« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

2016年9月11日 - 2016年9月17日

2016年9月17日 (土曜日)

9月17日/はじめてチキンソテーを作ってみた

 7時ごろ起床。

 晴れ。天気予報を見ると、この晴れを逃がすとしばらくは雨模様と言うことなので、急遽、洗濯。タオルケットや枕カバー、シーツにバスタオルなどを洗濯機を2回回して。

 その間、朝のモロモロを済ませる。

 洗濯物を干して……ネットを見る。

 最近、気になって仕方がないのは「キュレーター」という言葉。美術館や博物館で作品収集や展覧会企画という中枢的な仕事に従事するディレクターとプロデューサーを兼ねた学識を備えた専門家、と思っていたら、最近のネットには「キュレーター」が溢れている。だいたいが食い物やお店を紹介するヒト。そういうのは「ラーメン・ハンター」「「チャーハン・ハンター」「イタメシ・ハンター」「立ち食いハンター」でいいと思うのに、キュレーター?

 涙ぐんだら「号泣」になるし、言葉のインフレというか、「カッコよく表示したがる」イヤらしい風潮が度を過ぎていると思う。

 ラーメン・ハンターがキュレーターと言われてしまったら、本来のキュレーターはどうするの?立つ瀬が無いんじゃないのか?

 この分だと、新作映画の紹介をする「映画リポーター」も「映画キュレーター」と名乗り始めるのは時間の問題だろうな。

 本来のキュレーターでもないのにキュレーターと称する・称される本人は、どう思ってるんだろう?悦に入ってるのかな?

 買い物がてら外出して、ブランチ。

 「導かれるように」して、北千住駅前の富士そばへ。もりそばとミニヒレカツ丼のセットを食う。カツ丼に関しては「かつや」の方が美味いけど、あの店は「ミニ」がないもんなあ。

 

 食後、夕食の材料を買いにスーパーへ。今夜はチキンソテーに挑戦してみよう。

 帰宅して、「真田丸」の再放送に間に合った。

 いやあ、面白いねえ。真田昌幸と本多正信の知恵比べ。生き生きとしている昌幸に、老獪でヒトを食っている正信。近藤正臣の芝居が含蓄があって融通無碍で、極めて素晴らしい。鶏もも肉を毟り食う元気さもあるし。こういう意地の悪い元気な爺さんになりたいなあ。

 「真田丸」は各回に巧妙な仕掛けと伏線が施されていて、それが後々、効いてくるという緊密な構成が凄い。大河史上、屈指の名作だと思う。まあ、ぼんやり見ている爺さんはついてこられないかもしれないけど、毎回テレビに釘づけで録画して何度も観てしまうファンにとっては嬉しい限り。なんせ情報量が「シン・ゴジラ」並に詰め込まれていて、絶対に見逃せない。「ながら視聴」なんか無理。テレビの前に正座してみる必要がある。

 そんなテレビドラマ、久々じゃないの?

 小さなおはぎ4つを食いながら、観る。お彼岸だねえ。

 その流れで「録画したタモリ倶楽部」を観る。イタリアの茄子を食す回。どれもなかなか美味そうだが、タモリ作の「茄子のカツ丼」、食ってみたい!
 その後、「サラメシ」も。食べることは人生だねえ、としみじみ。

 ウチの洗濯機(ハイアールの安物)には「自動洗濯曹洗浄機能」がある。前々から洗濯機周辺に漂う「汗臭い匂い」に閉口しているので、洗濯曹洗浄剤を投入して、この機能を使ってみる。が、終了まで12時間もかかる。

 この際、洗濯機に任せてみる。

 仕事開始。しかし、まだ肩に力が入っている。これじゃギチギチした文章しか書けないぞ。とは言え、作品ごとに文体なりスタイルなりに新しいチャレンジがしたい。その上で「いつもの感じ」になってしまったら、それが我々の個性というモノだろう。

 18時30分、「青空レストラン」を観る。宇和島で養殖され始めた、ブリ科の魚「スマ」。マグロのようでもありカツオのようでもあり、それを超越しているようでもあって、美味そう!

 19時になって、夕食の支度。

 美味しい鶏肉の焼き方について、NHK「ためしてガッテン」が画期的な新事実を突き止めている。

 フライパンには余熱を与えず、弱火でじっくり焼いていく。

 しかし「クックパッド」には「予熱したフライパンで強火で」とか書いてあるぞ。強火だと皮はぱりぱりに焼けるが、肉の中まで火が通らない。

 ここは「ためしてガッテン」を信じて調理する。

 1時間前に塩胡椒におろしニンニクを塗って置いた鶏もも肉をオリーブオイルを敷いたフライパンに入れて着火。弱火のまま自然に温度が上がっていくのを待つ。

 その間に付け合わせのミックスベジタブルを温め、フライドポテトをオーブントースターで焼く。

 ジュウジュウ言い始めた鶏肉を裏返す。焼き上げるまで10分以上かかった。フライパンの油を捨てて、バターを入れて醤油で延ばして、バター醤油のソースを作ってかける。

Img_2744

 インスタントのオニオンコンソメ、昨日相方が買ってきたレタス・サラダにゴマドレッシングをかけて、ご飯と。

 美味い!

 もっと塩胡椒を利かせてもよかったかも。

 美味しくてもっと食べたかった。

 チキンは安いしカロリーも低いから、また作ろう。今度はバター醤油ソースではなくて柚胡椒で食うのもいいな。

 しかし、こういう炒め物を作ると、部屋中に油が飛び散ってしまう。クイックル・ワイパーで拭き掃除するんだけど、飛び散ったのは床だけじゃないよね。

 炒め物をやり放題出来るキッチンが欲しいなあ。マメに掃除すればいいことなんだけど。

 食べながら「ブラタモリ」を観る。

 高尾山の自然はどうして守られたのか。北条氏が「薬王院に高尾山をやるが、絶対に手をつけるな。木を切るな草を抜くな」と厳命したのが北条氏滅亡の後も続いたらしい。

 それと明治の廃仏毀釈が徹底せず、高尾山は神仏混合が続いている。「明治の役人が山の上まで来なかったんでしょうね」

 「京王御陵線」跡も出てきて、至れり尽くせり。

 今度高尾山に行ったら、上まで登ろう。

 そのままテレ東「家、ついて行ってイイですか?」も観る。ああ、今回も他人様の人生に触れてしまったなあ。亭主が転職しまくって時計道楽で激しい夫婦喧嘩をするけど深く愛し合ってる(らしい)一家がいいなあ。京大卒を前面に出す塾講師のおじさんもいい味出していたし。取材したけどボツになるものも多いんだろうけど……この番組はいいよねえ。

 「アド街ック天国」は元住吉。ちょっと縁がない街なので、観ないで、風呂。なんせ身体中、オリーブオイルとチキンの匂いが付着してしまった。

 あがってから、TBS「新情報7デイズ」を観るが、たけしの滑舌の悪さは悪化する一方。三雲さんも聞き取れずに戸惑っているぞ。

 仕事を少しして、NHK「ケータイ大喜利」の蛭子さんのコーナーを見る。

 広島の大雨は深刻な事態になっているらしい。降れば大雨、と言うのはもう、熱帯の気候みたいだ。

 1時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.30キロ

本日の摂取カロリー:2099kcal

本日の消費カロリー:41kcal/1042歩+39kcal(自転車)

2016年9月16日 (金曜日)

9月16日/松茸牛丼と「パレードにようこそ」

 7時起床。

 雨~曇り。

 朝のモロモロを済ませる。くーたんの便秘は治ったが、順調にナニを床にしている。もうこの習慣は定着してしまったなあ。ペットシートを敷いてもいいんだけど、ペットシートはトイレに流せないからなあ。

 アサメシは、ダブルソフトのトーストにコーンフレーク、ゆで卵。

 仕事開始。

 昨日で光文社新作は完全に手を離れたので、今日からは講談社新作に集中!

 しかし、まだ書き出すにはリビドーというかパワーというか、要するに「圧力」が足りない。ここはもう少し我慢して圧力を高めないと……イヤ、ウダウダしてないで思い切って書き出せば転がっていきそうでもあるんだけど。

 高畑裕太事件、どうも「巧妙な美人局事件」だった可能性が。記事の受け売りだから真相は判らないけど、そう考えると「釈放されたときの、マスコミを睨み付けるあの表情」「弁護士の尖ったコメント」の意味が判る気がする。

 要するに、巧妙な美人局(か、そう思えるような状況)に引っかかってしまったと。しかしこれはもう、当人のワキが甘すぎるし警戒心がなさ過ぎて墓穴を掘ったとしか思えない。事務所が強力であればカネを払って警察沙汰になる前に早急に示談にして封印してしまったケースだろう。

 しかし多額の損害を蒙った石井光三オフィスは気の毒だし、制作が危ぶまれる事態に追い込まれた映画のスタッフはもっと気の毒だし、出演済み作品の差し替えとか撮り直しとかで大変な思いをしたスタッフも気の毒。

 しかしやっぱり、人気商売には至る所に落とし穴があって、本人も周囲も、それには警戒を怠ってはいけないと言うことなんだなあ。急に売れたヒトは警戒心を培養する時間がないままにチヤホヤされるようになるから、落とし穴にハマってしまううだろうなあ。

 いろんな意味で、芸能界って怖い。無傷で居られる芸能人は、よほどしっかりしているのか、事務所が強力なのか。

 昔は口が固かった花柳界なんかも情報がダダ漏れしてしまう時代だもんねえ。クロウト相手の女遊びは漏らさないというのが暗黙の了解事項だったはずなのに、橋之助はその意味ではお気の毒。

 しかしまあ、イマイチ襲名が盛りあがっていないから、週刊文春なりの「ご祝儀」だったと思うしかないか。

 おれはコクーン歌舞伎「盟三五大切」の橋之助の名演が瞼に焼き付いているので、橋之助のファンであることに代わりはないし、この程度の事でどうこう言う方がおかしいと思っている。歌舞伎役者だけではなく、芸能人一般について。

 芸能人に一般人のあれこれを押しつけるな。彼らは一般人ではないのだから。

 ウダウダしたまま、昼になってしまった。

 雨が降り出すまえに買い物をしておこうと、外出。

 ついでにヒルメシ。

 吉野家で「松茸牛丼」(お重だけど)のセット。

Img_matsutake_gyudon_560

 なかなか美味い。松茸の香りが立っているが、こんなに安く食える松茸はどうせ安物。安物は香りが立たないから、これは永谷園の技術協力の賜物に違いない。

 エリンギに「永谷園の松茸の味お吸い物」の粉末を振りかければ、松茸になるんじゃないのか?

 まあ、美味しゅうございました。

 

 ところで、すき家の「うな牛」には物凄く抵抗がある。高価な食べ物であるウナギを、そのままうな丼とかうな重にして出すのはまだしも、牛丼の中に入れるなんて、暴挙だ!ウナギに失礼だ!

 おれはそう思う。だから絶対に食わないけど。

 スーパーで買い物。このスーパー「トポス」は11月で休業して建て替え工事が始まる。近くのイトーヨーカドーも建て替え工事が始まったので、この界隈の住民は「スーパー難民」になりそう。「おっかさん」や「ライフ」「西友」「グルメシティ」は少し遠いからなあ。

 で、新聞折り込みで「売り尽くしセール」の開催を知り、もう20年近く使っている炊飯ジャーの動作が最近、不安定なので、新しいのを買おうかと思ったら……目玉商品はもう売り切れていた。

 しかし待てよ。この程度の値引きなら、ネットで買っても同じじゃないの?それに炊飯ジャーの種類が多すぎて、どれを買っていいのか判らない。

 ということで、夕食の材料だけを買って帰宅。

 仕事しようと思うが、まだ「圧力」が足りない。

 「5時に夢中!」を見る。今回のゲストはみのもんたと水道橋博士。みのもんたはほとんど寝ている感じ。だけど、スイッチが入ると往年のトークを繰り出すのはさすが。しかし「みのもんたのパターン」は水道橋博士に解析されてしまったが。

 水道橋博士は「原発推進派なのに311のあと家族を西日本に避難させた」(当人はこれについて反論しているが)ので、今も嫌っているが、ハナシは面白い。才気煥発。

 18時になったので、のろのろと夕食の支度を始める。「カツオのタタキ」の薬味が余っているので、鍋の薬味にして使ってしまおうと、今夜は「豚バラ鍋」。白菜と九条ネギ、豚バラ肉に椎茸。ニンニクを潰して、生姜はみじん切りで、インスタント出汁に追加。

 さあ食べようと思ったら、相方から電話。「ジェイノベルの件で打ち合わせしたい」と。

 食べ物を買ってくると言うけど、相方の分を少し残しつつ、食べる。久々の鍋は、美味い。野菜もたくさん摂れるし。

 すぐに相方来訪。残った鍋はほんの一口分しかなかった。なんせ一人分の材料しか用意しなかったので。

 相方はトリカラとレバーのフライを買ってきて、おれにトリカラを分けてくれた。

 食後、「ジェイノベル」の打ち合わせ。担当F氏からダメ出しがあったので、その代案。面白くなると思うが、この代案はもっと猛毒。しかしこれくらいの毒が無いと面白くないぞ。

 せっかく来たんだから映画でも、とおれが誘って、録画したまま半年が経過した「パレードにようこそ」を見る。

 1980年代、サッチャー政権下の英国。炭鉱を一気に閉鎖するという大事件で、英国は大きく揺れた。炭鉱ストは長期化して警察も出動してストを妨害する。

 英国はすべての民主的でお手本、と思っていたら大間違い。当時は同性愛者への弾圧も厳しく(反キリスト教とこともある)、労働運動への弾圧も強権的だった。このことに驚いた。この事実、知らなかったから。警察が政府の手先になって政府に歯向かう者を弾圧するのは日本のことかと思ったら、英国も同じだったのね。

 炭鉱の閉山にまつわる大きな「争議」は日本でも昭和三十年代に頻発したと記憶するが。

 自分たちゲイへの弾圧が軽くなったなと思ったら、その力は炭鉱に向いていると知ったゲイたちは、炭鉱労働者を支援しようと思い立つ。しかしマッチョな炭鉱労働者はゲイの支援を全く受けない。しかし、電話を聞き間違えたウェールズのある炭鉱労組が……。

Maxresdefault

 交わることはないと思えた、ウェールズの片田舎の炭鉱労働者たちとロンドンのゲイたちが合流する。最初は構えていたウェールズの人たちも、「話してみれば普通じゃないか」「付き合いって見ればイイヤツらじゃないか」と思い、ゲイたちも拒絶されず普通の人間として受け入れられて、嬉しい。

 しかし……当然ながら、ゲイに対して生理的嫌悪感を持ち、宗教的拒絶をする人たちもいる……。

 紆余曲折があって、ゲイたちの気持ちは伝わらないように思えたが……。

 感動のラスト。

 静かな演出で、穏やかなユーモアを交えた作品で、観た後、気持ちがすごく温かくなった。

 しかしすぐに、この作品に勇気を貰ったような気持ちになった。そして、時間が経つと、じわじわと感動が沸いてきた。

 ゲイの人たちは、どうして炭鉱労働者をあんなに真剣に支援するんだろう?自分たちと同じだと思ったから?それだけじゃない気がする。

 最初はそうだったかもしれないけど、訪れたウェールズの炭鉱町の人たちは、不器用ながら彼らを受け入れてくれて、古くからの友達のように接してくれた。日頃、ゲイと言うことで親兄弟から拒絶されている彼らにとって、これはなによりも代えがたいものだったのではないか?

 ウェールズの人たちは、「頭で理解」するのではなく、「心で理解」して、彼らを受け入れてくれた。

 そういうところが判ってくると、感動が倍加して、しみじみと心が解れる。

 この作品は、地味で静かな映画だけど、いつもは厳しい映画評論家から熱いファンレターが山ほど届いたというほど、愛すべき作品だ。

 おれも、永久保存して、時々見返して、ゲイやウェールズの人たちから勇気を貰うことにしよう。

 相方帰り、皿を洗い、風呂に入り、0時過ぎに就寝。

 明日こそ、書き始めるぞ!

今朝の体重:89.65キロ

本日の摂取カロリー:2349kcal

本日の消費カロリー:43kcal/1270歩+35kcal(自転車)

2016年9月15日 (木曜日)

9月15日/これで完全脱稿!

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 寝ている間に洗った洗濯物を干す。しかし雨が心配な感じ。

 朝のモロモロを済ませると、お昼前。

 昨日のテニスの後、ラケットのガット張り替えに出そうと思っていて完全に忘れていたのを思い出した。

 ランチタイムに引っかけてスポーツクラブに行くのもいいな。じゃあ相方もガットを張り替えていないようだから、一緒に張り替えて貰おうか。

 と言うことで、急遽、曳舟へ。途中で相方のラケットもピックアップ。

 曳舟に着いたら11時30分。まずは「とんかつ あづま」に入って、一番隅の小さなテーブルの席に座って、大好きな「ハンバーグ定食」を注文。

 すると、ドヤドヤと客が入ってきて、満席。あんまり相席はしたくないので、好判断だった。

 この店のハンバーグ定食は美味い。レストランのハンバーグとは違うこの味がいいんだよなあ。

 その後、スポーツクラブへ向かうが、今日は気温は高くないのに湿気が凄いので、気持ちの悪い汗をかいた。

 で、ガットの張り替えを注文。2本それぞれ注文内容が違うので、くどいほど説明。

 帰路は、いつもと違うルートで。京成に乗ってわざわざ靑砥で乗り換える。

 

 帰宅して、風呂に入る。

 風呂から上がって、講談社新作のファイルを開けるが……。

 モーレツに眠くなってきた。汗をかいて風呂に入ってリラックスしてしまったせいか?

 9月24日発売の角川新刊、書店廻りのルートを考えたりする。25日発売ではなく、24日発売だった。

 「臨場」の再放送をちょっと見ると、また今回も思いハナシみたいなので、やめる。TBSの「ゴゴスマ」って、名古屋制作なのにどうして街頭風景は東京の澁谷を撮すの?どうせなら名古屋の街頭を撮ればいいのに。大阪制作の「ミヤネ屋」は大阪を前に出してるのに。

 石原元都知事は「おれは知らん!」と言うことで逃げ切るつもりらしいが、じゃあ、どのレベルで誰が決めたのか。それをハッキリさせて欲しい。日本的な「空気で決まった」「誰もハッキリと決断していない」というのだけはやめて欲しい。どんな無責任な組織でも、最終判断を下してハンコを押した人物はいるはずだ。

 「5時に夢中!」を見る。「岩井志麻子の怪奇新聞」は、なかなか怖い話を集めてきて秀逸。

 で、支度をして、外出。

 19時前に、北千住東口の昔懐かしの純喫茶(ふうの)「サンローゼ」へ。光文社新作の再校を渡して、最終確認。

 担当T氏は既に来ていた。

 相方が来るまで、再校を見た光文社法務部の見解について簡単に説明を受けていると、相方到着。

 今回は、オカルト風味なので、精神疾患に関する部分があって、その表現について幾つかチェックが入る。そういう部分はハナシの根幹ではないしトラブルを起こしたくないので、法務部チェックには素直に従って、一部修正。

 その後、近所の中華屋に入って、夕食。おれは麻婆丼に羽根つき餃子。しかしこの麻婆丼、ご飯が凄く少なかった。通常の半分以下って感じ。

 食後、けっこう話し込んでしまった。主として、作家の老境について。70くらいになると、どんな作家も作品にも文章にも張りがなくなってくる。しかし健啖家の谷崎潤一郎は違った。死ぬまで食い意地が張っていると言うことはそれだけ生への執着が強くて創作のエネルギーも枯渇しないのだろう。

 T氏をお見送りして、相方とちょっと打ち合わせして、1時間だけカラオケ。ビートルズと三田明とサザンを歌う。

 「夏をあきらめて」は名曲だなあ。この曲が発表された1982年は、日芸を卒業したけどアルバイト生活で、夏は三浦方面の海の家に映画の看板を取り付けるバイトをしていた。その仕事が終わって新橋かどこかの居酒屋で晩飯を食っているとBGMで流れてきたのがこの曲。なんだか物凄く身に染みたのよね~。おれは何をやってるんだろう?大丈夫なのかおれは?と思って。

 恋もお姉ちゃんも夏の海も無縁だったねえ。

 「ヨシ子さん」は歌えないけどリクエスト。歌詞を観て大笑い。というか、この曲は歌えない。絶対字余りになってしまう。

 思えば、サザンって、学園祭ノリのコミックバンドで「勝手にシンドバッド」だけで消えると思っていたのに、スローバラードの名曲を幾つも出して、不動の地位についたもんね。やっぱり桑田って天才だなあと、今さらながら、しみじみ。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、もう1度風呂に入り、ニュースを見て、「アメトーク」を見る。「緊急企画・竜平会解散か?」って……この企画、ちょっとスベッた感じ。というか、上島竜平はもう終わったというイメージが強烈で、それが定着しかねない感じだったのが危険……。

 1時前に就寝。

 なんか、1年近く手を掛けてきた作品が脱稿してしまうと、一抹の寂しさがある。子離れと同じく、「作品離れ」しなくちゃ。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2095kcal

本日の消費カロリー:174kcal/5064歩+103kcal(自転車)

2016年9月14日 (水曜日)

9月14日/いろいろやって、テニス

 7時前起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませる。

 くーたんはなんだか食欲がないようなので、今朝のごはんはドライフードだけにしてみる。

 iOSのアップデートをする。事前にアップデートで支障が出ているというネット記事を読んでいたので、まずMac上のiTunesをアップデートしてからiPhoneを接続してiOSをアップデート。そうしたらまったく問題なかった。

 同じ事をiPadAirにも。

 そうこうしていると、角川新刊「妖女の誘惑」の見本が届いた。出版社との約束によって、書影は発売の25日まで明かせない。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、コーンフレーク、ゆで卵。

 またクロネコさんが来た。今度はアマゾンで買ったGショック用のベルト。

 ボディボード用にヤフオクで安く買ったGショック。普通のベルトでは波に揉まれて外れてしまうので、ベルクロでしっかり留まるモノを探したら、やたらベルトの外周が長いものが来た。これ、写真じゃ判らない。

 それを騙し騙し使っていたのだが、どうにも宜しくない。フィット感が悪いしベルトが余ってしまって不格好だし。(ベルトの下にある砂は、下田・多々戸浜の砂)

Img_2740

 Gショックのベルトを交換してくれる店が四街道にあるので型番と写真を添えて交換可能かどうかメールで問い合わせたら、「部品がもうないので無理」という返事が来た。ここはこの分野ではエキスパートらしいので、一度は諦めたのだが、アマゾンで安い交換用のベルトを見つけた。2000円チョイなので、ダメモトで注文してみた。2000円なら笑って諦められる。カシオ純正のベルトだと5000円以上するし、おれの型番には合わないかもしれない。

 さっそく取説を読むと、何やら細かく書いてある。急に面倒になって、自力で交換したくなくなった。最近、こういう事が急激に面倒になってきた。以前だったらけっこう嬉々としてやったんだけど……パソコンのパーツ交換(CPU取り替えなど)とか結構やってたんだけど、もう、そういうの面倒でイヤ。せいぜいメモリー・モジュールの増設くらい。

 とは言っても、せっかく買ったモノだからと、やってみる。

 すると……意外に簡単にできてしまった。ベルトと本体を繋ぐ部分の取り外しが困難なように思えたのだが、それはそのままで他の部分を取り外せばいいことが判った。

 とにかく、ものの5分で出来てしまった。

Img_2743

 良かったよかった。これでApple Watchを買う理由が1つ減った。まあ、Apple WatchにはGショックにはない機能が山ほどあるので、魅力的ではあるんだけど……。

 自力でやれたので、なんだか嬉しい。このGショックにもいっそう愛着が湧いてきた。

 で。

 光文社の再校、もう1度だけ通して見直す。もう充分見たと思っていたのに、見直せば出て来る。創作物でこれだから、辞書の校正って想像しただけで気が遠くなる。時刻表は機械化が進んでいるんだろうけど(昔はもの凄く大変な作業だったんだろうなあ!)。

 それでもお昼過ぎには終了。いつまでもやってはいられない。どこかで「ゲラ離れ」しなければ。

 サッポロ一番味噌ラーメンに大量のキャベツとネギ、そして卵を入れて食い、残ったお汁に少量の冷や飯を入れて雑炊のようにして食う。

 講談社新作のファイルを開ける。中断してしまったが、その間もイメージを膨らませることはしていたのだ。

 今回の「おれのテーマ」(書くにあたっての狙い)が固まってきた。これがないと、巧く進まない。今回はミリタリーだとかスタイリッシュなミステリーだとかコメディだとか、「どういうふうに書いてやろうか」という自分なりの狙いがないと書き進められないので。

 これが固まっていると、頭の中に具体的なイメージが映像として浮かんで、それを文字にしていくだけなので、凄く早く仕事が進むのだ。あくまで当社比のハナシ。

 「臨場」の再放送を、ついつい見てしまう。しかしこのドラマが扱う事件はどれも重いなあ。重すぎる。いちいちこんな事件ばかり扱っていたら、刑事も鑑識も、精神をやられてしまいそう。「大都会パート2」では、世の憂いを一身に背負ったような渡哲也の後ろ姿に松田優作が「疲れんのかなあ……」という秀逸なひと言をぶっ放したのが大傑作だった。「悪漢刑事」でもちょっとやってやろう。

 その後、夕方のニュースを見る。酒々井のバラバラ殺人事件と豊洲新市場の件。

 豊洲に関しては、石原元都知事が「わしも騙された」と言うようなことを言ったらしいが、石原は都知事時代に工法について突っ込んだ発言をしているので、「騙された」フリをしているだけじゃないのか?いや、耄碌して記憶が飛んでしまったのかもしれないが。

 どっちにしても、ウダウダ言ってないで、地下に溜まった水の分析をとっととやれよ!

 と思ったら共産党議員団が水を取ってきてリトマス試験紙を入れたら「強アルカリ性」だと判ったと。少なくとも雨水ではないと。

 橋下も、以前は「豊洲は安全だろ!」と言っていたのが変わってきたぞ。マスコミ的有名人って、意見を変えたときに「前言を撤回します」ときちんと言わないし撤回した前言について詫びもしない。いつの間にかするっと言い分を変えているのが卑怯この上ない。ま、それが政治家なんだろうけどサ。

 時間が来たので、支度をしてテニスへ。

 レッスンでは足元に飛んで来る球をどうしても取れなかったが、試合ではなかなかのナイスプレーを連発した。コートぎりぎりにストロークやボレーを決めるとか逆サイドの開いたところに決めるとか。

 プールで100メートル泳いでストレッチして、風呂。

 晩メシをどうしようか悩んだが、イトーヨーカドーのフードコートにある丸亀製麺所の新製品「すき焼き釜玉うどん」を食べることにする。あちこちのそば屋で出す「すき焼きうどん」が大好きなので。

 丸亀製麺所のモノはそれとはかなり違ったが、肉が豊富。大にしたら食い切れないほどの量だった。

Main_img_2

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、満を持して22時からの「家売るオンナ」最終回に備える。

 最終回はそれだけの価値はあった。都合よくどんどん進むけど、コメディだから。しかし、来週から三軒家万智の「GO!」が聞けなくなるのは寂しい限り。セリフの音声を抜き出してiPhoneの呼び出し音にしようかな。ちょうど登場人物に「足立」というのがいたので「アダチ、GO!」というセリフが拾えるかも。

 最終回だけ時間を拡大するのかと思ったら、通常の枠内で終わらせてしまった。強引だけど、このドラマらしい。

 

 0時前に就寝。

今朝の体重:89.10キロ

本日の摂取カロリー:2271kcal

本日の消費カロリー:144kcal/4426歩+28kcal(自転車)+702kcal(テニス)+88kcal(水泳)

2016年9月13日 (火曜日)

9月13日/再校、(一応)完了

 トイレに立って二度寝出来ず、ベッドでiPhone観て、7時起床。

 雨~曇り~雨~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはご飯、W目玉焼き、インスタント味噌汁、筑前煮、キュウリの漬け物。

 豊洲の新市場について橋下徹は「現状で安全性は確保されてるんだからそれでいいじゃないか」というようなことを言っているが、この発言にはきちんとした根拠があるのか?

 安全性が確保されているならそれでいいけど、じゃあ「専門家会議の提言」と「それを無視した東京都」についてはどうなの?提言を無視するなら、専門家会議ってまるで意味がないわけでしょ?

 橋下は、他人とは違うことを言わなきゃという意識が強すぎるんじゃないのか?それに、この男の主張が常に正しいワケでもないんだし。

 都民としては、都の一部の職員が「専門家会議の提言」を無視して有耶無耶の形で設計を変更して(というかハナから提言は設計に盛り込まれていなかったと言うことか?)施工して、その事実をずっと伏せていた、というかウソの広報をし続けていたことについて腹立たしいのだが。それについて、もと知事であり市長である橋下はどう思うのか。お得意の詭弁でスルーするのか?

 仕事開始。

 光文社新作の再校。昨夜、やっと「最終章」の手前まで来た。

 で、今日は、満を持して、最終章へ突入。

 この章は差し替え・差し込みが夥しくて、きちんと直っているとは思うけど確認しておきたい。その部分についての校閲からの指摘はないので、まあ大丈夫なんだろう。

 仕事を進める。

 夕方15時頃、お茶漬けを食べる。

 くーたんはアサメシを食べていない。食欲不振か、いつものメニューに飽きたのか。しかしメニューを変えて気に入らないと絶対に食べないし……。猫の好き嫌いって徹底していて、こっちとの根比べになるからなあ。結局譲歩するのはこっちなんだけど。

 仕事を続行。

 16時頃になんとか終了。これでもう一度相方が見ればカンペキだろう。

 「臨場」の再放送を見る。鑑識と捜査一課って、こんなにヒリヒリした対立があるのかね?まあ主人公が特異である事の強調なんだろうけど……常に主人公の見立てが正しくて刑事が間違ってるってのは、どうなのかねえ?たまに主人公が間違える回があっても……。まあ、大岡越前も水戸黄門も遠山の金さんも銭形平次も「絶対に間違わない」んだけど。金田一耕助は全員死んで犯罪の全貌が判ってからやっと推理が完成する「鈍い名探偵」だけど。というか、昔から「名探偵」は事件を未然に防ぐ機能はないのか。ポワロもホームズもそうだもんね。

 昨夜も今朝も風呂に入っていないので、風呂に入って髭を剃る。

 で「5時に夢中!」を見る。岩下尚史、今日も絶好調!このヒトの大暴走を眺めているだけで愉快。ホドが判っているから放送事故になるような大暴走はしないし。インテリおじさんのやさぐれた感じがたまらなく面白いのだ。

 相方からの連絡を待つ間、ウトウト。本当にこの時間帯は、眠い。

 19時30分を過ぎて買い物を終えた相方から連絡が入り、おれも外出。しかしあいにくの雨。

 北千住駅まで歩く。

 マルイ9階で相方と待ち合わせて、半分以上改装中のレストラン街で店を探して、「ラケル パン」に入る。

 ラケルと言えばオムライスで、オムライスとハンバーグというお子様ランチみたいなメニューに激しく惹かれたが、おれはトリのコンフィのセットにする。「真田丸」で本多正信がトリの足にかぶりついて美味そうに食っていたのが印象深かったので。

 コンフィって、あげるのより低温の油でゆっくり火を通す調理法なのか。

 サラダとポタージュの後、メインのコンフィが来る。素揚げみたいな感じか。

 美味い。

 食べながら、スケジュールの確認と年末に予定している「取材旅行」の確定。幾つかプランがあってどれにするか決める。一番手軽で経費もかからないプランにする。

 デザートに「プリュレ」を頼んだが、プリンに載っているカラメルの量はメニューにあったのとは大違い。ま、仕方ないか。

 食後、相方に再校ゲラを渡すが、「初校でしっかり見たから、1箇所だけ確認すればいい」と、その場で見て、校閲が付箋を貼ってきたところや、おれが貼った「ご相談」箇所だけ見て、終了。

 なんだか不安なので、おれが通してもう一度だけ見ておくか。

 雨は止んでいた。

 歩いて帰宅。

 暑くもないのに湿度が高いせいか、妙に汗が出る。いやこの汗は更年期障害的な汗か?

 とにかく、帰宅したら汗びっしょり。

 また風呂に入る。汗を流すだけ。

 風呂場の外で、くーたんがいつになく妙な声で鳴く。しかし風呂から出ると普通にしている。ただ単におれが姿を消したのが不安だったのか?

 年末の取材旅行、いろいろ調べて条件に合うものを探して、予約を入れる。

 その後、 くーたんに晩ご飯をだし、抱っこしながらニュースを見る。

 千葉・酒々井の「姉が弟をバラバラにした(のであろう)事件」、親が離婚して別居したもう片方の所在が不明らしいとか、いろいろ闇がありそう。

 旭川でも妙な事件が起きているし、最近こういうのが続くな……。

 汗も引いたので、24時前に就寝。

 消灯したら、くーたんが盛んに鳴いてバタバタ走り回っていたが、寝る。

 漁村に移住して、穏やかな「海ライフ」を送る夢を見た。ありがちな「地元の人との対立」もなく、実に穏やかな日々。こんな田舎ライフがおくれれば最高なんだろうなあ。

今朝の体重:89.25キロ

本日の摂取カロリー:2079kcal

本日の消費カロリー:121kcal/3529歩

2016年9月12日 (月曜日)

9月12日/再校に悪戦苦闘

 6時過ぎ起床。

 しばらくベッドでゴロゴロ。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは薄切りトースト2枚、クランベリー・ジャムを入れたコーンフレーク、ゆで卵。

 その後、朝風呂。

 ヤフオクで買ったGショック、バンドがデカすぎて余っているので交換したい。千葉・四街道にやってくれる店があるので型番と現状の写真を添えて可能かどうかメールを出す。

 Gショックの部品はすぐに生産終了してしまうので、それが物凄く不便。安いものなんだから新品をどんどん買い換えてくれと言うことなんだろうけど。

 相方から戻った「黒い報告書」原稿ファイル、最終確認して週刊新潮担当のK氏に送る。

 光文社再校ゲラを開始。

 今日も「こと」連発の書き換え。いやもう、参ったね。

 最高の本題は、最終章の大量の差し込み・差し替えがきちんと直っているかを確認して、テーマがちゃんと表現出来ているかの確認なのに……なかなか最終章に到達しない。

 12時を過ぎて、外出。「写真入りマイナンバー・カード」を受けとらねばならないが、それは13時。受けとってからメシにしようと思っていたけど、どうにも腹が減った。

 ハンバーグでも食うかと、北千住西口の「ライオン」にふらっと行ってみると、「9月限定広島産牡蠣の牡蠣フライ!」というのに惹かれて、牡蠣フライのランチ。

 美味い。

 その後、マルイ10階の特設会場に入って、「写真入りマイナンバー・カード」を受けとる。身分証としては運転免許があるから不要なんだけど、出版社から印税や原稿料の支払いにマイナンバーが必要と言われ出したので、紛失する前にきちんとカードにしておこうと言うことで。なんせ「住基カード」なんてどこに行ってしまったか判らないし。

 受けとる手続きは結構面倒。というか厳重。まあこれくらいしてくれないと不安ではある。

 無事カードを受けとって、マルイ地下の食料品売り場で買い物。千葉まで行かなくても買える「磯海苔」を買うが、美味そうなカツオのタタキがあったので買う。タマネギスライスと青ネギしか薬味(というか野菜)がついていないので、ニンニクや生姜、茗荷も買うけど、ここで買うと高いんだよな~。品物はいいんだけど。いつも行くスーパーと客層も違うし。北千住のセレブ(というか小金持ち)が買いに来るのね。

 帰宅して、仕事再開。

 粛々と「こと」を書き換え続ける。

 四街道の時計屋さんから返答。部品がないからバンドの付け替えは出来ないと。じゃあ現有勢力で何とかするしかない訳ね。いろいろ工夫すれば出来そうだけど、それをやるのは面倒だから、やらない。

 17時になったので「5時に夢中!」を見る。「やっつけ晩ご飯」は、本気で時間内に料理を完成させる気はほとんどないのね。そう割り切って観ればいいのか。って、今ごろ判ったのかよってハナシだけど。

 で、豊洲の新市場の件で、若林さんが「橋下/羽鳥の番組で若狭さんと橋下サンが激論になってたんだけど」と。橋下は「安全が確保されているなら問題ないじゃないか」という線で撃破しようとしたらしい。あの番組は「なんでも橋下の言う通り」というスタンスだから、観なくなった。公共の電波を使って、どうしてここまで橋下をヨイショしなきゃいかんのだ。BPOに訴えてやろうか?

 で、その「豊洲新市場」、続々と問題点が出てきた。

 まあ、いち東京都民としては、「食の安全」が確保されるなら、それでいいんだけど。しかし揮発性のベンゼンがコンクリートを通過して地下の空洞に充満して上階の市場に上がってくるかもしれないと言われたらヒジョーに不安。橋下はここまでのことを知っているのかどうか。橋下が森羅万象正しい事実を知って正しいジャッジを下すとは到底思えない。

 つーか、専門家会議で決まった安全策を、誰かがいつの間にか変更してまったく違う設計にして施工してしまったって、それが大問題。じゃあ専門家会議なんて不要だったわけだし。専門家会議ってたんなる「儀式」「権威付け」「カッコだけ」だったのか。

 ま、コンクリート床の水をきちんと分析して、地下室の空気も測定して、安全性を証明してくれたまえ。ホント、マジで。

 それにしても、アゴラかブロゴスかなんだか忘れたけど、築地の移転にどうして反対するのか、反対する奴はバカだと言わんばかりのことを書いていたヒト、どうしちゃったカネ?このままトンズラするんだろうか?

 夕食。

 ご飯は炊けたが、付け合わせ野菜にキュウリと大葉が足りない事に気づいた。もう面倒だから、アリモノで済ますか?いやしかし、せっかくマルイの地下で買った「美味しいはずのカツオのタタキ」なんだから、万全な状態で食いたいじゃないの。

 ということで、スーパーに走って、追加の買い物。

 帰宅して、キュウリをスライス、ニンニクと生姜をみじん切り、茗荷もスライスして混ぜて、カツオのタタキと食す。

 美味い。

 大量の野菜を美味しく食べられる。料理屋で食うと妙にお上品ぶって野菜が少ないけど、本来のカツオのタタキは、ニンニクと生姜たっぷりの野菜をポン酢で盛大に食うべきモノなのだ。その方がカツオも美味い。

 食後、「有吉ゼミ」を観る。どん底から大復活して休む暇もない有吉は、田辺エージェンシーを敵に回してまたどん底に落ちたくないんだろうねえ……だったらもっと賢い戦略があったはずだけど……と当人同士は否定している事について、あれこれ考えてしまう。しかし、いつの間に田辺エージェンシーって「業界のドン」的位置になったの?

 「的場浩司別荘を買う」コーナー、中軽井沢の超豪華別荘が、約2億。これだけの超豪華な別荘がたった2億?って思ってしまう。ま、思うだけなら自由ですから。

 21時になって、仕事再開。

 くーたんが「遊べ!」とにゃあにゃあ攻撃してくる。

 部屋に監禁しているから、そりゃヒマだよねえ。だけどおれも仕事しないと生きていけないからねえ。

 いかんいかんと思いつつ、小腹が減ったので、薄切り食パンにマヨネーズをつけて、牛乳とともに。こんな時間にパンを食べるのはいかんのだけどな~。

 韓国南部で「観測開始以来最大の地震」が発生。しかしほとんど報道されない。それは情報が入ってこないからか?
 ヒラリーの体調不良について、トランプ陣営は「健康不安攻撃」をせず、エールを送ったと。選挙戦終盤でイメージをよくする戦略に出たか?

 0時近くになって、力が尽きた。

 「月曜から夜ふかし」は録画して、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:2158kcal

本日の消費カロリー:96kcal/2543歩+81kcal(自転車)

2016年9月11日 (日曜日)

9月11日/仕事とテレビの日曜日

 7時前起床。

 雨~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、昨夜は入らなかったので、朝風呂。

 その後アサメシで、ご飯に玉子焼、インスタント味噌汁に漬け物。

 仕事開始。今日は週刊新潮「黒い報告書」をやる。昨日やっておけばよかったと反省。仕事の順序を間違えた。

 行数がないので、とにかく簡潔な表現を心がけて、重複は御法度。これでもかとやってもゲラでは全面的な指摘が来るから、週刊新潮はヒジョーに厳しい。

 昼は、ハムサンドを作って食う。

 今日は午後から雨という予報だったのに、朝降って昼には止んだ。しかし外に出るとペースが乱れるので、今日は自主的蟄居。

 NHK-FM「きらクラ!」は録音。

 仕事を進める。

 相方の下書きを削りに削って見せ場を書き込み、また削る。

 17時を過ぎて、休憩。「笑点」を見る。マギー司郎のマジック、いつもはふざけたネタをやって最後にマジなヤツを見せて「おおっ!」と思わせるのに、今日は肩すかし。

 しかし三平は宜しくないね……。

 18時からは、BSで「真田丸」。

 今回は、真田昌幸vs.本多正信の知恵比べ。平和な時代になって精彩がなかった昌幸が、徳川を相手に策を弄するのが痛快。絶対飲めない和睦案を出して時間稼ぎするのは秀逸!

36a

 老獪な正信は「退路を断たれましたな」とあくまで冷静かつ余裕ある態度。すべてお見通しで、初陣なのに大将の秀忠は「(この局面は)怒っていいのか?」と自分では何も判断出来ない。

 近藤正臣の人を食った芝居が実にいい!諧謔味溢れる芝居の冴えは老境ゆえか?

36b

 「葵・徳川三代」の時、真田に足止めを喰らって関ヶ原に遅刻する大失態をやらかしてしまった秀忠(あの時は西田敏行)についてじっくり描いていたけど、今回はその「失態」(真田から見れば大手柄)がよく判らない。それは次回、関ヶ原の帰趨と合わせてきっちり描くのだろう。なんせ佐吉の報告があるまで、「豊臣対徳川」の争いは長期化すると誰もが見ていたのだから。それが、半日で決して仕舞うとは。

 ああもう、来週が待ちきれないぞ!

 夕食は、セブンイレブンの冷凍ハンバーグにキャベツの千切りを添えて、ご飯とオニオンコンソメ・スープ。

 冷凍ハンバーグは日本ハムやニチレイなどいろいろ食べたが、セブンイレブンのが一番美味い。ちょっと驚くほど美味い。

 「鉄腕ダッシュ」を見ながら食う。新宿の「東京富士大学」の校舎屋上に自然を再現する企画。しかしこの校舎、かなりの年代モノだなあ。それはともかく、新宿の「薬王院」にこんなに豊かな自然があったとは本当に驚き。

 ダッシュ島では、ついに水路が完成!無人島を開拓するって、男の子の夢だもんなあ。「冒険ガボテン島」からの夢だもん。

 見ていたらなかなか終わらない。2時間スペシャルだった。

 見終わって、仕事に戻る。

 「見せ場」はこれでいいのか、多少不安だが、行数をピタリと合わせて、完成。相方に送る。

 ノースショアで買ったTシャツがぼろぼろになったので、捨てる。また行きたいねえ。

 Tシャツを着替えて、ゴミ出し。

 フジテレビ「Mr.サンデー」を少し見て、高畑裕太の件になったのでチャンネルを変え、関ジャニの番組を途中から見る。絢香の創作過程を「鼻歌メモ録音」の段階から聞かせるのが興味深い。曲先行の場合、歌詞はどうやってつけるんだろうというのが疑問だった。いろんな人の創作過程を知るのはとても興味深い。

 鍵盤楽器でなくてもMIDI楽器が使えれば、GarageBandでデモは難なく作れてしまうんだもんね。

 ひとつ仕事を終えると、なんだか充足感があって、まだ余力がある。じゃあ再校をやるかと広げたが、すぐにめげて、本日終了。

 iPhoneに入ったニュース速報で、911の式典でヒラリーが倒れたと。大事はないようだが、これでトランプが大統領になったら困るぞ。

 今朝入ったので、風呂は省略。

 0時過ぎに就寝。

 遊び足りていないくーたんがさかんにアピールするが、寝る。

今朝の体重:90.10キロ

本日の摂取カロリー:1281kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ 

« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト