部屋に置いてきた。なので、多々戸浜や隣の入田浜の美しい風景は写真に撮れず。

 昼にのり弁を出す「まるかわ」はやはり閉まっている。まあ、例の海の家があるから大丈夫だけど……毎年開いている店が閉まっているのは、心配になる。

 干潮だったせいもあって、入田浜は、物凄く広い。浜によって様子が違うのが面白い。入田は幅が狭い分、奥行きがあるという感じ。

 散策のあと、プールサイドでパン(昨日買って昨日は食べられなかった分)を食べて、海へ。

 ソーダ水のような美しい波が押し寄せてくる。

 波打ち際で砕ける波を第1ポイント、その奥で砕けるのを第2ポイントとすると、第2ポイントから乗るのがベスト。サーファーは更にその沖で砕ける第3ポイントの波を狙わないと距離を稼げない。しかしフィンを使わない我々には、この第3ポイントは狙えない。足が付かないから。

 で、今日もガンガン乗る。

 昼は、14時過ぎに、例の海の家へ。

 カレーライスが、美味かった!レトルトかもしれないけど、美味いんだから仕方がない。

 カレーを食べるとまったりしてしまって、もう今日はこれでいいやという気分になったので、おれはリタイア。砂の上に座っていたら、ちょっと腰が痛くなってきたこともあるので。

 大和館に引き上げて、プールサイドのデッキチェアでうとうと。

 が、その時、ルームキーを無意識にガチャガチャ言わせていた。

 隣のデッキチェアで寝ていたマダム(アラサーの美女)がこっちをじっと見るので、おれに気があるのか?と思ったが、キーをガチャガチャさせていたのが喧しかったのね。無意識とは言え、申し訳ありませんでした。

 30分ほど寝たので水気が切れた。

 部屋に帰って海パンを脱ぎ、浴衣を羽織って大浴場へ。

 ほとんど一番風呂。

 しかし、おれより先に長い髪を洗っているおっさんがいた。サーファーで長髪ってあんまりいないので、珍しいな、と思った。

 部屋に戻ったら、眠気がどっと襲ってきたので、畳にひっくり返って、寝る。最高に気持ちがいい。

 相方が帰ってきて、ドアを開けたが、また寝る。

 相方は部屋の風呂に入って、ラナイで夕涼みしながらサーファーを眺めていたが、おれは寝続ける。

 今夜も夕食は18時30分から。

 起き上がるのがシンドイ。

 で、今夜も盛りだくさんなメニューで食べきれないほど。今夜も、「あしたばとサザエのかき揚げ」を追加で頼んであったが……今夜は手をつけずに下げて貰ったモノはなかった。

 今夜一番美味しかったのは、「ホタテ貝の西京焼き」。これはグラタン風に焼いてあって、実に美味しい。素晴らしい。

 アシタバの素揚げも美味しい。和風シチューも美味かった。

 今夜はグラスビールだけ。

 で、今夜もコンサートがあった。

 ギターの弾き語りは、15時に大浴場で出会ったヒトだった!

 知り合いが客にいたらしくて、ウケていた。

 部屋に戻って、22時30分ごろ、就寝。

今朝の体重:計らず

本日の摂取カロリー:3000kcalは越えていたはず

本日の消費カロリー:176kcal(散歩1時間)+660kcal(ボディボード)+47kcal/1414歩

2016年8月31日 (水曜日)

8月31日/伊豆多々戸浜1日目

 6時前起床。

 晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、くーたんに留守を頼む。

 くーたんは何やら文句言いたげな顔に見えるが、別にそうでもないのかもしれない。

 腹が減ったのでトースト1枚と牛乳。

 大きなボストンバッグに荷物を入れたが、これなら小さめのリュックでも大丈夫だろうと、急遽荷物を詰め直す。

 9時過ぎに自転車を飛ばして駅へ。相方と合流して、日暮里で弁当やパンを買い、上野へ。

 10時31分上野始発の「快速アクティ・熱海行き」に乗る。

 グリーン車2階は最後部はもう空いていなかった(最後部だとシートの後ろに荷物を置ける)ので、1階の最後部に席を取る。

 が、隣の席をボックスにした中年4人組(おれたちも中年だけどさ)が、モーレツにうるさかった。特に、オバハン。おっさんに「アンタは声がデカいからいるかどうかすぐ判る」と言われて「ギャハハ」と大笑いしていた。静かになったと思ったら何か食っている。どうも熱海の旅館で麻雀をやるらしい。

 一番うるさいオバハンに被せて他のヤツがもっと大きな声を出したら注意してやろうと思ったが、そのリミッターは越えなかったので、我慢。まあ彼らも楽しい旅行に行くんだし……。

 

 東海道線内でパンを食べ、熱海で伊豆急線に乗り換えてから、弁当を広げる。

 伊豆急は、久々の「リゾート21・黒船号」。このシリーズの車両も古くなってきて、初期の車両は廃車になり、本数が減っている。今はリゾート21全体で3往復のみ。
 平日だから空いてるだろうと思ったら、この車両目当てのお客さんが多くて、席を確保するのに先頭車両まで走ってようやくパノラマ席をゲット。

Img_2730

 天気に恵まれて、伊豆の海は筆舌に尽くしがたいほど美しい。

 弁当を食い過ぎておなかいっぱい状態で、伊豆急下田着。

 送迎バスまで時間があるので、駅前をウロウロ。相方用の「サーフハット」(濡れてもいいツバの広い帽子)を探すが、ない。

 

 14時30分の送迎バスで、「下田大和館」へ。ハイシーズンを外せば、安いプランがあるので、我々でも連泊できるのだ。以前は物凄く高くて、手が出なかったのだが。

 15時前に下田大和館着。バスから見たら、ヒルメシの唯一の希望だった「まるかわ」が閉まっていた!ショック!じゃあヒルメシはどうすればいいんだ!

 チェックインして、部屋へ。

 1階の、いわゆる「サーファー御用達」の部屋。ここはすぐビーチに出られるし、水着のまま歩いていても大丈夫。上階の部屋だと廊下をえんえん歩くのが恥ずかしい。

 八畳間くらいの部屋。もちろん、オーシャン・ビュー。

Img_2731

 部屋で着替えて早速海へ。

 台風の余波で、波はまだ大きかったが、乗る。

 どんどん乗れる。

 のっけから最高の気分。

 海水浴場はもう終わっているので、ライフガードはいないしサーフィン・ゾーンもないから、なるべくサーファーの邪魔にならないように、大和館側の波の小さいゾーンでやるが、ヘタクソなサーファーがこっちに来てしまう。

 海水浴シーズンが終わると、海の家が閉まってしまう。「下田大和館」ではランチが食べられる場所はない。宿も海も空いているけど「ランチ難民」になってしまう。車があれば近くの店に行けるし、ちょっと頑張ってバス通りまで坂道を登れば食堂はあるのだが……。

 と、漁港の近くに海の家が開いているのを発見。いやここは以前からあるのは知っていたが、今の時期まで空いているとは知らなかった。

 明日も営業するのか訊いてみると、するとのこと。カレーとかカップ麺しかないが、カレーが食えれば恩の字だ。

 ランチの件は、解決。

 17時に引き上げて、相方は部屋の風呂、おれは大浴場へ。

 ゆっくり入浴して、ヨット型の露天風呂も楽しむ。

 夕食は18時30分から。一番安い宿泊プランだからメシも少ないかも、と追加メニューで「カサゴの唐揚げ」を頼んだら……料理自慢の大和館のプライドにかけて、出て来る出て来る……。

 アワビが出て来るなら、調理済みのものをとお願いしておいたら、そのように出てきた。目の前で生きたアワビを焼くのは、イヤ。要するに焼かれて苦しみながら死んでいくアワビを見て、それを食べるんだから。悪趣味だと思うけどね。同じく、海老や味の「活き作り」もグロテスク。こういうものを喜ぶ神経がまったく判らない。

 その他、お造りなど、盛りだくさん。

 カサゴの唐揚げは実に美味しくて、絶品。是非また食べたい。

 しかし、料理が多すぎて、今夜のメインとして用意されたのであろう、大きな金目鯛の煮付けをそのまま残す。まったく箸をつけなければゴミにならず再利用されるんじゃないか。

 丁重にお戻しする。

 お酒は、グラスビールに、ニューサマーオレンジ酒。

 他の客はみんな帰ってしまったのに、我々が一番最後まで食べていた。

 20時30分から、ロビーで無料コンサートがあるので、聞く。トリオでハワイアンなど。3人目は「今夜のゲスト、ドクター**」と紹介されていたから、音楽が好きなお医者さんなのかも。

 聖さんくらいの年配のギタリストが実に巧い。ハワイ人なのかもしれない女性ボーカルが味わい深い。

 おれは一番最初に席に座っていたので、「最初に来てくれた」と握手される。

 素晴らしい夜だった。

 部屋に帰って、「家売るオンナ」を見る。録画はしてあるけれど、早く見たかった。篠田麻里子、こんな役をよく受けたなあ。

 23時に就寝。爆睡。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:3000kcalは優に超えたはず

本日の消費カロリー:161kcal/4517歩+28kcal(自転車)+396kcal(ボディボード)

2016年8月30日 (火曜日)

8月30日/台風と「あとがき」

 7時過ぎ起床。

 目が覚めたときには、台風の峠は過ぎていた。

 くーたんはトイレの外にナニをしていた。トイレを使ってくれ時もあるけど、それは気まぐれなんだなあ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯に、W目玉焼き、インスタント味噌汁にしらす干し、キュウリのぬか漬け。

 ジーン・ワイルダー死去。
Img_1_m
 オリジナル版「プロデューサーズ」から「ブレージング・サドル」「ヤング・フランケンシュタイン(ふろんこんすてぃーん)」などのメル・ブルックス作品やウディ・アレンの「セックスのすべて」の精神科医とか、シリアスな芝居でギャグを飛ばす、あのお芝居が素晴らしかった。後年、おふざけが過ぎるドタバタに走ったのは残念だったが……。最近、見なくなったので、どうしてるんだろうと思っていた。

 以前とても親しんだ俳優さんたちがどんどん亡くなっていくなあ……寂しい。けど、仕方がない。

 光文社の「あとがき」を書くが、テーマを押しつけがましくなく書くのが難しい。

 講談社新作の書き始める準備もする。相方が書き込んだメモを整理。

 ベーコンとピーマンのヤキメシを作る。塩胡椒に醤油を少し。なかなか美味く出来た。

 雨が上がったので、外出。スーパーで買い物をして、お稲荷さんにお参りして、帰宅。

 「あとがき」を書くが、なかなか巧く書けない。

 必要があってネットで調べ物をしていると、長谷川豊のブログを読んでしまった。読まなきゃよかったと後悔。

 この男はどうしてわざわざ人を小馬鹿にした嫌らしい文章を書くんだろう?やっぱり、わざと炎上を狙ってるんだろうか?

「何でも知ってるワタクシが無知なお前らに教えてあげようじゃないの。カンタンなことなんだけどね」

 という態度。同じ事を書いても、上から目線じゃなきゃ「そういう考え方もあるのね」と流せるのに。どうしてこうもマウンティングしたがるんだろう?テレビの仕事が不調で不遇感がこういう虚勢を張らせて、強がることでバランスを取ってるんだろうか?

 ま、ガセガワと呼ばれる男だから、こういう芸風だと思えばいいか。相手にしなければいいだけの話。だからおれはMXテレビの「バラ色ダンディ」は絶対に見ない。

 「5時に夢中!」を見る。今日はKBS京都から。照明の具合でいつもと感じが違う。下から顔を照らす感じのライティングに違和感あり。そのせいか、いつもの火曜日じゃないなあ。

 夕食は、スーパーで買ってきた「アジのタタキ」「春雨サラダ」「切り干し大根」にご飯、インスタント味噌汁、焼きビーフン。美味い。

 その後、「あとがき」をなんとか書き終わる。下田に持っていって仕上げるか。

 相方から来るはずの「悪徳探偵3」企画書のファイルを待ちつつ、テレビを観る。

 フジ「人気者から学べ そこホメ!?SP」が面白かった。中尾彬お薦めの調味料を舐めた三田佳子が「たいしたことないじゃない」とサラリと言ったのがスゴイ。この線でやれば、この番組、ウケるぞ!今、食に関して中尾彬に正面からぶつかれる人はいないから、それをやったのがベテラン女優の三田佳子というのは大穴だった。

 しかし、広瀬すずは可愛いねえ。もう、娘を見るような気分。こんな娘がいたら、恋人とかできたらぶっ殺すし絶対嫁にはやらん!と言い出すお父さんの心情が判る気がする。

 相方のファイルは、たぶん早朝に届くだろうから、それに備えて早寝することに。

 和歌山で社員を射殺した土木会社の副社長が和歌山市内で「発見」されたらしいが。「発見」と言うことは、どこかに立て籠もってるって言うこと?

 くーたんの機嫌をとってから、23時20分、就寝。

 

今朝の体重:89.60キロ

本日の摂取カロリー:2109kcal

本日の消費カロリー:57kcal/1482歩+119kcal(自転車)

2016年8月29日 (月曜日)

8月29日/企画書作成

 8時前起床。

 雨。

 台風情報が気になってNHKを見たら、「あさイチ」をやっていて、「焼肉特集」。今日は肉の日だって。

 美味しい焼肉の食べ方をやっていた。

・タンは、載っているネギを挟むように折りたたんで焼くと、ネギがふっくら仕上がる。

・肉は何度も裏返さない。1回返して、食べること。

・トングは生肉を挟む専用にして、焼いた肉は挟まない。

 あと、長野の焼肉の名店の「絶品つけダレ」のレシピもやっていたけど、忘れた。

 朝のモロモロを済ませるが、何故か日記を書くのに時間がかかって、書き終わったらもう10時近く。

 アサメシはダブルソフトのトーストに8間切り食パンのトーストにブルーベリージャム、ゆで卵、ハム&マヨネーズ、牛乳。

 「悪徳探偵3」のシリーズ企画書を書き始める。相方には「お昼までに送る」と言ったけど、取りかかるのが遅くなったので、夕方までかかるなあ……。

 企画書を書き終えてからと思ったが、雨も上がったのでこのチャンスを逃すまいと、外出。

 立ち食いそばとオニギリを食べ、スーパーで買い物をして、お稲荷さんにお天気のお願いをして、帰宅。

 仕事再開。

 5話のうち、1話がどうしても思い付かないが、ズルズルやっていると相方が考える時間がなくなるので、4話分まで書いて、相方に送る。

 台風の行方が気になる。

 夕方のニュースから「5時に夢中!」になだれ込む。

 しかし最近のマツコはふかわへのアタリが軟らかくなったなあ。以前は何か言うと「はぁっ?!」と喧嘩腰で、ふかわが弱ってるのが判ったし、「きらクラ!」でも「月曜がイヤだ」とかこぼしてたし、見る側としても結構辛いモノがあったので、今の調子の方がイイ。きっとマツコも、「ふかわを叩く感じで」と指示を受けていたんだろう(と、信じたい)。

 それにしても「やっつけ晩ご飯」は毎回手際が悪すぎてイライラする。火力が弱いと毎回言ってるんだから、非力なカセットコンロじゃなくて、もっと強力なのを用意しろよ。露骨にやる気がない回もあるし。って、そういう「失敗」を見せるコーナーなのか。

 夕食は、久々に「牛肉とキャベツのオイル炒め」を作る。

 大根おろしを大量にすり、ポン酢と七味を振りかけて。肉とキャベツはただ炒めるだけ。味付け一切ナシ。

 美味い!キャベツが甘い!

 ただ、ウチは換気扇が非力なので、炒め物をやると匂いと「脂分」が部屋に籠るのがイヤ。

 

 ニュースを見て、「しくじり先生」を見る。あっちゃんは「天狗になっている」と評判は悪いけど、この番組での喋りは実に巧みで、ピカソの魅力を雄弁に説得力ある熱い喋りで解きほぐしていた。いやまあ、この番組の構成作家の腕が良いんだけど。

 しかしまあ、天才というのは遠くから眺めるのが一番で、近くにいるとロクな事にならない。ピカソ級の天才だと、絶対によくないなあ。

 ニュースに戻り、風呂に入る。

 風呂から出ると、相方からの電話が入っていた。

 企画書について、しばし打ち合わせる。

 今夜は早めに寝ることにするが、ベッドでiPhoneでニュースを読んでいると「純文学で専業作家は1ケタいるかどうか」という記事を読む。まあ、純文学で名が通っている作家だと大学で教えていたりするもんね。最近は「純文学」の境目が曖昧になっているけれど……。

 エンターテインメント作家の場合、よほど売れているかコネがないと、大学とか専門学校で教える口も少ないし……。

 「有料老人ホームに入るには1500万の預金がないと無理」という記事も読む。

 いやもう、笑うしかありませんな。

 23時40分、就寝。

 くーたんがやたら鳴いていたので返事をするとベッドに上がってきたが、またどこかに行って鳴く。遊んで欲しいんだろうけど……。

今朝の体重:90.05キロ

本日の摂取カロリー:2163kcal

本日の消費カロリー:41kcal/1047歩+49kcal(自転車)

2016年8月28日 (日曜日)

8月28日/旅支度・新企画・真田丸・偽チャリティ

 7時30分頃起床。

 曇り。

 夕方まで雨は降らないようなので、朝のモロモロを済ませつつ、洗濯して、干す。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、8枚切り食パンのトーストにブルーベリージャム、ゆで卵。冷蔵庫に残っていたオレンジを搾ってジュースにし、ハム&マヨネーズも。

 その後、下田旅行の荷造り。ボディボードだけ先にホテルに送るので、ケースに水着なども入れてしまう。台風が接近中なので、早めに送ってしまう。

 近所のクロネコヤマトの営業所に持ち込んで、往復料金を支払う。

 その後、お稲荷さんに天気のお願いをしに行って、スーパーで買い物。美味そうなカツオのタタキがあったので買う。明日の夜の分のおかずも買う。

 帰宅。

 NHK-FM「きらクラ!」は録音。

 昼は、スパゲティ・ナポリタンを作る。ニンニク・タマネギ・ピーマンにベーコンにバジルのトマトソース。ケチャップを使うより美味しく出来た。

Img_2729

 実業之日本社「ジェイ・ノベル」連載の「悪徳探偵」第3シリーズの企画を考える。この春に第2シリーズの文庫が出た打ち上げの席で、いろいろアイディアが出て、それを相方がメモにしてくれたので、それを膨らませればOK、と思っていたが、イザ書こうとしると、メモの意味がよく判らない。

 いろいろ考える。

 読売新聞のサイト「発言小町」を熟読。

 「息子の結婚式が簡素な『レストラン婚』だったのが不満。盛大な式をやり直して欲しい」というバカ母のトピはこれ、ネタか?総攻撃されていても全然めげない。

 「妻の連れ娘の結婚式を控えて、式に浮気をして離婚した前夫を呼びたいと言いだした妻を問い質したらその前夫と不倫をしていたので、式の前に離婚したい」というトピは、かなりリアルな文章でネタとは思えない。

 「2歳の娘が以前飼っていたフェレットの生まれ変わりで、一番可愛がっていなかったフェレットだった」という書き込みはとても切なくて涙ぐんでしまった。フェレットは飼い主をとても好きだったのに不器用でその愛情をきちんと示せなかったので飼い主に注目されなかったと。だから生まれ変わって娘になったんだね、と思うと。このトピに、「科学的にあり得ない」「犬猫ならともかく、フェレットにそんな感情はない」という無粋でデリカシーのないレスがついているけど、フェレットにだって深い愛情はあると思うし、この話はすごく好きだなあ。

 そう思って、くーたんを抱きしめる。おれはキミのことが大好きだよ。

 時間は容赦なく経っていく。

 「笑点」を見て、18時。BSで「真田丸」を観る。

 「直江状」が出て、上杉討伐の挙兵。徳川を討つ真田パパ昌幸に三成側の信繁。兄の信幸は板挟み。その葛藤を大泉洋が見事に見せる!この人は凄いなあ。本作で役者としての幅をこれでもかと見せつけている。いつもの役柄ではないシリアスな部分が多いから。三谷さん、さすがの慧眼。

34

 「直江状」とその経緯については「天地人」とかで観ているので、すんなり判ったし、前回の「お屋形様の本気」を止めることがなかった直江兼続の心の動きもしっくりくる。

 もう、絶妙の構成としか言いようがない。

 しかも、こういうギリギリの心理的攻防を描く回なのに、笑いも忘れないという離れ業!

 おれ、もっと若ければ三谷さんの弟子になりたいね。

 見た後、夕食の支度。

 買ってきた「カツオのたたき」には野菜が少ないので、タマネギのスライスを足し、ニンニクと生姜を増量。本当なら大葉と茗荷も足すべきなんだけど。

 それに、「永谷園の松茸の味お吸い物」にお総菜の「肉豆腐」に「春雨中華サラダ」。

 美味い!

 食後、「24時間テレビ」は見ないで、他局の「衝撃映像」番組を見る。特にテレ朝の「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」が面白かった。ギリシャで起きた謎の航空機事故、渋谷で起きた銃乱射事件。航空機事故に関しては、事故原因が最大のミステリーで、この謎をよく解いたなあと感心。渋谷の銃乱射事件はまったく知らなかった。かつて、こんなキチガイ銃マニアがいたんだねえ……。

 その後の「連合赤軍」に関しては、撮り方があまりに恥劣(いかに予算とスケジュールがないとはいえ)すぎて、見るに耐えなかったので、ほとんど見ず。

 で、21時前に「24時間テレビ」を見たら、定刻通りに林家たい平が走りきり、「感動のフィナーレ」。この演出が極めて安っぽいのが、全体の品位を落としてると思う。ここまでお涙頂戴にしなきゃ大衆にアピール出来ないものか?

 この裏で、NHK教育テレビが「バリバラ 生放送検証!の方程式」をやっていて、暗に「24時間テレビ」の「感動の大安売り」を批判していたらしい。

 おれは、「24時間テレビ」は、あんまり偽善だとは思わない。有名人とかがやると、絶対に「偽善」とか言われるんだし(と、杉良太郎が言っていた。「ああいいよ、偽善で結構だ!」と)。

 「ニセ・チャリティ」だといわれる点に関しては、おおいに気になる。100キロマラソンやトータル司会のギャラが1000万円ではないかとか言われているが、チャリティならタダでやれという事になると、セット無しの小さなスタジオでのトークとかスタジオにやってきた歌手が歌を歌うとか、そういう事だけになってしまう……いや、そういうことでいいんじゃないかと思うなあ。感動のドラマとか感動のドキュメンタリーとか、「愛と感動」を盛り上げようとするから偽善臭さが強烈になるんだと思う。だけど、視聴率とかを考えると、誰にでも判りやすい偽善的な感動をクサいほどに盛り上げないとダメなんだろうなあ。要するに、ここまでクサくして感動させないと寄付のカネを出さない日本人の民度が低いってことになるんだろうなあ。

 故人となってしまった骨成形不全症のステラ・ヤングさんが「感動ポルノ」と喝破してしまったけど……。じゃあ、「倫理的に正しい障害者を扱う作品」ってどういうものになるんだろう?障害者の方だってそれぞれ多様な意見があるだろうし……。それを慮ると、何も言えなくなるし何も出来なくなるようにも思う。

 ナニをしたって批判は出ると思う。

 批判を恐れて何もしないよりも、批判を受けても何かやって、募金を集める方がいいと思う。

 とは言っても、おれは「24時間テレビ」に募金はしないけど。赤十字とかNPOに直接渡す。

 で、ツイッターの「24時間テレビスタッフ」と名乗るアカウントが、上記の番組に出るカンニング竹山に「出演するのは自由ですが、今日の発言内容によっては今後の番組出演を考慮させて戴く場合があることを肝に銘じておいてくださいね」というリツイートをしたので「日テレが竹山の発言封じ」と一時騒ぎになったが、これはニセのアカウントだった。しかしまあ、日テレとしては心穏やかではなかったかも。障害者からの批判が一番堪えるだろうから……。「感動ポルノ」という言葉は痛烈だ。

 その後、相方から電話が入って、「悪徳探偵3」について、詰める。

 だいたいのラインが見えたので、明日、文章にまとめることにする。

 風呂は省略。

 「NNNドキュメント記憶の回廊 徘徊と行方不明者」を見る。認知症になって徘徊する人たちを追う。徘徊する人たちは、それなりに目的を持って動いている、というのが切ない。

 認知症だけにはなりたくない……回復の見込みがないのなら、おれはその場で自決したい。ペットを安楽死させられない(彼らは絶対に、生きたいと思っているから)が、自分のことなら自分で決めたい。

 早寝しようと思っていたのに、1時44分就寝。

今朝の体重:90.35キロ

本日の摂取カロリー:1866kcal

本日の消費カロリー:42kcal/980歩+65kcal(自転車)

« 2016年8月21日 - 2016年8月27日 | トップページ | 2016年9月4日 - 2016年9月10日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト