« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月23日 - 2016年10月29日 »

2016年10月16日 - 2016年10月22日

2016年10月22日 (土曜日)

10月22日/いろいろなんとかなった

 7時起床。

 曇り。

 明るいところでくーたんの様子を見ると、後ろ足に血がついている。よく見ると、爪が剥がれている。これは痛いわ。それに、傷が化膿する可能性もある。

 朝のモロモロを済ませて、 コールスローとハムのサンドウィッチを作って食い、動物病院が開く9時30分を待ち、予約を取る。朝一ならすぐ来ても大丈夫と言われるが……。

 病院行きを察知したくーたんがソファの下に隠れてしまって、出て来ない。無理矢理引っ張り出すといいことはないので、自然に出てくるのを待つ。

 猫じゃらしなどを使うが、ダメ。

 仕方がないので動物病院に電話して、猫が捕まらないので行くのが遅れると連絡して、仕事を始める(フリ)。こんな状況で仕事は出来ない。

 資源ゴミを出すのを忘れていたので、くーたんを油断させるためにも、段ボールを捨てに行き、戻ってくると、くーたんはソファの上の毛布の中にいたので、無事、身柄を確保。即、猫用キャリーバッグに押し込み、おれも身支度をして、動物病院へ。

 左足の爪2本が取れていて、右足の爪1本が折れていた。骨には別状無し。爪だけ。

 化膿止めの抗生物質の薬を出しますと言われたが、絶対に飲まないので、注射にして貰う。

 これで様子を見て、変化があったら連絡をくださいと言われる。

 治療費は4800円。手持ちがなかったので、くーたんを置いて近くのコンビニに走る。

 こういう時、猫保険に入っておいてよかったと思う。

 帰宅。部屋に戻ると、くーたんもホッとして甘えてきた。

 仕事開始。ホントに、今日こそは「第二章」を終わらせないと。同時に設定を変更したので、「第一章」も手を入れなければ。

 苦手な濡れ場だが、書いていると興が乗ってきて、長くなるし趣向も凝らしたくなって来たので、なかなか終わらない。

 やっと書き終わり、他の部分に手を入れて……という段階になったが、腹が減った。

 くーたんは落ち着いてキャットタワー最上段で寝ている。

 外出して、久々に「翔竜」でラーメン。玉子翔竜麺の大盛りを食べるつもりだったが、卵を切らしていると言われてしまったし、「大盛券」を出すタイミングを逸してしまったしランチタイムは無料の半ライスを頼むタイミングも逸してしまったので、普通の翔竜麺だけを食べて、スーパーでトイレ洗浄剤やクイックルワイパーのウェット部分を買い、帰宅。

 仕事再開。

 並ラーメンだけでは足りなかったので、あられを食べながら、「第二章」を終わらせ、「第一章」に加筆修正し、14時30分頃、なんとか相方に送る。

 全編書き上げたわけではないのだが、「終わった~」という感じで、ダウン。なんだか物凄く消耗している。

 書いているハナシが、「ハードボイルドな男がハードボイルドなヒーローになる前の話」とでも言うべきものなので、すでにカッコつけたハードボイルド男ならそれなりに書き易いのだが、その前のハナシなので、すべてが手探り。フィリップ・マーローやサム・スペード、リュウ・アーチャーなどの前座時代というかそんな感じなので……パロディにも出来ないので……それ故に消耗している。

 しかし、唯一の救いは、読者のかたが口コミで褒めてくれること。モノカキはこういう声で救われて勇気百倍になる。

 光文社の「サマワの悪魔」について、ある方がこちらの意図を完全に読み取ってくれて、とても有り難い文章を書いてくれた。

 この方は以前から拙作をきちんと読んでくれて率直な感想を寄せてくれていて、とても貴重で有り難い存在なのだ。

 あまりにも嬉しいので、リンクさせて戴く。

 「第二章」が終わったら、3度目の「シン・ゴジラ」を見たい!「君の名は。」も見ておかねばならないと思っているけど、その前に「シン・ゴジラ」だ!

 どうせなら聖地・蒲田で見たい。呑川とか、動物病院の看板も見たいし。

 ということで、上映時間や、「呑川新橋」の場所などを調べる。

 偶然やっていた「QVCの舞台裏」を見せる番組を見ていると、どうしても、『例の感動のマンガ』を思い出す。クリスマスイブの夜、あと1分で仕事が上がるコールセンター勤務の男にかかってきた電話……。自分の名前もたどたどしい5歳の男の子が懸命に注文の電話をしている。最初は悪質ないたずらだと思っていたら……。

 このマンガ、思い出すだけで号泣してしまう。マジで声を上げて泣いてしまう。もう一度きちんと読みたくなって検索してみたが、「通販 コールセンター 子供」では出て来なくて、いろいろ言葉を換えて調べたら……ヒットした!

 これ(←リンク)がそう。

 トシとともに涙腺がユルユルになってきたおれだが、これはもうダメ。泣きじゃくってしまう。お話自体、感動的なのだが、このマンガがまたうまい。しかし殊更に感動を盛り上げようとしていないところがまた、うまい。

 このマンガと再会して、しばらく泣いた。

 日テレ「青空レストラン」を見る。茨城・笠間の栗。栗のコロッケ、美味そうだなあ~!

 19時のNHKニュースを聞きながら、晩飯。昨日食べる予定だった、コンビニで買った麻婆豆腐と餃子にご飯。餃子はレンジで少し温めてからフライパンで焼く。皮のパリパリ感の復活を期待したのだが……。

 食後、「ブラタモリ」を見る。青木ヶ原樹海の後編。1200年前の大噴火の痕跡が、今もきっちり残ってるんだねえ。

 その後、テレ東の「家、ついて行ってイイですか?」を途中から見る。浅草で気ままに暮らすじいさんの、秘めた内面。この番組は、普通の人たちの人生をざっくりと切り開いて見せてしまうのが凄い。以前はもっとほんわかしていたと思ったけど、最近はかなりキツい人生を見せられて……おれはこれでいいのか!と、物凄く反省してしまう。

 仕事が出来るウチは頑張って仕事して、なるべく貧困の中で死なないで済むようにしたいねえ。

 「アド街ック天国」は「江東区大島」。住みやすそうな街だねえ。ここにコスプレスタジオがあるなんて!

 NHK、テレ朝、フジテレビの刑事ドラマをつまみ食いして風呂に入り、「嵐にしやがれ」を見る。高嶋ちさ子がクラシック界の巨人たちのゲス具合を面白おかしく喋り、「現代日本のクラシック界で『組長』と呼ばれているヴァイオリニスト」を紹介。神奈川フィルのコンマスの石田氏。本人はもう開き直って組長ファッションをやっているのだろう。

 モーレツに眠いので、「第3章」の相方のメモを読んで、23時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2495kcal

本日の消費カロリー:31kcal/980歩+75kcal(自転車)

2016年10月21日 (金曜日)

10月21日/いろいろドタバタ

 7時過ぎ起床。

 晴れ~曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト2枚にスクランブル・エッグ、牛乳にコーヒー。

 

 朝シャワーを浴びて、仕事開始。講談社の第二章。今日こそは終わらせなければ!

 6月に出た新刊の契約書が手違いで郵送が遅れる、まだ届かない、出したはずですが、というやり取りをしていて、担当編集者が重ねて「送ったはずですが」とおっしゃるので、おれの自信が揺らいだ。こういう場合、編集者の記憶が正しいのではないか、と思って探したら……あった!先月末に届いていた!

 忙しくて封は切ったのに、中身をすっかり忘れてしまってそのまま放置してしまい、他の郵便物の下になっていたのだ……。

 それが判明して、平謝り。慌てて記入して、速達で返送。しかしよく考えてみたら、今日は金曜日。土日と会社はお休みだから……。まあ、その、おれの誠意ということで……。

 「第二章」は濡れ場なのだが、イメージ通りに思うように書けない。濡れ場は難しい。以前は勢いで書いていたが、今はじっくり書くので、逆にいろいろ書き込みたいことが多くて、何度も書いては直しを繰り返す。

 お昼は、千住大橋の「はま寿司」で、相方と打ち合わせを兼ねて。

 相方の古いiPhoneを下取りに出すので、受けとる。

 食べていたら、iPhoneからニュース速報が。鳥取で震度6強の地震(あとで6弱と訂正されたが)。

 その後は頻繁に地震速報が鳴る。6弱で津波がないのなら、もの凄く深刻な事態ではないだろうが……しかしこんなに余震がくると不安だろう。

 朝たくさん食べたので、さほど食えないと思ったのに……いつもより食ってしまった。あさりうどんにイクラ、牡蠣フライ軍艦、カルビ、中とろ、甘エビ、ネギトロ……。

 15時過ぎに解散し、おれは16時にカイロの予約があるので、一度家に戻って、出直す。

 カイロで施術して貰う。先週の「新刊挨拶廻り」の足の疲れはまだ残っていた。

 帰路、コンビニで麻婆豆腐や餃子を買うが、腹が減らない。

 と、キッチンのテーブルに放置してあったコンビニのレジ袋に足か尻尾を引っかけたくーたん、パニックを起こしてドタバタと走り回る。走ってもレジ袋がついてくるからパニックになるんだねえ。

 やっと抜けて収まったが、案の定、恐怖の余り、お漏らしをしていたので、床掃除。

 と、血が数滴落ちているの発見して、心配になる。怪我か。お腹を打って内臓に損傷が?しかし高いところから落ちたわけでもないし……骨を折っている可能性もある……。

 くーたんは電気温水器の上に隠れてしまった。こういう場合は自分から出て来るまで静かに放置しておくほうがいいだろう。

 地震のニュースを見る。

 

 「ダウンタウンなう」を途中から見る。はしご酒企画。この手のモノは類似番組が多いなあ。

 阿川佐和子と内山君が面白かったが。

 またしても睡魔に襲われる。

 寝てしまいたいが、仕事のノルマが残っている。せめて濡れ場だけでも完成させなければ。

 

 しかし、くーたんの様子が心配。

 電気温水器の上からおれに向かって鳴くから、構って欲しいのだろうが……。

 脚立を出して上の様子を見る。別に逃げるそぶりはないので、抱き寄せて、下に降ろす。

 全身の様子を見るが、特に変わった感じはない。

 しかし、いつもとは違う鳴き方をするし、ソファの下に隠れてしまう。

 ショック状態なのか?

 一晩経てば、調子も戻るかもしれない。

 買ってきたコールスローを挟んでサンドウィッチを作って、食う。

 

 BSフジで「復活の日」をやっていたので、少し見る。この作品は、当時の東映の空気が入って、その分、B級の匂いがしてしまう。「日本沈没」を撮った森谷司郎だったら……と思うが、当時の深作欣二は飛ぶ鳥を落とす勢いだったからなあ。

 で、この超大作の撮影裏話を知りたくてネットを検索していたら、センス皆無の叩けばいいと思い込んでる「辛口映画批評」と銘打った某サイトを見てしまった。

 目の穢れ。

 勝手な思い込みに満ちた文章で、こんなものは映画批評でもなんでもない。

 批評を書く場合は、最低限、対象への敬意がないといけないと思うんだが。しかし世の中には、この「敬意」なんかまるでないぶっ叩きが横行しているのは正しい姿だとは思えない。

 だいたい、「辛口」「ぶった切り」「切り捨て御免」「極限御免」とか題名をつけたサイトやコラムにロクなものはない。題名が免罪符になっていると思って好き勝手書き殴っているだけ。それに書き手が酔っている。こんなもの読まなければいいのだが、偶然目にしてしまうともう、不愉快でしかない。

 小松左京の原作には深く感動して、その分、映画にはガッカリしたのだが、原作由来の部分までケチをつけられると腹が立って仕方がないのだ。まあ、ネットに溢れる素人の映画批評もどきにいちいち腹を立てている場合ではないのだが。「こういう意見もあるのは尊重せねば」と思いたくもないクソなモノには腹を立てるし、その文章への敬意も起こらない。持論に矛盾しているようだが、敬意を抱けないモノというのはこの世にはある。だけど、映画は大勢のスタッフ・キャストが時間とカネをかけて作ったモノだから、どんなダメな作品でも、1回チラッと見ただけでコテンパンに叩くのは失敬だと思っている。最低限の敬意を表した上で批評すべきだろう。

 自分が見た映画などをコテンパンに書く自由があると思っているなら、その人物は、自分が書いた文章がクソミソに批判されるのも甘受すべきだ。

 

 なんとか仕事に戻る。

 書いた部分を読み返して、書き直して、進む。

 しかし、あとすこしのところで、気力が萎えて、本日終了。

 0時30分頃、就寝。

 くーたんが静かなので、心配。

 いろんな事を考えてしまう。

 明け方に様子を見ると、くーたんはソファの上で毛布にくるまって寝ていたので、一安心。

 おれもトイレに行って、二度寝。

今朝の体重:88.60キロ(あられをむさぼり食ったからなあ)

本日の摂取カロリー:2545kcal

本日の消費カロリー:67kcal/1792歩+79kcal(自転車)

2016年10月20日 (木曜日)

10月20日/木曜日はモーレツに眠い

 8時前起床。

 寝付けなかったり夜中に起きたりしたので、安眠とか爆睡した感じはない。

 

 快晴。

 洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませる。

 宅配便が来て、注文していたネットラジオのレコーディング・ソフトなどが届いたので、早速インストールしてテストしてみるが、なんか不安定。きちんとタイマー録音できないぞ。なんか操作を間違えているのだろうけど……。

 コーヒーを淹れる。マグカップに4杯分淹れてもすぐには飲めないので、これまではサーバーで冷えてしまったものをそのまま飲むか、電子レンジで温めていたが……レンジで温めたコーヒーは、不味い。物凄く不味くなる。まず、香りが駄目になる。なので、結局は冷えたコーヒーを飲むことになるのだが……。

 買ったままあまり活用していないサーモスの「保温水筒」(500ml)に入れてみた。どれくらい保温するんだろう?

 昨日試した、日芸の同窓会で貰ったモノは、夕方になったらヌルくなっていたが。

 あれこれやっているとお昼前。買い物もあるし外でメシでも……と思ったら、地震。しばらくP波を感じてS波が来た。大きなゆっくりした揺れで、これは遠くで巨大地震か!という嫌な揺れ。

 即、テレビをつけると、震源は千葉北東部で最大震度は4だった。いやしかし、嫌な揺れだったなあ。

 久々に「伝説のすた丼」に行き、「ミニ生姜焼き丼とラーメンのセット」を食べる。

 スーパーに回って、猫用消臭剤や食材を買う。

 自転車を出そうとして、隣の自転車のカゴを掴んだら……針金が出ていて指に突き刺さったぞ。よく見たら、なんか意味のない針金がカゴを取り巻いていたが、これは悪意があるんじゃないか?

 かなり血が出てきたが、舐めていたら一応止まった。救急絆創膏がバッグに入っていたのを帰宅してから思い出した。

 買ってきたおはぎを食べて、仕事開始。

 「第二章」はほぼ出来ているので、文章の調子を整えたり整理したりという推敲のようなことをすればアガり。

 ……という油断が生じたか?

 モーレツに眠くなって、作業効率はほとんど0。

 眠い!

 アーモンドチョコレートを1箱食ってしまったが、眠気は変わらず。

 それでもなんとか仕事をしようとしたが……ダメ。

 「5時に夢中」も、ほとんど寝てしまった。

 サーモスに入れたコーヒーは、熱くて飲めない!凄い保温効果だが……。

 睡魔に支配されても、腹は減る。

 買ってきたコロッケとアジフライを温めて、食う。

 サーモスのコーヒーは、夜になっても熱い。猫舌なので余計に飲めない。

 だったら、カップに注いで飲めばいいんじゃん!と思い付いたのは20時を過ぎてから。おれってアホか?

 カップに入れたコーヒーは、香りも飛ばず、なかなか優秀。どうしてこれを今までやらなかったのか。

 以前、ヤフオクで買ったサーモスのポットがよくなかったのだ。金属の味が染み出して、コーヒーなんか嫌な匂いもついたし……。たぶん、古くなるとダメなのだろう。

 2020東京オリンピックは「コンパクトな大会」を売り込んで招致に成功した。だから、今になって会場を分散させるのは「契約違反」ということになるのだろう。ウソの経費をIOCに申告したのはお前たちなんだから、とにかく約束は守れと。

 その言い分はたしかにそうだねえ。

 ま、好きにしてくれと言う感じ。東京招致を実現した連中がウソをついたのが悪いのだ。

 そもそもおれは東京招致なんか望んでいなかったし。

 プロ野球のドラフト。アマチュアを業界に呼ぶのに。こういう形式をとるのはプロ野球だけだよね?他のプロスポーツがやらないのは、何故?

 野球の場合、一部の金満球団がカネの力で有力新人をとってしまうからか?でもそれならかつての、読売がカネを投入していた頃の「読売ヴェルディ」だって同じようなモノだったよね?

 

 小説界で「専属契約」をかけたドラフトが行われたらどうなるんだろう?

「第一回選択希望作家、**は文藝春秋社が交渉権を獲得しました!」

とか。

 出版界は寡占のようなそうでもないようなよく判らない状態だから、無理か?いや、かつての「スター誕生」みたいに各レコード会社や芸能プロが入札みたいに札を上げるという形式もあったし、その方が無数にある会社が参加出来るか。

 ただ……こういうクローズドな制度は、妙なモノですな。

 ドラフト1位になったからと言って活躍が保証されるわけでもないんだけど。

 夜になって巻き返しを図り、多少は進んだが、「第二章」を仕上げるまでには至らず、撃沈。

 まあ、こういう時もある。

 電通過労自殺事件の件で、「電通は無能な大企業の御曹司を多数抱えているので実務は優秀な『一般採用社員』に集中するのでこういうことが起きる」という記事を読んで、そうだよな、と思った。仕事を取るために大企業のお偉いサンのコドモを採用するのは民放も同じ。

 注文してあったショスタコーヴィッチの「ジャズ組曲」が入ったCDが届いていた。シャイー指揮のロイヤル・コンセルトヘボウの演奏だが、「きらクラ!」で聞いたマリス・ヤンソンス指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏の方がよかったなあ。

 風呂に入る気力も無く、0時15分頃、就寝。

今朝の体重:87.40キロ

本日の摂取カロリー:2058kcal

本日の消費カロリー:72kcal/1833歩+39kcal(自転車)

2016年10月19日 (水曜日)

10月19日/仕事もテニスもまあまあ

 7時過ぎ起床。

 7時間前後寝ると、さすがに調子がいい。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはトースト1枚にゆで玉子、牛乳、コーヒー。

 大量に作ったコーヒーをこの前の「日芸オールタイム同窓会」で貰った「ぐび飲み保温容器」(おれが勝手に命名)に入れて保温してみる。以前ヤフオクで買った「保温ポット」は金属の味が染み出して凄く不味くなったし保温性能もよくなかったので、捨てたが、これはどうだろう?

 仕事開始。講談社の第二章、昨日の続き。

 

 ところで、今仕事で使っているiMacは「late2012」。もう4年前の機種だが、まったく不自由はない。この前に使っていたのはMacBookPro17だったが、いろいろ不便を感じて買い換えたのだが……。スペック的には現行機種とまったく遜色ないし、実際、使用感もいい。画面表示が劣っているらしいが、GraphicはPOPを作る程度だしスナップ写真を補正して保存する程度だから、高精度なディスプレイは不要だし。

 今度出るらしいiMacは、よほど画期的な新機能がつかない限り、買い換えたくはならないだろうなあ。

 いずれ、OSのアップデートから外れて強制的に買い換えさせられるのだろうけど。タッチパネルになる?

 ところで、長谷川豊は嫌いだが、だからと言って家族宛に妙なものを送りつける卑劣なマネはもっと嫌いだ!

 長谷川豊も、文章はイヤらしいし鼻持ちならない態度なのが許せないけれど、よく読めば、内容が完全に間違ってはいないときだってある。今回も、刺激的な見出しをつけたから失敗したのだ。

 で、家族にはまったく関係の無いことなんだから、家族宛にいろいろ送りつけるようなクソな真似は絶対にダメだ!

 アマゾンの書評に悪い点がついているので恐る恐る見たら……その主は、安達に粘着して悪口しか書かないバカなアンチだった。な~んだ。

 こいつは、読まずに悪口だけを書いているのが丸出しで、自分のバカを曝け出してる。匿名だと思ってるんだろうが、お前の素性は既にバレてるんだ。

 しかし、買ってもない、つまり客でもないバカのただの悪口を載せるアマゾンの方針も悪い。以前は実際に買わないと感想を書き込めなかったのに、今ではなんでも書き放題。

 アマゾンは電子書籍で大手出版社と対立してるし、なんか「裸の王様」になってる。便利に使ってるけど、今の調子でやってると、いずれ大きなしっぺ返しがくると思うぞ、アマゾン。

 昼は、卵を切らしてしまったので、ハムと長ネギだけでヤキメシを作ってみる。味付けは「香味シャンタン」に胡椒をプラス。

 これが、美味かった。あっさりしつつしっかし中華。醤油を足せば完璧に中華だったかも。

 仕事を続ける。

 

 ノーベル文学賞に決まったボブ・ディランが、この1週間、まったくノーベル賞側が連絡を取れない状態であると。

 これに快哉を叫んで面白がるヒトがいるが、おれは助監督だったからか、どうしてもノーベル賞の運営側に感情移入するのか、ボブ・ディランの態度にイライラする。この「逃げてる」としか思えない態度はガキだろ。ダイナマイトの発明者の賞なんか要らないというなら、きっちり拒否するとか辞退すればいいじゃないか。もしくは賞金を全額寄付するとか。その方がカッコイイのに、連絡もしないでズルズルやってるのは、どう考えても、クソガキの態度。

 おれは嫌いだね。天才だからだとかロッカーだから許されることではない。イヤなら要らないと言えばいいの。それがどうして言えないの?

 どういう態度を取ろうか迷ってるのかもしれないが。

 まあこの件はほとんど、どうでもいい。

 ただ、この件で、Facebook上で旧知の人物とやり合って、少々後味が悪い。

 この件で思い出すのは、おれが助監督時代、高名な映画人のお子さんでUCLAで映画を学んだ人物が市川さんに弟子入りしてきた件。

 悪い男ではないのだが……唯一にして最大の欠点が、「絶対に謝らないこと」。コーヒーを零したり足を踏んだりといった些細な事なら謝るが、それ以外の「意見の食い違い」「責任を伴うアレコレ」については、まったく謝らない。

 こういうの、撮影現場では困るのよ。特に下っ端だから「すみませ~ん」というのは潤滑油。助監督なんて謝るのが商売みたいなところがあるし。

 スタッフルームで喋っていても、絶対に自説を曲げない。

 まあ、おれが知る限りでは、それがさほど問題になることはなかったが……おれが市川組から抜けて、その次の作品で、大激突が発生したらしい。現場でスタッフと揉めて絶対に折れなかったので撮影がストップしてしまったと。

 助監督が撮影を止めるなんて、あってはならないこと。

 そうなるまでに彼も揉め続けていて精神的にかなり追い詰められていたようだが……その一件で彼は市川組を去った。その時別件をやっていたおれに代打の声がかかったのだが、こっちを抜けるわけにはいかなくてお断りしたのだが……。

 文化庁の海外派遣で数年間、アメリカの映画界に「留学」した東宝の社員助監督氏によれば「アメリカ人だって謝るときは謝るし、その場の空気は読みますよ。(問題を起こした)彼は、いわば、過剰適応してしまったんじゃないのかな。アメリカ人は絶対に謝らない、謝ってはいけない、それがグローバルスタンダード(当時この言葉はなかったが)だと思い込んでる」と言われて、なんか、合点がいった。

 これは、極めて個人的なことであって、自説を絶対に曲げなくて自分の非も認めない頑なな態度というのは、日本人以外のスタンダードな態度ではなく、彼の特異なパーソナリティだったのだと。

 そんなことを思い出す海外経験の長い某人物がいて、かねてから何度かぶつかっていて、そのたびに、こっちが折れていたのだが、いい加減、こっちばかり折れるのが嫌になったので、相手とまったく同じ態度を取った。

 まあ、傍から見ればコドモの意地の張り合いみたいに見えただろうが……。いつもいつも相手が折れるのを待っている某人物の態度というのも相当コドモだと思う。

 ま、某人物は今も「自分は間違っていないのに彼が勝手にヒートアップして頑なになっただけのこと」だと思っているだろう。

 こういう「過剰適応」した人物とやり取りするのは疲れる。意見件が完全にあうときはいいのだが、少しズレ始めると、もうダメ。

 しかしまあ、彼が悪い人物ではないこともよく判っているので、その意味で後味が悪い。

 17時を過ぎたので、仕事を中断。

 第二章は、ほぼ出来た。ざっと書いただけなので、まだ未整理だが。

 テニスの支度をして、出発。

 以前なら、少し腹が減って、おにぎりかコロッケを食べるところだが、今日はそのまま。トシとともに、だんだん小食になってきたのかな。

 テニスは、快調。試合ではコートぎりぎりにボレーを決めたりして勝利に貢献したし、球もよく追えた。

 ラケットを両手で構えて体を捻って打つ、ストロークもボレーも。これは、きちんと体が横向きになって重心移動も計れるので、とてもいい。毎回励行して体に覚えさせよう。

 プールで少し泳いでストレッチ。これをするようになって、足の痛みがなくなった。

 風呂に入り、腕のマッサージをするところ、忘れたので、腕は痛いけど。

 帰路、迷った末に、「とんかつあづま」で、ハンバーグ定食を食べる。21時近くに食べるのは重いんだけど……美味いのだ。

 帰宅して、くーたんにご飯を出して、22時からの「地味にスゴイ」を見る。

 このドラマ、なかなかいいと思うけどなあ。校閲という地味な仕事をドラマにするんだから、これくらいのデフォルメは必要でしょ。刑事や医者はドラマになりまくっているから多少のウソやデフォルメは許されるけど、校閲者がドラマの主人公になるのは史上初だから、「あり得ない」とかアレコレ言われるのだ。それを言い出せば「科捜研の女」なんか、もっとあり得ないぞ!あれこそ校閲者と双璧をなす地味な裏方(しかし有能さが求められる)なんだから。

 今回は、校閲部のリーダー的存在の超カタブツの藤岩さんが学生の頃から大ファンだった女流作家との話。これ、極めて巧く作ってあって、泣けた。まあ、定石通りと言えばそうなんだけど、作り方が巧いよ。

3

 主人公・河野悦子は一心太助みたいに「曲がったことが大嫌い」で敢然と相手を言い負かしてしまう痛快さもあるし、ヒロインのおちゃけさが嫌いで敵対していた藤岩さんとも心の交流が出来はじめたし……。

 おれは、いいドラマだと思うけどなあ。編集者・貝塚もいい味出してるし、シュールすぎる作品を描く小説家でモデルの大学生も面白いキャラだし……。

 ヒロインの恋の行方も気になるじゃないの。

 河野悦子(石原さとみ)のファッションをいちいち強調する「シーン替わり」は少々うるさいけど、しかしまあ、POPにやろうとする演出なんだろうから。

 大阪で起きた一家殺傷事件。犯人はどうもキチガイのようだ。今は実名報道されているがいずれ仮名に切り替わるんだろう……。

 犯人がキチガイという事になると、罰せられることがない。これは極めて不条理で、被害者は本当に怒りをぶつける相手がいなくなってしまう。犯人の親は、犯人がここまで狂ってしまったのを放置した責任が問われるのだろうが……。

 2020東京オリンピックはもう、完全に興味を失った。出場に希望を持っているアスリートには申し訳ないけど、勝手にやって勝手に終わって欲しい。その間、東京は交通規制がかかりまくって日常生活に支障を来すのだろうけど……。

 23時40分、就寝。

 しかし……暑い!

 室温を見ると26度で、暑くはない。しかし、暑い!

 エアコンを回し扇風機も回すが、暑い。

 なかなか寝付けない。

 テニスをやってカッカしているからか?

 5時ごろ目が覚めて水分補給。エアコンをつけたら、今度は寒いので止める。

 しかし、爆睡。

今朝の体重:87.55キロ

本日の摂取カロリー:2007kcal

本日の消費カロリー:145kcal/4156歩+26kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2016年10月18日 (火曜日)

10月18日/少々気が緩み候

 7時起床。

 ちょっと寝不足。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 久々に「シン・ゴジラ」のサントラを聴く。やっぱり伊福部サウンドを聴くと、血湧き肉躍る。「いつまでも伊福部でもないだろう」とかいう声もあるが、これは歌舞伎で言うと「待ってました!」なんですよ。これがないと決まらない。これはもう理屈が通用しないもの。それが判らない人とはお話が出来ないのだ。感覚がまるで違うんだから不毛になるだけ。

 「ゴジラ復活」のメロディに合わせて「蒲田 蒲田 蒲田でシンゴジラ」と自然に歌い出す。やっぱり「シン・ゴジラ」3回目は聖地・蒲田で鑑賞するのがベストかな。そのあとでゴジラ絵のある銭湯に入って、蒲田で何か食べて帰ってくる……。

 よし!「第2章」を書き終えたら、蒲田だ!

 そのあとで、「君の名は。」も見るけど。

 もちろんゴジラは伊福部サウンドがあればいいというわけではない。鷺巢さんの新作劇伴「悲劇」はほとんど宗教音楽のクオリティで、聴いていると泣いてしまう。あれほど凶暴なゴジラなのに、やっつけられて血を吐いて倒れるのが可哀想になるのだ。

 音楽のチカラというモノは、凄い。

 午前中は、日曜放送の「きらクラ!」後半を聞きながら、あれこれ雑用で潰れてしまった。しかしなんの雑用をしたのか記憶が定かではない。まあ部屋から全然出ていないんだけど。

 それにしても、プーランクの「15の即興曲集」の第15番「エディット・ピアフを賛えて」(Hommage à Edith Piaf)は、いいなあ!シャンソンのようでもあり、クラシックのようでもあり、そのメランコリックな感じとエスプリが……と知ったように書くのもアレだけど、とにかく、イキでカッコよくて、ひたぶるに身に染みて、秋だなあと思う。

 「きらクラ!」を聞いていて良かったと思うのは、こういう曲を知る事が出来るからだ。

 お昼前に郵便局へ。

 その足で近所の定食屋さん(夜は居酒屋になる)で、ランチ。豚ロースの生姜焼き定食を。美味い。

 帰宅して、仕事開始。

 「第2章」は終わりまですべて見えている。だから……多少進みが遅くても、心配にならない。

 しかし、その先はまだ具体的になっていないので、ストップしてしまう危険性がある。

 今夜、相方と打ち合わせすることにする。

 眠い。

 何度もiMacの前で落ちてしまった。

 くーたんはキャットツリーで気持ちよさそうに寝ている。

 2ちゃんねるに繰り返し貼られている「どうして猫には犬みたいな『大型猫』がいないのか」という書き込み。

 品種改良でライオンくらい大きくておとなしい猫を作り出すことは可能だけど、猫は犬とは比較にならないほど殺傷能力が高いので、今の大きさの方がいいのだ、というもの。

 大人しくて人間を襲わない猫なら殺傷能力が高くても大丈夫だろ、と思うが、なにかの拍子に人間に牙を剥くかもしれない。

 くーたんも、逃げ出して捕まえるときに、おれに全治1ヵ月の傷を負わせたんだから、必死になった猫はとにかく凶暴になる。ライオンくらいデカい猫なら、確実に人間を殺せる。

 犬だって人間をかみ殺す奴もいるんだから……。

 ペットを侮ってはイカン。おれはくーたんを侮ったことはない。特にあの一件以降は。

 「5時に夢中」を見るが、後半はほとんど寝てしまった。

 とにかく、今日は猛烈に眠いのだ。

 オリンピックのカヌー競技。選手は「淡水で池とか湖の方がイイ」と言ってるのに、オッサンどもはどうしてカネのかかる「海の森」に執着するのだ?海水で風がキツくて条件は悪いというのに。選手のことをまるで考えていないカヌー団体上層部って、どんな存在価値があるのだ?
 IOCには正確な経費が伝わっていないという新事実も出てきたぞ。

 もう、2020にはまるで興味はないけど、税金を際限なく投入して「とにかくやってしまう」のだけは止めろよな!

 六本木の事故、安全を確保するべき警備員がアホだったんじゃないかと思ったが、予期せぬことに部品が外れて足場のパイプが外れて落下してしまったと。

 部品が劣化していたのか?きちんと「填まっていなかった」のか?とにかく真相の究明を!

 19時過ぎに、ファミレスで相方と打ち合わせ&食事。

 郵便受けに「ジェイノベル」のゲラが届いていたので持っていき、相方に先に見て貰うことにする。

 おれは牡蠣フライのセットを食べる。

 喋っていて、「第3章」以降のナラビと動きが決まる。おれが「第2章」を書き終えるまでに「第3章」のメモが届けば、その後も順調に書き進められて、今月中の脱稿も夢ではないだろう。

 

 コンビニでコーヒー豆を買って、帰宅。

 本日は終了。5ページしか進んでいないけど、ちょっと難しい場面だったので、まあいいか。

 風呂に入り、汗が引くまで録画した「月曜から夜ふかし」を見る。これはやっぱり面白いや。丹念な取材の賜物だろうなあ。それに編集の妙技。

 その後、「ブラタモリ」も見る。富士の樹海・青木ヶ原の謎を探る。これはすこぶる面白い。最新技術で「貞観噴火」の際に流れてきた溶岩の様子が手に取るように判る!噴火口が5キロ以上並んで、猛烈な量の溶岩を噴き上げた……まさに地獄絵図。

 いやあ、凄いなあ。

 東日本大震災に連動して富士山大噴火の可能性も言われているだけに、恐ろしさもあるが。来週もきっちり見なきゃ!

 「サラメシ」は冒頭だけ見て、後からキチンと見ることにして、0時過ぎに就寝。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:2074kcal

本日の消費カロリー:21kcal/736歩+76kcal(自転車)

2016年10月17日 (月曜日)

10月17日/やっと日常回帰して、仕事のスイッチが入った!

 7時20分、iMacが起動する音で目が覚めた。

 昨日インストールした、インターネットラジオの録音ソフトが作動してiMacを起動させ、録音スタンバイ状態になったのだ。

 エラいじゃねえか!

 が……。

 Macを起動させたまではいいのだが、肝心の、7時25分からの「きらクラ!」再放送を録音しない。

 何故?

 アタマの部分は昨日の放送で聞いていたので、まあいいかと思いつつ、ナンとかそのあとの部分は録音したいので、あれこれやるが……。

 ふと、AdobeのFLASHのせいではないかと思い立って最新のドライバーをダウンロードしてインストールすると……録音できるようになった。しかし昨日何度もテストしたときはタイマー録音できるようなったことを確認したのに……今朝だってこのソフトは時間に合わせて電源が落ちているiMacを起動させる事には成功したのに……。

 やっぱり、多少のカネを出しても市販の「録音ソフト」を使う方が安心だ。昨日購入申し込みをしたソフト、もったいなかったかな?と思ったが、こっちに切り替えよう。

 外は雨。それもけっこう強く降っている。

 「きらクラ!」はそのまま録音して、朝のモロモロを済ませる。

 なんだかんだで9時30分を過ぎて、9時20分までの放送が録音できているかどうか確認すると……出来ていた!

 どうにも動作が不安定で、これは使えないなあ、やっぱり。

 この番組の後半で、ショスタコ-ヴィッチの「ジャズ組曲第2番のワルツ」をやっていて、その暗い情念の籠ったワルツに聴き惚れた。

 この曲想は、同じロシア(いや、正確にはグルジア生まれのアルメニア人だが)のハチャトゥーリアンの「仮面舞踏会」のワルツに共通している。暗くて、怨念がこもったような、恐ろしさすら垣間見える感じ。シュトラウスやラヴェルのワルツとはまったく違う。しかし、それがいいんだよねえ。

 とは言え、録音できた分を聞きながら、アサメシを作る。ベーコンエッグにトースト、牛乳にコーヒー。聞きながら食べる。

 朝日朝刊の連載「小さないのち」、今日の分は、胸が張り裂ける。育児に悩んで橋の欄干から3歳の娘を落としてしまった母親。落とすときに娘が笑って「ばいばい」と言った、と。

 たぶんそれは、母親がそう思い込んでいるんだろうけど……このケースも、なんとか救えなかったのか、と思う。

 夫のDVで離婚してシングルマザーになって子育てしながらの生活が大変な母親は、昔より増えているのだろうか?昔だってそういうシンママは多かったけどみんな隠していて顕在化しなかっただけなんだろうか?

 昔は「母子寮」というのがあったけど、今だって名前は違うかもしれないけど、あるよね?

 妻子に手を上げる最低な男って、増えているのだろうか?

 まともな結婚生活が続いていれば、この3歳の女の子は死ぬ事はなかっただろうに……。

 前半を聞いたところで、中断。あとは後ほど聞くことにして、仕事開始。

 もう、今日からはキッパリと、毅然として、日常に回帰して、仕事をしなければイカン。イカンのだ!

 しかし……すぐに昼になってしまい、ウダウダしていると13時になり14時になる。

 そのウダウダしているときに、昨日iTunesStoreで買った「In a Black Out」という曲(iPhone7のCM……眠れない夜中に外に出てみるとまるで別世界が広がっていた、という幻想的で素敵なCMで使われている)の歌詞を知りたくて調べるが和訳がない。英語の歌詞を読んでも隔靴掻痒。

 で、もっと調べていると……見つかった。が、読んでみると、出ていった女への恨み節みたいな内容で……え?あの映像とまるで違うじゃん!と首を捻った。

 よく見ると、これは「Blackout」という別の曲の歌詞だった。

 で、改めて「In a Black Out」の英文歌詞を自動翻訳してみると……。

[詩1:ハミルトンLeithauser]

私は無名の町に住んで

さまようする必要はありません

私は無名の町に住んで

黒アウトで

[詩2:ハミルトンLeithauser]

多くの友人が言ったさよなら

1誇り行の中でパレード

私は、彼らすべてがちょうど彼らの心を失ったと言います

[詩3:ハミルトンLeithauser]

私たちは踊るために使用ミッドナイト

醜いハロゲンランプの下

ああ、それはすべて離れて非常に速く行ってきました

黒アウトで

[ブリッジ:ハミルトンLeithauser]

私たちは年を待ちます

とき潮が来ます

レール上をローリング

ここから最後ゴマ」

島の

洗い流し

[詩4:ハミルトンLeithauser]

私はすべての私達のもので部屋を借ります

あなたが家に来るとき、私はあなたを持ち上げたいです

そして、私たちの2つだけがあります

黒アウトで

[詩5:ハミルトンLeithauser]

今、あなたは、バックの中で眠っています

スピード違反の黄色いタクシーの

そのすべてにキス別れを投げます

 自動翻訳に詩を訳させるのは無理な話だが、まあ、なんとなく描く世界は判った。いや、判らないか。

 iCloudを増量して、その分の使用料の請求が毎月Appleからくるのだが、これって経費だよなあ、経費ならきちんと請求書を添付すれば必要経費になるはず。

 しかし過去のものは消してしまった。その過去分を参照出来ないか?と思って調べると、Appleの係に電話するしかないようだ。急がないからメールでいいんだけど……。

 昼間なのに、電話の待ち時間は「2分以内」と表示されるので、電話を申し込んだら、すぐにかかってきた。

 過去の請求履歴はiTunesから調べることが出来たのね!

 カスタマーサービスはとても親切に教えてくれた。電話代向こう持ちで!

 過去分を調べられて、ラッキーだった。

 

 で……。

 ウダウダしていても腹は減る。

 スパゲティ・ペペロンチーノ(インスタント)を作って食う。セブンイレブンで売っている「ペペロンチーノ・ソース」は茹でたスパゲティに混ぜるだけで、なかなか美味いペペロンチーノになる。ま、自分でも作れるんだけど。

 さすがに、仕事のスイッチが入った。

 長らく中断していた「第2章」、中断前はするすると書けていたし、そのあとの部分も下書きがしっかりあるので、始めればするする行くだろうとは思っていた。

 たしかに、するすると進み始める。巧い演出を考えながら肉付けしていけばいいだけ。

 どんどん書く。

 書き進むのは快感。止まってしまって苦しいときは、なんだか「人間失格」という言葉が去来してしまうが、進み出すと元気百倍。矢でも鉄砲でも持ってこいという気分になる。まったくもって現金なものだ。

 17時になったので「5時に夢中!」を見る。

 総武線・津田沼の終電後の様子をルポしていたが、この感じはテレ東の「家、ついてっていいですか?」な気分。朝まで時間を潰せる店が充実した津田沼って、住みやすそうな街だねえ。しかしここはJR、京成、新京成の「津田沼」駅が分散しているので素人は使いこなせない難しさがある。

 しかし新京成って、旧日本軍の鉄道敷設部隊の練習でわざとウネウネカーブしまくりのルートに敷設されたという経緯は知っているけど……無駄にウネウネしすぎ!まるで暴れ川だ。

 18時になってご飯を炊く。

 炊きあがるまで、仕事。

 で、19時を過ぎて、スパムを炒めて大量のキャベツの千切りとともに。美味い美味い。

 同じ時間に、外出中の相方は所用を終えた後、書店廻りをしていて、メッセージでその結果を知らせてくれた。北海道に一大勢力を誇る「コーチャンフォー」という書店とは思えない社名のチェーン店が東京に進出して最近できた店舗では、安達の既刊がすべて揃っているらしい。これは有り難い!

 食後、「真田丸」第40回と昨日の41回をもう一度見て、改めて感動する。

 三谷幸喜と同じ時代を生きる幸せをしみじみと感じる。

 同時に、「奇跡の野球選手」「野球マンガから抜け出てきたスーパーヒーロー」大谷翔平とともに生きることが出来る幸せも。

 ジジイになって「おれはな、あの大谷がデビューしてから絶頂期の神懸かった大活躍を知ってるんだぞ!」と長嶋・王の現役時代を知っているオヤジみたいに自慢したいものだ。

 2016年は、三谷・大谷の年だった。まだ10月だけど。

 片桐且元について調べると……「第40回」で描かれたのは、ほぼ定説なのね。それを小林稔侍が演じると「徳川の罠に塡められてしまった悲劇の一本気な武将」になり、小林隆が演じると「察しが悪く押しも弱い、とにかく間の悪い男」になってしまう。というかこれはもう、ほんのちょっとした違いだもんなあ。なんせ相手は家康と本多親子という稀代の「腹黒」なんだから。

 今朝wowowで放送の「みんな!エスパーだよ!」をディスクに焼く。その時にチラッと見たら……うわ~~~エロい!園子温のエロさの趣味って「判ってらっしゃる!」感が強いので……Tシャツとかタンクトップとかキャミソール・フェチの仲間的感じがあるのだ。これはじっくり鑑賞せねば。テレビ版では夏帆のパンチラが話題になったんだよね。映画版では同じ役を池田エライザが。真野恵里菜もパンチラを披露してるぞ!いや、パンチラで興奮するトシではないけれど……真野恵里菜とくれば話は別だ。

 仕事再開。

 がしがしやって、キリのいいところまで進める。

 今日だけで10ページを越えた。このペースが続けば来月アタマ、いや今月中には書き上がるではないか!

 仕事が進むのは、多大な充足感というか、

 風呂に入ったあと、涼みに外に出ると……雨が降っていて、近所のモーレツに可愛い飼い猫がなぜかポーチにいた。夜の散歩に出たら雨が降ってきて雨宿りしてるんだろうか?

 早く帰らないと誘拐されちゃうぞ。人に慣れていて逃げないから、余計に心配。ロシアンブルーが入った美猫だから、余計に心配。首輪をしているから飼い猫だと判るとはいえ。

 「月曜から夜ふかし」は録画して、寝ようと思ってメールをチェックしたら……「きらクラ!」完全版とおれが完全に聞き逃していた「NHK音楽祭」(ふかわが司会して楽器演奏もしたんだっけ?)を聞ける方法をご教示戴けた。これは有り難い。

 この公開日記は、ほとんど反応がなくて、読んでくれている人はいるのだろうか、まあ日記なんだから自分のために書くものなんだから誰も読まなくてもそれは本来の姿なんだし、と思っていたら、意外なところで意外なかたが読んでくれているのが判って嬉しくなる。

 ということで、0時45分就寝。

 が、くーたんがにゃあにゃあと鳴いて布団の上に飛び乗ったり、ベッドから飛び出したりと動きまくっている。おれもなんだか暑くて寝付けなくて何度も目を覚ましつつ、2時過ぎには爆睡。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:1924kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2016年10月16日 (日曜日)

10月16日/ネットラジオで試行錯誤&「真田丸」と大谷に感動!

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝日朝刊で始まった児童虐待の実態を伝える連載「小さないのち」を読んで、悲しくて仕方がない。こういう不幸が起きた場合、いつも児童相談所に非難が集まるが……。実際問題、家庭内の不始末は隠そうとするだろうし、外部からのアプローチにはどうしても限界があるだろう。祖父母がもっと強ければ、とも思うけど、どうしても遠慮してしまう場合もあるだろうし……。

 その結果、幼い命が失われていく。これは、ナントカしなければいけないことだ。

 と、評論家みたいな事をここに書いていてもまったく意味がない。そう思うなら、出来る事をしなければ。行動を起こさなければ。しかし、児童虐待を防ぐために、おれは何ができるだろう?

 朝のモロモロを済まし、溜まった新聞1週間分に目を通し、アサメシはトーストにベーコンエッグ、牛乳。

 調理しながら、先週分の「きらクラ!」を聞く。しかし、なんだか聞いたことがある。あれ?まだ聞いてなくて今日放送分と合わせて溜まっていくなあと思ったのに……。

 日記を調べたら、珍しく月曜に聞いていて、その事を日記に書いたらBWV1000番さんからコメントを戴いたのだった。

 

 さあ、早く日常に復帰しないといかん!

 ということで仕事を開始しようと思いつつ……あっという間に14時になる。

 NHK-FM「きらクラ!」はオンエアで聞こうが聞くまいが録音している。が……。

 録音が出来ない!

 なぜだ!

 いろいろ設定し直すが、ソフトは動いているのに肝心の音が録れない。

 悪戦苦闘の末、今まで愛用してきたソフト「Audio Hijack Pro」の使用をあきらめて、「仮想オーディオディバイスを使ったループバック録音」を使ってみることにして、そのためのドライバをダウンロードして設定してみるが、これがまたすんなりといかず、設定してテスト録音しても、出来ない。

 何度やってもダメ。しかし何度目かに、やっと出来るようになり、「きらクラ!」の明朝の再放送を予約する。

 今日の夕方に、ウチの近所の古民家を使ってやっている写真展に、相方と行く予定にしていたのだが、約束の時間になっても相方が来ない。おれは先週見たのだが、会場の家ばかり見て、肝心の写真をロクに見ていなかったので、もう一度見たかったのだ。相方には素晴らしい古民家を見せたかったし。

 結局、時間を1時間間違えていたと。もう閉館の時間なので、入れず。

 先週放送分の「真田丸第40回」をもう一度見る。片桐且元の「しくじり」はどこまで創作なのか?見ながらWikipediaで調べてみると、ほぼ本当らしい。違う大河では、小林稔侍が律儀できっちりした片桐且元を演じていたから、ここまでダメではなかったのだが……。

 やっぱり、きりの「青春ドラマ」みたいなセリフは、素晴らしい。ここまでの積み重ねがあってこそ、浮かずに心に染みこむ珠玉の言葉になった。

 そしてそして……絢爛たる走馬燈のような大回想。よくぞまあキーになる場面をきっちり集めたなあと感心するしかない。

 先週見たときに「地味だけど凄い」と思ったが、その感想は変わらない。これほど圧倒的に押し寄せてくる回想は、そうそうない。これだから信繁は名前を変えて大坂城に向かう気持ちになるのだ。その必然を出すためには、この回に如何に説得力を持たせるか。脚本と演出は、それに見事に答えを出した。

 実に素晴らしい。過去、幾つも凄い回があったが、この「第40回」は派手さはないが、本当に凄い。

 メシを食いに外出。

 カツ丼が食いたくなったので、北千住西口の「富士そば」でカツ丼と盛りそばのセットを食べる。今日はミニカツ丼ではなくフルカツ丼。

 帰路、スーパーに寄って、明日の食料を調達。雨らしいので。

 帰宅したら17時50分。首尾よくBSの「真田丸」に間に合った。

 で、その「第41回」。

 九度山脱出を決意した信繁改め幸村。見張り役を上手に乗せてなんとか成功。

 佐助vs.服部半蔵の対決はトホホな終わり方をしたが……。

 「正体不明のジジイ」に化けて大坂城に入ってからの場面は、見ている側も完全に幸村に感情移入しているから、実に不思議な、懐かしくも寂寞感のある、なんともいえない感動に胸が締めつけられた。なんだろうね、この感情は。ドラマなのに。大昔を描いたドラマなのに、他人のことなのに。

 本当に、我が事のように、古巣に戻ってきたけどその古巣を取り巻く状況は様変わりしてしまって……既視感があるようなないような、きちんと表現できない不思議な感動に包まれてしまった。

 たぶん、幸村になりきってしまったんだろうなあ……。得体の知れない荒くれ者がタムロしているし、懐かしい茶々と再会するが、そばには面倒くさそうな「秀頼の側近」もいるし……。

411
412

 ああもう、本当に、胸が張り裂ける思い。

 しかし、ここまでドラマに没入してしまって、いいのか?

 19時のニュースで、日ハムが勝って、日本シリーズは両リーグの覇者同士の対決という、あるべき姿になった。しかし、大谷の活躍はどうだ!

 本当に、野球漫画から飛び出してきたような、ウルトラスーパーヒーロー!
Ohtani

 4番でエース。これはまあ高校野球ならよくある形だけど、それがプロ野球で!実際は3番DHで、9回にクローザーとして登場したんだけど……165キロを投げて、ホークスの内川も工藤監督も口をあんぐり。チームメイトの中田も苦笑するしかない。

 この反応も、野球マンがそのものじゃないか!

 こんなことが現実に起きていいのか?!

 日本シリーズは、広島には悪いけど、日ハムを熱烈に応援するぞ!

 相方から電話。「真田丸」と大谷への感動ですべて水に流す心境になっていた。小さいこと小さいこと。

 で……。

 ネットラジオの録音ソフト、本当にきちんと作動するのか、もう一度テストすると、どうにも動作が不安定。上手くいったりいかなかったり。どないやねん!

 OSをSierraにしたせいだろう。概ね問題ないと思ったけど、この方面に影響が出たか。

 募金ウェアに有料ウェアの組み合わせで使って来たが、この際有料の「ネットラジオを録音するソフト」を買うことにして、申し込む。このソフト、今どきダウンロードできずにパッケージが郵送されてくる。ダウンロード出来れば、すぐに使えるのに。なんて不便な!

 「行列の出来る法律相談所」に本木雅弘が登場。映画の宣伝だけど、主演を張ると普段出ないバラエティに出て笑いを取らないといけないから、スターも本当に大変だ。

 新潟県知事選挙、野党側の米山さんが当選!朝日はいち早く報じたが、読売や産経はなかなか伝えない。

 ゴミ出しをして、各局のスポーツニュースを見て、大谷の現実離れした常識を覆すただただ驚くばかりの姿を何度も見る。

 江川の「170キロ投げられると思うけど、無理をして肩を壊してはいけない」と、この奇跡のような球界の至宝をみんなで守ろうという気持ちが伝わって、これも感動。しかし江川さんによれば、165キロのストレートはまだまだ未完成で「バットに当たらない、という状態になった時が完成」と。なるほどねえ。

 iPhone7のCM、夜中に目が覚めて外に出てみたら、まるで別世界が広がっていた、という素晴らしいCMで流れる音楽「In a Black Out」がこれまた素晴らしいので、あんまりPOPSを聞かないけど、iTunesStoreで探して購入。

 しかし、夜中に外に出たら襲われたり殺されたりする場所もあるんだよなあ。CMの世界のように、鹿に出会ったり圧倒的な夜景が広がっていたりって、ほとんど夢の世界だなあ。

 なんだかんだで、0時過ぎ、就寝。

今朝の体重:89.10キロ(うわ。一気に)

本日の摂取カロリー:2060kcal

本日の消費カロリー:39kcal/1013歩+37kcal(自転車)

« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月23日 - 2016年10月29日 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト