« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

2016年10月9日 - 2016年10月15日

2016年10月15日 (土曜日)

10月15日/新刊挨拶書店廻り最終日と「夏目漱石の妻」最終回

 8時前起床。

 久々の快晴。

 昨日同様、寝ている間に洗った洗濯物を干す。よく見たら洗濯機にはタイマーがついていた。これを使えば洗い終わって数時間、洗い物を洗濯槽の中で放置することもなくなるわけね。

 こんないい天気だと、どこかに行きたいねえ。

 熊谷方面の日帰り温泉に行きたいのだが……あの方面は電車で行くのは不便。

 朝のモロモロを済ませる。

 懸案の、macOS Sierraにバージョンアップする。OSのバージョンアップは毎回、意を決して挙行する感じ。

 なんせ時間がかかるし、やったあと挙動不審になったり使えないソフトが出てきたりするから。

 TimeMachineでバックアップは取っているが、その上に一応、原稿ファイルや写真、音楽データは外付けHDDにも保存したので、「すべてを失う」事はない。

 アサメシを作りながら、アップデートファイルをダウンロード……と思ったら、もうバージョンアップ作業が始まっていた。

 その間、アサメシ。スパム&フライドエッグ。なんだかエッグスン・シングスで朝食の気分だけどキャベツの千切りをつけると一気に和食になる。それとご飯とインスタントのしじみ汁、しば漬け。

 スパムにはケチャップ、中濃ソース、マヨネーズをつけてみるが、どれも美味い。

 食べ終わって皿も洗い終わったが、まだアップデート作業は完了していない。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。ゴリラの写真は見事だけど……あんまりゴリラに興味がない。凄く賢いしフレンドリーらしいんだけど。しかし、真野恵里菜はキレイだなあ。

 「サラメシ」も見る。能の宝生流は、弟子が住み込みで研鑽を積む。亡くなった人を偲ぶコーナーは毎回しんみりする。今回は山口洋子。秀でた人はやっぱり凄いんだなあ。おれも少しは秀でたところがあると思っているんだけど、本当に秀でた人を見るとなあ……近寄りがたいなあ。

 90分ほどでアップデートは完了。

 SiriがiMacでも使えるようになったが、「メールを読みたい」と言うと、何故か古いメールを表示するのは嫌がらせか?と思ってしまうほど。なんか使えない感じ。

 しかしそれ以外では、リフレッシュ効果もあるのか、動作が速くなっていい感じ。本当は「新規インストール」が理想なのだが、それは面倒くさいので、今回も「上書きインストール」。それで充分じゃないの?と思ったり。以前というか「OS9」時代は不要な初期設定ファイルとかが残っていると挙動不審の原因になったりしたが、今はそうでもないし。

 ある書店さんが書棚に「安達コーナー」を作って戴けるとのことで、過去の作品のPOPをプリントする。デジタルデータって劣化しないはずなのに、古いPOPの書影がなんだかくすんだ画質になってしまうのはどうしてだ?

 関西用に作った大判も含めて、使えそうなものはすべてプリントする。

 

 プリントし終わったのが15時過ぎ。

 新刊挨拶書店廻り、2軒だけ残ってしまった。明日にしようかと思ったが、ええい、今日行ってしまおう。

 昨夜、相方と食事する予定だったが、おれがもう疲れ切ってヘロヘロだったのと、北千住に帰り着く時間がかなり遅くなりそうだったので、今日に順延していたので、スケジュールを組み、いろいろ今日中に終わらせてしまうことにする。

 足立郵便局でPOPを速達で出し、お稲荷さんに増刷祈願をし、それから都心の書店さんに向かう。

 そういや先日の秋葉原・ヨドバシ前にはラテン系のおっさんが集団でウロウロしていた。イタリアかスペインか南米か。とにかく典型的「ラテンおやじ」が集団で所在なさそうにぶらついていたのは凄かった。アキバで買い物をしようとして、よく判らなくて買い物をあきらめて、仲間が買い終わるのを待っていたのか?

 今日の銀座はとにかく中国人が多かった。オシャレしていてもその感覚が微妙に違うので、すぐ判る。日本人の感覚からすると、ちょっと遅れてる感じ。

 まあ、日本人だってヨーロッパに行けば「ちょっと遅れてる違和感」を与えまくってるんだろうけど。アメリカの場合はもう入り乱れてるので、そういう「違和感」はまるでないのが凄いけど。

 で、今回の新刊挨拶書店廻りは、完遂!予定した書店さんはすべて廻った。

 一度帰宅して、日テレ「青空レストラン」を見る。

 新潟の砂地で作る里芋。しかしこの番組、みんな美味そうに食うなあ!時にはさほど美味くないときだってあるだろうに。

 相方の連絡を待ち、20時前にルミネのレストラン街で落ち合う。

 「ステーショングリル」でハンバーグでもと思ったけど、移動中に、急に中華が食いたくなって、「紅虎餃子房」に入って、注文しまくる。あんまり点数が多いので隣のテーブルをつけて貰うほど。

 玉子トマト炒め、白菜と春雨のクリーム煮、鶏肉とカシューナッツ炒め、春巻、餃子にチャーハン。それにグラスビール。

 すべて美味い。今、おれが求めていた味。ずーっと以前にイタリアに行ったとき、ローマを歩き回ってヘトヘトになって入った中華料理屋のアミノ酸の味が物凄く有り難かった。あの時と同じ感じ。

 食べながら、今後の新刊挨拶のあり方について、相方と話す。

 去年は角川と徳間が2週間おかずに続けて出たので、角川の時にお渡ししたPOPの使用状況が判ったのだが、その去年に比べて今年は宜しくない。というか、書店さん全体でPOPを使わない傾向になってきた。全く使わないお店も去年より多いし。

 まあしかし、それでも、挨拶代わりに足跡を残す意味でもPOP配りは継続すべきか。なるべくフロア担当の店員さんに手渡ししないと使ってくれない率は高まる(仕舞い込まれて忘れられてしまう)が、行った時にフロアの店員さんと会えるとは限らないわけで。

 しかし、秋葉原以南の書店のウケはとてもいい。POPも使ってくれているし。

 相方は「ミレニアム」シリーズの最新作がとても面白いと。元の作者が亡くなって、別の作者が引き継いだかたちだが、違う作者の持ち味が融合して脇役の人物が魅力的に描かれていると。

 21時30分過ぎに帰宅。

 「ブラタモリ「夏目漱石の妻」最終回は録画したので、くーたんのご飯を出したり。

 で、22時過ぎから、「夏目漱石の妻」を見る。いや~見ればみるほど、尾野真千子は魅力的な女優だなあ。まさに千変万化。怒鳴りまくる強い女をやらせれば敵無しだし(「ドクターX」にゲストで出て米倉涼子と対決して欲しいほど)、黙って耐える女も凄い。とにかく、尾野真千子から目が離せない(という割りには追いかけているわけでもない……)。

 漱石が死んでしまって終わり、ではないところがよかった。でも、もっと見たい!この先を見たい!回数がもっとあれば、大塚楠緒子の件ももっと細かく描けただろうし……。

 漱石は気難しいと言うよりも、ほとんど「ヤバい」感じの人だったようだから、奥さんは大変だったろうなあ、と思う。「漱石の思い出」を読んでみたくなった。

 で、0時を回ってしまった。これから風呂に入ると寝るのが1時を過ぎてしまうので、風呂は省略して、0時22分、就寝。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:1926kcal

本日の消費カロリー:218kcal/5342歩+110kcal(自転車)

2016年10月14日 (金曜日)

10月14日/新刊挨拶書店廻り第3日

 7時40分頃起床。

 曇りだが、睡眠中に洗濯した洗い物を干す。

 昨日あんなに歩いて気功までしたのに、体重が1キロ近く増えてる!たぶん、お通じがなかったせいだろう。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシは玉子かけご飯にインスタントのシジミ汁に京菜の漬け物。

 今日は早めに出て早めに帰ってこようと思いつつ、なんだかんだで家を出たのは12時過ぎ。

 本日は東武北千住駅構内にある3軒の「東武ブックス」からスタートして、日本橋や東京駅周辺のあと、羽田空港を経由して川崎・横浜方面へ。

Img_2761

 今日も、喜んだり凹んだり。写真のように安達の近刊を集めておいてくれている書店さんもあれば、置いてくれていない店もある。

 顔馴染みの店員さんが居る書店さんはともかく、大規模書店さんや店員さんの入れ替わりが多い店だと、飛び込みセールスだと思われてほとんど追い返されたり、光文社の営業に間違われたり。まあそれは仕方がない。「あの、僕は光文社のものではなくて、これを書いた者です」というと驚かれるもんなあ。ごく少数のウルトラスーパー超有名作家以外、顔なんか知られていないもんね。名刺を出しても「本人から名刺を預かった代理人」だと思われるし。名刺に顔写真を刷り込んで免許証と一緒に見せるか?しかしそれでも本名とペンネームは違うから証明にはならないし。最近はカバー折り返しに「著者近影」が載ることも減ったし、そういう「顔見せ」はしたくないし……。いちいち「書いた本人ですけど」というのもイヤらしいしなあ。

 しかし、こっちが恐縮してしまうほどよくして戴ける書店さんもあるし。そういうお店に行くと、凹んだ気持ちが一気に回復して、有り難くて、とても嬉しくなる。

 羽田空港以南の川崎・横浜方面のウケが良い。これは以前から一貫してのこと。何故?

 ランチは、羽田空港第2ターミナルの「新宿アカシア」でロールキャベツとメンチカツのセットを。書店廻りで新宿に行っても、なかなかタイミングが合わなくてアカシアに行けないので。

 この店の今はなき「ペパソテー」(ソーセージ炒め)が懐かしいなあ。

 京急川崎駅構内の立ち食いそば屋で「期間限定・海苔あさりそば」を出しているのを見て、凄く美味そうだったので、食べる。
Mainvisual4

 おお、これは美味い!しばらく京急川崎に通いたい……京急品川駅構内にもあるのね。

 今月いっぱいかあ!

 この後回った書店さんでは、とても有り難いお話を戴いた。この件は成就した暁に、きちんと書きます。

 本日の予定はすべて回って、19000歩。足が痛いし、もう、ヘロヘロ。疲れ切った。外の風は冷たいけど暖房が入っているのか屋内は汗ばむほどで、けっこう汗をかいたし。

 横浜から上野までグリーン車に乗り、崎陽軒のシウマイ弁当を食べる。しかし横浜からだと、あっという間に着いてしまうので、焦って早食い。

 20時過ぎに帰宅してもう、疲労困憊。

 あと2軒、ボウリングのスプリットみたいな感じで残ってしまった。しかしまあ、初志貫徹して明日廻るか。

 干しっぱなしの洗濯物を取り込む。洗濯は明日やって干せばよかった。

 少し長風呂。

 あがってから汗が引くまでテレビを観る。

 六本木の事件、ひどい!上からモノが降ってきたら判らないもんな。絶対に許されない過失。

 明日、MacのOSを最新の「Sierra」にバージョンアップする。バックアップは取っているが、万が一のために、文書ファイルや写真データなどを違うHDDにコピーし始めたら、終了まで8時間とか表示されてしまった。まあコピーが進めば所要時間はどんどん短縮されていくのだが。

 TBS「A-Studio」に織田裕二が出ていて、「作品のことを真剣に考えたら、どうしても結末を変更したくなった」と、「振り返れば奴がいる」の最終回の収録現場での大胆な結末の変更について勲章のように語ったが、この件は、脚本を担当した三谷幸喜にとっては屈辱的な事(このドラマ自体、脚本が現場で大幅に変更されて静かな怒りを溜めたらしい。その結果、舞台「ラヂオの時間」(新人が書いたラジオドラマの脚本が現場でどんどん際限なく書き換えられていく)となり、ドラマ自体はヒットして、プロデューサーも三谷さんに申し訳ない気持ちがあったので、次は三谷さんの希望が通って「古畑任三郎」が誕生した……。

 織田裕二に関しては金子修介監督も「卒業旅行 ニホンから来ました」撮影中の怒りを「月刊シナリオ」にかなりダイレクトな表現で書いていた。

 こういう役者は、ヒットを生んでいるときはいい(周囲がひたすら我慢する)けど、下り坂になると強い反動がくる(干される)もんなあ。当人は「いい作品にしたい一心で」と言うけど、脚本が織田裕二に渡るまでにスタッフが磨いたものだし……役にのめり込んだ役者のインスピレーションを一概に否定するつもりはない(否定するとアドリブまで否定することになるし)が、スタッフサイドの人間としては、「この役者とは仕事したくない」気持ちになる。

 そのあと「タモリ倶楽部」をオンエアで見始めたが、あまりにも眠くなったので、録画はしているので途中で寝る。しかし、真野恵里菜は美しいなあ!

 

 コピー作業中のiMacはそのまま動かして、0時40分ごろ就寝。

今朝の体重:88.80キロ

本日の摂取カロリー:2643kcal

本日の消費カロリー:786kcal/19717歩+44kcal(自転車)

2016年10月13日 (木曜日)

10月13日/新刊挨拶書店廻り第2日

 7時前起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、相方と電話で話していると、青汁の宅配が来た。

 アサメシはご飯に目玉焼き、インスタントのしじみ汁、京菜の漬け物。

 今日は10時過ぎには出発出来ると思っていたのに、なんだかんだで11時を回ってしまった。

 今日は夜、気功に出るので、荷物がある。先に気功教室の最寄り駅・浜町に行ってコインロッカーに荷物を入れて、今日は新宿からスタート。

 山手線沿いに回るが、先月渡したPOPがあまり使われていない現実に、ガックリ。

 まあ、考えてみれば、一時は新刊平台はPOPだらけでうるさくて仕方がないときがあった。POPが多すぎて肝心の新刊が見えないほどだった。あれじゃあ逆効果。だから書店さんも使うPOPを厳選してるんだろう。

 ということは、POPのデザインを見直してリニューアルすべきかも。今のフォーマットはもう新刊書店廻りをし始めてからずっと同じだもんな。2005年8月刊の「愛の道化師」から始めたから、もう11年経つのね。

 かと思えば秋葉原の各書店さんではきちんと使ってくれているし、東京駅構内も同様だし、書店さんに寄ってはPOPをパウチして大事に使ってくれていたりして、感激。

 捨てる神あれば拾う神あり。それを実感。めげずに頑張ろう。

 途中でランチ。ビアホールのランチは美味い。ポークジンジャーのセットにドリンクバーをつける。

 東京駅構内のアンデルセンで休憩。オレンジジュースとガーリックフランスを食う。

 並行して相方も新刊挨拶の書店廻りをしていて、iPhoneのメッセージで状況を教えてくれる。相方が回る書店さんでの感じはすこぶるいいらしい。有り難いことだ。

 上野に回って、日比谷線で人形町。1軒回って、浜町駅まで歩く。けっこう遠かった。

 かなりヘロヘロになって浜町会館着。

 久々の気功。全身がガキガキ。かなり疲れていて、座って静かにやるとき、たぶん、ほとんど寝ていたんじゃないかと思う。

 気功のあと、「えいと」へ。

 席が近くの芦川さんやガクちゃん、霧原さんと「シン・ゴジラ」について熱く語り、「君の名は。」の素晴らしさを聞かされて、これはスクリーンで見なきゃと改めて思った。この作品の唯一の懸念材料「男女の入れ替わり」については「まったくメインではないので気にならない」とのこと。

 キノコのソテーやポテトサラダ、チキンのグリルに出汁巻き玉子、焼きそばなど。グラスビールにハイボールを飲む。

 新刊を2冊、皆さんにお配りするが、出席者のカウントを間違えて、二人分足りなかった。その分は郵送することにして失礼をお詫びする。

 お店のテレビで、ノーベル文学賞にボブ・ディラン、というニュースを見た。物凄く意外。歌の歌詞が対象なんて。

 まあ、村上春樹は全世界で売れているベストセラー作家だから、マイナーな作家に光を当ててその活動を救済する、というのが目的みたいなノーベル文学賞には向いていないんだろうなあ。文章も平易だから。難解で格闘しなきゃいけないような作品じゃないと受賞できないんじゃね?

 というか、もういい加減、村上さんをこの「ノーベル賞狂騒曲」騒動から救ってあげたい。

 久々に皆さんに会ったので、話し足りなくて、近くのバーへ。ガクちゃんに「二つ目に行くのは珍しいですね」と言われて「おれはじゃあ、前座って事ね」とトンチンカンな事を言いながらお店へ。

 モヒートを飲み、チーズやナッツを食べる。

 終電が近くなったので、0時過ぎに解散。皆さんはもう1軒行くらしいが、おれは日比谷線で帰宅。

 いやもうヘロヘロ。今日は18000歩歩いたぞ!その上、気功をやった自分を褒めてあげたい。

 風呂に入ってゴミ出しをして、くーたんの機嫌をとっていると1時を大きく回ってしまった。

 明日は新刊挨拶書店巡りの最終日の予定。原稿も書かないと。

 1時50分就寝。

 いろいろ妙な夢を見た。

 夜中に、くーたんがにゃあにゃあと申し訳なさそうに鳴いているので目を覚ますと、廊下に締め出していた。引き戸を開けると部屋の中に飛び込んできた。こういう締め出しは年に数回やる。

 すぐベッドに戻って爆睡。

今朝の体重:87.70キロ

本日の摂取カロリー:2591kcal

本日の消費カロリー:660kcal/18003歩+24kcal(自転車)+562kcal(気功)

2016年10月12日 (水曜日)

10月12日/「サマワの悪魔」発刊挨拶書店廻り第1日

 6時30分起床。

 薄曇り~晴れ。

 体重を量ったら、驚くべき減少。これはお通じがよかったからだろう。しかし昨日、あんなにドーナツやバウムクーヘンを食べたのに……。

 朝のモロモロを済ませ、新刊告知をmixi、Facebookと公式サイトに書く。

 アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳。

 本日は新刊「サマワの悪魔」の新刊挨拶書店廻りの第1日目。夜にテニスに行きたいので、あまり歩き回りたくないので、船橋~成田空港方面へ。

 10時過ぎに出発。

 トーストを食べたのに、北千住駅で立ち食いそばが食いたくなって、というか、電車まで10分あったので、ボーッと待ってるなら蕎麦でも食おうと言うことで(この発想は間違っていると我ながら思うが)「小諸そば」でかき揚げそばを。

 美味い。

 錦糸町から総武線に乗って、船橋方面へ。

 船橋の「ときわ書店」では、いつもメールをくださるU氏と売り場で会えて、その場でPOPを立ててくだすった。

Img_2759

 そのあと、成田空港へ。

 第2ターミナルのあと、第3ターミナルへ。歩くと10分くらいかかるので、無料バスを使う。

 第3ターミナルのロビーでランチ。「ロコモコ丼」を食べる。カツカレーにすればよかった。

 第3ターミナルから第1ターミナルへは無料バスを乗り換えないと行けないが、タイミングよく、待つこと無く無料バスの乗り換えに成功。

 第1ターミナルに到着したら……。

 テレビのクルーが外国人にインタビューしていた。腕には「……日本へ?」の腕章。

 回り込んで見てみたら、マイクには「YOUは何しに」の文字が。

 おお、これはあのテレ東の「YOUは何しに日本へ?」の取材ではないか!本当にやってたんだ!イヤそりゃ本当にやってるんだろうけど、その場に遭遇すると、なんか感動と同時におかしくなってしまった。
Img_2760

 食事に関しては、第2ターミナルの方が充実している感じがする。というか、空港らしく簡単に済ませられてそこそこ美味い。第1ターミナルにはロイホとか入ってるんだけど……。

 ということで、本日予定分は終了。

 POPは使ってくれているところと使ってくれていない店がやっぱり半々。お店が作ったPOPしか使っていないところもあるし、それはお店の方針だから仕方がない。もっと字を大きくして文章を減らすべきかも。

 発売日ということもあって、まだ店頭に並んでいないお店もあった。これはちょっと寂しい。売り上げのいいお店にお邪魔しているので、置いてくれないという事はないのだが。

 成田空港から京成の成田スカイアクセス線に乗る。来る時は京成本線に乗ったので、速度の違いがよく判る。スカイアクセス線はもう爆走。

 その代わり、車内は巨大スーツケースだらけ。日本人旅行者だって大きなキャリーケースを持っているが外国人旅行者はその倍以上の荷物を車内に持ち込む。これは京急線も同じ。だから、何回線の車掌の「問題アナウンス」は、言葉だけを取り上げれば「外国人差別だ!って事になるかもしれないが、実態を考えれば、おれはあの車掌を責められない。しかし、ネットではあの車掌を厳しく責める文章もある。その文章がまた小賢しくてイヤらしい。まるで「小型の長谷川豊」。自分はあくまで正義で正しくて、それが判らないヤツはバカ、というあの態度ソックリ。そう言う自分の態度を客観視できないところもそのまんま。

 ま、これは自戒すべき事でもある。

 長谷川豊がすべての仕事を失ってから、考えること多々なのだ。彼のブログの内容に問題は大いにあった。しかしその問題は主として、あの文章のイヤらしさ、小馬鹿にした感じだったのではないか?同じ事を違う表現で書いていれば、すべての仕事を失うことにはならなかっただろう。

 そのへん、他山の石とすべきだと思う。おれを含めて、ネットに書いている者は全員。ま、炎上狙いなんだったら話は別だし、長谷川豊は明らかに炎上狙いではあったのだが。

 一度、帰宅。

 東京西部で大停電。新座の地下ケーブルが燃えて、変電所が止まったせいらしい。しかしバックアップ回線への切り替えとか、瞬時は無理でも短期間では無理なのか?2時間ほどで停電はすべて解消されたみたいだけど、西武線への影響は長引いた。

 17時30分頃までテレビを観る。「5時に夢中」はこの大事件を見事にスルー。生放送なのに!

 新座の現場周辺には各局がヘリを飛ばしているけど……いつも思うが、こういう場合、「共同取材」をすべきじゃないのか?どの局も同じような映像なんだし。

 で、テニス。

 レッスンはまあまあ。結局1万歩歩いたけど、その影響はない。意外に丈夫じゃん、おれ。

 しかし、試合ではあんまりいいところナシ。前衛で、横に来た弾が取れない。後衛だと追えるのに。咄嗟の動きが出来ないのね。

 プールで少し泳いでジャグジーも使って筋肉をほぐし、風呂に入る。

 さほど腹が減っていないので夕食は抜いてもいいかなと思ったが、曳舟駅前の「上海菜館」でトリカラのネギソース定食。

 美味い。

 帰宅して、明日分のPOPを少々増刷して、「校閲ガール」を見る。

 このドラマに対して「本物の校閲者が怒っている」「放送事故レベルのあり得なさ」とかでっち上げ報道以前からいい加減な記事をたくさん載せていた「ビジネスジャーナル」に載っていたが……校閲者だけに自分の分野だから心置きなく突っ込んだんだろうという書き込みを読んで、なるほど!と思ったし、テレビ評論を数多く書いているライターさんが、「これはドラマなんだから!」と胸がすく思いのいい文章を書いてくれた。

 だいたい、どんなにくそ真面目な校閲者でも、ドキュメンタリーとドラマの違いが判らないはずがないし、ドラマでもリアルなドラマと、かなり誇張の入ったものとは大きく違うし、リアルそうに見えて巧妙なウソが多数あるものだってあるんだし、そのへんの「匙加減」が判らないはずはないのだ。このドラマを単純に批判した文章を書いたライターがバカで、それをそのまま載せた「ビジネスジャーナル」も馬鹿だと言うこと。

 このサイト、もう見ない方がいいな。見たくなくても勝手に表示されたら目に入ってしまうんだけど……。PVが激減すれば、このサイトも反省するだろうし……その前に潰れるかもしれないが。

 で、今夜は「第2回」。

 素人ブロガーの節約術ブログが本になり、主人公が校閲を担当。しかし校閲の枠を越えて、彼女自身の「わざ」を初校にかきこんだら、それを加味して原稿を追加したいということになって担当編集が頭を抱え……そんなこんなの中、表紙に校閲漏れのミスが発覚。表紙だし単純ミスなのでスルーは出来ず、訂正シールを貼ることで対応したのだが……。

 この時、主人公に微妙な感情を持つ他の校閲部のみんなも協力してくれて、休憩時間に「みんなミスしてるよね」という話になり、校閲部で一番真面目で仕事に厳しい女性(江口のりこが好演)も取り返しがつかない大きなミスをしていた……。

 いろんな方向に転がっていきそうなハナシを、巧くまとめていて、小さなドンデン返しにはニヤリとしたし、いいんじゃないの?ドラマとして見事だと思う。

 初回は、石原さとみの主人公に違和感があったし、あまりにも「ありえね~」感もあったのだが、2回目になると主人公も抑え気味だし見る側も慣れてきたし……。

 感動すらしちまったぜ!

 しかしこのドラマは、近しい部分を描いているので、あんまり客観視出来ない。ちょっとヒリヒリする部分もある。

 誤植はつきもの。あんなに初校・再校とやったのに、誤字を見つけてしまったときのショックは大きいし……。

 23時のニュースを見るが、都心の配電ネットワークとかを詳細に報じて、こうだから新座から遠く離れた都心でも停電したのだという解説があるかと思ったら、ない。たぶん、こういう部分を詳細に伝えるとテロの危険があるからということで、報じないのかも。詳細が判らないのかもしれないし。

 ウチは、無停電装置があるので、突然の停電ですべてがパーという事はない(はず)。

 1時前に就寝。

今朝の体重:87.45キロ

本日の摂取カロリー:2757kcal

本日の消費カロリー:426kcal/12419歩+48kcal(自転車)+702kcal(テニス)+100kcal(水泳)

光文社文庫新刊「サマワの悪魔」本日発売です!

 先月に引き続き、今月も安達の新刊が怒濤の発売!

Samawah

「サマワの悪魔~県警対自衛隊2」(光文社文庫600円+税)

防衛省からの事情聴取を受けに上京していた刑事・溝口の携帯に女からSOSが。彼女は、一等海尉の夫を「諜殺」され行方不明になっていた謎の未亡人。

駆けつけた溝口を待っていたのは胸を切り開かれて死亡している彼女と、もう一人の男の死体!男は自衛官だった。現場に残された謎の血文字と、男の経歴から浮かび上がってきたのは……!?。

サスペンス×エロスの傑作第二弾。(裏表紙の惹句より)

「都心で起きた『人間の仕業とは思えない残忍な連続殺人!

封印された戦慄の事実とは?

邪悪な一人の『人間兵器』が東京を、日本を、そして世界を壊滅させる?

ミリタリー&サスペンス&ホラー

安達瑶、渾身の問題作!!」(安達OのPOPより)

「戦乱の中東(イラク)から日本に持ち込まれた「絶対悪」

米軍が侵攻した2003年にイラク全土の遺跡と博物館が掠奪され、古代の邪悪な力が解き放たれた……

『日本中の……たくさんの人たちが不幸になる未来が、彼女には見えた』

死の破壊をもたらすオスプレイの行方は?」(安達bのPOPより)

POP以上の事はネタバレになってしまって書けません!

掛け値無しの、渾身の問題作です。いろんな読まれかたを期待致します。

是非、お読みください!

2016年10月11日 (火曜日)

10月11日/連休終わってちょっと油断

 8時前起床。

 前夜かなり酔っ払ったので、久々に爆睡。

 曇り。

 雨は降らないようなので、洗濯をして干す。

 洗濯機を回しながら、朝のモロモロを済ます。

 昨日食べたカロリーを計算してみたら、意外に低いのに驚く。脂身たっぷりのステーキだと凄いカロリーになるが、フィレとかの赤身だと、カロリー的にはたいしたことにはならない。それにソースは使わずに塩とホースラディッシュだけで食べたし。

 体重も減って、ちょっとびっくり。

 午前中は仕事をして、夜にPOP関係の「内職」をしようと思っていたが……。地方発送分は早めに郵便局に持っていった方がイイ。明日発売なんだし。

 ということで、残り分のPOPをプリント。EPSONのハガキプリンター、かなり酷使してきたので紙送りがダメになってきた……が、時々スムーズに行くところが曲者。

 HPのプリンターで「高画質モード」でハガキをプリント出来る。印字品質は同じようなものだが、物凄く時間がかかる。

 封筒に糊付け。69通ある。

 

 出来上がったら、もうお昼。

 郵便局に持っていって、発送。

 そのあと、郵便局の近くにある料理屋「まじ満」でランチを食べる。ここは鰻屋さんだが、昼は魚関係の定食もある。

 サンマの塩焼き定食を食べる。

 じっくり焼いたサンマは、美味い。やっぱり料理屋さんの焼き魚は美味いなあ。

 スーパーで夕食のおかずを買って帰宅して……明日からの書店廻り分のPOPもプリントしてしまう。

 紙送りの介添えをしながら、そして、スーパーで買った「一口ドーナツ」「一口バウムクーヘン」をむさぼり食いながらルートを考える。普段甘いモノはほとんど食べないが、時々無性に食いたくなる。

 明日はテニスのレッスンにも行きたいので、あんまり歩かず電車に長く乗っているルートにしたい。

 山手線ぐるっとコース、東京から横浜コース、そして成田空港~総武線コースと大別しているが、その成田空港コースで行くことにする。

 大まかな所要時間を調べて、出発時間を考える。ケツカッチンがあるとルートの時間読みは必須。

 やっとPOPは全量がプリント完了。

 眠い!

 「相棒」の再放送を見ながらソファでウトウト。コーヒーを飲んだけど、ダメね。室温はちょうどいいので風邪を引く心配もないだろう。

 17時からは「5時に夢中!」。火曜日は録画してでも絶対見る。岩下尚史とクリス松村のコンビは最強。

 南海電車で「外人が多いのでご迷惑をおかけしております」の車内アナウンスをした車掌が厳重注意。しかしねえ、京成でも京急でも多いけど、空港連絡線には巨大なキャリーケースを引く乗客は多い。時々、その車両のほとんどがそういう客ばかりで埋め尽くされて通路が歩けず、呆れ返って車両を換えることがある。

 でもこれ、外人だけじゃない。日本人も多い。巨大キャリーケースを持つ客は、スカイライナーとかに乗ってくれ、と思うけど……成田は今LCCの空港になりつつある。LCCを使う客はスカイライナーとか成田エクスプレスなんか乗らないんだろうなあ。

 だから……南海電車の車掌さんを一概には責められない。

 トランプ対クリントンのテレビ討論は低レベルのののしり合いに終始して政策論争はなかった、と。「いろいろ雑音もあるが、今日は政策論争に集中しよう」と言えないトランプ。

 日テレ「火曜サプライズ」は映画の宣伝タイアップの大型ゲスト2組。2組ともかなり頑張ったねえ。本木雅弘なんか歌まで歌っちゃって。

 しかし中井貴一と柳沢慎吾が鎌倉方面をぶらつくのは、見応えというか感慨があった。って、この二人はナニかというと出て来るので珍しいとか懐かしい感じではないのだが。どうせなら映画にも出てる時任三郎も呼べばよかったのに、と「ふぞろいな林檎たち」を夢中になって見た世代としては思うぞ。思えば、あのドラマと完全におれの人生はリンクしてるんだよなあ。あのあと、中井貴一と映画の仕事を2本した(向こうはおれの存在なんか完全に忘れているだろう)けど、「あの『ふぞろい』の仲手川だ!」という思いが消えなかったもんね。

 甘いものを食べたせいで、メシを抜いてしまおうかと思ったが、おかずが「牡蠣フライ」だったので傷めてしまうのはもったいないので、食べる。コロッケも買ったのだ。キャベツの千切りとインスタント味噌汁、ご飯は少量。

 少し仕事をする。第2章はイメージも固まっているので、書けば早く上がるという確信がある。だったら、とっとと書けよ!と言うところだが、油断してしまうのが「夏休みの宿題を8月終わりになって焦ってやり出すメンタリティ」の持ち主たるユエン。

 しかし、23時のニュースを見て、0時前に就寝。

 さすがに今夜はエアコンを切って寝る。

今朝の体重:88.15キロ

本日の摂取カロリー:2340kcal(お菓子が元凶)

本日の消費カロリー:35kcal/1088歩+26kcal(自転車)

2016年10月10日 (月曜日)

10月10日/いろいろあって、夜は池袋でステーキざんまい

 トイレに起きてそのままiPhoneでニュースを見て、7時40分起床。

 曇り。晴れじゃなかったの?

 朝のモロモロを済ませる。

 日記に、昨日の「真田丸」について書いていて、そういや本多正信はあの時点ではもう死んでるんだよな?昨日の回にも出てこなかったし、と思って調べたら、大坂の陣では家康の軍議に加わっていたと。忠勝は亡くなったのに、なんと長命な!というか、家康の後を追うように亡くなったと。

 で、さほど腹は減っていないけど、アサメシ。とにかくご飯の保存量が増えてしまったので、さっさと食べなければ。

 ということで、目玉焼き、インスタント味噌汁に、ポテトサラダ。

 POPのプリントなどをしていると、11時を過ぎたので外出。昨日おれが移行させた相方のiPhoneの電話機能が使えないので、SoftBankの店に相談しに行く。

 おれはおそらく「最初の回線開通の儀式」を飛ばしてしまったせいだろうと思ったのでそれをやると、電話機能は使えるようになった。しかし何故かメールがダメ。きちんと移行できなかったのか?アプリなどは移行できてるのに、設定に関する部分が宜しくない。

 メールアドレスのパスワードを何度入力しても撥ねられてしまう。
 iPhoneがメールアドレスをきちんと受け取れないことは、おれの場合も何度かあった。その都度パスワードを入れ直していたら、次第に安定したのだが……。

 これはパスワードを確認した方が早い。

 ということで、解散。

 おれはくーたんのご飯を買って、帰宅。

 千住に芸大の一部が来て以来、アートに関するいろんなイベントが開かれるようになった。ウチの近所でも、廃屋を利用した「黒い家」とか広い喫茶店を使った「昭和歌謡DJ」とか、前衛から大衆までいろんなものが。特に芸術の秋だし。

 ウチからそう遠くないところに、以前から凄く気になる家がある。広い庭のある趣のある立派なお屋敷で、一時は老人介護のデイサービスに使われていたのだが、最近は閉じられているようで……。

 そこを利用した写真展を週末限定で開催中なので、買物袋を下げた格好で行ってみる。千住だからねえ。

 千住の銭湯とか一般庶民を追った写真だが、おれの興味は「家」そのものにあるので、家を見て回った。

 広い庭に面した縁側が、とても懐かしい赴き。

Img_2753

 こういう家に住みたいなあ。南向きだから、冬なんか、お日様が差し込んで縁側はヌクヌク暖かいだろう。

 かなり広いので、仮に借家として借りると相当な家賃が必要だろうなあ……でも、千住の中で、こんなゆったりした空間があるというのは、いいねえ。

 こんないい家、空き家にしておくのはもったいない。いろんな事に利用すればいいのに。
 というか、一連のイベント、スケジュールがよく判らない。あんまり大勢に来て貰いたくないのかもしれないが……どうせなら、もうちょっと広報をきちんとすればいいのに、と思う。参加したいイベントは結構あるし。

 写真展の会場にいた人と少し話をして、帰宅。

 いろいろ時間がハンパになるので、地方書店発送用のPOPを大量にプリントすることにする。

 が、エプソンのハガキプリンターは、かなり酷使しているせいか、給紙機構がへたってきて、手で介添えしてやらないと巧くハガキが入っていかない。

 だから、プリンター任せにして他の事が出来ない。

 けっこう音が喧しいので、仕事をしながらも、無理。

 昨日放送分のNHK-FM「きらクラ!」を聞きながら。

 常連リスナーの「BWV1000番」さんの投稿が読まれていた。この番組で読まれるのは、なかなか難しいのだ。文章力も必要だし。

 2時間の番組が終わっても、まだ作業は続く。90枚くらいのプリントだもんね。それがすべてではないし。

 17時過ぎに、本日予定分の作業は終了。

 シャワーを浴びて「5時に夢中」を途中から見る。後から知ったのだが、番組冒頭で若林さんが結婚と懐妊を発表したとか。先週、かなり生々しい話(女は、男が早漏でも自分のカラダでイッてくれるのが嬉しいのだ、ということ)をしてたのに。

 支度をして、外出。今夜は光文社の打ち上げ。というより気持ちとしては軍事監修をして戴いた軍事ジャーナリストの加藤健二郎さんへのお礼の会。

 駅で相方と待ち合わせて、池袋へ。

 池袋西口の熟成肉のステーキを出す「ゴッチーズ」が今夜の会場。

 店に行くとすでに担当T氏と加藤氏がいた。

 店に入るとしばし待たされて、席へ。

 Tボーンのステーキとかフィレとかまた別の部位のステーキを頼んで、みんなでシェア。

 もう肉!肉!肉!

Original

Original1

 肉自体を味わいたいので、塩とホースラディッシュで食う。

 赤身が大好きなおれとしては、ミディアムレアのフィレが最高に美味かった。厚切りのフィレって、最高!

 あと、サラダとかガーリック・ポテトとかマッシュポテトのチーズ焼きとかマッシュルームのガーリックバターソテーとか。こちらはイメージより量が少なかったので「あれ?」という感じ。安いから人数分取ってくれって事ね。

 ステーキがあんまり美味しいので、お代わりを何度も。

 この店は2時間制限があるのだが、追加注文をすればその限りではないらしい。それに、お店も空いてきたので、3時間を越えて食べ続けたぞ。

 加藤さんからは、国際情勢から西洋史、アメリカ大統領選挙から男のフェチまで、硬軟いろいろのハナシが出て、おおいに盛りあがった。

 ガーリックライスをシェアし、デザートはめいめい頼む。おれは「季節のシャーベット」。上品な甘さで、これも美味かった。

 イタリアの赤ワインをボトルで取ったのだが、担当T氏は大病のあと禁酒を続行中で、加藤さんもあまり飲まない。相方は味見する程度で、おれがかなり引き受ける形になったが……このイタリアのワインが実に飲みやすくてフルーティで、美味しい!爽やかで口の中を洗ってくれる感じ。

 おおきなグラスで飲んだので、かなり酔っ払ってしまった。しかし、あんなに美味しい赤ワインは久しぶりだったなあ……。

 池袋で解散して、我々は来たルートを戻って、0時過ぎに帰着。

 少しテレビを観て、0時45分、就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1648kcal(昼を抜いたからか)

本日の消費カロリー:178kcal/3909歩+129kcal(自転車) 

2016年10月 9日 (日曜日)

10月9日/自分を褒めたり叱ったり

 7時起床。

 曇りというか雨がパラパラ。

 朝のモロモロを済まし、アサメシはご飯、目玉焼き、インスタント味噌汁、ちりめんじゃこ、漬け物、磯海苔。

 さあ、仕事!と思ったが、気になるコマゴマしたことを先に済ませてしまうことにする。POP送付先のラベルのプリントしつつ挨拶状を書く。文面に自信がないので相方に見て貰ってからプリントしよう。

 こういうアレコレで午前中は潰れた。

 早めに昼飯。昨日買った麻婆丼を食う。思ったより美味かったが辛くないので物足りない。

 今夜、相方が来てiPhoneの切り替えと光文社新刊「サマワの悪魔」のPOPを作る。ウチで食事をするので、チキンソテーでいいかと聞いて、近所のスーパーで材料の買い出し。

 チキンソテーは胸肉より脂のついたもも肉の方が美味い(皮もついているから焼くとパリパリになって香ばしい)のに、間違って胸肉を買ってしまった。しかしまあ脂が少ない分ヘルシーでいいだろう。

 サラダなども買い、お米もなかったので、買う。

 帰宅して、仕事開始!

 NHK-FMの「きらクラ!」は録音。

 相方の下書きがあるとはいえ、「第2章」は、昨日は整理しただけで終わって今日から書き出したのだが、一気に6ページ進んで余力もあった。これについては自分を褒めてやろう。

 しかし、そろそろ18時なので中断。

 ご飯を仕掛けて「笑点」の終わりの方だけ見て、BSで「真田丸」。

 

 今回は、信繁が「幸村」と改名して大坂城に立つまで。

 片桐且元が「一人で引っ掻き回して大阪の陣となるキッカケを作ってしまった」ように描かれていて……片桐且元は徹底して「間の悪い男」になっている。小林隆のニンにぴったりというか小林隆もそう言う芝居をしているのだが……他の大河ではもっとカッコイイ片桐且元も見ているので、ここまで「間が悪い男」だったのか?とも思うけど……しかし、納得してしまう。まあ、この裏には、徳川が何とかして豊臣に難癖をつけて追い込もうとしている強烈な思惑があるわけで、説得力がある。まあ、家康としては、完全に自分の天下にするためには、豊臣はやっぱり邪魔なのだ。片桐且元の考えたように、豊臣が残るためには、一大名として主従を逆転するしか方策はなかっただろうなあ。織田が秀吉に対してそう言う形になったように。

 で……。

 今回の白眉は、何と言っても、きり。

 大坂に向かうのを逡巡する信繁に言う、きりのセリフが……もう、思い出すだけで号泣。最高の青春ドラマのラストみたいな、言葉がすべてキラキラして、こんなこと言われたら哀しくて死んでしまいそうだ。

40

「ここで一生を終えたいの?それでいいの?あなたは何のために生まれてきたの?」

「いままで何をしてきたの?何を残したの?」

 ここで既にグサグサ。

「(北条)氏政様を説き伏せるために小田原城へ忍び込んだみたいだけど、氏政様がお城を明け渡したのはあなたの力ではないですから。あとから会いに行った、なんとか官兵衛さまのお手柄ですから」

 と、今回は登場しない黒田官兵衛を「何とか官兵衛」扱いして笑いを誘いつつ、青春ドラマかと思うほどの珠玉のセリフ!

「私が大好きだった源次郎さまはどこへいったの!がむしゃらで向こう見ずで、やんちゃで賢くて明るくて度胸があってキラキラしていた、真田家の次男坊はどこに行ったのよ!私が胸を焦がして大坂までついていった源次郎様はどこに行ったのよ!」

 って……。

 おれが信繁なら、ここで死んでしまうかも。

 このセリフを言うために、きりは存在したんじゃないか。

 言葉としては、「よくある青春ドラマのセリフ」だけど、この流れで、きりが思いの丈をぶつける局面(長澤まさみ、最高!)で言われたら……。

 ここまで思われていたという感動。

 しかし今はそんな立派な男じゃないという忸怩たる思い。

 自分の人生とは何だ?自分は今まで何をしてきて、何を残せる?

 とかとか思うと、おれなら大坂城に向かわずに、「こんなおれを許してくれ!」と叫んで死んでしまうかも。

 いやあもう、今回は。片桐且元のダメさ加減と家康の「じわじわ意地悪攻撃」で終始するかと思ったら……。

 鳴呼、きりちゃん!

 泣きましたね。今でもこのセリフをネットからコピペしただけで涙が止まらない。

 三谷幸喜、凄いぞ!

 19時を過ぎて、ほうれん草のバターソテーを作っていると、相方来訪。

 鶏肉を時間を掛けてじっくり焼き、夕食。

 胸肉は、まあまあジューシーに焼けたので、これはこれで合格ではないか?

 ご飯を炊いたのだが、相方がご飯は食べないというので、大量に残ってしまった。冷蔵庫にはこの前炊いた分が残っている。分量的に二人で食べるには足りないので炊いたのだが……保存容器がないので、困る。お茶碗に入れてラップをかければなんとかなるが、ラップは切れてる。買いに行けばいいんだけど。

 で、地上波の「真田丸」を見ながら、相方のiPhoneの移行作業。現在使っているiPhone5の中身を、相方のMacBookに移し、新しいiPhone7に新しいSIMを入れて、中身を移行し、iOSもバージョンアップ。これにかなり時間がかかってしまった。

 で、なんとか出来た……。

 しかし、肝心の電話機能が移行されず、「電話と携帯回線を使う場合はiPhone5」「Wi-Fiを受けて使う場合はiPhone7」という奇妙なことになってしまった。

 どうも、新しいiPhone7をアクティベーションする手続きに不備があったようだ。使用開始をSoftBankに告げる手順を飛ばしたらしい。自分のiPhone7の時は問題なくやれたんだけどなあ。

 とにかく、これはおれの手に負えない。SIMに不備がなければ、完全におれのミス。おれのバカバカ!

 とにかく明日、SoftBankの営業所に行ってなんとかして貰おう。おれのiPhoneも料金コースが今の状態で正しいのかどうか確認したいし、相方のiPhone5も下取りに出したいし。

 というわけで、明日のお昼前にSoftBankに行くことにする。

 そのあと、POP作り。例によって、相方分だけ先に作る。その間おれは、地方書店発送分の、宛名ラベル貼り。この作業、完全に内職ですな。封筒に直にプリント出来ればこの手間は省けるなあ……。

 相方のPOPが出来たので、今度は一緒に挨拶状を封筒に入れる。

 それが終わって、0時頃、解散。

 おれはコンビニに走ってサランラップを買って(本当はクレラップの方が好きなのだが)帰り、ご飯を冷蔵庫に入れる。

 なんだか結構汗をかいたので、風呂に入り、髭も剃る。

 汗が引くまで、角川新作「妖女の誘惑」のPOPをプリントしてまだ送っていない書店さんに送る準備をして、相方のPOPをレイアウト。プリントすればいいだけに仕上げる。

 ここで1時30分を過ぎた。

 後片付けをして、2時前就寝。

今朝の体重:89.20キロ(何故増えるのか?)

本日の摂取カロリー:1972kcal

本日の消費カロリー:42kcal/1099歩+37kcal(自転車)

« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

安達瑶の本

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト