« 3月5日/ショックなニュース・仕事・SoftBank光に切り替え | トップページ | 3月7日/時間が空いたので、いろいろ雑務 »

2017年3月 6日 (月曜日)

3月6日/日記書き漏らし&「第4章」あげて、ご褒美に博多ラーメン

 昨日分の日記で書き落としたこと。

 昨日放送の「笑点」は山口からのものだったが、「大喜利」前の演芸は「テツandトモ」だった。で、ご当地ヨイショのネタで、テツがやった安倍晋三の顔真似がこれ。

Abe
 突然やったので、その衝撃とクリソツ度にひっくり返った。

 これを書き忘れるなんて!

 それと、これは朝日新聞土曜版「be」の記事だが、テレビドラマ「木枯らし紋次郎」の主題歌「誰かが風の中で」の誕生秘話について。

 この曲調(作曲も編曲も素晴らしいのはもちろんだ)や上條恒彦の歌唱について書かれているのに、歌詞について触れていないのはどうして?

 和田夏十によるこの歌詞は、「日本のハードボイルド」を歌った屈指の名作だと思う。

 歌詞をここに貼り付けると著作権法違反になるようだからここにリンクする。

 「ハードボイルド」って、江戸っ子の「粋」に通じるもので、結局は「やせ我慢」だと思っている。

 しかしこの歌で描かれるのは、上州の寒村で間引きされそうになりつつも育って無宿者になった紋次郎の絶望と虚無が短く簡潔な言葉で描かれる。

『こころはむかし死んだ』『ほほえみには会ったこともない』『きのうなんか知らない』『どこにもふるさとはない』『泣くやつはだれだ』『このうえ何がほしい』

 ひしひしと迫る冷たい孤独と絶望。しかし……。

『けれどもどこかで

おまえは待っていてくれる

きっとおまえは

風の中で待っている』

 これだよねえ。

 完全な絶望の中では、生きてはいけない。ヒヨコが一匹だとすぐに死んでしまうのと同じ。

 人間、僅かでも、希望があるから、生きていける。

 見事にハードボイルドを描ききった、和田夏十の凄い歌詞!

 これをどうして掘り下げないんだ!

 で。本日分。

 7時40分頃起床。

 完全な寝不足だが、目が覚めた。

 曇り~雨。

 朝のモロモロを済ませていると、SoftBank光から「接続設定が出来てないぞ!」というメッセージが来た。

 説明書通りにつなぎ替えたのになんだよ、と思いつつ、指示されたとおりにネット接続のプロトコルを変更する。「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」で接続できていなかったらしい。

 やっぱり面倒くせえな。

 で、接続設定を変更したら、なんだかネットが速くなった気がする。プラセボー効果かもしれないけど。(*後日付記:プラセボー効果でした)

 で、ここで一念発起、北千住東口の「サンローゼ」にモーニングを食べに行く。

 「サンローゼ」にはさんざんお世話になったが、何故かモーニングは食べたことがなかった。わざわざ食べに行くほどのモノでもないだろうと思っていたからだ。しかし閉店してしまうと、永久に食べられなくなる。

 

 9時30分に入店。スクランブルエッグ・ベーコン・バタートーストにブレンドコーヒーを頼む。

Img_2917

 コーヒーとセットで630円。これなら文句は言えまい。バターはたっぷり供されたし。

 食べながら、家から持ってきたSoftBank光のいろんな通知を再読すると「光電話」が使えていない、と言うような記述があった。ヘンだね。昨日確認したら使えてるんだけどね。

 雨が降ってくる前に、帰宅。

 SoftBank光に電話して、モロモロ確認。

 やっぱりね、いろいろ確認しなければいけないのは不便だし、面倒だよ。

 えんえん待たされて、やっと係に繋がって、いろいろ訊く。

 おれが契約したのはフレッツ光から移行したので「光電話N」というもので、これは書類には記載されていないって。きちんと書けよ!

 で、SoftBank光が提供している「BBフォン」を使っている状態であると。おれは固定電話で2つの番号が使えるわけだ。しかし今の状態で電話をすると相手にはBBフォンと認識されてNTT電話の番号が表示されないから、相手が電話番号で識別している場合は、電話するときに「0000」を押せと。それがイヤなら電話機の接続をNTTのキカイに繋ぎ戻せと。

 また厄介なことを言うねえ。しかしまあ、NTT電話はこちらから掛ける事は殆どないから……このままでいいかな?

 仕事開始。

 「第4章」、今日中に絶対に終わらせる!

 粛々と進める。

 途中、ヤマザキデイリーストアで買ってきた幕の内弁当やオニギリを食べる。これがヒルメシ。

 仕事はしごく順調に進む。

 法律的なことは手持ちの資料にバッチリ書いてあるし、死体の状況を調べる件も手持ちの資料でしっかり確認。

 早く終わってしまいそうなので、わざと仕事を中断したりして。このまま章を終えていいのか、考える時間が欲しいので。

 夕方には書き終えて、頭から読み返していると、睡魔が襲ってきた。

 それと戦いつつ、数ヵ所手を入れて、相方に送る。

 「5時に夢中!」が始まっていた。若林さんの産休が始まっていて、代打にくらたま。

 見終わって、晩メシをどうしようか考える。

 第4章を終えたご褒美に、ラーメンを食いに出ようか。それも面倒だからご飯を炊いて自宅で済まそうか。

 ここは、せっかくだし、懸案の「博多ラーメン一蘭」を食いに行くことにする。

 上野か浅草か迷ったが、上野に行く。

 が、19時過ぎに行くと、店の前には行列が。まあ回転は早いから少し待てばいいだろうと思ったら15分くらいで順番が来た。

 ほとんど「基本」で半熟卵入り博多ラーメンに小ライスと海苔の食券を買って、席へ。

 「赤い秘伝のたれ」がおれには邪魔。まあ、これがなければ「一風堂」とほとんど同じ味になるんだけど。

 結論として、徳島ラーメン「白系」の代用としては、「一風堂」でいい。いや、地元北千住の「翔竜」でいい、という結論になりそう。まだ他の数軒を試していないけど。「博多ラーメンセンター」とかも食べに行ってみよう。

 帰宅したら20時30分。

 くーたんにご飯を出し、テレビをぼんやり見て、風呂に入って、ニュースを見て、23時20分頃、就寝。

 明日はいい天気らしいから、ウォーキング日和かも。

今朝の体重:89.00キロ

本日の摂取カロリー:2300kcal

本日の消費カロリー:106kcal/3227歩+75kcal(自転車)

« 3月5日/ショックなニュース・仕事・SoftBank光に切り替え | トップページ | 3月7日/時間が空いたので、いろいろ雑務 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/64982407

この記事へのトラックバック一覧です: 3月6日/日記書き漏らし&「第4章」あげて、ご褒美に博多ラーメン:

« 3月5日/ショックなニュース・仕事・SoftBank光に切り替え | トップページ | 3月7日/時間が空いたので、いろいろ雑務 »

安達瑶の本

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト