« 1月4日/もろもろ日常復帰 | トップページ | 1月6日/ニワカ猛勉強 »

2017年1月 5日 (木曜日)

1月5日/新年そうそう大きな買い物

 深夜に2回、地震があった。関東は震度2。

 7時30分起床。

 快晴。

 寝ている間に洗った洗濯物を干すが、風が強いなあ。

 朝のモロモロを済ませると、青汁の宅配。

 そのあと、アサメシ。ダブルソフトのトーストにゆで卵、牛乳。

 足立区の図書館オンライン検索・予約のシステムが新しくなった。年末年始の休みの間に更新されたのだが……。

 反応が著しく遅い!画面表示が切り替わるのに1分以上かかる。おれのMacのせいか?それともSafariと相性が悪いのか?しかしGoogleChromeでやってみても同じ。

 なんだこれは!と怒りながらも検索をして、オンラインで予約をしてしまう。

 そこへ、去年の暮れに依頼したエアコンのクリーニングの人が来訪。

 かなり大掛かりにクリーニングをして貰うが、「温まらないですね」と鋭いひと言。

 このエアコン、夏は冷えないし冬も温まらない。なので夏は補助のエアコンを回し、冬はファンヒーターも使う。それでも夏は29度以下には冷えないし、冬は24度以上に温まらない(西日が入る午後は26度以上になる時もある)。

 エアコンクリーニングの人は、エアコンが壊れてるんじゃないかと疑ったが、これは一昨年、メーカーの修理の人に見て貰って「ガスが抜けているわけでもないし異常はない」と言われているのだ。しいて言えば、六畳一間に効く能力のエアコンで、二部屋十畳分をまかなっているのがいけない。

 賃貸なので勝手にエアコンを交換するわけにはいかない。

 これは、管理会社に相談するか……。

 お昼を過ぎて、外出。

 税金関係の書類に宛名間違いで戻ってきた年賀状を出し直し、今年初のラーメンは、「翔竜」で。卵入り翔竜麺に半ライス。

 その足でマルイの中のノジマに行って、エアコンの値段の相場を見る。十畳タイプで8万超か。どうせならもっと強力なのを……。

 しかしなあ、ウチのマンションは前の東京オリンピックの年に建ったもので、入居時に「10年後には取り壊すかも」と言われているのだ。大枚はたいても数年の命になる可能性もあるし、おれ自身の都合で引っ越さなければならなくなる可能性だってあるぞ……。

 ブルーレイの生ディスクを買って帰宅。

 マンションの管理会社に電話すると、このマンションの取り壊し計画はかなり先に延期になったらしい。

 ならば自腹でエアコンを交換したいと、許可を求めると、「工事についてはこちらで手配します」とほとんど即決で、とんとん拍子にエアコンの交換が決まってしまった。1万円出してエアコンのクリーニングをして貰ったのが無駄になったが……しかし、エアコン・クリーニングの人に言われなければ決断できなかったのは事実。

 冬はなんとか凌げるし、暑いのは7月と8月と9月の上旬だから、それを我慢すればいいのだ……と覚悟を決めていたのだ。しかし、だったら、もっと早く決断してエアコンの自腹交換をしておけばよかったんだよなあ。ここに入居して、夏はずっと我慢してたんだからなあ。

 なんか、大仕事をやった気分になってしまった。

 足立区の図書館のオンラインシステム、夕方になったから改善してるかと思ってアクセスしてみたら、全然変わっていない。なので、「オンラインの反応が遅すぎて、物凄く時間がかかります。これは実用に耐えない感じです。なんとか善処して戴きたい」とクレームのメールを出したら、すぐに返事が来た。

「ご指摘の通り、本日ホームページの動作が非常に重くご不便をおかけしております。大変申し訳ございません。現在、対応しておりますが、いましばらくご容赦くださいますようお願い申し上げます」

 慎重に慎重を重ねた銀行のシステムだってバグがあって麻痺してしまうこともあるんだから、システム更新直後は仕方がないのか……。

 デスク周りを整理。大量の不要な書類が出る。

 おれが史上最高の録音エンジニアだと信じているケネス・ウィルキンソンについてネットの記事を読んでいると、DECCAのロンドンにおける最初期のステレオ録音セッションの中にフランクの「交響的変奏曲」があるというので、そのCDは持っているので、久々に聴く。何度聞いてもこの曲は映画「白い巨塔」に影響を与えているよなあ。冒頭の弦楽が凄く威圧的だもんなあ。

 その流れでブラームスのピアノ協奏曲や交響曲第4番を聴く。

 夕食にする。

 去年の暮れに買った牛ヒレをステーキにする。海老とブロッコリのサラダと京野菜のサラダ、それに冷凍フライドポテトをオーブントースターで焼いて。

 小さいけど分厚いヒレを弱火でじっくり焼くと、本当に美味くなる。肉が分厚くないとミディアムレアには焼けない。

 新しい炊飯ジャーで炊いたご飯は美味いなあ。

 食後、「プレバト才能ランキング」を見る。俳句では才能を見せつけて自信満々鼻高々の梅沢富美男が、料理ではまさかの最下位!自信なさげだった熊谷真実がトップ。熊谷真実、以前のふっくらした感じではなくて痩せてシャープな顔立ちになったねえ。

 そのあと「秘密のケンミンSHOW新春4時間SP!神戸最強ビフカツ&北関東大反省会!」を見る。たしかに東京では「牛カツ」がブームみたいに言うけど、そんなもの、ビフカツなんか昔からあるし、何を今更……マスコミが無知で知らなかっただけだろ、と思う。関西は牛肉文化だから、昔からビフカツは食べてたよねえ。群馬と長野の文化的一体感は、歴史的経緯を考えると自然なことだ。じゃあ群馬県って、どうして今のカタチなんだろう?

 「とんねるずのみなさんのおかげでした新春全落2時間半SP」の竹山がプールに落とされるところを見て、「カンブリア宮殿」を見る。

 地方都市における老舗百貨店の明暗。独自の発想で地域密着を推進する熊本市の「鶴屋百貨店」は郊外のショッピングセンターに負けないどころか「熊本城と並ぶ熊本市民の精神的支柱」とまで言われているし、地元商店街の賑わいにもおおいに貢献している。その秘密にはとても興味があったので、見る。

 今、地方の商店街とデパートは苦境だ。駐車場を完備した郊外のショッピングセンターに客が集まって、街の中心にある商店街やデパートには客が来ない。おれの故郷の徳島もその典型で、老舗デパートはなくなり、商店街はマンション街に変わりつつある。みんな郊外のショッピングセンターか、駅前の「そごう」に行ってしまう。これって、本当にいびつな姿だし、街を殺してしまう。

 地方では車が足だから、駐車場が足りない中心部の商業施設が苦しいのは時代の流れかもしれないが、寂れていくのは絶対によくない。大規模な駐車場を作るとか、そういうことはすでに実行されているのに、郊外に向かう客の足は止まらない……。

 老舗商店街の工夫や努力が足りないから?そう言いきってしまっていいのか?

 「初詣でベビーカーは自粛して!というお寺に賛否両論」という話題、おれは「ベビーカーがそんなに危険で邪魔にはならないはずなのに」と思っていたけど、お寺がそういう要請を出した背景には、ベビーカーを悪用してズルをする不埒な連中の存在があった……というこの記事(←リンク)が正しければ、この件はお寺の言い分の方が正しいように思うのだが。

 23時47分、就寝。ああ今日も仕事らしい仕事をしなかった。明日から、頑張ろう!

 寝ていると、久しぶりに右足が痙った。

今朝の体重:87.75キロ

本日の摂取カロリー:2404kcal

本日の消費カロリー:104kcal/2795歩+30kcal(自転車)

« 1月4日/もろもろ日常復帰 | トップページ | 1月6日/ニワカ猛勉強 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64727068

この記事へのトラックバック一覧です: 1月5日/新年そうそう大きな買い物:

« 1月4日/もろもろ日常復帰 | トップページ | 1月6日/ニワカ猛勉強 »

安達瑶の本

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト