« あけましておめでとうございます | トップページ | 1月2日/本とワインと「ローカル路線バスの旅」 »

2017年1月 1日 (日曜日)

1月1日/初日の出・「悪のクロニクル」「Re:LIFE」とすき焼きに「相棒」

 7時起床。

 初日の出を見に行く。

 快晴で、朝日に照らされた富士山も見える。

Img_2883


Img_2881

 朝のモロモロを済ませて、自己流のお雑煮を作って、「まいばすけっと」で買った「おせちセット」(ほぼ煮物)とご飯半膳を食べる。

 普通の半分くらいの小さな餅を買ってしまったら、オーブントースターで焼くとドロドロになって、まるで炉心から熔け落ちた燃料棒みたいな状態になってしまい、新年そうそうオーブントースターの掃除。

 元旦のテレビって、朝からおめでたい演芸番組をがっちりやっていた記憶があるけど、今は明日からか。特に観るモノもない感じで……。

 だったら音楽を聴くか本を読めばいいのだが……久々の休み(去年は元旦からゲラをやっていた)で、何もしたくない気分。出来れば、鉄道に乗ってぼんやりと車窓を眺めたい。

 結局、BS-NHKで「ゴッドファーザーPART3」の一部を見る。

 あっという間に昼になる。

 やっぱり地上波で見たいものはないのでBSにすると、「トラ・トラ・トラ!」と「THE歴史列伝“天下分け目”の関ヶ原の戦いスペシャル」をやっていたので交互に観る。

 「 トラ・トラ・トラ!」は、アメリカ側の不手際と大敗を描いたのでヒットしなかったのは当然かも。

 15時ごろ、相方が来て、録画した映画を観る。

 まず、韓国映画「悪のクロニクル」。

Scene_photo_02

 あらすじは……。

 名誉ある大統領賞を授与され、昇進を控える敏腕刑事のチェ班長(ソン・ヒョンジュ)。同僚たちによる祝宴の帰りに乗ったタクシーで眠っている間に、人気のない場所に連れていかれる。ナイフを手に襲いかかる運転手との乱闘の末、誤って殺してしまったチェは昇進に影響することを恐れ、証拠を隠滅しその場を去った。翌朝、工事現場のクレーンに吊るされた死体のショッキングな映像がテレビを賑わす。事件を担当することになったチェだが、死体が自ら殺した運転手であることを知り驚愕する。そして、事実を隠蔽するため画策するなか不可解な出来事が次々と起こり、チェは底知れぬ罠に巻き込まれていることに気がつく……。(公式サイトより)

 この映画はかなり面白かった。真犯人に迫る推理のドンデン返しが見事。巧いねえ。どこに連れて行かれるか判らない不安感が見る側にも伝わって、実にヒリヒリする展開。役者もみんな達者で、特に刑事の班長(?)格の太めの刑事が冴えていて素晴らしい。

 役者が全員、どことなく日本の役者に似ているので、日本でリメイクしたらこの役はあのヒト、みたいな想像をしながら見ていたが……。

 最近の日本映画は、こういう犯罪サスペンスの小品を作らないから、余計に新鮮。丁寧に作られているし、映画表現では韓国映画に負けてる感じがする。日本映画も、こういう手の込んだ小品をじっくりと、もっとたくさん作らないとダメになっていくぞ……。泣ける青春映画も結構だけど……。

 ご飯を仕掛けて、2本目は「Re:LIFE」。よく似たタイトルのアニメではなく、ヒュー・グラント主演、マーク・ローレンス脚本・監督のコメディ。

 過去に書いたシナリオがアカデミー脚本賞を取ったけど、「一発屋」でその後は鳴かず飛ばずの脚本家が、なんでもいいから仕事が欲しい!とエージェントに泣きついて、得たのは田舎大学のシナリオ創作講座の講師(常勤?非常勤?客員?)。ギャラは安いかもしれないが、オフィスも住むところも用意してくれるという厚遇。

 最初はまるでやる気が無い主人公は、受講する女子学生とネンゴロになってしまったり「続きを書くのに時間がいるだろ、それまで休講!」と宣言してしまったり、教員のパーティでワインに酔って厳しい教授と真っ向から対立してしまったりと、ダメさ満点。この辺のヒュー・グラントは独壇場。

 しかし、次第に学生を指導する面白さに目覚めてきて……。

「シナリオはキャラクターが大事だ!」

「物語はどこに向かっているのか?」

「構成に乱れはないか?」

 などなど、実際にマジに重要なポイントを指摘しつつ、学生が書いてくるモノに磨きをかけていくと……驚くべき原石を発見したりして、主人公は教師の仕事の面白さに目覚めて熱心に指導し始める。

 しかし、「ダメな頃」に撒いた種が効いてきて、失職の危機が。

12828452_946984358731681_6646204699

11260345_940829612680489_4181277587

 面白い!そして感動する。

 全米の大学にはシナリオ講座があるようで、そこで教えている教師はこの映画の主人公のような「本業が不調なシナリオライター」が大半なのだろう。それは小説講座でも同じだと思うけど。

 なんだか身につまされるハナシだが、主人公は本来、教えることに向いていたんじゃないかと思えるほど、学生の長所を伸ばして才能を磨いていく。

 素晴らしい先生じゃないの?

 とてもよく出来た犯罪サスペンスと、ハートウォーミング・コメディを見てから、夕食。

 すき焼き。おれは肉は赤身が好きで、ステーキは赤身が最高だと思っている。しかし、すき焼きやしゃぶしゃぶは、霜降りが最高。お正月なので国産牛の霜降りを買ってきた。

 スパークリング・ワインで乾杯して、食べる。

 美味い!

 もう、お腹いっぱい!

 食べながら、仕事の打ち合わせ。「第1章」の展開の摺り合わせを。

 自宅で「相棒」を見るという相方は時間ギリギリに帰り、おれも一人で「相棒」を見る。お正月スペシャル。

 この秀作人気シリーズも、犯人像がどんどんトリッキーというか不自然になってきたよなあ。

 しかし舞台が奥多摩。数日前に行ったばかり。

 

 後片付けをしたり風呂に入ったり、届いた年賀状を見たりしていると、2時を回ってしまった。

 3時前に就寝。

今朝の体重:88.10キロ

本日の摂取カロリー:2199kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« あけましておめでとうございます | トップページ | 1月2日/本とワインと「ローカル路線バスの旅」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64709192

この記事へのトラックバック一覧です: 1月1日/初日の出・「悪のクロニクル」「Re:LIFE」とすき焼きに「相棒」:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 1月2日/本とワインと「ローカル路線バスの旅」 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト