« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

2016年10月23日 - 2016年10月29日

2016年10月29日 (土曜日)

10月29日/「春の祭典」「深夜食堂」「日ハム日本一」

 夜明けにトイレに立ったら、キャットツリーにゲロの跡を発見。放置できないので、即、処理。

 

 二度寝して、7時過ぎ起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませて、一気に仕事……と行きたいところだったが、何故かスイッチが入らず。この期に及んで何をやっとるか!と自分を怒鳴りつけたい気分だが……。

 昨日分の日記を書くのに「藝大フィルハーニア」を調べると、Wikipediaでは、「オーケストラの構成員(研究部員)は音楽学部もしくは演奏藝術センターの教官あるいは非常勤講師から選ばれるため、現職以外から採用する場合その身分は教官あるいは非常勤講師となる」と書いてある。だとすれば、このオケはかつての「パリ音楽院管弦楽団」やローマの「聖チェリーリア音楽院管弦楽団」みたいな、東京を代表するオーケストラのはず。しかし、昨日貰ったプログラムにあるメンバー表では学生が主体のようなのだが……。まあ、Wikipediaが常に正しいとは限らないわけで。時々、とんでもないウソが書いてあるし。

 アサメシを食いそびれて、ブランチは、外に出て。

 と、廊下にはまだ隣の荷物が出されたマンマ。なんじゃこりゃ。
 下に降りたら管理人さんがゴミ置き場に出された大量の家財道具を整理していたので声をかける。
「もしかして……お隣は……亡くなったとか?」
「いえいえ。中国のひとで、クニに帰るとかで」
「帰国するので部屋のモノをそのままにして(部屋からは出したけど)行っちゃったんですか?」

「取りに来るとか言ってたんですけどねえ」

 と。まったく中国人は無責任で無神経だ、と腹が立ったが、これは「中国人」だからではなく、隣人が個人的にズボラで無神経で無責任だっただけだろう。外国人のトラブルをすぐに国籍に直結させて怒るのは宜しくない。というか、隣人は日本で腹が立つことがあって、その鬱憤晴らしだった可能性もある。どっちにしても管理人さんは物凄く迷惑を蒙るわけだけど。

 で、ブランチは「翔竜」で大盛券を使って『翔竜麺」の大盛りに海苔を追加して半ライスも。

 コンビニで、昨日取った「NHKニューイヤーオペラコンサート」のチケットを発券して貰い、ついでにコーヒー豆とサラダを買って帰宅。

 「真田丸」再放送に間に合ったので、もう一度見る。この調子では信繁(幸村)と後藤又兵衛たちが仲良くなるとは思えないのだが……。

 その後、録画した「タモリ倶楽部」を見る。オーディオキチガイの夢である「マイ電柱」を実現したプロ(レコーディング・エンジニア)のお宅探訪。

 しかしタモリ自身が「マイ電柱」の効果に懐疑的な感じで、全然盛りあがらない。電柱から自分専用のトランスを設置して電気を引くだけで、音ってそんなに変わるのかね?それを言い出せば、送電線や発電所にも拘るべきだし、ピュア電源に拘るなら、巨大バッテリーから交流電源を取るとか、「マイ発電所」を作るとか、そこまでのキチガイを出すべき。

 番組ラストで、マイ電柱から得た電源でジャズを聴いていたけど、比較しないと判らないでしょ。これはもうほとんど宗教だねえ。いや、完全に宗教か。

 その後も、スイッチは依然として入らず、ネットで「春の祭典」の名盤について記事を探す。

 おれが大好きな「アンタル・ドラティ指揮デトロイト交響楽団」のものは毀誉褒貶が激しくて、貶すひとは徹底批判しているし、おれみたいに魅了されているひとは「最高の演奏」としているし。ま、天下の珍品はマゼール指揮のウィーンフィル盤。同じ曲かと信じ難いほどの大胆な指揮ぶり。

 マルケヴィッチが日本フィルを振った映像は鬼気迫って強烈、と言うのは衆目の一致するところだが。

 やっぱりこの曲は、余裕で弾くよりギリギリの切迫感を感じる演奏の方が印象に残る。ドラティ盤はそういうタイプではないけれど。

 で、その「ドラティ/デトロイト」の「春の祭典」を聞く。

 この曲はロックだねえ。手を変え品を変え、とにかく凄い!

 なんだか気持ちが違う方にイッてしまって……ならば、と、「Netflix」に入会して、1ヵ月の無料期間中に、「深夜食堂」新シリーズを見てやろうと。

1

 オープニングの鈴木常吉「思ひで」が流れただけでもう号泣。この歌はいけませんよ。もう反則ですよ。こんな歌を聴いてしまった日にゃあ、もう、気持ちがガタガタになりますよ。

 この歌、何度も聞いていると、なんだか、恨み節みたいに聞こえてくるしなあ。もう余命数日の男が貧困の中で死んでいく、その時に見た「幸福だった日々」の回想のような歌で……まあこれはおれの勝手なイメージでしかないんだけど、こういう死に方だけはしたくない。勝手な想像だけど。

 で、新シリーズ第1話「麺抜きタンメン」の主役は片岡礼子。本木雅弘主演の郵便局のCMの「単身赴任のオトーサンを送り出す熟女妻」役が凄く魅力的で、この女優は誰だと調べたら片岡礼子だった。その片岡礼子。変身連隊モノの女優だったけど今は深夜タクシーの運転手。彼女は過去に触れられたくない……。

 相変わらず、巧い。キャスティングもいい。完全にこの世界を手中に収めて抜群の安定感。余計なこともせず、甘ったるいヌクヌクした空間を作り出す。

 「第2話」もそのまま見る。「トンテキ」。好きになった男に手編みのセーターとかを渡してフラれる女は冴えないぽっちゃりサンだけど面食い。まあお約束の展開だけど、その安定感がいいのよね。

 「第3話」は「アメリカンドッグ」。浅草のベテラン芸人(佐藤B作)の弟子で今はテレビで売れている芸人(新井浩文)。これも、ありがちな展開ではあるけど、語り口が巧いので、見てしまう。巧いよねえ。正味20分の中できっちり見せるもんねえ。

 で……このままだと「第4話」も、という感じになってしまったが、時間は18時30分。「青空レストラン」を見なきゃ、と中断してテレビをつけたら、日テレが日本シリーズを放送していた。ジャイアンツ戦しか放送しないのかと思ったら。

 レトルトカレーを温め、買ってきたサラダと福神漬と共に食いながら、テレ東の「サイコロ旅」と日本シリーズ」を切り替えつつ見る。途中、TBSのネタ番組でサンドウィッチマンのコントにも寄り道。

 テレ東は「家行ってイイですか」になっていて、三軒茶屋で出会った可愛いモデルさんのお宅に。おじいちゃんを尊敬するマジメでいい子。応援したくなりますね。

 「日本シリーズ」に戻ると試合は大変なことになっていた。

 試合はシーソーゲームで、関心は、いつ大谷が出て来るか、というポイント。

 しかし……8回表の日ハムは凄かった。本当に凄かった。ヒリヒリした。2アウトから連打であっという間に満塁になり、4番中田はフォアボールで押し出し!

 次は大谷が代打かと思いきや、それは「見せ球」で、ピッチャーのバースがそのまま打席に入って、鮮やかなヒット!

 広島はどうしてピッチャーを代えなかったのか理解出来ない。まあ当然、いろんな事を考えてのことだろうけど……1点差くらいならこの回のウラや9回で取り返せるし、その時は信頼を置くジャクソンが頼りになると考えたんだろうけど……。だけど、この時点でボロボロだったのは中継を見てても判ったけどなあ。短期決戦なんだし、選手のプライドを慮るよりは……。

 しかしここでレアードの満塁ホームランが出るとは思わなかった。圧巻だった。
Suponichi

 これで広島もぽっきり折れてしまった感じで、その裏も9回裏もあっさりと攻撃を終了して、日ハムが日本一!

 日ハムを応援していたので嬉しいけど……広島のこんな負け方は、寂しい限り。ここまで競ってきたのに……。どうしちゃったんだ?

 なにか理由があったはずだ。ジャクソンの次に投げるピッチャーがいなかったのか?

 この間に、「アド街ック天国」も見る。九品仏。こんなにいいところだったのか!イメージでは「世田谷の田舎」という感じだったけど、あの「自由が丘」の隣なんだよね。しかし浄真寺の境内は広々として素晴らしいなあ!

 この番組を見ると、その町に引っ越したくなって困る。北千住だってとっても良い街なんだけど。以前住んでいた中目黒は、都会になりすぎて芸能人御用達の街になってしまって、逆にまるで魅力を感じなくなってしまったが。

 で……。

 今夜はもう、にわか日ハムファン(前回のパリーグ優勝の頃からパリーグは日ハムが好きだったけど)としては嬉しい限りだけど、広島のあの敗戦の姿を見て、妙にしんみりした気分になってしまって、戦闘意欲を喪失してしまった(というのはテイのいい言い訳だと自分でも思う)。

 風呂にも入らず、0時前に就寝。

 爆睡して明日こそ頑張ろう(って、こればっか)!

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:2033kcal

本日の消費カロリー:15kcal/507歩+33kcal(自転車)

2016年10月28日 (金曜日)

10月28日/いろいろドタバタして藝大奏楽堂で「春の祭典」

 7時ごろ起床。

 曇り~雨。

 寒いので、暖房を入れる。

 今日の東京は師走の気温だとか。

 朝のモロモロを済ませて、まんじりともせず(この表現よく使われるけど、なんかヘン……あ、「まんじり」って『ちょっと寝るさま』って意味だったのか。と言うことは、この使い方は間違ってるのね)10時を待つ。

 本日は、来年1月3日の「NKHニューイヤーオペラコンサート」(テレビ生中継もある)のチケット発売日。3年前に初めてチケットを買ったら舞台のかぶりつきだったのに味をしめたが、去年は1階はるか後方。なんだこの差は?同じS席なのに。

 チケットぴあは席を選べない。宛てがわれた順に買うしかない。発売後1時間すれば席を選べるようになるらしいが、その頃には売り切れている。

 チケットぴあのライバル、「e+」は席を選べる。マゴマゴしていたら売り切れてしまう危険性もあるが、今年はチャレンジしてみよう。

 10時になる前にログインしてチケット申し込みページを表示させて、待つ。

 10時00分01秒になったので、「座席の選択」ボタンをポチったらエラーが出て、ログイン画面からやり直し。ここで10秒くらいのロス。

 座席選択の画面が表示されたが、すこぶる使い勝手が悪い。ブロックに数字が割り振られて、別の欄にあるその数字をクリックするのだが、どうせならブロック画面をクリックすればいいように出来ないのか?

 それでもまあ、なんとかブロックを指定したら、そのブロックは売り切れ。

 違うブロックを選択したら「席の指定枚数が違う」と向こうのエラーなのにこっちのせいにされたりして……結局こんなドタバタをしているウチに4分が経過して、S席は完売。

 しかたなくまだ空席のあるA席にして、2階の前の方を選んで、なんとか押さえる。

 教訓。

 席を選ぶなんて野望は抱かず、とにかく席を確保したいなら、チケットぴあで買うべき。

 e+は使いにくいので、もう利用しないことにする。

 ということで……10時の5分間で本日のエネルギーを使い果たしてしまった感じ。それで希望の席が買えれば元気百倍だが、S席を逃がしてしまったから、失望感というか喪失感というか、「やっちまったな」感でいっぱい。

 もう、ぐったり。

 アサメシは、ご飯に目玉焼き、インスタント味噌汁に白菜の漬け物にしらす干しと海苔。

 その日の最低気温はだいたい日の出直前になるのと同じように、次の印税が入る前は、カネがない。それでも定期と積み立ての残高分の「自動融資」でなんとかなっていたが、そろそろ赤字。あと少しで印税が入るんだが……。

 引き落とし不能になってクレカが止まってしまうのは避けたいので、ATMに行ってカードローンを使って穴埋めをする。今までコツコツと返してきたのだが……この際仕方がない。

 なんとか「ひと安心」な残高に戻して、帰宅。

 隣が引っ越しするのか、部屋から引っ張り出した荷物やゴミを大量に廊下に並べ始めた。しかし引っ越しならトラックが下に来ているはずなのに……。

 もしかして……といろいろ最悪な事を想像したり。

 仕事を開始するが、なんだか今日は既に疲れ果ててしまった。

 少し書いたが、まったくスイッチが入らない。

 ダラダラして、14時を過ぎて、「ミヤネ屋」を見ると、ピコ太郎が日本外国特派員協会で記者会見の模様を生中継。他局はもっとマジメな事をやっているのにミヤネ屋だけ違う。この点、ミヤネ屋をおおいに評価するぞ!

 で、日本語でもギリギリなジョークが通訳不能(そりゃ仕方ない)で、会見はスベりまくり。しかし「Billboard Hot 100にランクインした最も短い曲」として、ギネス世界記録の認定証が手渡された。

 ワールドワイドな一発屋と言われているが、一発屋もここまでくれば凄いじゃないか!

 本日は、19時から、上野の東京芸大奏楽堂で、藝大フィルハーニア(学生オケだと思ったら、藝大所属のプロオケだった!)の演奏会がある。おれが大好きなストラヴィンスキーの「春の祭典」をやるので、聞きに行く。

Fa431709574cb17fbe3173efa286c11f1_0

 

 雨だけど、行く。

 相方は別の用があるので遅れて来る。おれが先に行って席を確保。

 この曲は、オケの奮闘ぶりを見たい。

 以前、地元で開かれる「柳原音楽祭」で高関健指揮の桐朋学園オケがこの曲をやったときは、本当に興奮した。ステージではない同じレベルの床にオケと客席が広がって、目の前で学生オケが大奮闘したのだ。

 演奏も素晴らしかったが、音のスペクタクルと言いたい「ハルサイ」が熱狂的に演奏されるのを見るのは、本当に興奮した。リングサイドでプロレスを見るのもこんな感じなのかも。

 それをまた体験したい。

 だから、響きより眺めを優先させて前の方の席を取りたい。

 そういう席は争奪戦になるだろうと思ったので、開場の18時より早く行って並ぶことにする。

 17時前ぎに家を出るが、隣の荷物は廊下と1階のゴミ置き場に山ほどある。引っ越しではなく、家財道具すべてを捨てていく感じ。

 ってことは……もしかして……。

 北千住駅まで歩き、常磐線で上野。構内のコンビニでパンとコーヒーを買い、公園口から、上野公園を突っ切る。

 15分ほどで藝大音楽学部正門に辿り着き、構内へ。

 道を間違い駆けて守衛さんに「奏楽堂はあっち」と言われて、なんとか奏楽堂へ。

Img_2774

 当日券待ちの列と、入場待ちの列があって、おれはチケットを持っているので入場待ちの方へ。

 こっちはみんな高齢者だったので「雨だし早く入れてくれんか」という声(老人特有のナニ)が出たが、開場は18時ですので、という入れない。その代わりにパイプ椅子が4つ出てきて、おれは4人目だったので、便乗して座らせて貰った。

 17時20分。

 持参したiPadで仕事しようかと思ったが、なんだか落ち着かない。じゃあiPhoneで「きらクラ!」を聞こうと思ったら、その音声データが入っていない。

 仕方がないので、ネットニュースを読んだり、後から来る相方に状況説明をメッセージで送ったり。

 そうこうしていると17時50分になり、10分早く開場してくれた。

 最前列ブロックはステージを見上げる形になるので避けて、通路を挟んだ次のブロックの中央にした。なんせ席は選び放題だもんね。

 いやしかし、これなら18時の開場時間に来ても、そこそこの席は確保できたなあ。次に来るとしたら、こんなに焦ることはないか。

 席を確保して、ロビーに出て買ってきたサンドウイッチを食べ、コーヒーを飲む。

 席に戻ると、「プレコンサート」が始まった。ストラヴィンスキーが「春の祭典」の翌年に作曲した「弦楽四重奏曲」。なんだかバーナード・ハーマンの「サイコ」を想起させるが、もちろんこっちの方が先。

 室内楽も、もっと聞くべきだなあ。

 トイレに行ったりしたり、席でプログラムを熟読したりして相方が来るのを待つが、開演10分前になっても来ない。こりゃ間に合わないかな、と思ったら、5分前に到着。

 まず、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」。これは、弾くのは難しいらしいが、あの甘美な「第2番」に比べると、なんだかネタの使い回しというか、ウケた前作を引き継いだ続篇という感じで、何度聞いても、いいとは思えないんだよねえ。「第4番」はもう、駄作じゃねえの?と思ってしまうし。

 「第2番」は、絶望と苦悩から希望を見いだして光明が差して元気を取り戻すまでが濃密に描かれていて素晴らしいのに。

 ピアニストのアンコールで弾いた小品がなんだったのか、判りません。

 休憩の後、お待ちかねの「春の祭典」。

 学生が主体だが、教員やOBも加わっているプロオケなので、「ハルサイなんて軽いもんよ」という余裕のヨッちゃんな安定した演奏。桐朋学園オケのひたむきな必死さが懐かしいけど。

 それにしても、この曲は、聞けば聞くほど素晴らしいなあ!

 前半の荒れ狂うオケの打楽器の炸烈に突進してくる弦楽器!

 後半の、様式美すら感じさせる整然としているが凄まじい破壊!

 おれがこの曲が好きなのは、怪獣映画に共通するモノがあるからだろうなあ。堕落したファミリー・ピクチャーの「ゴジラ」ではなく、「巨大災害」を克明に描いた「シン・ゴジラ」や「平成ガメラ」のような、ヒリヒリするような緊張と破壊と大災害と……沈静。

 これを音だけでダイナミックに表現しきった、と感じてしまう。伊福部昭も偉大だけど、この「春の祭典」はロシアの暴力的なまでの春の訪れを描きつつ、原始的な人間がどうにも出来ない巨大な力を描ききったということで、やっぱり凄い怪獣映画に共通する魅力があるなあ!

 録音では、この曲のバレエ音楽としての意味を強調したようなドラティ指揮デトロイト交響楽団の演奏が一番好きだ。歌っている感じが美しく、リズムが躍動している。

 次いで、バーンスタインがロンドン交響楽団を振ったもの。これはとてもダイナミック!

 ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏も豪快だけど。

 案外繊細な、ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦弦楽団、あんまり印象に残っていないメータ指揮ロスフィル、緻密だけど腑分けしている感じがシラケたが何度も聞き直すとそれなりに興奮するブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団(新旧両方)、古色蒼然としたアンセルメ指揮スイスロマンド管弦楽団……テレビで観たマルケヴィッチ指揮の日本フィルの演奏はエキサイティングだった。

 でもやっぱりこの曲は、生で聞くのが一番!

 会場の特性か、席のせいか、一部、音が濁ったり聞こえにくかったりしたが。

 ラスト近くでなにか落としたような音がしたけど……あれはチェロかコントラバスの弦が切れた?

 興奮を雨が静めてくれた。

 雨の中、根津に向かって歩く。

 上野桜木町は、古風な和洋折衷の家が点在したり、古い分風格があってカッコイイマンションがあって、とても魅力的な街だ。上野でも山手側だから、静かで歴史を感じる住宅街。

 昼間、ゆっくりと散策したい。

 夜も22時近くになると、この辺はほとんどの店が閉まっている。開いているのはお酒を出す高そうな店ばかり。

 1軒だけ大衆的な中華屋さんがあったので、入る。

 「新三陽」というお店。後で知ったが、観光客向けの店ばかりになってしまったこの界隈で貴重な、地元民御用達の地域に愛されるお店だった。

 主人一人がやっている店で、常連らしいお客さんがテーブルを拭いてグラスを片付けてメニューも持ってきてくれたので、店員さんが仕事あがりで賄いを食べてるのかと勘違いしたが……お客さんでした。それに気づいて「いろいろ済みません」とお礼を言う。

 麻婆豆腐の定食には餃子2個がついてきて、950円。美味しかった。

 谷中・根津・千駄木は観光地化したけど、まあたしかに観光地化するだけの魅力がある。まあおれは、上野桜木町から根津界隈の風情が好きだけど。

 根津から千代田線に乗って、北千住。

 歩いて帰宅。

 廊下には荷物が山ほど並んでいる。

 どうなってるんだこれは!

 まるで夜逃げされて困った大家が部屋にあるモノをすべて引っ張り出したような感じじゃないか。

 ゴミ置き場の、道路も塞ぐ形で置かれた家財道具もそのままだし。なんだこれは!

 くーたんにご飯を出し、シャワーを浴び、ニュースを見る。

 横浜・上大岡で起きた事故は痛ましい。

 最近、登校中の小学生の列に車が突っ込む事故が増えている気がする。生活道路を爆走するバカが増えてきたのか?

 それにしても、事故を起こしたのは87歳。

 70過ぎたら、免許は返上した方がいいな。ボケはなかなか自覚出来ない。いや、おれだって既にボケているかもしれないんだし。

 

 9月刊の角川文庫の印税、来週月曜に振り込まれる通知が来た。だったら今朝、焦って金策というかカードローンで穴埋めしなくてもよかったのか……。月曜にカードローンは返済してしまおう。

 0時過ぎに就寝。

 今日は仕事は数行しか進まなかった。明日頑張ろう!

今朝の体重:88.70キロ

本日の摂取カロリー:2191kcal

本日の消費カロリー:240kcal/6426歩+69kcal(自転車)

2016年10月27日 (木曜日)

10月27日/仕事して、気功

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 洗濯物を干しに行くと、屋上は既に洗濯物の花盛り。

 朝のモロモロを済ませる。

 SoftBank SELECTIONの500円割引券、亡くしてしまう&期限切れになる前に使ってしまおうと、iPhone7用のカードポケット無しのケースをオンラインショップで注文したのだが、どうもこの「500円割引」が適用されていない感じ。

 なので、電話して問い合わせると、どうも相手の応答が要領を得ない。この割引は「SoftBank SELECTION」でのみ有効というけど、そのサイトになかなかたどり着けないので、どうすれば行けるのか訊いているのに、返答は、普通のオンラインショップへの道順のみ。

 時間もかかるし同じ答えの繰り返しなので、いい加減嫌になってきて……結局は目的の場所にたどり着けたのだが……。 ちょっと小馬鹿にした態度を取ってしまった。それについて、素直に反省。だけど、どうして30分くらいも時間がかかったんだろう?

 アサメシは、昨日買ってきた白菜の柚子風味の漬け物が食べたいので、ご飯に目玉焼き、インスタント味噌汁、海苔。

 白菜の漬け物、美味い。

 読売の発言小町、面白い投稿があるときは目白押しになるのに、つまらないときはどれもおしなべてつまらない。なんだか面白さに波がある感じ。とんでもなく腹立たしい投稿って、ネタなのかもしれないし、そういうネタは排除されたりするからつまらない時期が出来るのだろうか?

 それはともかく、仕事開始。

 昨日の続き。本日も、10ページ書くことをノルマとする。

 三笠宮様、逝去。

 三笠宮は、お付きもつけないで一人で街中を歩いていたりしたらしい。大学で講師を務めたりしたし、戦時中は大本営の中で軍の非道な行為を指摘したりもしていたと。

 おれは右翼ではないが、こういう皇室には敬意を抱いて大切に思っている。私利私欲にまみれた政治家とは完全に異質な存在だし。

 昨日買ってきた「ヤマザキのクロワッサン」とカフェオレでお昼を済ます。これじゃあ軽すぎるんだけど。

 16時を過ぎた。

 なんとか10ページは進んだので、一応ノルマは達成。

 髭を剃ったりして外出の支度。

 北千住駅で、どうにも腹が減ったので、「小諸そば」で、盛りそばとミニかき揚げ丼のセットを食べてしまった!せめてそばだけにしておけば良かったのに……。

 予定した電車に乗れず、1本あとの電車で浜町へ。

 数分の遅刻で教室到着。

 本日はおじさんばかり4人。

 股関節をほぐしたつもりが、使いすぎたのか、逆にちょっと痛くなってしまった。

 その後は、いつもの「えいと」へ。

 グラスビールと生スダチサワーを飲み、キノコと帆立のバター炒め、さつま揚げ、トリのグリル、ぎんなん、揚げあられ、ポテトサラダに、お新香。ここでも白菜の柚子風味が出て、これがとても美味しかった。

 美味しそうなお茶漬けの誘惑を断ち、我慢。

 芦川さんに、テレビのネット配信「Netflix」で「深夜食堂」の最新シリーズが流れていると教わった。このシリーズは見逃せないので、Netflixに入るかなあ……。聞けば会費もそう高くないし……。だけど、ちょっと待てば他のメディアでも放送しそうな気もするんだけど……。

 店内のテレビ、音を消してあるが画面は日本シリーズ。ずーっと1対1が続いて、どうなるかと思ったら……9回ウラ、サヨナラ満塁ホームランが飛び出して、日ハムの勝利!いやあ、昨夜は絶体絶命のピンチを宮西が救ったし、今夜は西川がヒーローだ!

 いやあ、日ハムは凄いね!

 もう1軒行く面々とお別れして、日比谷線で帰宅。

 車中で、hana師匠に前回渡せなかった新刊を今日渡すつもりが完全に忘れていたことに気づいた。最近、こういうど忘れが多い。これはもう、紛う事なき加齢による劣化だ。「老人力がついた」と誤魔化すのもなあ。

 23時過ぎに帰宅。

 くーたんにご飯を出し、スポーツニュースを見る。そうか、西川のサヨナラ満塁ホームランが出る前に、デッドボールで乱闘になりかけていたのね。

 風呂に入り、ゴミ出しをして、汗が引くまでテレビを観る。

 市川さんの原作による「黒い十人の女」は、見なかった。いや、見るのを避けていた。しかし、やっていたので見てみると……。

 面白いじゃん!

 原作となった市川さんの映画「黒い十人の女」はとにかくスタイリッシュでシャレていて、最後は恐ろしいのだが、バカリズム脚色のこのドラマは、登場人物の心理を盛大な独白で表現してしまう。言動とは裏腹なホンネを見せていて面白い。そして佐藤仁美たちの芝居が面白い。

 まるでスタイリッシュではなくて心理ドタバタだが、セリフが巧いので、実に面白い。バカリズム、やるね!

 最後まで見て、1時過ぎ就寝。

 明日は雨模様か……。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:2388kcal

本日の消費カロリー:180kcal/4903歩+12kcal(自転車)+562kcal(気功)

2016年10月26日 (水曜日)

10月26日/仕事進んで、テニスして

 7時前起床。

 ベッドの中でiPhoneでニュースを読んでいたら目がショボショボ。

 朝のモロモロを済ませる。

 ApplePayとSuicaについて、今日もお勉強。判ってきたけど、確認のために、カスタマー・サービスに電話してみる。混み合って全然繋がらないと思ったのに、あっさり繋がったのにはビックリ。

 そこで質問した結果も加えて自分なりにまとめると……。

・iPhone7上にビューSuicaカードのクレジットカード機能は登録できるがSuica機能は登録できないので、アプリ上で新規にSuicaカードを作ることになる。

・その際、ビューSuicaカードのSuica機能は生きているので並行して使えることになる。iPhoneのバッテリー切れや故障に備えて、ビューSuicaカードのSuica機能を残しておくのは正解かも。

・ビューSuicaカードのSuica残高を全額駅の窓口で引き出してしまうとSuica機能が死んでしまう。

・iPhone7上のSuicaの利用履歴は、登録しなければならないモバイルSuicaサイトで確認して印字することが出来る。


 だいたい判ったけど、まだ不明な点もあるので、もう少し調べてから(簡易Suicaしかない伊豆急の駅とかバスでSuicaの残高が足りなくなってオートチャージ出来なくなった場合の対処とか……)、月替わりにiPhone7のSuica機能を使い始めることにしようっと。

 アサメシは、ご飯を炊いて、玉子かけご飯。そして磯海苔が残り僅かになったので、磯海苔ご飯とインスタント味噌汁としらす干し。必須の漬け物がなかったが、買いに出るのが面倒だったので、ないまま食う。

 今日こそ「第3章」を書き始めないとヤバい。

 今日、10ページ書けなかったら、自分への罰としてテニスを休んで10ページ書くまで仕事をする事に決める。

 テニスは、1週休んだら凄く退化してしまうので、出来るだけ休みたくない。

 書き出すと、今日はするっと書き進むことが出来た。

 途中、スパゲティ・ボンゴレを作って食う。

 即、仕事再開。

 その結果、午後の4時間で10ページ書けた!

 やるじゃん、おれ。

 しかし……唐突に、「高畑事件」のことを書く。最初の警察発表を元にしたに違いない記事と、その後出てきた「被害者は美人局ではなかったのかという怪情報」、そのあと出た高畑側の弁護士のコメント、そして被害者のインタビュー、それぞれ内容がかなり違う。最初の第一報の内容は、どこの誰が話したことなのか?美人局情報は誰が流したのか?

 いろいろと不可解な事が多すぎる。

 しかし、この手の事件は、加害者側が弁明したり「悪くなかった工作」をすることが多いのはこの前の「慶大広告研事件」でもあった。

 高畑事件については、ここで被害者側に疑問を感じるように書いてしまって、それが気になっている。

 「5時に夢中」の、「デパートとかの館内放送である種の情報を伝えるのは本当か?」と検証していた。雨が降ってきたら特定の音楽を流す、泥棒が逃げている場合の音楽や売り上げ達成の音楽もあると。

 ここまで見て、外出。

 駅のプラットフォームでシャケのおにぎりを食べて、曳舟へ。

 テニスは、まあまあ。というか、試合ではいいところはなかった。

 水泳帽を忘れてきたのでプールは止めて、風呂で入念に腕と脚をマッサージ。

 夕食は、肉が食いたくなったが、「ロイヤルホスト」は高いので、久々に「ペッパーランチ」へ。ここはカウンターや床がベタベタしてるのがイヤだし、熱い鉄板皿で肉を自分で焼くのがイヤだし、安い肉だから硬くて筋があるし……と思いつつ、サーロインの150グラムを頼んだら……。

 美味しいじゃん!想定をはるかに超える美味さ!

 脂ジュウジュウの飛び散りもさほどでもなかったし。

 これからは、もっと「ペッパーランチ」を利用するか。大阪の例の事件があってから、この系列には行かないようにしていたのだが……そういや、あの事件、刑は確定して犯人どもはきっちり刑務所に行ったんだろうな?誘拐・強姦・監禁という凶悪犯罪なんだから、ジジイになるまで刑務所に入っているべきだ。

 コンビニに寄って漬け物とかチョコレートかを買い、帰宅。

 ピーナッツ・チョコや昨日買った「ひねり揚げ」、クロワッサン1個をコーラゼロと共に。なんか腹が減ってしまったのじゃ。

 

 くーたんにご飯を出し、満を持して「地味にスゴイ」を見るべくテレビの前に座るが……まだ日本シリーズが終わっていないかった。9回2アウト満塁!2点差しかない。

 日ハムを応援しているので、万事窮す。ピッチャーの方が追い込まれているし、宮西の顔は引き攣っているように見えた……。

 しかし「地味にスゴイ」が始まるので、チャンネルは日テレへ。

 今回は「清純派女優の隠し子を暴くパパラッチ」。
Jimi

 昨夜、「ナイトクローラー」を見たばかり。向こうは「特ダネ」こっちは「芸能ネタ」(ばっかりでもないみたいだけど)。一人で現場に貼り付いてて記事まで書いて、そんなにスクープを連発できるのか?と思うけどまあ、それを言いだしたらこのドラマはナシになってしまうし。しかしこの「悪辣パパラッチ・山之内」をやった山中聡という役者はいい味出してる。

 明日書く分の下調べをして、スポーツニュースで日ハムの勝利……宮西が丸を打ち取って無事にというか、劇的に試合終了だったのを知って、安心。広島ファンは激しく落胆しただろうけど、あそこまで追い込まれて負けなかった宮西は凄い。満塁になったときに「ピッチャー換えろ!」と思ったおれはど素人だねえ。もちろん、ど素人なんだけど。

 0時過ぎに就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:2890kcal

本日の消費カロリー:140kcal/4256歩+35kcal(自転車)+702kcal(テニス)

2016年10月25日 (火曜日)

10月25日/夜、「ナイトクローラー」を見た

 7時起床。

 曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 便秘気味になってしまったくーたんのお腹をマッサージしてやったら……ほどなく出たので、一安心。

 macOS Sierraのリビジョン・アップが出ていたので、アップデートする。Sierraになってから、Safariの調子がどうもおかしいのだが、それが直るだろうか?

 結果としては直らなかったが。

 このアップデートは、ApplePay使用開始のため。

 同時にiOSもアップデート。これでiPhone7でSuicaが使えるようになる……のだが、Suicaのサーバーが限界を超えているらしい。

 それと、iPhone7でのSuicaの利用はいろいろと制約があって、設定が一筋縄ではいかない様子。おれが今使っているのはSuica一体型のクレカ「ビュースイカ」カードなのだが、これはiPhone7には取り込めないらしい。ビュースイカのクレカ機能だけを取り込んで、Suica機能は新たに取得する必要があると。

 しかし別のところを読むと、クレカ機能とSuica機能を別々に取り込めば使えるようになると解釈できる表現もある。

 どっちやねん!

 まあ、クレカ機能だけ取り込んでSuicaは新たに取得してもいいんだけど、その場合、今残っている残高はどうなるんだ?

 それに、Suicaの使用履歴はプリントして税理士さんに渡しているのだが、それが出来なくなるのは困る。

 これについても、よく読んだら、モバイルSuicaのサイトにアクセスすれば履歴が表示されるのでそれをプリントすればいいらしい。

 ……しかしまあ、もう少し待てば、「人柱さん」たちの報告が多数上がるだろう。それを参考にしよう。それまで、「待ち」だ。

 この「iPhone7でSuica」について調べるのと並行して、OSもTechToolProも新しくなったので、メンテ用起動ドライブ(eDraive)を作ろうとしたら、出来ない。何度やっても出来ないので、USBメモリーを緊急起動ドライブに設定して、メーカーのact2に質問メールを送る。

 その他、もちろん仕事もした。

 講談社新作の第一章、第二章、いろいろ間違いがあったので、それを修正して担当T氏に送り、かねてより準備していた新作プロットを徳間I氏に送る。

 お昼を過ぎた。

 買い物がてら、外出。

 北千住東口でくーたんのキャットフードを買い、「餃子太郎」で半チャーハンと羽根餃子のセットを食べる。美味い。

 帰宅して、28日夜、上野の芸大奏楽堂で行われる学生オケ「芸大フィルハーモニア」の演奏会のチケットを取る。おれが大好きな「春の祭典」をやるのだ。

 おれの記憶では「チケットぴあ」で買うと発券が明くる日以降になってしまう。今夜、相方に会うのでその時渡しておきたいので、芸大の千住校舎で買えないのか問い合わせてみると、ダメだと。演奏会が迫っているので芸大本校舎での窓口に集約しているとも言われてしまったが……チケットぴあでまだ買えるんですけど。

 で、チケットぴあの表示をよく読むと、今日即発券出来るとかいてある。

 ネットから購入して、購入番号をプリントして、近所のセブンイレブンに走って、発券して貰う。

 そんなドタバタの後、午後の仕事を開始。

 早くも徳間I氏からプロットにOKの返事が。書き出す前に章割りを作らなければならない。その時にいろいろ修正を加えよう。

 で、講談社の「第3章」を始めるが……この章はすいすい書けるという予感があって、それが逆に油断になってしまった感じで、なかなかスイッチが入らない。

 そうこうしていると17時。「5時に夢中」を見る。ゲストは赤坂芸者の「育子」さん。この世界の事になると岩下尚史の独壇場。知識と教養ある人のおふざけを見るのは楽しい……が寝てしまった。この時間帯はダメだ。

 その後、ニュースを見る。高木沙耶、あそこまで大麻の使用を公言していたら、捕まるのは仕方がないのかもなあ。

 大麻はタバコより害がないという事はよく聞くし、習慣性もないし所謂麻薬や覚醒剤とは違うとも聞くが……タバコがここまで世間から追い込まれているんだから、大麻だけが逆行するのも無理だろうと思う。どっちにしても大麻をやったことがないので、その効能については全然判らないんだけど。ただまあ、大麻をやったから重大犯罪者みたいに扱うのはどうなの?とは思う。アタシはやったことないし、これからもやらないだろう。だって、入手方法が判らないんだから。

 相方から電話が入り、先に弁当の出前を注文。相方は焼肉弁当、おれは塩サバ弁当。

 相方が到着したのと相前後して、弁当も到着。

 食べながら、wowowで録画した「ナイトクローラー」を見る。「クローラー(crawler)」とは、『ロボット型検索エンジンなどが,ウェブ-ページの情報をデータベース化する目的で、インターネット上を自動巡回させる情報収集プログラムのこと。スパイダー。検索ロボット。巡回ロボット』という意味らしい。この映画では、夜の特ダネ・スクープ映像を狙う連中の事。テレビ局の報道スタッフだけでは手が足りないので、フリーが売り込んでくる映像を買うことになる。

 コソ泥めいたことをしていた主人公ルイスが、ふとしたことでこの仕事を知って、自分も始める。

 頭でっかちのいけ好かない屁理屈野郎だが、アタマはよくて熱心に学習して、短期間にコツを覚えて格好のネタを掴み、映像をモノにしていく。

 この主人公、ネットでのみ知識を習得しているせいか、人間的には最低最悪。人間の感情の機微というモノを理解出来ないが、キカイのような反応でもない。要するにエゴの固まり。報道倫理なんか完全に無視。最低限の法に触れなければ、なんでもやる。

 そんなクソみたいに嫌な主人公をジェイク・ギレンホールが怪演。まさに、怪演。

Nightcrawler1e1437501995693

 目付きが悪い変質者。というか、アタマがいいのは判るが、その方向性がまるで違っているのは、まともな育ち方をしていないらしい感じも漂ってくる。本当に嫌な男。それを、これでもかとイヤらしく演じている。凄いぞギレンホール!

 で、そういうダークヒーローはますます成功して、映画は終わる。アメリカの財前五郎(映画版の、だが)や!

 パパラッチの映画だと言うから、芸能人のプライベートを狙う連中かと思ったら……。

 最近、日本のテレビニュースも、「視聴者提供」の映像が増えている。投稿しやすいようにサイトも設けられている。特ダネ映像を投稿したら、謝礼も出るんだろうなあ。新聞社なんか特ダネ写真を買い取るときに謝礼を出すんだから。

 そういう謝礼欲しさに、「ナイトクルーラー」化したヒトビトがカメラ(最近はiPhoneで充分)片手に夜な夜な徘徊いて、特ダネ欲しさに自ら事件を起こしたりして……。

 実に面白かった。いろいろ展開を予測しながら見たが、こういうオチになるとは思わなかったし。

 途中、ミニ・シュークリームを食べつつ、見る。

 ニュースを見ると、日本シリーズ、黒田が途中降板して、延長10回、日ハムが逆転勝利!

 世間は広島を応援するムードで、なんだか広島を応援しなきゃいけないようなムードだが、おれは日ハムを熱烈に応援するぞ!まあ、広島は今年が最大のチャンスだけど、日ハムには来年もあるし……大谷がメジャーに行くまでは。
 

 22時過ぎに相方帰り、おれも後片付けをして、お風呂はカット。

 仕事が進んでいない。皮算用では今週前半に「第3章」を上げてしまうつもりだったのに、昨日今日とまるで進んでいないぞ。

 今の予定では明日・明後日・明明後日と夜は外出の予定だし……。

 0時前、就寝。

 

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:2560kcal

本日の消費カロリー:39kcal/614歩+48kcal(自転車)

2016年10月24日 (月曜日)

10月24日/小川町の温泉に行った

 7時過ぎ起床。

 晴れ。

 寝ている間に済ませた洗濯物を干す。

 朝のモロモロを済ませるが……。

 昨日放送のNHK-FM「きらクラ!」の録音が失敗していたので、今朝の再放送を予約していたのだが……またも失敗。なんだこの有料ソフト。

 おれの設定とか使い方が悪いのかもしれないので悪口は叩かない。しかしこんな状態じゃ使い物にならない。困ったなあ。

 途中で気づいて2/3は録音したが……。

 アサメシはダブルソフトのトーストにゆで卵、コーヒー。

 仕事開始。講談社の第一章と第二章を直して相方に送り、「ジェイノベル」連載の「悪徳探偵シーズン3」の第1回ゲラをチェック。相方が見たものを確認するだけ。

 これでお昼。

 本日は夕方に東武東上線小川町に行く。東上線に乗る事自体、滅多にないし、小川町で降りることもない。

 もう乾いていた洗濯物を取り込んで、早めに外出。

 郵便局でゲラなどを投函して、「翔竜」で玉子翔竜麺の大盛りを食う。

 予定より早めに千代田線に乗って西日暮里経由で池袋。東上線快速小川町行きに乗る。

 車中、「シン・ゴジラ」のサウンドトラックを聴く。

 今ごろ気づいたのだが、伊福部昭の「宇宙大戦争のテーマ」は同じ旋律の繰り返しだが、微妙に楽器が変わり移調もしている。ずっと聴いていると、トランス状態に陥る。ラヴェルの「ボレロ」と似たような現象だと思う。

 この曲は既に「ゴジラ第1作」に登場していて、この時はいかにも軍楽隊が演奏しているというアレンジで、他の怪獣映画にも『自衛隊出撃』の場面で使われているので、おれの中では「自衛隊マーチ」というか自衛隊のライトモチーフのように思っているが……。

 同じようなアレンジでも、「宇宙大戦争のマーチ」が他のモノと一線を画しているのは、テンポが物凄く速いことと、トランス効果を呼ぶアレンジ、そしてかなりミスっているがモーレツに熱い演奏のせいだろうか。とにかく、この音楽を聴いていると、東京を核攻撃させないために日本人が力を合わせて全力でゴジラに立ち向かう、悲壮感漂うあの名場面が目に浮かんで……電車に乗っているのに泣きそうになって困った。

 こんなに心の底からハマる映画がこれまでにあっただろうか?

 いくつかはあるし、映画館に何度も言って繰り返し見たし、ビデオやDVDを集めたし……。

「博士の異常な愛情」「ジャッカルの日」「おかしなおかしな大冒険」「エレキの若大将」「日本のいちばん長い日」(もちろん岡本喜八版!)「シャレード」「卒業」とかあるけど……一切の批判を許したくないほど心酔した作品はこの「シン・ゴジラ」だけかもしれない。他の作品も心から愛するけれど、いろんな批判は「それもそうかもしれないねえ」と受け止められるのだが、この「シン・ゴジラ」だけは、ムキになって目を三角にして反論したくなる。新作だから、かもしれないけど……。

 やっぱりおれが子供の頃から抱いていた「ファミリーピクチャーとしての怪獣映画」への不満を完全に払拭して、秀作「平成ガメラ」をよりいっそうパワーアップして、東日本大震災以降の「本当に恐ろしい大災害」を経験したこともあって、それらが一気に押し寄せてきた、という感じがある。

 この作品の続篇は、作らないで欲しいなあ!作っても、この作品を越えるのは極めて難しいだろうし。

 16時40分頃、小川町到着。

 所用を済ませて、「上小川神社」に参拝。小さな神社だった。

Img_2770

 ここから歩いて15分ほどのところにある「おがわ温泉花和楽の湯」へ行く。

 GoogleMapの指示通り歩いたら、妙な山道に入っていってしまったぞ。

 どうもこの日帰り温泉施設の裏側に回ってしまったようだ。

 

 ぐるっと回って正門へ。

Img_2771

 ここ、「おがわ温泉花和楽の湯」(←リンク)は露天風呂が充実していて、浸かっていると、山の木や草、土の香りが漂ってきて、とても気持ちがいい。源泉100%の浴槽もあって、もうお肌ヌルヌル。

 風呂から上がってお食事処へ。グラスビールを頼み、焼き鶏を頼んだが時間がかかるとのことなので手っ取り早く出来る枝豆とピリ辛ホルモンを頼む。

 これの量が多くて、後から来たネギマと手羽先でもうお腹いっぱい。何かご飯ものを食べようかと思ったけど、もう入らない。

 もう1回お湯に浸かって、18時30分過ぎに出る。

 駅まで10分くらいで着くはずなのに、目の前で池袋行きの電車を逃がしてしまった。

 プラットフォームで次の電車を待っていると……入ってきたのは「TJライナー」として使われている車両。東上線で一番速い「快速急行」として運転。

Img_2773

 こりゃ1本逃がしてよかったわい。この車両に乗ってみたかったのだ。

 池袋まで本を読んだりiPadで「第3章」の下書きを読んでアタマに入れたり、寝たり。

 20時過ぎの池袋は意外に人が少ない。これ以降混雑するのかな?

 日暮里経由で帰宅。

 帰宅して、くーたんの晩ご飯用キャットフードを切らしていたことを思い出したが……もう店は閉まっているので、代用品を出す。

 爪を剥がしてからまた便秘気味なので、抱っこしてお腹を入念にマッサージしてやる。

 大阪で親子が無理心中。宇都宮の爆死自殺事件は、離婚問題が拗れた末のことか?

 南スーダンのPKOは日本政府が作った基準に合っていないのは明らか。なのに無理矢理出動させられる自衛隊は気の毒というしかない。

 23時30分、就寝。

 しかし、寝る前にベッドの中で聞いた「宇宙大戦争マーチ」に妙に興奮して、寝付けなくなった。

 やばいぞこれは。

 起きてトイレに行って水を飲んで、1時過ぎになんとか寝付けた。

今朝の体重:88.05キロ

本日の摂取カロリー:2108kcal

本日の消費カロリー:266kcal/7906歩+34kcal(自転車)

2016年10月23日 (日曜日)

10月23日/蒲田蒲田蒲田でシン・ゴジラ!

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 本日は、蒲田に行って「シン・ゴジラ」ロケ地巡礼(と言っても一箇所)をしてゴジラ第二形態(最初「第一形態」と書いていたのを訂正)「蒲田くん」が遡上した呑川に沿って蒲田駅に向かい、テアトル蒲田で「シン・ゴジラ」3回目を見る。

 正直、「君の名は。」に興行成績があっさり抜かれてしまったことが悔しい。見てないから何も言えないけど、青春アニメにゴジラが負けるか?ま、「君の名は。」を見たら考えは変わるかもしれないけど。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはハムとコールスローのサンドウィッチにダブルソフトのトースト、ゆで玉子、牛乳。

 午前中は仕事をする。講談社新作の第3章。相方の下書きをじっくり読んで、多少整理する。

 ネットラジオの録音ソフト、何度かテストをして成功したり失敗したりを繰り返している。今朝のテストは成功。

 今日の「きらクラ!」はきちんと録音できるだろうか?

 13時過ぎに外出。

 駅前のマクドナルドで「テキサスバーガー」を食うが……さほど美味くなかった。昔食ったかなあ?なんかソースが甘いし、そのソースが手についてベタベタになる。

 マクドナルドではビッグマックに勝るものはない、というおれの持論は補強された。

 時間が来たので駅へ。

 相方と合流して、青砥経由で京急線に乗り換えて、羽田線の「大鳥居」駅へ。

 乗り換えアプリでは「三崎口行き」の普通に乗って京急蒲田まで行け、と出たのだが、どう考えたってエアポート快速特急とかで行った方が早く着くだろう。

 ということで、押上で乗り換えアプリに反抗してエアポート快特に乗り換えるが……大失敗。これは成田と羽田連絡の「ぶっ飛ばす」タイプで、泉岳寺と品川にしか止まらない。このままだと羽田まで行って普通に乗り換えて引き返すか?

 車中で調べ直して、品川で後続の快特に乗り換えて、京急蒲田。

 この京急蒲田駅は乗り換えが難しい。羽田線が上下プラットフォームに入ってきて横浜方面に向かう電車はスイッチバックする。なので電光案内板をよく見ないと失敗する。

 で、3階プラットフォームから2階に下りて、羽田線下り普通に乗り換えて、15時7分、「大鳥居」駅到着。しかし、快特とかに乗り換えてぶっ飛ばして蒲田まで来たのに、普通電車に大人しく乗っているのと同時刻の到着。これって、凄く不思議。京急の快特って、本当にぶっ飛ばすのに。

 まあ、早く着いた分、蒲田で乗り換えを待ったからなあ。そういうことなんだなあ。

 産業道路沿いに10分ほど歩いて、「聖地・呑川新橋」。

 ここは羽田空港方面からやってきた「ゴジラ第二形態」が係留しているプレージャーボートや漁船などを蹴散らしてガンガン遡上していく場面に登場する。

 映画では橋の脇にある三角のビルには動物病院の看板が印象的。この場面。ネットから拾いました。

Cpzjtipusaa2uzw

 で、本当の姿はこれ。って、多くのファンが既に山ほど写真を撮ってアップしているが……。

Img_2763
Img_2764

 本当の看板は、クリーニング屋さんのモノでした。いつでも半額!じゃあ値段を下げればいいのでは?

 ここから、途中の子安八幡神社にお参りしたりしつつ川に沿って歩く。昭和44年に完成した防潮堤。と言うことは、昭和44年以前は大雨とかになると大変なことになっていたのか?

 進行方向左手に、黒い偉容を見せる「南晴病院」が見える。京急羽田線に乗れば、その異様というか偉容がよく判る。古びて真っ黒になったビルに蔦が絡まっている。なんか、その感じが凄い。正直言って、怖い、精神病院だし……。しかし口コミを見てみると、食事が美味しい良い病院らしい。

 催したので、京急蒲田駅でトイレ……と思ったら、ここのトイレって駅改札内にしかない!お店も多いのに、トイレがない!

 隣の飲み屋や食べ物屋が入るビルならあるだろうと思ったら、あった。

 最初の予定では、ゴジラの絵が書いてある銭湯「第二日の出湯」に入ってからテアトル蒲田で映画を観て、その後食事して、というつもりだったのだが、その銭湯は結構遠いし、腹も減ってきたので、先に食事にする。

 駅周辺なら安くて美味そうな店はたくさんあるだろう。

 が、京急蒲田とJR蒲田の間には、意外にない。中華料理店とラーメン屋は山ほどあるのに、いわゆる「洋食屋」「定食屋」がない。

 相方が飲み屋で食べようと言うが、メシ屋は絶対にあるはずだ!

 と思ったら、あった。JR蒲田の東口すぐの飲み屋街に、洋食屋と立ち食いそば屋のような定食屋が。

 間口は狭いが奥深い定食屋「信濃路」に入って、おれはサンマの塩焼き定食を頼んだが、これが意外に時間がかかってしまった。その間、オムレツと厚揚げのカレーかけを食べる。

 美味い。

 店の親父は常連さんと気さくに喋り、テレビ番組にツッコミを入れている。ちょうど「スカッとJAPAN」の再放送をしてて、「潔癖症過ぎるイケメン」をやっつけるハナシ。忍成修吾が自身のイメージを崩壊させる快演をしていた。ここまでよくやるなあ!

 で、時間を見たら、あんなに余裕があったはずなのに、もう17時!映画は17時30分から。

 ここから映画館までは10分はかかる……。

 この際、映画は止めて、ゆっくり食事をして銭湯に入って、帰宅して「真田丸」を見るのはどう?と相方に提案したが、ここまで来たんだから、蒲田で「シン・ゴジラ」を見る!初志貫徹!と。

 17時10分頃にサンマが焼けて出てきたので猛スピードで食い、先にトイレを済ませて相方を待ち、相方がトイレに入った間に会計を済ませて、外で待つ。

 いやあ、こんなにサンマに時間がかかるとは想定外だった。カレーとか簡単にできるモノを頼めば良かった……。

 しかし、このお店「信濃路」は、美味い。食べログでは「場末感満点!」とか書かれていたけど、この店、好きになった。

 

 というか、蒲田が好き。赤羽も好き。北千住と共通する「場末感満点」な感じと気取らない感じが好き。大森も好きなんだけど。大森の方がなんかきっちりしている感じがするが、蒲田はもうカオス。それがいいなあ。「昭和の香り」とか言うんだろうけど。

 で。

 テアトル蒲田に向かって歩き出したのが17時25分。

 10分かかると、予告編の時間を考えても、アタマが欠けてしまう。

 何度も見た映画だとはいえ……アタマが欠けるのは宜しくないぞ……。

 蒲田の商店街はなかなか長い。テアトル蒲田はその端にある。

 かなりセカセカ先を歩いて、相方を煽る歩き方をしてしまったが、そうしないと間に合わない。いや、今日は「大鳥居」からずっと歩く間、ずいぶんおれだけが先行して歩いてしまった。道の選択が正しいかどうか相方に無駄足を踏ませたくないという気持ちもあったのだけど、全部一本道だったんだから、もっとゆっくり歩いても良かった。ラストの「信濃路」から「テアトル蒲田」までを除いて。

 結局、10分かかるところを5分ちょいで歩いて、チケットを買って席に着いたら、「映画泥棒」のアレが始まって、落ち着いたら、本編が始まった。これ以上無いジャスト・タイミング!

 で。

 3度目の「シン・ゴジラ」。しかも今回は蒲田だ!

 のっけのアクアラインの場面からこの映画の世界に引き込まれて、もうイッてしまった。

 羽田空港付近に現れて……出ました!呑川!まず呑川旭橋が破壊されて、ぐんぐん遡上してくる。見てきたところが破壊されるのは、やっぱり臨場感が凄い!

 しかしこの作品は……何度観ても、見ればみるほど、感嘆する。凄い。それに、恐ろしい。

 ゴジラは災害のメタファーで、東京はいずれ巨大地震に襲われて未曾有の混乱の極みとなるだろう……神戸、東日本、熊本、そして鳥取と来て、以前から地震災害の可能性が高いと言われ続けている東京が無傷で済むはずがない。富士山だって大噴火するかもしれないんだし。

 避難民を乗せたバスが詰まってしまって高速道路を埋め尽くすカットでは、もう本当に、膚感覚で恐ろしいとしか思えない。

 この作品をアタマで理解してアタマで批判する人は、たぶん、想像力に限界がある御仁なのだろう。

 この作品は「災害(架空)ドキュメンタリー」なのだ。

 一部の唾棄すべきクソインテリは「政府関係者が有能すぎる」からダメだとか馬鹿な事を言うが、じゃあ、無能な政治家や官僚が右往左往するままに東京は、日本は、多国籍軍の核攻撃を受けて消滅してもいいんですか?と問いたい。

 そうならないように頑張る映画なんだぞこれは!

 自衛隊がカッコよすぎるのがどうのこうというバカもいるが、こういう映画で自衛隊がカッコよくて、何がイカンのだ?無能な自衛隊がゴジラに潰されて万事窮す!な場面を見たいらしいお前らのマゾごっこに付き合う暇はない!

 巨大になったゴジラが稲村ヶ崎に再上陸したときにかかる、伊福部サウンド!

 待ってました!大統領!と声をかけたくなる、この感覚!これが判らない連中が、この映画をあれこれ貶すんだろうなあ。不幸な連中だ。思いっきり憫れんでやる。

 おれはこの映画と三谷幸喜については物凄くムキになるので、悪しからず。

 ゴジラのコースは、いろんな人が調べ上げて判りやすいサイトを作っているので、おれはそれらを拝見するだけだ。

 しかし、京急は可哀想だし、特攻する中央線・京浜東北線・山手線・常磐線(はいたっけ?)も、可哀想で……。

 可哀想と言えば、東京駅で米軍の攻撃を受けて弱るゴジラの場面。ここにかかる鷺巢さんの宗教音楽と言ってもいい音楽が悲しすぎて……ゴジラが可愛そうだと思ったのは、第1作から見てきて、本当に初めてのことだ。音楽の力って物凄い!

 もうね、ハンカチが離せない。こんな空前の完璧な映画がこの世に存在するとは!その感涙で……。

 まあ3度目だと、細かな編集が「おれならこうするけど」という箇所が幾つか出て来るのだが……それはもう感覚の違いでしかないので、批判とかではない。

 19時30分すぎに、終了。

 グッタリ。

 しかし、あと2回は見ないとなあ。もちろんディスクは買うけど、映画館であと2回は見ないと。(↓終映後、片桐はいりのサイン入りポスターを撮っているファンのかた)

Img_2768

 ゴジラに粉砕される京急にシンパシーを感じたので、京急蒲田まで歩いて戻って、京急線で帰ってくる。

 22時前に帰宅。風呂に入ってゴミ出しをして、録画した「真田丸」を見る。

 大坂城での、「誰がカシラになるのか」の内紛。氏素姓石高などは無関係!と言った舌も乾かないうちに長宗我部盛親を推挙する後藤又兵衛。まあ幸村と又兵衛はいずれ固く結ばれるのだが(の、はずだけど……三谷さんの解釈では違うかも)。
42

 その後、ニュースを見て、日本シリーズで広島が連勝したことを知る。おれとしては日ハムに勝って欲しいんだけど……男・黒田で世間は「広島日本一」な空気になってるなあ。

 宇都宮の「爆死事件」、温厚そうな元自衛官が、こんな周囲を巻き込むことをしたのは、何故?家庭問題か?というけど、家庭問題でここまでのことをするのだろうか?

 平幹二朗、死去。合掌。

 0時17分、就寝。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:3386kcal

本日の消費カロリー:429kcal/11254歩+46kcal(自転車)

« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト