« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »

2016年11月27日 - 2016年12月3日

2016年12月 3日 (土曜日)

12月3日/年末恒例!週刊文春ミステリー・ベスト10&この期に及んでテレビ三昧

 昨日書き忘れたことから。

 週刊文春12月8日号が届いた。年末恒例の「週刊文春ミステリー・ベスト10」が載っている。このアンケートの担当は相方で、キングの「ミスター・メルセデス」についての一文が載っております。ご報告まで。

1208b

 で。

 7時過ぎ起床。

 快晴。ほんと、こんな日はどこかに行きたい。

 しかし今日は部屋からまったく出ず、蟄居状態。

 朝のモロモロを済ませていると、相方から電話。

 いろいろ打ち合わせる。

 アサメシは、ご飯を炊いて卵かけご飯&少しお代わりして海苔で。それとフリーズドライの味噌汁。

 仕事開始!

 しかし、まだ最終章のイメージが広がらないので書き出せない。ここはもう、「忍」の一字。

 だったら外に出て必要な買い物をするとか、気分転換にどこかにラーメンでも食いに行くとかすればイイのだが……それは後から考えたら、ということで、その最中は、「今にもスイッチが入って書き出せそう」な感じもあったのだ。

 昼を過ぎて、ついつい「真田丸」の再放送を見てしまった。この回はとにかく大蔵卿局に腹が立って仕方がないので見たくなかったのだが……お通さんの「次の客」を見たくて……。

 この流れで、録画した「タモリ倶楽部」も見る。足立区新田は、日本の「おはじきサッカー」の聖地らしい。おはじきサッカー独特のルールを会得しないまま試合になってタモリもゲストのトレンディ・エンジェルも不平不満だらけ。しかしこれがこの番組の味。

 おやつに、ダブルソフトのトーストを食い、ピーナッツも食べる。

 この後、「切腹」の後半を見る。昨日の日記で書いた「ダレ場」とは、貧乏な浪人暮らしの中で娘が結婚して子供が出来て、貧乏ながらも幸せな日々を送っている場面。

 しかし、その幸せも長くは続かない……。

 後半の見せ場の1つが、仲代達矢vs.丹波哲郎の真剣勝負。この撮影には実際に真剣が使われたそうだが、アップのところや引き画のところだけだろう。殺陣のところで真剣は危なくて使えない。おれも「鹿鳴館」で真剣を使った場面の撮影に立ち会ったが、真剣が来ると、現場は異常なほどピリピリするから。なにか間違いがあると怪我をする。こんな危ないものを江戸時代の武士は常時携帯して街を歩き酒を飲んだりしていたんだよなあ。

 この「切腹」は時代設定が巧妙。

 1630年。「大坂の陣」から15年後。この間に戦はなくなって、太平の世になった。実戦経験者は少なくなって、「武士の嗜みとして」の武道となっている。しかし、仲代達矢の主人公は「大坂の陣」にも行った歴戦の強者だから、強い強い。

 丹波哲郎と仲代の構えがまるで違う。

 Wikipediaによれば『なお、この時の仲代が用いているのが、戦国時代の「沈なる身の兵法」といわれる鎧武者が戦うために腰を低く落とし、脇に刀を構える「八相の構え」による介者剣術であり、丹波が江戸初期の尾張藩で柳生利厳(兵庫助)が創始した「直立たる身の兵法」(つったったるみのへいほう)と「上段・中段の構え」、すなわち現代の剣道の原型である背筋を伸ばした構えで戦っている。つまり、戦国生き残りの武士を演じる仲代と、江戸時代の当時としては最先端の構えを習得している丹波の対照が鮮やかに描写されている。時代考証家の大森洋平が「鎧武者の刀法」の例として時代劇制作スタッフに例示しているほどである』とある。

 その「強い実戦で鍛えた腕」はクライマックスの「多勢に無勢」の戦いで存分に発揮される。

 しかし……「切腹を所望した浪人は見事に本懐を遂げ、井伊家の者は病没」ということになって、全て丸く収まるどころか、井伊家の維新はいっそう高まった……。

 見終わって、物凄く苦いものが残った。

 これって、今の「非正規雇用」問題に通じるし「オーバードクター」問題にも通じる。マジメに務めていたのに人員整理されたり勤め先が倒産したりで職にあぶれてしまったり、東大の大学院を出て博士になっても、運が悪ければ塾の先生でなんとか暮らすしかないという現実。

 こんな世の中が「正しい」はずがない。

 いや……大学を出ればきちんと就職出来て定年まで勤められて退職金と年金で老後も安泰、と言う理想的モデルは戦後の一時だけの僥倖であって、それ以外の日本の歴史は、ほとんど不安定だったとも言える。

 ま、おれは「死して屍拾うものなし」なフリー稼業だから、ハナから浪人みたいなものだから、他人の心配をする義理もないか。

 と、思いつつ、江戸時代の浪人や改易・お取りつぶしなどを調べて、新作のアイディアがモヤモヤと出てきたけど……時代小説は巧く書けないからなあ……。

 17時を過ぎて、腹が減ったので、早めの夕食。

 冷凍ハンバーグを温めて、キャベツの千切りやインスタントのスープとともに。

 まあ、美味い。

 「人生の楽園」は京都の洛北で農家の民泊を始めたご夫婦。こういう番組を見て「おれもやろう!」と思い立って大失敗する人も多いだろうなあ。ただ移り住むだけでも大変だと思うのに……。

 

 「青空レストラン」は、徳島県海部郡牟岐町。オヤジの故郷。ここは日本有数の高級イカの漁場らしい。知らなかった!まあ、牟岐の海は、本当に美しい。子供の頃は、それが当然で普通だと思っていたので、特別、有り難く思わなかったなあ。今も美しいんだけど。

 テレ東「家、ついて行ってイイですか?」も見る。

 チャラチャラしたように見られる、という保育士さんは実はチョーマジメに保育のことを考えている人だった!

 ハロウィンの渋谷で仲間と「パーフェクト・ヒューマン」を踊っていたのは、実は東大京大東工大のエリートに囲まれて学歴コンプレックスを抱えながらも「地図に載る仕事」をしたいと願う理系サラリーマン。

 この2つは、泣いた。人って、ほんと、いろんな深いものを抱えて生きてるんだねえ……。この番組も、おちゃらけたフリをして、実はかなりマジな番組だ。あんまりマジになるとみるのがシンドイから、おぎやはぎの矢作とかビビる大木を起用して巧い具合に中和している。この匙加減もまた絶妙。

 日テレとテレ東が好調なのは、番組に手間暇かけているものが多いのと、独自のノウハウを持っているところだろうなあ。そのへん、TBSは突き詰めていない感じだし、フジテレビは完全に方向感覚を失ってしまった。テレ朝は日テレとテレ東の中間を行く感じで、巧いとは思うけど。

 「アド街ック天国」は北茨城……。

 さすがにテレビばっかり見ているのもヤバい。

 仕事に戻るが……イメージが広がらないので、まだまだだ。釣り師が我慢するのと同じ。というか、「敵をもっと引きつけるのだ!」という真田信繁と同じ心境。

 個人タクシーのプリウスが暴走した事故、高齢ドライバーならいざ知らず、個人タクシーの運転手がアクセルとブレーキを踏み間違わないだろう。ブレーキが効かないのでギアダウンして減速させようとしたとも供述しているようだし……これは、車のコンピューターの誤動作を疑うべきではないのか?
 いや、これまでの高齢ドライバーの事故で、「ボケ老人がオートマのブレーキとアクセルを踏み間違えた」として処理されたものの中には、車載コンピューターに不具合によるものもあったのではないか?

 クルマの操作をコンピューター任せにしてしまうのは、怖い。不審な動きをしたらコンピューターを切断する「キル・スイッチ」が必要ではないか?欠陥やバグがなくても、強い電波を受けて誤動作するとか、いろいろ考えられるし。

 トランプが台湾の総統と電話で話した件、それ相当な「中国を翻弄する」外交の作戦かと思いきや、単なる無知だった可能性も浮上している。トランプ自身、偏狭な知識しか持ち合わせていないし、側近たちも偏った考え方や知見の持ち主が多いように見受けられる。この連中がホワイトハウスに入ってトランプの側近になるわけで……国務省や国防総省などの官僚たちの意見がどこまでホワイトハウスに届くのか、モーレツに不安。というか、馬鹿な大統領の登場で、世界は一気に不安定になるのではないか?

 久しぶりに「チューボーですよ!」を見る。オムライス。昔風のオムライスが食いたくなった。ウチの近所にオムライスの専門店があるのだが、ここの味は妙にお上品なのよね……。ケチャップとバターの味が濃厚な、昔ながらの洋食屋のオムライスが食いたい!

 しかしこの番組……以前は欠かさず観ていたけど、すみれがレギュラーになって見なくなった。表情の変化がない彼女に英語を喋らせても、面白くもなんともないのを、スタッフは判らなかったのだろうか?堺正章の強いオシだったのかもしれないけど……。

 風呂に入って、「ケータイ大喜利」を見て、1時前就寝。

今朝の体重:88.30キロ

本日の摂取カロリー:1565kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

2016年12月 2日 (金曜日)

12月2日/ユーミンは歌えない&映画「切腹」はやっぱりスゴイや

 7時過ぎに目が覚めてトイレへ。洗濯機を回してまたベッドへ。

 しかし二度寝は出来ずにベッドの中でiPhone。

 Facebookには去年の日記が表示されるが、その去年書いた「映画『Wの悲劇』はアーウィン・ショウの盗作ではない」という書き込みが、我なからきっちり書けていて、読み応えがあった。とは言っても、小林信彦の著作を読み返したもので、元になった小林信彦の論考が素晴らしいのだけど。

 洗濯終了と主に、8時前起床。

 洗濯物を干す。快晴。屋上から富士山がハッキリ見える。「霊峰」という言葉がぴったりだねえ。

 朝のモロモロを済ませて、アサメシはマヨ卵トースト。CMで川口春奈(最近モーレツに可愛いね!)がやってるように二つ折りにして食う。卵がお皿に落ちてしまうけど、それをトーストですくって食べる。

 仕事開始。

 講談社新作の最終章。

 複数のメモを取捨選択して統合。メモの中でも順番を入れ替えて、整理。なんとかイメージを固定させるよう頑張る。

 相方とランチ・ミーティングしようと約束。足立市場近くの店か千住大橋の「はま寿司」だろうと思っていたら、足立区役所に用があるので、区役所の中にあるレストランはどうでしょう?とのことなので、何かなければいかない場所だから、そこに決める。

 時間が遅くなりそうだったので、魚肉ソーセージとピーナッツに牛乳をツナギにし、愛機iMacがどうにも不調が続くので、近所のお稲荷さんにお願いに行く。このお稲荷さん、お天気とパソコンに関するお願いは驚くほど聞き届けてくれるのだ。

 お稲荷さんに向かっていると、相方から電話。もう区役所にいいるとのこと。

 お参りを済ませて、その足で北千住のバスターミナルへ。

 竹の塚行きのバスが区役所を経由する。

 ランチタイムは15時まで。ギリギリで間に合わなかったら、なんだか悔しい。

 14時55分に到着して相方と合流してエレベーターに乗って最上階のレストラン「メヒコ」へ。「メヒコ」と言ってもメキシコ料理とは全く関係ないし内装がメキシコ風だったりもしない。

 滑り込みでランチに間に合った。

 ステーキ・ランチにする。

 この前の気学教室で教わったことを相方に伝えて、今後の予定をあれこれ確認。

 鎌倉には行きたいけれど、年内は無理だねえ……。来年、講談社文庫の次に書く徳間文庫が終わったら、かなあ。

 西新井のカラオケでユーミンを歌おう!と相方が言い出したので、そうすることにする。

 コミュニティバスで、西新井駅へ。

 ビッグエコーで1時間。

 ユーミンの歌をおれが歌うと、当然、音域が違う。裏声で歌っても無理。かと言って「オッサン声」で歌うとギャグにしかならないし……。

 歌える曲も限られている(『Wの悲劇』の主題歌「WOMAN」を歌いたいけど、おれには歌えない)し、ユーミンが三木聖子に提供した「まちぶせ」も歌ったが、おれのネタが尽きて、太田裕美の「9月の雨」やザ・ピーナッツの「ウナ・セラディ・東京」やビリーバンバンの「さよならをするために」を歌う。「さよならをするために」はいい曲だけど、難しい。

 ユーミンの「守ってあげたい」で〆て、北千住へ。

 駅に一番近い駐輪場に自転車を止めたので、駐輪代が400円。他だと120円で済むのに。ま、利便性の対価だねえ。

 帰宅してニュースを見る。

 カジノ法案が、ほとんど強行採決。しかし「ほとんど与党」の維新が賛成したので強行採決っぽくない。

 で、カジノ法案を推進する維新の松井代表が、法案に反対する民進党にバカを連呼。なんて下品な政治家なんだろう。維新が今も昔も下品で妙な政治家が揃っているのは、橋下のせいではなく、この男がいるからじゃないのか?橋下も言葉はきついが要所要所で激しい物言いはするが、松井ほどではなかった。橋下の「劇舌」は松井の強い指示があったせいだという説もある。

 大阪にカジノを誘致して儲けて、極めてヤバい財政をナントカしたいのは判るが、世界的にカジノは過当競争で客の奪い合いが始まっているらしい。今から「カジノ・マーケット」に参入しても、弊害だけが残る可能性もあるのに……松井はカジノの儲けに目が眩んでいるとしか思えない。

 晩メシは、「ダウンタウンなう」を見ながら、「どん兵衛」の天そば大盛りとおにぎり2つ。

 仕事を再開。

 が、ついつい、あれこれ調べていて、ユーミンの「あの日に帰りたい」には元々違う歌詞がついていて、その「幻の歌詞」は他の曲に転用されていることを知った。

 これは、松任谷正隆がインタビューで答えているので、 ユーミンのファンなら「何を今更」なことだとは思うが……。

 「前の歌詞」でのレコーディングに立ち会った方の臨場感溢れる証言が、これ(←リンク)。

 カラヤンは細かく修正を繰り返してパッチワークのように編集して完璧な演奏録音を残したらしいが、それと同じ事をポップスの録音でもやっているのね。こういう録音はもう、神業としか思えない。

 しかしそんなに練り上げた録音も、主題歌に使う予定になっているTBSから「歌詞の内容がドラマにそぐわない」とクレームが出て、歌詞を全面的に書き直すことになった、と。松任谷正隆は「その時彼女は本気で売れる曲にしようとした」「アテに行った」とインタビューかなにかで語っていたと思う。ネットで読んだので捜したが見つからなかったのだが。

 書き直した歌詞は、いろんな意味に解釈出来るWミーニングの宝庫というか、ウンチクある余韻のあるもので、本当に素晴らしい。恋に破れた歌のようだし、もっと深い意味があるようだし……。

 で、元の歌詞は、ハイファイセットに提供されて、「スカイレストラン」という別の曲になっているが、詞はそのまま。この詞を「あの日に帰りたい」に合わせて歌うとぴたりとハマる。

 歌詞の書き直しに残された時間は僅か。その切羽詰まった状況の中で、こんな凄い歌詞を書いてしまうユーミンは、やっぱり天才だ。

 「ウナ・セラディ・東京」のレコーディングの時に、どうしても歌詞が足りなくなって、岩谷時子が急遽書き足したのが、あの素晴らしい「街はいつでも 後ろ姿の幸せばかり」というフレーズ。これも、天才の仕事だ。

 プロだと思う。これだから、プロ。プロの仕事は凄い。

 おれも、本当のプロになりたい。

 そんなことを思いながら、「あの日に帰りたい」を聞き直し、「埠頭を渡る風」を聞いたら、シャルル・アズナブールの「世界の果て(Emmenez-moi)」が聞きたくなった。港に集まる貨物船を見て、あれに乗れば「ここではないどこか」に行けるんだ、という歌で……最初の大学に入ってモーレツな閉塞感の中でもがいていた(んだけど表面上は楽しくやってはいた)あの頃を思い出して胸掻き毟られて、「ラ・ボエーム」を聴いて号泣。あの頃は、この曲とか「アマデウス」とか「鬼火」とか見て、これから人生が始まるってのに、青春が終わったような曲や映画ばかりに触れていた気がする。

 プロと言えば……と言うか無理矢理だけど、wowowで録画した、小林正樹監督の「切腹」を見た。この映画は日芸の授業「映画鑑賞批評」で見て、まず、宮島義勇のローキーの奥行きのあるなんとも素晴らしい画調で、しかも高いテンションを保ったままの撮影が素晴らしい。しかも、橋本忍の脚本が、これがまた、凄いとしか言いようがない。ロジックでグイグイ攻めてくる。そのヒリヒリした感じがもう、堪らない。

 井伊家上屋敷の重厚で重量感のあるセットがまた素晴らしい。

Img_0

 そして、仲代達矢に三國連太郎、丹波哲郎が火花を散らす!

 仲代がもちろん凄いんだけど、丹波哲郎がこれまた凄い!丹波哲郎の本気を見た。セリフを覚えないので有名だった丹波哲郎だが、この作品では本当に気合いが入っていて、映画史上有数の嫌な役を、ゾクゾクするような最高の芝居で見せる!

 これはね、物凄い映画ですよ。途中、ちょっとダレるところがあって、それが残念だけど、物語上、これはなければ困るところだし……。

 小林正樹と言えば「人間の条件」「怪談」「化石」と言われるが、作品の密度とグイグイ見せてしまう猛烈な推進力から言えば、「切腹」が空前絶後の出来ではないだろうか?

 と、言いつつ、1時間くらいのところでストップ。あまりのテンションの高さに、疲れてしまった。

 しかし今、こういう重量感のある日本映画は、なくなったねえ。こうね、ミッチェル・キャメラの鉄の塊のあのクソ重さが、画面に出ている感じがするんだよねえ。新しいカメラは、特にデジタル・カメラは軽くて小さくなったから、「シン・ゴジラ」だって画面がなんだか軽く感じるのは、そういうこともあるのかねえ?関係ないはずなんだけどねえ。

 風呂に入る。

 あがってから、資源ゴミを出しに外へ。寒い!いっぺんに汗が引いた。

 で、0時43分、就寝。

 何故かクリント・イーストウッドと夢の中でオハナシをしたが、喋った内容は完全に忘れてしまった。

今朝の体重:87.90キロ

本日の摂取カロリー:2407kcal

本日の消費カロリー:135kcal/4165歩+79kcal(自転車)

2016年12月 1日 (木曜日)

12月1日/原稿あげたら分量オーバー!

 ああ、今日から12月!師走だなあ。僕ぁ12月になるといつも師走なんだ……って、古いね!

 8時前起床。それでも睡眠不足。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、W目玉焼きにご飯、フリーズドライの味噌汁、漬け物、海苔のアサメシを食べて、仕事開始。

 寝る前になんとか書き終えた「第2回」の原稿の凸凹を修正。

 分量的に足りないので、書き足し。

 午前中にやってしまうつもりだったが、終わらない。

 が、12時を回って、なんとか終了。規定の400字詰め換算で70枚。

 これを、相方が使っているエディタのファイルに流し込んで……みたら、なんと78枚になっている!

 我が目を疑った。今回使った「iTextPro」(長年愛用してきた「LightWayText」の後継)では70枚なのに……。

 よく見ると、書式設定が、「20字×20行」で設定したはずなのに、いつの間にか「20字×22行」になっているではないか!

 書く時に読みやすいように、行間隔を開ける設定にしたのがいけなかったのか。しかし書式を最終的に設定したときには何度も確認したのに……。Mac絡みの不調は依然として続く。

 「ジェイノベル」担当F氏との過去のやり取りを調べると、73枚までは許容される。5枚カットしなければ!

 慌ててカット・短縮作業を始める。

 なんとか3枚カットして、75枚。しかしこれ以上は、今のおれにはちょっと無理。

 枚数オーバーしていると注釈をつけて、相方に送る。

 一仕事終えたけれど、いろいろスッキリしない。

 エディタで書式設定ミスをしたのは初めてか、久々。なんだかな~。

 ヒルメシを食うには腹が減らないし、もう15時になってしまったので、魚肉ソーセージとピーナッツを食い、牛乳を飲む。

 風呂に入って、さっぱりして、16時に予約してあるカイロプラクティックへ。

 足の痛みはなくなったが、ずっと座っていて立ち上がると凄い違和感があって、ちょっとビッコを引く。少し動けばすぐに解消するのだが。

 右足のナントカ筋が依然として張っているとのことで、施術して貰うと、痛い!

 しかし、物凄くラクになった。

 終了後、吉野家に寄って、「牛鍋御膳の大盛り」を食う。

 店内のテレビで「コロンビアの旅客機墜落、燃料切れか」と報じている。航空会社がケチって燃料をきちきちにしか入れてなかったのではないか、と。

 ひどい話だ。この事故でプロサッカーチームが1つ、壊滅してしまったんだぞ。

 帰宅して「5時に夢中!」の後半を見る。

 18時からのニュースで、小池知事は横浜アリーナに関して、横浜市側から「裏切られた」ような感じになっていると。

 もう、2020東京オリンピックは返上しちゃえ!

 競技団体もなんかモーレツに偉そうな感じで、腹が立つ。施設を作って貰って競技させて貰う側なのに、ナニこの偉そうな態度は。オリンピックで活躍してやるんだから、みたいな態度。それに、森の顔も二度と見たくない。

 一方、豊洲問題は、築地市場の老朽化が激しいので、移転せざるを得ない状況に。

 いろんな件で、小池知事の思惑が完全に外れたのか、「敵」の攻撃が勝ったのか……。

 ああ、政治ってイヤだねえ!

 21時まで、講談社新作の最終章の構成を睨んで、イメージを膨らませつつ、昨日買った「日本の恋と、ユーミンと。」をiTunesに取り込む。

 やっぱりユーミンは70年代の曲が一番好きだなあ。東京の女の子の歌だなあと思う。特に「ベルベット・イースター」。こういう女の子を泣かすようなことをしてはイカンと思うが、これってもう、お父さんの感覚だよなあ。「12月の雨」もいいねえ。もちろん「あの日にかえりたい」もいいし。

 21時からは「ドクターX」を見る。いやもう、大門未知子が勝つのに決まってる「出来レースドラマ」だけど、今はほとんどコメディだ。今回はクールな広報部長・草刈民代が開き直って「なんじゃこりゃ!」級のコテコテ暴言を吐くのが見せ場だったねえ。

 今夜はさっさと寝ようと思ったのだが……。

 録音してあった日曜の「きらクラ!」を、「MacFan」最新号を読みながら聞く。「舟歌祭り」とはなかなかナローな企画だなあ。

 そのあと、iTunesにいれたユーミンを聞いて、感慨に耽ってしまった。こうなるのは判ってたんだけどねえ。

 その流れで太田裕美を聞き、ザ・ピーナッツを聞き、なぜか「ゲバゲバ90分」の宮川サウンドを聞き、伊福部昭まで行ってしまった。

 「シン・ゴジラ」でも使われた「宇宙大戦争」の戦争マーチ5分の演奏は、トランペットがヨレヨレなのに、もう聞いているとトランス効果のようになって、えんえんと聞き続けたくなってしまう。この熱気と悲壮感が、たまらない!同じメロディの別演奏もあって、そっちは演奏ミスもないのだが、逆に整いすぎている感じでダメなのよね~。

 オペラのライブ録音で天下のウィーンフィルがメロメロなド下手演奏をしていたりするけど、演奏って、きちんとやればいいって事じゃないんだよねえ。

 ということで、「シン・ゴジラ」を聞き、広上淳一指揮日本フィルの「SF交響ファンタジー」を聞き、「伊福部昭特撮映画マーチ集」を聞き、やっぱり最後は「宇宙大戦争」の戦争マーチに戻る。

 ああ、また「シン・ゴジラ」が見たくなってしまった!見なければいけない映画は「この世界の片隅で」をはじめとしてたくさんあるのに、どうしても、どーしても、「シン・ゴジラ」をまた見たい!これはもう中毒だ。禁断症状だ。早くディスクを発売してくれないと困る。凹んだときに「ヤシオリ作戦」の場面を見て感涙に噎んでパワーを貰わなければ!

 講談社の最終章を書き出す前に、パワーを授けて貰いに、「シン・ゴジラ」を見に行くか!

 気がつくと、もう1時を過ぎていた。

 くーたんと少し遊んで、1時44分就寝。

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2161kcal

本日の消費カロリー:31kcal/985歩+43kcal(自転車)

2016年11月30日 (水曜日)

11月30日/深夜にスイッチが入って大進撃

 目が覚めたら8時。

 久々の爆睡。

 薄曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 今日はテニスのレッスンを休んで、「悪徳探偵3」の第2話をやってしまおう。いや書き終えられなくても、テニスをやると明くる日が使い物にならなくなる。それが困るのだ。

 トースト2枚とベーコンエッグ、牛乳のアサメシを食い、コーヒーを飲んでやる気スイッチを入れようとするが……。

 昨日頑張った分、今日はなかなか始動しない。1日置きじゃないと仕事のスイッチが入らないというのは困る。

 昨日の気学教室で学んだコトを整理して転記したり。

 電車の乗り換え検索ソフト「乗換案内MacX」が突然、起動しなくなった。なんか、不調がいろいろカタチを変えて続くなあ。

 このソフトの会社に状況を伝えるメールを出すと、クラッシュログやMacの動作状況を記録したログを送ってくれと言われたので、指示に従ってログを探したり作成したりして、送る。いや、こんなことしてる場合ではないんだけど……でも、今まで使えていたものが使えないのは気分が悪いので。

 メーカーによると、他にも同じような状態を訴えるメールが届いているらしい。てっきりウチだけの不調かと思った。

 宅急便の配達。注文したユーミンのベスト盤3枚組みCD「日本の恋と、ユーミンと。」が届いた。

718ihggls0l_sl1500__2

 思えばおれの青春は完全にユーミン(サザンも)とシンクロしてるなあ。学生時代は恥ずかしくてユーミンは聞けなかったが……でもLPで「ユーミン・ブランド」は買ったんだよねえ。

 ユーミンの歌は東京の裕福なお嬢さんの生活や心情を歌ってるなあと眩しかったんだよねえ。中央線か小田急線の住宅街にある瀟洒な一戸建て(親の家)に住んで、芝生の庭にはビーグル犬がいて、室内には猫もいて、そこそこいい大学に通って、BMVに乗ってるカレシがいて、みたいな。

 しかし今、このCDを聞くと感傷に浸ってしまいそうなので、聞かない。仕事をしなければ。

 だが、仕事のスイッチはなかなか入らない。我ながら困ったものだ。

 ウダウダしつつ、魚肉ソーセージとバターピーナッツを食う。これがヒルメシ代わり。

 いや、夕方に外に出て、野菜サンドと海老カツサンドを買い、コンビニで夕食用のムースーロー弁当を買う。

 帰宅してサンドウィッチを食う。この店のサンドウィッチは美味いけど……なんだか以前より小さくなってないか?錯覚か?

 午後になってもスイッチがなかなか入らない。うー。

 「5時に夢中!」を見るが、ソファに座ったまま寝てしまった。自分のイビキで目が覚めた。

 夕食を食うとやる気を失って、そのまま本日閉店になるパターンが多いので、夕食は出来るだけ遅くしようと思ったが、腹が減ったので、18時のニュースを見ながら、弁当を温めて食う。

 食いながら、録画した昨日放送の「5時に夢中!」を見る。北斗晶が復帰した放送分。そのまま見ると1時間かかるので、「早見」機能を使って駆け足で見てしまった。

 その後もスイッチ入らず。こりゃ本格的に困ったぞ……と思っていたら、なんとか進み始めた。

 10枚書いたところで、22時。

 録画して後から見るつもりだった「地味にスゴイ 校閲ガール河野悦子」をオンエアで見る。

 恋愛問題、もっと拗れて引っ張るのかと思ったら、あっさり解決。このドラマは深く拗らせない。しかし来週が最終回で、ヒロインは念願の女性誌編集部に異動する?

 とは言え、「ジョシ」っていろいろと生きるのが面倒くさいのね……。男なんか、もっと単純馬鹿な生き物だもんなあ。

 23時になって、ノルマは到底達成出来なくて、こりゃどうしたもんかと思ったら、俄然スイッチが入って、ガリガリ進む。

 1時を回って、なんとか70枚、とにかく書き終えた。

 明日、スッキリした頭でアタマから読み直して凸凹を修正しなければならないが、なんとか最後までいった。しかし、かなり書き殴った状態だから、凸凹の修正には時間はかかるだろう。

 明日の午前中頑張ろう。

 ということで、いつもは翌日の朝書いている日記を書いてしまって、くーたんと少し遊んで、2時すぎ、就寝。

今朝の体重:88.85キロ

本日の摂取カロリー:1907kcal

本日の消費カロリー:21kcal/504歩+12kcal(自転車)

2016年11月29日 (火曜日)

11月29日/仕事して気学教室行って、帰宅してまた仕事

 7時過ぎ起床。

 薄曇り~晴れ~薄曇り。

 朝のモロモロを済ませる。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。「悪徳探偵」第2回分。半分はやっておかないといかんので、それをノルマにする。

 電話で相方と打ち合わせ。いろいろ確認。

 ここんとこ、ユーミンの曲をきちんと聞きたくなったけど、iTunesでは売っていないので、ベスト盤をアマゾンで注文。アルバムを全部買うほどのマニアではないので……。メロディもいいけど、詞がいいのよねえ。昔は判らなかったあれこれが判ってきたし。

 その勢いで、昨夜の影響をモロに受けて「星の王子さま」オリジナル版も買う。実は、恥ずかしながら、きちんと読んだことがなかったのだ。昨日のオリラジ中田の読解に感銘を受けて。

 で、アマゾンでは各部門の1位になっている。新潮文庫も集英社文庫も岩波の「オリジナル版」も。テレビの影響恐るべし。各社増刷に走ったんじゃないか?

 昼は、何故か腹が減らない。と言いながら、ロッテ・アーモンドチョコレートを1箱食べる。これがヒルメシ。アーモンドチョコレートはお通じにもいいらしいぞ。

 仕事を続ける。

 夕方、なんとかノルマの35枚を突破したので、出かける支度。今夜は聖さんの「気学教室」。

 北千住構内のおにぎり屋でおにぎりを2つ買って、プラットフォームのベンチで食い、半蔵門線で水天宮前へ。

 今回の気学教室は、2ヵ月分の吉方を出し、来年の大吉方を出し、「来年、何が起きるか」聖さんの大予測も。驚くべき大予測が出たが……これが本当に起きたら大変なことになるぞ!

 終了後、いつものようにスペインバルに向かう。

 ビールとサングリアを飲むが、久々のお酒。美味い。

 生ハムやボルシチやフライドポテトなどいろいろ食べたが、本日最もインパクトがあったのは、マグロのグリル。

Img_2804

 ド迫力!5人でも食い切れないほどの量。

 いろいろ喋って、なんだか閉塞感から少し解放された気分。有り難かった。部屋に籠って仕事していると、喋るのは電話で相方と、外食して注文するとき程度になってしまう。これはなかなか辛い。

 浜町から帰るが、っプラットフォームでiPhoneを見たら、講談社T氏から、先に送った第3章までの分についての「お問い合わせ」が。
 来た~。
 内容の直しだったらヤバいなあ……しかし30日までに戻せとあるから、大きな事ではないはず、と怯えつつファイルを開くと……。

 校正的な語句の「揺らぎ」をどっちに統一しますかという確認だった。しかしかなりの量がある。

 帰宅して、くーたんにご飯を出し、シャワーを浴びてから、校正チェックをやる。ゲラで文章の流れを読んで判断したい表現が多々あったので、その旨を返答。

 明日のテニスのレッスン、休んで仕事すべきだろうなあ。足はまだ違和感が残っているし……。

 アタマが冴えてしまったので、録画した「月曜から夜ふかし」を見て、大笑い。

 ソファで見ていると、くーたんが寄り添ってきて、幸せな感じが伝わってきたので優しく撫でていると、突然怒られた。猫って気まぐれね。

 1時30分頃、就寝。と、また、くーたんが布団の中に入ってきた。一緒に寝る至福の一時。

今朝の体重:89.15キロ

本日の摂取カロリー:1891kcal

本日の消費カロリー:160kcal/4342歩+27kcal(自転車)

2016年11月28日 (月曜日)

11月28日/どっちを先にやるか?

 7時ごろ起床。

 雨上がりだが、予報では晴れるというので、洗濯機を回しつつ、朝のモロモロ。

 iMacは起動したけど、今朝はセキュリティ・ソフトの「eset」が起動しない。

 実は、ここ数日の不調は、この「eset」が犯人なんじゃないかと疑っている。過去にも似た現象が起きて、その犯人がノートン先生だったりロシア製のなんとかスキーだったり。

 なので、アンインストールして新たにインストールし直してみると……アクチベート出来なくなってしまった。製品認証キーなんか、購入時に送られてきたメールには書いてないぞ。

 メーカーのサイトを探していたら、製品認証キーを照会するページがあったので、早速記入して送信すると、折り返し、「キーー」が来たので、アクチベート成功。ハラハラさせるぜ!

 その間に日記を書いて……Facebookでまたちょっとやってしまった。いかんなあ。つい「真田丸」に関したことになると熱くなってしまう。『大河で遊びをやるな!」という書き込みについ反応してしまった。相手は、なにかと文句をつけたいだけのヤツなんだけど……。

 相方から、「ジェイノベル」連載「悪徳探偵シーズン3」第2回分の下書きが来た。これと、「講談社新作」の最終章のどっちを先にやるか?

 ここは思案のしどころじゃのう。

 アサメシを食うタイミングを外してしまい、完全にお昼。

 卵かけご飯に「具沢山のフリーズドライ味噌汁」にしらす干しにキュウリの漬け物。

 どっちを先にやるか、まだ決められない。

 ええい、ツキイチの病院の午後の診察に行って、待ち時間にじっくり考えるか。

 ということで、14時開始の午後の診察に行くが、「お薬手帳」など忘れ物をしたので、引き替えして出直す。

 途中、郵便局に寄って、快楽亭のCD原盤をCDプレス会社に送る。

 20分ほど待つ。

 病院の支払いを済ませたら、持ち金が尽きてしまったので、急いで近所の郵便局でお金を下ろして、薬局へ。

 帰路、「富士そば」で盛りそばとミニかき揚げ丼を食べる。

 帰宅して、洗濯物を取り込んで、結論を出す。講談社最終章は時間がかかる可能性がある。そうすると、連載分の〆切に間に合わなくなる。ならば、連載分を先に書いて相方に渡す方がいい。その場合のネックは、下書きがまだ最後まで書かれていないこと。しかしそれも、今まで聞いている話で展開は判っている。

 

 そうしようそうしようということで、その旨を相方に伝え、取りかかる。

 が、17時になったので「5時に夢中!」を見る。先週はお疲れのようだったマツコ、今日は元気。「やっつけ晩ご飯」も無事に完成したし。

 オリンピックの競技施設問題は、小池知事は押し切られそうな形勢。既に工事が始まっているというのはイタい。それでもまあ、400億を圧縮できるとすれば、それは小池知事の御手柄だろう。それにしても、森(と、施設を作って貰う側の競技団体)はモーレツにしぶといね。

 しかし今夜のニュースのメインは、「ASKA再逮捕!」。しかしどうしてこの件が各局のトップになるの?一芸能人がまたやっちまったってだけのことだろ?現場から中継とか、意味不明。ワイドショーが追っかけるならまだしも、各局メインのニュースで報じるようなものか?

 ついつい、テレ朝「しくじり先生」を見てしまった。3時間スペシャルだが、登場したのは、ブル中野に熊切あさ美。すっかり美人になった(というか美人に戻った)ブル中野の波瀾万丈を聞きながら、夕食。冷凍コロッケを温めて、野菜サラダと。

 この冷凍コロッケはなかなか美味い。

 しかし、真野恵里菜は可愛いねえ。女優としても売れているし、最近の若い女優だと、この子がイチオシだなあ。

 3時間というから大勢出て来るのかと思ったら、先生はこの二人。熊切あさ美の部分は半年前に収録してあったが、「いろんな事情」で寝かされていたらしい。そのせいか、生徒側に高畑淳子がいて、まったく活躍しない。かなり苦心の編集だったのではないか?しかし、さすがプロで、高畑淳子はまったく発言がないのが不自然ではない。この編集は凄い。というか……別に高畑淳子が喋ってもいいんじゃないの?

 が、今回一番感銘を受けたのは、オリラジ中田の「星の王子さま」の読み解き。これは圧巻だった。

 特に、「星の王子さまが自分の星で育てていた1本のバラ」について。これはもう、素直に、感動した。作品自体の力があるのはもちろんだけど、あっちゃんの解説が見事!

 いろいろ外野はうるさいけど、あっちゃんは凄いと思う。これだけ頭が冴えて弁舌が冴えているんだから、多少天狗になったって、許す。

 同じく、嫌われキャラのキングコング西野だって、あれだけ絵が巧ければ、文句が付けられない。彼らは芸能ゴシップのネタになる存在から突き抜けているように感じる。

 しかしマジで……「星の王子さま」についての認識を改めた。「星の王子さま」と言えば、ついつい、先代の圓楽を思い出してしまうのだが……。

 あっちゃんが「もう一つのポイントは、皆さん自身の目で確かめてください」と言われてしまって、気になって仕方がない。「こりゃ本が売れるぞ!」と誰かが言っていたが、今ごろ、マジでアマゾンで売れてるんじゃないか?

 仕事に戻り、全体を整理して、冒頭部分を書く。どうしても前回の説明部分が簡潔に書けないので苦心。

 風呂に入ってスッキリするが、逆に眠くなってしまったので、今日は早々に寝て、明日頑張ることにして……。

 0時就寝。

今朝の体重:計るのを忘れた

本日の摂取カロリー:1810kcal

本日の消費カロリー:41kcal/1135歩+110kcal(自転車)

2016年11月27日 (日曜日)

11月27日/快楽亭の高座録音の編集とマスタリング、そして「真田丸」

 8時ごろ起床。

 愛機iMacに電源を投入したら、またしても不調。純正メーラーとSafariがダメで、一見して他のソフトは普通に作動する。しかし、堅牢だと言われているHAGOROMOが何度も落ちたし、他にも挙動不審なソフトはあったので……。

 最終章を書き出す直前の今しかない!

 ということで、OSのSierraを再インストールすることにする。と言っても、上書き。一番いいのは「新規インストール」だということは知っているけど……。

 半日、それはオーバーにしても午前中は潰れるだろうと覚悟して、朝のモロモロを済ませて、iPadで日記を書く。

 iPadで文章を書くのは、外付けキーボードを使えば結構書ける。変換漢字の候補の出方が気に入らないというか邪魔というか、いちいち選択させるのがウザイ。ん?使い方が悪いだけ?

 せっかくiPad版のATOKを入れていても、外付けキーボードを使うとATOK-PADというアプリでしか使えない(らしい)。

 日記を書いていると、OSの再インストールが終了。あれ?想定した時間よりはるかに速かった。再インストールだから?

 再起動すると、すべて順調。じゃあ、OSのアップデートをしたときに不完全というか、なにかトラブルが発生していたのかも。

 とにかく様子を見よう。

 まあ、もしかして、1つ正常な作動を邪魔してるんじゃないかと思えるソフトがあるんだけど……。

 なんだかんだでアサメシを食べていない。卵がないので、アサメシにならないので。おれの場合、アサメシに卵は必須。ご飯なら卵かけご飯か、目玉焼き。トーストならゆで卵かスクランブルかハムエッグかベーコンエッグか。とにかく卵がない朝食はあり得ない。買いに出ようかと思ったが、もうお昼になってしまった。

 食事に出る。

 昨日久々に行って美味しかった「てんや」で、今日は「オールスター天丼と小そば(温)」のセット。

 美味い。天ぷらって美味いねえ。

 帰宅して、14時までのつもりで、快楽亭の昨日の高座「梅若礼三郎」の編集をする。

 この「梅若礼三郎」はブラック師匠とっておきのネタで、昨日の録音の目玉だった。

 それだけ大事にしているネタなので、数ヵ所惜しくもトチッた部分を編集で抜けばより完璧になる。

 昨日、師匠には「抜けるところは抜きます」と言って快諾を得た手前、頑張ってやらねばならぬ。

 愛用の「GarageBand」で編集を始めたが……。

 おれは旧バージョンを愛用しているが、OSがSierra になって使うのは始めて。しかし、もうダメっぽい。動作がカクカクして編集ポイントを決めようとしてもズレてしまう。

 あ~テープ編集なら簡単なんだけどなあ。いやデジタルでも、高いヤツを買えば自在に編集できるんだろうけど……。

 それでもなんとか1箇所やってみて聞いてみると……全然ダメ。オハナシにならない結果になってしまった。

 じゃあノーカットの「録ったまま」にするか?今まで、ほとんどの高座録音は「ノーカット録ったまま」なんだけど。

 試しに、同じ「GarageBand」でも最新バージョンを使ってみると……これが実にスムーズな動作を示して、波形もばっちり見えるのでこの辺だろうとアタリをつけてカットすると、これがドンピシャ!

 ひと言言い間違ったり嚙んだりしてる部分を抜くのは、短いし、瞬間的な「コンマ1秒」みたいな部分。

 最初の部分の大成功に気をよくして、ずーっと聞いていく。

 明らかに、誰が聞いてもトチってる部分だけを抜いて、試聴を繰り返し、完成!

 しかし。

 この新バージョン、音が悪い。何故か、師匠の声が籠ってしまう。しかし旧バージョンだと音が抜けていい感じ。

 困ったねえ。こっちを取ればあっちがダメ。

 考えた末に、新バージョンの編集済みデータに音響補正をかけず、そのまんまの音にして、旧バージョンに移して音的なマスタリングをする方法。しかし新バージョンのデータはそのままでは旧バージョンでは読み込めない。

 iTunesを介するとそれができることが判明。ただ……ファイル変換を数回経るので、音の鮮度が悪くなる気がする。聴感上は判らないのだが……。

 この間、買ってきた「おはぎ」(つぶあんときなこ)を食べる。美味しい。

 「きらクラ!」は録音。

 と、ここで18時が迫ってきたので、中断。

 わ。もう4時間も音の編集とマスタリングをしてたんじゃん。この集中力を本業でも発揮しなきゃ……。

 18時からは、「真田丸」。

 今回はもう、大蔵卿局!

 扮する峰村リエが巧いゆえに、この大蔵卿局に腹が立って腹が立って!

471

 インタビューで峰村リエはSNSでの反響にかなり凹んでいると。そりゃそうでしょう。幸村の進言をことごとく「なりません」「いけません」と却下して、どんどん豊臣を窮地に追い込んでいくんだから。それを巧く演じれば演じるほど、「死ね!この糞ババア!」ってことになる。敵役の辛いところ。しかしこの敵役を峰村リエはもう、抜群に巧くやっている。素顔は美人なのに……。

 本人は周囲に、「息子二人と一緒に、謝罪会見を開いた方がいいんじゃない?」とまで言われているらしい。

 対する亜茶局は微笑みながらノンビリした口調でウラがあることありありな和睦案を口にする。家康以上のタヌキ!きりがいくら暴れても、ねえ……。お初はそのあと寝込んでしまうし……。

472

 一方で信之は、「プラトニックな浮気」がバレて、怖い「W妻」の電撃攻撃を受けてしまう。それだけではない。お通さんは信之を「ただの太客」としか思ってなくて、襖の向こうにはトッチャン坊や風の「次の客」が待っていた……。

 その「次の客」に扮していたのは、なんと、テーマ曲を指揮している、指揮者の下野竜也!言われてみれば……。しかし、なんというキャスティング!

 こういう事をするから、嫌いな人にはますます嫌われるんだろうな、三谷幸喜。おれなんかは、こういう緊迫した局面に放り込まれるコント的な場面に大喜びなんだけど。

 同じ事を中村勘三郎が歌舞伎でやると拍手喝采なのに、三谷幸喜がやると叩かれる。叩くヤツって……へんだよねえ。

 しかし……最終回がどんどん近づいてくる。「真田丸ロス」が恐ろしい。先々週の「大勝利」でばっさり終わって、「この後、豊臣は滅亡するのであった」という大規模な「ナレ死」で済ませるという処理も……いや、それをやったら暴動になるな。

 「鉄腕ダッシュ」を見ながら、夕食の支度。

 ダッシュ海岸、始めたときはヘドロの「死の海」だったのに、自然の力だけで再生するチャレンジが見事に成果を上げていて、8年目の今は、アサリが山ほどとれて、エイもやってくるし、海老もカニもいる。豊かな自然がゆっくりと戻ってきた!自然の再生力をこんな形で見せられると、もう本当に、素直に感動する。

 この感動には、フルタチさんの達者なトークも勝てないよ。

 夕食は、賞味期限が数ヵ月前に切れていた「チャプチェ」。春雨を戻し、ピーマンと一緒に具を炒める。

 こういうのはあんまり美味しくない……美味いじゃないか!

 とても美味しい。

 インスタントのにゅうめんと、炊きたてご飯で。

 「世界の果てまでイッテQ」も面白い。この番組は、出演者がカラダを張っていることはもちろんだけど、演出(放送作家の腕、編集の巧さ)が図抜けて凄いからだろう。

 で、快楽亭の「梅若礼三郎」。

 新バージョンの「GarageBand」でマスタリングしてみる。デフォのチューニングだと、声は明瞭だが電話みたいに痩せてしまうので、マニュアルで低域を出したり、いろいろいじってみる。

 その結果はすこぶる良好。

 CDに焼いたものを、アタマから聞き直す。

 お。

 編集した箇所、自分でも判らなかった。聞き返しても、判らない。これ、完璧じゃない?やるじゃん、おれ。

 と、自分を褒めてやりたい。むふふふ。

 バターピーナッツと魚肉ソーセージを食う。

 この勢いで、ポッドキャスト用のファイルを切り出した。二席目のマクラ。

 これを、「ケロログ」にアップロードしようとしたら……端ワードが判らなくなって、何度も弾かれてしまった。なので、更新できず。半年ぶりだったのに……。

 「ローカルバスの旅」録画の残りを見る。まだまだ太川さんと蛭子さんの境地には達しないけど……このコンビで新シリーズはやるのかな?羽田さんがもっと喋らないとねえ……でも、作家にそこまで要求するのもねえ……。

 なんだかんだで0時を過ぎたので、風呂は省略して、ベッドへ。

 ちょっとiPhoneでニュースを見て、1時就寝。

今朝の体重:88.05キロ

本日の摂取カロリー:2532kcal

本日の消費カロリー:15kcal/592歩+46kcal(自転車)

« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »

安達瑶の本

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト