« 5月12日/上巻初校を戻して……昼ビール飲んでだらだら | トップページ | 5月14日/キップ買ってテニスやってお好み焼き三昧 »

2017年5月14日 (日曜日)

5月13日/雨の日はたらたら。夜は自宅で映画鑑賞

 8時過ぎ起床。

 雨。

 朝のモロモロを済ませて、6月に行く旅行の乗り換えなどを調べたり、宿をどうするか調べたり。

 ブランチはご飯、目玉焼き、インスタント味噌汁、辛子明太子にヒジキの煮物。ちょっと足りなくて、トーストも食べる。

 調べ物と今月・来月の吉方を確認。

 風呂場のカビとりをする。カビキラーを噴射しまくる。2度噴射したら、ほぼキレイになった。しかし天井のカビは手付かず。天井は厄介だなあ。

 今日はフィルムセンターで、「和製テクニカラー」とも呼ばれたコニカラーの「ジャズ娘誕生」とデジタルリマスターをした「時をかける少女」の上映と講演がある。コニカラーについての講演が聴きたいのだが……雨の中、外出する気になれない。

 ま、こういう日はのんびり静養しよう。下巻のゲラが来たら、また戦争だ。しかし、テンションは急には戻らないから、完全にゲラが終わるまでは気持ちが弛緩してはいかんのだ……。

 週刊新潮「黒い報告書」の加筆があるけど、どうも今日は仕事をする気になれない。

 15時ごろ、サッポロ一番味噌ラーメンを食べ、ご飯半膳分をお汁に入れてオジヤのようにして食う。

 その後、外出していた相方が来訪。

 旅行の予定をきっちり決める。

 で、wowowを録画した「グランドフィナーレ」を見る。

 原題は「YOUTH」で、こっちの方が内容に即している。

Slide3

 超高級老人ホームが舞台なのかと思ったら、スイスの高級リゾートに長期滞在している引退した指揮者(作曲もする)や脚本執筆中の映画監督を中心に「老境を描く」作品。たぶんに観念的でだが……主演に予定していた女優に蹴られて悲観した映画監督が自ら人生に幕を引くエピソードで、フワフワした抽象的観念的世界から脱して現実と繋がった。

 マイケル・ケインというか、英国の俳優は、トシを取るとみんな渋いインテリになるねえ。アメリカの俳優は必ずしもそうではないけれど。そのへんが不思議なところ。

 そのアメリカの俳優、ハーヴェイ・カイテルは、まだまだ生臭さを残しているという役どころだが、まさにそのまんまという感じ。

 老いというか、若さへの羨望というテーマでは、ヴィスコンティが幾つか作ったと思うけれど、本作は、若さというより、老いの境地というか諦観というものを描いたように思う。

 だけどやっぱり、監督が45歳だから、「老い」を想像する部分が大半で、そのへんが観念的になったんだろうなあ。

 相方が買ってきたピザとサンドウィッチを食べて、この前の「俳優祭」でやった「かぐや姫トゥーランドット」のアタマの部分を観て、解散。

 そのあと、宿に電話して予約を取る。

 新幹線などの足は、明日、キップを買ってこよう。

 風呂に入り、汗が引くまでテレビ。

 録画した「タモリ倶楽部」を見る。「あまり使われないレンタル楽器」のあれこれ。「トゥーランドット」で使われる「巨大ドラ」って、10年の間に1回しか使われていないというけど……「トゥーランドット」は何度も上演されているから、その公演では、もっと小さいドラを使っているということか。

 「サラメシ」も見る。京急の信号や踏切の点検保守係のヒルメシなど。これは再放送。

 0時過ぎに就寝。

今朝の体重:89.55キロ

本日の摂取カロリー:1779kcal

本日の消費カロリー:日常生活のみ

« 5月12日/上巻初校を戻して……昼ビール飲んでだらだら | トップページ | 5月14日/キップ買ってテニスやってお好み焼き三昧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65277208

この記事へのトラックバック一覧です: 5月13日/雨の日はたらたら。夜は自宅で映画鑑賞:

« 5月12日/上巻初校を戻して……昼ビール飲んでだらだら | トップページ | 5月14日/キップ買ってテニスやってお好み焼き三昧 »

安達瑶の本

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト