« 4月30日/あと少しで終わるが、あえて明日に持ち越して、深夜に「博士の異常な愛情」に久々に大興奮 | トップページ | 5月2日/大山鳴動して鼠一匹(以下) »

2017年5月 2日 (火曜日)

5月1日/「第8章」終えて、結局はヘロヘロ

 7時過ぎ起床。

 睡眠時間5時間ほどだが、目が覚めてしまった。

 晴れ~曇り~豪雨~晴れ。

 朝のモロモロを済ませて、カットしたパイナップルを食べて、仕事開始。

 昨日やり残した「第8章」をあげてしまう。

 と、相方から電話。打ち合わせから雑談に移って、いろいろ喋る。昨日放送の「俳優祭」で勘九郎が花道で踊ったのがとても見事で実に複雑で、感嘆。「勘三郎は凄い息子を二人も残したねえ」と。

 1時間ほど喋って、仕事に戻る。

 すぐ終わると思ったが、書いていて意外に膨らんできたので、食事中断。

 ダブルソフトのトーストにゆで卵、ハム&マヨネーズの、いつものアサメシをブランチみたいな時間のお昼前に食べる。

 今日はGWの間の「通常日」。祥伝社O氏とスケジュールの確認。ゲラ戻しとかの期日について。

 う~ん。脱稿してもゲラの初校に再校が2冊分あるから、今月は遊べないなあ。

 「忙しい自慢」をしてるのでは、決してない。おれは「忙しい自慢」をして忙しがっているヒトがとても苦手(というかその心理が理解出来ない)で、逆に、植木等の歌ではないが「ラクして儲けたい」。けど、又吉先生や村上さんのように売れないので、山ほど仕事をして帳尻を合わさないと生きていけない。

 しかし……ビッシリ仕事をしていたら勉強が出来ないし、健康を害してしまう。あちこちに行って見聞を広めるのも勉強だし、映画を観るのも本を読むのも芝居を観るのも音楽を聴くのも勉強だし、座業だから外に出てリフレッシュするのは必須だし。美味いモノを食うのは人生の潤いだし。

 まあしかし、原稿書きよりゲラ拝はいくぶん気分的にラクだとは言え……。

 お昼過ぎに、なんとか書き上がる。5ページ未満だと思っていたら、6ページ超書いた。

 相方に送る。

 午後は、上巻のゲラをざっとでもいいから見ようと思ったが……。

 少し外に出て、外でお昼でも食べようかと思っていたら……空はどんどん暗くなって、雷が光り、雨が降ってきて、一気に豪雨に。

 気象レーダーを見ると、一時小康状態になるが、すぐに後続の雨雲がやってくる。

 これじゃあ外出できない。

 コメダ珈琲店にでも行ってゲラを見ようかと思ったが……。

 ベーコンとピーマンとタマネギでスパゲティ・ナポリタンを作って食う。

Img_2995

 なんかイマイチ美味しくない。もっとケチャップをドバドバ入れた方がよかったか?しかしそれだとクドくなるし……。

 食後休憩で、昨日録画した「小さな巨人」第3回を見る。

 第2回の時に疑問だった「高級官僚を父に持ち東大卒の山田は出世第一主義の男なのにどうしてノンキャリで警視庁に入ったのか」の疑問が明かされた。

「ノンキャリじゃないとなれない『捜査一課長』になるため」

 父親との激しい確執の一端が語られるが……父親の不正を自らの手で暴くために「警視庁刑事部捜査一課長」になろうとしている?

 所轄の捜査の秘密が漏れてる件は、あまりに判りやすい構造で、優秀なはずの主人公がどうして気づかないのか、理解出来ないほど。主人公は本当に優秀なのか?

 この場合は、「感づいているけど確たる証拠がないから泳がす」というパターンにしなければマズいんじゃないのか?

 いつもはコミカルな役が多い池田鉄洋が、主人公に敵対するだけの単調な役なのでクサいなと思っていたら……。これも判り易すぎる展開。

 複雑できっちり見ないと置いていかれるようなドラマは、NHKじゃないと無理なのか?TBSの「日曜劇場」は、「半沢直樹」の紙芝居みたいな展開で大成功して、そのパターンを踏襲しているのだろうけど。

 堺雅人が頑なに「半沢直樹2」に出ない気持ちがよく判る。

 続けて、昨日の「俳優祭」も見る。見られなかった「かぐや姫トゥーランドット」のアタマの部分を観て、姫のお父さんが片岡仁左衛門、お母さんが玉三郎と知って、凄い超豪華キャスト!と驚嘆。で、姫は月の世界で「あまりにひどい」性格なので地球で修業してこいと送り出される……。

 ソファに座っていると、くーたんが飛んで来る。

 キャットツリーにいるときは、威厳すら感じて荘厳さも漂っていたりするけど、膝に乗ってきて甘えるときはもう完全に子猫。

 いやあ、猫って本当に、不思議だし、神秘的。

 モーレツに可愛いくせに、敬意まで感じてしまうのは、何故だ?

 くーたんと一緒にしばらくテレビを見るがくーたんがどこかに行ってしまったのを機に、ゲラに戻るが……。

 ゲラ拝もかなり骨が折れることが判明。いや、元気なときならスイスイやれるが、今は無理。

 ゲラより「最終章」をやらないと。その方が急務だ。

 5月5日の昼間は、浅草に快楽亭の録音に行かねばならないし。

 ちょうど気分的にダレる時間帯だから大丈夫だとは思うが、ここしばらくは自主的自宅軟禁状態で、特にこの2週間はロクに外にも出ていないので、重い荷物を持って浅草に行って録音の準備をして本番を迎えて、撤収して帰ってきてダウンしてしまわないか、それが心配。本当に自分でも驚くほど体力が落ちている。

 大丈夫か?おれ。

 ゲラは止めて、「第9章」の構成を整理しようと、はじめる。

 が……。

 雨は上がってピカーッと晴れた。

 1日と15日のお稲荷さんのお参りをしなきゃいかんし、そろそろ腹も減ってきた。目のサプリ(効かないと言われるが、おれには効くブルーベリーのサプリ)も切れているし……。

 駅近くの「松屋」で牛焼肉定食を食う。お腹を下さないか、少し心配。

 そのあと、スーパーで買い物をして、帰路、お稲荷さんへ。スーパーで買った清酒をお供えする。

 帰宅して、構成に戻るが……。

 お昼までに本日分のエネルギーを使い果たしてしまったようで、どうにもアタマが回らない。

 「博士の異常な愛情」の、昨日見た部分をもう1度見て、映画として完璧な、「これ以外には考えられない」形に、驚嘆。見ればみるほど、凄い。パイ投げとかやらなくて大正解。

 ヴェラ・リンが歌って戦時中に大ヒットした「また逢いましょう」の歌詞が本当に皮肉に響く使い方も悪魔的な冴えを感じて、震えが来る。

 松屋で食っただけでは少し物足りなくて、ダブルソフトにマーガリンを塗っただけのものと牛乳を少々。

 テレビは、ワイドショーは今日も「北朝鮮危機」を煽っているし、ニュースも「日本海の緊張」をさかんに伝えているが、北朝鮮は「アメリカが攻撃してきたら、我々は断固無慈悲な鉄槌を下す」と、「やられたらやり返す」と「やられたら」を強調している。つまり先制攻撃はしないからね、と言ってるのに。これって、緊張になるのか?チョッカイを出し続けていると本気の喧嘩になると言いたいのか?

 世界のジャイアン・アメリカが近くまで行って睨み付けてるから……日本もスネ夫みたいにチョコマカしなきゃ格好がつかない。それだけのことじゃないの?

 平和ボケとか言ってるヤツは、冷静に情勢が見られない「戦争バカ」じゃないのか?

 「第9章」の構成は、相方のメモと「第8章」で落としたことを再整理して並べただけのものしかできなかった。しかし、もうこれが限界。

 風呂に入って、23時30分頃、就寝。

今朝の体重:88.50キロ

本日の摂取カロリー:2371kcal

本日の消費カロリー:40kcal/1122歩+52kcal(自転車)  

« 4月30日/あと少しで終わるが、あえて明日に持ち越して、深夜に「博士の異常な愛情」に久々に大興奮 | トップページ | 5月2日/大山鳴動して鼠一匹(以下) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580951/65224429

この記事へのトラックバック一覧です: 5月1日/「第8章」終えて、結局はヘロヘロ:

« 4月30日/あと少しで終わるが、あえて明日に持ち越して、深夜に「博士の異常な愛情」に久々に大興奮 | トップページ | 5月2日/大山鳴動して鼠一匹(以下) »

安達瑶の本

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

安達瑶のサイト