« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月28日 - 2016年3月5日 »

2016年2月21日 - 2016年2月27日

2016年2月27日 (土曜日)

2月27日/疲れが取れない週末

 6時40分頃起床。

 昨夜は22時に寝たんだから、もう起きてもいいだろう。

 しかし、1回爆睡しても寝不足や疲れは取れないのは、オッサンだからなんだなあ。

 快晴。

 朝のモロモロを済ませ、日記も書くが、例によって時間がかかる。

 アサメシはご飯を温めて玉子かけご飯にインスタント味噌汁、白菜の漬け物。

 相方と電話で打ち合わせ。来週、三鷹にある研究所に勉強に行くことにする。

 外出して用を足す。

 コンビニに行ってサプリの代金を支払い、「福しん」に行ってランチ。「チャーハン+おとも(具無しの半ラーメン)+餃子」のセット。以前だとまだ足りない感じがあったが、今は満腹。トシを取ったのぅ。

 帰路、スーパーでいろいろ買い物をするが、刺身を買ったのに醤油がなくなっていたことを忘れて、醤油を買い落としたのが帰宅して判った。

 また買い物に出るのは面倒だなあ。

 山崎春のパン祭の点数稼ぎで買ったクリームパンを食ったら、晩メシはもう要らない感じ。

 仕事開始。「第2章」を進める。

 夕方、日テレ「青空レストラン」を見ようとソファに寝転がったら……そのまま寝てしまった。

 半分寝たままNHKに変えて19時のニュースが流れてるのは判ったが……そのまま「ブラタモリ」。首里城の秘密。こんな高台に水が湧く不思議。しかもこの水は涸れたことがないという。

 そのまま「スゴ技」も見るというかボンヤリと眺める。

 

 ちょっと腹が減ったので、8枚切り食パンに炙ったソーセージを挟んで食う。

 「アド街ック天国」は神楽坂上。どうもこの辺は由緒正しそうな感じのお店ばかりで、入るのに気後れするなあ。

 TBS「新情報7デイズ」を見る。たけしの「ハリウッド裏話」は興味深かったが、滑舌が悪くて半分くらい聞き取れない。ソニー生命のCMでは声を張っているからイヤミ(このイヤミは社会批判になってないから、ただのイヤミにしか聞こえない。これ、印象悪いと思うけどなあ)は聞き取れるのに。

 途中で風呂に入る。

 なんだかんだで1時就寝。

今朝の体重:88.55キロ

本日の摂取カロリー:2342kcal

本日の消費カロリー:46kcal/1155歩+60kcal(自転車)

2016年2月26日 (金曜日)

2月26日/早朝の帰還と芳林堂のこと

……昨日の続き。

 午前2時30分。

 廊下から非常ベルのけたたましい音。ドアを開けてみたが、煙はないし異臭もない。誤動作?しかし部屋の中が燃えている可能性もあるぞ。ホテルニュージャパンの火災はそれだった。火元の部屋のドアを開けたら炎が爆発的に噴き出して大火災に発展してしまったのだ。

 5分以上鳴り響いているのに、ホテルの関係者が動いている気配がない。

 フロントに電話すると、「今行きます」って。

 このホテル、夜間は人がいなくて、ホテル三日月から担当者がくることになっているらしい。

 まさかおれのこの電話で気がついたわけじゃないよな?

 数分後、非常ベルが止んだ。

 階段で1階ロビーまで降りてみる。各階、廊下には異常はない。って、おれは宿直警備員か?

 ロビーに降りると、ホテル三日月から来たらしい男がエレベーターを待っていた。悠長に待ってないで、階段を駆け上がれよ!

 その男と一緒にエレベーターに乗る。「4階が火元とという表示が出た」らしい。

 結局、誤動作だったようだが、誤動作だと思ったらやっぱり火事だった、ということもありえる。エレベーターの中が少しきな臭かったし。

 なので、30分ほど様子を見る。

 様子を見ていると……目が冴えてしまった。

 頑張って二度寝しようと思ったが、ダメだった。

 せっかくだから、朝9時からはじまる遠見岬神社の石段の雛飾りを見てから帰京しようと思ってたが、こうなったら早く帰ろう。眠れないのに長居する事もない。

 それに……月刊「ジェイノベル」のゲラ、相方に渡したまま完全に忘れていて、本日がゲラ戻しの必着日だった。昨夜中に速達で投函できなかったと言うことなので、今日、相方に会ってゲラを受けとって、そのまま届けなければならないし。

 電車の時刻表を見ると、始発は4時25分。その時間は過ぎてしまった。しかし……駅は真っ暗なんですけど。駅員が寝坊した?

 6時過ぎの東京まで直通の京葉線経由の始発電車に乗ることにして、それまで、iPadで日記を書く。

 前回、木更津で泊まったときにiPadにBluetoothの外付けキーボードを接続させたら、なにやら怪しげな動作をして、結局使えなかった。

 iPadは外付けキーボードがあればまあ、そこそこ仕事に使えるかな?と思うが、使えないと、「高機能のビュワー」同然だ。

 が、接続してみると、今回は、全く何の支障もなく使えた。前回挙動不審だったのは、電池がなかったのかもしれない。

 それにしても、iPadの、と言うかiOSの日本語変換機能は、変換候補がいちいち表示されてそれを選ばなければならないのが煩わしいし、長文を書いていると凄く邪魔。これ、普通のパソコンみたいにインライン変換というか、変換候補が入力中のその場所に表示されるように設定を変更できないのかな?

 昨日分と、ここまで起きたことを日記に書いたら、5時40分。

 もう一度フロント(と言ってもホテル三日月に、だが)に電話して、「6時に帰りたいんだけど、どうすればいい?」と聞く。料金は前払いしてあるので、キーをフロントに置いておけばいいと言うことになる。

 服を着て、近所の「デイリーヤマザキ」でおにぎりを買う。これがアサメシ。

 部屋に戻って荷物を取り、鍵をフロントに置いて、6時前に駅へ。

 せっかく、勝浦が好きになり、風光明媚で温暖でいいところだなあと思ったのに、こういう事になると、後味悪いね!

 しかし……泊まっていた他の客は無反応だったなあ。爆睡して非常ベルが鳴ったのに気づかなかったんだろうか?

 そうやって逃げ遅れて死ぬんだろうな。

 すぐ目が覚めたおれは、本当の火事が起きたとしても、たぶん、助かっただろう。部屋の目の前が非常避難場所の屋上だったし。

 プラットフォームに停車中の電車に乗り、おにぎりを食べる。

 京葉線の車両なので、ロングシート。これで2時間30分乗るのはなあ。

 やがて電車は発車。

 上総一ノ宮で20分も停車。みんな総武線快速に乗り換える。おれもそうする。

 すでに70%席が埋まった状態。

 駅に着くたびに次々に載ってきて、茂原ではかなり混んできた。

 こうなると決まって、トイレに行きたくなる。通路にはギッシリ立っているし、隣の車両にあるトイレに行くのはかなり大変。それに……荷物には貴重品が入っているし、これを持っていくと他のヒトに席を取られてしまいそうだし……。

 しかし、もう我慢が出来ない。

 走っている間なら泥棒しても降りられないし、他の客の目もある。たぶん大丈夫だろう。

 荷物を置いて、盛大に謝りながら通路を掻き分けトイレへ。

 用を足してまた盛大に謝りながら席に戻る。

 貴重品は無事だった。

 しかし……しばらくして、またも尿意が。

 今度は降りるしかない。さっきよりもっと混んできたし。

 千葉を過ぎれば本数も増えるし。

 ということで、稲毛で降りて、トイレへ。

 快速は混むので、各停でゆっくり行こうと、黄色い電車に乗る。

 が、小岩で荷物の挟み込みがあったらしく、前がつかえてノロノロ運転。

 結局それでも10分遅れ程度で錦糸町着。

 半蔵門線に乗り換えて、北千住には9時前の到着。

 帰宅して、くーたんを抱っこして留守番の礼を言い、朝ご飯を出し、洗濯機を回す。今日、洗濯できたのはラッキーだった。

 昨日分の日記を書き、洗濯物を干し、荷解。

 千葉県勝浦市について、調べる。ここは移住促進をしている。風光明媚。夏涼しく冬温暖。魚が美味い。本当にいいところだけど、本当に田舎。済むにはいろいろと不便そうだけど……徳島の南の方の漁村にそっくりな雰囲気。

 さもありなん。千葉の旧安房国は、名前の通り、四国の阿波からやってきた人によって作られたという説があって、地名にそれは現れている。神様だって阿波からやって来た。

 そのせいか、旧安房国辺りは、物凄く馴染むし、なんだか懐かしい。でも……住むとなると、いろいろ大変だろうなあ。いや、静かで穏やかで、いいところなんだけど。

 

 13時を過ぎて、相方から電話があって、ファミレスに急ぐ。

 相方にお土産(枇杷のゼリーとか枇杷のシフォンケーキとか)を渡し、ランチを食べて打ち合わせをしてゲラを受けとって確認して、その足で銀座の実業之日本社に向かうつもり。

 ランチのハンバーグを食べると、眠気が襲ってきた。

 それでもゲラを確認して、次の「悪徳探偵」のあらすじを相方から聞いて、さあ出かけよう、と思ってiPhoneでメールを確認したら……担当F氏は風邪でお休みと。ならば郵送しても同じ。

 ということで、郵便局でゲラを投函して、買い物をして、帰宅。

 睡魔に負けて、くーたんをお腹の上に載せて、1時間ほど昼寝。

 17時過ぎに起き上がってネットでニュースを見ると……。

 芳林堂書店、自己破産。

 大ショック!

 我々・安達を応援してくれているお店のひとつが芳林堂さんで……。

 つい先日、新刊挨拶に回ったときに、「取り次ぎを変更したらシステムのミスで新刊が入荷しない状態なんです」と店員のNさんが言っていたが……。

 取り次ぎの太洋社が廃業するので、取り次ぎを変更しようとしたけど、太洋社に未払い金があるのがネックとなって変更が出来ず、新刊が入荷できなくて、ということなのだろう。

 店舗の営業は継続して、書泉に事業を譲渡するらしいけど……。

 朝日のこんな記事(←リンク)とかハフィントンのこんな記事(←リンク)とか……。

 太洋社への支払いを待って貰っていた書店さんが多くて、太洋社も立ちゆかなくなって……という流れなのだろうか……。

 気持ちがズドーンと落ち込んだ。

 書店さんがあるから、本が売れるんだから。その書店さんが減っているという事は、本が売れなくなっていくと言うこと。本が売れないから書店が減ると言ってもいいけど……。

 アマゾンや大手書店のネット販売がそれを埋めているかと言えば、なかなかそうはいかない。店頭で買いにくい本とか部数が少ない本はネットで買うのは便利だけど、エンタ文庫みたいな、「気軽に買う」本は、店頭が強いのだ。

 

 大阪梅田の大事故は、運転していた男性が大動脈解離を起こして、意識不明のままアクセルを踏んでしまったことが原因であろうと。

 この事故も恐ろしい。事故を起こす側も、事故に遭う側も、明日は我が身だ。

 一方で、睡眠障害で運転中に突如寝てしまって事故を起こして相手を死亡させた女性に無罪判決。この判決、事故で亡くなった側にしてみたら、「無罪かよ!」と気持ちはまったく収まらないだろう。おれが遺族なら、そうだ。

 民主党と維新の党が正式に合流決定。これに関して、自民党の谷垣幹事長が言った「別れた同志がまた一緒になるについては説明が必要」(と言うようなことを言った)との弁は当を得ている。社民党幹事長は「落ち目の三度笠が一緒になっても意味がない」と言ったけど、産経新聞には「落ち目の社民党には言われたくないだろうが」と書かれてしまったけど、まあ、そんな感じなのが極めて残念。新党「まつのおかだ」は心情的には応援したいんだけど……民主党に「政権時の失敗」についてきちんとした検証が全然足りないのが大きなネックだなあ。「反アベ」というだけで支持するというのは……「反アベ」で支持せざるを得ないんだけど。

 今日もいろんなニュースがあったが、寝不足だし、帰りの電車で着かれたこともあって、もうヘロヘロ。

 勝浦で買ってきた「揚げもち」が美味しくてかなり食べてしまって夕食を食うチャンスを逃し、さほど腹も減っていないので、カット。

 風呂に入って、22時に早々と寝る。

今朝の体重:計らず

本日の摂取カロリー:2043kcal

本日の消費カロリー:100kcal/2965歩+78kcal(自転車)

2016年2月25日 (木曜日)

2月25日/安房勝浦、深夜の危機

 7時起床。

 曇り。

 「あさが来た」を見てから朝のモロモロを済ます。

 今日は2月最後の大吉方で、今後しばらく大吉方はないので、頑張って出かける。方位は東南。ここのところずっと東南を取っているが、今回は安房勝浦の遠見岬神社。以前から行ってみたいと思っていた、「お水取りの名所」。

 交通手段は、考えた末に、確実に座れることを最優先にした結果、京葉線東京駅発の特急「わかしお」で行くことにして、手早く支度をして、10時前に外出。

 北千住から電車に乗るが、常磐線に遅れが出ているらしいので、来た電車に飛び乗って、東京。

 特急に乗るならば、「食べ鉄」としては駅弁は必須。

 駅弁のメッカ(この言い方は今は避けられるのね)「祭」で買うが、ここは全国の駅弁を売っているので、えらく混むので、後悔。おれは特に変わった駅弁が食いたいわけではなくて。普通の幕内で充分というか、幕の内が好きなのだ。

 ならば小さな駅弁売り場で買えばよかったと思いつつ、遠く離れた京葉線プラットフォームへ。

 ここには、今や東京駅では希少価値の駅そばがあるので、弁当はあるが、ついかき揚げそばを食ってしまった。

 11時発の特急「わかしお」の車内で駅弁を食う。これが特急に乗る醍醐味。せっかく特急に乗ったのに駅弁を食わないなんて。

 12時24分、勝浦着。

 宿は駅前の「三日月イン」を予約してある。大規模な温泉アミューズメントがあるホテル三日月は一人では泊まれないが、素泊まりビジネス客用のここなら泊まれる。そして、ホテル三日月の風呂にも入れる。

 荷物を預けて、チェックイン。

 宿泊カードをよく見ると、 温泉プールなどがある「アクアパレス」にも入れるじゃないの! ネットのサイトには「展望風呂だけ」と書いてあったのに。「アクアパレス」に入るには水着がいるんだけど(レンタルはある)。

 一人でプールで遊んでも面白くないので、今回は風呂にする。(*今確認したら、公式サイトにはきちんと「両方利用できる」と明記してあるが、予約したときは「アクアパレス」の記載は無かった)

 で。

 iPhoneのマップを見ながら、一路、神社へ。同じ目的らしい人がたくさん歩いている。これはもしかして、凄い行列になっている?

 神社の「お水取り処」にはすでに行列が出来ていたので、並ぶ。しかし、どんなに待っても30分で順番は回ってくるだろう。

Img_2425

 勝浦名物の「ひな祭り」(これは徳島の勝浦が本家で、向こうからひな人形を分けて貰って、こちらでも始まったらしい。徳島って、宣伝が下手くそでいろいろ損をしている)は明日から。

 しかし遠見岬神社は有名なところだから今日も観光客はいて、お水取りを待つ行列を不思議そうに見て、自分も並んでいた。物は試し、ということね。

 13時になって行列が動き始め、おれは13時10分頃には無事、いただけた。行列最後尾でも時間内の15時には余裕で間に合うだろう。

 と言うことは……やっぱり、数年前の上総一ノ宮の玉前神社は異例だったのだな。2時間待って順番が来なくなりかけたのは、あの時だけだし。

Img_2427

 お水をいただいた後、神社にお参りする。本来は先にお参りすべきなのだが……。

 石段をかなり登って、本殿。

 途中、勝浦の海が見渡せる絶景ポイントがあったので、写真でも撮ろうとiPhoneを取り出したら、あ~ら不思議。さっきまでバッテリーは残っていたのに、突如残量がほとんどなくなってしまった!

 神社によっては、電子機器に奇妙な現象を生ずるところがある。数年前に、横浜のある神社(たしか「神明社」)に行った時、携帯電話の電波が全く受信できなくなった。境内から一歩出ると正常に戻ったのだが。

 その一方で、まったく影響が出ない神社も多い。とすると、遠見岬神社は電子機器に対して強力なのだろう。

 せっかくの絶景で残念だが、そのままお参り。

 ミッションを達成して帰ろうとしたところ、予備バッテリーを持っているとことを思い出したので、接続してみると、無事に充電が始まって、無事、復活。絶景を撮る。

Img_2428

 下に降りておみくじを(「金運みくじ」)を引き、「中金運」。定期預金の見直しをせよ、とのこと。妙に具体的だなあ。

 神社のそばのプレハブにはひな人形がスタンバイしていた。

Img_2435

 14時には全てのミッションを達成したが、15時になるまで部屋に入れないし、風呂にも行けない。

 全国B級グルメを競う「B-1グランプリ」で、グランプリになったらしい「勝浦タンタン麺」を食べることにする。駅そばを食べ、駅弁も食べたのだが、腹が減った。

 遠見岬神社すぐそばの「いしい」はすでに閉店していた。店の前には猫がいた。

Img_2433

 駅に向かって放浪。

 「乃りたけ」という店(以前は料理屋だったらしい)に入り、しょうゆ味の担々麺にする。

一般的な担々麺と少し違う。ゴマ味噌を使わないラー油のラーメンという感じ。でも、それなりに美味しい。(このお店の写真ではないが、こんな感じだった)

1209token1

 それでもまだ時間がある。

 駅のそばの、観光案内所の裏に公園があって、そこに桜が咲いていたので、見に行く。

Img_2438

 と、野良猫が餌を求めてやってきた。ここには野良猫一家がいるのは以前来たときに知っていた。あの子猫が大きくなった姿なのだろうか?

 一匹は警戒して逃げたが、もう一匹はおれに狙いを定めて、かなり強力におねだり。

Img_2441

 禁止されている「野良猫(公園の鳩とか、住宅地に出て来る猪とか)への餌やり」を続ける頑固爺さん婆さんの心境が判った。腹を空かせた動物を、見捨てられないものなあ。向こうは食い物を求めて必死だし。目が合ってしまった以上、無視は出来ない。

 近所の土産物屋にいって、小分けできて食べやすそうで、猫の害にならなそうなものを探して、「金目鯛の笹かまぼこ」ならいいだろうと、買って公園に引き返して、ちぎって、やる。

 白い猫の方は唸りながら食う。もう一匹のサバトラは警戒しつつ、食う。白い猫が自分以外の猫を唸って追い払おうとするので、遠くに投げてやる。

Img_2442

 結局おれは全然口にはいらず、猫が全部食った。

 通行人に怒られそうなので、そそくさと引き上げて、駅に戻ったりして時間を潰して、15時。

 部屋に入る。ツインのシングルユース。部屋はキレイで機能的。奥にちょっとした畳のスペースがあって、ここにも布団が敷ける(凄く狭いけど)。

 ベッドに寝て少し休憩して、着替えを持って、「ホテル三日月」へ。歩いて10分もかからない。

 大浴場の脱衣場で貴重品用のロッカーが見つからず(大浴場のロビーにあったのが後から判った)、まあ大丈夫だろうと脱衣カゴに入れたまま、お風呂へ。

 勝浦の海が見渡せる、絶景。(ロビーからの眺めと同じ)

Img_2443
Img_2444

 お湯は少しヌルヌルする。アルカリ性?

 目玉の「開運の湯」にも入る。純金の浴槽、というだけだけど。

 温泉に浸かるだけで、洗ったりせず。

 長風呂していると荷物が心配だし……。

 それでも20分ほど浸かって、上がる。

 当然だろうとはいえ、貴重品は無事だった。

 ホテルの売店で土産物を買い、勝浦の街をブラブラしながら部屋に戻る。

 夕食は、1階にあるお食事処「魚祭」(独立店舗)で。宿泊客は5%引きの特典アリ。

 あじのなめろう定食に、単品でカキフライ。小ジョッキの生ビールも。

 勤め帰りなのか、おれのような旅行客なのか、そういう感じの若いお客もいる。この辺で気軽の定食が食える店は案外ないのかもしれない。

 なめろうは、おとなしい味。というか、醤油やワサビで味付けする感じ。

 ご飯をお代わりする。カキフライじゃなくてアジフライにした方がよかったかな?

 ほろ酔い気分で部屋に戻って、ニュースを見る。

 大阪梅田の自動車事故。最近、中高齢者が発作を起こして歩道を爆走して大勢を死傷させる事故が多くないか?今回も、心臓発作系の事になって、その痛みでアクセルを踏んでしまったのかもしれない。

 現場は、おれも知っている場所。歩行者が青なんだから、みんな安心して横断してるところにかなりの速度で車が突っ込んできたら……恐ろしいことだ。

 北海道の「哲学の木」が、観光客の不作法に困り果てた所有者によって切り倒されたが、NHK21時のニュースは「外国人の傍若無人さをどうするか」というテーマで特集を組んでいた。一番困るのは「そういうことをするなと言われているのは知っていても、せっかく来たんだから」と無視するケース。中国人観光客に多そう、と思うのは偏見かもしれないけどさ。

 たしかに、日本人だって欧米に行ってさんざん不作法なことをしまくってきた過去がある。それは今も続いていると思う。

 異国の異なった文化によるマナーや風習の違いをどう理解し、浸透させるか。相手はお客さんだからと日本側が我慢ばかりしていると、いつか爆発して「鎖国だ!」ということになりかねない。

 まあ、正直言えば、生活の場に外国人(人種の違いなく)がどかどか入ってこられるのは、嫌だが。それは北千住に「下町探訪」にくる日本人観光客も同じ。北千住は正確にいえば下町ではないんだけどね。

 そのあと、風呂に入る。ゆっくり浸かって、頭も洗う。

 23時に就寝。

 爆睡していると……遠くから非常ベルのようなものが鳴っているので、目が覚めた。

 2時30分。

 非常ベルだった!

 ここは、夜間、人がいない。フロントは22時で閉まって、朝の7時までホテルの人間は常駐していないのだ。

 さあ、どうなる?

 明日に続く。

今朝の体重:88.25キロ

本日の摂取カロリー:2437kcal

本日の消費カロリー:401kcal/10593歩+15kcal(自転車)

2016年2月24日 (水曜日)

2月24日/旅路の果て、について考える

 7時過ぎ起床。

 曇り。

 ここんとこ天気予報が全然当たらない。

 「あさが来た」を見て、朝のモロモロを済ませて、アサメシはウィンナーご飯。焼いたウィンナーをご飯に載っけて醤油を垂らす。それと水菜の漬け物にインスタント味噌汁。

 それにしても「あさが来た」のタイトルテーマ曲のサビ、何度聞いても「人生は並木コーヒー」に聞こえるんだけどなあ。

 そう言えば山下達郎の「高気圧ガール」も「高血圧ガール」に聞こえる。高血圧ガールって色っぽくないね。

 認知症の老妻の介護に疲れた老夫が老妻を殺したが、警察に捕まってから食事を一切とらず、病院で点滴を受けたけれど、死亡した、と言う件。

 『警察は「取り調べにもほとんど応じず、なぜ食事を拒んだかわからない」としています』って……。いやいや、警察だって、全て判ってるでしょ?事実上の後追い自殺だって。

 介護の末にこういう事になるなんて……悲劇としか言いようがない。これで日本は先進国と言えるの?言えないと思うね!絶対!

 「旅路の果て」という古いフランス映画の題名が思い浮かぶ。

 人生の最期がこれでは……哀しすぎる。

 しかし……「旅路の果て」という邦訳は、素晴らしい。原題は「旅の終わり」なんだけど、「旅路の果て」とすると、本当に、万感が籠る。

 長く生きて、なるべく幸せな最期を迎えたいけど……今の日本じゃ、それを願うのは難しいんだねえ……。

 すったもんだの末に、民主党と維新の党は新党を作って合併と。維新の党なんて、「民主党のママだったら落選する」と怯えたチキンがハシモトに擦り寄って、いろいろあってハシモトから逃げてきたグループであると認識している。こんな連中は民主党が飲み込むべきか、相手にしなくてもいい、と思うけれど……。

 民主党にそんなことが出来る度量もないし、民主党自体がボロボロのヨレヨレだから、とにかく数が欲しいのよね。

 で、新党の名称は、「民衆党」なんか如何?声に出せばほとんど「みんしゅとう」だし。

 でもそれじゃ、次の選挙も勝てないよね。

 政権当時の幹部が全員引退して、出来の悪い中学校の学級会みたいな党の雰囲気を一変させるくらいの根本的な改革をしなきゃ、ダメよ。特に松下政経塾出身者を外さなきゃ。

 それにしても、新党名に「まつのおかだ」っていうのはいいなあ。

 顔面模写の権威・南伸坊の最新作が「ドナルド・トランプ」。1枚だけここに……と思ったけど、無許可コピペは禁じられているので、リンクします。

 こちらからどうぞ(←リンク)。

 爆笑です。

 仕事開始。

 今日から「第2章」。

 相方のメモをベースに、整理しつつ、進める。

 新しい章の初日だから……こんなものでしょ。

 昼は、レトルトのカレーがあったので、カレーライス。あんまり美味しくないねえ。いや、レトルトでも美味しいのはあるんだけど……特売品はダメね。

 ずっとMacに向かっていたが、枚数的には進まなかったが、イメージは出来てきた。

 時間が来たので、支度して外出。

 テニスは、レッスンではバックハンドが好調。

 試合ではコーチ相手では間を抜くナイス・ボレーを決めたけど、生徒同士では、頑張って球を追って追いついたけど、上手く返せなかったりして悔しい場面が続いた。成功もしたんだけど。

 なので、なんだか全身が痛いぞ。

 風呂にゆっくり浸かる。

 晩メシは曳舟駅前の「上海菜館」で。サラリーマンのグループがわいわいやっているが、酔っ払いって学生と同じ。どっと笑ったりすると、オッサンと言うより学生。それを微笑ましく感じるかどうか。おれは、だいたい喧しいとしか思えない心の狭い人間なので。

 ニラ玉定食を食べるが、実に美味い!ミニサイズの麻婆豆腐がついてきた。

 21時30分、帰宅。

 くーたんにご飯を出し、ニュースを見て、録画した「サラメシ」を見る。群馬の建築設計会社は社長がまかないを作り、それを無料で社員や客に振る舞う。その場所が、どう見ても専用のレストラン。厨房も広いし。事務所を片付けて、という雰囲気じゃなかったけど……ものすごくセンスがよくて、いい雰囲気。家を建てるなら、この会社に頼みたいなあ。群馬だけど。

 今夜は特にヘロヘロなので、0時前に就寝。

 消灯すると、くーたんが焦れて唸り声を上げてバタバタやってたが……特に悪戯をする様子でもない。遊びが足りなかったのね。猫って、物凄く大きな声を出すよなあ。

今朝の体重:88.40キロ

本日の摂取カロリー:1620kcal

本日の消費カロリー:702kcal(テニス)+138kcal/4408歩+27kcal(自転車)

2016年2月23日 (火曜日)

2月23日/やっと「第1章」をあげて、気学教室。そのあと美味三昧

 5時頃足が痙って目が覚めて、トイレに行って寝直して、7時過ぎ起床。

 久々に7時間近く寝た。

 曇り。

 「あさが来た」を見てから、朝のモロモロを済ませ、アサメシはダブルソフトのトーストにカフェオレ。

 松方弘樹が脳腫瘍で長期入院。心配だ。松方さんの芝居は好きだから……是非元気になって戴きたい!

 今朝の朝日朝刊に載っていた、「認知症の連れ合いを自宅で介護すること」についての記事(←リンク)を読んで、深く考えた。

 ちょっと外出した隙に、連れ合いが「火遊び」をして、自宅は全焼、隣家も延焼。延焼して「燃やされた」側は、断固として賠償して欲しいのは当然。火元が認知症の老人かどうかなんて関係ない。見舞金だけじゃ済ませない。おれだってそうする。

 だけど……。

 なんかこの記事は、「認知症の介護をしているんだから周囲も考えてやれ」という事を強要しているような感じもあって……。

周囲の協力は大切だと思うが、火事を出されたら、それはまた別の話。施設に入れるように要請されていたのを断っていたと言うことがあるのなら、それはそれで、妻の責任を問われても仕方がないと思うし……。

 とは言え、これは物凄く難しい問題。愛情とか愛着とか、人間の一番大事な部分が絡んでくるだけに。
 おれは……認知症になったら、それが回復しないのなら、周囲に迷惑をかける前に、「処分」して欲しいなあと思う。認知症の老人を処分しろというのではない。あくまで自分が認知症になって「面倒な存在」になったら、という場合のこと。

 自分で自分の事ができなくなった段階で、生きてても仕方がないと思うだろうなあ……。哀しいことだけど、老いは目の前に迫っている。

 先月・今月と大吉方で毎週のように遠出をして先月は安宿を探して2泊、今月も同様に2泊するが、そうなってくると、旅が日常みたいになってきて……どーも、ここんとこ、気分は松尾芭蕉。「漂泊の思いやまず」な心境で落ち着かない。映画も、一度映画館に行き始めると習慣になるし、それと同じような……。

 ま、しかし、それも今月でいったん落ち着くけど。

 今日こそは「第1章」を絶対に上げる!

 まず、前半で書きあぐねていて飛ばしていた部分を埋める。書いてみたら、何のことはない。するする書けてしまった。

 ついで、「第1章」の最後の部分。

 あと少しで書き終わる、というところで、どうにも腹が減ったので、スパゲティ・ナポリタンを作って食う。ソーセージとピーマンだけのナポリタン。

 そういやネットに、「海外留学したときルームメイトのイタリア人に日本の『ナポリタン』を『ありえね~』とバカにされたので作ってやったら『美味い美味い』と平らげた」みたいな記事があって、その時のレシピも載っていた。まあ、日本式スパゲティはイタリア人には「邪道だ!」と言われてしまうものも多いだろうなあ。でも、美味しいんだけど。外国には「餃子をトッピングする札幌ラーメン」とか、トンデモナイ寿司とかあるんだから、オアイコだなあ。

 食後、仕事再開。

 14時過ぎに、なんとか書き終える。ここまで1ヵ月以上かかってしまった。まあ、章割りを直したり資料を読み込んだり、他の作品のゲラをやったり営業セールスに回ったりと、サボっていたんじゃないんだけど。

 アタマから読み直す。もちろんまだまだ凸凹があって書き足すべきところはあるが、今の段階ではこれでヨシとして相方に送る。

 その後、「第2章」以降について、相方のメモを再構成しようとするが……頭が疲れてしまって、働かない。

 なんだかんだしていると、夕方。

 本日は、気学教室。先月までは木曜日だったが、今週の木曜は大吉方に当たったりいろいろあって、今月から火曜日に変更になった。

 

 駅で相方と待ち合わせるが、ちょっと腹が減ったので、立ち食いの天ぷらそばとシャケのおにぎりを食う。

 で、半蔵門線を使って、水天宮前。

 会場まで歩く。一番乗りだったが、本日のゲストの「イケメン俳優」らしき人物とバッタリ。

 で、定刻ピッタリに聖先生たちが登場。

 本日は、「脳の中身を絞り出して入れ替える方法」を伝授される。最低3ヵ月は続けないと意味がないと。

 早速、やってみよう!

 アドラーの話が出る。

 最近、アドラーが注目されているのはどうして?

 アドラーはフロイトと決別しちゃったのよね。

 フロイトの本は結構読んだ(筒井さんの影響だが)けど、高校生の頭ではよく判らなかった。文章も難解(翻訳の問題?)だったし。

 フロイトは、今では「あれは心理学ではなく文学だ」と言われるようになっているとは思うけど、「無意識」「深層心理」という概念を広めた功績はあると思う。

 で、アドラーについては、名前は知ってるけどよく知らないのよね。

 教室終了後、このところ帰っていたのだが、今夜はみんなと一緒に、浜町駅近くの「ビストロ・エレナ」へ。(例によって写真は全てネットから)

Original
 ここは、美味かった!

 どれも美味しかったが特筆すべきは、「サーモンとアボカドのタルタル」というこの逸品。

Original1
 アボカドとイクラが口の中で蕩ける~!

 肉のグリルの盛り合わせや生ハムとかいろいろ食べて、〆はスパゲティ2種類。いやあ、食べ過ぎました。

 サングリアと赤ワインを1グラスずつ飲んで、結構酔っ払った。お酒に関して、おれは安上がり!その分食うんだけど。

 思えば、昨夜もけっこう食べて散財しちゃったな。でも、美味しかったから、いいのだ!

 都営新宿線~半蔵門線で23時頃帰宅。

 くーたんにご飯を出し、機嫌をとり、ニュースを見ていたら、寝てしまった。

 いかんいかんとベッドに入って電気を消すと、くーたんがドタンバタンと暴れていた。遊べとアピールしているんだろうけど……。

 

 正式に消灯したのは、1時。

今朝の体重:87.65キロ

本日の摂取カロリー:2578kcal

本日の消費カロリー:127kcal/3576歩+52kcal(自転車)

2016年2月22日 (月曜日)

2月22日/今日は猫の日

 7時過ぎ起床。

 ずっと寝不足が続いている。そろそろなんとかしないと風邪を引いてしまう。

 「あさが来た」を見る。あさ、復活!

 林与一の関西弁は、実に味がある。しみじみといいなあ。

 昨夜段階の天気予報では晴れるはずだったのに、曇り。それもかなり雲が厚い。

 寝る前に洗濯機を回して洗ってしまったので、コイン乾燥機を使うか。ならば、昨日取り替えたリネンも洗って一緒に乾燥させよう。

 と思ってもう一度洗濯機を回したら……晴れてきた。

 物干し竿で干すには、量が多すぎる。しくじったか!

 ま、仕方がない。

 300円使って乾燥機で乾かす。

 くそう。300円損した。と思ったら、また曇ってきた。結果として、乾燥機を使ったのは正解だった(のだろう)。

 Facebookでリンクされた、「七人の侍」「生きる」の4Kデジタル修復についての記事に間違いが多いのに立腹。早速、その記事を発表した某サイトに通報。

 すると、程なくして「訂正した」という連絡が来た。この迅速な対応には敬意を表する。こういう訂正の要望は無視される場合もあるので、この対応はとても誠実だ。さすが、インプレス!

 こんな事をしていると、もう11時。

 太麺でこってり系、豚の角煮がとても美味い塩ラーメンを出す、千住大橋の「波」が閉店した?という情報に接し、ちょうどアサメシを食うタイミングを逃がして昼飯時だったので、食いに行ってみる。

 と……。

 たしかに営業時間なのに、閉まっている。いや~な予感がするが、まあ、たまたまだったのかもしれないし。

 しかし、腹は減った。

 ポンテポルタにある「餃子の王将」へ行って、餃子定食を食おう。と思ったら、ランチで「ピリ辛ラーメン」がついたセットがある。ついつい、それにしてしまう。このラーメン、あんまり美味くなかった。

 その足で銀行に廻り、税理士さんの毎月の顧問料の自動振り込みの手続きをするが、30分くらい待たされた。まあ、昼時だから仕方がない。

 帰宅して、仕事開始。

 今日は、相方のメモを観ながら、まず先にアタマから手直し&書き足し。それで全体の調子を整えてから、まだ書き残っている部分を埋めて、終わらせようという魂胆。

 今日は夜、聞こうがあるがお休みして、相方と「第2章」以降の打ち合わせをする。それまでに「第1章」を終わらせて、スッキリした気分で打ち合わせに臨みたい。

 直し&調子の調えは順調に進む。登場人物の描写が決定的に足りなかったので書き足していくと、まるでマンガの下書きにペンが入って色も塗られたように、人物が生き生きと反応しはじめた。こうなると、登場人物が自分で言葉を発しはじめて、物語が自然に展開していく。

 やっと、この段階になったか。今回は長かったぞ!

 書き直し&書き足し部分は終了。後は、まだ書いていない部分(数ページで終わる)を残すのみ!

 が……16時頃、激しい睡魔に襲われて、ソファに倒れ込み、1時間ほど寝る。

 くーたんもやってきて、おれのお腹の上で爆睡。おれも爆睡。

 すると、相方から電話が入って、今から会おうと。てっきり19時以降になると思ったのに……18時に約束する。

 慌てて、いろいろとプリントアウトして、外出。

 今日は、ウチからそう遠くないところに開店したイタメシ屋というかピッツァテリアというかなんというかの「アダッキオ」へ。気になっていたのだが、まだ入ったことがなかった。(写真は全てネットから戴きました)

Original1_2

 ここで、アンティパストに巨大しいたけにハムを載せて焼いたヤツ(名称忘れた)やピザを頼み、プリモ・ピアットは飛ばしてセカンド・ピアットはポークのグリルにするが、料理の都合上、料理の順番はバラバラに出てきてしまった。でもまあ、どれも美味い。仕事の打ち合わせをするので、お酒は飲まない。食後のコーヒーだけ。

 ポークのグリルを食べるのにパンか何か欲しいところだが、この店にはフォカッチャしかないというので、スパゲティ・ペペロンチーノを追加。もう順番はメチャクチャ。

 しかし、ポークのグリルも美味かったし真鯛とシラスのペペロンチーノも美味かった!

Original

 値段はそこそこだったが、サイゼリアより断然、本格的なイタメシが食えた。こんな場所じゃあ客も少ないんじゃ……と思ったら、けっこう繁盛している。ここは北千住駅からだと結構遠いのに。

 しかし、美味かったので、また来よう!

 北千住も本格的な店や今風の店が増えてきた。少し前とは隔世の感がある。以前は本当にオッサン仕様か老人向きの店しかなかったもんね。

 で、仕事の話。

 いろいろ喋っていると、いい案が浮かんで登場人物も動きだした。話もまとまって行くものだなあ。

 

 帰宅して、「第1章」の残りを一気に書き上げて……と思ったが、打ち合わせが上手くいったので気が緩んだのか、それとも昼間みっちりやった疲れが出たのか、ニュースを見ながらソファでウトウト。

 どうもアタマは閉店状態。

 仕方がない。残りは明日の午前中にやろう。

 

 ということで、風呂に入って、0時過ぎに就寝。

 あ、今日は2月22日で猫の日だったのね。だからと言ってくーたんには特別には何もせず。

 明け方に、久々に足が痙って目が覚めた。幸い軽傷。

今朝の体重:87.10キロ

本日の摂取カロリー:2782kcal

本日の消費カロリー:31kcal/1008歩+103kcal(自転車)

2016年2月21日 (日曜日)

2月21日/あと少しだったが……オチる

 8時過ぎ起床。正確にはもっと早く目が覚めて、ベッドの中でiPhoneを見ていた。

 曇り。晴れるとか言っていたけど、晴れたのは夕方。

 朝のモロモロを済ませ、日記も書くが、例によって時間がかかる。時間を掛けるくせにいろいろ書き落としがある。

 昨夜放送していたフジテレビの番組で「刑事が事件現場に入れるのは1週間後。現場は『証拠の宝庫』だから鑑識がじっくりと調べる。それが終わるまでは刑事は入れない。入れるのは刑事部長とかのエライ人だけ」「刑事ドラマは全部ウソ」と言い切っていた。参考にしよう。

 それと、深夜のブラマヨのトーク番組に亀田興毅が出ていて、「荒くれパフォーマンスは全て計算の上、盛り上げようとしてやったこと」と、冷静に話し、弟・亀田大毅の犯則については「勝たなアカンというプレッシャーで劣勢になって頭真っ白になったんやろな」「あのあと、僕らも頭真っ白やった」と、これまた冷静に答えていた。彼がカフェで眼鏡をかけて静かに洋書を読んでいたのを見た事があるという「都市伝説」もあながちウソではないのかも。今は、ユーモアのあるかなり知的な男に見えた。

 しかしあの一連の「パフォーマンス」は彼らにとっては完全に逆効果だったとしか思えない。最初に指南したのはTBSのスタッフだったんだろうけど、間違えたよねえ。そして、この三兄弟を有名にはしたが幸せにはしなかったよねえ。

 アサメシは、ダブルソフトのトースト、ゆで卵、牛乳、コーヒー。

 仕事開始。今日の「きらクラ!」は録音して、昼間はずっと仕事をする。

 しばらくFacebookは謹慎して、書き込まないことにしようと思ったが、映画のことなら平和的なやり取りが出来るだろうと、「ピアノ・レッスン」について書き込んだり。

 そうしていると、「文系理系で会話がこんなに違う」という記事(←リンク)を読んで、いろいろ氷解した思い。まあ、この手の「プロトコルが違うことによる行き違い・摩擦」は、つまるところ、「異文化コミュニケーションの難しさ」。

 「文系・理系」「男・女」「サラリーマン・フリーランサー」「創作系・学問系」「日本・欧米」「日本・中韓」「欧米・中東」などなど、プロトコルが違うと、どこかで話が食い違う。それがハナから違っていると判れば違うのを前提にするから怪我は少ないけれど、「同じ日本人だし」「同じ漢字を使ってるんだし」とか油断した場合、意外な落とし穴が待っている。

 というか、自分以外はみんなプロトコルが違うのだと思うべきなんだなあ。って、57にもなってナニ言ってるんだって事だけど。

 昼は、永谷園の鮭茶漬で、お茶漬け。

 仕事を続ける。

 夜は、「笑点」を見て(以前はまったく見なかったのに……トシを取ってきた証拠か?)、「バンキシャ」を見ながら、夕食の支度。今夜は日本ハムの「酢豚」を使って、酢豚。タマネギとピーマンを切って一緒に炒めるだけ。

 しかし、ウチは換気扇が弱いので、炒め物をすると換気がキッチリできなくて、部屋に煙が残り、匂いも残る。調理の後、しばらくは換気扇を回しておくのだが、駄目。これがこの部屋の大きな欠点だなあ。

 「バンキシャ」では、「有料老人ホームの選び方」をやっていた。しかし、カネがないと「有料老人ホーム」にすら入れないぞ。

 あと、東京の水上交通。羽田から秋葉原まで水上バスを使った場合の利便性を検証。時間で比べたら、船は圧倒的に不利でしょ。だけど大量輸送できる。選択枝として水上バスがもっと使えるようになればいいなあと思う。大災害の場合の輸送手段にもなるし。

 日本ハムの「酢豚」は、肉の味がハムみたい。こういう製品は、肉の味がどうしても違うので、美味しくないんだよなあ。

 「鉄腕ダッシュ」を見る。

 ダッシュ島がどこにあるか、特定されてしまったらしいが、バカが勝手に上陸して好き勝手して荒らさないよう、切に願う。番組としては防護策は講じていると思うけど。

 それと、美味い白菜を食う企画。美味そう!

 そして、「真田丸」。

 真田父が騙しまくる滝川一益が気の毒になってきた。滝川一益は温厚な、いい武将じゃないの。次回は上杉も騙すんだし。
 やっぱりねえ、大河は「義理堅いサムライの律儀さ」を見て安心する、という側面がある感じがする。

 真田父の「生き残りをかけた騙し作戦」も、いい加減にしてくれ、と言いたくなってきたぞ。

 真田父がもっと飄々としていたり(第1回とかに比べると落ち着いてしまってないか?)真田兄弟がもっと驚いたり慌てて父を諫めたりすれば、精神的バランスが取れるんじゃないか?

 そのまま「新・映像の世紀」を見る。この哀しいテーマ音楽を聴くだけで泣けてくるのだが……。

 激動の60年代。BBCを中心に製作した「our wolrd」、これ、生放送を見たぞ。たしかカラー放送だったよね?ビートルズの録音風景も覚えている。

 おれは、ベルリンの壁崩壊の1年前にヨーロッパ一人旅をして、ハンガリー、チェコスロヴァキア、ポーランドを回って東ベルリンから西ベルリンに抜けたんだよなあ。ZOO駅の東側の検問は怖かった(デンマークで買った無修正エロ本を持っていた)し、東ベルリンのデパートにはモノがまるでなかったので、「終焉は近い」と思ったけど、まさか1年後に「東側」が本当に終焉してしまうとは思わなかった。終わるときはあっけない。本当にそう思った。

 ベトナム、東ヨーロッパときて、今は中東。中東の混乱も、いつかは収束して平和が訪れるのだろうか?いや、訪れて貰わなくては困るんだけど。

 相方と電話で打ち合わせ。なんとか明日中に「第1章」を終えて、「第2章」に入らなければ。

 仕事を再開するが、酢豚の匂いは部屋に籠っているものよりも、おれの顔や頭髪に付いた匂いの方が強いんじゃないかと思い、風呂に入る。

 やっぱり、調理中に飛び散った油をモロに受けて、おれの全身が「酢豚」になっていた。

 ゴミ出しをしたりしてから、仕事に戻る。

 今夜も2時までやる。

 皮算用では、一応書き上げて、明日は相方が作成したチェックリストに基づいて加筆修正をするというつもりだったが、書き上げることは出来なかった。

 徹夜は嫌だし……。

 寝ることにする。

今朝の体重:87.85キロ

本日の摂取カロリー:1702kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | トップページ | 2016年2月28日 - 2016年3月5日 »

安達瑶の本

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト